2015年07月03日

Buld10159 にUpgradeしたらIEのアイコンがなくなってしまった?

先日、Windows10 Insider Preview版のBuild10158、そしてすぐにBuild10159とリリースされました。

Windows 10からはデフォルトのブラウザが、Microsoft Edge に代わることはご承知のとおりなのですが、これ以前のBuildでは、スタートメニューやタスクバーにも、IEのアイコンがあったわけですが、今回のバージョンアップからはこれが消てしまいました。

20150702-1.jpg

ただしもちろん、IEが搭載されていないわけではなく、cドライブから、Program FilesとたどっていけばきちんとIEのプログラムも確認できますし、ショートカットキーを作成すれば従来通り起動もできます。

20150702-2.jpg

IEの開発は、現在のIE11でストップし、今後は、Microsoft Edgeに代わるとはいえ、メニューからも外されちゃったのにはちょっとビックリでした。

20150702-3.jpg

なお、Edgeのメニューにある、”他の操作” からたどっていくと、 ”Internet Explorerで開く” なんてメニューも用意されているので、こちらからでも起動可能にはなっております。

さて、Build10158、Build10159と連続してきたかと思ったら、今日はすでに、Build10162が提供されだしたようで、現在Update中。

さてどんなものなのか? 製品のリリースも間近になって、RTMへと近づきつつあるWindows10への期待も高まる一方ですね。


【2015/07/04 訂正】

さてさて、その後、立て続けにBuildが配信され、Build10162 で再度確認。

704-0.jpg

なんと! Windowsアクセサリの中に、Internet Explorerのショートカットがあることを確認。

既定のブラウザではないにしても、ちょっと奥まったところに隠れすぎですね。。。


posted by クリック at 11:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

"Windows10を入手する" を進めると...

昨日ご紹介した、Windows10の無料アップグレードのポップアップ案内。メールアドレスを入れて確認の送信をした後どうなるのか?

引き続き確認してみました。

ちょうどWindows7からWindows8へアップグレードする際にあった、アップグレードアドバイザーのような役割もしているようで、現時点での問題点が指摘されるようです。

20150602-10-1.jpg

今回のうちのPCでは "スキャンの結果、問題は何も見つかりませんでした" と表示されました。

ちなみに、"このレポートの内容" をクリックすると、"Windows10の互換性レポート:FAQ" のページが表示されます。

20150602-10-4.jpg

さて話はもどりますが、このダイアログ。右上の マークをクリックしてみると...

20150602-10-2.jpg

"Windows10について"、"アップグレードの入手"というメニューが表示されます。

Windows10について
・機能
・だれもがエキスパート
・スピードを追求
・魅力的な新機能
・アプリとゲーム
アップグレードの入手
・PCは準備完了
・確認の表示
・ヘルプ

から構成されています。

内容的にはポップアップで表示されていた画面です。ちなみに、"確認の表示" をクリックすると、"予約の取り消し" といった項目が用意されていました。

また、"Windows.comで詳細を見る" をクリックすると、以下のようなWindows10のホームページが表示されます。

20150602-10-3.jpg

このページには、"Windows 無償アップグレードの詳細" や、"Windows10の仕様に関するページ" へのリンクなどもあるので、より詳しい情報を確認したい場合にはクリックしてみてください。エディション別のアップグレードの詳細などは、"Windows10の仕様に関するページ"のところで確認ができます。

<参照>
Windows 10 の機能 - マイクロソフト
Windows10の仕様に関するページ
posted by クリック at 13:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

"Windows 10 を入手する" "無料アップグレートの手順" という画面が表示される

ちょうど月が変わって、6/1の朝9時過ぎぐらいから順次表示されるようになったようです。

確かに突然こうした画面が出ると、"あれ?" ってことになるわけですが、今回のこの表示、実は Windows Updateを利用して、"KB3035583" がインストールされると表示されるもの。"KB3035583" については、以下のサイトをご参照ください。

20150601-1.jpg20150601-0.jpg.jpg

更新プログラムにより、Windows 8.1 および Windows 7 SP1 上の Windows Update 通知用の追加機能が有効になります

この表示がわずらわしい場合には、"KB3035583" を削除すれば表示されないようになります。ただし、現在のところ、"重要な更新プログラム" として配信されているもののようですので、今後表示したくない場合には、再度Windows Updateを開いて表示しない設定に変更しておく必要があります。
また通知領域に表示されるものですから、通知カスタマイズを開いて、"GWX Windows10を入手する" の動作を、"アイコンと通知を非表示" にしておいてもいいかもしれませんね。

このあたりは、各自ご自身の都合のいい方で設定してご利用になって見てください。

ところで、正式な発売日が 7/29と発表され、さらに各ユーザーのPCにそんな表示を出すようにするぐらいに Windows10 のリリースが迫りつつあるんだな?とちょっとワクワクしながら、今回表示されたダイアログを確認してみました。

20150601-2.jpg20150601-3.jpg
20150601-4.jpg20150601-5.jpg
20150601-6.jpg20150601-7.jpg

私の場合は、ちょうど、検証機に "Build10130" をインストールしたばかりですが、正式リリース日もきまったとなると、その前の段階のRTMももうあとちょっとなんでしょうね。

さて、今回のこの画面。この画面に従って予約をするとどうなるか? 確認してみました。
以下の画面に進みますので、メールアドレスを入力し、"確認の送信" をクリックするだけです。

20150601-8.jpg20150601-9.jpg
Q&Aなどのところにも説明があるのですが、準備ができたら通知されるというだけのようで、Windows10へのアップグレード のところでも説明がありますが、予約を入れておいて、準備ができたら登録した通知がくるようで、通知されたからと言って必ずインストールしないといけないものでもないようですし、また予約を取り消すこともできるようです。

ちなみにこの予約は、Q&Aによれば、デバイスごとに必要なようです。

本日のニュースで正式に、7/29にリリースが決まったWindows10。
今後またどんなニュースが流れるか? ちょっと楽しみですね。

それにしてもこんなサプライズが6月初日から。今日は終日Windows10に振り回されました...やれやれ

<参照>
Windows 10 の無償アップグレード、7 月 29 日に提供開始/News Center Japan
Windows10 Q&A
Windows10へのアップグレード
Hello World: Windows 10 Available on July 29/英語
posted by クリック at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

メール、People、カレンダーが利用できない

Windows Insider Programで提供されているWindows10。
先日Build10049にUpdateされて、正式リリースを目指して、着々と改良が加えられバージョンアップしています。

Windows Insider Program

もちろんまだまだどなたでも利用できるものでもないし、上記サイトにも説明があるように、一部の方(ITproや開発者など)向けに試験的に導入してもらっている段階です。試される方はその点を十分理解した上でお試しください。

さて、Build9926以降なかなかUpdateできていなかったのに加え、Build10041では、Windows Updateが全くできないといったトラブルに見舞われ、結果一度Windows8.1に戻してから、再度ISOバージョンの10041にUpdate。Updateが終わってみたらすでに、10049が提供され始めて、10041は全く使うことなく、そのまま再Updateと、ここの所Update続きで、ようやく昨日無事 Build10049 へのUpdateが完了。

さて使ってみるか?と思ったら、今度は、メール、People、カレンダーのアプリのアイコンがおかしい...
起動してみると、みんなエラーで起動できない。

20150402-1.jpg

エラーの中をクリックして、各アプリの再インストールに進んでも、やはりエラーで再インストールができない状態でした。

20150402-2.jpg20150402-3.jpg
20150402-4.jpg

この問題、すでに既知の問題として、Build10041の時に上がっていて、その対処法も公開されているようでしたので、さっそく試させていただきました。

Windows 10 Technical Preview Build 10041 now available

結果からすれば、この対処法で改善したわけですが、Build10041で見つかった不具合は、Build10049でも発生しているってことなんですね。


【対処法】

1) まず以下の手順で、PowerShellを管理者として実行します。
スタート>すべてのアプリ>Windowsシステムツール と開いて、"Windows PowerShell" を右クリックして、"管理者として実行" をクリックします。

20150402-5.jpg20150402-6.jpg

2) 上記で紹介した、Windows 10 Technical Preview Build 10041 now available にアクセスします。

3)ちょうど太字で記載されている、この部分をコピーして、PowerShellの画面に右クリックから貼り付け、Enterにて実行します。

20150402-7.jpg

"Get-appxprovisionedpackage ?online | where-object {$_.packagename ?like “*windowscommunicationsapps*”} | remove-appxprovisionedpackage ?online"

4) これで削除が完了。

5) 続いて、ストアアプリを開いて、"メール" で検索してアプリのインストールを行います。

ということで、無事、メール、People、カレンダーが復活しました。いつまでこの不具合を引きずるのかはわかりませんが、次回以降もまたBuildがあがって、起動できない場合にはこの方法で削除して再インストールしてみる必要がありそうですね。

備忘録として取り上げてみました。

なお、Build10049については、以下のブログにて、既知の問題なども紹介されていますので、対処法などは直接そちらをご確認ください。


<参照>
Windows 10 Technical Preview Build 10049 now available
posted by クリック at 11:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

Cortanaが使いたい!

1/22 3:00AM(日本時間)〜 Windows10のイベントがありました。そしてその姿がおぼろげながらに見えたWindows10。マスコミなどでも大々的に報道され、先日からダウンロード可能になったWindows10のTP版を早速導入されている方も多いかもしれませんね。

20150125-1.jpg20150125-2.jpg

私の場合は、英語版を入れていて、今回久々にバージョンアップとなりました。日本語版もISO形式で提供されていますが、今回は、英語版で、そのままNew Buildを導入する形でUpdateを行いました。

20150125-3.jpg

そして、インストールが完了。ちょうど、Windows8からWindows8.1にUpdateした時のように、ストアアプリなどの再構築が始まって、しばらくしてデスクトップが登場!
今回のBuild9926からは、日本語版も用意され日本語環境でも確認できるようになりましたが、そこはまだTechnical Preview版。今回の、Build9926からは日本語バージョンも登場しましたがその前までは、英語版しかなかったこともあり機能的にもまだまだです。

さて今回楽しみにしていた機能の一つに、Windows10のPC環境でも利用できるようになった "Cortana" があります。ただし、現在日本語版では、まだ "Cortana" が利用できませんので、あえて英語版のままでUpdateしてみたわけです。

20150125-4.jpg20150125-5.jpg

ところで、私の利用しているのは英語版で、日本語のIMEは導入されているのですが、当初は地域も日本になっていたため、喜び勇んで、"Cortana" を起動してみても、"I'm afraid I'm not available to help in your reagion" となり、設定画面を出しても、CortanaをONにすることができませんでした。

なら英語環境でどこをどうすれば "Cortana" をONにできるのか?

20150125-6.jpg
20150125-7.jpg20150125-8.jpg

・設定(Settings)>時間と言語(Time & Language) >地域と言語(Reagion & Language) と開きます。
・国または地域(Country or region) のところで、地域を、"United States" に変更します。

* 時間の表示や、IMEの言語設定は日本、あるいは日本語でも問題ありません。

それで、再度検索のところをクリックして、設定(Settings)に入ると、CortanaをONにすることができるようになります。
ONにすると、最初に名前を設定します。これは、設定画面から後程変更することも可能です。

さぁ、これで準備が整いました。"Cortana" を利用してみてください...
まずは自分の英語が通じるか?...そっちの方が心配でした。
ちょっと心配してましたが、何とかきちんと理解してくれたようでホッとしました。

Windows10の先日の発表に伴い、以来いろんなところで報道され、取り上げられていますので是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

今後はWindows10に関する話題も、今まで以上にちょくちょく取り上げてみたいと思います。そうそう、そういえば、Officeの次期バージョンにあたる、"Office2016" についても報道されておりましたね。こちらについても、同様に機会があれば取り上げてみようと思います。

注意)Windows10はまだTechnical Preview版というTest版です。Insider Programのページにも、"お使いのデバイスで問題が発生しないように、Preview をインストールする前に、すべての要件 (現在、英語版のみ) をお読みください" とありますが、ご利用にあたってはこうした注意をよくお読みいただいた上で、さらに普段お仕事などで使用されるPCなどではなく、トラブルが発生して、リカバリなどしても問題ないPCでお試しいただく必要があることをご理解いただいた上で、利用する必要があるものです。くれぐれもご注意ください。

<参照>
Windows Insider Program
使いやすくなった! 「Windows 10」プレビュー版特集/ASCII
「Windows 10」テクニカルプレビュー更新 「Cortana」や日本語対応/ITmedia
次期デスクトップ向けOfficeの名称は「Office 2016」/ITmedia
posted by クリック at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

Windows10 TP版のUpdate 〜 Build9879が公開されました

先日、Windows10TP版のUpdateの第二弾、Build9879 がリリースされました。初回の時もそうでしたが、今回もまたUpdateがない...ってバタバタしてしまったので、前回ちょこっと触れただけでしたので、今回はもうちょっとしっかり備忘録として取り上げてみました。

10/1に公開されたWindows10TP版。その後、"Build9860" が公開されて、さらに今回、11/12に "Build9879" が公開されました。

このUpdateですが、入手方法が通常のWindows Updateとはちょっと違うので、毎度毎度、あれ?Windows UpdateかけてもOfficeしか出てこない...って戸惑ってたわけです。特に、"Build9860" が公開された初回は...。

このWindows10TP版のUpdateは、通常のWindows Updateの画面からはいるわけではないということを分かっていたはず。にもかかわらずすっかり忘れていてまた今回も....

すでにUpdateされている方は問題ないと思いますけど、また忘れないように自分のために取り上げてみました。


<BuildのUpdate手順>

20141114-1.jpg

1) 新しいスタートボタンを押して、PC Settingsをクリック
もちろん、従来通り、Windowsキー + I などで "Settings"(設定) を表示>Change PC Settings(PC設定の変更)をクリックという手順でも問題ありません
2) Update and recovery をクリック
3) Preview builds をクリック
4) "Choose how fast you'd〜" のところを "Fast" に変更
5) "Check now" をクリック
6) 検出されたら、"Download now" をクリック
7) ダウンロードが完了したら、次に "Install now" をクリックしてインストールを開始

という手順になるわけですが、"Choose how fast you'd〜" のところが "Slow" のままだと、いくら、"Check now" をクリックしても、公開されたばかりの最新のBuildは検出されません。

さらに、当然ですが、"Update and recovery" のところから、"Windows Update" に入ってチェックするわけでもないんですね。

っていうことで、備忘録として取り上げてみました。

【2014.11.15 更新】
ちなみに、Updateですが、かなりの時間がかかるようです。仕様なのか?PCの問題かは不明。インストール後に再起動がかかって、構成するのに、1時間以上かかっておりました....いずれにしてもTP版です。気長に待った方がよさそうです。

20141114-2-2.jpg20141114-3.jpg

ちなみに無事アップデートが完了し、完了後の状態と、IEを起動した状態です。

<参照>
MS、「Windows 10」テクニカルプレビュー版の第2回アップデートを公開/cnet
Windows 10 Technical Preview ビルド9879のリリース
posted by クリック at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

Windows10の新しいBuild9860が登場

またTechnical Preview版でお試しになっている方も少ないかもしれませんが、Build9841に続く新しいBuild9860が公開されました。

でUpdateをどうやるか? 通常のWindows Updateでは検出されません。

Windows + I などで、設定チャーム(Settings) を出して、PC設定の変更から入っていきます。
Preview Build という項目をクリックすると、ダウンロードのボタンが....

うっかりWindows Updateからだと思って、Windows Updateをいくらクリックしても表示されませんのでご注意ください。

さてさて、どこが変わったか....じっくり見てみたいと思います。

<参照>
Windows 10 Technical Preview ビルド9860のリリース
Windows 10: A few new touch friendly features in 9860


posted by クリック at 08:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

シャドーコピーが復活

Windows10 Technical Previewが公開されて、いろいろ試されている方も多いかと思います。

現在公開中のWindows10TP版には、

・Windows10 Technical Preview
・Windows10 Technical Preview for Enterprise

の2つがあります。ともに英語版です。日本語版の提供は現段階ではありません。

通常はPCに詳しい方やITproの方などが製品を試用して不具合や改善すべき点をフィードバックするためのものですから、ご利用に際してはくれぐれもご注意ください。

試されるのであればあくまでも普段ご利用のPCではなく他のPCに、あるいはVHDなどの仮想環境をご利用するなど注意が必要です。

ところで、さっそく私もHPのマシーンにインストールしてみました。もともと、このHPのPCはWindows7の入っていたPC。これをそのままアップグレードインストール。基本的にはWindows7からのアップグレードには対応しているということでしたので、Windows7からWindows8にアップグレードする時のように、ユーザーデータもWindows.oldフォルダに自動的にバックアップしてくれてました。

基本的には問題なくインストールが完了。いくつかデバイス上でエラーもあり、ドライバーをダウンロードしましたが、これはあくまでも既存のドライバ(Windows8向け)で問題ありませんでした。

20141009-1.jpg20141009-2.jpg

さてまだまだそんなに使っていませんが、今回ちょっと気になったのはファイルのバックアップ機能。

WindowsVistaの一部のエディションと、Windows7にあった、"シャドーコピー" の機能。Windows8/8.1になってからは、これがなくなって、"ファイル履歴" に変わりました。

これに関しては、以前こちらのブログでも取り上げさせていただきました。

さてWindows10ではどうなっているか? 以下のように、Windows10では "シャドーコピー" の機能が復活してました。あくまでも現段階ではということですが。

20141009-3.jpg

ご覧いただければお分かりかと思いますが、"Previous Versions" という部分がありますね、そしてちゃんと履歴が残っています。
Windows7の時には、意外にこれがあって上書きしてしまったファイルや、誤って削除してしまったファイルを復活させたりできていたので非常に重宝してました。

こういう自動バックアップの機能があるとやはり心強いですよね....

さてさて、引き続きいろいろ使って、また気が付いたことがあればブログ上でもご紹介したいと思います。

<参照>
Windows 10 Technical Preview
Windows 10 Technical Preview for Enterprise/TechNet Evaluation Center
posted by クリック at 10:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする