2024年02月20日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

東京ビッグサイトでは、Microsoft AI Tour なるイベントで大盛り上がりの様ですが、領収書と睨めっこな日を過ごしているのであいにく参加もできず、しょぼしょぼになりつつある目をこすりながら、Mac を起動してみると更新が届いておりました。

さて本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20240220-5-1.png
・Microsoft Excel 16.83.24021912
・Microsoft OneNote 16.83.24021912
・Microsoft Outlook 16.83.24021912
・Microsoft PowerPoint 16.83.24021912
・Microsoft Word 16.83.24021912

今回の更新内容について、公開されている情報は特にございませんでした。今後情報が公開された折には改めてご紹介させて頂きます。

所で、だいぶ前になりますが、Office Insider Beta Channel 向けに、GROUPBY、PIVOTBY といった関数が新たに追加されたことをご紹介いたしました。


上記の記事は、Office Insider Blog の情報「New aggregation functions in Excel: GROUPBY and PIVOTBY」を元にご紹介したものですが、記事では、Windows 版だけではなく、Mac 版でもとあったものの、いくら待っても Beta Channel なのに反映されていなかったのですが、今回の更新の後に確認した所では、この両関数が利用できる様になっておりました。

Beta Channel 向けですし、また順次展開となっている以上待つしかなかったわけですが、おおよそ2ヶ月。やっと利用できる様になった様です。



posted by クリック at 16:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一太郎やATOKは何台までインストールできる?

Microsoft 365 などは、このブログでもちょくちょく取り上げるので周知のことなんですが、一太郎やATOKといったジャストシステムの製品って毎年購入して更新している割に利用頻度があまりないので、ふと気が付くとどうだったっけ? っていうことが多いので、備忘録としてブログに残しておくことにしました。


【一太郎は、1ユーザー・1台】

ではまず、日本語ワープロといえば "一太郎" ということで、ジャストシステム社の主力製品とも言える「一太郎」から。

20240220-1-1.jpg 20240220-1-2.jpg 20240220-1-3.jpg

ちょうど、2024年2月9日に、「一太郎 2024」が発売されたので、これが最新バージョンになります。
サポートFAQのページ「複数のコンピューターにインストールして使用したい」にもあるように、"1ライセンスにつきインストールできるコンピューターの台数は、1台のみ" となります。

ただし、"1人のお客様(法人の場合は特定の従業員1名)が、同時に商品を使用しないという条件のもと、その人だけが使用するコンピューター 3台までであればインストールしても問題ありません" とあり、個人のユーザーであれば、自宅のデスクトップPCに入れて、外出時に使用するノートPCにもインストールしておいて、どちらか一方を使う... というのであれば問題ないようです。

--サポート状況:

一太郎のサポート期限は以下の通りになっています。

一太郎2024 ⇒ 出荷終了日より1年後または、発売日より3年後のどちらか遅い期日
一太郎2023 ⇒ 2026年2月10日
一太郎2022 ⇒ 2025年2月10日
一太郎2021 ⇒ 2024年2月5日

ということで、一太郎2021が、一太郎2024の提供開始とともにサポートが終了していますので、それ以前のバージョンはすべてサポート対象外となります。


【サブスクリプションとなるATOK Passportは?】

さて、もう一つが ATOK。一太郎には、ATOK という日本語入力システムがついてきます。現在はサブスクリプション形式の ATOK Passport になりますが、一太郎の新しいバージョンを購入するとそのサブスクリプションがまた更新されて引き続き1年利用できるようになります。
一太郎を購入しないで、ATOK Passport のみ更新して利用することも可能です。

20240220-2-1.jpg 20240220-2-2.jpg 20240220-2-3.jpg

ATOK (Tech Ver.34)(サポートFAQ)」の "ATOK Passportを別の本体でも使用したい" によれば、"本製品を使用される方がお客様ご自身のみに限られている場合は、同時に使用しないという条件で、お客様のみが使用するWindows、Mac、Android、iOSの機器計10台を上限としてインストールすることができます" とあるので、やはり同時に使用しないという条件であれば、インストールはできるようです。

20240220-2-4.jpg

ATOK Passport の画面にはいってみると、上記のような感じでライセンスが管理されておりました。ほかのデバイスにインストールした場合には、使用開始にあたっては、都度、有効化の手続きが必要なようです。


-- ATOK 利用について注意が必要な点:

Windows、Mac、Android、iOS と幅広く対応しているATOKではありますが、最新バージョンの場合「Windows 10 32bit(x86)環境にATOKがインストールできない」32ビット版の Windows 10 は動作保証対象外になるようです。「ATOK for Windows(Tech Ver.34)以降、各種ツールを含め、ATOK Passportに搭載するアプリケーションを64bit化しました」という理由とのことです。

-- そのサポート対象:

ATOK 2017などの年号の入った古い製品から、ATOK Passport まで様々な製品があるわけですが、ATOK Passport については、常に最新バージョンのみがサポート対象になります。

20240220-3-1.jpg 20240220-3-2.jpg 20240220-3-3.jpg

ATOK のサポート情報を検索していくと、現在サブスクリプション版として提供されている ATOK Passportの他にも、ATOK for Windows 月額版など様々な製品があることがお分かりいただけると思います。富士通のPCだったりすると、ATOK 2017 がプレインストールでついてくるケースもありますよね。

基本的には、ATOK 2017 は、2020年6月28日にサポートが終了しております。(「ATOK 2017 for Windows」)
なので現在サポートされているのは、
  • ATOK Passport
  • ATOK for Windows 月額版
  • ATOK for Mac 月額版
の3製品のみですべてサブスクリプション形式のものになるので、最新版のみが、サポート対象となります。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-

posted by クリック at 13:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一太郎/ATOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月16日

Word で文字入力して変換をすると真っ白で何も表示されない【ATOK 2017】 Part 2

何度かにわたってご紹介している Word で現在発生しているトラブルですが、ATOK については、テキストボックス以外の場所でも発生しております。その際ご紹介したのが、「Word で文字入力して変換をすると真っ白で何も表示されない【ATOK 2017】」といった記事になります。

さて今回、Justsystem からも新たにサポート情報が公開されたので、ATOKユーザー向けに Part 2 として取り上げさせていただきました。


【一部の製品には、修正プログラムも提供】

今回公開された Justsystem のサポートサイトによれば、今回の不具合に伴って、Justsystem では、一部の製品向けには修正プログラムが提供されております。

20240216-2-1.jpg


--ATOK Passport:

20240216-2-2.jpg
Web サイトにもありますが、2024年2月9日に提供がスタートした "Tech Ver.34.0.3" で対応済みとのことです。なので、オンラインアップデートなどを介して最新の状態に更新することで改善いたします。


--一太郎2020〜2021、もしくは富士通社製パソコンに搭載のATOK:

20240216-2-3.jpg
バージョンによってだいぶ対処法も変わってくるようですが、手元には確認できる環境もないため詳細は上記のJustsystemのウェブサイトをご参照ください。

基本的には、ATOK のプロパティを開いて、"表示色のカスタマイズ" で修正していきます。


--一太郎2019以前、もしくは富士通社製パソコンに搭載のATOKをご利用の場合:

20240216-2-4.jpg
これまでにもご紹介していましたが、ATOKのプロパティから、表示色カスタマイズにて、色の変更を行います。


ATOK Passport 以外は、基本的には手動で各自が修正する必要があるのに対して、ATOK Passport にはそれを自動的に修正してくれるようにプログラムが提供されている... そんな違いのようです。もちろん修正プログラムには、これ以外の修正も含まれているようなので、ATOK Passport をご利用の方はアップデートは必須になります。


【2024/02/17更新】

なお再度ご紹介しておきますが、今回発生している Word 側の不具合ですが、すでに「最近の Word for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策」にもあるように "調査中" となっております。


上記サイトにもありますが、Windows 版 Word Ver.2401(17231)以降で発生しているもので、Office Insider 向けのバージョンの製品も含まれています。手元にある Beta Channel でも発生しているものです。先日今月分の Update が提供されて、Ver.2402(17328.20068)となっていますが、現時点ではまだ改善されておりません。

ATOK側での対応についてご紹介はしていますが、根本的には Word側の改善が必要になってきますので、今後の進捗状況は上記サイトもご参照ください。


<参照>



POCKETALK(ポケトーク)


【TYO】首都圏旅行 JR・新幹線+宿泊プラン
posted by クリック at 22:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 一太郎/ATOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

早くも、2月も半ば。本日も、次の更新プログラムが到着しております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20240216-1-1.png 20240216-1-2.png
・Microsoft AutoUpdate 4.68(24021416)
・Microsoft Excel 16.83.24021411
・Microsoft OneNote 16.83.24021411
・Microsoft Outlook 16.83.24021411
・Microsoft PowerPoint 16.83.24021411
・Microsoft Word 16.83.24021411

Microsoft AutoUpdate の更新が済んだのち、Officeの各アプリの更新プログラムが到着しておりました。

今回の更新内容に関して、現時点で公開されている情報はございませんでした。

なお Office Insider 向けの製品に限らず、更新に伴って発生している不具合などについては、
随時
といったところで、公開されておりますので、おかしいな?というところがあった場合には、フィードバックすると同時に、こうしたサイトをご確認下さい。


【2024/2/18更新】

macOS 向けではありませんが、Beta Channel でも iPad 向けの PowerPoint において、以下のような新たな機能が追加されておりました。


スライド内ののセルを結合・分割する機能です。

-- 対象製品:
  • PowerPoint for iPad Ver.2.82 (ビルド 24012417) 以降
  • Beta Channel ユーザー
ご利用の方は確認してみてください。


posted by クリック at 11:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月14日

Mac で、Wi-Fi のパスワードを確認する

先日、「Windows の基本操作 Vol.2024-2-1 Wi-Fi に接続するための暗号化キー(パスワード)を接続済みのPCで確認する」のところで、Windows のPCの場合の、Wi-Fiのパスワードの確認方法をご紹介しました。

さて今回は、改めて Mac の場合の Wi-Fi のパスワードの確認方法についてご紹介したいと思います。


【キーワードは、"キーチェーンアクセス"】

Mac で、Wi-Fiのパスワードを確認するには、キーチェーンアクセスを利用します。

-- キーチェーンアクセスを起動する:

画面右上の虫眼鏡のアイコンをクリックして、"SPOTLIGHT" を開きます

20240213-2-1.jpg

キーワードのところに、"キーチェーン" と入力し、"キーチェンアクセス" が表示されたらクリックします

20240213-2-2.png 20240213-2-3.png


-- アクセスポイントのパスワードを表示させる:

"キーチェーンアクセス" が起動したら、表示項目を "パスワード" に絞り込みます。そして、現在 Wi-Fi で接続中の SSID となる番号を選択します。

20240213-2-4.png

アクセスポイントの SSID をダブルクリックして開きます。そして、"パスワードを表示" にチェックを入れます

20240213-2-5.png
パスワードの入力画面が出てきますので、Mac 起動時に入力しているパスワードを入力します

20240213-2-6.jpg

するとご利用の Wi-Fi のパスワード(暗号化キー)が確認できます

20240213-2-7.png

参照先には、iPhone や、iPad、Android などのモバイルデバイスの場合もありますので、必要に応じて参考にしてみてください。


<参照>





POCKETALK(ポケトーク)


【TYO】首都圏旅行 JR・新幹線+宿泊プラン
posted by クリック at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする