2021年09月11日

Office 製品で、Microsoftアカウントに紐づくもの/紐づかないもの Part 2

Part 1 では、プレインストール版と、リテール版の違い、そして大まかに製品ごとの違いについてご紹介しました。


さて Part 2 ではもう少し具体的に、その流れについて確認していきましょう。

まずはおさらい、前回の中で、以下のような表をご紹介しました。

20210910-2-1-2.jpg

初回インストールするときにはいずれの製品も、Microsoft アカウントは必要になりますが、プレインストール版の、Office 2013 については、その製品との紐づけがなされないため、再インストールの際のその手順が異なってきます。


【プレインストール版とリテール版の再インストール】

-- リテール版(サブスクリプション版)

リテール版でも、Microsoft 365 Personal については、基本的には全て Microsoft アカウントにて、サインインし "サービスとサブスクリプション" の画面から再インストールを行う必要があります。

20210910-3-0.jpg 20210910-3-1.jpg

リテール版購入時についていたプロダクトキーは、あくまでも初回インストール用のもので、初回インストール時に、Microsoft アカウントとの紐づけのために使用されます


再インストールなどの際にこのプロダクトキーを使用しても、"既に使用されています" といったメッセージが表示され、利用できません。サービスとサブスクリプションなどの画面から再インストールに進めば、プロダクトキーは求められません。

Office 2013 でも、リテール版の場合には、サービスとサブスクリプションの画面を下にスクロールすると、"購入済みの製品" というところに表示されます。


-- リテール版(永続ライセンス版):

Office 2013 のリテール版 および Office 2016 以降の製品で永続ライセンス版や、単体製品については、"サービスとサブスクリプション" の画面にサインインして、"購入済みの製品" のところで、"インストール" をクリックすると、インストールが可能です。
ただし、さらにその右にある "" をクリックすると "プロダクトキー" も表示されます。

20210910-3-7.jpg

こちらで表示されたプロダクトキーを使用すれば、https://setup.office.com/ からプロダクトキーを入力することでも、再インストールは可能です。


-- プレインストール版:

プレインストール版は、前回もご紹介したように、Office 2013 のところまでは、リテール版と異なります。
  • Office 2013 プレインストール版:Microsoftアカウントと紐づかないので、付属のプロダクトキーを使用して再インストールする
  • Office 2013 リテール版:Microsoft アカウントにて "サービスとサブスクリプション" にサインインして再インストールする
プレイインストール版でも、Office 2016 以降は全て "リテール版(永続ライセンス版)" と一緒で、初回インストール時に、Microsoft アカウントとの紐づけが行われます。再インストールなどで、付属のプロダクトキーを使用しても、やはり "既に使用されています" といったメッセージが表示され、利用できません。基本的には、再インストールについては、"サービスとサブスクリプション" にサインインして再インストールします。


-- プレインストール版の初回インストール:

確認のためプレイインストール版の初回のインストールの流れについてもご紹介します。

20210910-3-2.jpg 20210910-3-3.jpg 20210910-3-4.jpg


上記のサイトにもありますが、すでにインストール済みであれば、スタートメニューからライセンス認証への流れになります。この途中、"サインインして Office を設定する" のところで Microsoft アカウントの入力を求められます。

20210910-3-5.jpg

Office 2016 以降のプレインストール版については、ここで入力された Microsoft アカウントと紐づけされます。

プレインストール版でも、一時期ものによって、自分でセットアップから行う必要があったものもありますが、その場合には、https://setup.office.com/  といったアドレスにアクセスして行います。

20210910-3-6.jpg

この場合には、上記にもあるように最初の段階で Microsoft アカウントへのサインインが求められます。そしてここで入力された Microsoft アカウントと紐づけが行われます。

-- Office 2013 のプレインストール版:

Office 2013 のプレインストール版の場合には、初回のインストール時、さらには再インストール時において、上記のような https://setup.office.com/  といったアドレスにアクセスして行います。

最初に、Microsoft アカウントでのサインインが求められます。ここでMicrosoftアカウントでサインインしても、その製品が、そこで入力した Microsoft アカウントには紐づきません。


Office 2013 が販売されたすぐあとぐらいに、プレインストール版として、"Office Premiumシリーズ" が提供されていたこともありました。

すでに提供は終了しておりますが、その当時、Office 365 Personal (以前のMicrosoft 365 Personal)の発売がスタートしたとほぼ同じぐらいの時期に、Office Premium シリーズとして、Office の各製品と、Office 365 サービス(1年分)を付けて販売されていたものです。
  • Office Personal Premium(Word,Excel,Outlook)
  • Office Home & Business Premium(Word,Excel,PowerPoint,Outlook)
  • Office Professional Premium(Word,Excel,PowerPoint,Access,Publisher,Outlook)
プレインストール版ユーザーにも、Office 365 の良さを理解してもらおうという趣旨のものでした。Office の各製品は、Office 365 Personal と同様で、常に最新の Office 環境が利用でき、1年間ではありますが、Office 365 サービスとして OneDrive や Skype など Ofice 365 Personal と同等の特典がついておりました。

Windows 10 にて、Office Premium シリーズをご利用の方もまだまだ見かけますが、それらの製品は、当初 Office 2013 からスタートしておりますが、その後、Office 2016 相当、Office 2019 相当 と更新され、現在は、Microsoft 365 Personal と同等に更新されて最新状態で利用できています。



<参照>



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


デル株式会社




posted by クリック at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月10日

Office 製品で、Microsoftアカウントに紐づくもの/紐づかないもの Part 1

まだまだ Office 2013 など古いものをご利用の方も多いかと思いますが、コンシューマー向けOffice 製品の場合、初回インストール時に、Microsoft アカウントとの紐づけがされるものと、紐づけされないものがあります。

再インストールの際には、それにより方法が異なるため整理してみました。


【プレインストール版とリテール版】

コンシューマー向けの Microsoft Office 製品を その販売形態により大きく分けると、"プレインストール版" と "リテール版" とに分けられます。最近ではこうした言い回しはわかりずらいせいか? あまり使わないので、"リテール版" っていう言葉は聞きなれないかもしれませんが、英語では、"Retail License" という表現はよく利用されています。

20210910-1-1.jpg

だいぶ前にはリテール版何ていう表現も使用されていましたが、現在は上記の画像の様に、"ご自身でインストールして使う Office 製品" といった表現になっています。


-- プレインストール版:

20210910-1-2.jpg 20210910-1-6.jpg

PCなどと一緒についてくるものがこれに該当します。多くの Windows 版の メーカー製PCの場合、最初から Office製品が付いてくるケースがありますが、これらの製品を "プレインストール版" と言います。

** 法人向けPCの場合には、法人向けの "プレインストール版" というものもあります。


-- リテール版:

20210910-1-3.jpg 20210910-1-4.jpg 20210910-1-5.jpg

パッケージで販売されているパッケージ版、POSAカード版、ダウンロード版などを含んだものが "リテール版" となります。


これらの製品は、さらにそのライセンスの形態によって "サブスクリプション版" と "永続ライセンス版" といった形で分類することもできます。


【製品によって再インストール方法が異なる】

さて今回取り上げている "Office 製品で、Microsoftアカウントに紐づくもの/紐づかないもの" というタイトルにあるように、ここからが本題になります。

いつもながら、前置き(前提となる予備知識の説明)が長くなりましたが具体的な手順や流れについては、Part 2 で説明するとして Part 1 では大まかに説明いたします。


-- Office 2013 までと、Office 2016 以降で異なる:

再インストール方法ですが、具体的には、Office 2013 までの製品と、Office 2016 以降の製品で異なります。Office 2010 以前のものは、すでにサポートも終了しているので、ここでは取り上げません。

20210910-2-1-2.jpg

ちなみに、macOS 向けの Office 製品については、プレインストール版はありませんので、すべてリテール版になります。

上記の画像は、初回インストール時に Microsoftアカウントに紐づくもの/紐づかないもの を整理してみたものです。

どの製品も、初回インストール時には Microsoft アカウントは要求されます。しかし、再インストールの段階になると、 Office 2013 のプレインストール版の場合にはここで入力された 初回に入力された Microsoft アカウントとは紐づいていないので、その他の製品の様に、Microsoft アカウントの "サービスとサブスクリプション" の画面に入っても該当製品名は表示されません。

全ての製品を取り上げるときりがないのですが、Part 2 では、その再インストールの流れについてご紹介したいと思います。


【2021/9/10 16:35 タイトル及び一部内容を修正】


<参照>






Microsoft Surface Laptop 4


posted by クリック at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月07日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今日の午前中に確認した時には更新プログラムは到着しておりませんでしたが、その後提供がスタートしたようでした。

本日到着したプログラムは以下の通りです。

20210907-1-1.png
・Microsoft Excel 16.54.21090500
・Microsoft OneNotel 16.54.21090500
・Microsoft Outlookl 16.54.21090500
・Microsoft PowerPointl 16.54.21090500
・Microsoft Wordl 16.54.21090500

となっております。

リリースノート、ブログ共に特に更新内容に関する情報はございませんでした。今後何か情報が公開されました折には、機会があれば随時ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 14:14| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月06日

旧来のOutlookの設定画面を表示したい

時々、Outlook のメール設定の画面が変わってしまって、メールの設定方法がよくわからない....というお話を耳にします。

20210906-1-0-1.jpg 20210906-1-1.jpg

Outlook 365 の アカウントの作成画面ですが、Outlook 2019 でも上記のような画面になります。さらに言えば、Outlook2013 といったような古いものでも、この画面までは、違いがありません。

20210906-1-2.jpg 20210906-1-3.jpg

さてではどこが変わったのか? 変わったところはこの次のアカウント作成の段階になってからになります。


【メール設定画面の違い】

では具体的に比較してみましょう。

-- Outlook 365/2019 の設定画面:

Outlook 365/2019 で "新規作成" をクリックすると、メールアドレスの入力という画面になります。

20210906-2-1.jpg 20210906-2-2.jpg

もちろん "詳細オプション" をクリックして、"自分で自分のアカウントを手動で設定" から入れば、メールサーバーの個別の設定画面に入ることもできます。

20210906-2-3.jpg 20210906-2-4.jpg 20210906-2-5.jpg


-- Outlook 2013 の画面:

これに対して、Outlook 2013 など古いものの画面は異なります。アカウントの画面を出して、"新規" をクリックすると...

20210906-3-1.jpg

アカウントの作成画面が開きます。

20210906-3-2.jpg 20210906-3-3.jpg 20210906-3-4.jpg

自分で作成するとして、POP/IMAP と選択していくと、上記のようなサーバー設定の画面開きます。

Outlook 2013 など古いものを利用していて、Outlook 2019 などの新しいものにPCの買い替えとともに新しくなったりしたときに、画面がいつもと違うってことで、カラフルで簡単そうなわりには "わかりずらい" と思われる方も多いようです。


【従来のような設定画面は表示できないのか?】

そうすると、何とか従来のような設定画面を、Outlook 2019 などでも開いて設定ができないのか?

ストアアプリ版の Office の場合には、クイック実行版とは全くベースが異なるので、これからご紹介する方法はできませんが、クイック実行版の場合には以下の手順で従来のような設定画面を表示させることが可能です。

-- 手順:

1) まずはコントロールパネルを開きます。呼び出し方はいろいろありますのでおまかせしますが、Winodws キー + "R" として、"ファイル名を指定して実行" のダイアログを開いて、"名前" のところに "control" と入力して、"OK" をクリックします

20210906-4-1.jpg

2) コントロールパネルが開いたら、"ユーザーアカウント" をクリックし、さらに "Mail(Microsoft Outlook)" とクリックしていくと、"メール設定" の画面が表示されます

20210906-4-2.jpg 20210906-4-3.jpg 20210906-4-4.jpg

3) "アカウント設定" の画面が表示されますが、ここからがちょっと違います。"新規" をクリックすると、この画面からは旧来の設定画面と同じ画面が表示されます

20210906-4-5.jpg 20210906-4-6.jpg


すでにご存じの方も多いかもしれませんが、今回は Outlook の設定画面について取り上げてみました。

昔の設定画面と違ってわかりずらい〜っていう方は、コントロールパネルから設定を試してみてください。設定の変更などについても、今回ご紹介した方法で古い画面を出した方がわかりやすい....という方は多いかもしれませんね。


<参照>




〜 Windows 11 リリースまで、ひと月を切りました、準備は整っていますか? 〜
PC 各メーカーから、Windows 11 Ready PC が続々と登場!


デル株式会社



BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

posted by クリック at 20:36| 東京 ☁| Comment(0) | Microsoft Outlook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月05日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

本日の更新は、久々に届いた Microsoft AutoUpdate の更新プログラムです。

20210905-1.png
・Microsoft AutoUpdate 4.39.21083102

現時点では8月までの更新についてのみしか情報はないようですので、今回の更新に関する情報は特にございませんでした。


しかし当然ながら少しずつ修正は加わっているので、おりを見てまたチェックすることといたします。
更新に気がついたのが今日ですが、配信日は、9/4 になっているのでタイミング的には昨日到着しているもののようでした。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする