2022年09月27日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

朝からバタバタしているうちに、Mac の方は更新が完了しておりましたが、本日も更新プログラムが到着しております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220927-2-1.png 20220927-2-2.png
・Microsoft Excel 16.66.22092502
・Microsoft OneNote 16.66.22092502
・Microsoft Outlook 16.66.22092502
・Microsoft PowerPoint 16.66.22092502
・Microsoft Word 16.66.22092502

Office Insider のリリースノートおよびブログなどを確認する限りでは、今回の更新に関する情報は特にございませんでした。今後情報が提供された折には、機会があればご紹介させていただきます。

さてリリースノートではありませんが、9月に提供された更新プログラムについて、Outlook Teamからは以下のような情報が公開されておりました。

-- 9月1日&5日 リリース: 
Ver. 16.66(Build22083100) & Ver.16.66(Build22090502)

<修正>
  • メール:IMAPで設定されたGoogleアカウントで、メールが送信トレイに滞留する問題を修正
  • メール:Office 365アカウントでの認証時に、"Error Something went wrong [1805]"が発生する問題を修正
  • メール:macOSの言語がトルコ語に設定されている場合、ユーザーがOutlook for MacでM365アカウントを追加できない問題を修正
  • カレンダー:新しい時間プロポーザルで誤ったタイムゾーンが表示される問題を修正
  • 検索:検索テキストフィールドで候補を選択した後に重複して表示される問題を修正
  • クラッシュ:GCCHユーザーでマイデイのタスクバーで新しいイベントを作成する際に発生するクラッシュの問題を修正
<新機能と改善点>
  • 連絡先:ライブペルソナカードにLinkedInの統合が追加されました
  • サポート:サポートに連絡する前にユーザーの同意書を表示し、データがすぐに収集されることを理解してもらうようにしました
  • リマインダー:OutlookとmacOSの通知リマインダーのスタイルを選択するオプションが追加されました
    この設定は、Outlook > 環境設定 > 通知とサウンド > イベントリマインダーのスタイルから変更することができます




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月25日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。今回到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220925-1-1.png
・Microsoft Excel 16.66.22092101
・Microsoft OneNote 16.66.22092101
・Microsoft Outlook 16.66.22092101
・Microsoft PowerPoint 16.66.22092101
・Microsoft Word 16.66.22092101

今回の更新内容に関する情報は、リリースノート、ブログとも特にございませんでした。

以下のように、Excel のコメントに関する新しい機能がブログで紹介されております。


こちらについては、Beta Channel が対象で、
  • Windows 版 Ver.2208 (Build 15504.10000) 以降
  • mac 版 Ver.16.66 (Build 22090700) 以降
が対象のようですので、ちょっと前から反映されているようですが関心のある方は上記ブログをご確認ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月22日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

ここしばらく更新がきてませんでしたので、久しぶりの更新となります。

本日到着した更新プログラムは、以下の通りです。

20220922-1-1.png
・Microsoft Excel 16.66.22092001
・Microsoft OneNote 16.66.22092001
・Microsoft Outlook 16.66.22092001
・Microsoft PowerPoint 16.66.22092001
・Microsoft Word 16.66.22092001

さらに、もう一昨日になりますが、

・OneDrive 22186.0904

も到着しておりました。

今回の更新内容に関する情報は、ブログ、リリースノートともにございませんでしたが、久しぶりに Mac 版 Office Insider Beta Channel のリリースノートが更新されておりましたのでかいつまんでご紹介いたします。


9月19日 Ver.16.66 (Build 22091305)

Excel:

-- 修正内容
  • PDF形式で保存する場合、ワークブックが横向きで保存されない問題の修正
  • トルコ語またはポルトガル語でExcelを起動している場合、条件付き書式ルールの削除ボタンのアイコンが間違っている問題を修正
  • リボンのページレイアウトタブの「シートの右から左へ」ボタンがトグルボタンとして表示されない不具合を修正
  • 保護されたグラフシートで、[挿入]タブの[アイコン]ボタンが無効になるべきなのに有効になっている問題を修正
  • ヘッダーやフッターにページ番号を使用した場合の印刷の不具合を修正
    異なる開始ページ番号を指定しても、ページ番号は常に1から始まるようになっていました
  • 右から左の向きに設定されているシートの印刷位置の問題を修正
  • Excelをしばらくバックグラウンドで開いていた場合や、シートを切り替えた場合に、グラフが表示されないことがある問題を修正

-- 新機能と改善点
  • 環境設定の検索で、エラーチェックのひとつである「誤解を招く数値形式」を検索した場合の結果を追加するように改善
  • 条件付き書式規則の管理ダイアログをリサイズできるようにし、キーボードのみでも使いやすいように改善
前回の更新になりますが、Excel のみでもかなり多岐にわたって修正が入ったようです。

今後また情報が更新された折にはご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 08:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

昨日の Windows Update に続いて、本日は Mac 版 Office の更新です。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220915-1-1.png
・Microsoft Excel 16.66.22091305
・Microsoft OneNote 16.66.22091305
・Microsoft Outlook 16.66.22091305
・Microsoft PowerPoint 16.66.22091305
・Microsoft Word 16.66.22091305

ちらっと、Microsoft AutoUpdate も更新があったようですが、確認仕切れないうちにすぐに終了してしまいました。微妙にビルド番号がアップしているかもしれませんね。

「更新エラー...」「更新プログラムが一時的に利用できません。数分後にもう一度お試しください。」などと表示されてはいますが更新はすすんでいるようです。

20220915-1-2.png 20220915-1-3.png
・Microsoft AutoUpdate 4.51(22091101)

そして、Microsoft AutoUpdate を再起動して再度確認したところ、やはり本日付で微妙に更新されておりました。

Microsoft AutoUpdate のリリースノートを見ると、Ver.4.51 について紹介されておりましたが、その中で、「macOS Ventura でバックグラウンドでの実行が無効になっている場合、AutoUpdate が警告を表示するようになりました」といった項目も見受けられ、先日の macOS Ventura についてちょっとふれましたが、Microsoft AutoUpdate もこの次期 macOS に向けて確実に更新が進んでいるようです。

さて、Office 本体の方ですが、リリースノート、ブログなど今回の更新についての情報は特にございませんでした。こちらについては、何か情報が更新された折には改めてご紹介させていただきたいと思います。

現在うちで利用している mac も、現座運用中の Big Sur が最後。次の、Ventura が登場すれば、Catalina のサポートが終了するので、Big Sur もとうとう先が見えて来た感があります。Ventura が出たら本格的に買い替えを検討しないといけない時期が迫りつつある感じですね....
古いOS、古いブラウザだと、昨今のセキュアなウェブサイトもまともに利用できなくなりますので。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月13日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今日は、macOS のアップデートを始め、午前中までは、Office 製品向けには更新プログラムも来ていなかったなぁ?と思っていたんですが、いざ macOS を更新してみると、本日は続いて Office 製品の更新も到着しておりました。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220913-6-1.png
・Microsoft Excel 16.66.22091101
・Microsoft OneNote 16.66.22091101
・Microsoft PowerPoint 16.66.22091101
・Microsoft Word 16.66.22091101

以上の更新が到着しておりますが、Microsoft Outlook については、現時点では更新は届いていないようです。

ちなみに、更新後の履歴を見ると、9月12日には、

20220913-6-2.png

・OneDrive 22181.0828

も到着しておりました。

リリースノート、ブログともに今回の更新内容に関する情報は特にございませんでした。今後、ブログなどで紹介された折には改めてご紹介させていただきます。


今回の更新には、Microsoft Outlook の更新はありませんが、「Outlook for Mac - Release notes for Beta Channel builds」の中で、9月1日および5日にリリースされた Ver.16.66 (22083100) & 16.66 (22090502) についてその修正内容などが紹介されていましたので、ご紹介いたします。

-- 修正内容:
  • メール:IMAPで設定されたGoogleアカウントで、メールが送信トレイに滞留する問題を修正
  • メール:Office 365アカウントでの認証時に「Error Something went wrong [1805]」と表示される問題を修正
  • メール:macOSの言語がトルコ語に設定されている場合、ユーザーがOutlook for MacでM365アカウントを追加できない問題を修正
  • カレンダー:新しい時間プロポーザルで誤ったタイムゾーンが表示される問題を修正
  • 検索:テキストフィールドで候補を選択した後に重複して表示される問題を修正
  • クラッシュ:GCCHユーザーでマイデイのタスクバーで新しいイベントを作成する際に発生するクラッシュする問題を修正
-- 新機能ほか:
  • 連絡:イブペルソナカードにLinkedInの統合が追加されました
  • サポート:サポートに連絡する前にユーザーの同意書を表示、データがすぐに収集されることを理解してもらえるように改善されました
  • リマインダー:OutlookまたはmacOSの通知リマインダーのスタイルを選択するオプションを追加。
    この設定は、Outlook > 環境設定 > 通知とサウンド > イベントリマインダー のスタイルから変更が可能です




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 14:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月11日

Microsoft AutoUpdate 更新

自分で使用していて、特に不具合はあまり感じてはいませんが、ここのところよくくるようになった Microsoft AutoUpdate の更新。

新たな更新プログラムが到着しております。

20220911-1-1.png 20220911-1-2.png
・Microsoft AutoUpdate 4.51(22090801)

更新内容に関する情報はまだUpされておりませんが、前回のリリースから間もないため、おそらく部分的な不具合の修正だったのかと思われます。

もっとも、起動してからしばらくの間真っ白な状態で以前のようにすぐに更新のチェックが始まらないという状況は、以前と変わりないので、そこはやっぱりうちの Mac のスペックによるものなのかな?と思ってますが。

Microsoft 365 や、OneDrive、OneNote、Microsoft Edge などの更新に使用するプログラムでもありますので、早めに更新しておくことをお勧めいたします。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 18:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月09日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

Mac の電源を入れてうっかりそのままにしていたら、すでに更新が完了しておりましたが、本日も更新プログラムが到着しておりました。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220909-5-1.png 20220909-5-2.png
・Microsoft Excel 16.66.22090700
・Microsoft OneNote 16.66.22090700
・Microsoft Outlook 16.66.22090700
・Microsoft PowerPoint 16.66.22090700
・Microsoft Word 16.66.22090700
・OneDrive 22181.0828

ブログ、リリースノートなどに特に今回の更新内容に関する情報はアップされておりませんでした。Beta Channel 向けの更新情報は、7月19日以降全く更新されていないわけですが、当然ながら更新されていないだけで、Update も来ていますし、新機能も追加されたりしています。

Office Insider Blog の方で新機能が紹介されると、このバージョンから適用されてたんだ?と改めて知ることになるのがちょっともどかしいところです。

引き続き何か更新された折には、随時ご紹介させていただきたいと思います。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月07日

Microsoft AutoUpdate Ver.4.51 リリース

昨日の Mac 版 Office Insider Beta Channel の更新に続き本日は、Microsoft AutoUpdate Ver.4.51 が到着しました。

20220907-1-1.png 20220907-1-2-1.png
リリース日を見ると、US時間9月6日となっているので、昨日の Office Insider Beta Channel の更新が到着してその後ぐらいだったんでしょうね。

Ver.4.50 に上がった際にかなりの修正が入りましたが、今回の修正内容に関する情報は特にございませんでした。


上記サイトでは、8月までの更新履歴・内容が確認できます。また Microsoft AutoUpate Ver.4.50 のダウンロードも可能になっています。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 20:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月06日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

タイミングが悪いのか? 先ほど新しい機能についてご紹介したばかりで、その際に、更新情報があれば、ついでに紹介するつもりが、いくら更新をチェックしても出てこなかったのに、ブログに記事をアップしてから再度確認すると、Beta Channel の更新が到着していたというなんともタイミングの悪いこと。

ということで、今回到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220906-3-1.png
・Microsoft Excel 16.66.22090502
・Microsoft OneNote 16.66.22090502
・Microsoft Outlook 16.66.22090502
・Microsoft PowerPoint 16.66.22090502
・Microsoft Word 16.66.22090502

今回リリースされた更新プログラムに関する情報は、リリースノート、ブログともにございませんでした。

今後ブログなどで新たな機能などが紹介された折には、改めてご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 16:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今回は、新たな更新プログラムのお知らせではなく、Mac 版 Office Insider Current Channel(Preview) のリリースノートに Up された新機能についてのご紹介です。

今回、Mac 版の Office 製品において、サードパーティの外部ストーレッジ・アカウントを管理する機能が追加されました。

20220906-1-1.jpg 20220906-1-2.jpg

US時間9月3日付のOffice Insider Blog で紹介されたものですが、Office Insider のリリースノートでは、久々に更新された US時間9月2日付の Current Channel(Preview) のリリースノートで紹介されたものです。

この中、「The same Add Storage Accounts feature you love using in the Office Mobile apps is now available on your Mac! 」と、ストレージアカウントの追加機能が、Macでも利用できるようになったことを紹介しています。


【Android/iOS 向 Office Mobile で採用されている機能を再構築し追加】

ブログによれば、もともと Android または iOS 向けの Office Mobile で提供していたデータとストーレッジを管理する機能。以下のような感じで複数のストーレッジが選択可能になっていました。

20220906-1-3.jpg 20220906-1-4.jpg

これが今回、オリジナルの機能を再設計して、Office for Mac に追加されたものです。


-- どうやって利用するのか?

さてその具体的な使い方をご紹介していきましょう。

1) Word などのアプリを起動し、ファイル > 開く とクリックします

20220906-2-2.jpg

2) 続いて、「オンラインの場所」をクリックします

20220906-2-4.jpg

3) ファイルの場所を指定する画面が表示されるので、下部にある「ストーレッジアカウントの管理」をクリックします

20220906-2-3.jpg

4) 「ストーレッジアカウント」の管理画面が表示されますので、すとーれっじサービスを選択してアカウントを追加します

20220906-2-1.png

-- 追加可能なストーレッジ:

20220906-1-4.jpg 20220906-2-1.png

並べて表示すると、一目瞭然。Android や iOS 向けのもの(左)に比べると、今回 Office for Mac に追加されたもの(右)は圧倒的に少ないわけですが、
  • OneDrive
  • OneDrive for Business
  • SharePoint
  • Box
  • Egnyte(Beta)
が追加可能になっています。

現在は、Office Mobile に比べ少ないわけですが、ブログの中では、「今後も、より多くのサードパーティーのサービスを新たに対応、時間をかけてエクスペリエンスの向上をめざします」ともあるので、今後 Office Mobile のように追加される可能性はあるようです。


--利用可能なバージョン:

さて今回追加されたこの機能ですが、利用可能なバージョンは以下の通りです。
  • Office Insider 版 Office for Mac
  • Current Channel(Preview)Ver.16.64(220082100) 以降
 ** "Current Channel(Preview)Ver.16.64(220082100) 以降" となっていますので、Office Insider Beta Channel のリリースノートで紹介されることはありませんでしたが、Office Insider Beta Channel であっても、Ver.16.64(220082100) 以降であればも利用可能です。

今回は、9/2のブログでもご紹介した Office Inisder Beta Channel Ver.16.66.22083100 の Word for mac にて、上記の画像をキャプチャーしてみました。


<参照>




20 以上の言語で魅力的な文書を書く/Microsoft 365


楽天トラベル



posted by クリック at 16:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月02日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

ブログやリリースノートではなかなか情報がリアルタイムには公開されて来ませんが、更新プログラムは着実に届いております。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220902-1-1.png 20220902-1-2.png
・Microsoft Excel 16.66.22083100
・Microsoft OneNote 16.66.22083100
・Microsoft Outlook 16.66.22083100
・Microsoft PowerPoint 16.66.22083100
・Microsoft Word 16.66.22083100

通常だと、ビルド番号まで出ていることが多いのですが、更新確認長後、今回のように時々バージョンまでしか表示されないこともあったりします。更新後はちゃんと履歴には逆にビルド番号が表示されているので、とりあえずは起動しなくもて確認はできました。

Beta Channel は今回の Update により、Ver.16.65 から Ver.16.66 とバージョンが一つ上がったことになります。

リリースノート、ブログともに今回の更新に関する情報は特にございませんでした。今後ブログなどで情報が公開された折には改めてご紹介させていただきます。

さて現在ちょうど Office 製品の VBA マクロ の既定の動作についてチェックしているんですが、ふと考えてみると Mac 版 には、Access なんていうデータベースはないのでいいんですが、Excel は当然ながら、Windows 版でも、Mac 版でもありますし、多くの方がご利用になっているのは当然のことなわけですので、VBA マクロ が既定でブロックされてしまうかどうか?というセキュリティ上の制限は、Windows ユーザーだけの問題ではないんだろうな?とふと思い起こしました。

こちらに関しては、後日改めて取り上げたいと思います。


【2022/09/04 更新】

昨日気が付いたんですが、9/2に更新されたプログラムに、OneDrive が追加されていました。

20220902-2-1-3.png
・OneDrive 22176.0821




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月30日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

8月最後でしょうね。次の更新プログラムが到着しておりました。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220830-3-1.png
・Microsoft Excel 16.65.22082703
・Microsoft OneNote16.65.22082703
・Microsoft Outlook16.65.22082703
・Microsoft PowerPoint16.65.22082703
・Microsoft Word16.65.22082703

Office Insider Blog および リリースノートで、今回の更新に関する情報は特にございませんでした。

ただし、ブログの方では、Excel for Mac に関する新たな情報が紹介されておりました。


こちらについては、改めて確認の上ご紹介させていただきますが、お急ぎのたかは上記リンクよりご確認ください。

バージョンはどんどん進みますが、なかなかリアルタイムにその更新内容に関する情報が提供はされて来ませんが、今回ご紹介したブログのように、後になって新機能のとして紹介されるケースもありますので、紹介された折には順次ご紹介したいと思います。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 20:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月26日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

Mac を起動してうっかり朝の Meeting に入ってしまって気がついたら更新がほぼ終わってたっていう状況ですが、本日も更新プログラムが到着しております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220826-1-1.png 20220826-1-2.png
・Microsoft Excel 16.65.22082401
・Microsoft OneNote 16.65.22082401
・Microsoft Outlook 16.65.22082401
・Microsoft Word 16.65.22082401
・Microsoft PowerPoint 16.65.22082401

ついでに昨日届いていたもので、

・OneDrive 22171.0814

といった製品も更新されています。OneDrive って今まで振り返ると、こんなに頻繁に更新されてなかったと思うんですが、リリースノートをみると、普通に更新されているようなので、おそらくうちの環境のせいなのかもしれませんね。特にエラーとかなかったんですが、ここ最近はきちんと更新されるようになったようです。

リリースノート・ブログともに今回の更新に関する情報は特にございませんでした。

Office Insider Blogでは、新たな情報が本日付で投稿されておりました。


Office Insider Beta Channel 向けの情報ですが、Excel for Mac もその対象になっており、Ver.16.65.2208.0701 以降が対象になるので、今回の更新よりちょっと前ということになりますが、新たな機能が搭載されたことが紹介されています。

こちらについては、改めて確認の上、別途ご紹介させていただきますが、ご興味のある方は上記リンクよりご確認ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月23日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。

本日到着した更新プログラムは、以下の通りです。

20220823-1-1.png
・Microsoft Excel 16.65.22082100
・Microsoft OneNote 16.65.22082100
・Microsoft Outlook 16.65.22082100
・Microsoft PowerPoint 16.65.22082100
・Microsoft Word 16.65.22082100

ブログ、リリースノートとも今回の更新内容に関する情報は特にございませんでした。今後、新しい機能が追加された場合など情報が更新された折には、改めてご紹介させていただきたいと思います。

Windows 版のリリースノートは、ちょくちょく更新されているんですが、Mac 版はなかなか。残念ながら、リリースノートなどは更新されないままに、更新プログラムだけがどんどん配信されてくるといった状況です。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月19日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今朝はちょっと忙しくてバタバタしてたので、更新自体は確認できていんですが情報をあげるのが遅くなりました。さて本日付で、次の更新プログラムが到着しております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220819-1-1.png 20220819-1-2.png
・Microsoft Excel 16.65.22081605
・Microsoft OneNote 16.65.22081605
・Microsoft Outlook 16.65.22081605
・Microsoft PowerPoint 16.65.22081605
・Microsoft Word 16.65.22081605

Office Insider の リリースノート、ブログ ともに更新内容に関する情報は現時点ではございませんでした。今後、Office Inside Blog などで情報が公開された折には随時取り上げてみたいと思います。

前回、PowerPoint for Mac の通常版に「CAMEO」がリリースされたことをご紹介しましたが、Windows、Mac を問わずここ最近は、これまで Office Insider のみに先行リリースされた色々な機能がどんどん通常版にリリースされています。

もちろん、Beta Channel / Insider Fast、Current Channel(Preview) / Insider Slow といった、Office Insider 向けに事前にリリースされて様々なフィードバックを得て、さらに改善を加えての Stable版(通常版)への リリース になるわけですが、必ずしもトラブルもないとは言い切れません。

何か新たな機能を搭載したことで不具合があった場合には、ぜひフィードバックツールを利用してフィードバックしてください。

20220819-1-3.png

アプリを起動して、メニューバーの ヘルプ>フィードバック とすれば、フィードバックが可能です。


【2022/08/22更新】

よくよく確認してみると、8月19日付で OneDrive for Mac も更新されておりました。

・OneDrive 22168.0807




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月18日

PowerPoint for mac にも 「CAMEO」がリリース!

さきほどもちょっと、Microsoft AutoUpdate の更新情報の中でも紹介しましたが、US時間 8月16日 にリリースがスタートした Office for Mac Ver.16.64.22081401 において、PowerPoint for mac に「CAMEO」が搭載されたことが発表されました。

20220818-2-1.jpg 20220818-2-2.jpg 20220818-2-3.jpg

またリリースノートにもありますが、今回の Update では、「CAMEO」の他にも、アクセシビリティに配慮した機能でもある「クローズドキャプション」の機能が追加されたことも紹介されております。

20220818-3-1.jpg 20220818-3-2.jpg


2022年3月、5月に Office Insider 向けに Office Insider Blog にて案内された各機能。これらの機能の通常版への展開がスタートしたということになります。


【他の製品にも新機能が追加】

今回の、Ver.16.64.22081401。今回ご紹介した、PowerPoint 以外にも、

20220818-4-1.jpg 20220818-4-2.jpg

Outlook/Word:ディクテーションツールバーのデザインなどの更新

といった機能が追加されているようです。


<参照>




心に訴えるプレゼンを行う/Microsoft 365


楽天トラベル

posted by クリック at 11:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft AutoUpdate の Update

Mac 向けに提供されている Microsoft AutoUpdate。

Mac 版の Microsoft 製品の更新を一括で管理してくれるプログラムです。とはいっても、各製品ごとに個別に Update もできるので、使っていない方も多いかもしれませんが、Microsoft Office の各アプリから、更新のチェックをすると、この Microsoft AutoUpdate が起動して来たりします。

20220818-1-1.png
・Microsoft AutoUpdate 4.50.22081401

さてそんな Microsoft AutoUpdate ですが、当然ながらこのプログラム自身も着々とバージョンアップしています。先日、メジャーアップデートとなる、Ver.4.50 になりましたが、その後もちょくちょく更新しておりますが、通常は、Microsoft Office Insider Beta Channel の更新情報とともにお知らせしていますが、今回はこちらの更新プログラムのみですが、更新が到着しております。

さて、今回の更新ですが、今月に入って2回目の更新だったと思いますが、USサイトにアップされている情報では、Ver.4.50 の更新っていうことで、US時間 8月16日付で更新されています。

不具合の修正、機能の更新などかなり多岐にわたっております。

強化された点:
  • ユーザーが最終的なカウントダウンを見る前にクローンが更新され、検証されるように、デッドライン機能を強化。これによりアプリのアップデートのためのダウンタイムが大幅に短縮されます。
  • デフォルトのチェック間隔を12時間から13時間に変更。更新時間をずらすことができるようになりました。
  • クローンのステージングフォルダに .noindex という接尾辞が追加。Spotlight が一時的なアプリバンドルにインデックスを付けることを防止します。
  • IT 管理者は、サードパーティアプリケーションがアプリバンドルを変更した場合にバイナリ差分更新を適用できるように GuardAgainstAppModification という新しいブール値ベースの環境設定を行うことができるようになりました。

バグ修正:
  • クローン作成に失敗した場合、デルタアップデートが正しく適用されない問題を修正。
  • アップデートのキャンセルが機能しない問題を修正。
  • カウントダウンタイマーが99分以上表示されない場合がある問題を修正。
  • Finderに表示」オプションに失敗する場合がある問題の修正。
  • 無効な日付/時刻が設定されているとMicrosoft AutoUpdateがクラッシュする場合がある問題を修正。
  • ダウンロードURLを作成する際に、Microsoft AutoUpdateがクラッシュすることがある問題を修正。
なお、「Release notes for Office for Mac」によると、通常版の Office for Mac についても、US時間 8月16日(日本時間8月17日)付で、Ver.16.64 (Build 22081401) の更新プログラムの提供がスタートしているようです。

Microsoft AutoUpdate の更新とともに、通常版の Office for Mac をご利用の方は更新を適用してみてください。更新内容によると、先日ご紹介した Windows 版 PowerPoint にリリースされた 「Cameo」が、Mac 版 PowerPoint にも今回のバージョンアップで通常版でも利用可能になるようです。


詳細は、上記のリリースノートをご確認ください。

<参照>



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月16日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

昨日確認したタイミングが遅かっただけだったのか、本日確認したら次の更新プログラムがすでに到着しておりました。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220816-1-1.png
・Microsoft Excel 16.65.22081401
・Microsoft OneNote 16.65.22081401
・Microsoft Outlook 16.65.22081401
・Microsoft PowerPoint 16.65.22081401
・Microsoft Word 16.65.22081401

昨日に続いてのことなので、リリースノート、ブログ共に更新内容に関する情報は上がっておりませんでした。

今後何か情報が更新された折には、改めてご紹介させていただきます。

USは、お盆なんて関係ないと思いますが、つい先日までは、ちょくちょく更新を確認しても何も更新がなかったのに、ここに来てまたちょくちょく更新が到着するようになりました。

ところで、Mac 向けのお知らせというわけでもありませんが、Outlook チームのブログにこんな新しい製品が紹介されておりました。


Android 向けに、"Microsoft Outlook Lite" がリリースされたとのことです。
Android のスマホをご利用で、ご興味のある方は、上記記事をご参考の上、Google Play よりダウンロードしてみてください。すでに、Google Play にて提供がスタートしています。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月15日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

久しぶりに Mac 版 Office Insider Beta Channel に更新プログラムが到着しました。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220815-1-1.png
・Microsoft Excel 16.65.22081201
・Microsoft PowerPoint 16.65.22081201
・Microsoft Word 16.65.22081201
・Microsoft OneNote 16.65.22081201
・Microsoft Outlook 16.65.22081201

Insider Blog の方も、ちょくちょく更新されておりますが、今回の更新プログラムに関する情報は現時点ではございませんでした。


今回の更新内容ではないにしても、上記ブログの中では、Mac 版 Office Insider Beta Channel 向けの情報もございますので、興味のある方はぜひご覧ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 21:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月12日

macOS 向け OneDrive アプリのバージョンアップ

macOS 向けに提供されている OneDrive アプリですが、この更新状況については、Microsoft AutoUpdate でも確認ができます。

実はここしばらく更新されていなかったな?と思っていた、OneDrive アプリが、気がついてみたら、ちょくちょく更新されていました。

20220812-1.png
・OneDrive 22161.0731

上記の画像をご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、本日も Ver.22161.0731 にバージョンアップ。実は、2日前に確認した時には、8月9日付だったかな? やはりバージョンアップしてました。

近の OneDrive の問題に関する修正プログラムと回避策」をみると、色々問題が発生していて都度更新されているという割には、うちの OneDrive のアプリは更新されないな?とは思ってましたが、うちの場合には特別影響もなかったので、普通にアップデートがあれば更新するというままで使用しているわけでしたが、ここに来て続けて更新されているのをみて何か?あるのか?と思って確認している最中ですが、まだ8月のリリース情報は、USバージョンでも提供されていないため詳細がわかりません。

特に、macOS 12.0 Monterey では、既知の問題なども紹介されているので、ぜひ最新状態でご使用になってみてください。

なお、「OneDrive のリリース ノート」にありましたが、OneDrive のアプリは、macOS 10.14 以前の OS はサポート範囲外になっています。基本的には、macOS 11.0 BigSur 以降でご利用いただくことが必要なようです。macOS 10.14 以前の OS には、更新プログラムの提供もありませんし、また新規インストールもできないようになっていますのでご注意ください。


【更新】

Microsoft AutoUpdate をよくよくみると、

・Microsoft Outlook 16.65.22081001
・Microsoft OneNote 16.65.22081001

については、本日付で更新されておりました。


<参照>




サフィール,saphir,さふぃーる,びゅう,JR東日本


デバイス間で思い出を共有しよう!/OneDrive

posted by クリック at 10:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月05日

Microsoft AutoUpdate 4.50 がリリース

Mac 版 Microsoft Edge の更新の時にもちらっとご紹介しましたが、Microsoft 製品の更新プログラムを取得するために Mac 向けに提供されている Microsoft AutoUpdate の最新版 Ver.4.50 が 本日 リリースされました。

20220805-1-1.png

リリースノートには今回公開されたバージョンの情報はまだございませんが、7月までの更新状況を見ても少しずつ修正は加わっているようです。

うちの方で確認する限りでは、7月の Ver.4.49 の段階で、「Microsoft AutoUpdate が起動時に応答しなくなる問題を修正しました」とはあるものの、実際のところまだまだ起動時に真っ白で応答しなくなることがありましたが、今回のバージョンからは比較的スムースに表示されるようになった感じです。

Microsoft AutoUpdate を起動しても、なかなか応答しないという方はぜひ Update して確認してみてください。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220802-2-1.png
・Microsoft Excel 16.64.22073100
・Microsoft OneNote 16.64.22073100
・Microsoft Outlook 16.64.22073100
・Microsoft PowerPoint 16.64.22073100
・Microsoft Word 16.64.22073100

Office Insider Blog、リリースノーと共に、今回の更新に関する情報はございませんでした。
今後、新しい機能の紹介などでブログにて対象バージョンに関する情報が公開された折には、機会があれば随時ご紹介していきたいと思います。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 16:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月29日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

リリースノートなどはなかなか更新されませんが、更新プログラムは数日ごとの順調に到着しております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220729-3-1.png
・Microsoft Excel 16.64.22072800
・Microsoft OneNote 16.64.22072800
・Microsoft Outlook 16.64.22072800
・Microsoft PowerPoint 16.64.22072800
・Microsoft Word 16.64.22072800

ブログ、リリースノートとも、今回の更新に関する情報は特にございませんでした。

今後、新たな機能として追加された機能などが紹介された折には、随時改めてご紹介させていただきます。
それまでいましばらくおまちください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月27日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

ちょっと間が空いたような感じですが、Mac 版 Office Insider Beta Channel 向けの更新プログラムが到着しております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220727-1-1.png
・Microsoft Excel 16.64.22072501
・Microsoft OneNote 16.64.22072501
・Microsoft Outlook 16.64.22072501
・Microsoft PowerPoint 16.64.22072501
・Microsoft Word 16.64.22072501

リリースノート、ブログともに、今回更新された内容に関する情報は、現時点ではございませんでした。
前回ご紹介した Excel for Mac のようにだいぶ後になってブログなどで新機能が追加されていたことが公開されることもあるので、その際には随時ご紹介したいと思います。

ちょうど本日は、Windows 版 Office Insider Beta Channel にも更新プログラムが到着しているようです。Windows 版 もご利用の方はぜひ確認してみてください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月24日

条件付き書式のダイアログの大きさを変更する

更新プログラムが到着してても、その追加された機能に関する情報がなかなか紹介できずにおりました Mac 版 Office Insider Beta Channel。
今回は久々にこの Beta Channel 向けに提供された新しい機能についてご紹介いたします。

20220724-3-1.jpg

今回ご紹介する機能は、Excel for Mac における条件付き書式のダイアログボックスの大きさを自由に変更ができるようになったというもの。逆に言うと、広げられなかったのが不思議なぐらいですが、やっと利用者が変更できるようになったようです。

ユーザーからの要望の多かった機能とのことです。

ブログによると、これまで、「ルールの管理」ダイアログボックスのサイズは、一度に表示できる条件付き書式ルールは5つまでに制限されていました。また、ルールで使用されている数式や範囲全体を見ることができないものもありました。

これが今回の機能更新で、ダイアログボックスの幅や高さを変更することで、より多くのルールを一度に表示できるようになります。また、必要であれば、より長い数式を表示するスペースも確保されます。

--対応バージョン:

Office Insider Beta Channel Ver.16.64(Build 22070600) またはそれ以降

先日公開された最新の Beta Channel は、Ver.16.64(22072000) なので、すでにこの機能は展開済みです。

振り返ってみると、このブログで紹介した中でいうと、7/14にご紹介した時が、Ver.16.64(22070001)。そしてその後、7/16にご紹介した時が、Ver.16.64(22071301)なので、ちょうどこのバージョンから適用済みのようです。

もっとも、やっと Beta Channel に展開されている機能なので、通常版に展開されるまでにはもうしばらくお待ちいただく必要があります。


<参照>




Microsoft 365


デル株式会社

posted by クリック at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月21日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220721-1-1.png 20220721-1-2.png
・Microsoft Excel 16.64.22072000
・Microsoft OneNote 16.64.22072000
・Microsoft Outlook 16.64.22072000
・Microsoft PowerPoint 16.64.22072000
・Microsoft Word 16.64.22072000

今回の更新内容に関する情報は、リリースノート、ブログ共に特にございませんでした。
7月19日付で、リリースノートが更新されておりましたが、Ver.16.64 (Build 22071702) の Excel における修正内容が公開されております。

・列ヘッダーにボタンがあり、シートをスクロールして左側に列が一部見えるようにした場合、フィルターボタンが機能しない問題の修正
・クイックアクセスツールバー(QAT)にセルの結合解除ボタンが追加されない不具合の修正
・トレースデペンデントまたはプリセンダントの矢印が不意に消えることがある問題の修正
・ワークシートをPDF形式で保存する際に、シートの向きが維持されない問題の修正
・ページレイアウトタブの「向き」ボタンで初めてページの向きを変更すると、すべてのシートで向きが変わってしまう不具合の修正
・「重複の削除」ダイアログボックスで、列のヘッダーが表示されない不具合の修正

といった内容のようです。

時々今回のように更新中に、Ver.16.64 とバージョンのみで、Build 番号が表示されないことがありますが、この場合、更新が完了するとちゃんとビルド番号も表示されるようですね。

Microsoft AutoUpdate も、だいぶ重たくなって来て起動しても真っ白で何も表示されず、更新の確認をすることもできないことがちょくちょくあるのできになりますが、この辺りはマシーンスペックの問題もあるのかな?と思ってます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:41| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月19日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220719-1.png
・Microsoft Excel 16.64.22071702
・Microsoft OneNote 16.64.22071702
・Microsoft Outlook 16.64.22071702
・Microsoft PowerPoint 16.64.22071702
・Microsoft Word 16.64.22071702

リリースノート、ブログともに、更新内容に関する情報はございませんでした。今後何か新しい機能が追加されたなどの情報がアップされましたが随時ご紹介させていただきたいと思います。

さて本日は先日ご紹介した、「Microsoft 365 Family」の発売開始日。このあとまたちょっと新たな情報がないか?確認するわけですが、Microsoft 365 Family は当然ながら、Mac ユーザーであっても利用できるわけで注目の製品。

概要については前回ご紹介させていただいた、以下の記事をご参照ください。


ご家庭で、お父さんとお子さんは Windows だけど、お母さんは Mac といった混在した環境でご利用のユーザーにとって、非常に便利なサブスクリプションの登場ですので、Mac ユーザーにとっても見逃せないものです。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月16日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

前回のチェックが遅れたせいか? 次の更新プログラムがすでに到着しておりました。
今回到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220716-1-1.png
・Microsoft Excel 16.64.22071301
・Microsoft OneNote 16.64.22071301
・Microsoft Outlook 16.64.22071301
・Microsoft PowerPoint 16.64.22071301
・Microsoft Word 16.64.22071301

そして、Office 製品ではありませんが、
・Microsoft Edge 103.1264.22071362
も到着しております。

ブログ、リリースノートともに、今回の更新プログラムに関する情報は特にございませんでした。ここ最近、Office Insider Blog の方は、ちょこちょこ新しい機能について紹介されているケースがあるので、今回のリリースに限らず、Mac 版 Office Insider Beta Channel が対象となっているものについては、今後、機会があればご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 07:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月14日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

ここ数日忙しくて Mac を起動する時間がなかったのでちょっと間が空いてしまいましたが、その間にも更新プログラムはちゃんと配信されて来ております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220714-1-1.png
・Microsoft Excel 16.64.2207001
・Microsoft OneNote 16.64.2207001
・Microsoft Outlook 16.64.2207001
・Microsoft PowerPoint 16.64.2207001
・Microsoft Word 16.64.2207001

となっております。

今回の更新に関して、リリースノート、ブログにおいて紹介されているものはありませんでした。ただし、後日改めてご紹介しますが、Windows 版、Mac 版 ともに、Word の更新された機能が紹介されています。


Mac 版では、Office Insider Beta Channel Ver.16.61 (ビルド 22040700) 以降が対象のようです。気になる方は上記リンクよりご確認ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月08日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

ここにきて、従来のようにちょくちょく更新プログラムが配信されるようになって来ました。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220708-1-1.png
・Microsoft Excel 16.64.22070600
・Microsoft OneNote 16.64.22070600
・Microsoft Outlook 16.64.22070600
・Microsoft PowerPoint 16.64.22070600
・Microsoft Word 16.64.22070600

そして Office 製品ではありませんが....
・Microsoft Edge 103.1264.22070651
も到着しておりました。

本日の更新ない方に関する情報は、ブログ、リリースノートともに現時点で公開されている情報はございませんでした。

ただし、7月5日づけで、久しぶりに Beta Channel のリリースノートが更新されました。


Excel のみですが、Ver.16.64.22070301 における修正箇所について紹介されています。

・Segoe UI Emojiフォントを使用し、テキストと絵文字を含むセルにテキストが表示されない不具合の修正
・特定のフォントでヒンディー語やクメール語の数字を含むセルで、一部の文字が重なって表示される不具合の修正
・シート名を変更した際に、シートタブに余分な空白が表示される問題の修正
・数式に関数名を入力する際に表示される関数候補のリストをスクリーンリーダーが操作する際に、関数名をアナウンスできるよう修正

といった内容のようです。

また Current Channel(Preview) についても、7月6日付で情報が公開されております。


こちらについては、PowerPoint および Excel で機能追加された部分が紹介されております。詳細は上記のリンクからご確認ください。
PowerPoint では、Cameo のことが紹介されていますが、ついに Insider Slow にも Cameo が登場なんですね。

Cameoについては、このブログでも何度か取り上げていますが、上記の 2022年3月25日に公開された Office Insider Blog をご覧ください。


【2022/07/09更新】

6/3の更新で、「名前の定義」の参照範囲を指定する際の文字数制限についての修正が紹介されていましたので、念のためこちらの方もご紹介させていただきます。


「名前の定義」を設定する際の参照範囲を指定する際の文字数制限が、当初 255 文字だったようですが、上記のアップデートにより、2,084 文字に変更されているようです。

<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 12:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月05日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220705-5-1.png 20220705-5-2-1.png
・Microsoft Excel 16.64.22070301
・Microsoft OneNote 16.64.22070301
・Microsoft Outlook 16.64.22070301
・Microsoft PowerPoint 16.64.22070301
・Microsoft Word 16.64.22070301

現時点では、ブログ、リリースノートともに今回の更新内容に関する情報はございませんでした。

更新されて修正された機能や、追加された機能などブログなどで取り上げられた際には改めて随時取り上げてみたいと思います。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月04日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

おそらく機能チェックし忘れてたので、昨日なのかもしれませんが本日確認したところ、以下の通り更新プログラムが到着しておりました。

20220704-10-1.png
・Microsoft Excel 16.64.22070100
・Microsoft OneNote 16.64.22070100
・Microsoft Outlook 16.64.22070100
・Microsoft PowerPoint 16.64.22070100
・Microsoft Word 16.64.22070100

ちょうど7月1日には、

・Microsoft AutoUpdate 4.49
・Microsoft Edge 103.1264

も到着しておりましたが、Microsoft AutoUpdate の更新後、更新を確認しても無かったのですっかりご無沙汰しておりました。

Office Insider Blog やリリースノートにて公開されている情報は現時点ではございませんでした。

修正内容、追加された機能などがあった場合、随時ブログなどで公開された場合には、改めてご紹介させていただきます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 07:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月01日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今回到着した更新プログラムは、Office製品そのものではなくて、Update を管理する Microsoft AutoUpdate の更新プログラムでした。

20220701-1-1.png 20220701-1-2.png
・Microsoft AutoUpdate 4.49

とついでに、

・Microsoft Edge 103.1264

が到着しておりました。

ちなみに Microsoft Edge は、通常版は、Microsoft AutoUpdate を介して、更新プログラムが配信されて来ますが、DEV版 や Canary版 といった Insider 向けの製品は、Mirosoft AutoUpdate 経由では更新されませんので、各プログラムを起動して、

ヘルプ > MIcrosoft Edge の 更新

とクリックして更新する必要があります。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月28日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

うっかり、Mac を起動して別の仕事していたら、すでに Update が完了しておりました。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220628-1-1.png 20220628-1-2.png
・Microsoft Excel 16.64.22062700
・Microsoft OneNote 16.64.22062700
・Microsoft Outlook 16.64.22062700
・MIcrosoft PowerPoint 16.64.22062700
・Microsoft Word 16.64.22062700

更新中は、ビルド番号なども表示されるのですが、更新後 Microsoft AutoUpdate ではバージョンのみでビルド番号が表示されなくなってしまいますので、更新後、PowerPoint を起動して、ビルド番号も含めて確認してみました。

さて更新内容ですが、リリースノート、Office Insider Blogでは特に今回のバージョンに関しての更新情報はございませんでした。Mac 向けの内容としては、以前にご紹介した、Microsoft Outlook に送信の取り消し機能がついたことぐらいです。


なお Outlook チームの TechCommunity Blog を見ると、6/20付で、Microsoft Editor が幅広い Platform で利用が可能になったことが紹介されています。


また Office Insider Blog では、6/22付で Word for mac でのダークモードについて紹介されています。


ダークモードをご利用の方はぜひ一度参考にしてみてください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月25日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

なんか?久しぶりに来た感じのある更新プログラム。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220625-1-1.png 20220625-1-2.png
・Microsoft Excel 16.63.22062300
・Microsoft OneNote 16.63.22062300
・Microsoft Outlook 16.63.22062300
・Microsoft PowerPoint 16.63.22062300
・Microsoft Word 16.63.22062300

今回のように時々更新の際に、Ver.16.63 と大きな部分しか表示されず Build 番号が出ないことがあるんですが、更新後には、2枚目の画像のようにきちんと、フルバージョンが表示されたりします。

リリースノート、ブログともに今回の更新内容に関する情報はございませんでした。


ただし前回、Outlook for Mac に関する上記の記事を取り上げましたが、前回も取り上げたように、ブログなどで新たな機能として追加されていることが判明した段階で、随時ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 07:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月16日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。
本日到着した更新プログラムは、以下の通りです。

20220616-2-1.png
・Microsoft Excel 16.63.22061407
・Microsoft OneNote 16.63.22061407
・Microsoft Outlook 16.63.22061407
・Microsoft PowerPoint 16.63.22061407
・Microsoft Word 16.63.22061407

Beta Channel 向けに提供されているリリースノートなど、更新内容に関する情報は特にございませんでした。
Current Channel(Preview)/Insider Slow 向けには、6/6付で情報が公開されております。


すでに Beta Channel では公開されている機能ですが、

Word/Outlook:ディクテーションツールバーの変更
Excel:条件付き書式のルールを見やすく変更など
PowerPoint:クローズドキャプションの機能

といったことに関して、新たに追加されたことが紹介されています。
Current Channel(Preview)に展開されたっていうことは、ぼちぼち通常版にも展開される機能ということになります。

また、Office Insider Blog の中で、Mac 版 Office Insider 向けのものとしては、やはりこれも、Current Channel(Preview) 向けですが、


上記の機能も、その対象が Ver.16.62 (Build 22052003) 以降となっているので、ちょうど上記で紹介した Ver.16.62 (Build 22060500) で対応した形になっています。詳細は上記ブログをご確認ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


富士通 FMV LIFEBOOK EH
posted by クリック at 18:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月14日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

ここ最近、Windows 版 の Office は更新があまり来てませんが、Mac 版 は本日も到着しておりました。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220614-1-1.png
・Microsoft Excel 16.63.22061204
・Microsoft OneNote 16.63.22061204
・Microsoft Outlook 16.63.22061204
・Microsoft PowerPoint 16.63.22061204
・Microsoft Word 16.63.22061204

そして
・Microsoft Edge 102.1245.22061341

となっております。

リリースノート、ブログなど、今回の更新に関する情報は、現時点では特にございませんでした。
今後何か情報が公開された折には、改めてご紹介させていただきます。

さて Windows の世界では、とうとう明日が Internet Explorer 11 のサポート終了日。このブログでも取り上げてますが、様々なメディアでも取り上げられるようになっています。

-- Mac 版 Microsoft Edge では、IEモードは利用できない:

かつては、Mac 向けにも Internet Explorer があったんですが、今となっては非常に懐かしい思い出になってます。

ところで、現在 Mac 向けにも Microsoft Edge が提供されています。Windows 版では、IE11 のサポート終了に伴い、Microsoft Edge の Internet Explorer モードの利用の話がちょくちょく出て来ます。

Microsoft Edge で、Internet Explorer モードが利用できる... と聞いて、Mac 版の Microsoft Edge ではどうやって Internt Explorer モードを利用できるようにするのか? 何て、相談もいただいたので念のため申し上げますと、Mac 版 や Linux 版 といった Windows 版以外の Microsoft Edge では、"Internet Explorer モード" は利用できません

"Internet Explorer モード" とはいっても、実際には、Microsoft Edge の裏で Internet Explorer 11 が動いているので、仮に Windows 版であっても、Windows の機能から、Internet Explorer 11 を無効にしてしまうとこの機能は利用できなくなってしまいます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月10日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今日は、Big Sur の更新の他にも、Office にも更新が到着しております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220610-3-1-1.png

・Microsoft Excel 16.63.22060801
・Microsoft OneNote 16.63.22060801
・Microsoft Outlook 16.63.22060801
・Microsoft PowerPoint 16.63.22060801
・Microsoft Word 16.63.22060801

さらに
・Microsoft Edge 102.1245.22080839

が到着しておりました。

今回の更新に関する情報は、リリースノート、ブログ共に特にございませんでした。情報が公開された折には改めてご紹介させていただきます。
macOS  版 Office Insider 向けの情報としては、6月7日付で、Current Channel(preview)向けに先日ご紹介した Word における Dictation の機能が更新されたことが紹介されております。


Insider Slow の方でも更新されたことになるので、通常盤も間も無く更新されるものと思われます。

また、Office Insider ユーザー向けには、


3Dアニメーションの挿入に関してのブログが投稿されております。この対象は、Mac 版でいうと、「Ver.16.62 (Build 22052003) 以降」
のようです。ということで、Insider Slow でのユーザーも同様に対象になっています。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月07日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

今回は、Microsoft AutoUpdate が到着したのち、Office の更新プログラムが検出されました。

20220607-1-1.png 20220607-1-2.png
・Microsoft AutoUpdate 4.48
・Microsoft Excel 16.63.22060600
・Microsoft OneNote 16.63.22060600
・Microsoft Outlook 16.63.22060600
・Microsoft PowerPoint 16.63.22060600
・Microsoft Word 16.63.22060600

ブログ、リリースノートともに、今回の更新に関して公開されている情報はございませんでした。

ただし Office Insider Blog では、以下にもあるように Word のディクテーションツールバーについて紹介されています。Windows 版、Mac 版ともに Beta Channel のユーザーが対象となっています。


  • Windows Beta Channel Version 2206 (Build 15321.20000) 以降
  • Mac Beta Channel Version 16.62 (Build 22052300) 以降
が対象となっています。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 14:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月03日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

6月に入って最初の更新。今回は、Office製品プラスアルファで更新プログラムが到着しております。
到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220603-1-1.png
・Microsoft Excel 16.63.22060101
・Microsoft OneNote 16.63.22060101
・Microsoft Outlook 16.63.22060101
・Microsoft PowerPoint 16.63.22060101
・Microsoft Word 16.63.22060101
そして
・Microsoft Edge 102.1245

となります。

今回の更新に関連した情報は特にアップされておりませんでしたが、久々にリリースノートが更新され、Version 16.63 (Build 22060101) における Excel の修正内容が公開されております。名前の定義の機能の一部文字制限が変更されたようです。

なお、Office Insider Blog では、ちょくせつ Mac 向けということではありませんが、Word for the web の新たな機能についても紹介されております。

Simple Markup view in Word for the web

こちらについては、別途ご紹介しますがお急ぎの方はご覧になってみてください。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月31日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220531-1.png
・Microsoft Excel 16.63.22053000
・Microsoft OneNote 16.63.22053000
・Microsoft Outlook 16.63.22053000
・Microsoft PowerPoint 16.63.22053000
・Microsoft Word 16.63.22053000

現時点で、今回の更新に関する情報は、リリースノート・ブログ共に特にございませんでした。
今後何かしら情報が公開された折には、改めてご紹介させていただきます。

Office Insider Blog を見ていると、Windows 向けの新しい機能に関する情報はちょくちょく登場しているわけですが、mac 向けの情報が少ないのはちょっと寂しいところです。

ただし Windows 向けの情報であっても、Beta 版などで提供される新たな機能は、情報が公開されたからといってすぐにすべての Beta 版ユーザーが利用できるようになるわけでももありません。これは mac 版でも同様ですが、こうした新しい機能は、段階的にその利用可能なユーザーを広げていくような形で展開されています。

なので実際のところ、その機能が使えるようになってから出ないとなかなかご紹介できませんので、現在もWord の新しい機能など、Windows 版の Beta 版の方でも、いつ使えるようになるのか?気になっているところです。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月26日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

ここ最近、Beta Channel 向けの更新がちょくちょく来るようになってます。本日到着した更新プログラムは、以下の通りです。

20220526-4-1.png
・Microsoft Excel 16.62.22052500
・Microosft OneNote 16.62.22052500
・Microsoft Outlook 16.62.22052500
・Microsoft PowerPoint 16.62.22052500
・Microsoft Word 16.62.22052500

本日の更新プログラムについての情報は、リリースノート、ブログともに特にございませんでした。

Office Insider Blog などで紹介された折には改めてご紹介させていただきます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 16:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"埋め込みビデオ" にクローズドキャプションが追加可能に(PowerPoint for Mac)

5月19日付で公開された Office Insider Blog に紹介されておりました 「"Closed captions in embedded videos" の追加」についてご紹介しておきたいと思います。

20220526-3-1.jpg 20220526-3-2.jpg

ブログの中の "Tips and tricks" にもある通りで、この機能自体は Windows 版 の PowerPoint ではすでにおなじみの機能(「クローズド キャプションまたは字幕をメディアに追加PowerPoint」)ではありますが、これが今回 Mac 版に搭載されることになったというものです。


--利用可能なバージョン:
  • Office Insider Beta Channel Ver.16.62(ビルド 22051100) 以降
Beta Channel Ver.16.62(ビルド 22051100) 以降ということで、バージョン自体は、5/13 に、Ver.16.62.22051100 が配信されてきていますので、ちょっと前の話になります。

ただしこのバージョン以降に順次適用範囲を広げる形で配信されていますので、まだ利用できない場合には今しばらくお待ちください。

Mac 版に搭載されたとはいえ、まだ 一部の Beta Channel ユーザー向けに提供がスタートしたばかり。Statble 版 への展開はもうちょっと先になりますので、今しばらくお待ちください。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


イベント・スポーツ観戦遠征特集 びゅう

posted by クリック at 15:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月25日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

先ほども書きましたが現在、Microsoft Build 2022 が絶賛開催中。現在はまさに Power Platform でのローコード開発について,
各企業のその事例を紹介している日本語のセッションが行われています。

さてでは、本日到着した Mac 版 Office Insider Beta Channel のお話に戻しましょう。本日、到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220525-2-1.png
・Microsoft Excel 16.62.22052300
・Microsoft OneNote 16.62.22052300
・Microsoft Outlook 16.62.22052300
・Microsoft PowerPoint 16.62.22052300
・Microsoft Word 16.62.22052300

本日の更新に関する情報について、リリースノート、ブログともに紹介されているものはございませんでした。今後ブログなどで新たな機能が紹介された折には、改めてご紹介させていただきます。

さて、Microsoft Build 2022 にもどりましょうかね....




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月23日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今回は珍しく、Word と PowerPoint のみに更新が到着しておりました。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220523-1-1.png
・Microsoft PowerPoint 16.62.22051904
・Microsoft Word 16.62.22051904

リリースノートやブログなど特に今回の更新に関しての情報はございませんでした。情報が公開された折には、改めてご紹介させていただきたいと思います。

先日、Office for Mac のロールバック(バージョンダウン)についてこちらのブログでもご紹介させていただきました。


Mac 版に限ったことではありませんが、Office Insider 向けの製品の場合にはなおさら、Update 後に正常に動作しなくなったり、特定のファイルが開けないなどの症状を確認した場合には、是非ロールバックして確認してください。そしてフィードバックしてください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 19:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月20日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

本日到着しております更新プログラムは以下の通りです。

20220520-1-1.png
・Microsoft Excel 16.62.22051800
・Microsoft OneNote 16.62.22051800
・Microsoft Outlook 16.62.22051800
・Microsoft PowerPoint 16.62.22051800
・Microsoft Word 16.62.22051800

そして本日も

・Microsoft Edge 101.1210.22051853

といったプログラムが Microsoft AutoUpdate 経由で配信されて来ております。

リリースノートの方は、なかなか更新されておりませんが、ブログの方はここ最近は様々な新しい機能が紹介されて来ているので、そのかかから Mac に関連したものを確認してみましたが、特に今回の Update から追加された更新などが紹介されているものはないようでした。

Mac 版 Office に特化したものはありませんが、Office for the web の関連で、Mac でも関連ありそうなものはありますが、いずれのものも、法人向けのものになるので、コンシューマー向けに提供される機能ではありませんので、ここではあえて触れませんが、興味のある方は以下のリンクよりご確認ください。


今後またブログなどで紹介されるような新たな機能があった場合には、随時ご紹介させていただきたいと思っています。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月18日

Mac 版 Microsoft 365 などの Office 製品をロールバックする

これまでにも何度か取り上げている Mac 版 Office 製品のロールバック。
  • アップデート後にアプリが起動しない
  • アップデート後にファイルが開けなくなった
  • プログラム自体が起動できなくなった
など
様々な状況下でこうしたトラブルに見舞われた場合、アップデートなどが要因で起動できなくなったのかを検証するためにも、ロールバック(バージョンダウン)が必要になることがあります。

さてこのロールバック。Windows 版 の Office 製品 と Mac 版 との違いは、Mac版 は Windows 版 みたいにコマンドを使用してごちょごちょやるのではなくて、プログラム本体とその設定ファイルを削除して再インストールするという流れになります。

ある意味では単純な手順になるわけですが、macOS も、Big Sur 以降、削除すべき 設定ファイルの場所なども変わってきたこともあったので、改めて整理して取り上げることといたしました。


--実行プログラムと設定ファイルの削除:

基本的には以下のサイトにもあるように、設定ファイルを削除します。どちらのサイトも同じことなんですが、SWAYの方がわかりやすいかもしれませんね。

そして「Office for Mac のアンインストール」にもあるように、実行プログラムを削除します。

20220517-5-1-1.jpg 20220517-5-1-2.jpg 20220517-5-1-3.jpg

--プログラムのダウンロード:

当然ながら、ロールバックの場合には、古いバージョンが必要になります。新しいものであれば、Microsoftアカウントなどでサインインしてダウンロードしてインストールすることになりますが、ロールバックの場合には、「Office for mac の更新履歴」から古いバージョンをダウンロードして行います。

20220517-5-2-1.jpg 20220517-5-2-2.jpg
上記サイトの、「Office for Mac のリリース履歴」のところでは、最新のものからちょっと前の古いものまで、そのリリース日順に、インストールパッケージ及び、更新プログラムパッケージがダウンロードできるリンクが貼られています。

現在は最新のものについては、Office全体のインストールパッケージの他に、Word、Excel、PowerPointなど単体製品のインストールパッケージと、更新プログラムパッケージが提供されていましたが、現在は、残念ながら単体製品のインストールパッケージは最新のもの以外はダウンロードできないようです。

Mac 版の Office の場合には、Office の統合パッケージではあっても、Windows 版のように入れ直しの場合にはすべてを入れなおさないといけないわけではなく、Word や Excel などアプリ単体での入れ直しができたので非常に便利だったんですが、現在はこれができなくなってしまいました。

ということで、ロールバックする場合には、仮に Word や Excel など一部の製品 のみで発生している不具合であったとしても、現時点では、Office製品すべてをロールバックするしかないようです。


** 以前は、もうちょっと個別のプログラムのインストールパッケージもあったわけで、念のためフィードバックしたら、今後の検討材料にしますとのことのお返事がさっそく届きました.... さて今後どうなるのか? 期待して見守っていきます。


<参照>


-- 以前取り上げた Office for mac のロールバック関連記事:




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


えきねっと びゅう国内ツアー
posted by クリック at 16:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月17日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今日は、先ほどもご紹介したように macOS 向けの更新に加えて、Office 製品にも更新が到着しております。
本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20220517-2-1.png
・Microsoft Excel 16.62.22051601
・Microsoft OneNote 16.62.22051601
・Microsoft Outlook 16.62.22051601
・Microsoft PowerPoint 16.62.22051601
・Microsoft Word 16.62.22051601

前回、PowerPoint のみプチアップデートがあってバージョンが進んだのですが、今回すべての製品に更新が到着してすべてのバージョンが揃って上がったことになります。

リリースノート、ブログともに、更新内容に関する情報は特にございませんでした。今後また何か新機能が追加されたなどの情報が入りましたが改めてご紹介させていただきます。

本日は、mac が更新ラッシュ。macOS についてはかなりあるので時間もかかりそうですね。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月14日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

本日は、PowerPoint for mac のみ更新プログラムが届いていましたが、先日ご紹介したグリッド線の機能がとうとううちの Insider 版にも反映されたので、取り上げさせていただきました。

まずは本日届いた更新プログラムです。以下の通りです。

20220514-1-1.png
・PowerPoint 16.62.22051105
・Microsoft Edge 101.1210.2205124

と、Microsoft Edge はおまけですが、Mac 版 Office Insider Beta Channel に PowerPoint のみ更新プログラムが到着しており、ほんのちょこっとバージョンアップしております。更新内容については特に公開されている情報はございませんでした。

さて先日、


といった記事をご紹介しました。ちょうどこのときには、"Beta Channel Ver.16.62 (ビルド22050804) 以降" とご紹介しつつも、この段階では Beta Channel すべてのユーザーに展開されていなかったため、うちの Mac では、Ver.16.62 (ビルド22050804) にはなっていましたが反映されておりませんでした。

20220514-1-2.jpg

そしてその後、先日ご紹介したように Ver.16.62 (ビルド22050804) から、Ver.16.62(ビルド22051100)に更新。ただし更新直後は、やはりまだこの機能が有効になっておりませんでしたが本日今回の Update 前に確認したところ、上記にもあるようにこの機能が有効になりました。

表示タブから、あるいは スライド上で、Commandキーを押しながらクリックすることでも設定を有効にできます。Windows 版ではお馴染みの機能なんですけどね。なんで? Mac 版に無かったのかがよくわかりませんが、これでレイアウトもちょっとは楽になりますね。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 19:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

本日は朝から色々取り上げることが多くてなかなか更新を確認できていませんでしたが、本日も Beta Channel に更新が届いておりました。

本日届いたプログラムは以下の通りです。

20220513-3-1.png
・Microsoft Excel 16.62.22051100
・Microsoft OneNote 16.62.22051100
・Microsoft Outlook 16.62.22051100
・Microsoft PowerPoint 16.62.22051100
・Microsoft Word 16.62.22051100

となっております。

ブログ、リリースノートとも、今回の更新に関する情報は特に公開されているものはございませんでした。
また先ほどもご紹介した PowerPoint for mac のグリッド線の機能についても、更新後もまだ反映されておりませんでした。

何かしら情報が更新された折には、機会があれば随時ご紹介していきたいと思います。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:37| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする