2020年03月01日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

前回の、Insider Fast の更新の際に、以前 Microsoft OneNote の時にもあった様な感じで、Microsoft Word のみエラーで更新ができておりませんでした。


ちょうどその後ご紹介した Microsoft AutoUpdate のフィードバック機能についての記事の中での画像がまさにその通りです。

20200227-1-2.jpg

その後数日を経てやっと更新ができる様になった様です。

2020001-1-1.png

Microsoft Word 16.36.2002600

更新内容については、その後もリリースノートなどではまだ情報が出ておりませんので、現時点では特にご紹介できるものがございません。

とりあえず今回については、Update できていなかった Wordの方も更新がかかって、他のアプリと同じバージョンになったということのみのご紹介になります。


posted by クリック at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

Microsoft AutoUpdate でのフィードバック送信

前回の Update からでしょうか? はっきりとはいえませんが、Microsoft AutoUpdate から、フィードバックが送信できる様になっていました。

20200227-1-2.jpg

診断データログや、アシスタント診断データログが確認できる様になって、ここ最近は、個別にフィードバックする際にはこのログを添付してフィードバックしておりましたが、ヘルプからも直接フィードバックが送信できる様になった様です。

20200227-1-3.jpg

ただし、上記の様なダイアログが表示されるだけで、フィードバックに、ログなどが添付されるかどうか?までは不明です。

ここ最近、この Microsoft AutoUpdate も少しずつ変わってきていますね。

Mac向けの Microsoft 製品が多くなってくると、当然 Update の起点ともなる Microsoft AutoUpdate というプログラムな訳なので、本体の不具合などもすぐにフィードバックできる様に.... ということなんでしょうね。

posted by クリック at 12:23| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200227-1-1.png
・Microsoft Excel 16.36.20022600
・Microsoft OneNote 16.36.20022600
・Microsoft Outlook 16.36.20022600
・Microsoft PowerPoint 16.36.20022600

現段階では、
Microsoft Word については、確認エラーになって、更新が落ちて来ない様です。後ほど一通り更新が終わってから、もう一度更新をかけて確認してみますが、おそらく、

・ Microsoft Word 16.36.20022600

がくるものと思われます。

今回の更新に関する情報は、現時点では特に公開されているものはありませんでしたので、後日機会があれば順次ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20200225-1.png 20200225-1-1.png
・Microsoft Excel 16.36.20022400
・Microsoft OneNote 16.36.20022400
・Microsoft Outlook 16.36.20022400
・Microsoft PowerPoint 16.36.20022400
・Microsoft Word 16.36.20022400

今回の更新についても情報は特にございませんが、2/20までの更新について、Outlookのリリースノートではまとめて紹介されております。こちらは日本語のサイトでも確認できますので、以下のリンクからご参照ください。


基本的には既知の問題の修正となっております。

さてコマンドラインによる Update がどんな感じになるのか? 自動更新を外して、手動にして確認してみたいな?と思いつつも、うっかりそのままで自動更新がスタートしてしまって、しまったぁ〜となっておりますが、機会があれば是非ご紹介したいと思います。
自動更新が有効になってたりすると、すでに更新がスタートしていますと表示されてしまって、今回の様に更新の進捗状況が見えたりするもの、滅多にはないことなんですけどね... 




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの提供がスタートしております。
今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200222-1-1.png
・Microsoft Excel 16.35.20021908
・Microsoft OneNote 16.35.20021908
・Microsoft Outlook 16.35.20021908
・Microosft PowerPoint 16.35.20021908
・Microsoft Word 16.35.20021908

今回の更新内容に関する情報は特にございませんでした。
何か情報が更新された場合には、機会があれば取り上げさせて頂きたいと思います。

ところで、Windows Defender といえば、 Windows 10 に標準搭載されているウィルス対策ソフトになりますが、一般ユーザー向けには、Windows Defender として展開されているソフトですが、法人向けに展開されている Microsoft Defender ATPというソフトがあります。Microsoft 365 E5以上などに搭載されるセキュリティソフトですが、昨年より一部で試験的に提供されていた macOS 向けの Defender ATP が正式に発表されました。


法人ユーザーの一部のクライアント向けの機能ではありますが、macOS以外にも、Android、iPhone、そしてLinux 向けとセキュリティ対策としての提供範囲が順次拡大しつつある様です。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日は、仕事の都合上、確認できたのが今の時間のため遅めのお知らせになりましたが、本日付で次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20200219-1-1.png

・Microsoft Excel 16.36.20021800
・Microsoft OneNote 16.36.20021800
・Microsoft Outlook 16.36.20021800
・Microsoft PowerPoint 16.36.20021800
・Microsoft Word 16.36.20021800

本日の更新内容に関する情報は、現時点ではございませんでした。リリースノートを確認する限りでは、前回の更新についての情報もない様です。

ところで本日の更新のチェックにあたって、前回ご紹介したターミナルを利用して更新した場合、実際どんな感じになるのか? 試してみました。

20200219-1-2−1.png 20200219-1-2-2.png
Microsoft AutoUpdate 自体の設定で、以下の画像にもある様に、自動更新になっていて自動的にインストールする設定になっていると、Mac を起動してすぐに Update のチェックに行ってしまって、上記の画像にある様に、Update がすでにスタートしている間は、"Daemon is busy...." となるだけで、結局 List も取得できない様です。そして、Update が終わると、"no updates available" となってしまいます。当然ですね....

20200219-1-3.png

結局、従来通り GUI で、Microsoft AutoUpdate を確認したら、すでに Update が走っていることがわかったので、そういうことか.... という結果になった訳ですが、自動更新が OFF になっていれば、リストを取得して、さらにコマンドで、インストールする... そんな流れになったんでしょうね。

Update は問題なく終わった訳ですが、次回また機会があれば、自動更新をオフにして確認してみたいと思います。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

ターミナルを利用して Microsoft AutoUpdate を実行する

先日、Microsoft AutoUpdate が動作しなくなって、Mac 版の Office が Update できなくなった件については、こちらでもご紹介した通りです。


さてその際、結果的にはダウンロードした直後には起動できていたため、そのまま Office を Update して、Update 完了後には、また通常通り Word、 Excel、PowerPoint などのアプリのヘルプから "更新プログラムのチェック" をクリックすることで Update が可能に戻りました。


またその際に確認したUSの Microsoft Community の中で、ターミナルを利用した Microsoft AutoUpdate の起動について紹介されておりました。

今回はこのターミナルを利用した Microsoft AutoUpdate の活用についてご紹介させて頂きます。


【Microsoft AutoUpdate を起動する方法】

Microsoft AutoUpdate を起動して、Microsoft Office などの Microsoft 製品 を Update するには、通常、Microsoft Office 製品をご利用であれば、

1) Microsoft の各製品を起動して、ヘルプ>更新プログラムのチェック として起動する
2) ライブラリ>ApplicationSupport>Microsoft>MAU2.0 と開いて直接起動する
3) コマンドラインを利用して起動する

といった方法があります。

1) が一般的な Update 方法になりますが、 2) については、このブログでも何度か?ご紹介していますが、すでにご存じの方も多いかも知れません。こうした GUI を利用した方法はある意味では一般的な方法でもあります。


【ターミナルを利用して Microsoft AutoUpdateを利用する】

さてこうした2つの GUI を利用した方法に加えて今回ご紹介するのが 3) のコマンドラインを利用する方法になります。

Microsoft AutoUpdate にはもともとこのコマンドラインを利用した方法は搭載されておりませんでしたが、Microsoft AutoUpdate Ver.3.18以降にはこのコマンドラインを利用した方法が搭載される様になりました。

-- ターミナルを起動して Microsoft AutoUpdate を実行する:

1) 移動>ユーティリティ と開いて、ターミナル をダブルクリックして起動します

20200217-1-1.png

2) 以下のコマンドを入力しMAU2.0の実行ファイルの保存されているディレクトリに移動します

20200217-1-2.png

cd /Library/Application\ Support/Microsoft/MAU2.0/Microsoft\ AutoUpdate.app/Contents/MacOS

* 上記のコマンドをコピーして、貼り付けることでもご利用いただけます

3) 続いてコマンドを入力すれば実行される訳ですが、例えば、

./msupdate --help

と入力すれば、ヘルプが表示されコマンドラインのスイッチが確認できます

20200217-1-3.png

-- 更新プログラムを確認する:

1) ターミナルを起動し、ディレクトリに移動します

cd /Library/Application\ Support/Microsoft/MAU2.0/Microsoft\ AutoUpdate.app/Contents/MacOS

20200217-2-1.png


2) 次に以下のコマンドを実行します。このオプションの実行により更新プログラムのチェックが開始され、ある場合には、一覧を表示します

./msupdate --list

20200217-2-2.png

3) 今回は更新プログラムがないため、"no updates available" という結果で終了しています

20200217-2-3.png

なおターミナルを起動して、Microsoft AutoUpdate を実行しようすると、以下の様なダイアログが表示されることがありますので、表示された場合には、OKをクリックして許可してあげてください。

20200217-2-4.png

またUpdateが見つかった場合には、

./msupdate --install

として、更新プログラムのインストールを開始します。


【コマンドラインスイッチ】

Microsoft AutoUpdate のコマンドラインスイッチには以下の方なものがあります。詳細は、./msupdate --help  でも確認できます。

usage: msupdate <command> [<args> ...] <modifier>

Commands:
-h | --help Show usage information
-c | --config Display current AutoUpdate configuration
-l | --list List available updates for installed Microsoft applications
-i | --install Download and install available updates

Modifiers:
-a | --apps <app> Install specific application updates
-v | --version <app> Only update to a specific version
-w | --wait <secs> Number of seconds to wait for action to complete before returning the current state of the install command
-f | --format Format output results in the specified format
p | plist Property list format


今回ご紹介した、ターミナルを利用した Microsoft AutoUpdate の実行。"Msupdate を使用して、Mac 用の Microsoft アプリケーションを更新する" にもありますが、"主に IT 管理者向けに設計されているため、更新プログラムが適用されるタイミングをより正確に制御できます" とある様に、普段はあまり馴染みのないものですが、こんな方法でも Update ができることは、把握しておくと、いざというときには便利かと思います。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 15:29| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

Microsoft AutoUpdate が開かない

Office Insider Fast Ring だけの症状だったのかは不明ですが、2月11日付で配信されていた更新プログラム(Ver.16.35.20020910)の適用直後から、Word や、Excel、 PowerPoint などといったアプリを起動して、更新プログラムのチェックを行おうとすると、以下の様なエラーが出て、更新プログラムの確認・インストールができない状況でした。

20200214-1-3.png
メッセージに従い、Microsoft AutoUpdate を再インストールしてみてから、再度アプリからこれを呼び出そうとすると、同様のエラーで、アップデートができませんでした。
ただし、以下のところから、Microsoft AutoUpdate のプログラムをダウンロードして再度インストール。インストール直後は、正常に更新のチェックができるといった状況でした。


USサイトでも、日本語サイトでもいいのですが、USサイトでは、すでに、Ver.4.20 の最新バージョンがダウンロード可能です。日本語サイトだとまだこの情報は更新されていないため、Ver.4.19 となる様です。

こちらをダウンロードして、そのままインストールし完了すると、Microsoft AutoUpdate が起動し、更新のチェックが始まります。
つまりこれさえ起動できれば、更新もきちんと確認ができる状況でした。

20200214-2-1.png
と言うことで、どうも Microsoft AutoUpdate 自体の問題ではない様でした。すでに Microsoft AutoUpdate をインストールしなおしてしまったので、その前の段階、つまり今回のエラーが表示された直後に、Microsoft AutoUpdate を直接起動した場合に、起動出来ていたか?どうかまでは確認しなかったのがちょっと悔やまれるところです。


【アプリの更新とMicrosoftAutoUpdateの起動】

さて前回の更新以降、ヘルプ>更新プログラムのチェック としてもエラーになって、更新ができない場合には、一応以下の手順で確認してみてください。再インストールまでする必要もないかも知れません。

1) Microsoft AutoUpdate を直接起動する

20200214-1-5.jpg

ライブラリ>Application Support>Microsoft>MAU2.0 と開くとアプリがありますので、こちらから直接開きます。
ただし注意したいのは、私も色々勘違いして探すのに手間取りましたが、このライブラリフォルダは、ログインユーザー名の配下にあるライブラリフォルダではなく、Macintosh HD配下にあるライブラリフォルダになりますので、ご注意ください。

2) Microsoft AutoUpdate を再インストールする

冒頭でご紹介した様な手順で直接ダウンロードしてインストールします。インストール直後、Microsoft AutoUpdate が起動して来ますので、そのまま更新をチェックします。

そして今回の更新が完了した後からは、またこれまで通り、ヘルプ>更新プログラムのチェック にて正常に Microsoft AutoUpdate も起動する様になりました。

ですのでまずは、一度 Office のアプリの更新が必要な様ですので、Update がエラーになる場合には、上記の方法でご確認ください。


【2020/02/15 更新】

今回の Microsoft AutoUpdate のトラブルは、海外でも同様に発生していたようです。


現在は解消しております。

またUSサイトの中でもちょっと出てましたが、ターミナルを利用した利用方法については、機会があれば別途ご紹介したいと思います。


posted by クリック at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Office Insider Fast Ring ユーザー向けに次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日提供がスタートしたプログラムは以下の通りです。

20200214-1-1.png 20200214-1-2.png
・Microsoft OneNote 16.35.20021300
・Microsoft Outlook 16.35.20021300
・Microsoft Excel 16.35.20021300
・Microsoft PowerPoint 16.35.20021300
・Microsoft Word 16.35.20021300

今回の更新内容に関する情報は現在とのころ公開されておりませんでした。

さて前回の Update 以降、更新がエラーになって利用できない.... そんな方いらっしゃいませんか? Fast Ring だけで発生していたのかはよくわかりません。

実はうちでもそうでしたが、前回の更新以降、Word や Excel、 PowerPoint といったアプリを起動して、ヘルプから、更新のチェックをかけると以下の様にエラーになる症状が続いておりました。

20200214-1-3.png
メッセージに従って、Microsoft AutoUpdate を再度ダウンロードしてインストールしなおしても、例えば上記の様に PowerPoint を起動して、ヘルプ>更新プログラムのチェック としてもエラーになって、更新プログラムが利用できない状態でした。

今回の更新以降は正常に動作する様になりましたが、もしこうして、Microsoft AutoUpdate が起動できない様であれば、

Finder メニューから、移動>コンピューター>Macintosh HD>ライブラリ>Application Support>Microsoft>MAU2.0

と開くと、Microsoft AutoUpdate のプログラムがありますので、こちらを直接起動して更新を確認してみてください。

20200214-1-5.jpg

ちなみに、ライブラリは、ログインユーザーの中にもありますが、このライブラリは、Macintosh HDの直下のライブラリフォルダになります。
ログインユーザーの配下にあるライブラリには、Application Support>Microsoft とたどっても、MAU2.0フォルダはありません。

またそれでもうまく更新ができない場合には別途ご紹介する方法で、更新をお試しください。

* 今回の Update の画像にもありますが、Mac向け Microsoft Edge の Canary 版は、エラーになって更新ができない様です。

20200214-1-4.png





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:12| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

Office 製品の更新状況 Mac版 編

Windows 版編に続いて、Mac 版編についても整理してみました。Mac 版については、普段、Office Insider 向けの製品の更新情報はお届けしておりますが、Insider 向けではない、通常版の更新情報は取り上げていないので久しぶりかもしれませんね。

20200212-2-1.jpg 20200212-2-2.jpg

通常版、Office Insider版製品 を含めて現時点での更新状況を整理してみました。

Office 365/2019
・通常版: Ver.16.34(20020900)

Office 2016
・通常版: Ver.16.16.19(20021000)

Microsoft AutoUpdate Ver.4.20


Office Insider
・Fast Ring:Ver.16.35(20020910)
・Slow Ring:Ver.16.34(200203)

* Office Insider 向け製品については、Fast Ring は現在自分のPCで確認できていますが、Slow Ring については、Webサイトに公開されている情報になるため実際にはもうちょっとバージョンは進んでいるものと思われます。

-- Fast Ring について:

ちょうど先日、Fast Ring が Ver.16.35(20020910) に更新されてから、Microsoft AutoUpdate が起動してこないというトラブルが発生しています。Office 製品側の問題なのか、Microsoft AutoUpdateの問題なのか? さらに現状うちだけで発生しているものなのか?  フィードバックしておりますが、この辺りは不明です。

再インストールするようにというメッセージが表示され、再インストールすると一時的に起動できるものの、プログラム自体、一度終了してしまうと、Office の更新が起動できないという状況になっています。

こちらについては、今後状況が改善されましたらまた取り上げてみたいと思います。


<参照>




デアゴスティーニ

posted by クリック at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月11日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。
今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200211-1-1.png

・Microsoft Excel 16.35.20020910
・Microsoft OneNote 16.35.20020910
・Microosft Outlook 16.35.20020910
・Microosft PowerPoint 16.35.20020910
・Microsoft Word 16.35.20020910

現時点では、今回の配信についての更新情報はございませんでしたので、また機会があればご紹介させて頂きます。

Office Insider のリリースノートを確認すると、前回 2/6付で配信されている Ver.16.35 (200205)の Excel での更新内容について情報がUpされておりました。

それによると、

1) スタートアップフォルダに配置されている場合、Excelの起動時にXLAMファイルが開かれない
2) スライサーの作成時に、一部のフィールド名が複数の行に折り返され、他のフィールド名と重なることがあった
他 既知の問題を修正したとありました。

詳細は、Office Insider のリリースノートをご参照ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:56| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

Mac 版 Office insider Fast 更新情報

前回は、OneNote でつまづいてしまいましたが、今回はどうなるのか?
新しい更新プログラムの配信がスタートしております。今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200207-1-1.png

・Microsoft Excel 16.35.20020507
・Microosft OneNote 16.35.20020507
・Microsoft Outlook 16.35.20020507
・Microsoft PowerPoint 16.35.20020507
・Microsoft Word 16.35.20020507

現時点では今回の更新内容に関する情報は特にございませんでした。
今後リリースノートなどが更新された折には、機会があればご紹介させて頂きます。

以前に、1/29にリースされた Ver.16.35 (Build 200129) の更新内容の中で、Excel にて追加された機能をご紹介しました。

細かいことは触れませんでしたが、Excelでの印刷オプションとして、シート毎に、ページレイアウトが、縦、横が混在したブックを一度に印刷する際、Windows 版では以前から普通に印刷できていた機能ですが、Mac 版では、この機能がなかったんですね。

シートごとに印刷する分には問題ないわけですが、一度に複数のシートに対して印刷の命令をかけると、例えば、縦ばかりになって横にレイアウトされたものがきちんと印刷できないということだった様です。

また例えば、Excel の例で言うと、セルを読み上げる機能。 Windows 版では、Excel でも可能ですが、Mac 版の Excel には、この機能がありません。あえてやろうとすると、Voice Over でも使うことになるのかな....

こうしたことに限ったものでもない訳ですが、Windows 版と Mac 版では最新のものでも、その機能に違いがあります。

さらには、サブスクライバーか? 非サブスクライバーかによっても、利用できる関数の数や、機能に違いがあるわけなので、同じ Windows 向けの Excel で、最新バージョンであっても、その機能に違いが出て来ます。

もしそんな機能に気がつかれたら、是非フィードバックして提案してみてください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月06日

Microsoft OneNote for Mac (Insider Fast) の更新ができない Part 2

昨日取り上げた OneNote for Mac(Insider Fast Ring) の更新の問題。ご紹介したのは昨日ですが、実際には、その前日から発生していた問題でした。


さて、一応フィードバックもして、さらに1日がたちました。こういう時には、ちょっと前から利用できる様になった、Telemetryログは役に立つのかも知れませんね。一応、フィードバックの際には、添付する様にいたしました。

さて肝心の Microsoft OneNote の更新ですが、本日無事更新できることを確認いたしました。

20200206-1-1.png 20200206-1-2.png
いつも通り、Microsoft AutoUpdate を起動して、更新。すでに前回、一旦削除した上で、正式版を入れ直し、Insider Slow にして更新できることまで確認し、さらに、Insider Fast に設定して、引き続きエラーになることを確認しておりました。

ですので、設定的には、Insider Fast になっていたわけですが、何もなかったかの様に更新が完了。

・Microsoft OneNote 16.35.20020302

上記の通り更新が正常に完了。また、よくよくみると、Microsoft AutoUpdate も、2/4 付で、Ver.4.20.20020300 に更新されておりました。

これは確か一昨日更新をかけた際に、いきなり "Microsoft AutoUpdate で問題が検出されました" となって、Microsoft AutoUpdate の上書きインストールから始まったから何でしょうね。

ということで、一応、Mac 版 Office Insider Fast の今回の更新については、無事、決着がつきました。



HP Directplus -HP公式オンラインストア-
posted by クリック at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

Microsoft OneNote for Mac (Insider Fast) の更新ができない

Mac 版 Office Insider Fast Ring 向けの更新プログラムについては、昨日もご紹介しました。

ただし昨日更新した段階で、Microsoft OneNote のみ更新ができておりませんでした。

20200205-1-0.png 20200205-1-1.png 20200205-1-2.png

そして本日再度トライしても同様でした。

それ以外のアプリは正常に更新が完了しておりましたので、OneNote のみで、Update ができない状況です。Update はできませんので、更新はされませんがアプリ自体は正常に動作しておりました。


【まずは再インストールから】

先ずは、再インストールから試してみました。
アプリ本体と、Containers フォルダにある OneNote のファイルを削除して再インストール。

20200205-2-1.png 20200205-2-2-1.png

正常に再インストールが完了し、とりあえず OneNote が、正式バージョンで復活。この段階では、Ver.16.33(20011301) 


【そして順次アップデート再開】

ただし設定では、Insider Fast のままでしたが、そのまま再度更新をかけてみましたがやはり同様のエラーで失敗。
ということで、今度は、Insider Slow に格下げして、Update をスタート。

20200205-2-3.png 20200205-2-4.png 20200205-2-5.png
そして無事、Insider Slow までは正常に復元できました。Ver.16.34(2002030) までは戻りましたが、やはりその後再度、Insider Fast にして Update をかけると同様のエラーでした。

ということで、現時点では、Insider Fast 向けに提供されている OneNote については、エラーで更新ができない様ですので、フィードバックさせていただいておりますが、その後の経過については改めてご紹介させて頂きます。

posted by クリック at 11:10| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月04日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨年から、Windows 版の Office 製品では、更新プログラムが原因で、トラブルになるケースがちょくちょく起きていたりしますが、そうした場合に、試して頂きたいのが、ロールバック。

これは、Mac版でも同様です。Update 前は問題なかったのに、Updateしてから Word や Excel、PowerPoint などといったアプリの動きがおかしい.... そんな場合にはやはり Mac 版でも同様に、ロールバックは試してみる価値はあるかと思います。

さてそんなことから始まった本日ですが、別に今回の Update に何か?問題が発生しているという意味ではありませんので、ご安心ください。

本日、配信されたプログラムのご案内ですが、以下の通りです。

20200204-1-1.png 20200204-1-2.png

・Microsoft Excel 16.35.20020302
・Microsoft OneNote 16.35.20020302
・Microsoft Outlook 16.35.20020302
・Microsoft PowerPoint 16.35.20020302
・Microsoft Word 16.35.20020302
・Microsoft AutoUpdate 4.20.20020300

実のところ、更新プログラムを確認しようと、PowerPoint を起動して、ヘルプから、更新プログラムのチェックをクリックしたらいきなり、Microsoft AutoUpdate から以下の様にエラーの表示が。

20200204-1-3.png
で、まずは、Microsoft AutoUpdate の更新からスタートして、その後に再度 Update を実行するという形になりました。

今回の更新についての情報は上がっておりませんが、1/29 にリリースされた Ver.16.35(200129) にて追加された Excel の印刷オプション機能について以下のサイトにて紹介されております。


印刷のオプションについて新しく機能が追加された様です。詳細は上記サイトをご参照ください。

今回の更新については、また情報が公開されましたら、ご紹介させて頂きます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 16:01| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

2月最初は、Mac 版 Office Insider の更新情報から。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200201-1.png
・Microsoft Excel 16.35.20012902
・Microsoft OneNote 16.35.20012902
・Microsoft Outlook 16.35.20012902
・Microosft PowerPoint 16.35.20012902
・Microosft Word 16.35.20012902

現時点では、今回の更新についての情報は特にございませんでした。
前回の更新について、Excel においては、既知の問題の修正といった内容ではありますが、リリースノート上に公開されております。

Excel Ver.16.35.20012700 の修正内容:

・画像のサイズを変更すると、画像内のテキストが予想よりもぼやけていた点を修正
・一部のフォントの絵文字が正しく表示されなかった問題の修正
・フィルターダイアログが、ウィンドウの上部に配置されることがあり、Appleメニューバーでわずかに隠れることがあった点を修正
・マクロでScreenUpdating = Falseを使用すると、マクロが最初に実行された際、その後の実行とで動作が異なる場合があった点の修正
・WordまたはPowerPointのマクロによって起動された場合、Excelがハングする可能性があった点を修正
・Shiftキーを押しながらブックを開くと、自動マクロの実行が妨げられなかった点を修正
・その他、いくつかのクラッシュやその他の小さな問題を修正

以上となっております。

その他については、情報が公開されましたら機会があれば是非随時ご紹介させて頂きます。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 07:34| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょうど昨日は、Windows版の Office Insider(Fast/Slow) に更新がありましたが、本日は、Mac版にも到着しております。

本日配信されている更新プログラムは、以下の通りです。

20200129-1-1.png
・Microsoft Excel 16.35.20012700
・Microsoft OneNote 16.35.20012700
・Microsoft Outlook 16.35.20012700
・Microsoft PowerPoint 16.35.20012700
・Microsoft Word 16.35.20012700

Web上では、前回配信されている Outlook 16.34.20012200 について、情報が更新されておりました。
メッセージヘッダーが更新されたこと、そして複数の既知の問題の修正が入っております。詳細はリリースノートをご参照ください。

今回の更新で、Mac 版 Office は、Ver.16.35 に突入。

そう言えば、すでに Insider 向けには提供されているはずの、New Outlook が前回の Update までの段階ではまだうちには来てませんが、毎回  Update がある度に、今回か?今回か?と待ちわびているわけですが、現在 Update 中の今回の更新で来るのか?

この辺りに期待しています。


【更新】

今回の更新が完了して、Outlook を起動してみましたが、やはりまだ New Outlook は来なかった様です....

20200129-1-2.png 20200129-1-3.png

ところで普段は更新が始まると、そのまま放置して完了したら、Microsoft AutoUpdate を閉じていたわけですが、実際には Microsoft AutoUpdate の画面って、更新が完了して一気に完了画面になるわけではなく、一つずつダウンロード&更新が実行されて都度画面が変わって、更新プログラムの数が一つずつ減っていくんですね。今更ながら気がつきました。




Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 10:39| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月24日

新しくなった Microsoft AutoUpdate

Mac 向けの Microsoft 製品の Update に使用されている "Microsoft AutoUpdate"。

20200121-5-1.png

当初は、Office 製品の更新のみでしたが、昨今では、New Microsoft Edge や OneDrive といったアプリの更新などにも使用されます。

20200121-5-2.png

さてそんな、Microsoft AutoUpdate ですが、当然ながら Microsoft AutoUpdate 自身の更新にも使用されます。ちょうど先日も触れましたが、更新履歴を見てみるとお分かりいただけると思いますが、日本時間1月15日(US時間 1月14日)に更新がかかって、現在は、Ver.4.19.20011301 になっております。

20200121-5-3.png 20200121-5-4.png


【診断ログ/アシスタント診断ログの確認が可能になりました】

これまでであれば、単に更新を実行して終われば完了。特に最近の Microsoft AutoUpdate では、更新プログラムのリリースノートへのリンクもないので、Update したら終わりで、特に細かいところも見てませんでした。

ところが? いつの間にか "診断データログ" や "アシスタント診断データログ" を見られる様になっておりました。

Microsoft AutoUpdate を起動し、メニューバーの、ヘルプをクリックすると....

20200121-5-5.jpg

以前にはなかったログを表示するといった項目が追加されております。ご覧になれるのが、以下のものになります。

1) Microsoft AutoUpdate 診断データログ

20200121-5-6.png

2) Microsoft AutoUpdate アシスタント診断データログ

20200121-5-7.png

たまたま今回、Upate がスムースに起動しなかった為、一旦PCを再起動してから再度 Update を実行して無事更新は完了していますが、今後は何かあったら、一度ログを確認してみるといいのかも知れませんね。


Microsoft AutoUpate の表示が現在のものになったのが、ちょうど昨年の10月。

リリースノートをみると、前回の更新などでも既知の問題修正がはいったことは触れられておりますが、あまり詳細な変更について取り上げられておりませんでした。

時々こちらもちゃんと更新された折にはチェックしていきたいと思います。



<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 15:18| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

今月は、結構なペースで更新プログラムが配信されて来ているのですが、それに対するリリースノートの情報更新が中々進まないので、更新があったことをお伝えできても、内容までに踏み込めないのがちょっと残念です。

さて、本日も次の更新プログラムが到着しております。今回配信されているプログラムは、以下の通りです。

20200123-1.png

・Microsoft Excel 16.34.20012200
・Microsoft OneNote 16.34.20012200
・Microsoft Outlook 16.34.20012200
・Microsoft PowerPoint 16.34.20012200
・Microsoft Word 16.34.20012200

更新の出るタイミングが非常に短い期間でどんどん出て来ていることからすると、既知の問題の修正が中心ではないかと思われますが、特に現時点では情報は上がっておりませんでした。

ところで後ほど別途ご紹介いたしますが、Mac 版の Microsoft 製品に使用されている Microsoft AutoUpdate が、ちょっと前から少し変わりました。

詳細は後ほど。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは、以下の通りです。

20200121-1.png

・Microsoft Excel 16.34.20011906
・Microsoft OneNote 16.34.20011906
・Microsoft Outlook 16.34.20011906
・Microsoft PowerPoint 16.34.20011906
・Microsoft Word 16.34.20011906

今回の更新に関する情報はございませんでしたが、前回の Ver.16.34 (20011502) での、Outlook に関する情報が更新されております。
かなり多くの既知の問題の修正が入った様です。

詳細は、リリースノートを参照して下さい。


その他については、情報が公開されました折には、機会があればご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 13:32| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月17日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

すっかりバタバタとしている間、Mac版の Office の更新のチェックまで手が回りませんでしたので、こんなタイミングになってしまいましたが、いつもの Office Insider Fast の更新情報をお届けいたします。

今回(恐らく昨日)配信されて来ていたプログラムは以下の通りです。

20200117-2-1.png

・Microsoft Excel 16.34.20011502
・Microsoft OneNote 16.34.20011502
・Microsoft Outlook 16.34.20011502
・Microsoft PowerPoint 16.34.20011502
・Microsoft Word 16.34.20011502

前回の Update の時にご紹介してませんでしたが、前回は、Microsoft AutoUpdate も、Ver.4.19.20011301 に更新されておりました。

Microsoft Edge がついにリリースされて、macOS 向けにも配信がスタートしております。すでに Insider 版をご利用の場合、インストールしても、Insider 版が上書きされるわけではなく、Insider版とは別にインストールされますので、正式にリリースされたのを機に、Insider版は不要という方は、削除が必要になりますのでご注意ください。

さて今回配信されている更新プログラムですが、こちらに関する情報は特にない様です。
情報が公開されましたら、機会があれば随時ご紹介させて頂きます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月15日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

今日は、Windows Update の日なので、Office 製品においても Update が配信されておりますが、こういう時には、Windows にしても、Mac にしても Insider 向けの Update が重ならないで欲しいところですが、今日はまさに Update 祭りの状態です。

Mac 版 Office Insider 向けにも以下の更新プログラムが到着しております。
本日配信されて来ているプログラムは以下の通りです。

20200115-1.png
・Microsoft Excel 16.34.20011301
・Microsoft OneNote 16.34.20011301
・Microsoft Outlook 16.34.20011301
・Microsoft Word 16.34.20011301

PowerPoint は、とりあえず現時点では検出されてこなかった様です。様子を見てもう一度 Update してみる予定です。
New Microsoft Edge も、1月15日 と言っていたので、US時間でしょうから、明日には更新がかかるんでしょう。
昨日は、Windows 7 の最終日、本日と明日は Update と、ここ数日は忙しそうですね。

さて今回の更新についてですが、現在のところリリースノートなどには更新内容に関する情報は上がっていない様でした。
更新内容も気になりますが、今日・明日は更新が続きますので、先ずは Update を実行してから.... 

でしょうね。


【更新】

Update 完了後に確認したら、PowerPoint にも Update が来ていた様で、正常に更新が完了していました。

20200115-1-2.png
PowerPoint 16.34.20011301

も追加させて頂きます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 10:42| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

連日のUpdateになります。前回の更新情報すら公開されておりませんが、早々に次の更新プログラムが到着しております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200109-1.png
・Microsoft Excel 16.34.20010802
・Microsoft OneNote 16.34.20010802
・Microsoft Outlook 16.34.20010802
・Microsoft PowerPoint 16.34.20010802
・Microsoft Word 16.34.20010802

本日確認したところでは、前回のUpdateも含めて、情報は上がっておりませんでした。

情報が提要された折には、機会があれば取り上げてみたいと思います。


【更新】

ダウンロードが進行中と出ている割に全く進む感じがなかったので、一旦再起動。やっと進み出しました。

20200109-2.png
更新がスタートしてダウンロードが始まってしまうと、すでに更新がスタートしているといっただけで進捗状況が全く掴めないのですが、こうして進捗状況が表示されると、進んでいるんだな?という安心感もあったりしますね。
起動してすぐに更新を押さないと、更新がスタートしてからだと、この画面は表示されません。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

年が明けて2回目?の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200108-1.png
・Microosft Excel 16.34.20010602
・Microsoft OneNote 16.34.20010602
・Microosft Outlook 16.34.20010602
・Microsoft PowerPoint 16.34.20010602
・Microsoft Word 16.34.20010602

となっております。

リリースノートなどは昨年から情報が更新されておりませんので、今回の更新に関する情報は特に公開されているものはない様です。

ところで、Excel のリリースノートを見ていて、何か情報は、Techcommunity を見る様に?とあったので、たまたま覗いてみたら、Mac 向けということではありませんが、Excel については、つい先ほど、Office 365 E3/E5 ユーザー向けに "Office Script" のプレビュー版の提供がスタートするといったことが紹介されておりました。


9時間前に投稿されたものの様です。興味のある方は、上記サイトをご覧になってみて下さい。

その他また何か?情報が確認できましたら、随時ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 10:26| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

新年最初の更新プログラムの配信がスタートしております。
本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200103-1-1.png
・Microsoft Excel 16.34.20010106
・Microsoft OneNote 16.34.20010106
・Microsoft Outlook 16.34.20010106
・Microsoft PowerPoint 16.34.20010106
・Microsoft Word 16.34.20010106

流石にこの時期は、更新があったとしても更新情報までは中々難しいんでしょうね。
現時点では公開されている情報はございませんでした。

機会があれば都度ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

大晦日とは言え、USはまだ12月30日。New Year Eve, Eve な訳ですが、前回が今年最後かな?と思ってたら、本日、恐らく本当に2019年最後であろう更新プログラムが到着しておりました。

今回配信されているプログラムは、以下の通りです。

20191231-1.png

・Microsoft Excel 16.33.19122904
・Microsoft OneNote 16.33.19122904
・Microsoft Outlook 16.33.19122904
・Microsoft PowerPoint 16.33.19122904
・Microsoft Word 16.33.19122904

流石にこの時期だけに、リリースノートは更新されておりませんので、今回の更新についての情報は現時点では特に公開されているものはありませんでした。

さて、今回の更新というよりも前になりますが、このブログでもお知らせいたしましたが、Mac版: Ver.16.33 (Build 19121106) より PowerPoint にて、スライドをアニメーションGIFに書き出す(エクスポート)する機能が搭載されました。


Office Insider(Insider Fast) ユーザー向けに、いち早く公開されているものですので、ご利用の方は是非ともお試しになってみて下さい。

さて本日、12月31日の大晦日ですが、Mac版だけではなく、Windows版 の Office Insider(Fast Ring) と、Monthly Channel(Targeted)(Insider Slow) にも更新プログラムが到着しております。

現在うちも更新中ですが、Windows版をご利用の方も是非更新プログラムをご確認ください。


【更新】

ついでに、Windows 版の更新情報も。本日の更新で、Windows版は、

Office Insider:Ver.2001(12425.20000)
Monthly Channel(Targeted):Ver.1912(12325.20240)

となっております。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

今年最後になるのかな?
本日も次の更新プログラムが到着しております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20191227-1.png

・Microsoft Excel 16.33.19122502
・Microsoft OneNote 16.33.19122502
・Microsoft Outlook 16.33.19122502
・Microosft PowerPoint 16.33.19122502
・Microsoft Word 16.33.19122502

一応週末でもありますし、週明けは New Years Eve になるから恐らく Update はないのかな?

リリースノートをみると、さすが Outlook チームはマメに更新されていますが、前回、12月19日付で配信されている Ver.16.33 (19121804) における修正内容について紹介されております。

新機能の追加はなく既知の問題の修正のみとなっております。

-- Outlook Ver.16.33 (19121804) での修正箇所:

カレンダー:定期的なシリーズの開始日を更新しても終了日が調整されなくなりました
構成:Command-Oを使用して、構成を別のウィンドウにポップアウトできます
カレンダー:イベントの終了日を変更した後、タイムゾーンフィールドが非表示になりません
カレンダー:フォーカスがイベント本文にある場合、リボンの[削除]ボタンが機能するようになりました

現時点では特にこれ以外の情報はございませんでしたが、ご紹介できる様なものがありましたら、随時ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:33| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

年の瀬も迫り、今年も半月を切りました。
もうボチボチクリスマス休暇を控えて更新プログラムも一旦落ち着くのかな?という中での、本日の更新プログラムです。

本日到着しているプログラムは以下の通りです。

20191221-1.png
・Microsoft Excel 16.33.19121804
・Microsoft OneNote 16.33.19121804
・Microsoft Outlook 16.33.19121804
・Microosft PowerPoint 16.33.19121804
・Microsoft Word 16.33.19121804

ちょうど金曜日で、リリースノートが更新されるタイミングとあったのか? Outlook についてはリリースノートが更新されておりました。
それによると、カレンダーの機能の既知の問題に修正が入っている様です。
また、その前の更新 Ver.16.33 (19121600) についての情報もあり、ハイパーリンクのショートカットが変わったことなどが紹介されております。詳細は以下のリンクをご参照ください。


それ以外には現時点では、情報はございませんでしたので、確認ができたらまた随時ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)





posted by クリック at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日はちょっと遅くなりましたが、Mac向けの Office Insider 向けの更新プログラム。次のプログラムが到着しております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20191217-1-1.png
・Microsoft Excel 16.33.19121600
・Microsoft OneNote 16.33.19121600
・Microsoft Outlook 16.33.19121600
・Microsoft PowerPoint 16.33.19121600
・Microsoft Word 16.33.19121600

特に今回の更新についての情報はございませんでした。前回のUpdateの中で、Excelの方で、右クリックができないといった既知の問題がありましたが、これについては、現在インストール中のためまだ確認できておりません。

内容については、また確認が出来次第、ご紹介させて頂きます。


【2019/12/19更新】

リリースノートによれば、今回の Update により、右クリックが利かないというトラブルは解消されたようです。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 19:30| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。
本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20191213-1-1.png
・Micrsoft Excel 16.33.19121106
・Microsoft OneNote 16.33.19121106
・Microsoft Outlook 16.33.19121106
・Microsoft PowerPoint 16.33.19121106
・Microsoft Word 16.33.19121106

今回の更新に関する情報は、現時点ではアップされていない様でした。
ところで、前回のバージョンに関して、Outlook Ver.16.33 (19120904) で以下の様な情報が更新されておりました。

・アカウント設定のアカウント説明フィールドを編集できるようになりました

もともとこれは、uservoice.com に上げられていたユーザーからの声を生かしての追加機能の様です。


開発側もしっかりとユーザーの声を見て、すぐに対応が可能なものについては対応してくれているんですね....

今回の更新については、また情報が上がりましたら、随時ご紹介させて頂きます。


****** お得なのは、12/25 まで ******

年に一度の、Office 365 Solo の、3,000円キャッシュバックキャンペーンが実施中です。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)

Office をアップグレードしたい... そんな人には絶好のチャンスです。詳細は以下の記事をご参考ください。







Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:03| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。ちょうど本日は、Windows Update の日でもあるので、更新ラッシュな1日のスタートです。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20191211-1-1.png 20191211-1-2.png
・Microsoft Excel 16.33.19120904
・Microsoft OneNote 16.33.19120904
・Microsoft Outlook 16.33.19120904
・Microosft PowerPoint 16.33.19120904
・Microsoft Word 16.33.19120904

Outlook については、すでに一部の Insider Fast 版は、New Outlook になっている様ですが、うちのものはまだ新しいものが落ちてこないので、いつか?いつか?と待っている次第ですが、さて今回のUpdateで来るんでしょうか?
現在、Update中なので、完了がちょっと楽しみです。

さて、今回のUpdateですが、以下のExcelを除き、特に情報はございません。ただしここ最近のUpdateの情報としては、概ね様々な既知の問題の修正が入っている様です。Office Insider ページのリリースノートをご覧ください。

さて今回のUpdateの中で、Excelについて、既知の問題が公開されております。

リリースノートによると....."右クリックが正しく機能しないという既知の問題があります" とのこと。 次の更新まで待つか、どうしてもという場合には、前のバージョンに戻す必要がある様です。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)





posted by クリック at 10:14| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月06日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨日から、東京のプリンスホテルでは、Ignite the Tour Tokyo が開催されております。Microsoft の Insider プログラムの紹介などもあったりして、こうしてご紹介している Office Insider Program についても紹介されておりました。

さて本日到着した最新プログラムのご紹介です。本日配信がスタートしているのは以下の通りです。

20191206-1-1.png 20191206-1-2.png

・Microsoft Excel 16.33.19120401
・Microsoft OneNote 16.33.19120401
・Microsoft Outlook 16.33.19120401
・Microsoft PowerPoint 16.33.19120401
・Microsoft Word 16.33.19120401

New Microsoft Edge は、Canary版なので、当然毎日の様に更新が到着しております。

今回の更新内容についての情報はまだございませんでした。Excelについては、前回更新された既知の問題の修正点について紹介されております。それによると、
  • クラッシュ後のファイルの回復の際、メッセージバーが2回表示されることがあった
  • 一部の絵文字が正しく表示されなかった など
といった部分に修正が入った様です。

20191206-1-3.png

ところで、更新結果見て改めて気がつきましたが、更新プログラムをチェックするための Microsoft AutoUpdate についても、12月3日(日本時間 12月4日)付で、Ver.4.18.19120302 に更新されておりました。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 09:39| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

2019年もとうとう12月。忙しいい2019年最後の月がスタートしました。

今週の12月5日・6日には、東京で、Microsoft Ignite The Tour Tokyo も開催されます。

20191203-1-2.jpg

新しいことを学ぶいいチャンスでもありますので、無料で参加ができますので、まだ申し込みをされていないという方は是非お申し込みの上ご来場ください。

さて12月最初の Mac 版 Office Insider Fast 更新情報です。本日配信されております更新プログラムは以下の通りです。昨晩確認したときにはなかったので、本当にちょっと前ぐらいから配信されているんでしょうね。

20191203-1.png

・Microsoft Excel 16.33.19120200
・Microsoft OneNote 16.33.19120200
・Microsoft Outlook 16.33.19120200
・Microsoft PowerPoint 16.33.19120200
・Microsoft Word 16.33.19120200

今回の Update に関する情報は現時点では特に公開されているものはございませんでした。
Office Insider Fast ユーザー向けに先行して提供が開始され始めている New Outlook がいつになったら自分の Insider に適用されるのか?
がちょっと現時点では気になっているところです。

さて本日は珍しく Mac 版 Office Insider Fast だけではなく、Windows版 Office Insider Fast/Slow にも更新プログラムが配信されて来ています。ここの記事では、Mac版の情報をご提供させていただいているのではありますが、Windows版もご利用の方は、是非更新を確認してみてください。

参考までに、本日更新されたWindows版 Office Insider の最新バージョンは以下の通りです。

・Office Insider / Insider Fast Ring:Ver.1912(12325.20012)
・Monthly Channel(Targeted) / Insider Slow Ring:Ver.1911(12228.20332)






Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

Mac 版 Office insider Fast 更新情報

Microsoft AutoUpdate を起動すると、Microsoft Edge (Canary版) の更新だけかな?と思っていたら、その後、更に自動的に更新がかかって以下の更新プログラムが提供されておりました。

そしてその更新が終わるとまた更新が.... 何で一度に来ないのかな?っていう感じではありますが....

本日配信されていた Office の更新プログラムは以下の通りです。

20191128-1-1.png 20191128-1-2.png 20191128-1-3.png

・Microsoft OneNOte 16.33.19112700
・Microsoft Outlook 16.33.19112700
・Microsoft Excel 16.33.19112700
・Microsoft PowerPoint 16.33.19112700
・Microsoft Word 16.33.19112700

と結果的には全てのプログラムに更新が届いておりました。

現時点で確認する限りでは、特に今回の更新に関する情報は上がっていないようです。

情報が更新された折には改めて内容を確認の上、ご紹介させて頂きます。






Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:17| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

週が明けて早速、次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信が開始されたプログラムは、以下の通りです。

20191126-1.png

・Microsoft Excel 16.33.19112500
・Microsoft OneNote 16.33.19112500
・Microsoft Outlook 16.33.19112500
・Microsoft PowerPoint 16.33.19112500
・Microsoft Word 16.33.19112500

Microsoft AutoUpdate においては、今回ビルド番号までは出ておりませんでしたが、Outlook のリリースノートに掲載がありました。


引き続き新しくなった Outlook for Mac の紹介と、既知の問題の修正について紹介されております。
ただし残念ながら、うちの Insider Fast Ring マシーンには、まだこの新しい Outlook への切り替えボタンが表示されないので、具体的にご紹介することはできませんので、上記の、"新しい Outlook for Mac" をご参照ください。

もっともまだまだ使えない機能はあるようなので、お試しになる方は十分ご注意ください。

また既知の問題の修正状況などについては、


上記サイトにて、順次確認ができますので、詳細は上記サイトをご参照ください。

その他、情報などが更新されましたら、随時ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:13| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20191121-1-1.png
・Microsoft Excel 16.32.19111900
・Microsoft OneNote 16.32.19111900
・Microsoft PowerPoint 16.32.19111900
・Microsoft Word 16.32.19111900

11/14 付でいくつか?情報がUPされておりましたのでご紹介させて頂きます。


Outlook:いくつかの不具合の修正の他、先日開催された Microsoft Ignite 2019 の中でも発表された新しくなった Outlook について、Insider Fast 版で利用可能になったことが紹介されておりました。


Excel:フォントにまつわる不具合、斜めの文字の入ったセルが印刷の際に正しく表示されなかったことなどについての不具合の修正が入っているようです。


今回の更新内容については、また情報がUPされ次第、随時ご紹介させて頂きます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日、次の更新プログラムの配信がスタートしております。

配信されているプログラムは以下の通りです。

20191116-1.png

・Microsoft Excel 16.32.19111400
・Microosft OneNote 16.32.19111400
・Microsoft Outlook 16.32.19111400
・Microosft PowerPoint 16.32.19111400
・Microsoft Word 16.32.19111400

そして.... 本番のリリースを控えて先日最終ベータ版の提供が開始された New Microsoft Edge。うちのは、Canary版ですが...

・Microsoft Edge 80.335

と引き続き更新が続いております。

Microsoft Edge は別として、各アプリの情報を確認してみましたが、Excel についていくつかの修正が入ったことが更新されておりました。詳細は以下のサイトをご参照ください。


それ以外には特に現時点では、ございませんでした。

また情報が確認できましたら随時ご紹介させて頂きたいと思います。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。先日の Microsoft Ignite 2019 でも発表がありました New Microsoft Edge。Canary 版を使っていますが、製品版の公開を控え、mac 版 Microsoft Edge の Canary 版は、ちょっと前から、Ver.80 に突入。今回は、Ver.80.328 に更新されるようです。

今回配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20191112-1-1.png

・Microsoft Excel 16.32.19111100
・Microsoft OneNote 16.32.19111100
・Microsoft Outlook 16.32.19111100
・Microsoft PowerPoint 16.32.19111100
・Microsoft Word 16.32.19111100

現時点では、今回の更新内容に関する情報は特にありませんでした。
また情報が更新されましたら、機会があれば随時ご紹介させていただきます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

アメリカのオーランドでは、今まさに Microsoft Ignite 2019 というイベントが開催されていて、昨日ご紹介したような New Microsoft Edge の配信スケジュールなどの詳細が発表されるなど様々な情報が発信されていて、刺激的な毎日が続いています。

さてそんな中、本日も Mac 向けに新たな更新プログラムの配信がスタートしております。本日配信されているものは以下の通りです。

20191107-1-1.png 20191107-1-2.png

・Microsoft Excel 16.32.19110600
・Microsoft Outlook 16.32.19110600
・Microsoft PowerPoint 16.32.19110600
・Microsoft Word 16.32.19110600

今回の配信に関する情報はありませんが、11月5日付でリリースノートが更新されており、Ver.16.32 (191103061910290219102800) / 16.31 (1910230019102102) について、Outlookの修正について情報が公開されております。

---- 以下、リリースノートより引用:

  • 全般:IMAP/POP アカウントの追加に関する問題が修正されました

  • 全般:MacOS Catalina の通知に関する問題が修正されました

といった部分で修正が入ったようです。

ところで、Microsoft Ignite 2019 で、New Microsoft Edge のリリース日が公開されました。うちの mac には、 Canary版 を入れてますが、本日の更新内容をみると、Canary版は、Ver.80台に突入してます。

20191107-2-1.png
Update前の画像ですが、すでにアイコンも新しいものになっていますね。
macOS 向けの New Microsoft Edge も非常に楽しみです。Microsoft が、mac 向けにブラウザを提供するのって、Internet Explorer 5 以来ぶりになるんですよね。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office for Mac の更新履歴



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 11:03| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

MIcrosoft AutoUpdate Ver.4.17

Mac 向けに、Office 製品の Update を実行するために配布されている Microsoft AutoUpdate。現在は、Office 製品だけではなく、OneDriveのアプリや、New Microsoft Edge(Anaheim) などが入っていると、それらのソフトも更新するために使用されています。

10月15日にリリースされた、Ver.4.16 より大幅に変更になり、今日の画面になっていますが、ネット上ではまだ情報が提供されておりませんが、次のバージョンの提供がスタートしているようです。

20191103-1.png

・Microsoft AutoUpdate Ver.4.17

リリースノートを見ても、10月に配信されている Ver.4.16 しか情報もありませんが、昨日次のバージョンが配信されておりました。
現在のところ情報は更新されておりませんので、日本語版、US版のページ共に、現状リリースノート上からは、ひとつ前の、Ver.4.16しかダウンロードが出きませんので、Ver.4.16 のみのようです。

さてリリースノートを見てみると、9月の更新の際に、「MAU AU デーモンは、Microsoft Update Assistant と呼ばれるようになりました」とありますが、"Microsoft Update Assistant" っと、Windows 版みたいに、何となく馴染みのある言い回しに変わったんですね。


<参照>



posted by クリック at 13:41| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されてきているプログラムは以下の通りです。

20191031-1-1.png
・Microsoft Excel 16.32.19102902
・Microsoft OneNote 16.32.19102902
・Microsoft Outlook 16.32.19102902
・Microsoft PowerPoint 16.32.19102902
・Microsoft Word 16.32.19102902

特に現時点で公開されている更新内容に関する情報はございませんでした。何か、情報が UP された折には別途ご紹介させていただきます。
ところで、もうひとつ今回は、macOS Catalina にも更新プログラムが到着しております。

これについては、別の記事にて



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:39| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日付で次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは以下のとおりです。

20191029-1-1.png
・Microsoft Excel 16.32
・Microsoft OneNote 16.32
・Microsoft Outlook 16.32
・Microsoft PowerPoint 16.32
・Microsoft Word 16.32

今回の Microsoft AutoUpdate を見てみると、バージョンまでは表示されていますが、ビルド情報がありません。

20191025-1.png
ちなみに上記は前回の Update の時のものです。おそらく一時的なものでしょうけど、頻繁にビルドが更新されていく以上、バージョン情報だけではなく、きちんとビルド情報も提供してもらいたいものです。

今回の更新に関する情報は特に現時点では上がっておりませんので、また機会があればご紹介させていただきます。


【更新】

Update ご確認して見ました。Microsoft AutoUpdate の画面では、やはりビルド情報までは表示されておりませんでしたので、Excel を開いてバージョン情報を確認。

20191028-1-2.png 20191028-1-3.png
Ver.16.32(19102800)

となっていることが確認できました。

ちなみに、本日は、Windows 版 Office Insider Slow にも、更新プログラムが届いております。通常版のC2R版が、Office Insider Slow と同じバージョンまであがていたので、いつ上がるか?気になっていたところでした。

<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office for Mac の更新履歴




Microsoft Store (マイクロソフトストア)

posted by クリック at 10:33| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20191025-1.png
・Microsoft Excel 16.31.19102300
・Microsoft OneNote 16.31.19102300
・Microsoft Outlook 16.31.19102300
・Microsoft PowerPoint 16.31.19102300
・Microsoft Word 16.31.19102300

昨日はなかったので、おそらく配信がスタートしたばかりかと思います。
さて更新内容ですが、PowerPoint については、早速、更新された機能として、紹介されているようです。


 -- Microsoft PowerPoint 16.31.19102300 :

新機能または改善された機能
・テキストへのインクまたは形状へのインク


上記のものは、 Windows版 あるいは iOS版 向けの情報ですが、同様のものが、macOS 版の Insider Fast に搭載されたようです。

それ以外については、現時点では特に情報はございませんが、XLOOKUP が macOS 版でも利用できるようになっているとか、少しずつ変わってきているようです。

情報が公開された折には、機会があればご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:54| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20191023-1-1.png 20191023-1-2.png

・Microsoft Excel 16.31.19102102
・Microsoft OneNote 16.31.19102102
・Microsoft Outlook 16.31.19102102
・Microsoft PowerPoint 16.31.19102102
・Microsoft Word 16.31.19102102

現在の時点では特に更新内容に関する情報はございませんでした。
更新内容などについては、また情報が公開された折に改めてご紹介させていただきます。


【2019/10/24更新】

今回の更新内容 10/21配信 Ver.16.31 (Build 191021) 内容に関する情報が一部 Up されました。

・Microsoft Excel 16.31.19102102

-- 新しい機能
XMLファイルのインポート:これまでは、あくまでもテキストデータとしてしか取り込めなかったものが、テーブルとして取り込めるようになります。

--修正箇所
マクロを使用してワークシートの単一ページを印刷すると、Excelがクラッシュしていた不具合が修正されました。






Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 10:27| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Microsoft AutoUpdate が新しくなって、更新情報をみるにもリンクがないので、ちょっと面倒になった Mac 版 Office ですが、次の更新プログラムの配信がスタートしております。

10月15日(日本時間10月16日)付で配信されているプログラムは以下のとおりです。

20191017-1-1.png 20191017-1-2.png

・Microsoft Excel 16.31.19101600
・Microsoft OneNote 16.31.19101600
・Microsoft Outlook 16.31.19101600
・Microsoft PowerPoint 16.31.19101600
・Microsoft Word 16.31.19101600

今回の更新についての情報はまだございませんでしたが、前回、Ver.16.31.19101400 の更新で、Outlookにおいて、全般的な安定性とパフォーマンスの向上の部分で修正が入った他に、分類ラベルに対応するなど一部機能的な更新もあったようです。


また、Excel においては、さらに一つ前の Ver.16.31.19100906 において、セル内の改行で疑問符が表示されることがある不具合など複数の修正が入っています。


今回の更新内容については、情報が更新された折にまたご紹介させていただきます。


【更新】

Update 完了後改めて確認してみると、当然 Microsoft AutoUpdate なので、Microsoft製品の更新を検知して Update してくれるわけですから、Office 製品だけではなく、Microsoft Edge も含まれるわけです。

20191017-1-3.png
そこまではわかってましたが、やはり当然ながら、製品はそれだけじゃなくって、OneDrive のアプリなども含まれるので、当然更新されるわけですね...
でもそれを見て、OneDriveがインストールされていた.... というのは改めて気がつきました。


posted by クリック at 10:37| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

先日から、Micrsofot AutoUpdate の画面も一新されて、Update をチェックするのもなんとなくこれまでと違っていて多少の違和感もありますが、これも慣れて仕舞えば一緒なんでしょうね。

さて、10月12日(日本時間10月13日)付で次の更新プログラムが到着しておりました。ちょうど台風19号のおかげでワタワタしてたので、すっかり更新のチェックができないでいました。今回配信されているプログラムは以下のとおりです。

20191015-1-1.png 20191015-1-2.png

・Microsoft Excel 16.31.19101400
・Microsoft OneNote 16.31.19101400
・Microsoft PowerPoint 16.31.19101400
・Microsoft Word 16.31.19101400

今回の更新内容に関する情報は、現時点では更新されておりませんでした。リリースノートを確認すると、前回の更新について Excel で、既知の問題の修正がだいぶ入ったようですので、詳細は Office Insider のリリースノートのページをご参照ください。

現在の Microsoft AutoUpdate になってからは、以前のように Update という表示ではなく、アプリそのものの名称と今回提供されている新しいバージョン、さらに Update前の状態(更新プログラムのバージョンとインストール日)が表示されるようになりました。

さらに従来のような更新内容を確認するためのリンクは無くなりました。

ところで更新チャンネルについてですが、Microsoft AutoUpdate が新しくなって、更新チャンネルの設定・変更は、以下のように、Microsoft AutoUpdate を開いて、"詳細設定" をクリックすると変更できるようになっています。

20191015-1-3.png 20191015-1-4.png 

Microsoft AutoUpdate で表示される更新情報ですが、ちょっと実際のものと違うようです。Updateしても、表示が反映されておりませんでした。Microsoft AutoUpdate 自体も、10月15日付で更新されているようですので、まだまだ新しい Microsoft AutoUpdate も動作が安定はしていないのかもしれません。こちらはのちほどフィードバックしておきましょう。





Microsoft Store (マイクロソフトストア)

posted by クリック at 11:34| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Microsoft AutUpdate が更新されて、その新しい画面にまだ馴染めてないんですが、次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日検出された更新プログラムは以下のとおりです。

20191011-1-2.png 20191011-1-1.png

・OneNote Update 16.31.0(19100906)
・Outlook Update 16.31.0(19100906)
・PowerPoint Update 16.31.0(19100906)
・Word Update 16.31.0(19100906)

これまでと同じような形で今回は書いて見ましたが、Microsoft AutoUpdate の中では、以前と異なり、配信日や更新プログラムの内容についてのリンクなどは無くなったようです。

リリースノートをみると、Outlookについては、前回の更新に関する情報が上がっていますので、後ほど確認した上で再度ご紹介させていただきます。それ以外の製品については、特に情報は現時点では上がっていないようです。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 09:48| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

Microsoft AutoUpdate の表示が変わった

先日、Catalinaに更新された macOS ですが、先日の Office for Mac の更新では、特に Microsoft AutoUpdate はなかったと思ってましたが、本日確認したところ、Microsoft AutoUpdate の表示方法も変わったようです。

どのように変わったか?と言うと、Officeのアプリを起動して、ヘルプ>更新プログラムのチェック として、いつも通り、Microsoft AutoUpdate を起動してみると、以下のような小さなダイアログが表示されます。

20191010-1-1.png 
利用可能な更新プログラムの数と、"更新" ボタンのみ。さらに、"詳細設定" をクリックすると....

20191010-1-2.png
更新チャンネルの選択画面になります。ちょうどこの部分は、前回の更新の画像が以下の通りなのでだいぶ変わりました。

20101008-1-1.png 20191008-1-2.png
では今回の更新内容はどうやって表示されるのか? "更新" をクリックしてみると....

20191010-1-3.png

更新内容と、現在のプログラムのバージョンが表示されます。今回は、Microsoft Edge の更新のみでしたのですぐに完了してしまいましたので、その状況は画像からはわかりませんが、次回以降、Update の情報をお伝えする際には、またキャプチャーできるかと思います。

Catalina に変わって、何か? Office もさらに変わったような新鮮な気持ちになりますね。


【更新】

よくよく、上記画像の更新内容を見ると、10/8 に Microsoft AutoUpdate も、Ver.4.16 に更新されてました。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 08:49| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

Office 2011 は年貢の納め時

Office 2011 はとっくの昔にサポート期限も切れてはいますが、mac ユーザーの方の中にはまだまだご利用の方もちらほら見かけます。

20191008-10-1-1.jpg

さて昨日、新しい macOS 10.15 Catalina のリリースが開始されましたが、この "Catalina" ご存知の方も多いかと思いますが、このバージョンから、32ビットアプリは全て排除されます

macOS は、一足先に、64ビットアプリのみしか利用できなくなったっていうわけですね。言い換えれば、Mojave (os10.14)32ビットアプリが動く最後のバージョンということになります。

Office 製品に限ったことではありませんが、Catalina 上では、すべての 32ビットアプリが動作しなくなりますので、64ビット版が提供されているようであれば、64ビット版を入れなおす必要があります。


【Ofice製品の対応状況】

・Office 2011以前 32ビット版のみ
・Office 2016/2019 32ビット/64ビット版
・Office 365 64ビット版

ということで、Mojave をご利用の際に、Office 2016 をご利用だったとしても、32ビット版は、Catalina への Update 後は動作しなくなりますので、入れ直しが必要になります。


以前にも取り上げましたが、Office 365 などの場合、普通にインストールすると、すでにすべて64ビット版がインストールされているはずなので、Update 後も問題はないはずです。"Office for Mac の更新履歴" の中でも、"すべてのパッケージは 64 ビットのみです" とある通りです。

20191008-10-1-2.jpg 20191008-10-1-3.jpg

"Office 2016 for Mac 64 ビットのアップグレード" の記事の中には、32ビット版のダウンロードリンクなどもありますが...これはちょっと特殊な例です。

"Office for Mac を64ビット版にアップグレードする" にもありますが、"2016年8月22日以降の Office for Mac のすべてのリリースは64ビット版です" となっています。Office 2016 でも、それ以降であれば問題ないってことですね。

20191008-10-1-4.jpg

実際にCDNにて公開されている情報を見ると、”Office for Mac Release History” のところで、2016/8/22 のところより前は、Office 2016 も 32ビット版のみになっていますが、この時だけ、64ビット版と32ビット版が用意されていたようですが、それ以降は全て 64ビット版となっています。


<参照>




Microsoft Store (マイクロソフトストア)

posted by クリック at 06:23| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

10月7日(日本時間10月8日)付で、次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20101008-1-1.png 20191008-1-2.png

・PowerPoint Update 16.31.0(19100700)
・Excel Update 16.31.0(19100700)
・OneNote Update 16.31.0(19100700)
・Outlook Update 16.31.0(19100700)
・Word Update 16.31.0(19100700)

時間的にはつい先ほどから配信がスタートしたばかりのようですので、今回の更新内容に関する情報は、現時点では何もUp されておりません。

内容的な部分については、ご紹介できるようなものがある場合には、随時取り上げて見たいと思います。






Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 11:25| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする