2021年05月25日

macOS 11.4 が リリース

BigSur が登場して早いもので半年余り。今回この最新バージョンとなる Ver.11.4 が公開されました。

20210525-1-1.png 20210525-1-2.png

リリース情報によれば、以下の更新含まれているとのことです。

---- 以下、Update の画面より引用

macOS Big Sur 11.4 11.4

macOS Big Sur 11.4には、Apple Podcastのサブスクリプションとチャンネルが追加され、重要なバグ修正が含まれています。

Podcast

  • Apple Podcastのサブスクリプションは、月額または年額のサブスクリプションとして購入できます
  • チャンネルにより、Podcastの作成者による番組のコレクションがまとめられています

このリリースでは以下の問題も解決されます:

  • Safariでブックマークの表示順序が変わったり、非表示のフォルダに移動されたりする場合がある
  • Macのスリープ解除後に特定のWebサイトが正常に表示されない場合がある
  • 写真を写真アプリケーションから書き出したときにキーワードが含まれない場合がある
  • PDF書類の検索時にプレビューが応答しなくなる場合がある
  • Civilization VIのプレイ中に16インチMacBook Proが応答しなくなる場合がある

更新内容およびセキュリティの更新情報については、まだ日本語のサイトは更新されておりません。

20210525-2-1.png 20210525-2-2.png
上記の通り、USサイトのみになります。

こうした更新プログラムは、現在、Mojave 10.14、Catalina 10.15、そして BigSur 11.4 と3つの macOS のみに提供されております。それ以前の High Sierra 10.13 より前の macOS については、基本的には実質的にはサポートが終了しているということになります。


<参照>




Yogibo(ヨギボー)

posted by クリック at 11:48| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月07日

macOS 11.3.1 の Update リリース!

ちょうど、4月末に、macOS Ver.11.3  が届いたばかりなわけですが、次の更新プログラム Ver.11.3.1 が到着しております。

20210507-3-1.png 20210507-3-2.png

今回の更新はセキュリティの脆弱性対策ということで、5月3日付でリリースされているものですが、CVE-2021-30665、CVE-2021-30663 に基づくものになります。

更新内容に関する詳細については、"macOS Big Sur 11.3.1 のセキュリティコンテンツについて" をご参照ください。

確認が遅くなりまして今回のご紹介となりました。


<参照>




Yogibo Max(ヨギボーマックス)
posted by クリック at 13:29| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月27日

macOS Big Sur 11.3 リリース

Office の Update に続いて、macOS の Update です。

本日、masOS Big Sur 11.3 のリリースがスタートいたしました。

20210427-2-1.png 20210427-2-2.png

更新内容については以下の通りです(以下、アップデート画面より引用)

---

macOS Big Sur 11.3 11.3再起動が必要です


macOS Big Sur 11.3では、AirTagへの対応が追加され、M1を搭載したMacでのiPhoneおよびiPadAppに関する改善が含まれ、カップルの絵文字で別々のスキントーンのバリエーションが使用可能になります。


AirTag探す

  • AirTagに対応し、鍵、財布、かばんなどの大切な持ち物の位置情報を、探す” Appでプライバシーと安全性を確保しながら確認したり、探すことができます
  • 何億ものデバイスからなる探すネットワークにより、AirTagが近くにない場合でも、AirTagを探すことができます
  • 紛失モードでは、AirTagを見つかったときに通知が送信され、あなたの連絡先の電話番号を入力しておくことができます

M1を搭載したMacでのiPhoneおよびiPad App

  • iPhoneおよびiPadAppのウインドウサイズを変更できるオプションを追加
  • iPhoneおよびiPadAppの最大解像度バージョンのフルスクリーン表示に対応
  • デバイスの傾きを利用するiPhoneおよびiPad用ゲームのキーボードでの対応
  • ゲームコントローラ対応のiPhoneおよびiPad用ゲームのキーボード、マウス、およびトラックパッドでの対応

絵文字

  • キスしているカップルの絵文字、カップルとハートの絵文字のすべてのバリエーションで、別々のスキントーンに対応
  • 新しい顔の絵文字、ハートの絵文字、髭を生やした女性の絵文字を追加

ミュージック

  • 自動再生で、曲またはプレイリストが終わったあとも似ている曲を自動的に再生して、ミュージックの再生を継続可能
  • 世界の100を超える各都市で人気のあるミュージックを紹介する都市別ランキング

Podcast

  • Podcastの番組のページを、より簡単に視聴を開始できるように再設計
  • エピソードを保存およびダウンロードするオプションにより、自動的にエピソードをライブラリに追加して、素早くアクセスすることが可能
  • ダウンロードの動作および通知の設定を番組ごとにカスタマイズ可能
  • 新しい番組を見つけるときに役立つ、ランキングと検索での人気のカテゴリ

Safari

  • スタートページのセクションの順序をカスタマイズ可能
  • WebExtensions APIが追加されたことで、デベロッパは新しいタブページを置き換える機能拡張を提供可能
  • Web Speech APIにより、デベロッパがリアルタイムのキャプション表示、音声入力、音声ナビゲーションのための音声認識をWebページに組み込むことが可能
  • WebMおよびVorbisのビデオ/オーディオフォーマットに対応

リマインダー

  • 今日のスマートリストの並べ替えが可能
  • リスト内のリマインダーの順序のデバイス間での同期に対応
  • リマインダーリストをプリントするオプションを追加

ゲーム

  • Xbox Series X|SのワイヤレスコントローラまたはSony PS5DualSense™ワイヤレスコントローラに対応

M1チップを搭載したMac

  • ハイバネーションに対応

このMacについて

  • Apple IDでサインインしている場合、このMacについてサービスタブにAppleの保証状況とAppleCare+保証の状況を表示
  • AppleCare+に加入可能なMacでは、このMacについてからのAppleCare+の購入と登録に対応

このリリースでは以下の問題も解決されます:

  • Siriによって作成されたリマインダーが、意図せずに早朝に設定される場合がある
  • iCloudキーチェーンがオフにならない場合がある
  • AirPodsの自動切り替えで、オーディオが誤ったデバイスに送信される
  • AirPodsの自動切り替えが通知されなかったり、通知が重複したりすることがある
  • 外部4KモニタをUSB-Cで接続したときにフル解像度で表示されない場合がある
  • Mac miniM12020)の再起動後にログインウインドウが正常に表示されない場合がある
  • アクセシビリティキーボードで滞留機能が正しく動作しない場合がある

---- 

詳細は各リリースサイトをご参照ください。当然ですがかなり多岐にわたっておりますし、ファイルサイズも、これまでになく大きく、5.71Gb なので、結構時間もかかりそうですね。

ちなみに現時点では、日本語サイトはまだ更新されておりませんので、情報についてはUSサイトをご参照ください。


<参照>

macOS Big Sur のアップデートの新機能
What's new in the updates for macOS Big Sur
Apple セキュリティアップデート
Apple security updates





Yogibo Max(ヨギボーマックス)
posted by クリック at 10:49| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月09日

macOS 11.2.3 BigSur 更新情報

引き続き macOS 11.2.3 BigSur の更新情報です。

20210309-2-1.png 20210309-2-2.png

iOS 14.4.1 や iPadOS 14.4.1、watchOS 7.3.2 への更新プログラムのほか、Catalina、Mojave 向けには、Safari 14.0.3 (v. 14610.4.3.1.7 and 15610.4.3.1.7) の更新プログラムが提供されているようです。

20210309-2-3.png

CVE-2021-1844に基づくもので WebKit の更新になります。Catalina および Mojave 向けには Safari 14.0.3 の更新という形で提供がスタートしています。


<参照>




Yogibo(ヨギボー)
posted by クリック at 13:29| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月03日

Apple Silicon M1 Mac の場合 カードリーダーが対応していないものもある

新しいものにはいろいろ問題も発生しうることはよくあることですが、昨年投入された Apple の Apple Silicon M1 搭載のMac では、先日ご紹介した Safari 14.0.3 の問題の他にも、ICカードリーダーの一部が使えないというトラブルもあるので注意が必要です。


先日ご紹介したのが、最新版の Safari 14.0.3 では、e-Tax(マイナンバーカード方式)利用の際に、マイナンバーカードの認証が進まない件をご紹介しました。

20210302-2-2.jpg

実は、昨年秋に投入された Apple Silicon M1 搭載の Mac の場合には、先日ご紹介した認証以前に カードリーダー自体が利用できないケースが確認されているようです。

もちろん、ICカードリーダーを購入する際には、OSは確認するでしょうけど、macOS 11.0 BigSur に対応しているからと言って必ずしも Apple Silicon M1 の Mac でも確定申告の際に問題なく利用できるとは限らないようです。

確定申告書等作成コーナーのお知らせによれば、

「ICカードリーダライタの種類によっては、Apple社のM1チップが搭載された最新のMacBook等に未対応のため、マイナンバーカード等の電子署名等が正常に動作しない場合があることを確認しています」

とのこと。もちろんPCを買い替える前から利用されていたICカードリーダーもそうですし、新しく購入される場合にも注意が必要です。

具体的にはどれがダメで、どれだったら大丈夫...ということまでははっきりわからないようで、メーカーに問い合わせるようにあったりしますが、読み取りに失敗するなどのケースがある場合には疑う必要もありそうですね。


<参照>




ノートンストア

posted by クリック at 09:00| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

Safari Ver.14.0.3 で e-Tax のマイナンバーによる認証ができない

確定申告のシーズン真っ只中な昨今です。
私も早くやらなきゃと思いつつ、あとへあとへ.... 

さてそんな中ですが、今年になって、Internet Explorer 以外でも e-Tax が利用できるようになって万々歳と思っていた矢先、今度は、Mac の Safari Ver.14.0.3 での不具合が確認されているようです。

20210302-2-1.png

Safari Ver.14.0.3 といえば、現在の最新バージョン。つまり最新の状態だと、マイナンバーカードを利用した認証を行おうとすると先に進めないようです。Ver.14.0.2 までは問題ないようです。

Webサイトによると

MacintoshのSafari14.0.3でe-Tax(マイナンバーカード方式)をご利用の場合は、マイナポータルの「もっとつながる」設定をしていただき、マイナポータルでマイナンバーカードを読み取って作成コーナーに進む方法(以下の「ご参考」を参照)をご利用ください。

とのことなので、マイナポータル経由で行う必要があるようです。

今年はコロナ禍の影響もあって、4月15日まで伸びてはいますが、それまでに改善すればいいんですが、改善しない場合にはマイナポータルへも登録してお試しください。


<参照>




ノートンストア

posted by クリック at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月26日

macOS 11.2.2 BigSur Update

なんか? Office の更新が重たいな?と思ってたらこちらも更新が来てたんですね。
BigSur 11.2.2 の更新プログラムが到着しております。

20210226-2-1.png 202102262-2.png

表示された内容によると....

「macOS Big Sur 11.2.2では、特定の他社製の非準拠セルフパワーUSB-Cハブやドックを接続したときに、MacBook Pro(2019年以降)およびMacBook Air(2020年以降)が破損するのを防止することができます。」

とのことです。まぁとりあえずうちの Mac は関係なさそう....

最新のリリース情報は、日本語版ではまだありませんので、US版のサイトをご確認ください。


<参照>


posted by クリック at 13:41| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

macOS 11.2.1 BigSur 更新情報

ちょっと遅くなりましたが、macOS 11.2 に追加の更新プログラムが、到着しております。
2月9日付でリリースされたものです。

20210214-2-1.png 20210214-2-2.png

更新内容については、macOS Big Sur 11.2、macOS Catalina 10.15.7、macOS Mojave 10.14.6 向けに提供されております。詳細は、参照先のリンクをご参照ください。


<参照>




楽天市場 楽天市場

ウイルスバスター クラウド
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ
posted by クリック at 22:44| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BigSur で、ローマ字変換、かな変換 を切り替える

BigSur になった変わったものの一つとして、macOS の ことえり での "ローマ字入力"、"かな入力" の切り替えについて確認してみました。


【macOS 10.15 まで】

macOS 10.15 までは、以下の手順になります。

20210214-1-1.jpg

アップルマーク>システム環境設定>キーボード

と開いて、

"入力ソース" を選択して、左側の言語のところは "日本語" をクリックして選択します。
すると、"入力方法" のところで、ローマ字入力/かな入力 の選択が可能です。


【macOS 11.0 BigSur から】

macOS 10.15 までと異なって、入力ソースのところで別れてしまうようです。

20210214-1-2.jpg

アップルマーク>システム環境設定>キーボード

と開いて、"入力ソース" のところに日本語が設定していても、"入力方法" という項目はありません。日本語というところに "日本語-ローマ字入力" とあるところから見ても違いがありますね。

BigSurについては、この画面で、"+" をクリックして "日本語-かな入力" を追加する必要があります。

20210214-1-3.jpg 20210214-1-4.jpg 20210214-1-5.jpg

追加することでメニューバーの "あ" のところで、"ローマ字入力" の "ひらがな" なのか? "かな入力" の "ひらがな" なのかの選択が可能になります。


<参照>




えきねっと びゅう国内ツアー


週刊 護衛艦いずもをつくる


posted by クリック at 13:10| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月02日

macOS Big Sur 11.2 アップデート

ぼちぼちかな?とちょくちょくチェックしてましたが、本日は、macOS にも更新が到着しておりました。

20210202-2-1.png 20210202-2-2.png

・macOS Big Sur 11.2 アップデート

"詳しい情報" のリンクをクリックすると以下のようにあります。

--- 以下、ダイアログ内のデータを引用:

macOS Big Sur 11.2アップデート 11.2再起動が必要です

macOS Big Sur 11.2を適用すると、Bluetoothの信頼性が向上するほか、以下の問題が修正されます:

  • Mac miniM12020)にHDMI-DVI変換アダプタを使用して外部ディスプレイを接続すると、画面が真っ暗になる場合がある
  • 写真アプリケーションでApple ProRAWの写真の編集内容が保存されない場合がある
  • iCloud Driveのオプションで“‘デスクトップフォルダと書類フォルダを無効にすると、iCloud Driveがオフになることがある
  • システム環境設定で管理者パスワードを入力してもロックが解除されない場合がある
  • 地球儀キーを押しても絵文字と記号パネルが表示されない場合がある

なお、更新内容の詳細については、Apple のサイトをご参照いただきたいのですが、日本語サイトではまだこの情報が反映されておりませんので、お急ぎの方はUSサイトのリンクをご参照ください。


<参照>

macOS Big Sur のアップデートの新機能
What's new in the updates for macOS Big Sur
Apple セキュリティアップデート
Apple security updates





ioPLAZA【DVDミレル】

posted by クリック at 11:31| 東京 ☔| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

macOS 11.1 アップデート配信スタート

本日は、iOS もきているようですが、macOS にも更新が到着しておりました。

本日配信がスタートしているのが、

20201215-2-1.png 20201215-2-2.png
・macOS Big Sur 11.1 アップデート

となります。更新内容などについては、以下の通りです。詳細の内容をコピーして見ました。



---- 以下、"詳しい情報" より引用

macOS Big Sur 11.1アップデート 11.1再起動が必要です

macOS Big Sur 11.1では、AirPods Maxへの対応、TVアプリケーションの機能強化、App Storeのプライバシー情報が導入されます。このリリースにはMacのバグ修正も含まれています。

AirPods Max

  • 新しいオーバーイヤーヘッドフォン“AirPods Max”に対応します
  • ハイファイオーディオで豊かなサウンドが再現されます
  • アダプティブEQにより、イヤークッションの装着状態に合わせてサウンドがリアルタイムに最適化されます
  • ノイズキャンセリングをオンにして環境ノイズを遮断できます
  • アクティブノイズキャンセリングを使用して環境ノイズを遮断できます
  • 空間オーディオとダイナミック・ヘッドトラッキングにより、まるで映画館にいるかのようなサウンド体験を楽しめます

TVアプリケーション

  • まったく新しいApple TV+のタブで、Apple Originalの番組や映画を簡単に見つけて視聴できます
  • 検索機能が強化され、ジャンルなどのカテゴリ別に閲覧でき、入力中に検索履歴や単語の候補が表示されます
  • 映画、テレビ番組、Podcast、チャンネル、スポーツなど、最も関連性の高い一致が最上位検索結果に表示されます

App Store

  • 新しいプライバシー情報セクションがApp Storeページに追加され、デベロッパが報告したアプリケーションのプライバシー慣行の概要が表示されます
  • Arcadeのゲームでは、ゲーム内ダッシュボードで新しくプレイできるArcadeゲームが推奨されます

M1を搭載したMacでのiPhoneおよびiPad App

  • iPhoneおよびiPadAppの新しいウインドウオプションにより、ウインドウを横向きや縦向きに切り替えたり、ウインドウを拡大して画面全体に表示したりできます

写真

  • Apple ProRAWの写真を写真アプリケーションで編集できます

Safari

  • Ecosia検索エンジンのオプションがSafariに追加されます

空気質

  • 中国本土の場所の空気質がマップSiriで利用できます
  • 米国、イギリス、ドイツ、インド、メキシコでは特定の空気質レベルになったときに健康上の推奨事項がSiriで提供されます

このリリースでは以下の問題も対処されます。

  • macOS Catalinaからアップグレードしたあとでタイムコードトラック付きのムービーを開くとQuickTime Playerが終了することがある
  • Bluetooth接続状況がコントロールセンターに表示されない
  • Apple WatchMacを自動的にロック解除するときの信頼性
  • MacBook Proの各機種でトラックパッドのスクロールが予想より速くなることがある
  • M1を搭載したMacLG UltraFine 5Kディスプレイが誤って4K解像度で表示されることがある

一部の機能は地域やAppleデバイスによっては利用できないことがあります。
このアップデートについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT211896
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/kb/HT201222

----- ここまで

かなり多岐にわたっていて、3.2G とかなり大きなものになりますのでご注意ください。上記でリンク先がありますが、現時点では、日本語サイトには情報は上がっておりませんでしたので、以下の参照先は、USサイトにしてあります。


<参照>




ソースネクスト年賀状・はがき・住所録作成ソフト 筆王


明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
posted by クリック at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月15日

macOS 11.0 Big Sur のインストール

先日第一報をお届けした、新しい macOS 11.0 Big Sur。

今回はこのインストールの過程をご紹介いたします。何せ、12Gb もあるので、うちの貧弱なネット環境ではものすごく時間がかかりました。


【対象システム】

さてダウンロードの前に一つ確認。つまりこの Big Sur が利用可能なシステムについて確認してみました。
  • MacBook (2015) 以降
  • MacBook Air (2013) 以降
  • MacBook Pro (Late 2013) 以降
  • Mac mini (2014) 以降
  • iMac (2014) 以降
  • iMac Pro (2017) 以降
  • Mac Pro (2013) 以降
  • Apple Silicon搭載Mac
といったシステムが対象です。iMac Late 2013などは Update 対象から外れています。


【更新の到着からダウンロードまで】

まずは、通知が表示されて、"システム環境設定" を開いて、"ソフトウェアアップデート" を開くと、前回もご紹介した以下のような画面が表示されます。

20201114-1-1.png 20201114-1-2.png

そしてダウンロードをスタート。


1) ダウンロードが完了すると、通常のアップデートであれば、再起動してすぐに適用になるわけですが、今回のような更新の場合にはインストーラーが起動して来ます

20201114-1-3.png  

2) 利用規約に同意してすすみます

20201114-1-4.png 20201114-1-5.png

3) インストール先を選択し、管理者としてログインします

20201114-1-6.png 20201114-1-7.jpg

4) イントールがスタートします

20201114-1-8.png

あとはこの先再起動がかかり、OSの本格的な更新に入っていきます。

しばらくの間は更新が続きますが、その後、カラフルなデスクトップ画面が表示されました。

20201114-1-9.jpg 20201114-1-10.jpg

上記の画像は、日付をクリックして、ウィジットを表示している状態です。
Launchpad 起動して見たりすると、何か? まるで mac というより、iPad な感じですね。

早速、Microsoft 365 関連のアプリを起動してみましたが、うちで利用している Office 製品は、Beta Channel。
幸いそのせいもあるのか? Office 関連アプリは全く問題なく動作していました。

Apple のコミュニティを確認してみると、日本語入力に関連したトラブルも多々上がっていますが、とりあえずうちで確認する限りではそうしたこともなく利用可能でした。

なおシステム状況によると、一時、この Big Sur のアップデート(ダウンロード)ができなかった時間帯もあったようです。


<参照>




FamilyDot(ファミリードット)


ソースネクスト年賀状・はがき・住所録作成ソフト 筆王

posted by クリック at 13:57| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月14日

macOS Big Sur リリーススタート!

Windows 10 October 2020 Update に続いて、この秋の大きな話題である "macOS Big Sur" のリリースがスタートしております。

20201114-1-1.png

ついにやってきました "Big Sur"。今回のUpdate。Safari 14.0.1 も更新プログラムが配信されて来ております。

20201114-1-2.png

あわせて Update をお試しください。

12.18Gb もあるので、うちの貧弱な回線だとしばらくかかりますので、その後については後日ご紹介いたします。


<参照>




えきねっと びゅう国内ツアー


3連休におすすめの旅行 えきねっと びゅう国内ツアー 星野リゾート特集 びゅうトラベル

posted by クリック at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月06日

macOS 10.15.7 追加アップデート

Big Sur がいつか?いつか?と待ち遠しい時期ですが、macOS 10.15.7 に追加アップデートが届いております。

20201106-3.png 20201106-4.png

Google の Zero Project より指摘されていた

・フォントパーサーの脆弱性(CVE-2020-27930)
・悪意あるアプリケーションによりカーネルの特権昇格により任意のコードを実行される恐れがある脆弱性(CVE-2020-27932)
・メモリが漏洩する恐れがある脆弱性(CVE-2020-27950)

の3つの脆弱性の修正プログラムになります。

いずれにしてもセキュリティがらみの Update になるのでなるべく早めに更新しておいてください。


<参照>




Go Toキャンペーン えきねっと びゅう国内ツアー
posted by クリック at 11:51| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

macOS 10.15.7 リリース

ちょうど macOS Big Sur について書いたところで、Catalina にも更新プログラムが配信されて来ました。時期的には、Catalina の最後のバージョンになるのかもしれませんね。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200925-2-1.png 20200925-2-2.png
・macOS Catalina 10.15.7

リンクをクリックして見ましたが、日本語のサイトはまだ更新されていなかったようです。USサイトにはちゃんと情報がUpされておりました。

Update の詳細画面によれば、

・ macOS で Wi-Fi ネットワークに自動的に接続されない問題の解決
・ iCloud Drive経由でファイルの同期ができないことがある問題の解決
・ Radeon Pro 5700XT搭載の iMac  で発生する可能性のあるグラフィックスの問題への対応

といったものになるようです。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 13:42| 東京 ☔| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

macOS Big Sur リリース間近!

先日、macOS 10.14 / Mojave & 10.15 / Catalina 向けに、macOS Big Sur より搭載される Safari の最新バージョン、Safari 14.0 がソフトウェアアップデートで配信されました。

20200925-1-1.jpg 20200925-1-2.jpg


っていうことは、この秋にリリースが予定されている次期 macOS Big Sur のリリースがいよいよ迫りつつあるってことになるわけです。秋っていつなんだよ?もう秋じゃない?って早まってしまうわけですが、今回はこの "Big Sur" の動作環境について確認してみました。


【macOS Big Surって?】

まずは、"mac OS Big Sur" という名称について。まずどう読むか? "マックオーエス ビッグ サー" と読みます。
名称の由来は、カリフォルニア州セントラルコーストにある "ビッグサー" という沿岸地域の名称から来ているもののようです。

WWDC 2020 の基調講演の中で今年の秋リリース予定と発表され、現在プレビュー版が提供されています。

この "Big Sur" からバージョンも変わります。

従来の macOS Catalina まで  Ver.10.***
今後の macOS Big Sur 以降    Ver.11.***

となります。つまり、メジャーバージョンである os10 から os11 にアップデートされるわけです。


【利用可能な端末】

新機能もさることながら、うちの mac は大丈夫かな?と心配になるのが "システム要件"

20200925-1-3.jpg
  • MacBook: 2015以降
  • MacBook Pro: Late 2013以降
  • MacBook Air: 2013以降
  • Mac mini: 2014以降
  • iMac: 2014以降
  • iMac Pro: 2017以降
  • Mac Pro: 2013以降
といった機種が、アップグレード対象となるようです。

ということで、うちの MacBook Air はとりあえずセーフ。楽しみに待ちたいと思います。


<参照>




デル株式会社
posted by クリック at 13:33| 東京 ☔| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

Safari 14.0 リリース

遅くなりましたが、iOS の更新がきていたので、macOS にはないものか?と思っていたところ、Safari 14.0 のリリースが配信されてまいりました。

20200917-1-1.png 20200917-1-2.png

今回は、macOS については特にありません。Safari のみの更新になります。
なお今回の Safari 14.0 ですが、macOS Catalina および macOS Mojave 向けに配信されております。

本来であれば、Safari 14.0 は、Apple の次期OS macOS Big Sur に搭載される予定だったもの。
これが、Mojave & Catalina に前倒しで配信されたことになります。

タブバーのデザインが一新されたほか、今年で終了する Flash への対応も撤廃されました。


【更新】

今回、Safari 14.0 をアップデートすると、直後、Mac版 Microsoft Edge が起動しなくなるといったトラブルが確認されているようです。基本的には再起動などすれば利用できるようになるようですので、Safari 14.0 更新後、Mac 版 Microsoft Edge が起動しないという方は、mac 自体の再起動をお試しください。

20200918-2-1.jpg


確かにうちも Canary 版でしたが、昨晩?更新した直後は、Microsoft Edge だけ起動してもWebを読み込みに行きませんでした。今朝は何でもなかったように動いてますが...


<参照>




3連休におすすめの旅行 えきねっと びゅう国内ツアー
posted by クリック at 23:50| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

macOS Catalina 10.15.6 追加アップデート

仕事の関係もあって、確認が遅くなりましたが、昨日 Windows Insider Dev の更新だけやってたんですが、どうやら macOS Catalina の 追加 Update の配信がスタートしているようでしたので、こんな時間でしたがご紹介です。

20200813-10-1.png 20200813-10-2.png

Update の案内によると、
  • 仮想化アプリケーションの実行時に発生する可能性がある安定性の問題を修正
  • iMacRetina 5K27インチ、2020)で、スリープ解除後にディスプレイの色が薄く表示されることがある問題を解決
といった内容が含まれているようです。


<参照>




3連休におすすめの旅行 えきねっと びゅう国内ツアー
posted by クリック at 00:06| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

macOS 10.15.6 の配信がスタート

昨日の Windows Update に続いて、本日は、macOS にも Update が到着しております。

20200716-1-1.png 20200716-1-2.png

今回配信されて来ている更新プログラムは、macOS10.15.6 です。

Update の画面からの引用ですが、以下の部分が更新されるようです。(以下、Update 画面より引用)

macOS Catalina 10.15.6を適用すると、Macのセキュリティおよび信頼性が向上します。

  • バッテリー駆動時間を向上させるためにHDR対応のMacノートブックでビデオストリーミングを最適化する新しいオプションを追加
  • ソフトウェア・アップデートのインストール後にコンピュータ名が変更される場合がある問題を修正
  • 特定のUSBマウスおよびUSBトラックパッドとの接続が失われる場合がある問題を解決
具体的な更新内容については、日本語サイトはまだ更新されておりませんが、USサイトの "What's new in the updates for macOS Catalina"  にはありますので、お急ぎの方はそちらをご参考ください。

こうやって、Windows の次の日に、Mac の更新をするってのも珍しいですね。


<参照>




ポンッとデジタル印鑑
posted by クリック at 10:24| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

Mac で右クリックする

ちょっと備忘録として取り上げました。

基本的には、右クリックっていう発想、Windows 的だな?って思って仕方ないわけですが、Mac でも、右クリックという操作はあるんですね。

20200617-1-1.jpg 20200617-1-2.jpg

いまさらですが、"副ボタン" って言うんですね。

今まで、Control 押しながらクリックしてみたりしつつ、面倒だな?って思ってましたが、一応 右クリック の操作ができることが分かって多少は気分もスッキリ。

遠隔操作で、Windows のマシーンから、自分の Mac を利用することもあるんですが、この辺りもキー操作の違いって苦労するんですね....

たいしたことではないんですが、備忘録として取り上げてみました。


<参照>




明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
posted by クリック at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

macOS 10.15.5 追加アップデート

つい先日、macOS のアップデートについてご紹介しましたが、本日追加アップデートが到着しております。

20200602-1-1.png 20200602-1-2.png 20200602-1-3.png

内容的には以下のリンクにありますが、セキュリティに関する追加アップデートになります。

現段階では日本語ページには情報が反映されておりませんが、USサイトによれば、

・提供対象:macOS High Sierra 10.13.6, macOS Catalina 10.15.5
・内容:
アプリケーションがカーネル特権で任意のコードを実行できる可能性がある不具合の修正


アップデートプログラムの提供対象は、サポート中のOSのみになりますので、macOS の場合、Apple 側からのアナウンスはないものの、基本的には最新のOSを含めて2つ前まで。つまり、Hight Sierra までがサポート対象になっています。

ですので、High Sierra(os10.13)以前のものには、仮に不具合が確認されていても基本的には修正プログラムの提供はありません。


<参照>




星野リゾート特集 びゅうトラベル
posted by クリック at 12:14| 東京 🌁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

macOS 10.15.5 配信開始

本日は、macOS 10.15.5 の更新プログラムのご案内です。

20200527-1-1.png 20200527-1-2.png
今回の更新プログラムによって、新たにノートブックの“省エネルギー” 設定にバッテリーの状態管理機能が追加されるなどの機能が追加されているようです。

20200527-2-1.png 20200527-2-2.png 20200527-2-3.png

程なく更新されるとは思いますが、現時点で、日本語のサイトではまだ情報が更新されておりませんので、詳細はUSサイトをご参照ください。


ノートブックのバッテリの状態管理については、日本語サイトも用意されておりますので、そちらをご確認ください。


<参照>




明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』
posted by クリック at 11:40| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

Update が完了したのに、ソフトウェアアップデートの通知が消えない

macOS をご利用の皆さんにとってはおなじみの ソフトウェアアップデートの通知。

PCを起動したり、あるいはシステム環境設定の画面にはいると、"ソフトウェアアップデート" のところに赤く数字が表示されていたら Update のお時間です。

20200519-4-1.jpg 20200519-4-2.jpg

Dock にソフトウェアアップデートのアイコンが出て、更新プログラムの通知が来たので、システム環境設定を開いてみると、ソフトウェアアップデートのところに通知が...

さてそんなUpdateではありますが、メッセージに従ってアップデートプログラムをダウンロードして、Mac を再起動。そして Update が開始されて、何事もなく完了.... したはずなのに、システム環境設定から、ソフトウェアアップデートを開くといまだに赤く通知が表示されている....

ソフトウェアアップデートを開いても、確かに最新バージョンになっていて、特別更新すべきアップデートもない。

そんなことあるんですね...

でもよくよく調べてみると、時々こうしたこともあるようです。


【対処法】

Mac の場合には、何かあったらまずは環境設定ファイルを再構築してみる... 今回もこれが有効なようです。
ソフトウェアアップデートの環境設定ファイルは以下のところにあります。

ライブラリ>Preferences

と開いて、

"com.apple.preferences.softwareupdate.plist"  ファイルを削除して、Mac を再起動します。


アップデートはきっちりやりたいですから、もちろん通知をオフにしてもいいんでしょうけど、アップデートがあればちゃんと知らせてくれる方が、助かりますよね。

アップデートが済んでいるのに、この表示が消えない... そんな場合にはお試しください。


<参照>




ソースネクスト
posted by クリック at 10:00| 東京 🌁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

macOS Catalina 10.15.4 追加アップデート

macOS 10.15.4 の追加アップデートが配信されてまいりました。

20200409-1-1.png 20200409-1-2.png

今回配信されているのは、以下にもあるようにセキュリティの更新プログラムになります。

20200409-1-3.png

表示されたリンクを辿って、セキュリティのページに飛んでいったものの、日本語のサイトではまだUpdateされていないようでした。
USサイトは更新済みですので、詳細はUSサイトをご参照ください。

ちなみに、macOS 10.15.4 の追加アップデートということになるので、更新後もバージョンは変わりません。


<参照>


posted by クリック at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月25日

macOS 10.15.4 の配信がスタート

本日より、macOS 10.15.4 の配信がスタートしております。

20200325-5-1].png 20200325-5-2.png

Catalinaのアップデートでは、

iCloud Drive フォルダの共有、スクリーンタイムでの通信/通話の制限、Apple Music での曲の進行に合わせた歌詞の表示などの機能が導入されているようです。日本語サイトはまだ更新されておりませんが、USサイトでは更新内容をご確認いただけます。

詳細は、以下のサイトをご参照ください。セキュリティアップデートについても、本日の更新については、現時点では、USサイトでのみご確認いただけます。いずれ日本語サイトも更新されるとは思いますが、お急ぎの方は、USサイトをご参照ください。


<参照>


posted by クリック at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

macOS 10.15.3 の配信がスタート

Office に続いて、今回は、macOS の更新情報です。

本日、macOS 10.15.3 の配信がスタートしております。

20200129-2-1.png 20200129-2-2.png

"Mac の安定性、信頼性、およびセキュリティの向上" のための更新ということになりますが、今回で、catalina も、Ver.10.15.3 となります。

更新内容の詳細については、"Apple セキュリティアップデート" や "macOS Catalina のアップデートの新機能" をご参照ください。


<参照>


posted by クリック at 11:06| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

macOS 10.15.2 配信スタート!

Windows の Update に続いて、今月は、macOS 及びストアアプリにも更新プログラムが配信されております。

本日配信がスタートしている更新プログラムは次の通りです。

・macOS 10.15.2
・iMovie
・GarageBand


-- macOS 10.15.2:

20191213-2-1.png 20191213-2-2.png
以下の画像にもありますが、更新内容の詳細については、各リンクをご参照ください。

20191213-2-3.png 20191213-2-4.png


セキュリティアップデートについては、上記サイトにもありますが、macOS Catalina 10.15、macOS Mojave 10.14.6、macOS High Sierra 10.13.6 に提供されております。
Catalina が登場したことで、おそらく Sierra はサポート対象外になったんでしょうね。


-- AppStore アップデート:

20191213-3-1.png
上記の画像は、すでにアップデート後のものですが、本日、iMovie と GarageBand の更新が配信されて来ておりました。

・iMovie:"写真" のライブラリブラウザに、メディアが表示されない不具合の修正など以外にも、全体的に安定性の向上に向けて修正が入っています。
・GrageBand:安定性の向上、問題の修正ということの様です。


以上の様に、本日は、macOS 向けにも更新プログラムが到着しておりますので、更新をお試しください。


<参照>




楽天トラベル
posted by クリック at 12:16| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月31日

macOS Catalina 10.15.1 更新プログラムの配信がスタート!

先日、Catalina の提供がありましたが、早速、macOS 10.15.1 の更新プログラムの提供がスタートしました。

Catalina 提供後色々なところで不具合の話は聞こえてきましたが、だいぶ修正が入ったようです。

20191031-2-1.png 20191031-2-2.png

Update の画面から、更新内容をコピーしてみました。(以下、Updateの画面より引用)

macOS 10.15.1アップデート:

macOS Catalina 10.15.1アップデートには、絵文字のアップデートと追加、AirPods Proへの対応、HomeKitセキュアビデオ、HomeKit対応ルーター、Siriの新しいプライバシー設定のほか、バグ修正と改善が含まれます。

絵文字

  • 動物、食べ物、アクティビティ、新しいアクセシビリティの絵文字、男女の区別のない絵文字、カップルの絵文字での肌色の選択など、70種類以上の絵文字を追加またはアップデート

AirPods

  • AirPods Proに対応

ホーム” App

  • HomeKitセキュアビデオにより、防犯カメラからの暗号化したビデオを非公開で収録、保存、および表示することが可能。人、動物、車両を検知する機能を搭載
  • HomeKit対応ルーターにより、お使いのHomeKitアクセサリがインターネット上または自宅でどのように通信するかを制御可能
  • シーンやオートメーションでAirPlay 2対応スピーカーに対応

Siri

  • プライバシー設定で、Siriおよび音声入力に対する操作の音声をAppleが保存することを許可することにより、Siriおよび音声入力の改善に協力するかどうかを切り替えることが可能
  • Siri設定で、Siriおよび音声入力の履歴の削除が可能

このアップデートには以下のバグ修正および改善も含まれています:

  • 写真すべての写真表示でファイル名を表示する機能を復元
  • 写真日別表示で、お気に入り、写真、ビデオ、編集済み、キーワードによってフィルタリングする機能を復元
  • メッセージで、通知を繰り返すオプションがオンになっているときに通知が1回しか送信されない問題を修正
  • 連絡先で連絡先のリストではなく前回開いた連絡先が表示される問題を解決
  • ミュージックアプリケーションで、フォルダ内のプレイリストやリストに新しく追加した曲を表示したときに発生することがある問題を解決
  • iTunesライブラリのデータベースをミュージック、PodcastTVの各アプリケーションに移行するときの信頼性を向上
  • TVアプリケーションで、ダウンロード済みのタイトルがダウンロードフォルダに表示されない問題を修正

というように、かなりの箇所の修正が入っています。


<参照>

https://support.apple.com/kb/HT210642
https://support.apple.com/kb/HT201222



posted by クリック at 10:51| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

macOS Catalina セキュリティアップデート

先日公開された macOS Catalina 10.15 ですが、早速ですが、セキュリティのアップデートが届いているようです。

20191017-2-1.png 20191019-2-2.png

10月15日付で配信されているものですが、Apple の Web サイトには特に情報はありませんでした。ただし上記の画像にもありますが、Update の際に途中で設定アシスタントが応答しなくなるなどの不具合が解消されているようです。


<参照>




SPORTS AUTHORITY
posted by クリック at 10:52| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

新 macOS Catalina 配信スタート!

Office の更新情報を書いていてふと、ソフトウェアアップデートをかけたら....

20191008-2-1.png 20191008-2-2.png  20191008-2-0.png

なんと、意表を突いて、新macOS Catalina 10.15.0 の配信がスタートしておりました。さらに Safari 13.0.2 の更新プログラムも到着しているようです。

すっかり忘れてましたので、びっくりでしたが、早速アップデートをスタートして見たいと思います。
使い勝手などについては、後日また報告させていただきます。


【更新】

macOS Catalina の利用が可能な mac:
MacBook 2015 以降
MacBookAir 2012 以降
MacBookPro 2012 以降
Mac mini 2012 以降
iMac 2012 以降
iMac Pro 2017 以降
Mac Pro 2013 以降

ということで、当然ながらマシーン次第では Update できないものもありますのでご注意ください。
うちはぎりぎりセーフ。ってことば、ぼちぼち買い替え時ってことか...


【更新 Part 2】

無事、Update 完了。Catalina になりました。Catalinaからは、32ビットアプリが動かなくなりますので、Update したら、一応アプリの動作状況などは確認しておいた方が良さそうです。

20191008-2-4.png
とっくにサポートも終了してはいますが、Office 2011 はこの Catalina からは完全に動作しなくなります。


<参照>


Microsoft Store (マイクロソフトストア)
posted by クリック at 11:38| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

macOS Mojave 10.14.6 追加アップデート2

最近頻繁に Update が来るようになった macOS ですが、macOS Mojave の追加アップデートが到着しております。

20190928-1-1.png 20190928-1-2.png

前回は、Safari のみでしたが、今回は macOS 本体の更新になります。
セキュリティアップデートが含まれるようです。

ただし現時点では、日本語サイトでは、まだ情報は更新されていないようです。USのセキュリティアップデートのページには、本日の更新についても触れられております。



<参照>


posted by クリック at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

Safari 13.0 Update

今回は、Mac 版 Office でもなく、macOS でもなく、Safari の更新情報です。

久々に立ち上げたら、mojave の更新かな?と思ったら、Safari 13.0 の更新プログラムが到着しておりました。

20190924-1-1.png 20190924-1-2.png

9月19日付で配信されていたセキュリティアップデートになります。

Web上では、詳細は後日ということになっていたので、ソフトウェアアップデートに表示された内容を.....


ーーー 以下、ソフトウェアアップデートの詳細より引用 

Safari 13.0

Safari 13アップデートには、以下の機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

スタートページがアップデートされ、お気に入り、よく閲覧するWebサイト、および最後に閲覧したWebサイトが表示されます

• Webサイトへのサインインで安全性の低いパスワードが入力されたときに警告を表示し、強力なパスワードへのアップグレードを支援

タブのオーディオボタンからピクチャ・イン・ピクチャを有効にする機能を追加

• Webサイトのアドレスをスマート検索フィールドに入力したときに、検索結果のリストからすでに開いているタブに直接ジャンプすることが可能になります

• USBセキュリティキーを使用して認証を行うWebサイトに対応

といった内容のようでした。後日、Webサイトにも公開されましたら、再度ご紹介させていただきます。


【2019/09/25 更新】

Safari 13.0 で早速報告されていた不具合。Mojave 10.14.6 において、Googleアカウントが認証されないため、macOSデフォルトのメールアプリやカレンダーアプリとの同期ができないという報告が上がっていたようですが、早速修正プログラムの配信が始まったようです。

20190925-1-1.png 20190925-1-2.png

ということで、Updateしてみてください。


<参照>



posted by クリック at 10:50| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月27日

mac OS Mojave 追加更新情報

アップデートを確認していたら、こちらも更新プログラムが届いておりました。

20190827-2-1.png 20190827-2-2.png

・macOS Mojave 14.16.6 追加アップデート

特定の Mac ノートブックがスリープ中にシステム終了してしまうことがある問題などいくつかの修正が入っているようです。詳細は、"macOS Mojave のアップデートの新機能" をご参照ください。


<参照>

posted by クリック at 09:44| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

macOS 10.14.6 追加アップデート

7月26日付のブログでもご紹介しましたが、つい先日、macOS 10.14.6 の Update が配信されていましたが、今回、その追加更新プログラムの提供が開始されています。


20190805-1-1.png 20190805-1-2.png

上記の画像にもあるように、"一部のMacで正常にスリープ解除されないことがある問題" が修正されたようです。



<参照>

posted by クリック at 22:21| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

macOS 10.14.6 の配信がスタート

ここ最近、iOS の更新が続いていましたが、とうとう Mojave にも更新が配信されました。

今回配信されているのは、macOS 10.14.6 アップデート

20190726-1-1.png 201907261-2.png

先日 6月3日のWWDC 2019で発表され、この秋に投入されるとも噂のある新しい macOS Catalina を控えて、Mojave のバージョンも、10.14.6 と進んで、だいぶ定着した感があります。

Mojave については、32ビットアプリが動作する最後の OS。Catalina からは、64ビットアプリ以外は動作しなくなりますので、そういう意味では、大きな分岐点を控えての最終段階に至りつつあるんでしょうか?

AirPlay 2 に対応したスマートテレビと、ビデオ、写真、音楽などを共有できる機能などが追加。また一部のデバイスで発生していたオーディオ遅延の不具合の修正などが含まれております。詳細は、"macOS Mojave のアップデートの新機能" をご参照ください。

なお、次期OSとなる macOS 10.15 CatalinaBeta 版はすでに、6月から提供が開始されております。現地時間 7月16日には、"macOS Catalina 10.15 beta 4 (19A512f)" の提供が開発者向けに始まっています。ご利用にあたっては、"Apple Beta Software Program" に登録する必要がありますのでご注意ください。



<参照>


SPORTS AUTHORITY

posted by クリック at 13:49| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

macOS 10.14.5 の提供がスタート

本日より、macOS 10.14.5 の配信がスタートしました。

20190514-1-1.png

Mojave の最新バージョンで、このバージョンから、やっと macOS も、新元号 "令和" に対応します。

20190514-1-2.png 20190514-1-3.png
"今すぐアップデート" をクリックすると、ダウンロードして再起動するメッセージが表示されますので、クリックするとダウンロードがスタート。
完了すると、自動的に再起動が始まり、更新が進みます。

そして更新後、日付の設定を見てみると....

20190514-2-1.png 20190514-2-2.png

というように無事、新元号に対応するようになりました。

20190514-2-3.jpg

今回の Update の更新情報によれば..... (以下、macOS Mojave / Mac AppStoreプレビューより引用)

*************************************************

macOS Mojave 10.14.5アップデートでは、お使いのMacの安定性と信頼性が改善されます。

このアップデートの内容:

• ビデオ、写真、ミュージックなどをMacからAirPlay 2対応のスマートテレビにダイレクトに共有するAirPlay 2の機能を追加

• 和暦の元号“令和”に対応

• 2018年に投入されたMacBook Proでのオーディオ遅延を改善

• 特定の非常に大きなOmniOutlinerおよびOmniPlanの書類が適切にレンダリングされない問題を修正

*************************************************
といった部分に修正がかかっているようです。

今回、iOS 12.3 など他の Apple 製品の OS も更新されているようです。
これで、一応、Apple 製品も新元号対応が一段落ということでしょうか....


<参照>




SPORTS AUTHORITY


posted by クリック at 13:34| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

macOS などApple 製品の新元号対策

Windows については、ほぼ新元号対策も終盤を迎えようとしていますが、うちの Mac もそうですが、macOS をはじめとする Apple 製品はどうなのか? 確認してみました。

20190428-1.png 20190428-2.png

【macOS について】

20190428-1-1.jpg

OS10.14の "mojave" については、まだ正式にはリリースされておりませんが、os10.14.5の Beta 3 のリリースノートの中で、"令和" への対応がうたわれておりました。といことで、現在は、os10.14.4 なので、次の Update でということになります。

OS10.11 El Capitan 以前の少なくともサポートの終了したOSについては対応しないでしょうけど、OS10.12(Sierra)/OS10.13(HighSierra) については対応するんだろうな? と思われますが対応時期は不明です。


【iOS について】

20190428-2-1.jpg

iOS については、iOS12.3 Beta 3 のリリースノートの中で、やはり新元号への対応がうたわれておりました。
現在は、iOS12.2 が最新になりますので、やはり次の Update で対応という形になります。


【Mac 向 Office 製品について】

Office 製品については、サポートが引き続き行われている Office 2016 以降ということになると思います。Office Insider 向けの製品については、OSが対応する以前から、Office 側で対応済みできちんと表示されるようになっていましたが、4月16日(日本時間4月17日)に配信されている Ver.16.24.0(19041401) にて、”令和" に対応したという話も見かけますが、確認はできておりません。

こちらについては、また別の機会に取り上げさせていただきます。





Microsoft Store (マイクロソフトストア)

posted by クリック at 13:47| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

macOS 10.14.4 提供スタート

3月25日付で、Mac 用 OS Mojave の最新バージョン macOS 10.14.4 の提供がスタートしました。

20190330-1.png

今年の1月に os10.14.3 が提供されてから、おおよそ2ヶ月の期間をへての提供スタート。

20190330-2.png

更新内容については、"macOS Mojave のアップデートの新機能" をご確認ください。


<参照>



posted by クリック at 07:25| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

Mojave の追加 Update macOS 10.14.3

macOS 10.14.3 (Mojave) ですが、先日 macOS 10.14.3 になったばかりではありますが、追加 Update が来ているようです。

20190208-1.png 20190208-2.png

2月7日付で配信されているセキュリティ Update のようです。

そういえば、ちょっと前にも FaceTime の件についてはメディアでも報道されていましたね。


<参照>

posted by クリック at 13:35| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

macOS10.14.3 の提供がスタート!

昨年の暮れに、開発版の提供が開始された Mojave os10.14.3 が正式に本日より提供がスタートいたしました。

20190123-1.png 20190123-2.png 20190123-3.png

直接ダウンロードも可能ですが、通常は、システム環境設定から、ソフトウェアアップデートで更新していただければOKです。

20190123-4.png 20190123-5.png

内容的には安定性・互換性などの向上とあります。



<参照>



posted by クリック at 10:18| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

mac OS 10.14.2 Mojave の Update

Windows 同様、Mac OS も Update があるわけですが、昨日、macOS 10.14.2 の機能更新プログラムの提供が開始されました。

今回の Update は、安定性、互換性、そしてセキュリティを目的としたアップデートで、iTunes で、AirPlayスピーカーで再生ができない不具合などが修正されているようです。

Update の手順は以下の通りになります。

1) アップルマーク>システム環境設定>ソフトウェアアップデート と開きます

20181207-1.png

2) "今すぐアップデート" をクリックし、続いて、"ダウンロードして再起動" をクリックします

20181207-2.png

3) ダウンロードがスタートし、完了すると、再起動が始まり、適用が開始されます

20181207-3.png

あとは完了までお待ちください。



<参照>



posted by クリック at 10:40| 東京 🌁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

プログラムを起動すると Dock に追加される最近使ったアプリを消したい

先日リリースされた、macOS 10.14 Mojave ですが、High Sierra までと違って、Dock の所が何か違うぞ? と思っていたら、Dock の所に起動していないはずのアプリのアイコンが追加されている....

20181106-1.jpg

そうなんです。Mojave から変わったところの一つで、最近使ったアプリが終了後も Dock  に表示されるようになりました。High Sierra とかであれば、起動している最中には、起動中のアプリアイコンが Dock に一時的に表示されていても、終了すると Dock からは消えてましたが、今回の Mojave からは、Dock に追加されていくようになっています。

20181106-2.jpg

追加されてしまったアイコンは、Control キーを押しながらクリックし、オプション>Dockから削除 とすれば随時削除はできますが、これも面倒。さらに何かエラーの関係で、ターミナルの画面が残っていたりすると気になりますよね?

そんな場合には、

20181106-3.jpg

アップルマーク>システム環境設定>Dock と開きます。
"最近使ったアプリケーションを Dock に表示" のチェックを外してオフにします。

こうすることで、従来通り、アプリが起動時に一時的に表示されるようになり、自分で追加していないアイコンは Dock に表示されなくなります。

っていうことで、ちょっと気になったので、覚書として取り上げてみました。
ちなみにいくつ表示されるのか?というと、Dock の幅に余裕があるだけ表示されるようです。

ところで、Mojave に Update したばかりの時には、Mac を起動して、ユーザープロファイルを読み込んで起動を始めた後、しばらくすると一時的に、画面が黒くなって、アップルマークが表示されて、引き続き読み込みが続き、その後、デスクトップの画面になるという状態が続いてました。

こちらについては、先日公開された OS 10.14.1 にしてから、ユーザープロファイルを読み込み始めて暗転することなく、すぐにデスクトップが表示できるようになりましたので、もし Update がまだという方で気になる方は、Update をお試しください。

アップルマーク>システム環境設定>ソフトウェアアップデート とすれば Update ができます。



posted by クリック at 20:02| 東京 ☔| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

macOS 10.14 Mojave がリリース!

この秋は、リリースラッシュ。先日の Office 2019 のローチンに踊らされてちょっと忘れかけていた macOS。

実はすでに 9月25日 新しい macOS 10.14  Mojave がリリースされておりました。

20180927-0.jpg

App Store を起動すると、トップには、Mojave が。そしてクリックするとダウンロードサイトに移動できます。もちろん、AppleのWebサイトから、"今すぐアップグレード" をクリックしてもインストール可能です。

20180927-1.jpg 20190927-2.jpg

話題のダークモードは、メニューも、ツールバーも真っ黒! 黒を基調としたダークモードは、白に見習たせいもあって妙に落ち着いた感じです。時刻によって背景が変わる "ダイナミック・デスクトップ" などなど。

macOS Mojave のリリースに伴い、先日発表された、Office 2019 for Mac のサポート対象となる OS も、OS10.13(High Sierra)と OS10.14(Mojave)に変更されるんでしょうね。

macOS Mojave の新機能については、Apple のサイトをご参照いただくとして、Office 2019 等との関係については、別途改めて取り上げてみたいと思います。


【Office 製品の対応状況】

Office 2016、Office 2019、そして Office 365 for Mac においては、macOS 10.14 Mojave をサポートしております。ただし一応対応しているビルド番号が公開されております。最低限それ以上にUpdateしておく必要がありますのでご注意ください。

・Office 365/2019-ビルド16.17.0 以降
・Office 2016-ビルド16.16.2 以降
・Skype for Business 16.21.65 以降

Office 2016 もサポートされているようですが、バージョンにはご注意ください。

さて、2018年秋のアップデートラッシュ。
最後は、Windows 10 October 2018 Update が控えております。



<参照>




posted by クリック at 01:26| 東京 ☔| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

Safari 12.0 では、Silverlight は再生できなくなりました

つい先日(9/18)に Apple からリリースされた Safari 12.0。

実はこの Safari 12.0 から、今までサポートされていた Silverlight などの NPAPI アドインのサポートが終了しました。

20180921-1.jpg

Appleのサイトには上記にあるように提示されておりました。"Legacy NPAPI Plug-ins" のところで、"Removed support for running legacy NPAPI plug-ins other than Adobe Flash" とあるように、Flash以外はサポート対象外になったことが提示されております。

その関係で、U-NEXT など、Silverlight を必要とするサイトに、Macユーザーの方が、Safari 12.0 でアクセスすると、Silverlight のインストールを促され、ダウンロードしてインストールしても、プラグインとして導入されません。

そのため、画面上はインストールが完了しても、再度 U-NEXT にアクセスすると相変わらず、Silverlight のプラグインのインストールを要求されます。

ちなにに、U-NEXTのサイトでは以下のようにお知らせが上がっておりました。

20180921-2.jpg 20180921-3.jpg

今回の、U-NEXTをはじめ一部の動画サイトではまだまだ Silverlight を利用しているところがあるようですが、そういったサイトをご利用の際には、Google Chrome など Safari 以外のブラウザを利用するしかなさそうです。

一部の予備校や教育機関でも、Silverlight を利用した動画配信をやっているところもあるようなので、そうしたものをご利用の場合には一度そのサイトでの動作仕様を確認してみてください。

なお、最初にも触れましたがAdobe Flash については、引き続きサポートされるようです。ただし Adobe Flash も、Adobe の方で、2020年末でサポートを終了することを謳っています。これはブログでも Up していますので、これもあと2年を切ったわけですね。

これも時代の流れ...何でしょうね?


<参照>




HP Directplus オンラインストア

posted by クリック at 07:24| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

Mac で ”右クリック” ??

Windowsであれば普通に使っている "右クリック" という言葉であったり、その操作ですが、以前ご紹介した "PowerPoint 2016 for Mac – Insider ファースト ビルドのリリース ノート" の中で、"右クリック メニューの [画像の変更] メニューが復元されました" という一文がありました。

20180226−3.png

そもそも、Mac 用のマウスにも、トラックパッドにも、ボタンは1つしかない。左も、右もない......そんな認識でしたが、でも調べてみると、意外と Apple の Web サイトでも、"右クリック" について触れているんですね。
command+C とか、command+V といった、操作ではなく、ちょっと、違和感を感じてしまう "右クリック" について取り上げてみました。


【副ボタン】

そもそもが、"右" ボタンとは言っていません。"副ボタン" という言い方をしています。Appleのサポートサイトでも、"Mac コンピュータでは、右クリックは「副ボタンのクリック」や「『control』キーを押しながらクリック」と表現します" とあります。Apple 製品には、マウスもトラックパッドもボタンも一つ。ですが市販されているマウスって、複数ボタンがあるので、そうしたものに対応させるべく、言い回しや、設定についてあるんでしょうね。

通常は、command キーや、controlキーを押しながらクリックしたりして、いわゆる 右クリックと同じ操作を行います。また、Sierraなどでは、トラックパッドを二本指でタップしても、同様の機能が利用できます。


【右クリックの設定】

Apple の純正マウスの場合には、当然ながら、右ボタンなどありません。ノートPCなどのトラックパッドも同様で、ボタンは一つです。でもこの一つのボタンを、左側、右側通す位置によって、左クリック、右クリック を使い分けられるようにするためには以下の設定が必要です。

トラックパッドの例:
アップルマーク>システム環境設定>トラックパッド と開きます。
ポイントとクリックのダイアログが開いたら、"副ボタンのクリック" のところで、"右下隅をクリック" に設定を変更

20180226-4.jpg

* マウスについても、同様に、システム環境設定からマウスを開い行います。ただし、Windowsなどで使用されているUSB接続の2ボタンマウスについては、USBポートにつなげば、右は右、左は左と正常に動作します。


まぁ、わかってしまえばなんでもないことですが、たまたま PowerPoint 2016 for Mac のサポートページの記述を見て、"右クリック" は、Windows的な発想だろう??と思ってしまったので、とりあげてみました。


<参照>

Mac で右クリックする方法
macOS Sierra: 右クリック
macOS Sierra: トラックパッドとマウスのジェスチャ
Macの右クリック

posted by クリック at 15:39| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

ついに OS 10.13 High Sierra 解禁 !

日本時間で、9月26日(米国時間 9月25日)。ついに、新しい mac OS Hight Sierra の提供が開始されました。

20170926-2.png 20170926-1.png

mac のウェブサイト、あるいは、App Store からアクセスすると、High Sierra のダウンロードページにつながります。

さて早速、ダウンロードをと急ぎたいところではありますが、実は、High Sierra では、サポートされないアプリなどがないか? 先ずはご確認いただくことをお勧めいたします。

その一つの例が、Office for Mac 2011 です。こちらのソフトは、High Sierra ではサポート対象外となります。また、Office 2016 for Mac であったとしても、Ver.15.35以降でないと Hight Sierra では対象外になります。

もっとも、Office for Mac 2011 については、このブログでも何度か取り上げていますが、2017年10月10日でサポートが終了しますので、この機会に、Office 2016 に 乗り換えるというのもありなんでしょうね。

また、Adobe社の製品を例にあげると、illustrator(2017 releases of Illustrator CC (and earlier)) でも既知の問題はあるようです。

今回ご紹介している Office 系のソフト以外についても、Update 前には、きちんと確認しておきたいですね。
ぜひともご注意ください。


<参照>

macOS 10.13 High Sierra 向けの Microsoft Office のサポート
2017 年にサポートが終了する製品
Illustrator and High Sierra | macOS 10.13


Microsoft Public Affiliate Program (JP)




posted by クリック at 18:28| 東京 ☀| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

新mac OS "High Sierra" の配信まもなく!

世の中は、iPhone 8 や、iPone X だと騒がしいのですが、肝心の mac 向けの OS はどうなのか?と、Appleのページをのぞいてみたら、なんと、新mac OS "High Sierra" の配信が、9/26(日本時間)ともう迫っていました。

20170914-1.jpg

今回の発表は、正式にはつい先日、9/12の報道機関向けイベント後に行われたようですが、mac OS のほうも着々と進んでいるわけで、こちらも目が離せません。

さらにそのあと 10/17 には、Windows 10 Fall Creators Update が控えているなど、この秋は、新OSのラッシュですね。


<参照>

macOS High Sierra
アップル、次期macOS「High Sierra」を9月26日にリリースへ/cnet


posted by クリック at 23:17| 東京 ☁| Comment(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

Safariで一部のWebサイトが表示できない

macOS10 Sierra(10.12.3) の Safari でのことでしたが、Yahooは開けるのに他のサイトには全く接続できないなど、一部のWebサイトが表示されない。。。。というより、一部のWebサイトしか表示されないという事がありました。

確認してみると、Kaspersky Internet Security がインストールされている Mac でしたが、カスペルスキーを無効にすれば、問題なくブラウジング出来る事を確認。

設定も確認してみましたが、特定のプログラムをブロックしているとか、そんな感じでもなく、さらに暗号化された通信がブロックされているといった様子でもない....

確認したところ、たどりついたのが以下の カスペルスキーのサポート情報。とりあえず情報としては古いのですが、試しに、サポートサイトにあるように IPv6 通信を OFF に。


カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac


何事もなかったかのようにブラウジングが可能になりました。情報が古いのでまさか?と思ってましたが、現在のカスペルスキーであっても、macOS の場合には、やはり、この IPv6 通信がネックになるようです。

現在のところ回避方法はここを無効にすることだけのようです。

"IPv6機能をご利用の場合、本問題の回避方法がございません" とありますので、対応を待つしかなさそうです。困ったもんです。

もしカスペルスキーをご利用であれば、一度確認してみてください。


<参照>

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Mac

posted by クリック at 20:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

慣れてくると便利かも?  "ライブ変換機能"

先日、やっと? Yosemite から、Sierra に Upgrade して使い始めたわけですが、あれ?とちょっと変わったな?と気がついたところを備忘録として取り上げて見ました。


1) 日本語入力について

El Capitan は結局入れなかったので、Yosemite から Sierra への Upgrade となったわけですが、ちょっと戸惑ったのがこの部分です。文字入力すると次々に変換されていく.... ”ライブ変換” という機能の様ですが、これがデフォルトで有効になっているんですね。

20170331-10-1.jpg 20170331-10-2.png

もちろん慣れると変換する手間が省けるので、非常に便利な機能なんですが、最初は戸惑いを隠せませんでした。


2) Siri が利用できる

実のところ、これは一つの楽しみでした。なので早速起動。"Wordを起動して" といえば、Wordを起動してくれるし、Windows 10 の Cortana 同様、手が離せない時に音声で操作ができるのは非常に便利です。

20170331−10−3.png


3)  最小化した際のアプリがどれなのか? 区分けされる様になってわかりやすくなった

画像はWordの例ですが、最小化して、ドックに収まった時に、最小化されたものが判別しやすくなりました。

20170331-10-4.png
20170331-10-5.png

これは見やすくていいですね。

まだまだ慣れないせいもあって、従来であれば、キーボードの "" を入力するにも、日本語入力にして変換すれば出てきていたものの、Sierra になってからは変換では出てこなくなって、ちょっとまだまだ戸惑いもあるのですが、今後どんどん使って慣れていきたいと思います。

ファイルシステムが新しくなったなど、今後ちょっと気になるところもあるんですが、そちらについてはまた機会があればご紹介いたします。


<参照>

macOS Sierra


posted by クリック at 16:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

macOS Sierra で、CDがマウントされない

9/20に正式リリースされた macOS Sierra (ver.10.12) で、一部のCDが読み込めないことがあります。
読み込めないCDというのは、この時期活躍しそうな年賀状素材集などで、Windows/Mac両方に対応させている "ハイブリッドCD" です。


【ハイブリッドCDって何?】

ascii のデジタル用語辞典でみると、"Macintosh用のHFSフォーマットとWindows用のISO 9660フォーマットの両方式で記録している" CDということですね。

この時期年賀状などの素材集についてくるようなCDで、Windows/Macの両方に対応しているようなタイプの場合にはこうしたハイブリッドCDになります。


【何故、macOS Sierra ではマウントされないの?】

ウィキペディアには整理して出ていますのでわかりやすいと思います。また、すでにご存知の方も多いかもしれません。恐らく検索すればたくさん出てくると思いますが、従来のMacOSの標準フォーマット形式である HFS形式のサポート終了が要因です。macOS Sierra からはサポートされなくなりました

macOS Sierra では、新たに、APFS(Apple File System)が採用される一方で、従来の標準フォーマット形式であった HFS形式が、以前の OS X El Capitan を最後にサポートが打ち切られたというわけです。

つまり、Yosemite やら、El Capitanを使っていた人が、その時に購入したハイブリッドタイプのCDなどの素材集を使用する際、SierraにUpdateしてしまうと、このCDはファイル形式が対応していないためマウントされないので使用できなくなってしまうということになります。もちろん、El Capitan以前であれば問題なくマウントされて開けます。

現在発売されているものでも Sierra では利用できない...そういうものは普通にたくさんありそうですね。


【何か対策はあるのか?】

macOS 的には、新しいシステムへの移行ということでバッサリここできってきているので、後戻りするようなことはないでしょう。

でも素材集など使えないのは非常に不便ですよね?ということで、いろいろ探していたら、MdNのサイトにヒントがありましたのでご紹介します。

「macOS 10.12 Sierra」でのご利用法について

これがすべてのもので可能になるかどうかわかりませんが、同社で発行しているハイブリッドタイプの素材集のCDを使うための方法として紹介されている方法です。

ディスクユーティリティを利用して、ハイブリッドタイプのCDから新規のイメージを作成するというもの。


別のハイブリッドタイプのCDで確認しましたが、確かに一部の日本語の文字列などのデータは文字化けしましたが、素材は問題なく使用可能になりました。


すべてのものでこの方法が有効か?は確認できませんが、試してみる価値はありそうですね。

またこうしたファイルシステムの関係でいうと、仮に古いファイルシステム(HFS)でフォーマットされていた外付けのHDDなどをご利用であれば、やはり Sierra になると、マウントされなくなってしまいますので、引き続き使用する場合にはデータをバックアップした上でHDDを再フォーマットするなどの必要が出てきます。

当然ながら、Macにしても、Windowsにしてもベースとなる OS を Upgrade するってことは、いろいろな部分に注意を払う必要があります。

macOS Sierra への Update。ご使用の環境によってはちょっと注意が必要ですね。

なお、HFS+フォーマット(Mac OS 拡張フォーマット)については、Sierra でも引き続きサポートされています。



<参照>

macOS Sierra
次の「Sierra」で消えるあれこれ/マイナビニュース
macOS Sierra/ウィキペディア
ハイブリッドCD-ROM/デジタル用語辞典
「macOS 10.12 Sierra」でのご利用法について
macOS Sierra 10.12/What's New in macOS
What MacOS Sierra's New APFS File System Means to You

posted by クリック at 12:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする