2020年07月10日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200710-1.png
・Microsoft Excel 16.40.20070801
・Microsoft OneNote 16.40.20070801
・Microsoft Outlook 16.40.20070801
・Microsoft PowerPoint 16.40.20070801
・Microsoft Word 16.40.20070801

現時点では今回の更新について、特に公開されている情報はございませんでした。

ところで、こうした Office 製品の仲間に、昨今の在宅ワークの急増に伴い多くの方が利用されている Microsoft Teams において、Mac版でもいろいろ機能の更新が加わっているようです。

20200710-1-2.jpg

Macで参加する機会はほとんどないんですが、こちらも今後機会があればご紹介していきたいと思います。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 09:28| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Microsoft Edge の更新が一時的に停止になる何ていう話を聞いていたのですが、うちの Mac には、相変わらず毎日のように Microsoft Edge の更新がかかっておりました。よくよく見ると、Canary版以外のものが停止になるだけだったようで、うちの Mac に入れているのが Canary 版でしたので、関係なかったようです。

さて Mac 版 Office Insider Fast にも次の更新プログラムが到着しております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200708-1-1.png
・Microsoft Excel 16.40.20070603
・Microsoft OneNote 16.40.20070603
・Microsoft Outlook 16.40.20070603
・Microsoft PowerPoint 16.40.20070603
・Microsoft Word 16.40.20070603

今回の更新について、現時点で特に公開されている情報はございませんでした。

ところで更新履歴をみると、画像にもありますが Microsoft AutoUpdate も着実に更新されているようで、7月5日に、Ver.4.25.20070200 に更新されているようです。

"Release history for Microsoft AutoUpdate (MAU)" の US サイトを見ても、リリースノートとかもあまり更新されていないのであてにはならないのですが、日本語のサイトに至ってはもっと情報が古いので、残念ながらこちらについても、現時点で更新内容など参考にできる情報はないようです。

情報が何か提供されましたら、機会があれば随時ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 09:14| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

更新頻度もさることながら、前回の更新で、OneNoteが来なかったので、OneNoteぐらいはあるかな?という感覚で更新をチェックして見たら、さすが Insider Fast もう次の更新が全ての製品向けに到着しておりました。

本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20200703-1.png
・Microsoft Excel 16.40.20070100
・Microsoft OneNote 16.40.20070100
・Microsoft Outlook 16.40.20070100
・Microosft PowerPoint 16.40.20070100
・Microsoft Word 16.40.20070100

リリースノートを見るとUS版のサイトでは、前回の更新および今回の更新の両方がまとめて紹介されております。

20200703-1-2.png

更新内容的には、Outlookの新機能が紹介されております。

・Microsoft To-Do
・Microsoft Notes

の2つの機能が追加されたようです。詳細は上記の、Office Insider サイトをご参照ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 12:15| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

7月になりました。2020年、まだ収束しそうにないコロナウィルスのもと、あっという間の半年が過ぎて、後半がスタート。
そして最初の Update が到着しております。

本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20200701-1-1.png
・Microsoft Excel 16.40.20062901
・Microsoft Outlook 16.40.20062901
・Microsoft PowerPoint 16.40.20062901
・Microsoft Word 16.40.20062901

現段階では、OneNoteには更新が来ていないようです。そしてバージョンも、ついに "Ver.16.40" に突入ですね。

今回の更新に関する情報は、特にリリースノートなどでも公開されているものはございませんでした。機会があれば改めてご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:35| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

コロナウィルスの影響がかなり深刻だった頃に比べて、配信も以前のようにかなりの頻度で来るようになりました。

本日配信がスタートした更新プログラムは以下の通りです。

20200626-1-1.png
・Microsoft Excel 16.39.20062306
・Microsoft OneNote 16.39.20062306
・Microsoft Outlook 16.39.20062306
・Microsoft PowerPoint 16.39.20062306
・Microsoft Word 16.39.20062306

新しいプログラムの配信は次々に来るわけですが、どの部分が変わったのか?どこが修正されているのか?といった情報の更新がなかなか追いついていないので、お届けできる情報が少ないのはちょっと歯痒いところです。

特に Insider Fast 版の場合には更新頻度が早いため、情報が更新されるのが追いついていない状態ではありますが、そんな中で、Outlook チームから比較的早く配信されてくる情報はありがたく思います。

今回配信された内容に関する情報は現時点ではございませんが、機会があれば改めて取り上げさせていただきます。まずは更新プログラムの配信がスタートしているというお知らせまで。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:58| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

WWDC2020 での発表は、今後の Mac 向け Office アプリの展開にどう影響がでてくるのか? 気になるところですが、それはともかくとして本日も次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信がスタートしているプログラムは以下の通りです。

20200624-1-1.png
・Microsoft Excel 16.39.20062201
・Microsoft OneNote 16.39.20062201
・Microsoft Outlook 16.39.20062201
・Microsoft PowerPoint 16.39.20062201
・Microsoft Word 16.39.20062201

以前にもご紹介しましたが、リリースノートが新しくなって、Supportページがそのまま張り付いていたような構成から独自のタブ切り替えが可能なスタイルに変わりました。Supportページはなかなか日英共に更新されていないようですが、Insider の リリースノートの方は、比較的更新されているようです。

20200624-1-2.png 20200624-1-3.png

今回の更新についてはまだ流石にありませんが、前回 6月18日配信の Ver. 16.39.20061607 Outlook について、その更新内容が紹介されております。

既知の問題の修正のみで新機能の追加はないようです。カレンダーなどで、会議などの招待に対して返信するとクラッシュしてたり、またイベントを削除すると同様にクラッシュしていたりした不具合などが修正されております。

また本日は、Windows 版の Beta Channel(旧:Office Insider/FastRing) にも更新プログラムが到着しているようなのでご利用の方は合わせて更新して見てください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:16| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

Microsoft AutoUpdate の更新

Mac 版 Office をご利用の方は、おなじみの Microsoft AutoUpdate。

知らぬ間に更新されていることが多いこのプログラムですが、うちでは先ほど起動して確認しましたが、昨日6月の更新があったようです。

20200620-1.png
Microsoft 365 などを、App Store から購入された方は、更新プログラムは全て App Store より提供されるのでインストールされていらっしゃらない方もいらっしゃるかもしれませんが、Microsoft AutoUpdate は、Office 製品以外にも、Microsoft Edge、OneDrive、そしてもちろん Microsfot AutoUpdate 自身の更新においても利用されます。

今回のリリースノートによれば、6月18日付(日本時間 6月19日)に配信されたもので、Ver.4.24.20061700 に Update。
  • カスタマーメッセージングキャンペーン:Office for Mac 2016は、2020年10月にサポートされなくなります。
  • MAUのヘルパーツールXPC接続のセキュリティ修正。
といった修正が加わっているようです。

この Microsoft AutoUpdate ですが、直接ダウンロードしてインストールすることも可能です。Office 製品は、App Store から購入されていて、Office の Update は関係ない方でも、Microsoft Edge や OneNote など他の Microsoft 製品をご利用の方は、Update プログラムの管理のために導入されてもいいかもしれませんね。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 07:24| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月18日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

全ての製品ではないようですが、一部製品向けに更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは、以下の通りです。

20200618-5-1.png 20200618-5-2.png
・Microsoft Excel 16.39.20061607
・Microsoft OneNote 16.39.20061607
・Microsoft PowerPoint 16.39.20061607
・Microsoft Word 16.39.20061607

最初は、Excelはなかったんですが、Microsoft Edge の更新が完了した段階で Excel についても更新プログラムが検出されて来ました。

今回の更新についての情報はまだ上がってませんが、Office Insider のサイトがリニューアルして見やすくなりました。更新の内容など以前よりも視覚的にわかりやすい構成になりました。

20200618-6-1.png 20200618-6-2.png 20200618-6-3.png

例えば最後の画像にもあるように、各リリースのサイトに入ると、アプリケーションごとの説明が従来であれば、Supportページを直接引っ張って来ていたようなものでしたが、Office Insider のサイト用にちゃんと整理して見やすくなりました。

プラットフォームごとの切り替えもタブ表示になって使いやすくなりましたね。

日本語のサイトはまだ完全には整っていないようですが、順次整備されていくことと思われますので、もうしばらくお待ちください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日も、Mac 版の Office Insider 向け更新プログラム、到着しております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200616-3-1.png
・Microsoft Excel 16.39.20061500
・Microsoft OneNote 16.39.20061500
・Microsoft Outlook 16.39.20061500
・Microsoft PowerPoint 16.39.20061500
・Microsoft Word 16.39.20061500

更新内容については、現時点では特にリリースノートなどでは紹介されておりませんでした。

修正内容や新しい機能など、今後情報が更新されましたら、機会があればご紹介させていただこうかと思います。
リリースノートでは、前回の、Ver.16.39.20060705 における Outlook の修正内容が紹介されておりました。

Outlookの場合、新しいUIは、"Office 365、Outlook.com、Google アカウントでのみ使用" できるものになっていますので、それ以外のアカウント(例:プロバイダーの発行するメールアカウントなど)では、利用できませんので注意してください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 14:20| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

Mac 版 Microsoft 365 Personal を導入する Part 2 
〜 ライセンスの管理と更新

さて無事導入が終わった皆さん。Microsoft 365 の世界をご堪能ください。

20200531-2-3.jpg 20200531-2-10.jpg

ところで、前回導入の際に、途中キャプチャーした "サブスクリプションの確認" 画像にもありますが、1か月の無料体験期間を経て、その後そのまま使い続けるとサブスクリプションの代金、12,800円がかかります。上記の中で、"サブスクリプションの確認" のところでも表示されておりましたが、"アプリから購入した Microsoft 365 のサブスクリプションは iTunes アカウントに課金され、事前に自動更新を無効にしない限り、現在のサブスクリプション期間の終了 24時間前に自動的に更新されます。購入後にサブスクリプションの管理または自動更新の無効化を行うには、iTunes のアカウント設定にアクセスしてください。無料試用期間の未使用期間がある場合は、ユーザーがその公開されたサービスのサブスクリプションを購入したときに無効になります(適用可能な場合)" とあるように、最初の1か月は無料お試し期間で、その後課金されることになります。

今回はこうした課金についても改めて確認していきたいと思います。


【Microsoft 365 Personal とは?】

Microsoft 365 Personal は、以前 Office 365 Solo と言っていた製品で、サブスクリプション形式で提供されている Microsoft のコンシューマー向けの Office 統合パッケージソフトになります。

20200531-5-1.jpg

新しい機能が次々に追加されていること、さらにはサブスクライバーのみを対象とした機能が多数追加されるなどユーザーにとっては非常に便利でありがたい製品となっています。

その機能についてはここではあまり触れませんが、インストールできる台数に制限がなく、Mac だけではなく、iPad や iPhone といったモバイルデバイス、Windows の PC もお持ちであれば、Windows の PC にもインストールでき、ご自身で使用する5台までのデバイスで同時に利用が可能になります。


【現在のバージョン】

今回導入した Microsoft 365 Personal ですが、5月末現在のバージョンは以下の通りです。PowerPoint を例にすると、メニューバーから、"PowerPoint" をクリックして "PowerPointについて" をクリックすると表示されます。 

20200531-5-2-1.jpg

・Ver.16.37(20051002)

現在提供されている最新情報は、以下のリリースノートをご覧いただければ、ご確認いただけます。日本語サイトは更新が遅いので最新情報については、US版のサイトを参考にされるといいかと思います。


ちなみに App Store からダウンロード・インストールされた製品の場合、Office Insider への参加ができません。Office Insider への参加をする場合には、一旦、App Store からのものはアンインストールした上で、今回 インストールの際に紐づけた Microsoft アカウント にサインインして、そちらからインストールし直す必要があります。


【Officeの更新について】

App Store からダウンロード・インストールされた製品の場合、各アプリの更新は、App Store を介して行われます。他の製品のように、アプリを起動して、メニューバーから、更新の確認を開いて、Microsoft AutoUpdate を起動し、これを利用しての更新の確認はできません。
メニューにもありませんので、ご注意ください。

20200531-5-2-2.jpg

更新プログラムがある時には、App Store にて表示されますので、こちらから更新を行います。


【ライセンスの管理と更新】

さて、App Store から導入した Microsoft 365 Personal ですが、Microsoft Store や、家電量販店、Amazon などのネット通販で購入した場合と異なるのが、このライセンスの管理方法とその更新になります。


-- 再インストール:

まずは再インストールについて。App Store で購入されたものは、もちろん App Store からの再インストールも可能ですが、Windows の PC にもインストールしたい.... そんな場合、当然ですが Windows で、App Store にアクセスしてもインストールができません。

前回のインストールまでの中でご紹介していますが、利用開始の過程で、Microsoft アカウントへの紐づけが行われますので、Mac などの Apple 製品以外にインストールする場合には、この時に紐づけた、Microsoft アカウントでサインインして、サービスとサブスクリプション の所からインストールが可能になっています。

2020053105-3-1.jpg 20200531-5-3-2-1.jpg

もちろん、こちらから Mac 版をインストールすることも可能です。先ほども触れましたが、Office Insider へ参加される場合には、Mac 版でもこちらからインストールする必要があります。

Microsoft 365 Personal のサポート対象 OSは、最新のものから数えて3つ前まで。現在、Catalina(ver.10.15)が最新なので、High Sierra(ver.10.13)までではありますが、2020年5月31日の段階では、まだmacOS 10.10 や 10.11 向けのパッケージもこちらからであればダウンロードが可能なようです。


なお、Microsoft の Mac 版 Office の更新履歴のところからも、更新プログラムや、再インストールするためのインストーラーをアプリ毎、個別にダウンロードできますが、この場合、サービスとサブスクリプションからダウンロードしてインストールしたものと同じ扱いになります。


--デバイスの管理:

この App Store より購入したライセンスが、現在どのPCにインストールされているかを確認するのは、Microsoft アカウントのサービスとサブスクリプションの "インストール" のところから行います。ご自身でご利用の5台のデバイスまで同時にインストールして利用できますが、PCを変更して、ライセンスを解除したい場合などはこちらから行います。

20200531-5-3-3.jpg


--ライセンスの更新と管理:

さてここまでは、すべて Microsoft アカウント上でおこなっておりましたが、ここからが、App Store で購入したものの場合異なります。

2020053105-3-1.jpg 20200531-5-3-4.jpg

App Store で購入したものは、Microsoftアカウントの サービスとサブスクリプション の所にも、"Apple から購入" と表示されており、こちらの "管理" をクリックすると、Apple の "App Store や iTunes Store で購入履歴を確認する" というサポートページに誘導されます。"購入履歴を確認する" をクリックすると、macOS 10.15 の場合だと、ミュージックアプリが起動し、Apple ID でサインインすると購入履歴が表示されます。

インストールの際にはあまり触れませんでしたが、インストールの際に、その有効期限や価格、さらに、サブスクリプションの更新については、自動更新されることも表示されておりました。

20200531-2-5.jpg

導入の1か月は無料で、価格が12,800円で、さらに自動更新されるということがあります。

つまり最初の1か月を過ぎれば、自動的に、12,800円課金されることになります。もちろんこれを経てインストールに至っているわけですから "続ける" をクリックした段階で、これに同意したことになります。


--サブスクリプションの更新と自動更新の停止:

文字通り自動更新なので、引き続きご使用になる場合には、何も手続きはしなくてもいいわけですが、何らかの事情でやはりキャンセルしたい。あるいは1か月の無料期間が終わったら使わないから自動更新したくない... そんな場合には、iTunes Store あるいは ミュージックアプリ から手続きを行います。

1) iTunes あるいは、ミュージックアプリを起動

2) メニューバーの アカウント>マイアカウント を表示 とクリックします

20200531-5-5-6.jpg

3) 設定 のところに、サブスクリプション という項目がありますので、"管理" をクリックします

20200531-5-5-7.jpg 

4) すると サブスクリプションの管理 の画面が表示され、"サブスクリプションをキャンセルする" をクリックすれば自動更新されなくなります

20200531-5-5-9.jpg

また以下のリンクからたどっていっても、ミュージックアプリなどが起動して、

"サブスクリプションを確認・解約する" のところから、"サブスクリプションの確認・解約"  をクリックすると、os 10.15 の場合だと、ミュージックアプリが起動し、サブスクリプションの編集画面になります。


--キャンセルについて:

上記の手順でキャンセルを行うと、まず "キャンセルの確認" という画面が表示されます。トライアル期間中であれば、期間内は無料で引き続き使用ができることが表示されます。

20200531-5-6-1.jpg

引き続き "確認" をクリックすると、サブスクリプションはキャンセルされ "サブスクリプションの編集" 画面には、終了予定日が表示されます。

20200531-5-6-2.jpg

キャンセルされると、Microsoftアカウントのサービスとサブスクリプションのページでも有効期限が切れる旨の表示がされるようですね。
仮に、Microsoftアカウントのところから、今度自動更新(定額請求)を有効にするように設定すると、Apple で更新するかどうか?確認の画面が表示されるようです。

20200531-5-6-3.jpg 20200531-5-6-4.jpg

1か月の無料期間が過ぎると自動的に課金されますので、くれぐれもご注意ください。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

週末ですが、次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200613-1.png 20200613-1-2.png
・Microsoft Excel 16.39.20061000
・Microsoft OneNote 16.39.20061000
・Microsoft Outlook 16.39.20061000
・Microsoft PowerPoint 16.39.20061000

Word についてはなかったのですが、よく確認したら、すでにどうバージョンに更新済みでした。

さてリリースノートを確認すると、6月8日付 Ver.16.39 (20060705) における Outlook について更新内容が紹介されております。日本語版、US版共に同じ内容ですが、このバージョンからGoogle アカウントで、IMAP設定した際の機能強化が図られたとのことでした。他には既知の問題の修正といった内容となっております。

それ以外のものについては、機会があれば随時ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 07:29| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

Mac 版 Microsoft 365 Personal を導入する Part 1 
〜 App Store から購入する

Mac ユーザーが、Microsoft 365 Personal (旧称:Office 365 Solo) などといった Office 製品を購入しようとする場合、選択肢は以下のようになります。ざっくり分ければ以前にも取り上げましたが、Apple Store か、それ以外か?といことになりますが、細かく分けると....

・App Store
・Microsoft Store
・家電量販店など
・Amazon など正規代理店のネット通販

現在、Mac 向けには、Microsoft 365 PersonalOffice Home & Student 2019 for MacOffice Home & Business 2019 といった統合パッケージの他、WordExcelPowerPointOutlook といった製品の単体パッケージが販売されています。

20200531-1-0.jpg

もちろん、Microsoft Store で購入したり、家電量販店などで購入したり、さらには Amazon などの正規代理店のネット通販で購入した場合には、Windows ユーザーも、Macユーザーも、その後、ライセンスの管理や、Update、更新などは同じなので予想がつくと思いますが、App Store となると、Macユーザーじゃないと分からない部分も多いため、整理してみました。


App Storeを介して購入する】

では、さっそく App Store で検索してみましょう。App Store で検索してみると、Office 2019 の統合パッケージ版の取り扱いはないようです。Microsoft 365 Personal のみのようですね。検索すると、Wordなどの単体も表示されますが、今回は、Microsoft 365 を導入します。

20200531-1-1.jpg 20200531-1-2.jpg 20200531-1-3-1.jpg
Microsoft 365 を選択して表示させ、入手インストール とクリックします。改めて、Apple ID でのサインインを求められますので、サインイン。すると、プログラムのダウンロードがスタートします。ご利用のインターネット環境にもよりますが、3G近くあるものなので、そこそこダウンロードにも時間はかかると思います。

ちなみに、今回購入している購入履歴は、iTunes Store での購入履歴で確認できます。

20200531-1-4.jpg 20200531-1-5.jpg

インストールが完了すると、App Store 内の各アプリのところが、"開く" に変わります。これでインストールが完了です。Finderから、移動>アプリケーション と移動してみると、Word や Excel、PowerPoint などのアイコンが確認できます。


【アプリを起動し、Microsoftアカウントとの紐づけを行う】

ここまでは、Microsoft アカウントは全く関係なく進みますが、ここから実際に利用できるようになるためには紐づけが必要になります。今回は、PowerPoint を起動してその過程を確認してみました。

1) まずは、何か一つアプリを起動します。先ほども書きましたが今回は、PowerPoint を起動してみました。すると、Microsoftアカウントでのサインインを求められますので、アカウントを入力します

20200531-2-1.jpg

2) 当然まだ現段階ではライセンスはないので、"みつかりません" となりますが、"無料の月を開始する" をクリックして進みます

20200531-2-2-1.jpg

3) "サブスクリプションの確認" の画面になりますので、"Microsoft 365 個人" を選択して、"確認" をクリックします

20200531-2-3.jpg

4) 続いてもう一度、Apple ID でのサインインの画面がでてきますので、サインインし、これで初めて購入の手続きになります

20200531-2-4.jpg

5) 引き続き "サブスクリプションの規約" の画面になりますので、"続ける" をクリックします

20200531-2-5.jpg

6) "サブスクリプションの確認" が表示され、"OK" をクリック、再度、Apple ID でのサインインを求められるのでサインインします。完了すると、"完了しました" と表示されますので、"OK" で進みます

20200531-2-6.jpg

7) 購入手続きが完了します。"準備が完了しました" と表示されれば、手続きが完了。"今すぐ PowerPoint を使ってみる" をクリックすれば、PowerPoint が起動してきます

20200531-2-7.jpg

8) 始めて起動する際には、"新機能" の説明が表示されます。"はじめましょう" をクリックすると、最初に、"アカウントのプライバシー設定" の画面になりますが、"OK" をクリックすると、PowerPoint が起動してきます

20200531-2-8.jpg 20200531-2-9.jpg

途中、キャプチャーしそこなった部分もありますが、App Store から購入して、インストールするまでの流れは以上になります。

次回は、ライセンスの管理と更新について取り上げていきます。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月09日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ここ最近は、良いペースで更新プログラムがまた配信されるようになって来ました。

今回配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20200609-1.png
・Microsoft Excel 16.39.20060705
・Microsoft OneNote 16.39.20060705
・Microsoft Outlook 16.39.20060705
・MIcrosoft Word 16.39.20060705
・Microsoft PowerPoint 16.39.20060705

今回の更新に関する情報は特にございませんでした。
リリースノートを確認すると、6月2日配信の Ver.16.38 (20053105) についての情報が更新されておりました。

以下のようなOutlook の既知の問題について修正が入ったようです。(以下、リリースのノートより引用)

  • アカウント:M365 アカウントを追加するときにクラッシュする

  • メール:アカウントの種類によっては、ブラウザーでメールのリンクが開かない場合があります


それ以外のものについては特に情報は上がっておりませんでしたので、何か?あれば順次ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 13:21| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Office Insider Fast Ring 向けに次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されている更新プログラムは、以下の通りです。

20200605-5-1.png
・Microsoft Excel 16.39.20060301
・Microsoft OneNote 16.39.20060301
・Microosft Outlook 16.39.20060301
・Microsoft PowerPoint 16.39.20060301
・Microsoft Word 16.39.20060301

本日の更新内容に関する情報は、現時点では特に公開されているものはございませんでした。
新機能など機会があれば、改めてご紹介させていただきます。

昨日は、Windows 版の Office Insider Fast Ring にも更新が来てましたし、通常版のものにも更新がきておりました。Office Insider のページでは、Windows 版の更新情報などもご確認いただけますので、是非ご参照ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 13:32| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの提供がスタートしております。
今回配信されている更新プログラムは、以下の通りです。

20200602-2-1.png 20200602-2-2.png
・Microsoft Excel 16.38.20053105
・Microsoft OneNote 16.38.20053105
・Microsoft Outlook 16.38.20053105
・Microsoft PowerPoint 16.38.20053105
・Microsoft Word 16.38.20053105

リリースノートを確認してみると、前回の更新 ver.16.38.20052800 におけるOutlook の新機能および修正について紹介されておりますが、今回の更新についての情報は特にございませんでした。

-- Outlook 16.38.20052800 の更新内容:
  • ユーザーを検索する際、検索結果でユーザーのアバターの画像をクリックすると、そのユーザーの組織図、名前、メール アドレスなどの詳細を表示できるようになりました。

  •  右サイドの新しい Outlook の最新機能に関する情報より、最新機能を確認ができます。

  • 開封確認 機能により、メール作成時に開封確認を要求することで、自分が送信したメッセージを開封して閲覧したユーザーを追跡することができます。

詳細は、Office Insider の Webリリースノートなどをご参照ください。

本日は、Windows 版も、Insider Fast に更新プログラムが到着しております。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 14:06| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

Mac 版 Office の再インストールと更新方法

Windows 版と異なり、Mac 版 Office の再インストールと更新方法については、今一つはっきりとしないところもありましたので、今回はコンシューマー向け製品 Microsoft 365 Personal(旧称: Office 365 Solo) について、整理してみました。

法人向け製品については、機会があれば別途取り上げたいと思います。


【App Store という販売チャンネル】

コンシューマー向けのMac 版 Office の場合、Windows 版の様にプレインストールで、PCに添付されてくることはないので、いずれにしても購入する必要があります。

但しどこから購入するか?によって、その後、日常の Update や 再インストール方法、さらには、契約の更新方法が異なります。
みんな一緒... とはいかないので注意が必要です。

-- 大きく分けて2つ:

Mac版 Office 製品の場合、販売チャンネルは大きく分けて2つに分けられます。
  1. App Store
  2. App Store 以外

1) Apple Store:

文字通り、Mac などに搭載されている Mac App Store を介して購入する方法です。

20200414-3-1-1.jpg 20200414-3-2.jpg

App Store を起動して検索するもよし、Safari などで、Apple のサイトにアクセスして購入するもよし。


2) App Store 以外:

家電量販店、Amazonなどのオンラインストア、Microsoft Store において、POSA形式、あるいはダウンロード形式にて販売されています。


【アプリの更新】

App Store から購入した Office 製品、あるいはそれ以外の場所から購入した Office 製品では、アップデートの入手方法、つまり更新方法が異なります。

ちょうど、Windows 版でも同じで、StoreApp版 と クイック実行版 で更新方法が異なるのと同じですね。

― App Store から購入した場合:

App Store からダウンロードされてインストールされた場合、App Store よりインストールされている他のアプリと同様、App Store より更新が配信されます。ただし、Microsoft アカウントにてサインインして、サービスとサブスクリプションのところからインストールした場合にはこれに限りません。

* App Store よりダウンロードしてインストールされた Microsoft 365 Personal の場合、Microsoft AutoUpdate による更新はできません。


― App Store 以外で購入した場合:

各アプリの、ヘルプメニューから、"更新プログラムのチェック" とクリックして、Microsoft AutoUpdate を起動して行います。Microsoft アカウントにてサインインして、サービスとサブスクリプションのところからインストールした場合も、こちらのパターンになります。


【契約の更新】

― App Store から購入した場合:

App Store で購入されたものは、App Store にて継続の手続きをします。つまり、自動継続をするかしないか自動継続の有効または無効の設定を行います。

20200414-3-3.jpg

なお、上記にもありますが、年間サブスクリプションの更新は、"アプリから購入した Office 365 の年間サブスクリプションは、App Store のアカウントに課金され、事前に自動更新を無効にしない限り、現在のサブスクリプション期間の終了前24時間以内に自動的に更新" されてしまうようです。
App Store よりダウンロードすると、一カ月は無料で利用できますが、その後どうするか? によっては、無効にしておく必要が出てきます。


― App Store 以外で購入した場合:

家電量販店、Amazonなどのオンラインで購入した場合には、初回インストール時に紐づけした、Microsoft アカウントで、"サービスとサブスクリプション" の画面に入って、定額請求の有効無効の設定(自動更新)が可能です。

もちろん、自動更新ではなく、都度、購入してライセンスを追加することも可能です。その場合最大5年分追加が可能です。

ちなみに私の場合、Amazon で、数%お安めに購入。加えて、毎年秋口に期間限定で実施されてている、3,000円キャッシュバックキャンペーンを利用して、キャッシュバックもしてもらっているので、実質、7,000円ちょいで更新しながら使っています。


ということで今回は、Windows 版とちょっと違う Mac 版 Office 365 の購入手続きや、アップデート、さらには契約の更新についてみてきました。

次回は機会があれば、実際に App Store で購入して検証してみたいと思います。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨日アップデートがあったばかりなのでまさか?と思ってましたが、一応ちょっと使った限りでは特に問題はなさそうでしたが、何かあったんでしょう。本日次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは、以下の通りです。

20200529-1.png
・Mcirsoft Excel 16.38.20052800
・MIcrosoft OneNote 16.38.20052800
・Microsoft Outlook 16.38.20052800
・Microsoft PowerPoint 16.38.20052800
・Microsoft Word 16.38.20052800

当然ながら、昨日ご紹介したばかりで、さらに今日の更新ということなので、リリースノートなどは更新されておりません。
更新内容などに関して、気がついた点があれば、都度ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 11:10| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨日は、macOS 自身の Update でしたが、本日は、Office Insider Fast Ring の更新プログラムが到着しております。

本日配信がスタートしているプログラムは、以下の通りです。

20200528-1-1.png
・Microsoft Excel 16.38.20052612
・Microsoft OneNote 16.38.20052612
・Microsoft Outlook 16.38.20052612
・Microsoft PowerPoint 16.38.20052612
・Microsoft Word 16.38.20052612

配信がスタートしたばかりなので、当然ながらリリースノートは更新されておりませんので、本日の更新に間する情報は現時点では何も紹介されておりません。
現在リリースノートで紹介されているのは、前回、日本時間5月21日に更新された Ver.16.38.20052001 となっております。こちらでは、Outlookの新機能について紹介されております。

People ビューと連絡先のサポート
時間帯の候補
イベントの作成: 非公開としてマーク

またこの他に、多数の既知の問題の修正が入っているようです。詳細は、リリースノートをご参照ください。

ところで、Insider Slow の方のリリースノートを見ると、以前、Insider Fast でご紹介したExcelの新しい機能

・画像からのデータ挿入
・クリックして追加

といった機能が、5月4日付の Ver.16.37 (ビルド 20050303) で追加されていることが紹介されておりますが、着々と新しい機能も展開されつつあるんですね。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:21| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されている更新プログラムは、以下の通りです。

20200521-1-1.png
・Microsoft Excel 16.38.20052001
・Microsoft Outlook 16.38.20052001
・Microsoft PowerPoint 16.38.20052001
・Microsoft Word 16.38.20052001

リリースノートなどでは、現時点では本日の更新に関する情報は無いようです。更新内容に関する情報が更新されましたら、機会があれば随時ご紹介させていただきます。

リリースノートには無いものの、実際に使って見て、ここが変わった?とか、あそこの機能が使えるようになった?など気がついたことがあればやはり随時ご紹介したいと思います。

【2020/05/24更新】

20200524-1.png
前回漏れていた Microsoft OneNote の更新。本日ちょっと遅れて到着です。

・Microsoft OneNote 16.38.20052001

これで、Ver.16.38.20052001 に揃いました。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 09:51| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月19日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょっと時間が空いてしまいましたが、次の更新プログラムが到着しておりますので、ご紹介いたします。

本日配信されて来たプログラムは、以下の通りです。

20200519-2-1.jpg

・Microsoft Excel 16.38.20051706
・Microsoft OneNote 16.38.20051800
・Microsoft Outlook 16.38.20051706
・Microsoft PowerPoint 16.38.20051706
・Microsoft Word 16.38.20051706

Microsoft OneNote だけちょっとバージョンが先に進んでいるようです。
今回の更新に関する情報は、現時点では何も Up されていないようですが、こちらについては、機会があれば順次ご紹介させていただきます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 13:06| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

たまたまこんな時間に Mac を開いたら更新が.....

ということで、いち早くお届けするためにブログを更新させていただきました。
本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200515-1-1.png 20200515-1-2.png
・Microsoft Excel 16.38.20051207
・Microsoft Outlook 16.38.20051207
・Microsoft PowerPoint 16.38.20051207
・Microsoft OneNote 16.38.20051207
・Microsoft Word 16.38.20051207

現在の時点では、特に更新内容に関する情報は更新されておりませんでした。
情報が更新された際に、機会があればご紹介させていただきます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 00:16| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日は、Mac 版/Windows 版 共に更新が来ていますが、まずは Mac 版 Office Insider Fast の更新情報から。

Mac 版 Office Insider Fast Ring 向けに、本日以下の更新プログラムが到着しております。本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200512-1-1.png
・Microsoft Excel 16.38.20051100
・Microsoft OneNote 16.38.20051100
・Microsoft Outlook 16.38.20051100
・Microsoft PowerPoint 16.38.20051100
・Microsoft Word 16.38.20051100

本日の更新についての情報は、現時点では特に内容です。現在公開されている情報は、US時間5月6日付でリリースされた Ver.16.38 (20050602) となっておりますが、Outlook の新しいアドインについて紹介されております。


機密ラベルのアドインが追加されているようですが、注意にもありますが、Office 365 サブスクライバー向けの機能であり、さらには法人向けの機能になります。

ちなみに今回配信されている Windows 版 Office Insider および Monthely Channel(Targeted) については、

・Office Insider Ver.2006(12905.20000)
・Monthly Channel(Targeted) Ver.2004(12730.20270)

のように更新されております。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 14:18| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200507-1-1.png 20200507-1-2.png
・Microsoft Excel 16.38.2005050
・Microsoft OneNote 16.38.2005050
・Microsoft Outlook 16.38.2005050
・Microsoft PowerPoint 16.38.2005050
・Microsoft Word 16.38.2005050

現時点で今回の更新に関する内容について、情報は公開されておりませんので、今後機会があれば改めてご紹介させていただきます。

ところで、検証環境がないので、Office Insider Slow Ring については、あまり取り上げることがないのですが、今回は、Slow Ring についてご紹介いたします。

Windows 版では、
Insider Fast Ring:Office Insider 
Insider Slow Ring:Monthly Channel(Targeted)

というように区分けされている Office Insider ですが、Mac 版では、
Insider Fast
Insider Slow

とその呼び方も、そのままです。

20200507-2-1.jpg 20200507-2-2.jpg

また、Windows 版では、Insider への参加は、一般ユーザー向けの場合には、アカウントのところから設定していきますが、Mac版では、Microsoft AutoUpdate の環境設定より行います。

さて毎回お知らせしている、Fast Ring 同様、Slow Ring も、通常版よりは先行して更新が行われております。


リリースノートによれば、現在の最新版の情報は以下の通りになっています。

US時間 5月4日 配信 Ver.16.37 (Build 20050303)

Excelを始め、いくつか新機能が追加されたことが紹介されておりますが、ちょうど今回紹介sれているのは、だいぶ前に、Insider Fast の更新情報でもお届けした、以下のような機能が、Insider Slow にも搭載されるようになったようです。

20200507-2-3.jpg


Insider Slow に搭載されたとなると、通常版に搭載されるのも間近ってことですね....
Insider Slow も着々と変わりつつあります。今後もこうした情報を時にはお届けさせていただく予定です。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日は、Windows 版にも、Office Insider、Monthly Channel(Targeted)、さらには Monthly Channel と更新プログラムが到着しておりましたが、Mac 版の Office Insider にも更新が到着しておりました。

本日配信がスタートしたプログラムは、以下の通りです。

20200505-5.png
・Microsoft Excel 16.38.20050400
・Microsoft OneNote 16.38.20050400
・Microsoft Outlook 16.38.20050400
・Microsoft PowerPoint 16.38.20050400
・Microsoft Word 16.38.20050400

現時点では、今回更新された内容に関して公開されている情報は特にございませんでした。
更新内容については、また機会を見てご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

前回の Update の続きということになりますが、前回検出されてこなかった PowerPoint が検出されて来ました。加えて、Outlookも今回は正常に更新。。。

前回ちょっとおかしかった Excel も今回更新をかけたら、正常に更新されていたようです。

20200501-1-1.png
・Microsoft Outlook 16.38.20042808
・Microsoft PowerPoint 16.38.20042808

以上が今回更新された内容ですが、前回エラーになっていたはずの Excel は、その後画面では確認できませんでしたが、Updateは正常に行われていたようでした。

ということで今回の Update で、Ver. 16.38.20042808 に全ての製品が更新されたことになります。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

今日は、朝から、Windows にも Update が来ていたり、Windows 版 Office Insider Fast にも Update が配信されて来ていたりと、アップデートばかりでバタバタですが、表題通り、Mac 版 Office Insider にも Update が配信されて来ています。

さて本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200430-1-1.png 20200430-1-2.png
・Microsoft Excel 16.37.20042605
・Microsoft OneNote 16.38.20042808
・Microsoft Outlook 16.37.20042107
・Microosft Word 16.38.20042808

と更新内容がバラバラ。またこのうち、ExcelとOutlookについては確認エラーになって更新もできない状況です。
確認エラーについては、これまでも何度か紹介していますが、正しいのが落ちてくるまで待つ以外にはなさそうなのですが、おそらく待っていれば、次の更新の時に、OneNote や Word と一緒に更新が入って、Ver.16.38.20042808 以降のものになるんでしょう。

アプリ自体が使えないわけではないはずなので、しばらく様子を見てください。

さて今回の更新については、現時点では特に情報は上がっておりませんでした。
リリースノートを確認すると、4月27日配信の Ver.16.37 (20042605) での Outlook に搭載された新しい機能について紹介されておりました。

-- Outlook Ver.16.37 (20042605):

・外部受信者のメールヒント
・大規模なオーディエンスメールヒント

といった、メールを送信する際に、会社外、あるいは25名を超える人たちに送信する際に、ヒントが表示されるようになったようです。これ以外にも、幾つか既知の問題の修正が入っております。

詳細は、リリースノートなどをご参照ください。


今回の Update に失敗している件や、更新内容について今後何か新たな展開がありましたら、随時ご紹介させていただきます。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:37| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

最近は、TV番組、ラジオ番組などでも、コロナウィルスの関係で自宅からZOOMなどを利用して中継で、司会者やタレントさんが参加しているケースも多く見かけるようになりました。

そんな朝、TV見てたら、タレントさんの使用していた Mac に更新プログラムの表示がでてたりしたので、あれ? macOS に Update が来たのかな?と思って、急いで事務所に来てチェックしてみたものの、特になし。たまたまそのタレントさんの macOS がまだ古かったんでしょうね... ではと、Office の更新をかけて見たら、Office の方にはしっかり到着しておりました。

本日配信がスタートしている更新プログラムは、以下の通りです。

20200428-1-1.png 20200428-1-2.png
・Microsoft Excel 16.37.20042605
・Microsoft OneNote 16.37.20042605
・MIcrosoft PowerPoint 16.37.20042605
・Microsoft Word 16.37.20042605

本日の更新に関する情報は特にございませんでした。
リリースノートを確認すると、前回 4月23日に配信された Ver.16.37 (20042107) の Outlook の新機能について紹介されていましたので一部ご紹介します。


-- Outlook Ver.16.37(20042107):

・会議室の検索機能
 会社などでご利用の場合、会議室の予約をしたりする際、会議室のリスト(フロアやキャパシティ)、会議室の設備といった用途に応じた会議室の検索ができるようになります。

・予定表の3日ビュー機能
 従来であれば、1日、1週間、1月といった決まった表示方法がありましたが、これに加えて3日という選択肢が増えます。

日本語のサイトだと、画像が抜けていてイメージしにくいかもしれませんが、その場合には、USのサイトをご参照ください。

会議室についてはどちらかと言えば、法人向け機能になるんでしょうね。

これ以外については、また随時ご紹介させていただきたいと思います。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:19| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨日までは、相変わらず Excel がエラーになっていましたが、本日はすでに次の更新プログラムが到着しております。Excel については、一回 スキップして、次の更新プログラムが適用されるようになる感じです。

今回配信されているプログラムは、以下の通りです。

20200423-1-1.png 20200423-1-2.png
・Microsoft Excel 16.37.20042107
・Microsoft OneNote 16.37.20042107
・Microsoft Outlook 16.37.20042107
・Microsoft PowerPoint 16.37.20042107
・Microsoft Word 16.37.20042107

さらに、昨日の時には気が付きませんでしたが、昨日付で、

・Microsoft AutoUpdate 4.22.20042003

と、Microsoft AutoUpdate も更新されておりました。

今回の更新に関する情報で公開されているものは特にありませんでした。タイミング的には、Office 365 から、Microsoft 365 に変わった最初の更新。バージョン情報などをみると、当然ながらすでに Office 365 ではなく、Microsoft 365 に修正されております。

20200423-1-3.png

さてリリースノートを見てみると、前回ご紹介した Outlook の新しい機能が、日本語版の Office Insider のリリースノートにも反映されておりました。4/15付 Ver.16.37 (20041501) でのものになります。またUS版では、4/21付の Ver.16.37 (20042000) にて、この新しい機能の他、カレンダーで確認されていた既知の問題の一つに修正が入ったことが紹介されております。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

いよいよ明日は、以前にも取り上げましたが、Office 365 が、Microsoft 365 に変わる日。
Mac 版の Office アプリを起動したら、今朝はこんな画面がいきなり登場。

20200420-1-1.png
いよいよなんですね。

さてそんな中ですが、Office Insider 向けには、次の更新プログラムの配信がスタートしております。
今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200420-1-2.png 20200420-1-3.png
・Microsoft OneNote 16.37.20042000
・Microsoft PowerPoint 16.37.20042000
・Microsoft Word 16.37.20042000

上記の画像にもあるように、おそらく Excel でも同じバージョンのプログラムが来ているんでしょうけど、確認エラーになっています。
こちらはしばらく時間を開けて試していただくとちゃんと更新されるかと思いますのでしばらくお待ちになってみてください。

さて今回の Update ですが、更新内容については、現時点で公開されている情報はございませんでした。前回、Ver.16.37 (20041501) において Outlook に追加された新機能について紹介されておりましたので、簡単にご紹介します。

・Outlook Ver.16.37 (20041501)
  1. 統合受信トレイ:複数のメールボックスを1つの受信トレイに結合して、重要なすべての情報を1か所で簡単に表示
  2. すべてのメールを検索:検索が更新、すべてのメールが含まれるようになりました。現在ある特定のフォルダーまたはメールボックスに限定されなくなります
  3. マイデイ:ミニカレンダーのスペースが少なくなるようにマイデイが更新され、より多くのイベントを表示できるようになりました。
  4. カレンダー左ナビゲーションのグループ化:カレンダーは、所有しているカレンダーと、共有しているカレンダーでグループ化されるようになります。順次展開されていく予定のようです
その他、既知の問題の修正。

今回は以上のようになっています。Excelの更新の件など、また何かありましたら情報を追加させていただきます。


【2020/04/22 更新】

20200422-1-1.png
・Microsoft Outlook 16.37.20042000

前回の Update からは外れていた Outlook にも更新が本日到着。Excelについては相変わらず確認エラーのようです。もうしばらく待つ必要がありそうですね。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 12:39| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨日は、Windows Updateが走ったり、Office 製品についても、通常版から、Office Insider (Fast/Slow)のすべてにわたって更新プログラムが到着するなど、Update ラッシュでしたが、本日は、Mac 版 Office Insider Fast の更新となります。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200416-1-1.png
・Microsoft Excel 16.37.20041501
・Microsoft OneNote 16.37.20041501
・Microsoft Outlook 16.37.20041501
・Microsoft PowerPoint 16.37.20041501
・Microsoft Word 16.37.20041501

本日の更新内容については、まだ取り上げられておりませんが、US版のリリースノートでは、前回、4/14に配信されている Ver.16.37.20041300 の更新内容について紹介されておりました。

Excel:
新機能 Click-to-add mode の追加
* こちらについては、後日検証した上で、ご紹介させていただきます。概要については、Release notes for Office for Mac (Insider Fast builds) をご参照ください。

修正  
・ファイルの回復を選択した後、ファイルを回復するかどうかを尋ねるメッセージバーが表示されることがあった点を修正
・印刷ダイアログで、ブックの最初のページが縦向きで正しく表示されなかった点の修正
・フィルターをクリックしてからシートをスクロールした際、フィルターボタンがクリックできなくなっていた問題を修正  

Outlook:
新機能
・Meeting Insight
Working Elsewhere
* こちらについては、後日検証した上で、ご紹介させていただきます。概要については、Release notes for Office for Mac (Insider Fast builds) をご参照ください。

修正
・現在の見通し/カレンダー:カレンダーの予定と会議にディクテーションを追加
・サポートに連絡:サポートに連絡を開くときのハングの修正
・カレンダー:検索候補が、今日のMy Dayの展開の邪魔になっていたものを修正
・カレンダー:場所フィールドに部屋を追加して会議を送信すると、招待に部屋が1回追加されるように修正


紹介されている新機能については、機会があれば確認した上で、改めてご紹介させていただきます。
まずは早速、Excel については確認してみたいと思いますので今しばらくお待ちください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

Microsoft AutoUpdate の更新

本日は、Windows Update と、Office Update が重なって、朝から Update ばかりなわけですが、mac 向けにも、Microsoft AutoUpdate の更新プログラムが到着しておりました。

本日更新されたのは、以下の通りです。

20200415-1-1.png

・Microsoft AutoUpdate 4.22.20041300

ついでに言えば、上記の画像にもあるように、

・Microsoft Edge 84.485.2004130

も来ています。もっとも、Mac に入れているのが、Canary 版なので、こちらは、ほぼ毎日のように更新されているわけではありますが。

リリースノートによると、
  • セキュリティ修正:Microsoft AutoUpdateは、古いバージョンからの安全でない接続を防止します。
  • 自動更新がオフのユーザーには、Microsoft AutoUpdate UIが週に1回だけ表示されます。
  • SSDを搭載したMacOSマシンでは、更新が高速になり、更新によるアプリのダウンタイムはごくわずかになります。
といった修正が加わったようです。


注意) Microsoft AutoUpdate による Office 製品の更新は、Office 365 Solo などを Microsoft Store や 量販店、Amazon などで購入された方向けの更新方法になります。

Apple の App Strore で購入された Office 365 Solo の場合には、App Store にて更新が提供されます。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月14日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Windows の OS としての、機能更新プログラムについては、コロナウィルスの関係で現在はストップしていますので、セキュリティがらみの更新がなければ Windows Update では何もこないわけですが、Office 製品については、Windows・Mac を問わず、現在も引き続き機能更新も含めて更新プログラムの提供が続いています。

さて本日配信がスタートしました更新プログラムは、以下の通りです。

20200414-1-1.png
・Microsoft Excel 16.37.20041300
・Microsoft OneNote 16.37.20041300
・Microsoft Outlook 16.37.20041300
・Microsoft PowerPoint 16.37.20041300
・Microsoft Word 16.37.20041300

今回の更新についての情報は、リリースノートにもまだございませんでした。ただし、前回、4/8付 Ver.16.37 (20040801)
については、Outlookの修正内容が紹介されておりました。

以下の2点が紹介されております。

  • 予定表: [Teams 会議]アイコンがリモートの予定表で使用できるようになります

  • メッセージ一覧:VoiceOver により、削除、アーカイブ、フラグアイコンが読み上げられるようになりました

これ以外については、何か?情報が公開されましたら、随時ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

Microsoft AutoUpdate の更新

macOS 上で、Microsoft 製品の Update を行うために導入されている Microsoft AutoUpdate

Microsoft Office などの各製品の他、OneDrive、Microsoft Edge などの更新にも使用されます。

さてちょっと前に、mac版 Office Insider Fast の更新情報をお届けしましたが、ちょうどその1日前に Microsoft AutoUpdate にも更新がかかっておりましたのでご紹介します。

4月8日付で更新された、Microsoft AutoUpdate は以下の通りです。

20200411-1-1.jpg 20200411-1-3.jpg 20200411-1-2.jpg
  
Microsoft AutoUpdate Ver.4.22.20040700


なお更新内容に関する情報はございません。

ただしこの Microsoft AutoUpdate もバージョンが上がっていくにつれて、診断ログにアクセスできるようになっていたり、フィードバック項目がメニューに加わったりと着実に使いやすくなってきております。

なお Mac 向 Office の場合、Apple Store から購入されているようなケースもあるわけですが、その場合には、Mac App Store の更新プログラムにて、自動更新されていきます。


<参照>


posted by クリック at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

午前中にチェックした時には、今日は Update はなかったのかな?と思ってましたが、午後になって、Word で作業中に、Update があるから、アプリを閉じろとのメッセージが...

ということで、本日以下の更新プログラムが配信されてまいました。

20200407-1-1.png
・Microsoft Excel 16.37.20040602
・Microsoft OneNote 16.37.20040602
・Microsoft Outlook 16.37.20040602
・Microosft PowerPoint 16.37.20040602
・Microsoft Word 16.37.20040602

Microsoft AutoUpdate な訳ですから、Microsoft 製品についての更新が到着するので、Office 製品ではないので、この中では取り上げておりませんが、当然ながら Microsoft Edge や OneDrive といった製品にも今回は Update が到着しております。

さらに、Windows 版 Office Insider Fast にも更新プログラムが到着しておりました。

さて今回の、更新については特に情報はございませんでした。リリースノートを見ると、前回の Version: 16.37 (20040202) について Outlook の修正内容が紹介されております。

US版 MS Community では、Mac 版 Insider Slow の更新情報について取り上げられております。


ご利用の方は、こちらもご参照ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 17:51| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

この数日ちょっとバタバタしていて、更新を確認できませんでしたが、更新プログラムは、スケジュール通りなのか?
きちんと次の更新プログラムは配信されております。

さて今回配信されて来ているプログラムは、以下の通りです。

20200403-1-1.png
・Microsoft Excel 16.37.20040202
・Microsoft OneNote 16.37.20040202
・Microsoft Outlook 16.37.20040202
・Microsoft PowerPoint 16.37.20040202
・Microsoft Word 16.37.20040202

今回の更新については、現時点では特に情報は上がっておりませんでした。
機会があれば、ご紹介させていただきます。

ところで私が使用している、Office Insider(Fast Ring)向けには、すでにだいぶ前から提供されているはずの、New Outlook。
これがうちの、Fast Ring になかなか降ってこないため、サポートに確認しておりましたが、思わぬ事実が判明。

こちらについては、後日、Mac 版 Outlook にしかない、"サポートに問い合わせる" という機能と、その経緯について改めてご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。ちょっと前に、Windows Update については、機能更新プログラムの提供がコロナウィルスの関係もあって、一時停止することはご案内いたしましたが、Office 製品についてはどうなるのか? ちょっと気になるところです。

さて本日到着しております更新プログラムは、以下の通りです。

20200331-1-1.png
・Microsoft Excel 16.37.20033001
・Microsoft OneNote 16.37.20033001
・Microsoft Outlook 16.37.20033001
・Microosft PowerPoint 16.37.20033001
・Microsoft Word 16.37.20033001

本日の更新についての情報は、現時点ではございませんでした。
前回、前々回の更新について、Office Insider のリリースノート(US版)を見ると Microsoft Outlook に関して、機能の追加及び既知の問題の修正について紹介されております。

3月23日リリース Version: 16.36 (20032300):

-- 新機能
・自動返信機能の追加
・コンパクト表示オプションの追加
など

-- 既知の問題の修正
・メール:作成中にメッセージ本文のコンテンツが表示されたままになる問題を修正
・カレンダー:上下の矢印キーでリストビューを移動し、スペースバーでイベントカードを表示する様に修正
など


3月25日リリース Version: 16.36 (20032418):

・カレンダー:新しいイベントを作成すると、ミニスケジューラのビュー内にタイルが表示される不具合を修正


またTechCommunity Blog では、"What’s New in the New Outlook for Mac?" という現在 Insider 向けに展開されている新しい Microsoft Outlook について紹介されておりますが、まだうちの、Insider Fast 版には、この新しいUIの Microsoft Outlook が反映されておりませんので詳細は確認できておりません。

現在、Windows 版も同様のシンプル表示になっていますが、いずれは、うちのにも反映するものと思いますが...





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Office Insider 向けの更新は、順調に配信されております。

本日配信がスタートしたプログラムは、以下の通りです。

20200337-1.png
・Microsoft Excel 16.36.2003231
・Microsoft OneNote 16.36.2003231
・Microsoft Outlook 16.36.2003231
・Microsoft PowerPoint 16.36.2003231
・Microsoft Word 16.36.2003231

今回はこれに加えて、Office ではありませんが、

・OneDrive 20028.0206.0006

も到着しております。まぁ、Microsoft 製品の更新プログラムなので、普段だと Microsoft Edge ぐらいなんですが、こうしたものも更新対象になるわけですね。

リリースノートなどでは、現時点では情報は公開されておりませんでした。

ちょうど、3/18に公開された Excel の画像からデータを挿入する機能ですが、現在検証しておりますが、どうも日本語は文字化けなどしてうまくいかない様です。

こちらについては、整理出来次第順次ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 09:46| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

更新プログラムの配信スケジュールは、変わらないようで、次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日確認いたしましたプログラムは以下の通りです。

20200324-1.png
・Microsoft Excel 16.36.20032300
・Microosft OneNote 16.36.20032300
・Microsoft Outlook 16.36.20032300
・Microsoft PowerPoint 16.36.20032300
・Microsoft Word 16.36.20032300

今回の更新についての情報はございませんでしたが、3/19にリリースされた Version: 16.36 (200318) において、追加された新しい機能の紹介が、リリースノートにて紹介されておりました。

"Insert Data From Picture"という機能ですが、あ〜っと気がつかれた方もいらっしゃるかも知れませんね。Android や iOS 向けの Excel Mobile に搭載されている写真で撮った画像をテーブルとして取り込める... という画期的な機能です。


You can now insert data into Excel from your clipboard, your iPhone with Continuity Camera, or from a file on your computer.  Excel will convert the image to a table and insert it into your sheet.

とあるので、PCに保存されているファイルでも問題なさそうなので、後日改めて確認してご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 16:25| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されて来ているプログラムは以下の通りです。

20200319-1-1.png
・Mcirosoft Excel 16.36.20031800
・Microsoft OneNote 16.36.20031800
・Microsoft Outlook 16.36.20031800
・Microsoft PowerPoint 16.36.20031800
・Microsoft Word 16.36.20031800

前回のUpdateで、更新に失敗していた Mircrosoft Outlook については、その後確認できないままに、今回の次の更新となってしまいましたので、現在のバージョンのところが、他のアプリより一つ古い状態です。

ただし今回は正常に検出されて、Update も進んでいるようです。

さてリリースノートについては、昨今のウィルスの事情もあるのでしょうか? 更新は滞っています。
情報が開示されましたら、都度ご紹介できるものについては、ご紹介させていただきます。

なお、正式版については、3/10にスケジュール通りに配信されており、こちらについては、以下のサイトで更新内容などもご確認いただけます。Ver.16.35 (Build 20030802) が正式版の最新バージョンになります。


ただし、USサイトのみで、日本語サイトは更新されておりません。

内容的には、Word、Excel、PowerPoint において、O365の法人向けの機能になりますが、Windows版ではちょっと前から対応しておりましたが、Mac 版でも今回の Update からは、秘密度の設定に対応するようになったようです。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

コロナウィルスの猛威は、まだまだ治る様子もなく、世界中で猛威を奮っておりますが、そんな中でも、更新プログラムはスケジュール通り?にきちんと配信されて来ております。

本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20200317-1.png
・Microsoft Excel 16.36.20031601
・Microsoft OneNote 16.36.20031601
・Microsoft Outlook 16.36.20031601
・Microsoft PowerPoint 16.36.20031601
・Microsoft Word 16.36.20031601

ここ最近、Microsoft AutoUpdate で更新を確認していると、どれといったことではなく、"確認エラー" となって、Update ができないケースが頻繁に発生している様です。ただし、これも数日後には、解消されているので、一時的なものだと思われます。"!" をクリックしてみると "Failed to verify file signature" と表示されますが、いずれにしてもユーザー側でできることはなさそうです。

20200317-1-2.png

"確認エラー" となって Update がうまくいかない場合には、1-2日などしばらく様子を見て、時間を開けて改めて、Updateを行なってみてください。 

さて今回の更新内容ですが、すっかりリリースノートなどの更新は、3月に入ってからは全く行われておりませんので、特にご紹介できる様なものはございませんでした。

状況的にはそれどころじゃない.... という現状なんでしょうね。

何か情報が更新されましたら随時、ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:24| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されて来ているプログラムは、以下の通りです。

20200312-1-1.png
・Microsoft Excel 16.36.20031007
・Microsoft OneNote 16.36.20031007
・Microsoft Outlook 16.36.20031007
・Microsoft PowerPoint 16.36.20031007
・Microsoft Word 16.36.20031007

今回の更新に関する情報は特にございません。
おそらく更新プログラムはスケジュールに従って随時配信されてくるんでしょうけど、リリースノートなどについては、昨今のウィルス騒動もあってなかなか手が回らないのかも知れませんね。

何か情報が更新されましたら、随時ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:31| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは次の通りです。

20200310-1-1.png

・Microsoft Excel 16.36.20030900
・Microsoft OneNote 16.36.20030900
・Microsoft Outlook 16.36.20030900
・Microsoft PowerPoint 16.36.20030900
・Microsoft Word 16.36.20030900

今回の配信についての情報は現時点では特に上がっているものはございませんでした。
情報が公開されました随時機会があれば新機能などについてはご紹介させて頂きます。

世界中を巻き込んだ、コロナウィルス(COVID-19)騒動。いつまで続くんでしょうね。Microsoft の Redmond 本社でも在宅勤務になっている様ですし、毎年開催されていた Global MVP Summit も今年は オンサイトでの開催は中止になり、オンラインでの開催になってしまいました。

ウィルスに感染されてしまった皆様には、早く無事回復されることをお祈りすることぐらいしかできませんが、同時にこの世界中を巻き込んだウィルス騒動、一日でも早く終息してくれることを願うばかりです。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 12:03| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200306-1-1.png
・Microsoft Excel 16.36.30502
・Microsoft OneNote 16.36.30502
・Microsoft Outlook 16.36.30502
・Microsoft PowerPoint 16.36.30502
・Microsoft Word 16.36.30502

またすでに更新済みではありますが、3月5日付で、

・Microsoft AutoUpdate 4.21.20030300

になっております。

なお今回の更新に関する情報は現時点では特に公開されているものはないようですので、順次機会があれば改めてご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ついうっかり自動更新で Update を行なってしまうため、なかなかターミナルを利用しての Update の流れって取り上げられないのですが、こちらについては機会があれば、是非取り上げてみたいと思っています。

さて本日も次の更新プログラムの配信がスタートしております。本日配信されているものは以下の通りです。

20200304-1-1.png
・Microsoft Excel 16.36.20030201
・Microsoft OneNote 16.36.20030201
・Microsoft Outlook 16.36.20030201
・Microsoft PowerPoint 16.36.20030201
・Microsoft Word 16.36.20030201

今回の Update に関する情報はございませんが、Excel については、前回までの更新に伴って追加された新しい機能が以下のところで紹介されております。


Ver.16.36 (20022600, 20022400, 20021908) までに追加された機能としてまとめて紹介されておりますが、ブックの統計情報 やブック内の内容の概要が簡単に確認できる機能が追加されております。

こちらについては、後日別途ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:20| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

前回の、Insider Fast の更新の際に、以前 Microsoft OneNote の時にもあった様な感じで、Microsoft Word のみエラーで更新ができておりませんでした。


ちょうどその後ご紹介した Microsoft AutoUpdate のフィードバック機能についての記事の中での画像がまさにその通りです。

20200227-1-2.jpg

その後数日を経てやっと更新ができる様になった様です。

2020001-1-1.png

Microsoft Word 16.36.2002600

更新内容については、その後もリリースノートなどではまだ情報が出ておりませんので、現時点では特にご紹介できるものがございません。

とりあえず今回については、Update できていなかった Wordの方も更新がかかって、他のアプリと同じバージョンになったということのみのご紹介になります。


posted by クリック at 14:25| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月28日

Microsoft AutoUpdate でのフィードバック送信

前回の Update からでしょうか? はっきりとはいえませんが、Microsoft AutoUpdate から、フィードバックが送信できる様になっていました。

20200227-1-2.jpg

診断データログや、アシスタント診断データログが確認できる様になって、ここ最近は、個別にフィードバックする際にはこのログを添付してフィードバックしておりましたが、ヘルプからも直接フィードバックが送信できる様になった様です。

20200227-1-3.jpg

ただし、上記の様なダイアログが表示されるだけで、フィードバックに、ログなどが添付されるかどうか?までは不明です。

ここ最近、この Microsoft AutoUpdate も少しずつ変わってきていますね。

Mac向けの Microsoft 製品が多くなってくると、当然 Update の起点ともなる Microsoft AutoUpdate というプログラムな訳なので、本体の不具合などもすぐにフィードバックできる様に.... ということなんでしょうね。

posted by クリック at 12:23| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200227-1-1.png
・Microsoft Excel 16.36.20022600
・Microsoft OneNote 16.36.20022600
・Microsoft Outlook 16.36.20022600
・Microsoft PowerPoint 16.36.20022600

現段階では、
Microsoft Word については、確認エラーになって、更新が落ちて来ない様です。後ほど一通り更新が終わってから、もう一度更新をかけて確認してみますが、おそらく、

・ Microsoft Word 16.36.20022600

がくるものと思われます。

今回の更新に関する情報は、現時点では特に公開されているものはありませんでしたので、後日機会があれば順次ご紹介させて頂きます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20200225-1.png 20200225-1-1.png
・Microsoft Excel 16.36.20022400
・Microsoft OneNote 16.36.20022400
・Microsoft Outlook 16.36.20022400
・Microsoft PowerPoint 16.36.20022400
・Microsoft Word 16.36.20022400

今回の更新についても情報は特にございませんが、2/20までの更新について、Outlookのリリースノートではまとめて紹介されております。こちらは日本語のサイトでも確認できますので、以下のリンクからご参照ください。


基本的には既知の問題の修正となっております。

さてコマンドラインによる Update がどんな感じになるのか? 自動更新を外して、手動にして確認してみたいな?と思いつつも、うっかりそのままで自動更新がスタートしてしまって、しまったぁ〜となっておりますが、機会があれば是非ご紹介したいと思います。
自動更新が有効になってたりすると、すでに更新がスタートしていますと表示されてしまって、今回の様に更新の進捗状況が見えたりするもの、滅多にはないことなんですけどね... 




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの提供がスタートしております。
今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200222-1-1.png
・Microsoft Excel 16.35.20021908
・Microsoft OneNote 16.35.20021908
・Microsoft Outlook 16.35.20021908
・Microosft PowerPoint 16.35.20021908
・Microsoft Word 16.35.20021908

今回の更新内容に関する情報は特にございませんでした。
何か情報が更新された場合には、機会があれば取り上げさせて頂きたいと思います。

ところで、Windows Defender といえば、 Windows 10 に標準搭載されているウィルス対策ソフトになりますが、一般ユーザー向けには、Windows Defender として展開されているソフトですが、法人向けに展開されている Microsoft Defender ATPというソフトがあります。Microsoft 365 E5以上などに搭載されるセキュリティソフトですが、昨年より一部で試験的に提供されていた macOS 向けの Defender ATP が正式に発表されました。


法人ユーザーの一部のクライアント向けの機能ではありますが、macOS以外にも、Android、iPhone、そしてLinux 向けとセキュリティ対策としての提供範囲が順次拡大しつつある様です。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日は、仕事の都合上、確認できたのが今の時間のため遅めのお知らせになりましたが、本日付で次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20200219-1-1.png

・Microsoft Excel 16.36.20021800
・Microsoft OneNote 16.36.20021800
・Microsoft Outlook 16.36.20021800
・Microsoft PowerPoint 16.36.20021800
・Microsoft Word 16.36.20021800

本日の更新内容に関する情報は、現時点ではございませんでした。リリースノートを確認する限りでは、前回の更新についての情報もない様です。

ところで本日の更新のチェックにあたって、前回ご紹介したターミナルを利用して更新した場合、実際どんな感じになるのか? 試してみました。

20200219-1-2−1.png 20200219-1-2-2.png
Microsoft AutoUpdate 自体の設定で、以下の画像にもある様に、自動更新になっていて自動的にインストールする設定になっていると、Mac を起動してすぐに Update のチェックに行ってしまって、上記の画像にある様に、Update がすでにスタートしている間は、"Daemon is busy...." となるだけで、結局 List も取得できない様です。そして、Update が終わると、"no updates available" となってしまいます。当然ですね....

20200219-1-3.png

結局、従来通り GUI で、Microsoft AutoUpdate を確認したら、すでに Update が走っていることがわかったので、そういうことか.... という結果になった訳ですが、自動更新が OFF になっていれば、リストを取得して、さらにコマンドで、インストールする... そんな流れになったんでしょうね。

Update は問題なく終わった訳ですが、次回また機会があれば、自動更新をオフにして確認してみたいと思います。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 20:28| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする