2021年03月05日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

前回の更新の際に抜けていた、OneNote の更新プログラムが到着しております。

20210305-1-1.png
・Microsoft OneNote 16.48.21022807

話題になった Excel の新しい関数 LAMBDA が、Mac 版の Beta Channel でも、Ver. 16.48.21022807 から順次利用できるようになっているようです。
この一つ前のバージョンだとまだ利用できない.... なんて声もあるようなので、お試しになる場合には最新バージョンに Update した上でお試しください。


またリリースノートも久しぶりに更新され、もっとも Outlook のみですが、2/24 までに更新された Ver.16.47 (21022001 & 21022404) までの更新について紹介されております。


話は戻りますが、先ほどご紹介した Excel の LAMBDA関数。これ自体は以下にもあるように、発表されたのは、昨年の12月。


話題の機能として注目されております。


ぜひご確認ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:47| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されて来ているプログラムは以下の通りです。

20210302-1-1.png
・Micrsoft Excel 16.48.21022807
・Microsoft Outlook 16.48.21022807
・Microsoft PowerPoint 16.48.21022807
・Microsoft Word 16.48.21022807

となっております。Ver.16.48 に突入ですね。ちなみに、OneNote には更新は到着しておりません。

今日は、Windows 版の、通常版、Insider版(Beta、CurrentChannel(Preview))ともに更新が来ているので、俄かに更新ラッシュな日でもあります。Windows 版の Office をご利用の方も、更新をお忘れなく。

Windows 版にしても、Mac 版にしても、今回の更新内容に関する情報は特にないようです。

機会がありましたら改めてご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:07| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20210226-1-1.png
・Microsoft Excel 16.47.21022404
・Microsoft OneNote 16.47.21022404
・Microsoft Outlook 16.47.21022404
・MIcrosoft PowerPoint 16.47.21022404
・Microsoft Word 16.47.21022404

Office Insider Blog を見ると、PowerPoint for Mac に、Presenter Coach の機能が、Beta Channel Version 16.47 (21021100)以降で利用が可能になることが紹介されていますが、こちらの機能については、Windows 版同様に、英語環境のみになりますので、日本語環境ではご利用いただけません。


もちろん今後は対応するでしょうから、日本語環境で利用できるようになるにはまだだいぶ先のような感じです。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:22| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。

本日配信されて来たプログラムは以下の通りです。

20210223-1-1.png
・Microsoft Excel 16.47.21022001
・Microsoft OneNote 16.47.21022001
・Microsoft Outlook 16.47.21022001
・Microsoft PowerPoint 16.47.21022001
・Microsoft Word 16.47.21022001

以上の通りですが、現時点で本日の更新に関する情報は特にございませんでした。

特にお知らせするようなものがないので、今回はちょっと Mac 版 Office 製品の更新状況について整理していきたいと思います。


-- 製品区分:

Windows / Mac に関わらず、現在展開されている Office 製品には、
  • Office Insider版
    Beta Channel/Insider Fast
    Current Channel(Preview)/Insider Slow
  • 通常盤(一般向け)
    Microsoft 365 最新チャンネル/Current Channel
    Office 2019 統合パッケージ版
    Word2019、Excel2019、PowerPoint2019など単体製品
が展開されています。Office 2016 については、2020 年 10 月 13 日にサポートが終了しているため省かせていただきます。


20210223-1-2.jpg 20210223-1-3.jpg
            
チャンネルの変更は通常、Microsoft AutoUpdate を開いて変更します。App Store でお求めになった製品で、App Store 経由でインストールされた Office 製品の場合には、更新は全て App Store 経由で配信されるため Office Insider への参加はできません。
参加方法など詳細は以前にも取り上げていますので、以下の記事をご参照ください。



-- 各製品の更新状況:

Office Insider
Beta Channel: 2021/2/23更新 Build 16.47.21022001
Current Channel(Preview): 2021/02/09更新 Build 16.46.21020701

一般向け  Microsoft 365/Office 2019 
通常盤: 2021/02/17更新 Build 16.46.21021202

現在提供されている Office 2019/Microsoft 365 の対応OSは、

macOS 10.14 Mojave
macOS 10.15 Catalina
macOS 11.0 BigSur

となっています。最新のOSを含む、2つ前のバージョンまでが対応OSとなります。

-- Office 2011 と Office 2016 について:

まだときどき、Office 2011 をご利用の方も見かけるので念のため触れておきますと、Office 2016 の最初までは、Office 製品は、32ビット版でのみ提供されていました。Office 2016 の途中から、64ビット版の提供が開始されています。つまり、Office 2011 までの製品には、32ビット版しかありません。

macOS 10.15 Catalina 以降は、macOS の仕様が変更になり、64ビット版のアプリしか動作せず、32ビット版のアプリが動作しなくなりました。すなわち、macOS 10.15 以降に Update すると、Update 前、仮に Office 2011 などがもともと入っていたとしても Update された段階で使用できなくなります。当然ですが、macOS10.15 以降の OS にもインストールできません。

また Office 2016 については、すでにサポート期限が終了しており、起動すると Update を促すメッセージが表示されます。これは、Microsoft 365 などへの Update を促すものですが、当然無料ではありません。別途購入する必要があります。

なお現在の最新 OS でもある、macOS 11.0 BigSur に正式に対応したのは、2020年11月にリリースされた Ver.16.43 以降になります。さらに、Apple Silicon M1 にネイティブ対応しているのは、2020年12月リリースされた、Ver. 16.44 以降となります。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

確認が遅くなったのですが、Mac 版 Office Insider Beta Channel 向けの新しい更新プログラムが到着しております。

本日配信されて来たプログラムは以下の通りです。

20210221-2-1.png
・Microsoft Excel 16.47.21021804
・Microsoft OneNote 16.47.21021804
・Microsoft Outlook 16.47.21021804
・Microsoft PowerPoint 16.47.21021804
・Microsoft Word 16.47.21021804

Office Insider のリリースノートを確認すると、2月19日付で更新されており、2月9日から11日までに配信されている Ver.16.47(21020801 & 21021100) について、Outlook のみですが情報が追加されております。

ところで、Mac ではないのですが、同じ Apple 製品ということで触れておくと、iOS 向けに提供されている Office のアプリについて、更新があります。


ただしこちらは、Office Insider 向けのものなので、Insider 向けの製品を導入する必要があります。iOS の場合には、TEST Flight をインストールする必要がありますので、ご注意ください。






Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

昨日確認できなかった分と、本日到着した分になります。

本日確認したところ、Microsoft AutoUpdate に更新がきておりましたが、それ以前に昨日 Office の方にも更新が来てたんですね。遅ればせながらご紹介します。

20210218-1-1.png 20210218-1-2.png
2月17日更新分:
・Microsoft Excel 16.47.21021600
・Microsoft OneNote 16.47.21021600
・Microsoft Outlook 16.47.21021600
・Microsoft PowerPoint 16.47.21021600
・Microsoft Word 16.47.21021600

2月18日更新分:
・Microsoft AutoUpdate 4.32.21021201

更新内容に関する情報は特にございませんでした。
今後情報がリリースされましたら改めてご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:11| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

なんでこんな時間に更新チェックするかな?と思いつつも、後ろ髪引かれる思いで起動してみると... 来てました。来たからには紹介しておかないと帰れない。

ということで、本日届いた更新プログラムです。

20210213-1.png
・Microsoft Excel 16.47.2102100
・Microsoft OneNote 16.47.2102100
・Microsoft Outlook 16.47.2102100
・Microsoft Word 16.47.2102100
・Microsoft PowerPoint 16.47.2102100

今回の更新に関する情報は特に現時点で公開されているものはございませんでした。
新機能や、既知の問題の修正など何か情報が公開されましたら、改めてご紹介させていただきます。

このところ、Mac版も、Windows版も、リリースノートを確認してみると、まとめて掲載されることが多くなっているようです。

Current Channel Preview、言い換えると、Insider Slow の更新履歴をみると、Mac 版でも先日 Windows 版で紹介しましたディクテーションの機能が更新されているようです。

Current Channel Preview をご利用の方もぜひ最新バージョンでご利用になってご確認ください。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 00:47| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

ちょっと時間が空いたような感じですが、次の更新プログラムが到着しております。

本日配信されて来ていたプログラムは以下の通りです。

20210211-1-1.png
・Microsoft Excel 16.47.21020801
・Microsoft OneNote 16.47.21020801
・Microsoft Outlook 16.47.21020801
・Microsoft PowerPoint 16.47.21020801
・Microsoft Word 16.47.21020801

なお、一昨日前になりますが、

・Microsoft AutoUpdate 4.32.21020700

もひっそりと更新されておりました。

さて更新内容ですが、最近はリリースノートも以下のような感じでまとめて掲載されることが多くなりました。

20210211-1-2.png

ただし現時点で公開されている情報は、2/9付で更新された内容で、2/2-3 にかけて配信されている Ver.16.47(21020100&21020300) での更新内容について紹介されております。

OutlookおよびExcelの新機能と修正内容になります。Excelにおいては、起動時にアドインが見つからないという予期せず表示されるエラーやシート名を変更する際にカーソルの位置が誤った場所に表示されるなどといったエラーが修正されたとあります。
詳細は、Office Insider のリリースノートをご参照ください。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:57| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月06日

BigSur における Office の環境設定ファイルの場所 Part 1

Office の各アプリの動きが悪い時や、Officeの完全アンインストールの際には削除が必要になってくる Office 各アプリの環境設定ファイル。

このファイルの場所、


上記サイトにもあるように、macOS10.15 Catalina まで従来であれば、ライブラリ>Containers というフォルダの直下にありました。
特に、
  • com.microsoft.Word.plist
  • com.microsoft.Excel.plist
  • com.microsoft.Powerpoint.plist
などのファイルは、アンインストールの時にもそうですが、アプリの調子が悪い時などに、これらのファイルを削除して再構築するというのは、真っ先に試したいトラブルシューティングの一つです。


【BigSurになってから場所が変わった】

さてこれらのファイル。ある時気が付いてみると、従来保存されていた場所 "ライブラリ>Containers" と開いても、ファイルがない。しかし、よくよく "ライブラリ" 内を検索してみると....

ありました。BigSur になってから、場所が変わったんですね。

20210206-1-1.jpg 20210206-1-2.jpg 20210206-1-3.jpg
20210206-1-4.jpg 20210206-1-5.jpg 20210206-1-6.jpg

例えば、com.microsoft.Word.plist の場合:

ライブラリ>Containers>Microsoft Word>Data>Library>Preferences

と開いたところにありました。

BigSur になって、Containersフォルダ内にアプリごとにフォルダが作成され、さらに Data>Library>Preferences と開かないとたどり着かないんですね。

早速いったん削除して、アプリを起動してみると、ちゃんと再構築されました。

Excelの場合: ライブラリ>Containers>Microsoft Excel>Data>Library>Preferences
PowerPointの場合: ライブラリ>Containers>Microsoft PowerPoint>Data>Library>Preferences

といった場所にあります。

Library の中の、"Application Script" フォルダ内にも同名のファイルがありますが、こちらはよくよく確認してみると "エイリアス" でした。

以前にもご紹介したことがありますが、アプリ自体を個別に再インストールする際には、こうした環境設定ファイルも一緒に削除する必要があります。

ところで、Mac版の Office については、アンインストールする場合、Windows版の様に、アンインストールツールのようなものはありません。なので、こうしたアプリ本体の他に、環境設定ファイルも削除する必要が出てくるわけですが、アプリが調子悪いので、環境設定ファイルをリセットする...というのと異なり、アンインストールして再インストールするとなると、さらに削除しないといけないファイルがあったりします。

Part 2 では、それ以外のファイルについて確認してみたいと思います。


<参照>




ソースネクスト

posted by クリック at 07:43| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月04日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

macOS のアップデートやら、Windows 版の Office Insider のアップデートなど、ここ数日は毎日のようにアップデート渋滞が続いておりますが、そんな最中、Mac 版 の Beta Channel にも更新が到着しております。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20210204-1-1.png
・Microsoft Excel 16.47.21020300
・Microsoft OneNote 16.47.21020300
・Microsoft Outlook 16.47.21020300
・Microsoft Word 16.47.21020300

現段階では、PowerPoint については確認できておりませんが、おそらくすぐに検出されるのでしょう。
その際には改めてご紹介いたします。

また今回の更新については、現時点では特の情報は上がっていないようでした。こちらについても、何か情報が公開されましたら随時ご紹介させていただきます。

【2021/02/05 更新】

その後、仕事に出てたのでUpdateは放置していたんですが、ちゃんと、PowerPoint にも更新プログラムは届いていたようです。

20210204-1-2.png
・Microsoft PowerPoint 16.47.21020300

無事、更新が完了しておりました。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 11:38| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

2月に入って最初の更新ってことになりますね。

本日到着している更新プログラムは、以下の通りです。

20210202-1-1.png
・Microsoft OneNote 16.47.21020100
・MIcrosoft Outlook 16.47.21020100
・Microsoft PowerPoint 16.47.21020100
・Microsoft Word 16.47.21020100

以上の4つです。現段階では、Excel はまだ届いておりません。

今回より、Ver. 16.47 に突入しました。

最近はぼちぼちリリースノートも更新され出した Office Insider の Webサイトですが、Outlook 以外の製品情報はまだまだでてこないので、Office Insider Blog やら、TechCommunity のブログなどチェックしつつ、新しい機能などがあれば随時ご紹介したいと思います。


【追加】

そして、Excel の更新プログラムも遅れてやって来ました。

20210202-1-2.png
・Microsoft Excel 16.47.21020100

とりあえずこれで、一応全てのバージョンが一緒になりました。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:16| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月28日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

Mac を起動して、Microsoft AutoUpdate を起動すると、Microsoft Edge と、Word 更新が来てたので、Word 以外は、このあと別にくるのかな?と思ってましたが、よくよく更新日をみると、他のアプリは既に更新済みでした。

20210128-1-2.png

ということで、本日到着した更新プログラムのご案内です。本日到着したプログラムは以下の通りです。

20210128-1-1.png
・Microsoft Excel 16.46.21012603
・Microsoft OneNote 16.46.21012603
・Microsoft Outlook 16.46.21012603
・Microsoft PowerPoint 16.46.21012603
・Microsoft Word 16.46.21012603

さてここに来て、リリースノートは、Outlookチームが頑張って情報を上げて来ました。

詳細は上記をご確認いただくとして、カレンダー関連の新機能などが紹介されております。1月25日までにリリースされた Ver.16.46 (21012403) までの修正内容や新機能が紹介されております。

Features you may have missed in iOS

 また Mac ではなく、iPhone や iPad といった iOS 向けの情報になりますが、日本時間で本日付(US時間1月27日付)にて、上記のようにブログが公開されております。

ちょっと興味深いのは、iOS 向けの PowerPoint において、"Presenter Coach" の機能が搭載されるという内容。もちろん Insider 向けになります。ただしこれは、2020年12月1日にリリースされた Ver. 2.44 (20112905) において追加されている機能のようです。

 ・Newest iOS Release Notes

ブログ、リリースノートのどちらにも対応言語など詳細はありませんが、デスクトップ版でもまだ対応言語が限られていることからすると英語など一部の言語にしか対応していないものと思われます。日本語対応はまだまだ先なんでしょうね。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:22| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

コロナの影響か、更新プログラムはスケジュールに従って配信されてくるのですが、その更新内容に関する情報はなかなか最新の情報が提供されない日々が続いております。

さてそんな状況ですが、次の更新プログラムの配信がスタートしております。本日配信されて来たプログラムは以下の通りです。

20210126-1-1.png
・Microsoft Excel 16.46.210112403
・Microsoft OneNote16.46.210112403
・Microsoft Outlook16.46.210112403
・Microsoft PowerPoint16.46.210112403
・Microsoft Word16.46.210112403

更新内容については、情報が公開された折には改めてご紹介させていただきます。ちょうど本日は、Windows 向けの Office Insider Current Channel(Perview) にも更新が到着しております。

こちらをご利用の方も更新を確認してみてください。

ところで、昨年末の Office Insider Blog に、"Microosft Editor" の機能が強化されたという以下のブログが投稿されておりました。


この機能は、現時点では Window 版の Word と Outlook に搭載されているものですが、ブログの中で、Mac 版向けにも提供の予定があるようです。ただし本日の更新の時点では、まだ Beta Channel にもないのでもう少し先なのかもしれませんね。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムが到着しております。

本日到着しているプログラムは、以下の通りです。

20210123-5-1.png
・Microsoft OneNote 16.46.21012005
・MIcrosoft Outlook 16.46.21012005

ご覧いただければお分かりのように、OneDrive にも更新が来てますね。

さて久しぶりに、Mac 版 Office Insider Channel のリリースノートが更新されております。


2020年11月19日から、12月18日までの更新について紹介されております。Ver.16.45 (20121703)での Excel および Outlook の一部の機能が紹介されております。

【追加】

上記のUpdate完了後、引き続き他の更新プログラムも到着いたしました。

20210124-5-2.png
・Microsoft Excel 16.46.21012005
・Microsoft PowerPoint 16.46.21012005
・Microsoft Word 16.46.21012005

ということで、一応全て更新プログラムが到着したことになります。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 21:59| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

本日は、Windows 版、Mac 版 ともに、Insider Beta Channel に更新プログラムが到着しております。

とりあえず本日到着した Mac 版については以下の通りです。

20200120-1-1.png

・Microsoft Excel 16.46.21011805
・Microsoft OneNote 16.46.21011805
・Microsoft Outlook 16.46.21011805
・Microsoft PowerPoint 16.46.21011805
・Microsoft Word 16.46.21011805

ブログやリリースノートでは、今回の更新に関する情報は特にございませんでした。

ちなみに、Windows 版 Office Insider Beta Channel については、本日のUpdateにて、

・Ver.2102(13714.20000)

に更新されておりますので、こちらをご利用の方も更新をお忘れなく。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:39| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月15日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

本日は、Microsoft AutoUpdate にも更新プログラムがきておりましたが、本日リリースされた更新プログラムは以下の通りです。

20210115-1-1.png
・Microsoft AutoUpdate 4.31.21011103
・Microsoft Excel 16.46.21011300
・Microsoft OneNote 16.46.21011300
・Microsoft Outlook 16.46.21011300
・Microsoft PowerPoint 16.46.21011300
・Microsoft Word 16.46.21011300

最初に、Microsoft AutoUpdate がスタート。その後再度、Microsoft AutoUpdate にて、更新を確認すると、Office の各アプリの更新がスタートいたしました。

Office Insider Blog や リリースノートが更新されていないので、特にご紹介できる内容はございません。更新内容などの情報が公開されましたら随時ご紹介させていただきます。


【追加】

Mac 向けの Office Insider でも、Current Channel(Preview) /Insider Slow については、以下の USの Microsoft Community にも上がってますが、1/6付で更新がリリースされているようです。

Ver.16.45.21010502

となっているようです。






Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:03| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月13日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

こんな時間になってしまいましたが、本日到着した更新プログラムのお知らせです。

本日到着している更新プログラムは以下の通りです。

20210113-1-1.png
・Microsoft Excel 16.46.21011100
・Microsoft OneNote16.46.21011100
・Microsoft Outlook16.46.21011100
・Microsoft PowerPoint16.46.21011100
・Microsoft Word16.46.21011100

リリースノートやブログなど、特に更新に関する情報は公開されているものはないようです。

機会があれば改めてご紹介させていただきます。

本日は、Windows Update の日。っていうことで、現在、うちでは Update ラッシュが続いております。Windows、そして Office、さらに ストアアプリと、更新するものだらけ。

まだまだ終わりそうにありません。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 20:13| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft Office 2019 / Microsoft 365 を使用するために必要な macOSのアップグレード

ここにきてちょくちょく Microsoft Community や お客さんから依頼もあって、いざ出張で現場に行くと遭遇するようになったのが、Office 2019 for mac や Microsoft 365 Personal を入れたくてもインストールできないというトラブル。

要因は、macOS が古いこと.... 


一応、あくまでも暫定的な回避策として上記の様にご紹介しましたが、あくまでもこれは暫定的な一時しのぎにすぎません。

ということで改めて、macOS のアップグレードも含めてご紹介させていただくことといたしました。


【Office2019/Microsoft365をインストールするには?】

Office2019/Microsoft365をインストールするには、当然ながら最低限 システム要件を満たしている必要があります。仮にこれに満たない場合にはサポートも対象外だし、動作に不具合があっても、それはサポート対象外となります。

20210112-1-1.png

-- 必要なシステム要件:

Office 2019 for mac も、Microsoft 365 も、必要なシステム要件は一緒です。スペックもさることながら、対応 OS のバージョンは特に大きな問題になります。

現在これらの製品のサポート対象OSは以下の通りです。
  • macOS 10.14 Mojave
  • macOS 10.15 Catalina
  • macOS 11.0 BigSur
macOS 11.0 BigSur がリリースされる前までは、macOS 10.13 HighSierra もサポートされていましたが、macOS 11.0 BigSur がリリースされたことで、macOS 10.13 HighSierra はサポート対象外になりました。


-- 現在 High Sierra 利用の人がインストールするには?:

macOS 自体を、バージョンアップする必要があります。少なくとも、macOS 10.14 Mojave 以上にしないとインストールできません。

そこで問題なのが macOS の場合には、機種によってアップグレードできる OS に限界があるということです。macOS 10.14 Mojave 以降にアップグレードするには、一つの目安ですが以下の mac が対象になります。

Mojave:
  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Air(Mid 2012以降)
  • MacBook Pro(Mid 2012以降)
  • Mac mini(Late 2012以降)
  • iMac(Late 2012以降)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Pro(推奨されるMetal対応グラフィックカードを搭載したLate 2013、Mid 2010、Mid 2012モデル)
Catalina:
  • MacBook(Early 2015以降)
  • MacBook Air(Mid 2012以降)
  • MacBook Pro(Mid 2012以降)
  • Mac mini(Late 2012以降)
  • iMac(Late 2012以降)
  • iMac Pro(2017)
  • Mac Pro(Late 2013以降)
** もっと詳細には、"macOS Catalina と互換性のあるコンピュータ" をご覧ください。

BigSur:
  • MacBook(2015以降)
  • MacBook Air(2013以降)
  • MacBook Pro(Late 2013以降)
  • Mac mini(2014以降)
  • iMac(2014以降)
  • iMac Pro(2017以降)
  • Mac Pro(2013以降)
上記からもご理解いただけると思いますが、よっぽど古くない限りは問題ないかと思います。


-- 現在の利用環境:

そしてさらに、そうした OS にアップグレードするには、現在のご利用環境も問題になります。

Mojave:
OS X 10.8以降
2GBのメモリ
12.5GB以上のハードドライブ空き容量が必要(OS X El Capitan 10.11.5以降)

Catalina:
OS X 10.9以降
4GBのメモリ
12.5GB以上のハードドライブ空き容量が必要(OS X El Capitan 10.11.5以降)

BigSur:
OS X 10.9以降
4GBのメモリ
35.5GB以上のハードドライブ空き容量が必要(macOS Sierra以降)

こうした要件を踏まえて、いざ OS のアップグレードということになります。


【以前の macOS をダウンロードする】

通常は、最新の OS へのアップグレードは、システム環境設定から、ソフトウェアアップデートにて行います。現在、BigSur が提供されていますので、BigSur がご利用可能な方は、そちらからアップデートが可能です。

ただし注意が必要なのは、macOS 10.15 から、macOS の仕様が大幅に変更され、macOS 10.15 以降は、64ビットアプリしか動作しなくなります。つまり何らかの事情で、32ビットアプリが導入されてたりすると、Catalina 以降になるとそれらのソフトが利用できなくなります。

そした場合、32ビットアプリが動作する最後のバージョンになる macOS 10.14 Mojave しか選択肢がなくなります。


--以前の macOS をダウンロードしてインストールする:

Mojave や Catalina といった、以前のバージョンの macOS については、以下のサイトよりダウンロードが可能です。

20210112-1-2.png 20210112-1-3.png


リンクをクリックすると AppStore が起動して、ダウンロードの画面になります。

20210112-1-4-1.png

こうして、macOS 10.14 Mojave 以降にアップグレードすれば、 Office 2019 for mac や Microsoft 365 といった製品のインストールが可能になります。


<参照>





CORNERS SPORTS AUTHORITY(コーナーズ スポーツオーソリティ) SPORTS AUTHORITY
posted by クリック at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月08日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

日本ではコロナ禍の渦中、東京・神奈川・千葉・埼玉に緊急事態宣言も発出、何かと慌ただしくなって来ましたが、USの方は、日本よりも深刻なんでしょうね。

さてそうした中も、スケジュール通りにリリースされる更新プログラム。本日、Mac 版の Beta Channel に届いた更新プログラムは以下の通りです。

20210108-1.png
・Microsoft Excel 16.46.2101060
・Microsoft OneNote 16.46.2101060
・Microsoft Outlook 16.46.2101060
・Microsoft PowerPoint 16.46.2101060
・Microsoft Word 16.46.2101060

世界中、コロナ禍の中で何とか回っているような状況ですので、なかなかブログやリリースノートが更新されるのは難しいのだと思われますが、何か情報が入りましたら随時ご紹介させていただきたいと思います。

ところで、Windows 版の Beta Channel にも更新プログラムが届いております。

・Ver.2102(13704.20000)

こちらをご利用の方もぜひご確認ください。


【追加】

更新が終わって改めて見てみると、今回の更新では、Microsoft AutoUpdateにも更新がきていて、バージョンが更新されたようです。

20210108-1-2.png
・Microsoft AutoUpdate 4.31.21010400





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

新年1回目の更新になりますが、本日は、Windows 版にも一部のものを除き更新が来ていますので、更新ラッシュとなっています。

とりあえず Mac 版 Office Insider Beta Channel について、本日到着しているプログラムは以下の通りです。

20210105-1.png
・Microsoft Excel 16.46.21010303
・Microsoft OneNote 16.46.21010303
・Microsoft Outlook 16.46.21010303
・Microsoft PowerPoint 16.46.21010303
・Microsoft Word 16.46.21010303

流石にこの時期だとまだブログやリリースノートは更新されていないので、更新に関する情報はございませんでした。更新内容などについて何か情報が入りました折には随時ご紹介させていただきます。

さて冒頭にも書きましたが、本日、US時間だと、1月4日(月)ということだからなのか? Windows 版にも更新が入って来ています。

Windows 版については、Microsoft 365 といっても、個人向けの製品と、法人向けの製品では、同じ Current Channel であってもバージョンの進み具合が多少異なっています。先月末までは、個人向けの Microsoft 365 Personal の Current Channel が、Current Dhannel(Preview)と同様にバージョンが進んで完了していました。

本日、Office Insider の方でも、Beta Channel/Current Channel(Preview) 向けに更新が到着しておりました。またMicrosoft 365 Apps for enterprise の Current Channel 向けにも更新が到着。Microsoft 365 Apps for enterprise が、Current Channel(Preview) の最新版とバージョンが一緒になり、Microsoft 365 Personal がちょっとバージョンが遅れた状態になっております。


【2021/1/5 17:00 更新】

先ほどになって、Windows 版 Microsoft 365 Personal(Current Channel) にも更新プログラムがやってきました。

これで、Microsoft 365 Apps for enterprise/Microsoft 365 PersonalCurrent Channel および、Office Insider Current Channel(Preview) ともに、Ver.2012(13530.20316) となりました。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月31日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

先日ので今年最後.... って思ってましたが、スケジュール配信とは言え、本日も更新プログラムがやって来ました。

本日更新されたプログラムは、以下の通りです。

20201231-1-1.png
・Microsoft Excel 16.46.20123000
・Microsoft OneNote 16.46.20123000
・Microsoft Outlook 16.46.20123000
・Microsoft PowerPoint 16.46.20123000
・Microsoft Word 16.46.20123000

今回は漏れもなく一回で全ての更新プログラムが到着しておりました。

当然ながらこんな時期ですので、更新内容について、リリースノートやBlogなどでは特に情報は公開されておりませんでした。
更新内容について、ご紹介できるような情報が公開されましたら、機会があれば随時ご紹介させていただきます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

2020年もあと3日。もう年内は更新プログラムなんてないんだろうな?と気を抜いてたりするとしっかり来たりするんですね。

ということで、おそらく本年最後の Mac 版 Office Insider Beta Channel の更新情報です。本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20201229-1.png
・Microsoft OneNote 16.46.20122802

前回までの更新が、Ver.16.45 でしたが、今回、OneNote のみですが、先行して Ver.16.46 になりました。Word、Excelなど他のアプリには更新がきていないので、おそらく他のものは来年なんでしょうね?

さらに、Windows 版の Office Insider 向けには、Beta Channel、Current Channel(Preview) ともに更新が到着しておりました。参考までに以下のようなバージョンになります。

Windows版 Office Insider :
Beta Channel Ver.2101(13624.20002)
Current Channel(Preview)  Ver.2101(13530.20264)

Windows 版の Office Insider 向けにも更新が届いているのでご利用の方はご確認ください。

さて流石にこんな時期なので、ブログなど今回の更新内容に関する情報は更新されておりませんでした。更新内容などについては、情報が公開されましたら随時ご紹介させていただきたいと思います。


【更新】

午前中に確認したときには、OneNoteだけでしたが、その後改めて確認したところ、残りの4製品にも更新プログラムが到着いたしました。

20201229-1-2.png
・Microsoft Excel 16.46.20122802
・Microsoft Outlook 16.46.20122802
・Microsoft PowerPoint 16.46.20122802
・Microsoft Word 16.46.20122802

これでとりあえず年内最後でしょう。OneNote だけ先行して更新されてたのでちょっと喉元に何か詰まっているような気分で年を越さないといけないのかな?と思ってたので、これでスッキリしました。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 12:29| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月27日

macOS 10.13 のユーザーが Office 2019 を使うには?

Mac 向けには、先日、 macOS 11.0 Big Sur がリリースされたことで、Microosft 365 や Office 2019 のサポート対象の macOS も変わってきました。

従来より、最新バージョンとその前の 2 つのバージョンまでがサポート対象ということでしたので、必然的に、macOS 11.0 Big Sur が正式にリリースされたので、逆にこれまでサポート対象だった、macOS 10.13 がサポート対象外となってしまいました。


実際のところ、すでにインストールの段階で macOS のバージョンがチェックされて、結果的にはインストールできないようです。


【Office製品の実際の対応OS】

一応、Microsoft 365 Personal についていえば、macOS 11.0 BigSur がリリースされて、さらには Apple Silicon 搭載の M1 の販売が始まって、BigSur については、Ver.16.44 にて対応いたしました。そしてこのバージョンから対応OSが変わりました。

Ver.16.43: macOS10.13(High Sierra)/10.14(Mojave)/10.15(Catalina)
Ver.16.44: macOS10.14(Mojave)/10.15(Catalina)/11.0(BigSur)

となりました。


【インストールするには?】

Microsoft 365 や、Office 2019 を使うのであれば、インストールするには、基本的には macOS を、macOS 10.14 Mojave 以降にアップグレードする必要があります。

もちろん mac が古いので、すぐに新しいmac も買えないし、OSの更新ができない...  まだまだそんなケースも多々あるかと思います。仮に、現在 macOS10.13 High Sierra をご利用で、今回の更新で、サポート対象外になってしまった....そんな場合には、通常のインストール方法では、Ver.16.44 がダウンロードされてインストールすることになるので、インストールできません。

そんな場合には、あくまでも一時的な回避手段として、Office for mac のリリース履歴のサイトにて、更新履歴を確認して Ver.16.43インストールパッケージを利用してインストールすれば、利用可能なようですので、こちらをお試しいただくことが可能です。

20201227-1-1.jpg  20201217-1-2.jpg

ただし、macOS10.13 上で、Ver.16.43 をご利用の場合にはもう更新プログラムの提供はされません。そうしたことを考えると、もうご使用の Mac は、買い替え時.... なのかもしれませんね。

Apple の場合には、macOS のサポート期限について公にはアナウンスはしてません。更新プログラムが提供されなくなったらサポート終了と考える必要があります。また最新OSにアップデートできなくなれば、そのデバイスは完全に切り捨てられたことになります。セキュリティ面でのリスクなども考えると、買い替えが必要な時期なわけですね。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 15:22| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月22日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

本日は、Office の更新ラッシュ。Mac 版のみならず、Windows 版にも更新プログラムが到着しております。Office Insider だけではなく、最新チャンネルでも Mcirosft 365 Personal よりちょっと更新が遅れていた Microsoft 365 Apps for enterprise の最新チャンネル向けにも更新プログラムが到着しております。

さてとりあえず Mac 版 の Beta Channel に届いた更新内容ですが、本日到着しているプログラムは以下の通りです。

20201222-1.png
・Microsoft Excel 16.45.20122006
・Microsoft OneNote 16.45.20122006
・Microsoft Outlook 16.45.20122006
・Microsoft PowerPoint 16.45.20122006
・Microsoft Word 16.45.20122006

今回は揃い踏みです。

さて更新内容ですが今回の更新に関する情報はありませんでしたが、久しぶりに Office Insider ブログが更新されて、11月19日から12月18日までに更新されたもの及び、 Ver. 16.45 (20121703) に関しての情報がアップされておりましたが、内容的には Outlook が中心のようです。

Outlookについては、新機能、既知の問題の修正、そして現時点で判明している既知の問題が紹介されております。Zoom や Webex のプラグイン向けの修正も入っているようです。詳細は以下をご覧ください。


参考までに新機能として追加されたものは以下のようなものです。

Outlook の新機能:

・IMAPのサポート:IMAPのアカウントが Mac 版の Outlook でサポートされたとのこと。ただしこの機能も順次適用範囲を広げていくようで、現段階ですべてのBetaChannelで利用できるものではないようです

・検索: 検索範囲セレクターを使用して、検索するフォルダーまたはメールボックスを選択し、上位の結果と削除されたアイテムを含めるか除外して、検索結果を絞り込みできるようになります

・カレンダー:macOS BigSurのカレンダーウィジェットをサポートするようになったようです


さて冒頭にも書きましたが、本日は Windows 版の Office Insider 向けにも更新が到着しておりますので、こちらをご利用の方も更新をおわすれなく。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

12月も中旬を過ぎ、巷は、クリスマス、そして年の瀬に一気に向かっていきます。今年は、残念ながら コロナ色 な訳ですが気分だけでも明るく生きたいものです。

さて、本日到着している更新プログラム。今回は珍しく Outlook がありませんでしたが、以下の通りです。

20201218-1-1.png
・Microsoft Excel 16.45.20121604
・Microsoft OneNote 16.45.20121604
・Microsoft PowerPoint 16.45.20121604
・Microsoft Word 16.45.20121604

といった4製品になります。

特に現時点で更新に関する情報はないようです。

Insider Blog を見ていると、Food Date とか、Astronomy Data など Excel 向けに様々なテンプレートが追加されていることが紹介はされているのですが、あいにく日本語環境で利用できるものではないので、こちらについてはここでもあえてご紹介しておりません。


18日付で公開された上記のテンプレートの紹介の中で、下の方に現在展開されているいくつかの Excel テンプレートへのリンクはあるようなので興味のある方はご覧になって見てください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 13:12| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

12月も半ば。2020年もあと半月となりました。
ということで、Beta Channel に新しいプログラムが到着しております。

本日到着しているプログラムは以下の通りです。

20201215-1-1.png
・Microsoft Excel 16.45.20121303
・Microsoft OneNote 16.45.20121303
・Microsoft Outlook 16.45.20121303
・Microsoft Word 16.45.20121303
・Microsoft PowerPoint 16.45.20121303

そしてさらに、

Microsoft AutoUpdate 4.30.20121301

と、Microsoft AutoUpdate の更新も到着しておりました。

現在のところでは、特に更新内容に関する情報はございませんでした。Insider Blog あたりをみちえると、新しい機能などが紹介されているケースもあるんですが、その対象が英語のみだったりするものが多く、残念ながらなかなか日本語環境でも利用できるような機能が紹介されることがありません。

もっともその中でも今後日本語にも展開されるであろうと思われる注目すべき機能があれば随時ご紹介させていただいているわけですが、なかなか難しいようです。


【キャッシュバックキャンペーン実施中】

ところで、12月に入ってから何度か取り上げておりますが、Microsoft 365 Personal のキャッシュバックキャンペーン。12/24までに、Microsoft 365 Personal をご購入いただいた方に、3,000円キャッシュバックされるというもの。

Mac ユーザーの方もぜひこの機会に、Microsoft 365 Personal をどうぞ!




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:57| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは、以下の通りです。

20201211-1-1.png
・Microsoft Excel 16.45.20120903
・Microsoft OneNote 16.45.20120903
・Microsoft Outlook 16.45.20120903
・Microsoft PowerPoint 16.45.20120903
・Microsoft Word 16.45.20120903

本日の更新に関する情報は、現時点では特にございませんでした。機会があれば随時ご紹介させていただきたいと思います。

ところで、Office Insider ブログやリリースノートでは、Windowsや、MacといったPC向けの情報だけではなく、AndroidやiOS といったモバイルデバイス向けの更新情報も紹介しています。

ちょうどブログでは、以下のような記事が紹介されております。モバイルデバイスで、Office Insider 製品をご利用の方は、ぜひご参照ください。


今日は、Windows Insider の Beta Channel 向けの更新が大変なことになってますので、このあとは更新ラッシュ...
Windows Insider 製品をご利用の方はぜひ更新をご確認ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:49| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月08日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今日は、Windows にしても、Mac にしても、Office Insider 向けの更新ラッシュとなっています。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20201208-1-1.png
・Microsoft Excel 16.45.20120702
・Microsoft OneNote 16.45.20120702
・Microsoft Outlook 16.45.20120702
・Microsoft PowerPoint 16.45.20120702
・Microsoft Word 16.45.20120702

またちょっとすっかり気がつかずにスルーしてしまいましたが、Microsoft AutoUpdate も、12月6日付で更新されておりました。

・MIcrosoft AutoUpdate  4.30.20120204

さて更新内容についてですが、リリースノートを見ると、12月5日付で久々に更新されており、こちらでは Ver.16.44 (20111807) についても更新情報が公開されております。

こちらでは、Excel および Outlook にて追加された新しい機能が紹介されております。

-- Excel:
新機能
・クイック起動ツールバーにマクロで割り当てあられているボタンが追加可能になりました
・数式ウォッチウィドウが追加されました

-- Outlook:
新機能
・カレンダー:共有カレンダーをサポート など
既知の問題の修正
・Google アカウントを設定している場合に、添付ファイルが表示されない不具合の修正 など

詳細は、Office insider サイトご参照ください。

冒頭にも書きましたが、本日は、Windows 向 Office Insider にも、Beta Channel、Current Channel(Preview) ともに到着しておりますので、Windows 版をご利用の方もぜひ更新プログラムをご確認ください。

ところで、現在、Microsoft 365 Personal では、Microsoft 主催で、キャッシュバックキャンペーンを展開しております。3.000円のキャッシュバックを受けられる更新にはもってこいのいいチャンスです。ぜひご活用ください。詳細は、以下の記事をご参照ください。


ぼちぼち次の更新日が近づいているな?という方は、今購入しても、プラスアルファで有効期限が伸びるだけです。お得なこの時期に更新しておくことをお勧めいたします。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 13:29| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

Mac 版 Office の対応OSと現在のリリース状況

先日、Mac 向けには、 macOS 11.0.1 Big Sur がリリースされ、さらには Apple Silicon 搭載の M1 Mac が登場するなど、かなりいろいろと忙しかった 2020年の秋。

Windows 10 も、Ver.20H2 October 2020 Update がリリースされたものの、すっかり Mac の方ばかりに目がいってしまいます。

さて macOS 11.0.1 Big Sur のリリースにより、これに関連して Microsoft 365 もサポート対象になるOSが変わりました。ここで改めて、mac 向け Office の 現行のサポートOSと、そのリリース状況を整理してみました。


【Microsoft 365 は、macOS10.13 High Sierra はサポート対象外】

すでにご存じの方も多いと思いますが、Microsoft 365 がサポートする対象 OS は、最新のものを含めて3つ前まで。つまり先日 Big Sur が正式にリリースされたので....
  • macOS10.14 Mojave
  • macOS10.15 Catalina
  • macOS11.0   Big Sur
の3つとなりました。

-- 現在リリースされている Office 製品:

現在、macOS 向けにリリース・サポートされている Microsoft Office 製品は以下の通りです。
  • Microsoft 365 
  • Microsoft Office 2019
現在リリースされている最新バージョンは、ともに Ver.16.43(20110804) となります。
但し注意が必要なのは、Office 2019。永続版にはサポート期限が設けられています。Office 2019 for Mac の製品のサポート期限は、2023年10月10日。Mac 版の場合には、Windows 版でいう延長ストリームがないため、サポート期間が短くなっています。

-- サポートが終了した製品:

Mac 向けの Office 製品で、以下の製品はサポートが終了しております。
  • Office 2011:2017年10月10日
  • Office 2016:2020年10月10日
ただし、Microsoft 365 Personal で、インストールするためにアクセスすると、現在の時点(2020/12/06)では今のところ、 macOS10.10/10.11 向けに、Office 2016 Ver.16.16.20101200 (2020年10月13日リリース)が提供されているようです。実際にダウンロードを始めるとこのバージョンのイメージファイルのダウンロードが始まります。

20201206-1-1.jpg 20201206-1-2.jpg 20201206-1-3.png

ただしこれはあくまでも現状提供されているにすぎないためいつ利用できなくなるか?は不明です。上記のようにインストールの画面になると、まだ "MacOS Sierra 10.13.6 以降が必要です" とあることから、表示自体もまだ古いままのようです。順次この画面も新しいものに変更されることでしょう。

※ インストールの画面については、"MacOS Sierra 10.12" "MacOS High Sierra 10.13" なので、表示の誤りのようです。


【macOS 向け Officeのバージョン】

--サポートが終了した製品:

Office 2016 バージョン16.16.27 (20101200)  2020年10月10日にサポートが終了

--現在サポート中の製品:

Office 2019/365 バージョン16.43(20110804)

この他、Office Insider 向けに、Beta Channel/Current Channel(Preview) といった形の製品もございます。詳細は、Office Insider のページをご確認ください。



<参照>




明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
posted by クリック at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今日もなんか? プチ更新ラッシュの日のようで、Office については、Windows 版の Beta Channel にも更新プログラムが到着しているようです。
とりあえずこのブログでは、Mac 版の Beta Channel についてのご案内です。本日到着している更新プログラムは以下の通りです。

20201203-1-1.png 20201203-1-2.png
・Microsoft Excel 16.45.20120106
・Microsoft OneNote 16.45.20120106
・Microsoft Outlook 16.45.20120106
・Microsoft PowerPoint 16.45.20120106
・Microsoft Word 16.45.20120106

Beta Channel は、今回から Ver.16.45 に突入いたしました。

冒頭にも書きましたが、本日は、Office の プチ更新ラッシュ。Windows 版、Mac 版 の Insider 向け、さらには法人向けの Microsoft 365 apps for enterprise の最新チャンネルにも更新プログラムが来ているようです。Microsoft 365 については、一般向けの Microsoft 365 Personal と、法人向けの Microsoft 365 apps for enterprise では、同じ最新チャンネルでも更新の進み具合が微妙に変わってくることがあるので、バージョン的にはばらつきがあります。

さらに言えば、Windows 版の場合、ストアアプリ版の更新が他のものに比べてちょっと遅れている感じになています。

さて本題の Mac 版 Office Insider Beta Channel の方に話を戻しましょう。今回の更新内容については、特に現時点では特に情報は上がっておりませんでした。
Office Insider ブログを見ると、2020年を振り返っての企画がスタートするようです。"#TopOfficeInsiderFeaturesOf2020" というハッシュタグをつけてツイートしてください... っていうことが取り上げられております。
ぜひやってみよう!という方は、"#TopOfficeInsiderFeaturesOf2020" をつけてツィートしてみてください。いくつかエントリー項目も紹介されています。

更新内容に関するものは、随時情報が更新されましたら、ご紹介していきたいと思います。

さてどれに投票しようか? やっぱり、Premium Contents かな??




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:57| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

前回は、Outlookのみ先行して Update が来て、他のものはいつ来るのか?と毎日のように確認しておりましたが、本日やっと到着したと思ったら、全ての製品向けに更新が到着しておりました。

本日到着した更新プログラムは以下の通りです。

20201201-1-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20112905
・Microsoft OneNote 16.44.20112905
・Microsoft Outlook 16.44.20112905
・Microsoft PowerPoint 16.44.20112905
・Microsoft Word 16.44.20112905

Outlook 以外の製品は一つ飛ばした形になっていますが、今回の Update で、また全て同一バージョンになりました。

本日は、Windows 版にも、最新チャンネル、Beta Channel などに更新プログラムが来ているので、Windows 版をご利用の方も更新をご確認ください。

更新内容については、現時点で公開されている情報はございませんでしたので、後日、機会があれば随時ご紹介させていただきます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 11:15| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

今日は、一度に来ないで小出しのようですが、まずは Outlook の更新プログラムから到着しておりました。

本日到着したプログラムは以下の通りです。

20201126-1-1.png
・Outlook 16.44.20112309

リリースノートも久々に更新されておりました。ただし、11月3日付にて更新された Ver.16.44 (20110306) における Outlook に関する情報のみでした。

-- Outlook Ver.16.44(20110306):

【新機能】

・S/MIMEが、再び利用可能になること
・Zoomプラグインがインストールされている場合、代わりにサポートされているZoomアドインを推奨するように警告します

【既知の問題の修正】

・Google アカウントを追加できなかった不具合の修正
・カレンダーにおけるイベントの表示の際、場所に表示されたリンクがクリックできない不具合を修正
など

既知の問題の修正についてはこの他複数紹介されておりますので、詳細は直接以下のリンクよりご確認ください。


現時点では、Outlook 以外の更新プログラムは検出されておりませんが、おそらく時間差で到着するもののと思われますが、それらについてはまた到着しましたら、ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 10:05| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

Mac 版の Beta Channel に次の更新プログラムが到着しております。今回は取り上げませんが、普段あまりない OneDrive アプリについても更新がきております。

さて本日到着した更新プログラムですが、以下の通りです。

20201124-10-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20112300
・Microsoft OneNote 16.44.20112300
・Microsoft Outlook 16.44.20112300
・Microsoft PowerPoint 16.44.20112300
・Microsoft Word 16.44.20112300

となっております。

リリースノートを確認するかぎりでは、特に今回の更新に関する情報はございませんでした。

先ほども、Premium Contentsにビデオが加わる件についてご紹介しましたが、最近はリリースノートよりもブログで新機能が紹介されるケースが多くなって来ているようです。本日も後ほど更新する予定ですが、PowerPoint for Mac についた新しい機能をご紹介させていただきます。

これ以外についても随時チェックしてご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:00| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

Microsoft 365 のシステム要件と macOS

このブログでも何度か?取り上げましたが、先日、macOS 11.0.1 Big Sur がリリースされました。さらには、Apple から、Apple Silicon が搭載された 新しい Mac が登場するなど話題が尽きません。

さて新たなOSが導入されると Microsoft 365 をはじめとする Office 製品がどう対応していくのか?という部分も気になるところですが、今回は、新たに投入された macOS 11.0.1 Big Sur のリリースによって変わる Microsoft 365 の動作仕様について改めてご紹介させていただきます。


【サポートされるのは、最新OSを含め3つまで】

20201120-1-3.jpg 20201120-1-2.jpg

従来より、Microsoft 365 でサポートされる OS の範囲は、最新OSを含めて3つ前までとなっています。
今回、Big Sur が正式にリリースされたことで、今後、Microsoft 365 が利用できるサポート対象OSは、
  • Mojave/10.14
  • Catalina/10.15
  • BigSur/11.0
となります。

これまで、サポート対象だった、High Sierra/10.13 はサポート対象外になります。


【更新プログラムの配信がされない】

20201120-2-1.jpg 20201120-2-2.jpg

"macOS をアップグレードして、Microsoft 365 および Office for Mac の更新プログラムを引き続き受信する" によると、例えば、サポート対象外となる、High Sierra で、引き続き Microsoft 365 を利用していた場合、動かないわけではありませんが、更新プログラムの提供が行われません。つまり不具合の修正や、新しい機能の提供というのがされなくなるわけです。

せっかく、常に最新の機能が利用できるはずの Microsoft 365 であるはずなのに、この恩恵を受けられなくなるわけですね。

Office 2019 についても、macOS 10.14 以降に更新しておかないと同様です。

*ちなみに、Office 2016 for mac については、2020年10月13日にサポートが終了いたしました。


【サポート対象CPU】

さて、"Microsoft 365 と Office のリソース" のところを見ていると、サポート対象の CPU が "Intelプロセッサ" になっていることがお分かりになるかと思います。

そうですね、Intel の CPU 搭載の Mac が対象というわけです。

-- Apple Silicon はどうなるのか?:

新たに投入された mac の CPU は、ARM。つまり、Intel ではないわけです。じゃぁ、Office製品は動かないのか?

実は、新しい mac では、"Rosetta2" による翻訳プロセスを経て、"Intelプロセッサ" 向けのアプリが動作するようになっています。さらに言うと、この作業は、macOS 11.0 Big Sur により自動的に行われますので、インストールについても普通にインストールすればいいだけです。

ただし初回起動時に、OS側で Apple Silicon 向けの最適化コードを生成するために起動に時間がかかるようですが、それ以降は問題ないようです。



<参照>




宛名職人


posted by クリック at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月20日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20201120-1-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20111807
・Microsoft OneNote 16.44.20111807
・Microsoft Outlook 16.44.20111807
・Microsoft PowerPoint 16.44.20111807
・Microsoft Word 16.44.20111807

リリースノートなどの情報が、このひと月更新されていないので、ご紹介できるような情報はございませんが、新機能など情報が公開された折には、随時ご紹介させていただきます。

macOS 11.0 Big Sur がリリースされ、Apple Silicon の新しい Mac の登場といろいろあるので、Microsoft 365 の対応情報などご紹介したいものもありますので、そうした情報は随時ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 09:57| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月17日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

macOS 11.0.1 になってからの初めての Office の更新です。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20201117-1-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20111502
・Microsoft OneNote 16.44.20111502
・Microsoft Outlook 16.44.20111502
・Microsoft PowerPoint 16.44.20111502
・Microsoft Word 16.44.20111502

特に今回の更新に関する情報は現時点では提供されているものはないようです。

Apple のコミュニティをのぞいていると、先日ご紹介した新しい macOS Big Sur 11.0.1 の更新に伴う不具合が多々あがっていたりしますが、自分が使っている範囲内では特別そうしたトラブルや不自由も見受けられません。

また Office 製品も Beta Channel を使っているためなのか? 特に利用していておかしいかな?と今のところ気がつくようなものは見受けられません。何か?ご紹介すべき不具合などが確認された場合には、随時ご紹介したいと思います。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:46| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

先日より、更新チャンネルの名称が変わったこともあって、リニューアルした、Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報。

本日は、Microsoft AutoUpdte の更新の後、Officeの各アプリの更新プログラムが到着しておりました。
本日配信されて来ていたプログラムは以下の通りです。

20201113-1-1.png 20201113-1-2.png
・Microsoft AutoUpdate 4.29.20110804
・Microsoft Excel 16.44.20111100
・Microsoft OneNote 16.44.20111100
・Microsoft Outlook 16.44.20111100
・Microsoft PowerPoint 16.44.20111100
・Microsoft Word 16.44.20111100

現時点では、今回の更新に関する情報は特にないようです。

ただし、Office Insider Blog には、Mac版 PowerPoint Ver.16.43 (Build 20110804)以降に搭載される "Reading View" について紹介されておりますので、こちらについては、後日改めてご紹介させていただきます。


気になる方は、取り急ぎ上記リンクをクリックしてご確認ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 00:51| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報

先日、更新チャンネルの名称が変更になりましたので、今回からタイトルも "Mac 版 Office Insider Beta Channel 更新情報" と変更させていただきました。Insider Fast が Beta Channel に変わったわけですが、"Office Insider" という部分をはずしてしまうと、わかりづらくなのでここは残すことにしました。

さて本日配信されている更新プログラムですが、以下の通りです。

20201110-1-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20110804
・Microsoft OneNote 16.44.20110804
・Microsoft Outlook 16.44.20110804
・Microsoft PowerPoint 16.44.20110804
・Microsoft Word 16.44.20110804

今回の更新についての情報は、現時点では特にございませんでした。

何かご紹介できるような更新があった場合には、機会があれば随時ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)




posted by クリック at 11:38| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。新しい macOS の配信がいつになるのか?気にながら、本日も更新プログラムの情報をお届けいたします。

本日配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20201106-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20110306
・Microsoft OneNote 16.44.20110306
・Microsoft Outlook 16.44.20110306
・Microsoft PowerPoint 16.44.20110306
・Microsoft Word 16.44.20110306

特に更新内容に関する情報は上がっておりませんでした。

前回ちょっと触れましたが、相変わらず公式にはアナウンスがされておりませんが、Mac 版 Office の更新チャンネルの名称が前回の Microsoft AutoUpdate の更新から変わっておりましたが、本日確認したところ、Office Insider の Web サイトでも、更新チャンネル名が変更になっておりました。

20201106-1-2.png

っていうことで、今後はこちらの更新チャンネル名が利用されることになるようです。

これ以外の更新内容については情報がアップされましたら、機会があれば随時ご紹介させていただきます。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 09:46| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

11月入って最初の更新プログラムです。今回は、10月31日に配信されて来た Microsoft AutoUpdate の更新プログラムの情報も併せてご紹介いたします。

本日配信されて来た更新プログラムは以下の通りです。

20201103-1-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20110103
・Microsoft OneNote 16.44.20110103
・Microsoft Outlook 16.44.20110103
・Microsoft PowerPoint 16.44.20110103
・Microsoft Word 16.44.20110103

今回の更新に関する情報は特にございませんでした。

さて今回の更新ではありませんがいくつかご紹介させていただきます。

1) Excel:

本日付で、Windows Insider Blog に紹介されていましたが、複数のシートやブックにまたがるデータをすぐにチェックできる "Watch Window" という機能が Excel for Mac に搭載されるようです。詳細は別途取り上げて見たいと思いますが、お急ぎの方は以下のブログをご参照ください。


2) Microsoft AutoUpdate:

10月31日付で、Microsoft AutoUpdate が更新されました。Ver.4.29.20102906 にUpdateされております。
さてこの Microsoft AutoUpdate メニューの一部が日本語化されていないなどのお見苦しいところがありましたが、フィードバックした甲斐があって、中途半端に残っていた英語部分がきちんと日本語化されました。

そして、さらに確認してみると、更新チャンネルの名称が Windows 版 と同じように変わっておりました。

20201103-1-2.png 20201103-1-3.png 20201103-1-4.jpg
Insider Fast  →  ベータチャンネル
Insider Slow → 最新チャンネル(プレビュー)
通常版 → 最新チャンネル

特にチャンネル名の変更については、ブログなどでも触れられておりませんが、今回のバージョンからチャンネル名が変わっておりますのでご注意ください。

これでチャンネル名は、Windows 版 Office と一緒ってことですね。そういう意味ではわかりやすくなりました。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:23| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨日お届けしたばかりですが、ちょっと期待していた Update とは別に、またまた Office 系アプリに更新が到着しております。

本日配信されて来ましたものは、以下の通りです。

20201029-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20102712
・Microsoft OneNote 16.44.20102712
・Microsoft Outlook 16.44.20102712
・Microsoft PowerPoint 16.44.20102712

単純に前回のバージョンの確認するのが遅かっただけなのか? 今回のバージョンが早いのか?はわかりませんが、いずれにせよ次が配信されて来ているということには変わりありませんが....。

更新内容については別途情報が公開されましたら、随時ご紹介したいと思います。


【追加】

20201029-1-2.png
遅れて、

Microsoft Word 16.44.20102712

もやってまいりました。一応これで全て揃ったことになります。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 10:44| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょっと間が空いた感じもありますが、1週間ぶりの更新プログラムです。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20201028-1.png
・Microsoft Excel 16.44.20102604
・Microsoft OneNote 16.44.20102604
・Microsoft Outlook 16.44.20102604
・Microsoft PowerPoint 16.44.20102604
・Microsoft Word 16.44.20102604

今回の更新プログラムから、ついにバージョンも、Ver.16.43 から Ver.16.44 となります。
今回の更新に関する情報はまだ現時点ではあがっておりませんので、機会があれば個別にご紹介させていただきます。

さて気にしている機能がいつになったら日本語版に搭載されるのかな?と心待ちにしている機能がいくつかあるんですが、その一つがとうとう利用できるようになったようです。

以前に、Mac 版の スライドの記録でも、発表者の画像が記録できるようになるといった記事をご紹介しました。


まずは Office Insider Fast Ring ユーザー向けに展開され始めたわけですが、すべての Insider Fast ユーザー向けに展開されるわけではなく徐々に利用範囲を広げていくといった形で展開されているため、うちの Mac ではまだ利用できませんでした。

20201028-1-2.jpg 20201028-1-3.jpg

この機能がついにやって来ました。スライドショーの記録をクリックすると、最初にカメラへのアクセス許可を求めて来ます。そしてスタートすると.... 

記録中のスライドショーの右に発表者の画像が表示されるようになりました。Windows 版では当たり前になっている機能ですが、ようやく Mac 版の PowerPoint にも搭載されたことになります。

現在は Insider Fast ユーザー向けに展開されている機能ですが、数ヶ月後には、通常版にも提供されると思われますので、通常版をご利用の方は今しばらくお待ちください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 11:14| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20201022-1-1.png
・Microsoft Excel 16.43.20102102
・Microsoft OneNote 16.43.20102102
・Microsoft Outlook 16.43.20102102
・Microsoft PowerPoint 16.43.20102102
・Microsoft Word 16.43.20102102

リリースノートではOutlook のみですが、10月15日に配信されている Ver.16.43(Build2010507) についての情報が本日付で公開されております。

新機能として、お気に入りにフォルダを追加するのと同じように特定のユーザーを追加して、その方からのメールがすぐにわかるように設定できるようになったようです。
その他に、幾つかの基地の問題の修正が入っています。詳細は、リリースノートをご参照ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:59| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

週明け一発目。今週の更新情報です。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20201020-1-1.png
・Microsoft Excel 16.43.20101901
・Microsoft OneNote 16.43.20101901
・Microsoft Outlook 16.43.20101901
・Microsoft PowerPoint 16.43.20101901
・Microsoft Word 16.43.20101901

今回の更新について、特に公開されている情報はございませんでした。新しい機能など今後随時ご紹介させていただきます。

ところで詳細は次回改めてご紹介させていただきますが、Mac 版 PowerPoint で、スライドショーの記録をした場合に、発表者の映像を取り入れることが可能になることが Office Insider Blog にて発表されました。

Windows版ではお馴染みの機能ですが、正式版に搭載されるのはまだまだちょっと先になりますが、楽しみな機能になりますね。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:31| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月17日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ここのところ結構なペースで更新プログラムが配信されて来ております。

本日到着しているプログラムは以下の通りです。

20201017-1.png
・Microsoft Excel 16.43.20101507
・Microsoft OneNote 16.43.20101507
・Microsoft Outlook 16.43.20101507
・Microsoft PowerPoint 16.43.20101507
・Microsoft Word 16.43.20101507

まずは、今回の更新に関する情報について。いつも通りではありますが、特に現段階で公開されている情報はございませんでした。
更新内容については、何か情報が公開された段階で随時ご紹介させていただきます。

さて今回はちょっと US時間 10月15日付で更新された Office Insider Blog をご紹介します。

20201017-2-1.png 20201017-2-2.png

ブログによると、Mac 版 PowerPoint についに "スライドショーの記録" に発表者の動画を記録する機能が搭載されるようです。Windows 版ではお馴染みの機能ですが、これまで Mac 版の PowerPoint にはついていなかった機能です。

Insider Fast Ring Ver.16.43 (20100803) 以降のバージョンに順次適用されていくようです。以前にもご紹介したように、制限されたロールアウトということですね。

なので、本日、うちの Insider Fast は、Ver.16.43(20101507) となっておりますが、現在のところまだ適用されていないようです。
適用されたら再度ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 21:47| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月15日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Microsoft AutoUpdate の更新が先日更新されたばかりなのに、また来ていて珍しいな?と思って更新を済ませたら、Office にも次の更新プログラガムが、どぉ〜んと入ってまいりました。

ということで本日の更新は2つに分かれての到着です。配信された更新プログラムは以下の通りです。

20201015-1-1.png 20201015-1-2.png
・Microsoft AutoUpdate 4.28.20101102
・Microsoft Excel 16.43.20101401
・Microsoft OneNote 16.43.20101401
・Microsoft Outlook 16.43.20101401
・Microsoft PowerPoint 16.43.20101401
・Microsoft Word 16.43.20101401

リリースノートを確認すると、10月8日付で配信されている Version 16.43 (20100803) における Outlook の更新内容のみ紹介されています。本日の更新内容や、前回までの更新内容に関する情報はございませんでした。

Microsoft AutoUpdate については、今回配信されている分の更新内容が紹介されておりました。


修正内容については、上記サイトをご確認ください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 23:57| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月13日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

macOS にしても、Windows にしても、秋の Update を控えて、いつくるか? いつくるか? ときがきでなりませんが、本日も、Office Insider に更新プログラムが到着しております。

本日配信されて来ているプログラムは以下の通りです。

20201012-1-1.png
・Microsoft Excel 16.43.20101201
・Microsoft OneNote 16.43.20101201
・Microsoft Outlook 16.43.20101201
・Microsoft PowerPoint 16.43.20101201
・Microsoft Word 16.43.20101201

Windows 版は頻繁に更新内容がリリースノートに Up されてるんですが、残念ながら Mac 版はなかなか情報として上がって来ません。そんな中で、Outlook Teamはマメに上げていただいているわけですが....

ということで、現在のところ今回の更新に関する情報は特にございませんでした。

ところで、先日ご紹介した Microsoft AutoUpdate ですが、実際のところああして更新されてもどこがどうかわったか?わかりずらいのですが、例えば、以下の画像にあるように、Dockに Microsoft AutoUpdate がいると、更新プログラムの数が表示されるようになったのは、2020年8月の更新から。

20201012-1-2.jpg

また自動更新をオフにしていても、1週間に一回は更新を起動するように変わっていたりと少しずつ変わって来ています。


また Microsoft AutoUpdate についても、上記のリリースノートのページからダウンロードが可能です。
こちらの情報もぜひ確認してみてください。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:17| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月10日

Microsoft AutoUpdate 更新情報

たまたま完全に日本語表記になりきれていない Microsoft AutoUpdate のローカライズに関するフィードバックをしようと起動したら更新プログラムが到着しておりましたので、ご紹介です。

本日到着した Microsoft AutoUpdate の更新プログラムは以下の通りです。

20201010-1-1.png
・Microsoft AutoUpdate 4.28.20100801

Microsoft AutoUpdate は、Mac上で Microsoft 製品の更新プログラムを管理するためのツール。Office 製品のみならず、Microsoft Edge や、OneDrive など他のプログラムの更新にも利用されています。

** 以前にもご紹介したことがありますが、App Store よりダウンロードされた、Microsoft 365 などの Office 製品は、Microsoft AutoUpdate では更新できませんのでご注意ください。
App Store より導入された Office 製品の更新については、AppStore のソフトウェアアップデートにて提供・更新されていきます。


リリースノートには、9月の更新までしか紹介されておりませんが、こちらのアプリも少しずつ機能が改善されつつあるので、是非最新状態でご使用ください。


<参照>




Go Toキャンペーン えきねっと びゅう国内ツアー


日帰り特集 びゅう

posted by クリック at 20:59| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

リリースノートはなかなか更新されませんが、更新プログラムはジャンジャン配信されて来ております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20201009-1-1.png
・Microsoft Excel 16.43.20100803
・Microsoft OneNote 16.43.20100803
・Microsoft Outlook 16.43.20100803
・Microsoft PowerPoint 16.43.20100803
・Microsoft Word 16.43.20100803

Ofiice Insider Blog の方ではいくつか情報も更新されておりましたが、特に更新内容に関する情報はないようです。

US時間 10月14日(日本時間 10月15日深夜)に Office Insider の AMA イベントが開催されるようなので、ちょっと確認したい点があったりしていますので、楽しみにしております。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:24| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月06日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょうど昨日、Mac 版 Outlook が、次期 macOS "Big Sur" に向けて着々と更新しつつあることをご案内したばかりですが、更新プログラムは引き続き到着しております。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20201006-1.png
・Microsoft Excel 16.43.20100501
・Microsoft OneNote 16.43.20100501
・Microsoft Outlook 16.43.20100501
・Microsoft PowerPoint 16.43.20100501
・Microsoft Word 16.43.20100501

前回ご紹介してませんが、Microsoft AutoUpdate についても、10月3日付で、Ver.4.28.20093001 に更新されております。

リリースノートや、Insider ブログなど、現時点では特に更新内容に関する情報はUpされておりませんでしたので、機会があれば随時ご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:06| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする