2024年04月19日

フォトアプリが、Microsoft Designer と連携

Windows のフォトアプリにまた新たな機能が追加されるようです。

20240419-1-1.jpg 20240419-1-2.jpg 20240419-1-3.jpg

US時間4月16日に公開された Windows Insider Blog によると、画像管理ツールとして Windows に標準搭載されている "フォト" アプリを利用して加工した素材を、簡単に "Microsoft Designer" に転送して、さらなる加工が容易になるように、"フォト" アプリのツールバーに、Microsoft Designer へのリンクボタンが付くようになります。


【"フォト" アプリとは?】

"フォト" アプリは、Windows 10 以降に搭載された画像管理ツールです。PC内の画像や OneDrive 上の画像はもとより、昨今では、iCloudフォトとも連携して、Apple ID でサインインしていれば、iCloud 上の写真も同期して管理できるようになりました。

また ClipChamp とはすでに連携できるようにツールバーにもボタンがありますので、静止画をベースに動画を作成するなんてことも手軽にできるようになっています。

Windows 10 の初期の段階で搭載されていた フォトアプリは、その後さらに進化して現在の "フォト" アプリになっていますが、当然ながらその機能的な部分では、Windows 11 のフォトアプリとも異なります。

20240419-2-4.jpg

さらに、Windows 10 の初期の段階で搭載されていたフォトアプリには、ビデオエディターという動画編集機能などもついており、こちらを利用されていた方も多いかと思いますが、このビデオエディターを含むフォトアプリには、現在も "フォトレガシー" として、Microsoft Store 経由で入手することも可能になっています。


【Microsoft Designer との連携】

さて今回テストがスタートしたのは、ツールバーに新たに "Microsoft Designer" のボタンが追加され、フォトアプリで背景を削除するなど加工した画像を Microsoft Designer に転送して、さらに見栄えのいい画像に加工できるようになりました。

20240419-2-1.jpg 20240419-2-2.jpg 20240419-2-3.jpg

-- 対象製品:

Windows 11 Canary & Dev Channel を実行しているユーザーで、
Ver.2024.11040.16001.0 またはそれ以降

-- 対象ユーザー:

米国、英国、オーストラリア、アイルランド、インド、ニュージーランド内のユーザーに向けて配信がスタート

注意)ということで、残念ながら 日本 ではまだ利用できません。


Windows 11 に搭載されている "フォト" アプリがさらに便利になる。まだ Windows Insider の一部の国、ユーザーへの展開がスタートしたばかりですが、早く日本でも利用できるようになってもらいたいもんですね。


<参照>



週末は、お得なセールを実施中の HP公式オンラインストアへ...
HP Directplus -HP公式オンラインストア-


びゅうトラベル(えきねっと JR東日本国内ツアー)
posted by クリック at 10:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月15日

メモ帳にスペルチェック機能が搭載! Part 2

以前に「メモ帳にスペルチェック機能が搭載!」をご紹介しましたが、その段階では、手元の Canary 版にはまだ反映されておりませんでしたので改めてご紹介させていただきます。

US時間3月21日に公開された Windows Blogs にて公開されたものが、以下のブログです。

20240322-1-1.jpg

さてその後すっかり取り上げる機会もなくおおよそひと月立ちつつありますが、すでに手元の Windows 11 Insider Canary Channel に搭載されている "メモ帳" では、この機能が有効になっておりました。

20240415-1-1.jpg 20240415-1-2.jpg 20240415-1-3.jpg

Windows 11 Canary Channel に搭載されているメモ帳のバージョンは、Ver.11.2402.22.0 となっております。今回のこの機能、Ver.11.2402.18.0 以降の Windows 11 Canary/Dev. Channel が対象でしたが、US時間 4/9 に、「Spellcheck in Notepad begins rolling out to Windows Insiders」が更新され、US時間 4/9 以降は、Windows 11 Insider Beta/Release Preview Channel にも展開されるようになったようです。Ver.11.2402.22.0 が対象です。

20240415-2-1.jpg 20240415-2-2.jpg

さて一応比較のため、現在の Windows 11 最新チャンネルに展開されているメモ帳を見てみると、現在は、Ver.11.2401.26.0 となっておりましたので、もうちょっと一般ユーザー向けに展開されるまでには時間がかかるんでしょうね。

さて Windows Insider 向けにはすべての Channel に向けてリリースされたので、あとは一般ユーザー向けへの展開をまつまでです。もうちょっとだけお待ちください。


<参照>




デル株式会社


VAIO STORE

お手軽に 千歳へ、広島へ!
SPRING JAPAN公式サイト

posted by クリック at 17:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月22日

メモ帳にスペルチェック機能が搭載!

"メモ帳" がさらに進化します!

一昨日公開された Windows Insider 向けの、Canary Channel と Dev Channel 向けの更新プログラムが提供され、さらに昨日Microsoft Store経由で更新されたプログラムの中、おなじみのテキストエディター "メモ帳" に、スペルチェック機能が搭載されたことが発表されました。


20240322-1-1.jpg

US時間、3月21日に公開された Windows Blogs にて公開されたものです。


【その概要】

ブログによれば、メモ帳に入力されたデータのミススペルを強調表示し、間違いを容易に特定し修正できるよう提案をする機能とのことです。さらに入力時、入力ミスを修正するオートコレクトも導入されるようです。

-- 対象製品: メモ帳 Ver.11.2402.18.0

スペルミスが見つかると自動的に赤の下線が引かれるようです。ミススペルの修正においては、単語を選択し、Shift + F10 などのショートカットキーを利用することで、候補が表示され、そこから選択が可能になります。

またこうしたスペルチェックは、既定では有効になっているようですが、ログファイルやコーディングなど利用するファイルの種類の応じてオン・オフの切り替えもできるようになっているようです。


【対象ユーザー】

ブログにもありますが、今回の新たな機能は昨日提供された Ver.11.2402.18.0 からのもので順次展開されていくようです。

--対象ユーザー: Windows Insider Canary Channel & Dev. Channel

手元の環境では、メモ帳自体は昨日更新されて該当バージョンになっていましたが、まだこの機能は利用できるようにはなっておりませんでした。

今後段階的に展開され、順次該当ユーザーとなる Windows Insider が利用できるようになってくるようです。なので現時点では、Canary Channel & Dev Channel に参加しているかといってもすべてのユーザーが利用できるようにはなっておりませんので、利用できるようになるまでお待ちください。

ちなみに、3/20付でリリースされた Canary Channel の更新内容については、「Announcing Windows 11 Insider Preview Build 26085 (Canary and Dev Channels) 」にてご確認ください。


【補足】

そうそう一つだけ補足しておきます。

今回のスペルチェック機能はありませんでしたが、なんとメモ帳内のデータを選択して右クリックして、"Copilot で説明する" とすると、該当の部分が Windows Copilot に送られて調べてくれる... そんな機能も搭載されておりました。

20240322-1-2.jpg

恐るべし、"メモ帳" 。今後の進化にも目が離せませんね。


<参照>



デル株式会社 デル株式会社


SPRING JAPAN公式サイト

posted by クリック at 11:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月10日

メモ帳も、Copilot と連携へ

Windows Insider 向けに提供されている Canary Channel および Dev Channel において、メモ帳とCopilot との連携という新たな機能が導入されました。

今回、
  1. Snipping Tool (version 11.2401.32.0)
  2. Notepad (version 11.2401.25.0)
の更新情報が公開されました。

1) Snipping Tool (version 11.2401.32.0):

20240211-1-1.jpg 20240211-1-2.jpg

Snipping Tool にてキャプチャーした画像を、Snipping Tool の画面上で今回追加された描画機能を利用して、楕円ツールで囲ったり、四角で囲ったりといった作業ができるようになりました。


2) Notepad (version 11.2401.25.0):

20240211-1-3.jpg 20240211-1-4.jpg 20240211-1-5.jpg

メモ帳も、Copilotと連携できるようになります。

メモ帳にて入力されたデータの内容を、素早く理解するための一つの手段として、Windows の Copilot にてその内容を確認するための機能 "Explain with Copilot" (“Copilot で説明”)が追加されました。

テキストを選択して、右クリック。"Explain with Copilot" をクリックすると、Copilot にデータを送ってもいいか確認してきますので、OKをクリックすると、右サイドに、Copilot for Windows が起動し、回答が表示されます。


Snipping Tool にしても、メモ帳にしても、Windows 11 のアプリは、さらに進化を続けるようです。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


おてごろなPCなら、HP Directplus -HP公式オンラインストア-
posted by クリック at 07:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月17日

フォトアプリでコピーができない

おそらくすべての環境ではないと思いますが、うちの手元のPCでも、一台だけそんな症状に遭遇したので、今回改善に至った方法も含めてご紹介いたします。


【フォトアプリでコピーができない】

フォトアプリから、画像を開いた際、画像の上で右クリックすると、"コピー" と言うメニューが表示されます。この "コピー" をクリックしても、画像がコピーされないことがありました。

今回発生していたPCでの操作手順は以下の通りです。

1) フォトアプリを起動し、画像を開きます

20231117-1-1-1.jpg

2) フォトアプリの画面には、クリップボードにコピーした旨のメッセージも表示されます

20231117-1-2-1.jpg

3) ただしこの段階で、Windows キー+V として、クリップボードの履歴を確認してみても画像がありません

20231117-1-3.jpg

4) 当然クリップボードには画像はないはずですが、ペイントに貼り付けようとすると、"貼り付け" は押せるので、押してみてもエラーになります

20231117-1-4.jpg


-- 検証環境:

Windows 11 Ver.23H2(ビルド 22631.2715)
フォトアプリ 2023.11110.6001.0

他の、Windows 10 Ver.22H2、Winodws 11 Ver.23H2、Windows 11 Insider Canary Channel などでも確認してみましたが、うちの環境ではたまたまこの一台だけ、こうした症状が発生していました。

ただし数日前に知り合いのPCで同様の症状を確認。この時は、結果どうにも改善できませんでした。


【対処法】

とりあえずこれが解決策になるとも思えませんが、この症状に遭遇して試したこと&改善に至った経緯をご紹介します。

-- 試したこと:

1)  クリップボードの履歴の ON/OFF

ペイントを開くと "貼り付け" が押せるということでしたので、なんらか?クリップボードが正しく機能していない可能性もあるかと思い、いったんクリップボードの履歴をオフにして、改めてオン → ただしこれでは改善せず

2) PCの再起動

PCを再起動してみる、また完全シャットダウンしてから、改めて起動してみる → やはり改善なし

3) クリップボードの履歴の動作を確認

他のアプリを開いて、そこでデータ(文字列や画像)をコピーしてみる → クリップボードの履歴にはきちんとデータが反映することを確認


-- 結果的に改善に至った対処法:

今回、うちの手元の環境では たまたま?一台で発生していたトラブルでしたが、以下の方法で改善に至りました。ただしすべての方の同様の症状がこれで改善に至るかどうかは確証はありません。あくまでも一つの方法として考えてください。

1) フォトレガシ も利用していたので、フォトレガシを起動し、同様に画像を開きます

2) 右クリックからコピーし、Windows キー + V としてクリップボードの履歴を確認。正しく反映していることを確認

3) 試しにペイントを開いて、"貼り付け" をクリックすると、ペイントにもきちんとデータは貼り付きました

4) その後改めて、フォトアプリを起動指導用に操作を実施すると、今度はきちんとクリップボードの履歴に反映されるようになったことを確認

5) その後は、PCを再起動しても、今回のような症状は発生しなくなりました。


【フォトアプリとフォトアプリレガシでの違い】

またこんな症状も確認しています。

1) フォトアプリを起動して、表示された画像の上で右クリックしてコピーします

20231117-2-1.jpg

2) その後、ピクチャーフォルダを開いて、右クリックするものの、"貼り付け" が押せません

20231117-2-2.jpg

3) ではコピーができていないのか?と思いしや、ペイントを開いて貼り付けをするときちんと貼り付けができました

20231117-2-3.jpg 20231117-2-4.jpg


同様のことを今度はフォトレガシにて確認してみました。

1) フォトアプリを起動し、先ほどと同様に画像の上で右クリックしてコピーします

20231117-2-5.jpg

2) ピクチャーフォルダを開いて右クリックから貼り付けをクリックすると、正しくファイルとして張り付きます

20231117-2-6.jpg 20231117-2-7.jpg


つまり、フォトアプリだとコピーされたものがエクスプローラー上では正しく反映されていないということですね。ペイントには貼り付けられるので、コピーは正しくできているわけです。

と言うことでこの症状自体は、フォトレガシで操作しても改善しませんので、フォトレガシで対応するか? フォトアプリではなく、エクスプローラーからファイルをコピーして貼り付けるという作業で代替するしかないようです。

また今回ご紹介したものは、Windows 11 上でのものですが、Windows 10 でも同様でした.... とりあえずはフィードバックして今後の改善を待つしかなさそうですね。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

posted by クリック at 12:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月05日

Windows 11 Ver.23H2 が来ない?

2023/11/1に、「Windows 11 23H2 リリース!」ということで、US時間だと、10/31に、Windows 11 Ver.23H2 がリリースされ、その配信がスタートしたことをご紹介いたしました。

もちろんすでに Update が完了しているよ?という方も多いかと思いますが、一方では、いくら更新をかけても、Ver.23H2 が Windows Update に表示されないよ?という方もいらっしゃるかと思います。うちの PC でも一台はすでに Windows Update で到着して、Ver.23H2 になっているものと、いくら更新をかけても Update ができないで、Ver.22H2 のままのものとあったりします。

これって、PCに何か問題があるんじゃないか?って思われる方もいらっしゃるようですが、これはこれで特に問題があるわけでもないかと思います。もちろん問題があって Update できていないというケースも、全くないわけでもないとは思いますが...


【更新プログラムは一斉配信ではない】

月例の Windows Update で配信される更新プログラムは、ほとんどの場合一斉配信です。しかし今回のような大型の更新プログラムなどはすべての該当ユーザーに一斉に配信されるものではありません。

20231104-2-1.jpg 20231104-2-2.jpg

How to get the Windows 11 2023 Update」 の中で、"How to get it" の中でも、" If we detect that your device may have an issue, such as an application incompatibility, we may put a safeguard hold in place and not offer the update until that issue is resolved. We will begin the auto-updating rollout process in the coming months and share more information on the Windows release health hub."(同サイトより引用)とあり、簡単にまとめると
  • アプリケーションの非互換性など、デバイスに問題がある可能性を検出した場合、セーフガードホールドを適用すること
  • そしてその問題が解決されるまでアップデートを提供しないこと
  • さらにこの Update は、今後数ヶ月のうちに自動アップデートの展開プロセスを開始すること
が説明されています。

急ぎでなければ、段階的に配信されてはいるので、もうしばらくお待ちいただくのがスムースな Update になるのかな?とも思います。


【すでに Windows 11 23H2 はダウンロード可能】

もちろん、そんなの待っていられないよ?という方もいらっしゃるかもしれませんが、そんな方は、Windows 11 Ver.23H2 を直接ダウンロードしてインストールすることも可能です。

20231104-2-3.jpg

すでに「Windows 11 をダウンロードする」のサイトでは、Ver.23H2 の配信に変わっていますので、こちらから直接ダウンロードしてインストールすることも可能です。

ただし Windows Update で提供されているものがイネーブルメントパッケージ(enablement package)として配信されるものに対して、直接ダウンロードする場合には、プログラムそのものをダウンロードして、インストールするので、かなり時間もかかりますのでご注意ください。

-- "イネーブルメントパッケージ(enablement package)" とは?

以前に、「Windows Update と イネーブルメント パッケージ」にてもご紹介しました。「KB5015684: 有効化パッケージを使用したWindows 10バージョン 22H2 の注目の更新プログラム」にもあるように、これを Ver.23H2 に置き換えて言えば、Ver.23H2 にて追加される機能は、これまでにも順次配信されていて、あとはこれを有効化するだけでいいような形で配信されてきています。そして Ver.23H2 というイネーブルメントパッケージを配信してこれにより有効化するという手法になっています。

なので、ダウンロードしていれるよりも、Update のほうが簡単に済んでしまうわけですね。

特別急ぐ必要がなければ、そのまま待っていても、23H2 はくるでしょうから、お待ちになってみてください。


【Windows 10 には、23H2 はあるの?】

さて、Windows 11 Ver.23H2 についてはいろんなところに情報がありますが、現在サポートが続いている Windows OS には、Windows 10 もあります。つい昨年の秋までは、Windows 10 も、Windows 11 同様に、Ver.22H2 がリリースされておりました。

であれば、Windows 10 にも、Ver.23H2 という大型の更新プログラムは来るものなのか?

答えは、
NO
です。

20231104-2-4.jpg 20231104-2-5.jpg

Windows 10 は、Ver.22H2 が最後のバージョンになります。あくまでも現時点ではということで、この先どうなるか?は不明ですが、そのブログ「Windows client roadmap update: April 2023」の中では、"As documented on theWindows 10 Enterprise and EducationandWindows 10 Home and Prolifecycle pages, Windows 10 will reach end of support on October 14, 2025. The current version, 22H2, will be the final version of Windows 10, and all editions will remain in support with monthly security update releases through that date. " とあり、
  • 2025年10月14日でサポート終了になること
  • 現在の Ver.22H2 が、最終バージョンになること
  • 毎月のセキュリティアップデートはサポート終了日まで提供されること
とあります。もちろん、Windows 10 のライフサイクルのページにも、最終バージョンとあるのでこれが変わることはないでしょう。

つまり、Windows 10 には今後セキュリティの更新プログラムは配信されますが、毎年秋(以前は、春と秋)に配信されていた大型の更新プログラムはありません。


【2022/11/08更新】

本来なら今日はWindows Updateの日....なわけですが、Windows10 や、Office には今朝の段階ではまだ更新プログラムは到着してませんでしたが、Windows 11 には、Ver.23H2 が来ていなかったもう一台にも、Ver.23H2 がとうとうやってきました。

20231108-1-1.jpg

まだ届いていないよ?という方のところにも、ぼちぼち届きだすんでしょうかね?


【2024/1/6更新】

ここ最近こちらの記事へのアクセスが多いので、ご紹介ですが、昨今の Copilot の展開状況について、以下のところで取り上げてみました。


詳細は、上記をご参照ください。上記でも触れてますが、Windows 11 Ver.23H2 で、まだ Copilot がない...という場合には、現在のアカウントがローカルアカウントではなく、Microsoft アカウントでサインインしているかどうか?確認してみてくさい。Copilot の利用には、Microsoft アカウントでのサインインが必須になります。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


posted by クリック at 13:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月01日

Windows 11 23H2 リリース!

US時間だと、この時間だとまだ 10月31日 な訳ですが、Windows 11 Ver.23H2 が正式にリリースされました。

20231101-2-1.jpg

機能的な内容については先月下旬から順次展開されてきているのですが、本日正式に、Windows 11 23H2 がリリースされたことになります。

20231101-2-2.jpg 20231101-2-3.jpg

当然ながら Windows 11 のダウンロードサイトも、Ver.23H2 に変わりました。

ブログの中では、まずは Microsoft Teams に触れ、コミュニケーションツールとしての Teams のリニューアルについて紹介、更新後はデフォルトでタスクバーに固定されるともあります。すでに Ver.22H2(22621.2506)の段階では、Teams ではりませんが、タスクバーには Teams のチャットツールもいますし、隠れているインジケーターを開いても、Microsoft Teams もいるので、このあたりはさほど大きな変化でもないのかもしれません。

20231101-2-4.jpg

もっとも、Micrososft Teams の TechCommunity Blogs では、「New Updates to Microsoft Teams (free) on Windows 11 and Communities」と題して、今回、Windows11 23H2 と同時に更新される Microsoft Teams について紹介されているので、詳細はこちらをご参照ください。

20231101-2-5.jpg

また、Windows 11のシステムコンポーネントは、"システム" ラベルが表示されますともありますが、おそらくこれは、すでに Windows 10 の最新バージョンだと、上記のように "システム" と言うラベルがついているのでこのことなんでしょうね。Windows 11 では、23H2 を適用する前の段階では特に表示はありません。

また今回の更新プログラムは順次提供されるとはありますが、"アプリケーションの非互換性など、お客様のデバイスに問題がある可能性が検出された場合は、セーフガードホールドを適用し、その問題が解決されるまでアップデートを提供しない場合があります" ともあり、Ver.23H2 が Update をかけても自動で提供されないこともあります。その場合には、今後「Windows のリリースの正常性」にて情報が提供されることになるようです。

とりあえず手元にある PC のうち、1台には到着。もう一台はいくら更新をかけても来ないようですが、まずは到着している方から Update をかけてみますか...


【更新】

そうそう、11月1日といえば、そうです Microsoft 365 Copilot が正式提供をスタートする日でもあります。

20231101-2-6.jpg



<参照>




デル株式会社 デル株式会社


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
posted by クリック at 10:49| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月04日

Windows 11 21H2 は、2023/10/10 でサポートが終了します

Winodws 11  Ver.21H2 のサポート終了日が近づいてきました。

20231004-1-1.jpg

Windows のライフサイクルとサービシングの更新情報」中でも触れられているように、以前までであれば、Windows 10 の場合には、年2回春と秋に、大きな更新プログラムが提供されていました。

Windows 11 がリリースされたのを機に、Windows 10 & Windows 11 共にこれが、年1回に変更になりました。

こうしてスタート、2021年10月4日にリリースされた Windows 11 21H2 ですが、「Windows 11 Home and Pro」にもあるように、2023年10月10日で、サポート終了を迎えます。

Windows 11 ならまだ大丈夫?と思って、Ver.22H2 にあげずにご利用の方も多いようなので、間際になると何かとバタバタしがちですから、今週中なるべく早めに Ver.22H2 にアップデートしておくことをおすすめいたします。

サポート終了まで1週間を切りました。くれぐれもご注意ください。ちなみに、まもなく Windows 11 向けには、Ver.23H2 の配信がスタートするわけですが、現在の最新バージョンになる Ver.22H2 のサポート期限は、2024年10月8日 となっています。

参考までに、Windows 10 の場合には、2023年6月13日 に Ver.21H2 のサポートは終了しております。

また「Windows 10 Home and Pro」(ライフサイクル)にもありますが、「Windows 10 は 2025 年 10 月 14 日にサポート終了となります。 現在のバージョンである 22H2 は Windows 10 の最終バージョンであり、すべてのエディションはその日まで毎月のセキュリティ更新プログラムのリリースで引き続きサポートされます」とあるように、Windows 10 の場合には、サポート終了まで、Windows 11 でいうところの Ver.23H2 のような大きな更新プログラムが提供されることはありません。


<参照>



デル株式会社


安心保証付き・パソコン工房の中古パソコン
posted by クリック at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月29日

Microsoft フォトに背景をぼかす機能が搭載! Part 2

続々と、新機能が使えるようになってきています。

今回はやはり以前に「Microsoft フォトに背景をぼかす機能が搭載!」としてご紹介した、フォトアプリ。

背景をぼかして、被写体をより協調させるようにするための機能です。ついにこの機能も、通常版に展開されました!

20230929-2-1.jpg 20230929-2-2.jpg 20230929-2-3.jpg

フォトアプリを起動して、編集画面にはいります。

背景のぼかしボタンをクリックすると... 上記の画像にもありますが、被写体以外のものをぼかすことが可能になります。

詳細な手順などは、「Microsoft フォトに背景をぼかす機能が搭載!」をご覧ください。

さて次はペインとかな?




安いものなら、3万円台で Windows 11 対応のPCがぞろぞろ...
パソコン工房のお得なキャンペーン

お買い得なPCは、HP 公式オンラインストアへ...
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
posted by クリック at 23:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月27日

10月の更新を控え Dリリースとなる KB5030310 の提供がスタート

本日、Windows 10 および Windows 11 向けに、Dリリースとして、非セキュリティの品質更新プログラムとなる "KB5030310" がリリースされました。

20230927-3-1.jpg

このプログラムは、以前から話題になっていたこの秋にリリースされる予定の 23H2 とは異なり、現在の 22H2 の追加更新として提供されているもの。

20230927-3-2.jpg

しかしインストール後起動してみると、タスクバーには、"Copilot in Windows" がついに登場。まだ "PRE" がついているプレビュー版ではありますが、とうとう、Copilot が Windows 11 に登場となりました。

今回の Update は、冒頭にも書きましたがDリリースとして提供されているもので、文字通り "プレビュー" 版です。慌てて適用する必要はなく、正式には、来月の Windows Update にて提供される予定のものですので、特別急ぐ必要のない方は、来月まで待っても問題ありません。

ちなみに今回の Update により、

Windows 11 Ver.22H2(ビルド22621.2283) → Ver.22H2(ビルド22621.2361)

に更新されたことになります。

20230927-3-3.jpg

ちなみに、本日 Windows 10 向けにも、"KB5030310" の提供はありますが、こちらには Copilot in Windows の提供はありません。


-- Windows 11 Ver.21H2 は 2023年10月10日にサポート終了!:

さて最後にもう一つだけ大事なお知らせです。Windows 11 Ver.21H2 のサポートが、2023年10月10日にサポート終了を迎えます。

普通に Updateされてご利用になっている場合には、すでにこのバージョンを使っているケースはほとんどないと思いますが、Windows 11 の動作仕様に満たないPCなどに強引にインストールしていたりするケースでは、Update がやってこなかったりしますのでご注意ください。

また Update できていなかったという方は、早急に Ver.22H2 にアップデートしておいてください。



【追加】

Windows Insider Program 参加者向けには、


と言った更新プログラムが到着しております。こちらは、Ver.23H2 です。Canary Channel などはもう大分前から Ver.23H2 だったわけですが、一番通常版に近い Release Preview Channel にもとうとう、Ver.23H2 が到着したことになります。


<参照>





デル株式会社


安心保証付き・パソコン工房の中古パソコン
posted by クリック at 11:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月22日

ペイントにさらにレイヤーの機能が搭載!

秋になってから、新機能のリリースラッシュが続いています。今回ご紹介するのは、「ペイント」。つい先日も、「ペイントに "背景の削除" 機能がついた」といったことで取り上げたばかりですが、9/19 に更新。

20230919-7-0.jpg


上記の、Windows Blogs にもありますが、新たに、レイヤー操作ができるようになりました。

20230919-7-1-1.jpg 20230919-7-1-2.jpg


-- 背景を切り取って合成する:

前回の時と同様にイルカくんのイラストで試してみました。

1) まず、ペイントに画像を読み込んで、背景を削除します

20230919-7-2-1.jpg 20230919-7-2-2.jpg

2) レイヤーウィンドウを開いて、新たにレイヤーを追加

20230919-7-2-3.jpg 20230919-7-2-4.jpg

3) ここに、いらすとやさんから温泉のイラストを取り込んで、ファイル>キャンパスにインポート>ファイルから として、新たなレイヤーに貼り付けます

20230919-7-2-5.jpg

4) レイヤーの順番を入れ替えて、イルカくんの画像を若干位置を調整します

20230919-7-2-6.jpg 20230919-7-2-7.jpg

5) あとはこれを、PNG として保存すると背景が透過された形の画像が完成いたします

20230919-7-2-8.jpg

ということで、ペイントに新たに搭載されたレイヤーの機能について確認してみました。

前回、「ペイントに "背景の削除" 機能がついた」をご紹介した時のペイントの画面と、今回の Update 後のペイントの画面を比較すると...

20230919-7-3-1.jpg 20230919-7-3-2.jpg

左がUpdate 前(Ver.11.2306.30.0)。そして今回 Update 後(Ver.Ver.Ver.11.2308.18.0)が、右になります。

ペイントもさらに進化したわけですね。


<参照>




デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール
posted by クリック at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月20日

Microsoft フォトに背景をぼかす機能が搭載!

昨日、「フォトアプリで背景をぼかせるように...」として、Windows Insider Canary Channel & Dev Channel 向けの「Microsoft フォト」に機能が搭載されることをお伝えいたしました。

20230915-2-1.jpg 20230915-2-2.jpg

Windows Insider Canary Channel & Dev Channelの更新プログラムが到着したのが、日本時間9月14日。しかし昨日までの段階では、Microsoft フォト(フォトアプリ)のバージョンはまだ、Ver.2023.11090.12017.0。しかも、フォトアプリも日本時間 9月14日付で更新されてこの状態でした。

この時にご紹介しようとしたフォトアプリに搭載される「背景のぼかし」機能は、Ver.2023.11090.13001.0 以降 と、この段階ではまだ対象外でした。

202300919-6-1-1.jpg 202300919-6-1-2.jpg

そして発表から遅れること5日。本日、Microsoft フォトの新たなバージョンがリリース。

Ver.2023.11090.14016.0

はれて、Update されて、"背景のぼかし" 機能が利用可能になりました。


【フォトアプリで、背景をぼかす】

では早速その捜査過程を確認してみましょう。

1) フォトアプリで、画像を選択し、編集モードに入ります。

20230919-6-2-1.jpg 202300919-6-2-2.jpg

2) "背景のぼかし" をクリックします

202300919-6-2-3.jpg

3) 一瞬自動的に背景のぼかしの範囲が自動で選択されますが、そのとツールの画面に移行

202300919-6-2-4.jpg 202300919-6-2-5.jpg

4) 今回利用した画像は比較的抽出しやすかったのか、ブラシツールで範囲選択をしなくても自動で抽出してくれました

202300919-6-2-6.jpg 

5) そして適用すると、被写体となるイルカ以外のところにうまくぼかしがかかりました

202300919-6-2-7.jpg

** 複雑な形状だったりする場合には、ブラシツールの大きさなどを調整して細かく範囲を設定していきます。

ということで、元画像と、ぼかしを利かせた画像は以下の通りです。

202300919-6-2-8.jpg 202300919-6-2-9.jpg

明らかに、イルカくんが、強調されるようになりましたね。

現在、Windows11 の通常バージョンは、Ver.22H2(22621.2283)。そして、フォトアプリのバージョンは、Ver.2023.11090.12017.0 の状態。少なくともフォトアプリのバージョン的には、次のアップデートぐらいでこの機能が適用されるのかもしれませんね。


posted by クリック at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月19日

「メモ帳」に新たに加わった "自動保存" の機能

今月の初めに「Snipping Tool と メモ帳がアップデート 〜 メモ帳 編」の中で、メモ帳に "自動保存" の機能が搭載されることをご紹介いたしました。

しかし残念ながらあの段階では、まだ利用できるような環境にはなっていなかったため、具体的にご紹介することもできませんでしたが、今回、Snipping Tool でキャプチャーした画像をテキストに貼り付けようとしたら自動保存のポップアップが表示。この機能が利用できるようになったことが確認できましたので、改めてのご紹介となりました。

前回の段階での状況は....

20230905-3-2.jpg  20230905-3-3.jpg

といった状況でした。そして今回改めてご紹介するメモ帳は...

20230917-2-1.jpg 20230917-2-2.jpg

ご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、

Ver.11.2307.22.0Ver.11.2307.25.0 とバージョンアップしてました。そして、新たに「メモ帳の起動時」というメニューが追加されております。

ここを開くと、
  1. 前のセッションからコンテンツを開く
  2. 新しいウィンドウを開く
が追加されていました。
つまりこれが自動保存と言われていた機能になるようです。デフォルトでは、「前のセッションからコンテンツを開く」が選択されていました。

ということからすると、「自動保存」というのは、自動的にファイルがドキュメントとして保存されるというというよりも、むしろメモ帳の起動時に、前回のセッションが復元されるということのようです。復元されるということですが、セッションの復元といっても、一回だけ復元されるというものでもないようで、前回のセッションが保存されているという感じのようです。

なのでファイルとして必要な場合には、やはりきちんと「名前を付けて保存」として保存する必要があります。

仮にこちらの設定を「新しいウィンドウを開く」とすれば、前回保存していなかったセッション情報は復元されないので、新たに開いたデータのみなわけですので従来通りな形ではあります。

20230917-2-3.jpg 20230917-2-4.jpg

しかし保存するか?しないか? メモ帳のアプリ本体の右上の閉じるボタンを押しても聞いてこないので、デフォルトの状態で、メモ帳を終了させると、次回 新規に起動した際にはタブがどんどん増えていくということになってしまいます。

それぞれのタブの閉じるボタンをクリックすれば、保存するかどうか聞いてきます。ファイル>名前を付けて保存 で保存してから各タブの閉じるボタンで終了すれば、次回起動時には「前のセッションからコンテンツを開く」が選択が選択されていても、きちんと新規の画面しか起動してこなくなるようです。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


パソコン工房のデジタルドラゴン中古パソコン・中古スマホ
posted by クリック at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月18日

フォトアプリで背景をぼかせるように...

先日、US時間9月13日。Windows Insider Canary Channel & Dev Channelにリリースされた新たな注目すべき機能2点ご紹介させていただいております。
  1. Snipping Tool:
  2. Windows Photo:
今回は、Windows 11搭載の "フォト" アプリの強化されたポイントをご紹介いたします。


【背景のぼかしなど機能が強化】

背景をぼかして、被写体を際立てさせる... そんなことが可能になります。

20230915-2-1.jpg 20230915-2-2.jpg

そしてそのぼかしの深度も調整が可能になっています。

  1. フォトアプリで、画像を開きます
  2. 編集モードに移動します
  3. 新たに追加された "背景のぼかし" を選択しレベルを調整します

この他にも、OneDrive 上に保存されている画像をキーワードで検索する機能や、サムソン や Google のデバイスでサポートされている Motion Photo もサポートされるようになります。


-- 対象製品:

"フォト" アプリ  Ver.2023.11090.13001.0 以降

20230917-1-1.jpg

今回確認した段階では、フォトアプリ自体は、9/14 に更新されていましたが、その時点でのバージョンが、Ver.2023.11090.12017.0 とまだ対象のバージョンにはなっておりませんでしたので、今回ご紹介した機能はまだ利用できません。

ブログの中でも順次ロールアウトしているので、まだ利用できない人は待つようにとありますので、もうしばらく待つ必要がありそうですね。新たに利用可能になった折には、その手順についてご紹介させていただきます。


今後、こうして新たに追加された機能、背景のぼかしや、検索、さらにはスライドショーでのタッチ操作もサポートされるようになるなど、フィードバックなども受て、この他にも機能が修正・追加されたのち、通常バージョンへの展開にいたることになります。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社

お手ごろな価格で、Windows 11 搭載 PC を Get !
安心保証付き・パソコン工房の中古パソコン

posted by クリック at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月17日

Snipping Tool が、テキスト抽出機能を搭載!

先日、US時間9月13日。Windows Insider Canary Channel & Dev Channelにリリースされた新たな注目すべき機能2点ご紹介させていただきます。
  1. Snipping Tool:
  2. Windows Photo:
さて今回は、"Snipping Too"l の強化されたポイントをご紹介いたします。


【Snipping Toolで画像からテキストを抽出】

今回、Windows Insider の Canary Channel & Dev Channel 向けにロールアウトがスタートしたのは、キャプチャしたスクリーンショットからテキストを検出。その画像からテキストを簡単にコピーし、他の人と共有したり、他のアプリケーションに貼り付けることができるようになるというものです。

20230915-1-1.jpg

ブログの中では、"Text Action"(テキストアクション) と称している機能ですが、利用方法は以下のような感じです。一例ですが、デスクトップに開いた、Windowsのバージョン情報の画面をキャプチャーしてみました。

1) Snipping Tool を起動します

20230916-1-1.jpg

2) "新規" をクリックしてキャプチャーしたい部分を範囲指定します。あるいは▼をクリックして "ウィンドウ" を選択し、バージョン情報の画面をクリックします

20230916-1-2.jpg 20230916-1-3.jpg

3) 選択された部分がキャプチャされたら、"テキストアクション" ボタンをクリックし、コピー可能な部分を表示させます

20230916-1-4.jpg 20230916-1-5.jpg 20230916-1-6.jpg

4) "すべてのテキストのコピー" などを使用してコピーして、メモ帳などに張り付けてテキストデータとして保存します

20230916-1-7.jpg

** Windows + Shift + S で表示された、ツールバーではこの機能は利用できないようです。Windows + Shift + S でキャプチャーした画像を、Snipping Tool で開きなおせば、今回の機能も利用できます。

"テキストアクション" を利用して、テキストを抽出したのち、"クイック再編集" をクリックすると、電話番号メールアドレスなどの情報が自動的に黒く塗りつぶされて非表示にすることもできます。

20230916-1-8.jpg 20230916-1-9.jpg

今回の画像には、電子メールアドレスも、電話番号もありませんでしたので、黒く塗りつぶされる部分はありませんでしたが、こうした情報があった場合には黒く塗りつぶされておりました。Windows Blog でも右の画像のように紹介されておりました。


-- 対象製品:

Snipping Tool Ver.11.2308.33.0 以降


【"スマートフォン連携" 機能によるリモートキャプチャ】

さてもう一つが、おなじみの "スマートフォン連携” のアプリによるリモートキャプチャ機能です。

20230916-2-1.jpg

スマートフォン連携は、PCとAndroidなどのスマートフォンを連携させることで、スマートフォンの写真を、PCから直接操作したりできるようになる便利な機能の一つです。

そんなスマートフォンとPC、両方のデバイスがPhone Link経由で接続されている場合、Androidデバイスで新しい写真がキャプチャされるたびに、PC上で通知を受信されるようになるといったものです。Web サイトにはそんなポップアップの画像がでてますね。

より簡単にこのお知らせを通じて新たな写真が追加されたことが確認できるようになるようです。


-- 対象製品:

スマートフォン連携:Ver.1.23082.123.0 以降


"Snipping Tool" についていえば、先日もブログでご紹介しましたが、統合されたツールバーが利用できるようになって、Windows + Shift + S でも、動画のキャプチャーができるようになりました。


今回、この記事を書いているときに、抽出したテキストをメモ帳に貼り付けようとしたら....「Snipping Tool と メモ帳がアップデート 〜 メモ帳 編」中で触れた、自動保存の機能が利用できるようになっていました。

こちらについてはまた別の機会にご紹介させていただきます。


<参照>



デル株式会社 デル株式会社

お手ごろな価格で、Windows 11 搭載 PC を Get !
安心保証付き・パソコン工房の中古パソコン

posted by クリック at 08:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月09日

ペイントに "背景の削除" 機能がついた

Winodws Insider 向けに本日、Canary Channel 向けに Ver.25947 がリリースされました。

20230908-2-1-1.jpg 20230908-2-1-2.jpg

もっともこちらは、いつも通りの更新なわけですが、同時に Windows Blog では、Windows ではおなじみの "ペイント" のアプリに新たな機能が付いたことが Windows Blog にて紹介されておりました。


【新たに !背景の削除! 機能が追加】

それがまさに "背景の削除" 機能になります。

20230908-2-2-1.jpg 20230908-2-2-2.jpg

Background Removal in Paint begins rolling out to Windows Insiders」と題したブログによれば、今回の更新にて、Canary Channel と Dev Channel 向けにリリースされたもので、ワンクリックで画像の背景を自動的に除去、被写体を滑らかに切り取ることができるようになるようです。

-- Windows 11 で UI なども変わった ペイント:

Windows 10 までと比べると、ご覧いただくと一目でわかるように "ペイント" というアプリは大きく UI も変わりました。

20230908-2-3-1.png 20230908-3-2.png 20230908-3-3.png

そして今回の Update にて Ver.11.2306.30.0 となって、今回ご紹介している "背景の削除" 機能が追加されたわけです。

20230908-3-4.jpg

実際に、イルカのフリー素材で試してみると...

20230908-4-1.png 20230908-4-2.png

ペイントに読み込んで、そのまま背景の削除をクリックすると、何と思った以上にきれいに削除してくれます。どこまでできるかは?画像によっても異なるでしょうけど、こうした新たな機能が追加されるってところは、わくわくするところですね。

現在は、Dev Channel と Canary Channel 向けのものなので、通常版に展開されるまでにはまだまだ時間はかかるかもしれませんが、楽しみにお待ちください。


<参照>




デル株式会社


パソコン工房のお得なキャンペーン


posted by クリック at 08:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月07日

Snipping Tool と メモ帳がアップデート 〜 メモ帳 編

さて前回は、「Snipping Tool と メモ帳がアップデート 〜 Snipping Tool 編」として、Snipping Tool についてご紹介しました。
今回はもう一つの変更点である "メモ帳" についてご紹介します。

20230905-2-1.jpg

前回同様に書きますが、今回追加された機能は、
  1. Snipping Tool
  2. メモ帳
の2製品にになります。


-- 対象製品:

Windows 11
Windows Insider Canary Channel & Dev Channel

ということは一緒です。


2) メモ帳(Ver.11.2307.22.0)

Windows 11 のメモ帳が大きく変わったのは先日もご紹介していますが「メモ帳のタブ表示機能が、Windows 11 通常版に展開!」にあるように、タブ表示機能が搭載されたことでしょう。現在は通常版でも利用できるようになっています。

20230905-3-1.jpg

さてそんなメモ帳ですが、今回新たにセッションの自動保存の機能が追加されているようです。ブログの中では、「With this update, Notepad will start automatically saving your session state allowing you to close Notepad without any interrupting dialogs and then pick up where you left off when you return.」(「New Updates for Snipping Tool and Notepad for Windows Insiders」より引用)とあり、今回のアップデートにより、メモ帳のセッション状態が自動的に保存されるようになって、ダイアログを中断することなくメモ帳を閉じることができ、また戻ったときに中断したセッションを再開することができるようになっるようです。

ただしこちらの機能については、すべての Canarry Channel/Dev Channel ユーザーに一気に展開されるわけではなく、製品チームでは、フィードバックなどを監視しつつ、今後どう展開するのかを検討していくようです。


【現在の Canary Channelで確認】

では、手元の Canary Channel の Windows 11 で確認してみましょう。

20230905-3-2.jpg 20230905-3-3.jpg

当然ながら、Windows 10 と違って、タブ表示ができるようになり、どのデータの保存についても、"すべて保存" なんていう項目がついていることは、これまでにもご紹介してきたとおりです。

一応手元の Canary Channel のメモ帳は、Ver.11.2307.22.0 と該当のバージョンにはなっていますが、この機能は利用できるようにはなっていませんでした。

なぜか?というと、そのブログの中では、「You can turn this feature off in app settings if you would prefer to have a fresh start every time you open Notepad.」とあるように、アプリの設定でこの機能をオフにできるようですが、現時点でその設定を確認する限りではまだないようです。
こちらについては、この機能が確認できた段階で再度この記事に追記して、ご紹介したいと思います。

Windows のおまけのアプリということで言えば、つい先日も WordPad が非推奨の機能になったことに触れました。

20230905-4-1.jpg 20230905-4-2.jpg

メモ帳以上、Word 未満 なアプリでもある WordPad がなくなってしまうのを憂う声もありますが、メモ帳がいろいろできるように機能が強化されたりすると、WordPad の存在って微妙な立ち位置になるんでしょうね。





デル株式会社


パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン

posted by クリック at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月06日

Snipping Tool と メモ帳がアップデート 〜 Snipping Tool 編

US 時間 8月31日に公開された Windows Blogs によると、Snipping Tool と メモ帳 に新たな機能が追加されたようです。

20230905-2-1.jpg

今回追加された機能は、
  1. Snipping Tool
  2. メモ帳
の2製品について。


-- 対象製品:

Windows 11
Windows Insider Canary Channel & Dev Channel

では具体的にその内容を確認してみましょう。


1) Snipping Tool(Ver.11.2307.44.0)

Snipping Tool は、Windows 10 でも利用可能な Windows に搭載された画面のキャプチャーツールです。ただし、Windows 11 向けの Snipping Tool には、録画機能などもあったりします。

20230905-2-2.jpg 

さて、ブログによれば、今回変わったところはどこなのか?

20230905-2-3.jpg 20230905-2-4.jpg

現在、最新版の Windows 11 Ver.22H2(22621.2215)で、Snipping Tool を呼び出すと左の画像のような画面が表示されます。
  • Windows キー + Shiftキー + "S"
  • Windows キー + Shiftキー + "R"
  • Print Screenキー
いずれの操作でも一緒です。

ちょっと前にも「スクリーンショットの撮り方が、Snipping Tool に統一される」でご紹介したように、設定を切り替えることは可能ですが、現在はデフォルトで Print Screen キーでも、Snipping Tool が起動するようになっています。

ただしこの操作では録画機能についてはありませんよね。録画機能が付いた Snipping Tool のツールバーを表示するには...

スタート>すべてのアプリ>Snipping Tool と起動したりしないと、その録画機能のついたツールバーは表示されません。

** ちなみに Windows キー + Shiftキー + "R" の利用は、Windows 10 では利用できません。

さてでは、手元の Canarry Channel の Windows 11 を見てみましょう。Windows Blogs にもありますが、US時間8月31日に更新されて「Announcing Windows 11 Insider Preview Build 25941 (Canary Channel) 」今回更新され、現在は、ビルド25941 となっています。

さてこの更新された Canary Channel で、上記に紹介したショートカットキーなどで、ツールを呼び出してみると、最初は現在既定のアプリとして決まったものがないためか?

20230905-2-5.jpg 20230905-2-6.jpg

こんな既定のアプリの選択画面が表示されました。ここで、"Snipping Tool" を選択すれば、今回追加された統合されたキャプチャーバーが表示されるようになります。"画面の領域の切り取り" を選択すれば従来の Snipping Tool のツールバーが表示されます。

この Snipping Tool のツールバーが統合されたキャプチャーバーです。スタート>すべてのアプリ>Snipping Tool とクリックなどして開く分には従来通りの Snipping Tool が表示されます。

どちらを既定値とするかは、設定>アプリ>既定のアプリ と開いて、"画面の領域の切り取り" のところから変更可能です。

既定のアプリを、"Snipping Tool" にしておけば、画面を静止画でキャプチャーするのか? 動画でキャプチャーするのか? が容易に切り替えられるようになります。

ちなみに、私は通常、画面のキャプチャーなどに以前にもご紹介したことがありますが "Snap Crab" なんていうツールを常駐させていたりしますが、こうしたツールを利用していたりすると Print Screen キー単独だとこの通りには機能しなくなります。こうしたツールにも ホットキー による操作の ON/OFF の設定があったりするので、ONになっていると、こちらのツールの方が、Windows 自身の既定の設定より優先されてしまうようですね。

さて "メモ帳" については、Part 2 にて。


<参照>




デル株式会社


パソコン工房のお得なキャンペーン

posted by クリック at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年08月11日

Windows の基本操作 Vol.2023-08-1  "メモ帳" で、開いているタブを全部保存

"メモ帳" といえば、古くからある Windows の定番アプリ。ご利用の方も多いかと思います。

20230810-2-0.jpg

さてそんな "メモ帳" ですが、Windows 10 までのものと Windows 11 ではだいぶ様相が変わってきました。
先日も Windows 11 の "メモ帳" で、ついに通常版で、タブ表示が可能になったことはすでにご紹介いたしました。

20230810-2-1.png


さてこの "メモ帳"、このタブ機能がついたことで、保存メニューもちょっと変わりました。

20230810-2-2.png

ファイルメニューをクリックすると "すべて保存" というメニューが確認できますね。

20230810-2-3.jpg

ちなみに、Windows 10 までのメモ帳は上記のような感じです。

タブ表示が可能になったんだから、当然といえば当然ですが、"すべて保存" とすれば一度ですべてのデータが保存できる... これは便利ですね。

ファイル>すべて保存

とすると、タブごとにテキストデータとして保存するためのダイアログが順次表示されます。

もちろん複数のタブを開いて作業中の場合、現在表示しているタブのみを保存するには、そのまま ファイル>名前を付けて保存 とすれば、該当のページのみを保存することができるようになります。

今後さらにどうなるか?わかりませんが、タブ表示の形を維持したまま、グループ化された1つのファイルとしても保存できたりすると便利かもしませんけど、そこまいくと軽いのが特徴のメモ帳らしさはなくなってしまうのかもしれませんね。


<参照>





デル株式会社


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

posted by クリック at 11:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月12日

Windows の基本操作 Vol.2023-07-2 スクリーンショットの撮り方 〜 Windows 11 編 

前回は、Windows 10 におけるスクリーンショットの取り方について確認してみました。


さて今回は、Windows 11 におけるスクリーンショットの取り方について確認してみます。基本的には、Windows 10 とほぼ一緒ですが、Windows 11 だからできることもあったりします。


【Print Screenキーによる方法】

従来からあるスクリーンショットの撮り方は、Windows 10 同様健在です。ただし、現在の Windows 11 では、Snipping Tool が起動してくるようになっています。
  • Print Screen
ただし、
  • Altキー + Print Screen
については、現在の最新版でもある Windows 10 Ver.22H2(ビルド22621.1992) では、デフォルトでは利用できなったようです。

それは以前に「スクリーンショットの撮り方が、Snipping Tool に統一される」でご紹介しましたが、Insider Build ではありませんが、すでにこの機能が実装されているようです。

Windows 10 では、この機能はデフォルトでは有効ではありませんが、Windows 11 では、すでにデフォルトで有効になっているようです。


-- 設定を解除する:

20230712-1-1.jpg

スタート>設定>アクセシビリティ>キーボード

と開くと、"Print Screenを使用して Snipping Toolを開く" がオンになっていますので、こちらをオフにすると、従来のような
  • Print Screen:画面全体をキャプチャー
  • Alt + Print Screen:選択したアクティブウィンドウのみをキャプチャー
が可能になります。

また、Windows 10 の時にもご紹介していますが、
  • Windows キー + Print Screen:画面全体をキャプチャー
  • Windows キー + Alt + Print Screen:選択したウィンドウをキャプチャー
とした場合には、キャプチャーした画像は、ピクチャーフォルダ内の "スクリーンショット" フォルダに保存されます。

20230712-2-3.jpg

Windows キー+Alt+Print Screen の場合には、上記のようなポップアップが表示されたのち、ビデオフォルダ内の "キャプチャ" フォルダ に保存されます。ちょっと保存される場所が異なるので注意が必要です。


【新たな機能としての "Snipping Tool"】

従来より、Snipping Tool をご利用の方にとってみれば、簡単に呼び出せるようになるので非常に便利です。ただし、よく見れば同じ Snipping Tool でもその機能に違いがあることもおわかりいただけるのではないでしょうか?

-- スタートメニューから Snipping Tool を起動した場合:

20230712-1-2.jpg 20230712-1-3.jpg

上記にあるようなツールバーが表示されます。ツールバーには動画の撮影機能もあります。


-- Print Screen キーで呼び出した Snipping Tool:

20230712-1-4.jpg

画面が暗くなって、Snipping Tool が起動し画面の範囲などを選択するツールが画面上部に表示されます。

つまりは、あくまでも画面キャプチャーのための機能としての Snipping Tool が起動してくるだけで、Snipping Tool を利用して動画として画面をキャプチャーしたい場合には、やはりスタートメニューからたどるなどして起動する必要があるわけです。

Windows 10 までの Snipping Tool にはこうした動画として記録する機能はないので、ゲームバー(Windowsキー+"G")などを利用する必要があるわけですが、Windows 11 の場合には、画面上の操作方法などを気軽の録画するツールとして、この Snipping Tool が利用できるわけですね。

以前にも、「Snipping Tool はなくなる予定」なんて取り上げたこともありましたが、Windows 10 の場合 「切り取りとスケッチ」何て言う機能が登場した際には、「Snipping Tool」 に変わって、この「切り取りとスケッチ」がデフォルトの画面キャプチャーツールになるよなんて?話もありましたが、結局のところ 「Snipping Tool」 に落ち着いた感じです。


【"クリップボードの履歴" はやはり有効にするべき】

Windows 10 の際にもご紹介した「クリップボードの履歴」。クリップボードを拡張して利用可能な機能は、Windows 11 でも当然ながら利用可能です。

20230712-2-1.jpg

これまで通常のクリップボードの場合には、1つしかメモリ上に保持できず、次のものがコピーされると、その前のものが自動的に削除されてしまいましたが、これを利用すれば、25個まで保持できるのと、ピン止めしておけば、頻繁に使用するものを保持することも可能になりますので、非常に便利な機能です。

-- クリップボードの履歴を有効にする:

20230712-2-2.jpg

通常は、Windows キー+ "V" で有効になります。
ただしこれでも機能しない場合には、

スタートボタン>設定>システム>クリップボード

と開くことで、有効・無効 の切り替えも可能です。


【2023/7/12 一部内容を追加修正】


<参照>




デル株式会社


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール


列車で行く花火大会

posted by クリック at 10:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月21日

Windows 11 Ver.22H2 の対応CPUリストが更新!

先月末になる5月24日、KB5026446 (ビルド 22621.1778) がリリースされました。

20230621-1-1.jpg 20230621-1-2.jpg

これは、 Windows 11 バージョン 22H2 用の Moment 3 機能更新プログラムとなるものでしたが、これを機に、Windows 11 の対応CPUリスト(Intel、AMD)も更新されました。US版は、5/25付で、日本語版は、5/29付で更新されています。

20230621-2-1.jpg 20230621-2-2.jpg

CPU自体も新しいものがどんどん登場しているので、こうしたリストも随時更新されていくもの。Intel 系だと第13世代のCPUなどが追加されています。

もっともこうしてリストが更新されても、通常古いCPUがサポート対象に新たに加わることはないで、その辺りは期待しないでください。

ちなみに 現在手元にある Windows Insider 版の Canary Channel のものは、すでに Ver.23H2 になっています。


<参照>




デル株式会社


パソコン工房のデジタルドラゴン中古パソコン・中古スマホ


posted by クリック at 10:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月20日

Windows の基本操作 Vol.2023-05-3 検索ボックス 〜 Windows 11 編

前回は、Windows 10 の「検索ボックス」について取り上げました。「Windows の基本操作 Vol.2023-05-2 検索ボックス 〜 Windows 10 編」。さて今回は Windows 11 編です。

20230509-1-1.jpg 20230509-1-2.jpg

日々進化・改善を続けている Windows の検索機能ですが、Windows 10 の場合と、似ているようで、より進化した Windows 11 の「検索ボックス」について取り上げます。


【検索ボックスの脇に表示されているイラスト】

では、Windows 10 の時と同様に、検索ボックスの中に表示されているイラストのところの説明から。"検索のハイライト" ですが、Windows 11 の場合にはちょっと設定方法が変わってきます。

1) 検索ボックスをクリックし、右上の【...】> 検索設定 と開きます

20230509-2-1.jpg

2) "プライバシーとセキュリティ" の "検索アクセス許可" ダイアログが表示されますので、画面を下にスクロールし、"その他の設定" のところにある "検索のハイライトを表示する" のところで、表示の オン/オフ を切り替えます

20230509-2-2.jpg


【検索ボックスの表示方法】

検索ボックスの表示方法も若干、Windows 10 の場合と異なります。

-- 表示方法の変更:

1) タスクバーを右クリックして、"タスクバーの設定" を開きます

20230509-2-3.jpg

2) "個人設定" の "タスクバー" のところが表示されますので、"タスクバー項目" にある "検索" のところから設定を変更することが可能です

20230509-2-4.jpg


-- 検索ボックスの表示メニュー:

設定方法によって以下のように表示方法が変わります。
  1. 非表示
  2. 検索アイコンのみ
  3. 検索アイコンとラベル
  4. 検索ボックス
1) 非表示:
文字通り "検索ボックス" をタスクバーから削除します

2) 検索アイコンのみ:
虫眼鏡のアイコンのみの表示になります。表示されたダイアログの上部に検索の文字が入力できるようになります

20230509-2-5.jpg

3) 検索アイコンとラベル:
検索ボックスをクリックすると、"検索ボックス" には虫眼鏡のアイコンの脇に "検索" と言うラベルがつきます。 クリックすると表示されたダイアログの上部に検索の文字が入力できるようになります

20230509-2-6.jpg

4) 検索ボックス:
検索ボックスに直接キーワードを入力できるようになります。また上部の、"ユーザー、ファイルなどを検索" のところにも文字入力が可能になっています

20230509-2-7.jpg

Windows 10 の時に比べると、"検索ボックス" の表示されるスタイルによって若干変わります。


【検索設定とオプション設定】

"検索ボックス" をクリックして開いて、右上の【...】をクリックすると表示されるメニューは、Windows 10 の場合と一緒です。

20230509-3-1.jpg

  1. 検索設定
  2. インデックスオプション
  3. フィードバック
といったメニューが表示されます。

1) 検索設定

こちらをクリックすると、"プライバシーとセキュリティ" の "検索アクセス許可" のダイアログが表示されます。

20230509-3-2.jpg 20230509-3-3.jpg

ここでは、
  • セーフサーチの設定 --- Web検査kの結果に成人向けの内容を表示するか表示しないか?などの設定
  • クラウドコンテンツの検索 ---Microsoft アカウントや、職場または学校のアカウントでサインインしているときにそれらのOneDrive や SharePoint などその他のサービスをコンテンツに含めるかどうか?の設定
  • 履歴 --- このデバイスでの検索履歴クリアしたり、Microsoft アカウントなどに紐づいているクラウドの検索履歴(別途、Microsoft アカウントの画面に移行します)、Bingの検索履歴の管理などが行えます
  • その他の設定 ---- 検索ハイライトの表示・非表示の切り替え

2) インデックスオプション

こちらをクリックすると "プライバシーとセキュリティ" の "Windows 検索" のダイアログボックスが表示されます。

20230509-3-4.jpg 20230509-3-5.jpg

Windows 検索:

ここでは、PCのコンテンツのインデックスを作成することで迅速に検索できるようにします。
  • インデックス作成の状態 --- 現在のインデックス作成状況を表示
  • ファイルを検索 --- クラシック、あるいは、拡張の選択をします。クラシックでは、"検索場所をカスタマイズする" のところから、検索場所の追加、削除が可能になっています
  • 拡張検索からフォルダを除外する --- 検索場所として除外するフォルダを追加します
  • 関連設定 --- 詳細インデックス設定、インデクサートラルブシューティングツールの起動などへのリンクがあります

ということで、前回の Windows 10 編につづいて、Windows 11 編として取り上げてみました。

検索の機能として、その肝ともなる インデックスの作成や変更などについては、また機会があれば取り上げてみたいと思います。検索機能を使っても、思うように検索ができない... そんな場合には、「Windows Search の問題を修正する」なども参考にしてみてください。




PCなら HP!
HP Directplus -HP公式オンラインストア-


パソコン工房のデジタルドラゴン中古パソコン・中古スマホ

posted by クリック at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月02日

iPhone に対応した「スマートフォン連携」の提供がスタート!

かつて「スマホ同期」として提供されていたスマホ連携機能となるストアアプリ。

この "スマホ同期" も、Android 搭載のスマートフォンであれば、そこそこ使えていたものの、残念ながら iPhone となると、「リンクの共有」のみしか利用できませんでした。

そしてその後 "スマホ同期" が、新たに「スマートフォン連携」にアップグレード。

しかし先日までは、この 「スマートフォン連携」では、Android のみにしか対応しておらず。iPhone については、全く利用できない状況が続いておりました。

20230428-5-0.jpg

そして先日、ついに iPhone にも対応し、Windows 11 をご利用の一般ユーザー向けへのリリースがスタートいたしました。

20230428-5-1.jpg 20230428-5-2.jpg

上記の画像は、
  • 左:Windows Insider Canary Channel
  • 右:Windows 11 Pro
の画面です。

Windows Insider 向けにはすでに以前より提供されていますので利用できるようになっていますが、一般向けのものについては、現状うちで確認する限りではまだ展開されていないようです。順次ってことなのでしょうけど、もっともここまでくれば、ほんとにもう間もなくなのでしょうね。

-- 以前の Windows Insider 向けの情報 より:

2023年2月28日に公開された Windows Blogs「Previewing Phone Link for iPhone users on Windows 11 with Windows Insiders」にありますが、この段階では、US版の Microsoft Community の「Phone Link app – iOS support」にもありますが、

-- 既知の問題点 --

メッセージ:
  • スマートフォン連携では、グループメッセージの作成・返信、メッセージ内のメディアの送受信には対応していません
  • スマートフォン連携がメッセージで新しい受信者からの最初のメッセージを受信しません
  • スマートフォン連携は、画像、GIF、メモ帳の送信には対応していません
  • iPhoneのメッセージの設定が、常に "プレビューを表示しない "に設定されている場合、スマートフォン連携はメッセージを表示できません
  • アプリの使用中にBluetoothセッションが切断された場合、Phone Linkはメッセージの会話履歴を表示しない

電話機能:
  • スマートフォン連携の使用中、Bluetoothヘッドセットがペアリングされて接続されている場合、通話音声をPCスピーカーにまわすことができません
  • iPhoneとPCをBluetoothで接続した状態で、電話機でVoIP通話に応答した場合、通話中のPCにスマートフォン連携が表示されます
  • スマートフォン連携は、ウィンドウを閉じた場合、進行中の通話も終了してしまいます

お知らせ:
  • スマートフォン連携でボイスメールの通知をフィードから解除することができません
  • アクションセンターの通知をオンにしている場合、Windowsアプリからの通知とPhone Linkからの通知が重複して表示される場合があります。

システム要件:
  • Windows 11を搭載し、Windows Insider Programに登録されているPC
  • iOS 14.0以降を搭載したiPhone端末で、カメラが動作すること
  • Microsoft Storeのスマートフォン連携アプリ バージョン1.23012.169.0以降
  • Windows 11搭載のPCはBluetoothが必須
という制約があったようです。


【今回展開がスタートした「スマートフォン連携」について】

さてでは、さっそく今回 US時間4月26日に公開された「Phone Link for iOS is now rolling out to all Windows 11 customers」を確認してみましょう!

20230428-5-0.jpg

冒頭、Windows 11 をご利用の iOS ユーザー向けに、世界 85 のマーケットをターゲットとして、39言語でこの機能の展開がスタートしたことが紹介されています。そして、5月中旬までには、すべてのユーザーが使用できるように、Windows 11のユーザーへ段階的なロールアウトを開始したとあります。

これまでであれば、Android 向けにしか提供できなかったサービスですが、このスマートフォン連携アプリにより、通話、メッセージ、連絡先へのアクセスについて、基本的なiOSサポートが提供されますとあります。

プレゼン中などで、スマホをしまっておかないといけないようなときでも、PCの画面上で通知を受け取ることが可能になりますとあります。


--注意事項として:

注意事項として以下のようなことが紹介されています。
  • Phone Link for iOSは、iOS 14以上のiPhone、Windows 11デバイス、Bluetooth接続、Phone Linkアプリの最新版が必要です。
  • iPad(iPadOS)または macOS ではご利用できません。デバイスの互換性は異なる場合があります。地域によって制限がある場合もあります。
  • メッセージング機能はiOSによって制限されます。
  • 画像・映像の共有やグループメッセージには対応していません。
  • メッセージはセッションベースであり、電話がPCに接続されているときのみ送信されます。

冒頭にも触れましたがリリースはスタートしています。順次展開されていきますので、今後の スマートフォン連携アプリの更新にご注目ください。

ちなみにこの機能は、Windows 10 向けにはリリースされません。Windows 10 の「スマートフォン連携」アプリでは、Android のみしか利用できません。


<参照>




安心保証付き・パソコン工房の中古パソコン


デル株式会社

posted by クリック at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月27日

Windows 11 向けの Windows Update に新たな機能が追加!

Windows 11 Ver.22H2 以降をご利用の方は、Windows Update の画面をご確認になって、すでに変わっているのにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、Windows Update に新たな機能が追加されました。

20230427-1-1.png 20230427-1-2.png

上記の画像は、Windows 11 上の Windows Update の画面です。
スタート > 設定 > Windows Update
と開いたところ。

ご覧いただくと一目瞭然ですが、"その他のオプション" のところに、「利用可能になったらすぐに最新の更新プログラムを入手する」と言う項目が追加されました。画像では "オン" にしてありますが、デフォルトでは "オフ" となっています。

こちらの設定、右の画像にもありますが、以前から、Windows Update の "詳細オプション" のところに、"その他の Microsoft 製品の更新プログラムを受け取る" と言った設定もありました、これとも異なるようです。

20230427-1-3.png 20230427-1-1.png

ちなみに、手元にあった Windows Insider Canary Channel の Windows Update の画面を見てみると、こちらは以前と同様。比べていただくと、その違いがおわかりいただけると思います。


【よりいち早く、そしてスムースに更新プログラムを提供】

Get Windows updates as soon as they're available for your device」と題した Web ページによれば、Windows 11 の新機能と拡張機能をより頻繁にリリースすることで、継続的なイノベーションを提供することを目的としているようです。

20230427-2-1.jpg 20230427-2-2.jpg

現在、Windows Update では、非セキュリティの更新プログラム、修正プログラム、改善プログラム、機能拡張を提供することで、さまざまなタイミングで新機能が追加されています。今回追加されたこの新しいアプローチにより、具体的にどんな感じなのかはあまり触れられていませんが、 "updates may be gradually rolled out to devices" とあるように、よりスムースに提供されるようになるのでしょうね。

一応、「What should I expect after turning the toggle on?」によれば「As with past updates, we respect your active hours. Changes enabled via the cloud take a couple seconds to install, so they won't interrupt your work or spend device resources. Restarting can be scheduled at any time that's convenient for you. 」とあり、あまり具体的なことはありませんが、ご利用のデバイスで利用できるようになった時点でスムースに、その適用が開始されるようになるようです。

セキュリティの更新プログラムは順次自動的に適用されているわけですが、これは以前と変わりありません。これに加えて如何に速やかに非セキュリティの更新プログラムなどを各デバイスに提供できるか?

今回はこうしたものへのアプローチの一つになるようです。


【更新】

今回これが加わったのは、"KB5025305" によるものでした。

20230427-3-1.jpg 20230427-3-2.jpg 20230427-3-3.jpg


この更新プログラムは、CリリースとかDリリースと呼ばれる月末に配信されるオプションの更新プログラムです。事前にプレビューとして提供されているものなので、自動でインストールはされません。これを適用しない限りは、今回ご紹介した設定にはなりません。

また今回の更新プログラムには既知の問題も確認されているものがあります。
  • Windows 11 でプロビジョニング パッケージを使用すると、バージョン 22H2 (Windows 11 2022 Update とも呼ばれます) が期待どおりに機能しない可能性がある
  • Windows 11、バージョン 22H2 では、サイズの大きな複数ギガバイト (GB) ファイルのコピーが完了するまでに予想以上に時間がかかる場合がある
うちの場合には特に問題ありませんが、Windows 11 Ver.22H2 の既知の問題については以下のサイトもご参照ください。



【2023/04/28更新】

ちなみに今回の更新プログラムは以下のような感じで表示されます。

20230427-3-4.jpg


<参照>



デル株式会社


HP Directplus -HP公式オンラインストア-

posted by クリック at 10:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月26日

スクリーンショットの撮り方が、Snipping Tool に統一される

Windows Insider 向けに提供されている Build 22624.1546 から、スクリーンショットの撮り方が、Snipping Tool に統一されるようになりました。

20230421-2-1.jpg 20230421-2-2.jpg

画面のスクリーンショットを取る方法として、手元の Windows 10 Ver.22H2 を見てみると現在は、
  • Print screen キーを使う
  • "切り取りとスケッチ" を使う
  • "Snipping Tool" を使う
といった方法があります。この中でも、Print Screen キーを利用した方法って昔からある方法ですから、使い慣れている方も多いのかもしれませんね。

-- Print Screen キー:
  • Print Screenキーのみ -- 画面すべてをキャプチャー
  • Altキー + Print Screenキー -- 指定した画面のみをキャプチャー
といった使い方になります。ただし画面キャプチャー用のアプリなどが導入されていた場合にはこの限りではありません。


【"Build 25346" で確認してみた】

ということで、手元にある Canary Channel Build 25346 で確認してみました。
  • Print Screenキーのみ -- Snipping Tool が起動
  • Altキー + Print Screenキー -- 無反応(キャプチャーもできない)
という状況でした。デフォルトの設定ではすでに、Snipping Tool が起動してきました。

-- 設定変更は可能:

Announcing Windows 11 Insider Preview Build 22621.1546 and 22624.1546」の中でも紹介されていますが、一応この設定は変更もできるようになっています。

20230421-2-3.jpg
  1. スタート > 設定 > アクセシビリティ > キーボード と開きます
  2. "Print Screen キーを使用して Snipping Tool を開く" をオフに変更します
こうすることで、従来通りの Print Screen キーでの操作は可能になります。


【実は設定変更も可能になっている】

あまりこの "アクセシビリティ" の設定って見ることはありませんでしたが、実は "Print Screen" キーを押した時に "画面領域切り取りを開く" という設定自体は、すでに Windows 10、Windows 11 ともにあったりします。ただしデフォルトでは、オフになっています。

-- Windows 10(Ver.22H2):

20230421-2-5.jpg

スタート > 設定 > 簡単操作 > キーボード
と開くと、"プリント スクリーンのショートカット" という項目がありますので、"PrtScnボタンを使用して画面領域切り取りを開く" を "オン" にします。

-- Windows 11(Ver.22H2):

20230421-2-4.jpg

スタート > 設定 > アクセシビリティ > キーボード
と開くと、"プリント スクリーンのショートカット" という項目がありますので、"PrtScnボタンを使用して画面領域切り取りを開く" を "オン" にします。


-- ここを有効にすると?:

設定変更した場合、PC自体の再起動が必要になるようですが、Windows 10 Ver.22H2、Windows 11 Ver.22H2 の両方で確認する限りでは、この設定により、Snipping Tool が起動してきます。

【Snipping Tool で動画として録画をしたい】

ちょっと前にも「Snipping Tool の録画機能が通常バージョンにて使えるようになりました」にてご紹介しましたが、Windows 11 の Snipping Tool には、動画でのキャプチャー機能もあります。

20230421-2-6.jpg 20230421-2-7.jpg

ただし、Print Screen キーで呼び出せるのは、あくまでも画面のキャプチャー機能(静止画)だけになりますので、"動画" として録画する場合には単独で Snipping Tool を起動する必要があります。

20230421-2-8.jpg

ちなみに上記画像にもあるように、Windows 10 の Snipping Tool には動画として記録する機能はありません。ただし Print Screen で呼び出せるキャプチャーの機能自体は、Windows 11 と同じのものになります。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


パソコン工房のデジタルドラゴン中古パソコン・中古スマホ


出張ビジネスパック びゅう
posted by クリック at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月21日

Windows 10 と Windows 11 で異なる ”ファイル履歴"

今更ですが、改めて調べてみると、その機能がちょこっとだけ違ってたので備忘録として取り上げてみました。

"ファイル履歴" と言えば、Windows 8 以降に提供されるようになった Windows のファイルバックアップ機能になります。Windows 7 までだとこうした機能がなかったので各ファイルの履歴などは "シャドーコピー" なんて機能を利用してファイル履歴をたどったりしてました。

さてそんな "ファイル履歴"。Windows 10 までのその機能と、Windows 11 からの機能では、その使い勝手や機能も異なっています。実際に、私も現在 Windows 10 の方ではファイル履歴を利用してバックアップを取っていますが、検証が中心の Windows 11 の方の PC では使ってなかったので、遅ればせながら改めて確認してみました。


【Windows 10のファイル履歴】

まずは、Windows 10 のファイル履歴から振り返りながら見ていきましょう。

20230410-3-1.jpg 20230410-3-2.jpg

通常は、
  • スタートボタン > 設定 > 更新とセキュリティ > バックアップ と開きます
  • "バックアップ" という項目の中に、"ファイル履歴を使用してバックアップ" というメニューが表示されます

その他のオプション」をクリックすると、「バックアップオプション」というダイアログが表示され、
  • 概要(現在のバックアップ状況、どんなタイミングでとるか?という時間、容量はどこまで使用するのか?)
  • バックアップ対象のフォルダ(フォルダーの追加)
  • 除外するフォルダー(フォルダーの追加)
  • 別のドライブにバックアップ
といった設定が可能になっています。

適切なバックアップオプションを選択してください」というところに、"バックアップオプションの詳細" というリンクがあります。こちらをクリックすると、「Windows 10 のバックアップ ソリューションを選択する」のWebページが表示されます。

ここでは、Windows 10 でバックアップする場合、クラウド上なのか? ローカル環境(企業などであれば オンプレミス/on-premises)上になるのか? について、その違いが紹介されています。

Windows 10 でも、サブスクリプションなどをお持ちであれば、OneDrive の同期機能を利用して、クラウド上にデータをバックアップすることも可能です。


【Windows11 のファイル履歴】

Windows 11 の場合には、Windows バックアップという機能があります。

20230410-3-3.jpg

スタート>設定>アカウント>Windowsバックアップ

とクリックすると表示されます。ただし画像でもおわかりいただけるように、ここでいうバックアップの場合、ユーザーデータは、OneDrive を利用してクラウド上にバックアップすることになります。

サブスクリプションなどをご契約済みで、OneDrive の容量のある程度確保されていて、常にネットワーク環境が有効な場合には問題ありませんが、無料の Microsoft アカウントしかない(5Gbしか容量がない)、ネットワーク環境が常に有効にできないような場合には、バックアップ場所としては選択できなくなります。

しかしWindows 11 でも "ファイル履歴" の機能はあります。ただしデフォルトではオフになっています。まずはその設定変更から行う必要があります。

20230410-3-4.jpg 20230410-3-5.jpg

そして、Windows 10 までのように除外するフォルダの追加はできますが、バックアップ対象のフォルダを追加することができません。
  • 検索に "con" と入れると "コントロールパネル" が表示されますので、"コントロールパネル" を開きます。
  • "システムとセキュリティ" にある "ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存" をクリック します。
** ちなみに、Windows10 でもこの方法で表示されますが、この方法で指定した場合には、ここの画面からではバックアップ対象のフォルダの追加はできません

また、「[Windows 11] ファイル履歴を使用してバックアップする方法を教えてください」(富士通)にもありますが、ファイル履歴でのバックアップにあたっては、その対象となるフォルダや、注意事項などについては、ぜひ参考にしてみてください。


-- 任意のフォルダをバックアップ対象にする:

Windows 10 であれば、"ファイル履歴" を開けば "フォルダの追加" を利用して、任意のフォルダをバックアップ対象にすることが簡単にできました。しかし、コントロールパネルから操作せざるを得ない Windows 11 の "ファイル履歴" では、これができません。

** Windows 10 でもコントロールパネルからファイル履歴を開いた場合には、同様にフォルダの追加はできません。

では任意のフォルダをファイル履歴の対象とすることはできないのか?

そんなことはありません。

基本的にライブラリのフォルダがファイル履歴の対象となるので、ライブラリに新規ライブラリとして追加することで、ファイル履歴としてバックアップできるようになります。詳細は、次の機会に改めてご紹介いたします。


【イメージバックアップはコントロールパネルから】

ユーザーデータなどデータファイルの履歴については、ファイル履歴でいいわけですが、現在の Windows の状態を丸々イメージとしてバックアップするには、イメージバックアップという機能を使用します。「システムイメージの作成」をクリックして行います。

20230410-3-6.jpg 20230410-3-7.jpg

コントロールパネル > システムとセキュリティ > バックアップと復元(Windows7) 
と開いて行います。上記の画像は、Windows 11 のものですが、こちらについては Windows 10 / Windows11 ともに共通です。


<参照>



デル株式会社 デル株式会社


富士通 FMV LIFEBOOK CH


お得なPCを豊富にそろえている HP Directplus -HP公式オンラインストア-

posted by クリック at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月08日

Windows Insider に新たに "Canary" Channel が追加されました

ここ最近の Windows 11 は、新たな AI を駆使した機能がどんどん追加されて機能が拡充し、速いテンポで変わってきています。

20230307-5-1.jpg 20230307-5-2.jpg

Windows Insider プログラムは、こうした Windows の新たな挑戦をユーザーと共有し、いち早く提供し、フィードバックを頂いて寄り寄り製品として世の中に送り込むための試みなわけですが、この Windows Insider プログラムも新たなチャンネルが組み込まれることになったようです。

What’s coming for the Windows Insider Program in 2023」によると、これまでの Dev Channel を再構築し、新たに Canary Channel を追加、より開発に近い段階から Insider として試せるようになるようです。

20230307-5-3.jpg

--現在の Windows Insider プログラム:
  • Dev Channel
  • Beta Channel
  • Release Preview
--今後の Windows Insider プログラム:
  • Canary Channel
  • Dev Channel
  • Beta Channel
  • Release Preview
といった構成に変わります。(すでに変更済み)

20230307-5-4.jpg 20230307-5-5.jpg

手元のPCでは、これまで Dev Channel を利用していましたが、今回このニュースを聞いて改めてPCを起動。起動直後の段階では、Canary Channel は追加されていたものの、Dev Channel(推奨)が設定されていました。

ただしちょっと時間がたってみると、自動的に Canary Channel に変更されてましたので、これまで Dev Channel でご利用だった方は自動で、Canary Channel に移行するようです。

必要に応じて Dev Channel (推奨) に変更はできるので、そこまで必要ないよ?という場合には、変更しておく必要があります。



<参照>




デル株式会社 デル株式会社


パソコン工房のデジタルドラゴン中古パソコン・中古スマホ

posted by クリック at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月02日

メモ帳のタブ表示機能が、Windows 11 通常版に展開!

以前「「メモ帳」が進化! タブ表示が可能になる」にて、メモ帳でタブ表示が可能になることをご紹介いたしました。

前回ご紹介した時にはこの機能はまだ Windows Insider Dev Channel 向けの機能だったわけですが、この機能がぼちぼち通常版に展開されているようです。

20230302-3-1.png

対象製品:

Windows 11 Ver.21H2 および Ver.22H2
のPCにて、タブ表示が可能なったことを確認いたしました。

おそらく順次展開されていくものと思われますので、まだだよ?という人ももうしばらくすれば、タブ表示が可能になるかと思います。


たかが "メモ帳"、されど "メモ帳"。メモ帳もこれでさらに使いやすくなります。
メモ帳の進化... 大変ありがたいですね。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


パソコン工房のデジタルドラゴン中古パソコン・中古スマホ

posted by クリック at 22:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月26日

Windows 11 へのアップグレード通知は、不具合だった

先日「Windows 11 22H2 への更新を促す画面がぼちぼち広がりつつあるようです」という記事をご紹介いたしました。この中で、追加情報としてちょっとうちのPCで発生していた "春の珍事"(?)についてもご紹介しました。

20230224-1-3.jpg

Windows 11 の仕様を満たさないPCであるはずなのに、いきなり上記のような "Windows 11"(Ver.22H2) へのアップグレードの通知が表示されてたわけです。

20230226-2-1.jpg

USサイトで公開された情報によると「Windows 11, version 21H2 known issues and notifications」の「Windows 11 upgrades were offered to ineligible devices」で紹介された情報によると Ver.21H2 の既知の問題として紹介されたわけですが、本当に誤って配信されてしまったようです。


・影響を受けていたプラットフォーム:
  • Windows 10 バージョン 22H2
  • Windows 11 バージョン 21H2
  • Windows 10 バージョン 21H2
  • Windows 10 バージョン 20H2
Devices that experienced this issue were not able to complete the upgrade installation process.」とあるように当然ながらアップデートできなかったわけですね。


・解決策:

This issue is resolved. It might take 24 to 48 hours to propagate to all affected devices. Affected users do not need to take any steps.」とありますが、対象のデバイスすべてに対して対策済みと出ており、24-48時間以内には解消するとのことのようです。

20230225.png

確かにそのまま更新していなかったうちの PC は、すでに上記のように解決済みなわけですが、実際のところ誤って更新を押して更新をスタートさせたものの失敗してしまっているケースもあるようですが、残念ながらそうした場合にどうなるのか?までは確認できておりません。


<参照>





デル株式会社 デル株式会社


パソコン工房の学生向けパソコン iiyama キャンパスPC

posted by クリック at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月24日

Windows 11 22H2 への更新を促す画面がぼちぼち広がりつつあるようです

以前、「Windows 11 のライフサイクルと Ver.21H2 の自動更新」で、Windows 11 Ver.21H2 ユーザーへの、Ver.22H2 への更新について、順次更新を促すメッセージが表示されることをご紹介させていただきました。

20230224-1-1.jpg 20230224-1-2.jpg

Webサイトでも紹介されているように、Ver.21H2 を長く使用しているユーザーから順次 Ver.22H2 への更新を促すメッセージがでてくるようになるとのことでしたが、このメッセージがだいぶいろいろなところで表示されるようになったようで、ここにきてあちこちで、表示されるようになったとのコメントや記事を見かけるようになりました。

ただし、先に取り上げた記事でも書きましtが、デバイスの互換性の問題やセーフガードのかかっているPCはこの対象外になります。「Windows 11、バージョン 22H2 の既知の問題と通知」の中で、既知の問題として取り上げられていている機能があったりする場合には、セーフガードが働いて自動ではアップデートされません。

2021年10月4日にリリースされた Windows 11 の初期バージョン Ver.21H2 のサポート期限は、2023年10月10日と今年の10月と迫ってきました。なるべく早めに時間の余裕をもってUpdateされることをお勧めいたします。

おっと、その前に、今年の6月には、Windows 10 21H2 のサポートも終了しますのでご注意ください。こちらは、2021年11月16日にりりーすされたもので、サポート終了が 2023年6月13日 となります。


【更新】

ちょっと、春の珍事ともいうべきものだったので、更新のことを取り上げたこの記事に追記させていただきます。Windows Vista のころから使用している Ducal Core の CPU のマシーンに突然、Windows 11 への更新の画面が...

20230224-1-3.jpg

もちろん TPM も搭載していなければ、CPUも対象外で、今までは、必要要件を満たしていません...なんてことが出てたわけですが...

一足早い春の珍事としてちょっと様子を見ようと思っていますが....


【2023/02/25更新】

続報ですが、春の珍事から一晩たって今朝PCの電源を入れたら通常通りに戻ってました。昨晩0時過ぎに帰宅するときまでは表示されてたわけですが、本当に春の珍事でした。

20230225.png

アップデートなんてしなくてよかったわけです。クリックでもしたら失敗を繰り返していたでしょうし....
逆にこれで一安心です。


<参照>



パソコン工房の学生向けパソコン iiyama キャンパスPC


デル株式会社

posted by クリック at 11:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月29日

Windows 11 のライフサイクルと Ver.21H2 の自動更新

Windows 11 が、2021年10月に登場して早くも一年が経過。先日も別の記事でちょっと紹介しましたが、Microsoft Store での Windows 10 のダウンロード版の販売も、2023年1月末をもって終了し、巷のPCも、ほぼ Windows11 搭載のものに変わりつつあります。


さてそんな Windows 11 ですが、「ライフサイクルに関する FAQ - Windows」の "Windows 11" のところにもあるように、一般向けの製品の場合 "リリース日から 24 か月" とバージョンごとにそのサポート期限が決まっています。

20230129-1-1.jpg 20230129-1-2.jpg 20230129-1-3.jpg

すなわち、2021年10月4日にリリースされた Windows 11 初期バージョン Ver.21H2 のサポート期限が、2023年10月10日と今年の10月と迫ってきました。


【Ver.22H2 へのアップデートは自動で行われる】

通常、年1回の大きな更新プログラムについては、アップグレード可能な該当のPCの場合、スタート > 設定 > Windows Update と開くと、「ダウンロードしてインストールする」というボタンが表示されて、クリックすることで更新されます。つまり通常はクリックしない限りは自動更新されません。

20230129-2-1.jpg 20230129-2-2.jpg

しかし、Ver.21H2 のサポート期限が迫りつつある昨今、今後自動で更新されるようになることが明らかになりました。「バージョン 22H2 Windows 11の自動更新は、バージョン 21H2 を最も長い期間使用しているデバイスから徐々に開始されます」とあるように、一斉にというよりも、Ver.21H2 を長い期間使用しているPCから順次自動更新が始まるようです。

ただし、注意事項のところにもありますが、デバイスの互換性の問題やセーフガードのかかっているPCはこの対象外になります。例えば以前にもやはり


といった記事をご紹介しましたが、本来の仕様を満たさないPCに Windows 11 を導入したものなどについては、当然ながらこの自動更新も無効です。

ところで、今回この記事を書くにあたって参考にした「ライフサイクルに関する FAQ - Windows」。

20230129-2-3.jpg 20230129-2-4.jpg

バージョンごとの、サービス タイムライン (1 年に 1 回のリリース)って、Windows 10 も、Windows 11 も一緒のつもりでいたんですが...

Windows 10(法人向け) H1 リリースから18か月 H2 リリースから30か月
Windows 10(一般向け) H1 リリースから18か月 H2 リリースから18か月

Windows 11(法人向け) H2 リリースから36か月
Windows 11(一般向け) H2 リリースから24か月

と微妙に違ってたんですね... 今更ですが改めて気が付きました。


<参照>




パソコン工房のお得なキャンペーン


富士通 FMV LIFEBOOK CH

posted by クリック at 19:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月21日

「メモ帳」が進化! タブ表示が可能になる

US時間1月19日に公開された Windows Blog によると、Windows Insider Deve Channel 向けに新たに進化した "Notepad"、日本語名でいえば "メモ帳" が、リリースされたことが明らかになりました。ちょうど 1月19日には、Dev Channel 向けに、Build 25281 がリリースされています。

20230120-2-1.jpg 20230120-2-2.jpg 20230120-2-0.jpg

さて、現在のメモ帳のバージョン情報はというと... 

20230120-2-5.jpg
  • ヘルプ > バージョン情報
と辿っていくと、Windows のバージョン情報がでてきます。Windows 自体の更新に伴って更新していくものだからなんでしょうね。

20230120-2-3.jpg 20230120-2-4.jpg

ただし、プログラムの場所から、実行プログラムを右クリックして、プロパティ情報を開くと上記は、Windows 10 に搭載されているバージョンとしては、
  • Ver.10.0.19041.1865
であることがお分かりいただけるかと思います。


【新たに "タブ表示" が可能になった】

"メモ帳" は、ちょっとした時に一時的に覚書みたいにメモっておくのに役立つソフトです。

20230120-2-6.jpg

1行目に ".LOG" なんていう一行を添えたファイルを作成しておくと、これを開くたびに自動的に日付挿入してくれる機能があるなど、ちょっと便利な機能もあったりするソフトです。

以前にも、「Windows の基本操作 Vol.2022-12-01 ”メモ帳” を使いこなしてますか?」でもご紹介していますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

さてそんなメモ帳ですが、ちょっと不便なのは、ファイル>新規 とクリックすると、現在開いている画面が終了して新たな画面が表示されるという仕組み。新たなウィンドウが開くわけではないわけです。なので、現在開いているウィンドウは残して、もう一つメモ帳を開きたい場合には、改めてメモ帳のショートカットなどから開かないといけないというのが現状です。

そこで 今回 Windows Insider Dev Channel 向けにロールアウトされた新しい機能、メモ帳のタブ表示 となるわけです。

-- 対象バージョン:

Windows Insiders Dev Channel
メモ帳 (version 11.2212.33.0) for Windows 11

順次展開となっています。通常バージョンに反映されるまでにはまだ時間がかかると思いますが、通常バージョンご利用の方はもうしばらくお待ちください。Windows Insider 向けにリリースされて、様々なフィードバックをもとにさらにブラッシュアップして通常バージョンに展開されることになります。

実際の画面は以下のような感じです。

20230120-3-1.jpg 20230120-3-2.jpg

実はこの機能結構期待していた人も多かったと思います。

ブログで公開されたばかりの情報で、Dev Channel ユーザー向けに順次展開とあるようなので、Dev Channel であってもすべての方に反映されているとは限りません。まだこの機能が反映していないよ?という方は、今しばらくお待ちください。

なお Windows Insider Dev Channel 向けになるので、当然ながら Windows 11 がその対象になります。

20230120-3-3.jpg

先日も「動画録画も可能になった新しい "Snipping Tool" がついに登場」についてもご紹介しましtが、Dev Channel 向けには、Snipping Tool にも録画機能が搭載されて新たにリニューアルしてますが、こちらも待ち遠しい機能ですね。


<参照>




BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール


ノートPCが3万円台から... HP Directplus -HP公式オンラインストア- 最新モデルはこちらから!.... HP Directplus -HP公式オンラインストア-


JR東日本びゅうダイナミックレールパック

北海道新幹線で行く北海道旅行

posted by クリック at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月02日

デスクトップに「システム要件を満たしていません...」と表示される Part 2

グループポリシーの設定によって、「システム要件を満たしていません...」 の表示が消せることについてご紹介した、「デスクトップに「システム要件を満たしていません...」と表示される」の記事ですが、参考までにグループポリシーの画面をキャプチャーしてみましたので、ご紹介させていただきます。

20221231-2.jpg

なんとか? Windows 11 にアップグレードして利用していた Windows 11 のPC。当然システム要件を満たしていないものと分かっていて、TPMやセキュアブートなどの調整をして、システム仕様を満たさないPCにインストールされたものだったりすると、Updateなどのタイミングでこうした表示が出てくることがあります。

その場合に、グループポリシーを利用すれば「KB5017130: 組織内の "システム要件が満たされていない" メッセージWindows 11管理する」にある方法で消すことも可能であることをご紹介いたしました。

20230102-1-1.jpg 20230102-1-2.jpg

その具体的な画面ですが、上記のような感じです。

スタートボタンの隣の、検索のところをクリックして、"グループポリシー" と入力すれば、"グループポリシーの編集" が表示されますので、クリックすれば、上記のような画面が表示されます。

ローカル コンピューター ポリシー > コンピューターの構成 > 管理用テンプレート > システム

と移動すると、「Windows システム要件が満たされていない場合にメッセージを非表示にする」がありますので、こちらを開いて、"有効" を選択し、OKで閉じて、PCを再起動します。

表示自体はこうすることで、非表示にすることが可能です。

ただしあくまでも Windows 11 のシステム要件を満たしていないという現実は変わりません。あくまでも表示しない設定にしたというだけなので、くれぐれもそこをご理解の上お試しください。


<参照>




デル株式会社


JR東日本びゅうダイナミックレールパック

posted by クリック at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月31日

デスクトップに「システム要件を満たしていません...」と表示される

Windows 11 に試行錯誤して、アップデートしてしばらく利用できていたものの、いつからかデスクトップの右隅に「システム要件を満たしていません。[設定]に移動して詳細を核ににしてください」と表示されるようになった方を時々お見掛けするようになりました。

20221231-2.jpg

Windows 11 のシステム要件はご存じの通り、かなり厳しくなっています。CPU、TPMモジュールなど様々な要素をクリアしていないとアップグレードができませんでした。またアップデートの最小もそうした要件をクリアしたPCのみ。しかし一方で、TPMやセキュアブートを回避して何とか Windows 11 にアップグレードしている方も結構いらっしゃるようです。

さてそんな PC でしばらくは、問題なく使えていた Windows 11 がある時からこんなエラー表示されるようになる。当然無理してアップグレードしているわけですから、自動配信されてくる更新プログラムをインストールしていれば、いつかはこうした表示になりうるわけですね。仮に今回クリアしてもまた同様に表示されるようになる可能性も大きいかと思います。

一応、Microsoft Support サイトでも、「KB5017130: 組織内の "システム要件が満たされていない" メッセージWindows 11管理する」といった情報を公開していますので、グループポリシーエディターなどによる調整をすれば非表示にすることも可能なようです。

気になる方はご参照ください。

さてこの表示。実は Microsoft コミュニティにもあがってますが、Windows 11 がプレインストールされたPCであっても表示されることもあるようです。

こちらの場合には、いろいろせずに次の更新などを待って、更新を適用してみて、改善されるかどうか確認すると同時に、フィードバックHUBを利用してフィードバックされることをお勧めいたします。最初から、Windows 11 がプレインストール済みのメーカー製などのPCであれば、当然スペック的な問題はないはずですしね...


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


HP恒例の福袋がお買い得? 年末年始は是非チェック!
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
posted by クリック at 10:40| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月22日

動画録画も可能になった新しい "Snipping Tool" がついに登場

以前、Snipping Tool に録画機能が搭載されることをご紹介いたしました。


この時にも触れましたが、この新しい機能は Windows Insider Dev Channel 向けにリリースされ始めたばかりなので、一般の方がご利用のバージョンに展開されるまでにはまだちょっと時間がかかります。

Dev Channel をご利用の方であっても、すぐに全員に展開されるわけではないため、今回やっとうちの Dev Channel で利用できるようになりました。

さてそんな新しい Snipping Tool ですが、とりあえず現時点で確認できるところまでご紹介したいと思います。


【新旧 Snipping Tool を比較してみた】

まずは Snipping Tool がどのように違うのか? 新旧 Snipping Tool を比較してみましょう。

・Windows 10 Ver.22H2

20221222-1-1.jpg

・Windows 11 Ver.22H2

20221222-1-2.jpg

・Windows 11 Insider Dev Channel

20221222-1-3.jpg

見かけはほぼ同じなんですが、"録画" という項目が加わっていることがお分かりいただけると思います。Windows 10 のころに比べるとだいぶ変わってきましたね。

この Snipping Tool ですが、画像にもあるように Windows キー + Shiftキー + "S" としても呼び出すことができます。これについてはどのバージョンも一緒です。手軽に画面のキャプチャーができる Windows の標準搭載ツールなわけで、スタートメニューからたどっていくと、Windows 10 の場合には "Windows アクセサリ" のところに、Windows 11 の場合には、"S" のところにあります。


【新たに搭載された録画機能】

さて新たに搭載された "録画機能" について見ていくことにしましょう。上記でも紹介しましたが、もう一度その新しい画面を確認していましょう。

20221222-1-3.jpg

Snipping Tool を起動すると、上記のようなツールが表示されます。
  1. 新規
  2. 切り取り領域
  3. 録画
  4. 切り取りモード
  5. 遅延切り取り
といったツールです。画像をご覧いただくとお判りいただけますが、ツールの一部が見切れてたりしますが、これはまだ Dev Channel に展開が始まったばかりだから致し方ないことなんでしょうね。後で一応フィードバックもしておきます。

ただしこの録画機能は、Windows + Shift + S では利用できないようです。このショートカットでの利用は、少なくとも現時点ではあくまでも画面の静止画でのキャプチャーのみに限られてしまうようです。今後はどうなるのか?わかりません。

20221222-1-4.jpg 20221222-1-5.jpg 20221222-1-6.jpg

-- "録画" の流れ:

20221222-1--7.jpg

1) Snipping Tool を起動し、録画ボタンをクリックし、さらに "新規" をクリックします
2) 続いて上記の画像にあるように録画する範囲をドラッグして選択します
3) スタートをクリックすると、カウントダウンが3秒前から始まり、その後、録画が開始されます
4) 録画されたデータは、MP4 形式の動画データとしてデフォルトでは、ビデオフォルダに保存できます

まだまだ展開がスタートしたばかり、それもまだ Windows Insider 向けに展開されたばかりの新しい Snipping Tool ではありますが、新たに画面の録画機能も加わって、さらに使い道が増えそうですね?


<参照>




デル株式会社

クリスマス・キャンペーン、そして福袋とHPストアは話題の製品がお得!
HP Directplus -HP公式オンラインストア-

posted by クリック at 09:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年12月10日

Snipping Toolに録画機能が搭載される

スクリーンショットを撮る際に利用されている Windows の機能でもある "Snipping Tool"。このツールに新たに、画面の録画機能が搭載されることが明らかになりました。

20221210-1-1.jpg 20221210-1-2.jpg

WindowsInsider Blog で明らかになったものですが、Windows 11 Dev Channel 向けにリリースされたもので、Snipping Tool のアプリバージョン Ver.11.2211.35.0 から利用できるようになる機能のようです。

20221210-1-3.jpg

ちょうど先ほどから、Dev Channel 向けに、Build 25262 の Update をインストール中ですが、Update 後、この機能が搭載されておりましたら、改めて画面をキャプチャーして Up させていただきます。


<参照>

  



デル株式会社


ソースネクスト

posted by クリック at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月21日

従来の コントロールパネルの "デバイスとプリンター" のダイアログを開きたい

ちょっと前から、Windows 11 では、プリンターの設定について、基本的には設定アプリの "Bluetooth とデバイス" から、"プリンターとスキャナー" から行うように変わりました。

20221120-1-1.jpg 20221120-1-2.jpg 20221120-1-3.jpg

なぜこんなことを取り上げたのか?

やっぱり仕事をしていると、プリンターの追加や管理などはどうしても "コントロールパネル" の "デバイスとプリンターの表示" からやった方がやりやすかったりするからです。もちろん、設定アプリからでもいいんですが、右クリックから各種メニューに移行できることを考えると、便利なわけです。

現在は、コントロールパネル > デバイスとプリンターの表示 とクリックしても、設定アプリの "Bluetooth とデバイス" の画面が立ち上がってくるようになってしまいました。


【"デバイスとプリンター" のダイアログを表示する】

さてでは従来のダイアログボックス "デバイスとプリンター" のダイアログボックスを表示させる方法はないのか?

20221120-2-1.jpg

ちょっと面倒ですが以下の手順で操作すれば表示が可能です。


-- 表示方法:

1) スタート > 設定 > Bluetooth と デバイス とクリックし、さらに "デバイス" のところをクリックします

20221120-2-2.jpg

 注意) あくまでも "デバイス" のところをクリックしますが、"デバイスの追加" ではありませんのでご注意ください。

2) "デバイス" の画面に変わったら、下にスクロールし、"その他のデバイスとプリンターの設定" のところをクリックします

20221120-2-3.jpg 20221120-2-4.jpg

3) そうすると、冒頭でもご紹介した従来からおなじみの "デバイスとプリンター" のダイアログボックスが表示されます

20221120-2-1.jpg

とりあえずこれで従来のダイアログボックスを表示できることはご理解いただけたと思います。

ですが、毎度毎度これをやらないといけないのって面倒ですよね? 次はもっと簡単に表示するためのショートカットアイコンの作成についてご紹介していきます。


-- "デバイスとプリンター" のショートカットアイコンを作成したい:

デスクトップなどにショートカットアイコンを作成し、そちらからアクセスするようにする...  これにはいくつかの方法があります。

方法1:

1) 一旦、先ほどご紹介した方法で、"デバイスとプリンター" の画面を表示します

2) 表示されたダイアログボックスのアドレスバーのところのアイコンの部分をデスクトップにドラッグします

20221120-3-1.jpg 20221120-3-2.jpg


方法2:

1) コントロールパネルを開き、その表示方法が "カテゴリ" となっていたら、"大きなアイコン" または "小さなアイコン" をクリックして表示方法を切り替えます

20221120-4-1.jpg 20221120-4-2.jpg

2) 続いて、"デバイスとプリンター" のところで、右クリックして、表示されたメニューから、"ショートカットの作成" をクリックします

20221120-4-3.jpg

3) システムダイアログ内には、ショートカットの作成はできないため、デスクトップ上に作成するか?聞いてきますので、"はい" をクリックします

20221120-4-4.jpg


何でもないことですが、こうしてショートカットアイコンを作成しておくと、次回からはこちらのアイコンから直接画面に入れるようになります

ちょっとしたシステム側の設定変更により、従来行っていた作業ができなくなる... まぁ、いつまでも従来の "コントロールパネル" で作業をするのではなく、Windows 11 では、"設定アプリ" を利用して貰いたい... と言う意図なんでしょうけど、やっぱり使い慣れた方法も選択肢として、わかりやすくヒントを表示するなど残しておいて貰いたいといのは、利用者としての本音です。




デル株式会社


パソコン工房のお得なキャンペーン

posted by クリック at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月10日

Windows 11 に、新たなフォトアプリの展開がスタート!

以前このブログでも Windows 11搭載の標準のビデオエディターが、従来のフォトアプリについていた "ビデオエディター" から、"Clipchamp" に変わることを、ご紹介しました。


この中の "Part 2" では、従来 Windows 10 以降おなじみの画像管理ソフト "Microsoft フォト" についても、新たな "フォト" アプリに変わることもご紹介しました。

この時はまだ、Office Insider向けに展開されていたものでしたが、これが通常の Windows 11 への展開がスタートしているようです。

20221110-2-1-0.jpg 20221110-2-1-1.jpg

すでにお気づきの方も多くいらっしゃるかもしれませんが、スタートメニューから、フォトを見つけると、アイコンも以前とは異なっており、起動してみると、ダークモードが基調の以前と異なったフォトアプリが起動してくることにびっくりされるでしょう。


【旧来のフォトアプリは、"Microsoft フォトレガシ" へ】

「Microsoft フォト」は一新され新たなスタートを切ったわけですが、従来の Microsoft フォト を希望される人のために、こちらも利用は可能になっています。

20221110-2-1-3.jpg

新たなフォトアプリの登場に伴い、従来の「Microsoft フォト」は、「Microsoft フォトレガシ」と名称が変更になりました。
そしてこの新たな「Microsoft フォトレガシ」は、Microsoft Store より無料で入手が可能です。

当然ながらこれには従来のビデオエディターの機能も兼ね備わっているので、従来通り「ビデオエディター」を利用して動画の編集なども可能になっています。

--「Microsoftフォトレガシ」の入手方法:

実はこのアプリ、普通に Microsoft Storeで検索しても出てきません。これは以前取り上げたときもそうですが、現在も一緒でした。新しい Microsoft フォトを起動すると、簡単な機能説明などのポップアップも出てきますので、その中で、旧来の Microsoft フォトを入手するためのリンクなども出てたりはしますが、そこをクリックし損なった場合にはどこから入手したらいいのか?

1) 「ビデオエディター」を起動し、リンクをたどる

ビデオエディター」を初めて起動すると、"Clipchamp または フォトレガシでの編集を開始する" と言うダイアログが表示されます。

20221110-2-1-4.jpg

こちらのリンクをクリックすると、Microsoft Store アプリが起動し「Microsoft フォトレガシ」の画面が表示されます。

2) 新たなフォトアプリの設定画面から入手

新たなフォトアプリを起動し、画面トップの "インポート" のとなりにある "設定"(歯車のアイコン)をクリックします。

20221110-2-1-2.jpg

設定画面が表示されたら画面を下にスクロールしていくと、"アプリについて" のところに、"フォトレガシ" と言う項目があり、そこに "フォトレガシの取得" と言うボタンがありますので、こちらをクリックすると、Microsof Store アプリが起動し「Microsoft フォトレガシ」が表示されます。

先日実際に「Microsoft フォトレガシ」を導入してみましたが、「ビデオエディター」も従来通り利用できるようになりますので是非お試しください。

ちょっとした動画データの切り貼り程度であれば、"ビデオエディター" は、使い方もシンプルで操作方法もさほど難しくありませんから、ちょっとした用途には便利ですよね?


<参照>




デル株式会社


ソースネクスト ソースネクスト


びゅうトラベル(えきねっと JR東日本国内ツアー)
posted by クリック at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月08日

Windows 11 の検索ボックスがリニューアル

先月末にリリースされた Windows 11 向けの更新プログラム "KB5018496" もちろん更新自体は何も問題なく適用されていたわけですが、実はこちらの更新プログラムの適用により、今後順次 Windows 11 のタスクバーにある検索ボタンがリニューアルされることになります。

20221108-2-1.jpg

"KB5018496" は、先月末の 10月25日にプレビューとして提供された Dリリース として提供された更新プログラム。「2022 年 10 月 25 日 − KB5018496 (OS ビルド 22621.755) プレビューによれば、"タスク バーの検索ビジュアル処理を強化して、検出可能性を向上させます" とのこと。

20221108-2-2.jpg 20221108-2-3.jpg

この機能 "最初は少数の対象ユーザーが利用でき、その後の数か月でより広範にデプロイされます" とあるように、仮に"KB5018496" を適用したとしてもすべてのユーザーがいっきに利用できる機能ではなく、順次展開されるもの。


【新旧検索ボックス比較】

Windows 11 の検索ボックスってどんな?だっけ... と改めて振り返ってみました。

新検索ボックス:

20221108-2-4.jpg

旧検索ボックス:

20221108-2-6.jpg


Windows 11 のデスクトップ画面って、

20221108-2-5.jpg 20221108-2-1.jpg

左のような感じでしたので、右のような検索ボックスのついた画面に変わると "あれ?" ってなってしまいますが、これは機能の更新なので、旧検索ボックスの形式に変更することなどはできません。順次適用されていきますので、右の画像のように変わっていくことでしょう。

うちの場合左の画像は、Windows 11 Insider Preview Dev Channel のものですが、Insider 版の Dev Channel であってもこの更新が先行して適用されるわけでもないんですね。


【その他の更新】

"KB5018496" には、当然ながら他にも新機能が追加されていたりします。
  • Microsoft アカウント (MSA) を使用するときのバックアップ エクスペリエンスを強化
  • [設定] の Microsoft アカウント エクスペリエンスが向上
  • タスク バーを右クリックすると、コンテキスト メニューにタスク マネージャーが追加 などなど
2022 年 10 月 25 日 − KB5018496 (OS ビルド 22621.755) プレビュー」の中では、こうした新機能の他にも、多数の改善点などが紹介されていますので、是非一度ご確認ください。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

posted by クリック at 14:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年10月01日

Windows Update と セーフガードホールド

先日 「「The Windows 11 2022 Update」のインストール」のところで、"The Windows 11 2022 Update" のインストールについて取り上げさせていただきました。

通常こうした大型の更新も、Windows Update で配信されてきますので、
スタートボタン>設定>更新とセキュリティ
と開いて、"Windows Update" を開けば、「ダウンロードしてインストール」と表示されますので、そちらから更新が可能です。

しかし "The Windows 11 2022 Update" の正式リリースがスタートしたからと言ってすべてのユーザーが一斉に利用できるわけでもなく順次その利用できる範囲は広がっているものの、それでも何らかの事情があって 「ダウンロードしてインストール」がなかなか表示されないことがあります。


【「セーフガードホールド」とは?】

このデバイスに更新プログラムを適用してアップグレードしてしまうとトラブルが発生するかも? そんな場合に発動するのが「セーフガードホールド」です。「セーフガードホールド」がかかっていると、現在は年に一回になりましたが、毎年秋に提供される大型のアップデートなどが、Windows Update には表示されません。

インストールしても問題ないものについては、準備が整えば「ダウンロードしてインストール」が順次表示されるわけですが、何か?問題がある場合には自主規制してくれるわけですね。

アップグレードプログラムのリリースがスタートしたからと言って、すべての人の PC で、Windows Update からのアクセスを許可してしまうと、一度にアクセスが集中してしまう。これを防ぐために、順次その適用範囲を広げていくという意味で、表示させていない...そんなこともあるのかもしれません。ただしこの場合には、"セーフガードホールド"とはちょっと違ってくるわけですが。


-- "The Windows 11 2022 Update" が表示されない:

セーフガードホールド」がかかって、表示されないのか? あるいはまだ自分が展開範囲の対象になっていないだけなのか? このあたり状況は分かりえませんが、インストールできるPCであっても、リリースがスタートしたからと言ってすぐに表示されるものではありません。

現在、Windows 11 に更新可能なPCで、検証のため Windows 10 のまま利用しているうちのPCでも確認してましたが、Windows 11 へ無料でアップグレードできますよ?という表示はあっても、なかなか "The Windows 11 2022 Update" が利用できるという表示は出てませんでした。

20220930-5-1.jpg

ただし先日、やっと上記のように表示され、このまま Winodws 11 にアップグレードしても、"The Windows 11 2022 Update" が適用されるようになったようです。

もっとも慌てて "The Windows 11 2022 Update" をインストールする必要もないわけで、順次 Windows Update の画面に出てくるまでお待ちいただいても問題ありません。


【直接インストールする】

"The Windows 11 2022 Update" については、「「The Windows 11 2022 Update」のインストール」の中でも紹介させていただきましたが、「Windows 11 をダウンロードする (microsoft.com)」にもあるように、現在ダウンロードできるのは、Windows 11 2002 更新バージョン 22H2 となっています。

20220922-2-3.jpg 20220922-2-4.jpg
  • 更新アシスタントを使用してインストールする
  • インストールメディアを作成しインストールする
  • ISOイメージをダウンロードする
といった方法もあります。

Windows Update には表示されないけど、どうしても早く利用したいという場合には上記のような方法も用意されているわけです。

ただしこの場合、仮に何か?問題があって "セーフガードホールド" がかかっている PC だったりした場合には、インストール後不具合などによりリカバリを余儀なくされるケースもありうるので、くれぐれもご注意ください。


【Windows 11 への無料アップグレードはいつまで?】

ぼちぼち、Windows 11 がリリースされて1年を迎えようとしています。

最近ちらほら話題になっているのが、Windows 11 っていつまで無料でダウンロードできるのか?というお話。

20220930-5-2.jpg 20220930-5-3.jpg 20220930-5-4.jpg

Windows 11 無償アップグレード方法や条件を解説」や「Windows 11 の入手方法」などの FAQ などでも触れられていますが、「対象となるシステムに対する無料アップグレードに特定の終了日は設けていません」とあります。「しかし、Microsoft は無料アップグレードに対するサポートをいずれ終了する権利を留保します。この終了日が 2022 年 10 月 5 日より前になることはありません」ともあるので、気にされてる方も多いのかもしれませんね。

もちろん「Windows 11」自体は普通に販売されているソフトウェアなわけですから、Windows 10 を利用しているユーザー向けに無料アップグレードを提供しているとはいえ、いつかは有償になってもおかしくないわけです。

あくまでも憶測ではありますが、まだまだそこは期限を決めているわけでもないようですので、当面心配は必要なさそうです。


<参照>




BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール


HP Directplus -HP公式オンラインストア-

posted by クリック at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月30日

「ビデオエディター」から、「Clipchamp」へ Part 3
 〜 Microsoft 365 サブスクライバー向けプラン

さて前回は新しい「フォト」アプリについてご紹介しましたが、もともとビデオエディターがかわるよ?ということで取り上げた本記事。本命は、今後 Windows 標準のビデオエディターという位置づけになる、「Clipchamp」なわけです。

20220930-1-0.jpg

ということで今回は、「Clipchamp」について取り上げます。

ビデオエディター」に変わって、「Clipchamp」が、標準のビデオエディターになることにともなうものなのか? 「Clipchamp」の方にも新たな動きがあるようです。


【新たに「Microsoft 365プラン」が登場!】

通常は、ClipchampのWebサイトをご覧いただくとお分かりいただけますが、Free プランと、Essential プラン となっています。

20220930-1-1.jpg 20220930-1-2.jpg


-- サブスクリプションと紐づいていない Microsoft アカウント:

通常の 無料の Microsoft アカウント でサインインすると、Free プランが選択されることになります。

20220930-2-1.jpg 20220930-2-2.jpg


-- サブスクリプションと紐づいている Microsoft アカウント:

ところが、Microsoft 365 のサブスクリプションと紐づいているアカウントだと一部プレミアムコンテンツが利用可能な 「Microsoft 365 プラン」が適用されるようです。

20220930-2-3.jpg 20220930-2-4.jpg

無料プランと、Microsoft 365 プランですが、上記の画像を比較していただいてもお判りいただけますが、「フィルターとエフェクト」のところが、Microsoft 365 プランの場合には、「プレミアムフィルターとエフェクト」が利用できるようになっています。Essentials プランと比べて違いがあるのかなど細かい点は特に紹介されておりませんが、サブスクライバー向けには一部のコンテンツが利用できるようになっているようです。


【「Clipchamp」のプラン構成とアカウント】

Clipchamp が Microsoft の傘下になった当初、このブログでも、「Windows 11 (Insider版)に搭載された 「Clipchamp」」といった記事でご紹介させていただきました。

--プラン構成の変更:

その当時は、以下の4プランで構成されていました。
  1. Basic
  2. Creator
  3. Business
  4. Business Platinum
そして、今回から、
  1. 無料
  2. Essentials
に変わったわけですが、ここにもう一つ「Microsoft 365」というサブスクライバー向けのプランが追加されているわけです。
料金構成はだいぶシンプルになりましたね。


--利用に必要なアカウント:

こちらも当初とはちょっと変わってきました。
  1. Microsoftアカウント
  2. Google アカウント
  3. Facebook アカウント
  4. Dropbox アカウント
  5. Clipchampにユーザー登録したメールアドレスとPW
以前は、上記のように5つのうちのいずれかでの利用でしたが、今後は、

20220930-3-1.jpg 20220930-3-2.jpg
  1. Microsoftアカウント
  2. Google アカウント
  3. Clipchampにユーザー登録したメールアドレスとPW
となっています。サブスクリプションとは紐づかない 無料のMicrosoft アカウント、Google アカウントなどでサインインした場合には通常は、無料プランとして利用が可能になりますので、必要に応じて Essentials プランへのアップグレードを行って利用することになります。

また以前あった
  1. Facebook
  2. Dropbox
のアカウントについては、今後数か月のうちに利用できなくなるため Microsoftアカウントなどへの変更が必要になります。


【「Clipchamp」活用にはオフィシャルブログが便利!】

さてこの「Clipchamp」。実際利用してみるとお判りいただけますが、ヘルプなどを開くと日本語のコンテンツなどがなかったりと、まだまだ今一つ日本のユーザーにとってみると使いずらいところがあるのも事実。ヘルプを開いて、翻訳サイトで翻訳して....ってやってたりするのって、面倒ですよね?

さてそんな中、Clipchamp を使いこなすにはどうしたらいいのか? 実は、オフィシャルブログについては、様々な使い方を紹介した記事が上がっています。そしてこちらは、いち早く日本語化されています。

20220930-3-3.jpg 20220930-3-4.jpg 20220930-3-5.jpg


例えば、「音声付きで画面を録画する方法」では、「画面&カメラレコーダー」を利用した動画での画面キャプチャー方法が、ステップを踏んで順に紹介されています。

20220930-3-6.jpg


また「トレーニングセンター」では、YouTube を利用した動画のチュートリアルが用意されています。


-- ブラザでご利用の場合には注意:

さてこの「Clipchamp」。同web サイトを訪れてもあるところから突然ブラウザが対応していませんとなって利用できなくなる部分があります。

20220930-3-7.jpg

こちらにサービスを利用する場合には、Microsoft Edge、または Google Chrome のみに限られるようで、メジャーなものであっても、Firefox では利用できないようです。同じ Chromium ベースの Opera の方は大丈夫でした。

Netscape から使い始めて Firefox になってもメインのブラウザとして使用している自分としては、最近 Firefox はダメっていうところがちょくちょくあるのがちょっと寂しいところです。


<参照>



デル株式会社


パソコン工房のお得なキャンペーン

posted by クリック at 11:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月27日

「ビデオエディター」から、「Clipchamp」へ Part 2
 〜新たな「フォト」アプリ

前回の「「ビデオエディター」から、「Clipchamp」へ Part 1」では、新しい「フォト」アプリの登場により、従来の「ビデオエディター」に代わって、「Clipchamp」が新しいビデオエディターとなることをご紹介いたしました。

すでに Dev Channel の Windows Insider への展開がスタートしているとあったので、さっそく新しい「フォト」アプリを確認してみました。


【Windows Insider版の更新状況】

その前にちょっとだけ、現在既に展開されている Windows Insider プログラムについてご紹介しておきます。

Windows Insider プログラムは、Windows の新しい機能を事前に使ってもらって、ユーザーからの様々なフィードバックを得た上でその不具合や新しい機能の評価を反映し、さらにいい製品にしていこうという試みです。

Windows Insider に参加しているユーザーには、通常版よりも先行して Windows の新しいバージョンがリリースされます。

そしてユーザーがこのインサイダープログラムに参加するにあたって、
  • Dev Channel/開発チャンネル
  • Beta Channel/ベータ版チャンネル
  • Release Preview Channel/リリースプレビューチャンネル
の中から、各自が利用可能なチャンネルを選択して参加ができるようになっています。そしてその現在のリリース状況は「フライトハブ」などのWebサイトで確認ができます。

20220925-2-1.jpg
  • Dev Channel US時間 2022年9月21日 ビルド 25206
  • Beta Channel US時間 2022年9月21日 ビルド 22622.601
  • Release Preview US時間 Channel 2022年9月22日 ビルド 22621.607
が現在の最新バージョンになります。

もちろんこの Windows Insider プログラムで提供されるプログラムはいわゆるテスト版になるので、それに伴い様々な不具合なども発生することも否定できません。そんなトラブルに見舞われた場合には、最悪再インストールせざるを得ない事態も発生しうるので、通常使用するPCでこの Windows Insider プログラムに参加することは推奨されません。またそれなりにスキルも要求されるので、だれでも参加はできますがあくまでも自己責任のもと、参加する必要があります。


【新しい「フォト」アプリ】

さて新しい「フォト」アプリですが、先日更新された Dev Channel ビルド 25206 を開くと 「Updated Photos app for Windows 11 begins rolling out to Windows Insiders」にもあるように、すでに新たなものに変わっておりました。

20220925-3-1.jpg 20220925-3-2.jpg

左の画像が、新しい「フォト」アプリ。そして、右が新たなビデオエディターとなった「Clipchamp」の各起動画面になります。
「フォト」アプリについては、従来のものからだいぶ変わったような感じです。

ただし現在の Dev Channel ビルド25206 で確認する限りでは、「フォト」アプリは新しいものに変わっていますが、「Clipchamp」自体は現在の Windows 10 でも、また既に Winodws 11 でもありますのでこの辺りは変わっていません。

ところで、スタートメニューの中には、まだ従来の「ビデオエディター」も見受けられます。

20220925-3-3.jpg 20220925-3-4.jpg

現時点で、この「ビデオエディター」をクリックすると、新たな「フォト」アプリが起動してきて、「Clipchamp またはフォトレガシでの編集を開始する」と表示されます。

つまり従来の「フォト」アプリがないため、従来のビデオエディターを利用するには、Microsoft Store からのダウンロードが促されているわけです。


【「Microsoft フォト レガシ」を入手する】

前回 Part 1 でもご紹介しましたが、従来の「フォト」アプリは Microsoft Store から入手できることがそのブログの中でも触れられておりました。では一体どうやって入手するのか?

20220925-3-5.jpg

普通に Microsoft Store にアクセスしてみると... おなじみの「Microsoft フォト」がありますが、こちらからは、ダウンロードできません。「既にインストール済み」と表示されています。

実際インストールされているのは新しい「フォト」アプリですが、普通に起動した Microsoft Store で検索すると従来の「フォト」アプリは検出されてきますが、現時点では同じもの... という扱いになってしまうようでインストールできないようでした。


-- 「Microsoft フォトレガシ」を入手する:

では、新しくなったフォトアプリが入った状態で、旧フォトアプリをどうやってインストールするのか?

20220925-3-6.jpg

手順は次に示す方法になりますが、先にちょっとご紹介しておくと上記の画像にもありますが旧フォトアプリは、「Microsoft フォトレガシ」という名前に変わります。かといって、これを Microsoft Store で検索しても引っ掛かりません。

Microsoft フォトレガシ」を入手するには、先ほどスタートメニューから、「ビデオエディター」をクリックして表示された新しい「フォト」アプリの画面に最初に表示される「Clipchamp またはフォトレガシでの変種を開始する」より、「フォトレガシの取得」をクリックすると Microsoft Store が起動しダウンロード画面に移行できます。

ということで、Microsoft Store から入手はできますが、普通に Microsoft Store アプリを起動して検索しても出てくるのは、「フォト」アプリのみで、当然ながら現時点では、この「Microsoft フォト レガシ」は検索では出てこないようですのでご注意ください。

この辺りはまだDev Channel ユーザーに新しいフォトアプリの展開がスタートしたばかりですから、今後、通常版に展開されるまでにはその入手手段なども変わっていくものと思われます。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


パソコン工房のお得なキャンペーン

全国旅行割もスタート!
温泉旅行特集 びゅう
posted by クリック at 10:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月26日

「ビデオエディター」から、「Clipchamp」へ Part 1

先日リリースされた 「The Windows 11 2022 Update」 。

Ver.22H2 のリリースを案内するオフィシャルブログの中でもちょっと触れられておりましたが、Windows 10 以降 標準搭載のビデオエディターとして搭載されていた「ビデオエディター」が、今後ちょっと前に新たに仲間に加わった「Clipchamp」へと交代することになったようです。

20220921-1-1.jpg 20220923-5-1-1.jpg 20220923-5-1-2.jpg

Available today: The Windows 11 2022 Update」の中では、「Clipchamp in Windows 11」と題して、「Clipchamp」について紹介されておりました。クリエイティブなコンテンツを作成するための受け皿として今回から、「Clipchamp」が抜擢されたようです。

このブログの中では、これ以上のことには触れられておりませんでしたが、「Updated Photos app for Windows 11 begins rolling out to Windows Insiders」の方で、その詳細について触れられておりました。

20220923-5-1-3.jpg

まず「Updated Photos app for Windows 11 begins rolling out to Windows Insiders」の中では、「フォト」アプリについてもアップデートされることが紹介されておりますが、具体的には、Windows 11で新しい写真管理体験を導入するため「フォト」アプリがアップデートされるようです。

このフォトアプリのアップデートのプレビューについては、すでに Dev Channel の Windows Insider への展開がスタートしているようです。Dev Channel のすべての Insider にすぐにアップデートが提供されるわけではありませんが、フィードバックを確認しながら、時間をかけてされていく予定とのこと。


【変わる「フォト」アプリ】

ブログによれば、今回の「フォト」アプリのアップデートで以下ことが試せるようになるようです。

20220923-5-2-1.jpg

  • 生産的で美しく再設計された専用エクスペリエンスで、写真を整理
  • 写真をOneDriveに簡単にバックアップして、思い出を安全に保管
  • 改善された「思い出」エクスペリエンスで、充実した人生を祝うことができる
  • マルチウインドウとマルチスクリーンで生産性を向上
  • OneDriveストレージクォータの使用状況を簡単に確認し、ストレージを追加可能に
  • 携帯電話やカメラなどの外部ソースから写真をインポートして管理できます

今回のアップデートにより、フォトアプリ(Ver.2022.31090.16004.0 以降)は、現在の写真アプリのエクスペリエンスに置き変わることになるようです。

そしてこの変更に伴い、フォトアプリの一つの機能でもあった「ビデオエディター」が切り離されることになったようです。

これまでのビデオエディターに代わるのが、今年初め、オンラインビデオ編集アプリとして新たに Microsoft の仲間に加わった「Clipchamp」というわけです。

この「Clipchamp」は、トリミングや分割などの基本的なツールに加え、トランジションやアニメーションテキストなど、よりプロフェッショナルな機能を備えていて、従来の「ビデオエディター」以上に、Windowsユーザーに簡単に、速く、そして楽しくビデオを作成する新たな体験を提供してくれることになります。

-- Microsoft Store から、従来のビデオエディターも入手が可能:

新たなフォトアプリには、従来のビデオエディタが含まれなくなりましたが、一方でこう触れておりました。「If you would prefer to continue to use the legacy Photos app, it will remain available in the Microsoft Store.」 とあるように、従来のフォトアプリを引き続き使用したい場合には、引き続き Microsoft Store から入手することもできるようです。


先日更新された Dev Channel についてはまだじっくり見てませんが、今度改めてじっくり確認してみたいと思います。


<参照>



15インチの画面がうれしい New XPX 15
デル株式会社

お手頃なPCで Windows 11 が堪能できる! HP のラインアップ
HP Directplus -HP公式オンラインストア-


posted by クリック at 08:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月23日

「The Windows 11 2022 Update」のインストール

先日、Windows 11 のメジャーアップデートとなる「The Windows 11 2022 Update」がリリースされたことをご紹介しました。


確かにリリースがスタートしたわけですが、Windows Update を開いても、また更新をチェックしても、検出されないよ? という声もちらほらあるようなので改めてその更新方法について取り上げてみました。


【190か国以上に向けてリリース】

Available today: The Windows 11 2022 Update」の冒頭のところに、「Today, the Windows 11 2022 Update rolls out in 190+ countries.」とありますので、リリースがスタートしたことは確かです。

20220921-1-1.jpg

ただし一斉にというよりも対応しているデバイスから順次提供がスタートしているといった感じになります。


【入手方法】

How to get the Windows 11 2022 Update 」にもありますが、これまでの大型アップデートと同様、Windows Update のところに "ダウンロードしてインストール" のリンクが表示されます。これが表示されたら、ご使用のデバイスでの準備が整ったということになります。

20220922-2-1.jpg 20220922-2-2.jpg

リリースされたからといってすぐにアップデートしないといけないのか?

通常の更新と異なりセキュリティに関する不具合の修正に対応するためのアップデートとも異なりますので、Update の案内が表示されるまでお待ちになっていても全く問題ありません。

表示される時期はまちまちかもしれませんが、順次表示されるようになることでしょう。


--急いでアップデートしたい:

そんな場合には、直接ダウンロードしてインストールすることも可能です。

20220922-2-3.jpg 20220922-2-4.jpg

Windows 11 をダウンロードする (microsoft.com)」にもあるように、現在ダウンロードできるのは、Windows 11 2002 更新バージョン 22H2 となっています。
  • 更新アシスタントを使用してインストールする
  • インストールメディアを作成しインストールする
  • ISOイメージをダウンロードする
従来と変わりませんが、以上の方法が用意されています。

今すぐに試したいという場合には、上記の方法で更新してみてください。

Windows 11 のメジャーアップデートはスタートしたわけですが、今度は、Windows 10 Ver.22H2 ということになりますね....


【2022/10/1 更新】

インストール方法として、SWAY に以下のような情報も公開されたようですので、参考にしてみてください。ISOファイルからのインストール方法がわかりやすく紹介されております。



【2022/10/6 更新】

ぼちぼち今まで検出されていなかった PC でも 22H2 が検出されるようになりつつありますね。

20221005-1-1.jpg

手元の PC では、上記のように 22H2 Ready になりました。




Windows 11 をより快適な環境で!
デル株式会社


パソコン工房のお得なキャンペーン

posted by クリック at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月21日

Windows 11 のメジャーアップデート「The Windows 11 2022 Update」がリリース

本日、Windows 11 のメジャーアップデート「The Windows 11 2022 Update」がリリースされました。

20220921-1-1.jpg

Windows 11 のバージョン (機能更新プログラム) のサービス タイムラインはどのようになっていますか?」にもありますが、今年から年1回に変わったメジャーアップデート。

20220921-1-2.jpg

そのブログの中では、「Making the PC easier and safer to use for everyone」と今回のアップデートを紹介していますが、だれにとっても使いやすく、さらに安心して使用できる安全なPCを目指した更新ということのようです。

Windows 11 バージョン 22H2 の新機能」によると、文字通り「強化されたフィッシング対策」、「セキュリティの強化と脅威の保護」、「個人データ暗号化」などセキュリティ関係の内容が盛りだくさんになっています。

更新内容の詳細については、すでに「Windows 11 バージョン 22H2 の新機能」の中で紹介されていますので詳細は、そちらをご参照ください。機会があれば今後改めて取り上げてみたいと思います。


<参照>



15インチの大型画面で、New XPS の Power を実感!
デル株式会社


3連休におすすめの旅行 えきねっと びゅう国内ツアー

posted by クリック at 07:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月23日

PCを起動したらいきなり BitLocker 回復の画面が表示された

いつものようにPCの電源を入れると、いつもとは違う見たことのない画面が表示された... もうそれだけでも、あれ?あれ?... ってことになりかねないのに、その画面を見ると 「回復キー」と何やらよくわからないものの入力を求められる...

20220821-1-0.jpg

実は、8月の更新プログラム(KB5012170)の影響で、ここ最近こうした画面が表示されるケースが報告されています。この更新プログラムは、「KB5012170: Secure Boot DBX のセキュリティ更新プログラム: 2022 年 8 月 9 日」にもありますが、Secure Boot DBX を強化のための更新プログラム。

更新プログラムの、既知の問題の中でも、「BitLocker グループ ポリシーネイティブ UEFI ファームウェア構成の TPM プラットフォーム検証プロファイルを構成し、ポリシーで PCR7 が選択されている場合、更新プログラムのインストールに失敗する可能性があります」とあるように、インストールに失敗するという例も報告されていますが、これにより何らかの問題が発生し BitLockerによる保護がかかり、回復キーを入力しないと PC自体が起動できなくなってしまうケースもあるようです。

この「KB5012170」については、「KB5012170: Secure Boot DBX のセキュリティ更新プログラム: 2022 年 8 月 9 日」にも回避策も紹介されていますので、そちらをご参照ください。

さて今回はこうして 回復キーを求められた際の対処法について整理してみました。


【「BitLocker」と回復キー】

BitLocker」とは、盗難などにより紛失したPCから情報漏洩などを防ぐためにデバイスを暗号化し、保護する Windows の機能です。すべての Windows に搭載されているわけではなく、Professional エディションや、法人向けの Enterprise エディションといった製品向けの機能になりますので、一般のユーザーが使用する Home エディション にはこの機能は搭載されていないため、利用できません。


-- BitLocker の有効・無効:

Windows 10 の時代までであれば、デフォルトではこの機能は無効の方が多かったかと思います。もちろん、自分で有効にされてご利用だった方もいらっしゃるでしょうね。しかしWindows 11 の登場以来、セキュリティがより強化され、デフォルトで有効になっているケースが増えています。

20220821-1-1.png 20220821-1-2.png

なので、Windows7 や、Winodws 8.1 から、Windows 10 にアップグレードしたユーザーも含め、一般ユーザーの方はどちらかと言えば、まだデフォルトの無効のままとなっているケースも多いと思います。


--デバイスの保護とBitLocker:

BitLockerは、Professional エディション以上の OS が対象になるのに対して、同じような暗号化をする機能として、「デバイスの暗号化」という機能が Windows にはあります。

これもどんなPCでも対象となるわけではありません。この機能が利用可能な要件を満たしている必要があり、その対象となるデバイス以外には表示されませんが、対象デバイスの場合には Windows 10 / 11 Home エディションでもデフォルトで有効になっているケースもあります。

いくつか確認したところでは、


といったメーカーでは、おそらく昨今の Windows 11 を搭載したものは基本的にはデフォルトで有効になっているものが多いものと思われます。つまり、BitLocker はなくても、デバイスの保護がかかっていることはありうるわけです。

この「デバイスの保護」については別の機会に取り上げることとします。


-- どんなタイミングで有効になるのか?

ではこの BitLocker保護デバイスの保護 といった機能がどの段階で有効になるのか?

メーカー出荷時から有効になっているようなケースを除くと、「Windows でのデバイスの暗号化」でも紹介されていますが、「Windows 10 以降の BitLocker を実行するサポートされているデバイスでは、個人の Microsoft アカウント (@outlook.com、@hotmail.com など) や仕事用または学校アカウントに初めてサインインすると、自動的にオンになります。BitLocker はローカル アカウントでは自動的に有効になりませんが、 BitLocker の管理 ツールで手動で有効にすることができます」とあるように、Microsoft アカウントでサインインしていると、その時点で有効になっているわけです。

現在、Microsoft アカウントでサインインしてご利用の方は、ちゃんと起動できているうちに、いざという時のために「回復キー」がどんなものなのか?確認しておくといいですね。


【回復キーを求められたら?】

こうしたPCの仕様を確認していないで使用していると、今回最初にご紹介したような更新プログラムの適用失敗などのようなトラブルなど、何らかのトラブルによって、BitLocker や デバイスの保護が作動し、回復キーの入力を求められたら、指定された「回復キー」を入力しないと起動できません。

どんなタイミングで有効になるのか?」のところでもご紹介したように、通常、Microsoft アカウントにてサインインした際に設定されるので、サインインした Microsoft の Microsoft アカウントページにサインインすれば確認することが可能です。


-- Microsoft アカウントの画面から確認する方法:

1) https://account.microsoft.com/ にアクセスして、サインインします

20220821-2-1.jpg 20220821-2-2.jpg

2) 「デバイス」のところに登録されているPCがあるはずなので、「詳細の表示」をクリックします

20220821-2-3.jpg

3) デバイスが表示されたら、「BitLockerデータ保護」の「回復キーの管理」をクリックします

20220821-2-4.jpg 

4) 「ご本人確認のお願い」が表示されたら、そこに提示された方法を選択し、確認コードを受け取り入力します

20220821-2-5.jpg 20220821-2-6.jpg

5) 確認コードを入力し、「確認」をクリックすると、Microsoftアカウントの画面に戻り、回復キーが表示されます

20220821-2-7.jpg

この他にも
といったメーカーのWebサイトにも詳細な手順が紹介されていますので参照してください。


【BitLocker キーの管理】

最後に、すでに回復キーを求められて、二進も三進もいかない...というケースを除いて、では自分のPCは、BitLockerが有効になっているのか? そして回復キーをどう管理したらいいのか? について簡単にご紹介しておきます。

20220821-1-1.png 20220821-1-2.png

冒頭でご紹介した上記の画像は、BitLocker が無効の Windows 10 のコントロールパネルと、BitLocker が有効になっている Windows 11 の画面です。
  • コントロールパネル>システムとセキュリティ>BitLockerドライブ暗号化
と開くと表示されます。
  • 無効の場合: "BitLockerを有効にする" というリンクがあります
  • 有効の場合: "保護の中断"、"回復キーのバックアップ"、"BitLocker を無効にする" といったメニューが表示されます

-- 回復キーのバックアップ:

PCが起動できないと、この画面から確認はできませんが、まだ回復キーを求められたことがないといった場合には、有効か?無効化を確認した際、有効であればきちんと事前に確認しておくといいかもしれませんね。その場合、「回復キーのバックアップ」をクリックして進みます。

202208221-3-1.jpg 202208221-3-2.jpg

この場合上記にもあるように、昨今では、「Azure ADアカウントに保存する」何ていう選択肢もありますが、これは法人ユーザー向けのものになりますので、「ファイルに保存する」か「回復キーを印刷する」を選択して進みます。

[Windows 11] デバイスの暗号化の回復キー(BitLocker 回復キー)を取得する方法を教えてください」(富士通)のサイトにも詳細は説明がありますので参考にしてみてください。

上記の富士通のサイトにもありますが、保存する場合、そのPCに保存しておくのだとせっかっく確認しても起動できなくなってしまうと利用できないので、USBメモリに保存しておくか? 紙に印刷して保管しておく方がいいかもしれませんね。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


パソコン工房のお得なキャンペーン

posted by クリック at 08:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月20日

ついに登場! Windows Insider 版 Windows 11 上で、Android アプリが利用可能に!

以前、「US では、Windows 11 で Android アプリが利用可能に」といった記事をご紹介しました。こちらをご紹介したのが、2022年2月19日。そして、半年たった先日、とうとう日本語環境でもご利用いただけるようになりました。

20220820-1-1.jpg

先日、Windows Insider Dev Channel にリリースされた最新バージョンが Ver.22H2(ビルド25162.1000)ですが、US時間2022年8月18日付で公開された Windows Blogs で明らかになったものです。

20220820-1-2.jpg 20220820-1-3.jpg

-- 利用可能な環境:
  • Windows 11 Version 22H2
  • Microsoft Store version 22206.1401.6以降
-- 必要なもの:
  • Amazonアプリストア(Preview版)
この他、Windows Subsystem for Android の動作要件を満たしている必要もあります。

現在は、USおよび日本の Windows Insider 向けにリリースされている機能のようです。


<参照>



デル株式会社


安心保証付き・パソコン工房の中古パソコン
posted by クリック at 07:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月06日

Windows キー + "." で絵文字を挿入 〜これが Windows 11 でちょっと進化していた!

このブログでも以前に取り上げたこともありますので、Windows 10 から登場した絵文字挿入の機能については、ご存じの方も多いかと思います。

  • Windows キー + "."

    20220702-1-1.jpg

    上記にもあるように、今回取り上げた絵文字の挿入画面が表示されます。

  • Windows キー + "v"

    20220702-1-2.jpg

    こちらもおなじみ、クリップボードの履歴が表示されます。

さてこのおなじみの機能、Windows 11 と Windows 10 では、微妙に違うんですね。今回はこの件について取り上げてみました。


【Windows 11 ではどちらでもすべて表示される】

さて、Windows 11 で同じことをしてみます。

  • Windows キー + "."

    20220702-2-1.jpg

    絵文字などの選択画面が表示されます

  • Windows キー + "v"

    20220702-2-2.jpg

    クリップボードの履歴が表示されます

ですがよくよく見ると、ダイアログの上部のツールバーは一緒です。

20220702-2-3.jpg

絵文字の挿入画面も、クリップボードの履歴の画面も同じダイアログに統一されています。
  • 最近使用したもの
  • 絵文字
  • GIF
  • 顔文字
  • 記号
  • クリップボードの履歴
と、ツールバーの中に、「クリップボードの履歴」がはいっていますね。

ではこれを確認のため Windows 10 の例でもう一度みると....

20220702-1-3.jpg 20220702-1-4.jpg

違いますよね....。全然気が付きませんでしたが、Windows 11 から統合されていたんですね....

ここまでは、とりあえず全然気が付かずに使っていたので備忘録としてのご紹介でした。


【絵文字がさらに拡張】


20220702-3-1-1.jpg 20220702-3-2.jpg 20220702-3-3.jpg

6/27に公開されたブログによると、Windows 11 Insider Preview において、一部の絵文字において、クリックして選択するとポップアップ画面が表示されて、"顔と肌のトーンの選択" などといったさらなるカスタマイズができるようになります。

まさに "ダイバーシティ" (多様性)に配慮された絵文字へと進化しているわけですね。

-- 利用可能なバージョン:

Windows 11 Insider Build 2261 以降

利用できる数も、現時点では、"「握手」「カップルとハート」「家族」など 8 種類の絵文字がこの機能の対象" となっているようです。


20220701-4-1.jpg 20220701-4-3.jpg 20220701-4-2.jpg
  1. 試しに、青いマークのついている "家族" のアイコンをクリックしてみました
  2. カスタマイズするための "+"(個人用設定)をクリックします
  3. 家族の顔のイラストを選択すると、肌の色を変更し、カスタマイズが可能になります
現在この機能は、Insider Preview 版でしか利用できませんので、通常版をご利用の場合にはもうしばらくお待ちください。


<参照>




デル株式会社


BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

posted by クリック at 09:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月04日

Windows Insider Preview Build 25131 リリースにて、Preview Build 25126 の不具合が修正

普段はあまり取り上げませんが、今回はたまたま Windows Insider Build 25126 で発生していた不具合で、Build 25126 を適用するとロールバックしてしまうという状態になっていたので参考までに投稿させていただきます。

昨日、日本時間6月3日。新しい Windows Insider Preview Build 25131 / Windows 10 Release Preview Channel Build 19044.1741 がリリースされました。

20220604-1-2.png 20220604-1-1.png

前回 US時間の5月25日 に配信された Windiws Insider Preview Build 25126 については、うちの環境ではどうしてもインストールして、PCを再起動すると、再起動途中で BSoD エラーが発生し、ロールバックするという状態を繰り返していました。

更新履歴には、「0xc1900101」というエラーが増える一方。BSoDのエラーが表示された際には、エラーコード:SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED のエラーが表示されて、再起動するたびにロールバックして、Preview 25120.1000 に戻ってしまうという状態を繰り返していました。

Windiws Insider Preview Build 25126」の既知の問題には、特にそうした表示もなくさらにその前の Build 25120 で更新ができずにロールバックしてしまう症状が改善されたとのことのみ UP されている状態でした。

さてそんな中での、Build 25131 のリリース。こちらのリリースノートでは、しっかり AMD の プロセッサーを搭載した一部のPCで、ロールバックが発生していたことの修正が付け加えられておりました。

そして、Update。

更新をかけると、Build 25126 は検出されることなく、そのまま、Build 25131 がインストールされ、正常に更新。更新履歴には、Build 25126 のエラー履歴は消えて、Build 25120 の更新後は、Build 25131 がインストールされたとの履歴のみに。

Insider Build なわけで当然そうした自体になった折にはリカバリすること前提で使ってはいますが、面倒な自体にはならなかったので安心。もしまだ同様の症状で更新できない方がいらっしゃいましたら、現在の最新ビルドの適用をぜひお試しください。


<参照>




デル株式会社


安心保証付き・パソコン工房の中古パソコン
posted by クリック at 07:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

Windows 11 において発生している KB5013943 のトラブル

5月に Windows 11 向けに配信された KB5013943 を適用すると、すでに多くのメディアでも取り上げられておりますが、一部の .NET Framework 3.5 アプリケーションで問題が発生したり、開くことができなくなったりするというトラブルが発生しています。

20220513-2-1.jpg 20220513-2-2.jpg

すでにリリースノートの既知の問題としても取り上げられております。

20220513-2-6.jpg 20220513-2-7.jpg 20220513-2-5.jpg

また「Windows 11 の既知の問題と通知」でも上記のように紹介されております。

ただしすべてのデバイスで発生しているものでもないようで、うちで使用しているWindows 11 などいくつかのデバイスで確認する限りはこうしたトラブルは確認されておりません。

-- 対処法:

リリースノートでは、コマンドラインを利用した対処法が紹介されております。

20220513-2-3.jpg

以下のリンクをクリックして、更新履歴のページにアクセス。上記の部分にコマンドが提示されていますので、コマンドプロンプトを管理者モードで起動して貼り付けるだけで修正が可能です。

また既にさまざまなメディアでも紹介されていますが、

20220513-2-4.jpg

コントロールパネル>プログラムと機能>Windoowsの機能の有効化または無効化

と開いて、

.NetFramework 3.5 (.NET 2.0 および 3.0を含む)

のところにチェックが入っていたら(ON になっていたら)、いったん外して OFF にした上で、OKをクリックして閉じます。
再度開いて OFF になっていることを確認の上改めて、チェックを入れて、ON にしてから OK で閉じます。

以上でも正常に動作するようになるようです。


<参照>




デル株式会社 デル株式会社


パソコン工房のお得なキャンペーン

posted by クリック at 11:24| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows11 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする