2006年05月10日

マルウェア

危険を促す画面今回は最近よく聞く、ウィルスに感染しているよと思わせてウィルス対策ソフトをダウンロードさせようといういわゆるスパイウェアのお話。ちょうど、フリーのアイコンをあちこち探して、海外のサイトを訪れたときに、どんぴしゃりと遭遇したのでこれはいい機会と思ってのご紹介です。
警告画面
ウィルス、ワーム、スパイウェアなどの総称を一般的にマルウェア(Malware malicious software)と言っていますが、本来は、悪意を持って作成されたソフトウェア全般に対する一般的な言葉。まぁ今回のものも、マルウェアですよね...

ダウンロードをさせる画面最近よく聞くのは、

WinFixer
WinAntiVirusPro2006
WinAntiSpyware2006

今回のこういったものも、特に慣れない方は結構わけもわからずにダウンロードしてしまうケースもあるようですが、こういったメッセージが出たら慌てずキャンセルしましょう。

下記サイトに実際に試してみて方のブログを発見。実際にやり取り下ときのことがかかれているので参考になります。

http://blog.lucanian.net/archives/50666828.html

まぁ〜実社会同様、サイバースペースにもいろいろあるってことですね。

参考までに、スパイウェア対策などを紹介している関連サイトをいくつか...

http://www.shareedge.com/spywareguide/index.php

http://www.higaitaisaku.com/
posted by クリック at 16:12| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(2) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

Windows Defender (Beta2)を導入してみた

Windows Defenderを導入してみました。MicrosoftAntiSpywareの後継ソフトということで、以前にも取り上げたことがありましたが、実際に導入したのは今回が初めて。
Windows DefenderWindows Defenderを導入してみました。日本語版の提供はまだですし、まだBeta版でもあるものの、現在のところとりあえず問題なく動作しています。

Windows Defenderのメニュー画面システム要件:
CPU Pentium233Mhz以上 PentiumIII推奨
対応OS Windows2000SP4、WindowsXPSP2、WindowsServer2003ServicePack1
メモリ 64Mb(最低) 128Mb以上(推奨)
HDD空き容量 20Mb以上
ブラウザ Internet Explorer 6 以上

というもの。但しWindows2000ご利用の方は、注意が必要かも知れません。というのは、うちの環境はWindows2000SP4でしたが、Windows2000の場合のみ、"GDI+"のアップグレードが必要で、これをやらないとインストールができません。

http://support.microsoft.com/?kbid=915052

上記サイトを参考に、ダウンロードして、解凍後"Gdiplus.dll"というファイルをWindowsNTフォルダ内のSystem32フォルダにいれてあげる事でインストールできるようになります。

さぁ、これでインストールも完了! あとはどんなものかと思って起動すると、せっかく起動したのに今度は、"Windows Defender definitions haven’t been updated" とでて定義ファイルが古いまま。

http://support.microsoft.com/kb/915105/ja

これに関しても、上記サイトに基づいて設定し、その後は無事定義ファイルも更新。動き出したら何でもなく、そして問題なく動作してますが、結構Windows2000だからか?導入するまでにとまどいました...
Software Explorer
Windows Defenderの公式HP
http://www.microsoft.com/athome/security/spyware/software/
さて、実際に使ってみてですが、Windows Anti Spywareのときも結構いろいろ表示されるソフトの情報機能がありましたが、これも結構いろいろあります。たとえばToolをクリックして"Software Explorer"を起動してみると、スタートアップの制御などの機能もあるようですしね。もともとWindows2000には、WindowsXPとか98などにあったような"msconfig.exe"というプログラムを利用したスタートアップの制御ができませんでしたから、これがあると多少はいいのかもしれません。加えて比較的スパイウェアのチェックも結構高速です。

っとまぁ、導入してみたもののとりあえずまだBeta版ですから様子を見ながらの運用ということになると思いますが...

このWindows Defender。タスクトレイ上には、アイコンも表示されてませんが、一応常駐しているようです。タスクマネージャーで確認したところしっかりおりました.... (^^ゞ


posted by クリック at 14:44| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

インターネットトラブル

ブラウザネットを利用している時に巻き込まれるトラブルばかりではなく、さまざまな犯罪に対する情報提供として、便利なサイトがありますので、ぜひ一度参考にして見てはいかがでしょうか?

http://www.police-ch.jp/index.html

ビデオライブラリのようなものがあって、動画でいろいろ解説しています。

サイバー犯罪がらみについては、以下の警視庁のハイテク犯罪対策のページなどの参考になると思います。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/haiteku/index.htm
posted by クリック at 17:55| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

スパイウェア対策

スパイウェア対策ソフトもいろいろあります。Spy-botやAd-ware SE Personalなどの老舗的なソフトに、加えてマイクロソフトもこれまでWindows AntiSpywareとしてベータ版を配布していましたが、装いも新たに、Windows Defenderとして登場。今度は、Windows Updateでも自動更新できるものみたいです。
<WindowsDefender> *日本語版はなく、英語版のベータ版のみのようです
http://www.microsoft.com/athome/security/spyware/software/PC Clean
それに加えて最近見つけた、"PC-Clean"というフリーウェア。これも結構便利そうです。いろんなPCに導入して試している最中です。こちらは日本語対応。レジストリの部分も、確認できます。ご興味のある方はお試しになってみてはいかがでしょうか?

http://www.pc-clean.jp/

そういえば、最近流行(?)のフィッシング詐欺。吊り上げられないようにするための、対策ソフトもフリーのものがあります。その名も"Phish Wall"
パソコンにインストールして利用するものは、フリーで提供されていますので、あわせて利用するのもいいかもしれません。

http://www.securebrain.co.jp/
posted by クリック at 10:45| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする