2021年03月02日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されて来ているプログラムは以下の通りです。

20210302-1-1.png
・Micrsoft Excel 16.48.21022807
・Microsoft Outlook 16.48.21022807
・Microsoft PowerPoint 16.48.21022807
・Microsoft Word 16.48.21022807

となっております。Ver.16.48 に突入ですね。ちなみに、OneNote には更新は到着しておりません。

今日は、Windows 版の、通常版、Insider版(Beta、CurrentChannel(Preview))ともに更新が来ているので、俄かに更新ラッシュな日でもあります。Windows 版の Office をご利用の方も、更新をお忘れなく。

Windows 版にしても、Mac 版にしても、今回の更新内容に関する情報は特にないようです。

機会がありましたら改めてご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

Microsoft Outlook に設定した AOL のアカウントが認証エラーになる

AOLと聞くと、1998年に公開されたトム・ハンクスとメグ・ライアンが登場する "You've Got a Mail!" の映画でも話題になったあれ。一時は大流行したプロバイダーでした。電子メールもまだまだ国内では今日ほど使用されていないような時代。インターネット時代の到来を告げる作品と言っていいかもしれません。

さてそんな一時代を終えたAOLは、国内では間もなく完全に接続サービスが終わり、AOLのメールサービスは、現在は、米国Oath Inc.が提供しているフリーメールとして細々と生き残っているという現状です。

20210228-1-1.jpg



【メールサービスはフリーメールとして引き続き利用可能】

さてそんなAOLのメールサービスですが、先ほどもちょっと書きましたが現在は米国Oath Inc.が提供しているフリーメールとして利用は可能です。今となっては新たに取得できない "〜@aol.com" 何ていうメールアドレスも貴重ですね。

20210227-0-1.jpg

ところでそのAOLのメールサービスですが、今年になって、ちょくちょく Microsoft Outlook で認証エラーになって使用できないという声を聴くようになりました。

20210228-1-2.jpg 20210228-1-3.jpg 20210228-1-4.jpg

そんなAOLメールを、Microsoft Outlookに設定するための情報は、"メール設定のヒント/AOL" にある通りです。一部上記のようにキャプチャーしてみましたので参考にしてみてください。

--パスワードの設定変更が必要:

このAOLのメールサービス。もちろん、Webメールとして利用する分には何も変更しなくてもこれまでのメールパスワードで利用可能なのですが、Microsoft Outlook などのメールクライアントで利用する場合、アプリパスワードを新たに作成して設定しなおす必要があります。

Webメールを利用する場合:

20210227-2-1.jpg


Webメールについては、AOLのWebサイトにアクセスしてログインすればご利用いただけますので、現時点では特に問題ないかと思います。詳細は上記リンクなどをご確認ください。

メールクライアントに設定する場合:

さて問題は、Microsoft Outlook などのメールクライアントに設定する場合です。先ほどご紹介したメールの設定のところでは、特にメールパスワードについては触れられていないのですが、実は、アプリパスワードを新たに取得して設定しないと利用できないようになってしまいました。昨年以下のような英文のメールが届いていたみたいですね。

-------
Hi AOL Member,

Just in case you missed our prior emails, we’re letting you know that AOL Mail will no longer support third-party applications (such as third-party email, calendar, or contact applications that weren't developed by AOL) using outdated sign-in methods. We’ve noticed you might be using one, so we need you to make some changes before 20 October 2020.

Please take one of the actions below to keep your inbox running securely:

Option 1: We recommend that you access your email using our free AOL app for iOS and Android or simply go to mail.aol.com to access AOL Mail on the web.

Option 2: Keep your current, non-AOL app, BUT follow a few steps to get it to sync with our secure sign-in method. The steps vary across different email applications, but in most cases, you will have to remove your AOL account from the app and then add it back again to update the sign-in security. Use the links below to follow the specific steps for your current application:

iOS Mail
Gmail
Samsung Mail
Others

Option 3: You can generate a one-time, unique password that will allow you to sign in to your account using your non-AOL email application. Once created, this password will continue to allow your app to securely sync your AOL email unless you sign out (or are signed out) from your app. You can find instructions on how to do this here.

If you have questions or need an option you don’t see above, visit our help page.

Thanks for using AOL Mail. We’re always glad to deliver on what you need.
------

そこでどうやってアプリパスワードを設定するのか?という点になりますが、たまたま、BlueMail というアプリのサポート情報にあったので、ここなんかは参考になるかな?と思いますので参考にしてみてください。


とはいえ、具体的にどうなのか? 確認してみました。

1) まずは、AOL にアクセスしてWebメールの画面にサインインします

2) AOLアカウントのセキュリティページに移動して、"アカウントのセキュリティ" にある "アプリパスワードを生成" をクリックします

20210227-2-2.jpg

3) アプリパスワードの作成のためのポップアップ画面が表示されますので、Androidのメール、iPhoneのメール、Outlook デスクトップ版などご利用環境に合わせてアプリを選択すると、自動生成されたアプリパスワードが表示されますので、こちらのパスワードをコピーして、Microsoft Outlook などに設定しなおします

実は、Microsoft のサポートページにも以下の様に取り上げられていたんですね。


-- 以下、上記サイトより引用:

「Gmail、Yahoo、iCloud、Outlook.com、AOL アカウントはすべて、お客様のメール アカウントにアクセスしようとしているユーザーがお客様自身であることを確認できるように、2 段階認証を使用しています。
自分のメール アカウントを Outlook に追加するには、アプリ パスワードが必要になります。 これは、通常のメール アカウントのパスワードとは異なるパスワードです。 次のメッセージが表示される場合は、アプリのパスワードが必要です: 2 段階認証がアカウントに設定されています。アプリケーション パスワードを使用してをサインインしてください。」

だいぶ前にも iCloud.com のメールアドレスを Microsoft Outlook に設定する際にはアプリパスワードが必要になった際にご紹介させていただきましたが、今回のAOLもデフォルトで二段階認証が有効になっているので必要になったってことのようですね。


ただしMSコミュニティの投稿を見ていると、その真相はわかりませんが、"2021年6月には新しく設定することはできなくなる予定" 何ていう情報もあるようなので、ご利用の方は早めにアプリパスワードを取得して再設定したほうがよさそうです。


【更新】

Microsoft Outlook でのパスワード設定変更については以下のサイトをご参照ください。




<参照>




デル株式会社


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
posted by クリック at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | Microsoft Outlook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月28日

Office Insider 版 PowerPoint for Mac に Presenter Coach が搭載される

Windows 版 Dev チャンネルに、Presenter Coach が追加されたのが、昨年10月のお話。


PowerPoint for the web と Android では利用できましたが、デスクトップ版の Windows 向けに提供されたのがこの時でした。

さてその後さらに四カ月が過ぎとうとう Office Insider 向けではありますが、PowerPoint for Mac でも利用できるようになったようです。

20210228-1-1.jpg

2月26日に更新された Office Insider Blog によれば、Beta Channel Version 16.47 (21021100) またはそれ以降で利用可能になったと紹介されております。ただしこちらも順次その利用範囲を広げていく、いわゆる制限されたロールアウトといった形で展開されています。

今回はその内容についてちょこっとだけご紹介いたします。


【機能と対応バージョン】

Presenter Coach は、AIの機能を駆使して、PowerPoint でのプレゼンテーションを手助けしてくれる機能です。"リハーサル with Coach" をクリックしてリハーサルをすると、話方が早いとか、"うぅ〜ん" が多いなどそのプレゼンテーションを評価し、改善点を指摘してくれます。

--日本語対応はまだ:

さて問題はその対応言語。Web版も、Windows版も、そして今回公開された Mac 版も対応言語は、英語のみになっています。それ以外の言語は順次対応していくとありますが、まだ先になりそうです。

--サブスクライバー向けの機能:

当然ですが、Presenter Coach は、Microsoft 365 サブスクライバー向けの機能になります。

--利用環境:

・マイク
・インターネット環境

--プライバシーと情報解析:

Presenter Coach に限らず、Office製品の一部の機能には、クラウド環境を利用したサービスがあります。ものにより情報を収集し解析する必要がある関係で、インターネット環境は必須になります。そしてその機能を使用するために一旦データを送信していただくことになります。あくまでも "Presenter Coach" では、音声データを解析はしますが、そのデータがMicrosoft 側で保存されることはありません。



ということで、まだ日本語環境ではご利用いただくことはできませんが、この機能、日本語環境でも利用できるようになったらぜひ試してみたい機能のひとつでもあります。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


HP Directplus -HP公式オンラインストア- HP Directplus -HP公式オンラインストア-
posted by クリック at 14:03| 東京 ☀| Comment(0) | PowerPoint | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

IMEの不具合修正を含んだ KB4601382 の配信がスタート

以前に、Windows 10 Ver.2004/20H2 で、かな入力の時などに、キーボードからの文字入力がおかしくなるケースがあることをご紹介したことがありました。


その対処法としては、一旦以前のIMEの状態に戻すというものでした。

さて先日の、2/25にその不具合を修正した KB4601382 の配信がスタートしました。

20210227-1-1.png

Windows Update を通じて配信がスタートしておりますので随時 Update が行われるものと思います。うちでは本日落ちてきました。

恐らく主に "かな入力" でご利用の方になると思いますが、こちらの更新プログラムをインストールして再度確認してみてください。但し仮にこの更新プログラム適用後も症状が改善されないという場合には、"IME を以前のバージョンに復元する" にあるように、再度以前のバージョンに戻してご使用いただくと同時に、フィードバックHUBなどを通じて、是非フィードバックしてみてください。


<参照>





デル株式会社
posted by クリック at 07:41| 東京 ☀| Comment(0) | MS-IME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

macOS 11.2.2 BigSur Update

なんか? Office の更新が重たいな?と思ってたらこちらも更新が来てたんですね。
BigSur 11.2.2 の更新プログラムが到着しております。

20210226-2-1.png 202102262-2.png

表示された内容によると....

「macOS Big Sur 11.2.2では、特定の他社製の非準拠セルフパワーUSB-Cハブやドックを接続したときに、MacBook Pro(2019年以降)およびMacBook Air(2020年以降)が破損するのを防止することができます。」

とのことです。まぁとりあえずうちの Mac は関係なさそう....

最新のリリース情報は、日本語版ではまだありませんので、US版のサイトをご確認ください。


<参照>


posted by クリック at 13:41| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする