2009年04月08日

"図の圧縮"の効果

Word2002の画面WordやExcelなどで、画像を挿入。図のツールバーの"図"タブを開くと、下部に "圧縮"というボタンがあります。
文字通り挿入された図を必要に応じて圧縮しファイルサイズを小さくしたりする際に利用できる機能ですが、さて実際どの程度効果があるのか?確認してみました。

<Word2002の例>
1)新規にWordを起動し、マイピクチャーにあるサンプル画像を挿入。
2)折り返しの設定をした上で、Test1ファイルは標準のまま。Test2ファイルでは、圧縮の形態をWebに変更し、画像サイズを、96dpiまで下げてみました。
3)それぞれのファイルのプロパティよりファイルサイズを比較してみると、Test1(105Kb)とTest2(66.5Kb)といった具合で、確かに効果があるようです。

TEST1ファイルのプロパティ画面TEST2ファイルのプロパティ

解像度は細かく設定できるわけではありませんが、ファイルサイズを多少でも小さくしたいというときには便利な機能なので、ご利用になってみてはいかがでしょうか?

注意)以下で紹介した情報にもありますが、Word2002の場合には挿入された画像にテキストの折り返しの設定をしないと圧縮処理が行われませんので、注意が必要です。Word2003ではこのエラーは修復されているようです。

<参照>
文書ファイルのサイズを小さくする方法
PowerPoint ファイルのサイズを小さくする
[WD2002] 図の圧縮処理が行われない

posted by クリック at 10:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

サンプルテキストが表示されない

Wordでサンプルテキストを挿入する場合、

=rand(段落数,文の種類)

と入力して、エンターキーにて挿入が可能になります。
ただし、以下の条件の場合、この機能が利用できません。

・"Word で、改ページまたは段区切りの直後にカーソルがあると、サンプル テキストは挿入されません"(マイクロソフトのサポートサイトより引用)
---> さらに1行改行することで利用可能になります
・"入力中に自動修正する"のチェックボックスがオフの場合
---> ツール>オートコレクトのオプション>オートコレクト と開いてチェックボックスをオンにします

<参照>
サンプル テキストを Word の文書に挿入する方法

posted by クリック at 09:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

罫線枠の中に画像を取り入れたときに入力済みの文字列がずれてしまう

Word2002での例。画像を挿入したことで文字列がずれていますWord202/2003で同現象を確認いたしました。マイクロソフトのサポートページによれば、セルの配置 (文字の配置) が有効にらず、それまで設定されていた文字配置が崩れてしまうことがあるようです。

<現象の再現>
・ラベルなど罫線枠で作成し、文字列を挿入
・その後クリップアートを挿入し、文字列の折り返し設定のところで、"前面"に設定
・こうすると既存の文字列が上にずれてしまいます

以下のサイトにもありますが、原因としては、"図やオートシェイプの関連付けられている段落が、セル内にあるために発生します"(マイクロソフトのサポート情報より引用) とのことでした。これ自体はWord自身の問題のようです。

<対処法>
オプション画面(Word2002)1)ツール>オプション>保存タブ と開いて、"以下のバージョン以降で追加された機能はサポートしない"のところにチェックをいれて、"Microsoft Word 97/98" とする

2)オブジェクトの挿入時に、オブジェクトのアンカーを表以外の場所に固定するのいづれかの対処法になるようです。以下のMSのサイトではアンカーを表以外の場所に固定する方法の設定手順が説明されています。
1)の方法では、一部の機能が使えなくなることもあるので、実際にご利用になるには、以下のマイクロソフトのサイトにあるように、2)による方法のほうがよろしいかと思います。


<参 照>
[WD2003]オブジェクトがある表のセル配置が有効にならない


posted by クリック at 13:04| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

目次フレームの作成をやると、目次にフィールドコードが表示される【WD2002/2003】

通常以下のような表示であれば、目次フレーム自体はフィールドコードが利用されているので問題はありません。フィードコードの表示・非表示を、Alt+F9キーにて設定を変更してあげれば表示されずにきちんと目次が表示されるはずです。

Word2002での例1Word202での例2


ただし今回の以下のようなケース。ファイルの保存場所であるパスが表示されていますが、フィールドコードではあり、さらに目次部分は正常に表示されているので、フィールドコードの表示・非表示で切り替えができず常時表示されているようになってます。

フィールドコードを表示しないにしてもパスを示したコードは隠せないWord2002のオプション画面

実はこの部分、"隠し文字" となっている部分でした。ツール>オプション と開いて、"表示タブ"の"編集記号の表示"のところで、"隠し文字"のチェックをはずしていただければ、表示されないようになります。あるいは、設定にもよりますが、標準ツールバー上の、"編集記号の表示/非表示"をクリックすることで表示に切り替えることも可能です。
posted by クリック at 12:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

"引用文献一覧"タブがない【WD2003】

Word2003の画面この機能自体は非常に特殊ですので、必要ない人は別に表示されていなくても問題はないと思いますが、実際にWord203などをご利用になっていて、"引用文献一覧"の作成機能を利用する必要のある方のみ参考にしみてください。

今回の、引用文献一覧を作成するための機能は、挿入>参照>索引と目次 とたどってダイアログを表示させます。
それで本来であれば、ここに、"索引"、"目次"、"図表目次"と並んであるはずの"引用文献一覧"という項目が表示されていないケースがあります。

このような場合、以下の方法で言語を追加してあげればきちんと表示されるようになります。
言語の追加画面
1)スタート>すべてのプログラム>MicrosoftOffice>MicrosoftOfficeツール>MicrosoftOffice2003の言語設定 とクリックします

2)今回のようなケースの場合、使用する言語が、"日本語"のみのはずですので、使用できる言語の中から、"英語(米国)"などどれか1つを選択して、"追加"をクリックします
確認ダイアログ
3)使用する言語に追加されたことを確認したら、OKをクリックして閉じます。言語設定の確認の画面が出てきますが、やはり、OKで閉じます

4)そして、Wordを起動して検索と索引のダイアログを表示させて見ましょう。今度はきちんと表示されていますよね?
引用タブが表示されました!

Wordのヘルプの中にある"引用文献一覧の作成について"のところでは、"このヘルプ トピックに記載されている機能および一部のオプションは、Microsoft Office 言語設定で英語 (米国)、フランス語 (カナダ)、またはオランダ語のサポートが有効になっている場合にだけ利用できます"と説明があることから、やはり言語を追加しないと表示されないもののようです。

以下のサイトによると、OfficeXPのケースで逆に"Service Pack の適用されていない Office XP の場合には、[使用する言語] として、キーボードを追加していない言語も追加されていしまうという"というケースもあるようです。

<参 照>
引用文献一覧タブがない/インストラクターのネタ帳
[OFFXP] 言語設定の [使用する言語] に "日本語" 以外登録されない現象について
posted by クリック at 00:42| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

Wordに挿入したオブジェクトが更新されない

Wordの文章中に、ExcelやPowerPointなど他のアプリケーションで作成したデータを挿入する際、通常、埋め込みオブジェクトとして貼り付ける他にも元データが更新された場合に、Word文章内に挿入されたオブジェクトも自動更新してくれるように、リンク貼り付けをするケースもあります。

ただしリンク貼り付けをし、元データが変わっているにもかかわらず、Wordに挿入されたデータに反映されない場合があります。

この場合、次の設定を確認してみましょう。
Word2003の例
1)挿入されたオブジェクトを右クリックし、"リンクされたワークシートオブジェクト" (Excelの場合)にあわせて、"リンクの設定" をクリックします

2)リンクの設定ダイアログの、"選択したリンクの更新方法"のところで、通常は、"自動更新"となっているはずですが、それ以外のものになっていた場合、自動更新に戻します。

* ちなみにPowerPointのデータが挿入されたような場合には、"リンクされたスライドオブジェクト"と表示されます

なおこうした埋め込みオブジェクトに関するトラブルシューティングは以下のサイトも参考にしてみてください。

トラブルシューティング: リンク オブジェクトと埋め込みオブジェクト


posted by クリック at 10:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

蛍光ペンの色を一気に置き換える/Word

へぇ〜、こんなこともできるんだというTIP。もっともネットで検索するといろいろ出てますが、たまたま別件を調べていたときに偶然見つけたものでしたので、自分のブログ上でも紹介させていただくこととしました。(自分用のネタとしてですけどね)
Word2002のサンプル画面1
Wordの拡張書式機能にある、"蛍光ペン" 以下の図にもにあるように文書中にマーキングして目立つようにする機能の一つですが、この蛍光ペンの色を一気に変更したいとなった場合、さてどうしたものか? サンプルのようにさほど長くない文書であれば容易ですが長文になるとこれも結構やっかいなもの。

実はこうした蛍光ペンの色の変更も、Wordの "置換" で利用できるんです。手順は次の通りになります。
検索と置換のダイアログ
1)蛍光ペンで飾られた文書を用意
2)編集>置換 とクリックして、"検索と置換" ダイアログを開きます
3)"オプション" をクリックして、より詳細な設定画面を出します
4)"検索する文字列" の所でクリックして、カーソルを点滅させ、下部にある "書式" を
クリックして、"蛍光ペン" をクリック ---> こうすると、検索する文字列の枠の下に、 "書式:蛍光ペン" と表示されます
5)同様に、"置換後の文字列" の所でクリックして、書式から蛍光ペンを選択。すると、 "書式:蛍光ペン" と表示されます
6)続いて、拡張書式設定にある蛍光ペンを開いて、他の色を指定します
7)そして、最後に、"すべて置換え" をクリック

こうすると指定されていたマーカー部分を一気に置き換えることが可能です。今回紹介した "検索と置換" のようにダイアログボックスが開いていても、背後にあるメニューやツールバーなどが利用できるような、ダイアログボックスのことを、"モードレスダイアログ" というそうです。

今回試した置換えですが、ちなみに文字列の所には何も入れずに空欄のまま行います。
Word2002のサンプル画面2
一つだけ注意点。今回ご紹介した方法ですが、当然 "すべて置換え" を押してしまうと文章データ中の蛍光ペンの指定されたところすべてが置き換わってしまいますので、複数の色をご利用になっているような場合には、"すべて置換え" ではなく、"次を検索" で検索しつつ該当部分になったら、"置換" をクリックしてください。

<参 照>
モードレスダイアログ
蛍光ペンの色を置換したい/インストラクターのネタ帳

posted by クリック at 15:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

カレンダーウィザードを使う

テンプレートフォルダ内Wordを利用してカレンダーを作成する際に、Word2003までの場合には、カレンダーウィザードというのが利用できました。 Word2007になってからは、各種テンプレートはあるものの、このカレンダーウィザードがなくなってしまいちょっと不便になった?と思いませんか。もちろんOfficeOnlineには、豊富なテンプレートが提供されていますので、こちらを利用してカレンダーを作成することもOK。
ファイル>新規作成 からテンプレートを読み込む
そこでいろいろ見ていたら、英語版のカレンダーウィザードはマイクロソフトのHPからダウンロードして利用可能なことを確認。
ウィザードを起動してしまえば多少英語ですが、さほど難しいこともないので、Word2007でも導入後はウィザードが利用可能になります。

Calendar wizard/Microsoft Office Online(英語版)

上記のサイトにもありますが、対象は"Word 2000 or later" となっており、また実際に問題なく利用できることを確認。
下記のリンクでマイクロソフトのサイトで説明されているWord2003でのカレンダーウィザードの画面がありますが、比べていただければわかると思いますが、ウィザードの画面そのものが英語になっただけのもののようです。
英語版ウィザード1日本語版ウィザード1

英語版ウィザード2日本語版ウィザード2
ウィザードで作成されるのは、数字以外の各種表示が英語になりますが、あとは手作業で直しさえすれば、Word2003までにあった日本語版のカレンダーウィザードと同様の操作が可能です。
英語版ウィザード3日本語版ウィザード3

英語版ウィザード4日本語版ウィザード4

英語ウィザード5日本語ウィザード5

なおWord2003までのものを利用されているのに、カレンダーウィザードがないという方、また実際にカレンダーウィザードを利用したカレンダーの作成方法など以下のサイトも参考にしてください。
英語ウィザードで作成したカレンダー日本語ウィザードで作成したカレンダー

カレンダーウィザードによるカレンダーの作成
Word 2003 を使用してオリジナル カレンダーを作成する方法


posted by クリック at 13:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

描画モードのロック【WD2007】

Word2007もいざ動かして見ると、いろいろ見慣れない機能があったりします。
たとえば今回紹介する、"描画モードのロック"という機能。やはりWord2003まではなかった機能の一つになります。正確には、こういうメニューとしてではありませんでしたが、従来であれば、必要な四角などのツールの上でダブルクリックすることでロックすることができましたから、機能的には同じものになります。ただしWord2007ではダブルクリックではロックをかけられません。
図形挿入画面
図形の機能など一部のものについては、一度ツールを選択して作業を行うと、一旦その機能は解除されてしまいます。同じ図形を何度も描きたいというケースには、この描画モードのロックをしていただくことで、解除するまで同じ図形を何度でも描くことが可能になります。

解除をするには、ESCキーを押すか、他の図形をクリックしても解除されます。

似たように"書式のコピー/貼り付け"などもダブルクリックするとロックをして利用することも可能になっていますが、こちらは右クリックしてもロックといったようなメニューはでず、従来どおりダブルクリックでいいみたいです。

同じ図形を連続して描きたい


posted by クリック at 11:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

自動バックアップとバックアップファイルの作成【Word】

Wordで文書作成を行っている時や、あるいは作成されたデータが何かのトラブルに巻き込まれておかしくならないようにバックアップを作成しておきたいと思われている方は多いかと思います。
そんな際に、Wordのメニューバーから、ツール>オプションと開いて、設定を見てもらうと"保存"タブにある、"自動バックアップ"と"バックアップファイルの作成"という項目。これらはどう違うものなのか? 

*ちなみにWord2007の場合には、Officeボタン>Wordのオプション>保存(自動バックアップ)あるいは詳細設定の保存(バックアップファイルの作成)と開いていきます。

1)自動バックアップ(〜.ads)
これは、Wordで作業中、フリーズしてしまったりなど予期できないトラブルに見舞われてWordが強制終了してしまった時などにWordを再起動した際、作業中の文書が復元されることがあるかと思います。こうして何かのトラブルの時のために一時的に保存しておくのが、この"自動バックアップ"という機能になります。これが有効になっていない場合には、クラッシュした場合、保存されていないデータはなくなって、最初からやり直しってことになるわけですから、こちらの設定は既定では有効になっています。
自動バックアップファイルを検索したところ
この際作成される自動バックアップのファイルは、オプションの既定のフォルダの所で指定できます。仮に指定がない場合には一時ファイルに保存されます。
Wordの自動バックアップファイルは、"自動バックアップ 〜 <ファイル名>.asd" というようにつけられます。例えば新規に立ち上げて、まだ一度も保存されていないうちに強制終了された場合、"自動バックアップ〜文書1.asd" といったファイル名で一時保存され、トラブルで強制終了された後改めて起動した際には、Wordは、起動時に"〜.asd"ファイルの検索を行い見つかったらその文書データを "〜.wbk"に変換。復元されたファイルとして表示する仕組みになっています。
また復元されたファイルが、ちゃんと保存されたり、あるいは保存しないで終了すると、自動バックアップファイルを削除します。

終了後再起動すると表示される、"修復されたファイル"といったものがそれにあたります。

このあたりの処理は多少Wordのバージョンによって異なります。


2)バックアップファイルの作成(〜.wbk)

オプション>保存タブ の所で、"バックアップファイルを作成する" にチェックが入っている場合に作成されるのが、バックアップファイルになります。このファイルは、"Microsoft Word バックアップ文書"として認識されており、ダブルクリックして開くことも可能です。
バックアップファイルが作成されたところ
またこのファイルは一回以上保存されていないと作成されません。またこのバックアップファイルが作成されるタイミングは、一度保存されたデータを開いて、修正。修正したものを、上書き保存したりすると、このタイミングで作成されることになります。"バックアップ〜<ファイル名>.wbk"というファイル名で、通常ファイルが保存されているものと同じ場所に作成されます。


<参照>
Word 2007 または Word 2003 で失われたファイルを回復する方法
Word による自動バックアップ ファイルの作成と回復について
文書のバックアップ ファイルを開く
文書のバックアップ ファイルを保存および復元する【WD2007】
バックアップファイルを作成する/教えて♪Officeの使い方


posted by クリック at 11:38| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

画像の挿入と文字入力 【WD2003】【WD2007】

Word2003までであれば、文章内に画像を挿入。文字列の折り返しを設定する前の段階では、レイアウト(配置)が行内になっています。
この場合、画像の直前でクリックして文字入力をすると、画像の前に文字列が挿入され、画像がずれていくといった状況でした。
Word2002の画面。赤丸のところで文字挿入しようとすると 画像の前に文字が挿入されます
これがWord2007から、同様の操作をしても画像は動かず、画像の直前でカーソルを点滅させておいても、画像の後ろに文字列が挿入されてしまうようです。
同様の操作をWord2007でやると Word2007では、画像の後ろに入ってしまう
だからこれがおかしい? とか、困るということでもないのですが、ちょっと仕様が変わったのかな? ということで今回取り上げてみました。

さて、ではWord2007で以前のように行うにはどうしたらいいのか? つまり画像の直前でカーソルを点滅させて、文字列を挿入した際に、画像の左側に文字列が挿入されるようにするためにはどうしたいいのか?という設定について。
描画キャンバスを挿入した上に画像を挿入 描画キャンバス挿入後には従来どおり
特別オプションなどをいじれば設定が直るというものでもなく、Word2007からはそういうものみたいです。ではそれを踏まえて、旧来どおりの操作をするにはどうしたらいいのか?

1)互換モードで保存した上で行う
Officeボタン>名前をつけて保存>Word97-2003文書 としてデータを保存

2)描画キャンバスを挿入し、その中に画像を挿入する
画像を挿入する際に、最初に、挿入>図形>新しい描画キャンバス とクリックして描画キャンバスを作成。描画キャンバスが選択されている状態で、再度 挿入>図 として画像を指定して挿入します

この二つの方法のいずれかであれば、従来どおりと同じようになるようです。

ただし、ご利用環境(OS)が、WindowsVistaの場合には上記のようですが、WindowsXPの場合には、OfficeIME2007の言語バーの詳細設定のところから、"テキストサービスと入力言語の詳細設定タブ"を開いて、"詳細なテキストサービスをオフにする"としても従来どおりになるようです。



posted by クリック at 22:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

書式のコピー/貼り付け をダブルクリックで連続設定ができない/Word2007

Word2003までであれば、書式のコピー/貼り付けをダブルクリックして選択したうえで複数個所をドラッグするといった連続して、同様の書式を設定することが容易にできるようになっていました。当然Word2007でも同様に利用できます。(以下のMSサイトを参照)

書式のコピー/貼り付けを連続して行う

書式のコピー/貼り付けを使用する/Word2007

* ちなみに一度ダブルクリックしたものを解除する場合には、書式のコピー/貼り付けを一回クリックするか、ESCキーを押すことで解除が可能です。


しかし一部のケースで、Word2007の場合、これが利用できなくなることがあるようです。その一例かもしれませんが、例えば、挿入タブのページ番号からページ番号が挿入されているとこの操作ができなくなり一度書式のコピー/貼り付けを行うと解除されてしまうようです。ただし、同じページ番号であってもフィールドコードを利用してページ番号を挿入した場合には、特にこうした現象は確認できませんでした。両方とも、結果的にはフィールドコードを利用して挿入されている形のはずですが、この違いがいまひとつ検証しきれてません。

どうしてもできないとなるとあとは、ショートカットキー(書式のコピー [Ctrl]+[Shift]+[C]/書式の貼り付け [Ctrl]+[Shift]+[V])を利用して設定していくか? そんなあたりでしょうか。

これについては、引き続き何かあれば検証していきたいと思っています。
posted by クリック at 18:39| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

均等割り付けがうまくいかない?

均等割付という機能。文字を指定の幅で均等に割り付けて、文字間隔を調整して見やすくしたりするときに利用します。しかしこの均等割り付け、該当部分をドラッグし、さて均等割付をかけようとすると、行内一杯に広がってうまくいかないというケースがあります。

原因は単純で、文字の後ろにある段落記号(改行マーク)まで範囲に含まれていると、該当文字の部分だけではなく、その段落全体が対象になってしまう為。マウスでドラッグしているとどうしてもうまくいかず、段落記号まで含まれてしまうということも、時々聞く話。では、これを回避するにはどうしたらいいのか?

1)範囲指定した後、Shift + ←キー にて 段落記号を範囲からはずす
2)ツールバーの"均等割り付け" を使わずに、拡張書式メニューにある"文字の均等割り付け" を利用する

またちょっと変わったところで、予め割り付け幅分のスペースを挿入しておいて、そのスペースを含めて範囲指定した上で、文字の均等割り付けをクリックするという方法も有効です。ただしこの場合にも、段落記号が含まれているとおかしなことになるので注意が必要です。
Word2007の画面
また、"文字の均等割り付け" というメニュー。Word2003までであれば、メニューバーの書式よりたどり着きましたが、メニューバーのないWord2007の場合とこにあるか? 

ホームタブ>段落 のところにある

拡張書式メニュー

というアイコンがありますが、こちらから"文字の均等割り付け"にアクセスが可能になっています。

posted by クリック at 11:15| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

タイトルバーが黒? 青?

Word2007のタイトルバー1 Word2007のタイトルバー2

特に使い勝手が変わるというものでもないので、どうでもいいことですが、WindowsVista上でWord2007を起動した際にタイトルバーが黒くなっていたり、あるいは青く表示されたりすることがあります。

これ自体機能的に何かが異なるわけではなく、WindowsVista側の個人設定から "ウィンドウの色とデザイン" から調整するのみ。こちらの設定が、たとえば "WindowsAero" になっていると、Word2007を起動した際のタイトルバーのところが、黒く表示されます。
ウィンドウの色の設定画面また、それ以外のもの、例えば "WindowsVistaベーシック" が選択されたりしていると青く表示されるようです。

WindowsAeroの場合の画面機能的には変わりませんが、気になる方は調整してみてください。またこの現象、同じOfficeであっても、Word2007では確認できますが、Excel2007ではこうした表示にはならないようです。



posted by クリック at 22:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

差し込み印刷をしたときに書式が反映されない

Excelの元データ今更かもしれませんが、改めてフィールドコードについて。WordにExcelで作成したデータを差し込み印刷で利用した際、Excel上ではきちんと書式を設定していても、Wordに差し込まれた場合には、その書式まではきちんと反映されません。Wordにそのまま挿入した状態

この場合、フィールドコード上でオプション設定をして、書式を設定していただくことになります。
ここでは日付および金額表示のところの設定について取り上げてみます。
金額のフィールドオプションの設定
1)通常の方法で、一旦差し込み印刷の設定を行い、差し込みフィールドを挿入して、設定します。Excelデータの段階ではきちんと書式設定されていたものであっても、この段階では、図のように日付および金額の部分には書式が設定されていません
フィールドコードのダイアログ
2)まず金額の上で右クリックして、"フィールドの編集"をクリック。さらに表示されたダイアログの左下にある、"フィールドコード"をクリックします
オプションの設定
3)"MERGEFIELD 金額"の後ろでクリックして続けて "\# \\###,0"(前後の""は必要ありません)を挿入し、OKで閉じれば、Wordの画面上の表示が、¥(通貨記号)マーク付で、さらに桁区切りのカンマが入った表示になります
オプションの入力画面
4)同様に、日付も右クリックして、フィールドの編集より編集画面を表示させせて、"MERGEFIELD 請求日"の後ろに、「\@ "ggge年MM月dd日"」(前後の「」は入力しません)と入力し、OKで閉じていただければ和暦表示になります
Wordの画面
日付表示の場合注意しないといけないのは、西暦表示にする場合には、"yyyy"。和暦の場合には、"ggge"。月表示の部分については、"M"(必ず大文字)で入力する必要があるという点です。いくつか表示方法についてはルールがあるので詳細は以下のサイトを参考にしてみてください。

Word 日付の表示形式スイッチ一覧/インストラクターのネタ帳より

また金額表示についてですが、先ほど紹介した設定を行い、さらに表示される値が「0」のときには何も表示したくないような場合には、Excelの書式設定では、通常「#,###」
と指定していきますが、Wordの差し込み印刷には、「{ MERGEFIELD 金額 \# \\#,### }」といった形で指定をしていきます。(あくまでも一例です)

Word でフィールド コードを挿入、書式を設定する




posted by クリック at 16:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

Microsoft Math アドイン(Word2007)

MSのダウンロードサイトWord2007向けに用意されているアドインツールの一つに、"Microsoft Math" というものがあります。Word2007上で、Wordで作成した数式を自動計算させたり、データをグラフ化したりと"へぇ〜"と感心してしまう機能。通常の数式の作成程度であれば、Word2007の場合最初から組み込まれており、挿入タブ>記号と特殊文字の"数式" をクリックすることで利用可能ですが、これをさらに拡アドイン導入前張したのが、今回ご紹介した "Microsoft Math アドイン" ということになります。
導入に当たって必要なシステム要件などもありますが、要件を満たしていれば導入しておいて損はない機能ではないかな?と思いますの導入後で、ご興味のある方は以下のサイトを参考に導入して見てはいかがでしょうか?

この機能が導入されると、アドインタブの中に"Math"という項目が追加されます。
Microsoft Mathが追加されているなお削除については、コントロールパネルの"プログラムのアンインストール"から、"Microsoft Math Add-in for Word 2007" を選択してアンインストールで完了します。

Word 2007 アドイン: Microsoft Math

紹介記事(サイト)
MS、「Word 2007」に数式のグラフ化・計算機能を追加するアドインを公開



posted by クリック at 16:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月10日

"図をイメージ枠で表示する" 設定の違い

Word2003の画面Word2007の画面Word2002や2003で、画像やイラスト挿入の段階で、こちらにチェックが入っていると、通常文書に画像データを挿入しても、左のように枠のみ表示(挿入した画像が選択されている場合には、四隅にマークの未表示)されるようになります。またこの状態では、図ツールバーからテキストの折り返しの設定はできません。
Word2007はちょっと違ってます
さてこれがWord2007からは、画像挿入後、図ツールの書式タブにある"配置"より文字列の折り返しが可能で、こうすることで画像が表示されるようになります。かといって"図をイメージ枠で表示する"という設定が変わったわけではないので、きちんと表示されるようにするのであれば、この設定を解除していただく必要があります。
Word2003のオプション画面

Word2002/2003の場合
ツール>オプション>表示タブ>表示項目 のところにある、"図をイメージ枠で表示する" の部分のチェックをはずします。

Word2007/Wordのオプション画面
Word2007の場合
Officeボタン>Wordのオプション>詳細設定>構成内容の表示 のところにある、"図をイメージ枠で表示する" の部分のチェックをはずします。

最新のバージョンでは微妙に変わってきているようですね。

posted by クリック at 18:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

Wordのトラブルシューティング

お決まりかもしれませんが、Wordの動作がおかしいかな? と思った時のためのトラブルシューティング。

以下のマイクロソフトのサイトに、これまでに公開されている情報の一部を集約したものです。

Word 2007、Word 2003、または Word 2002 の起動時または使用時に発生する問題のトラブルシューティング方法

一部レジストリ操作を伴うものもございますので、お試しになる時はバックアップを撮るなど十分注意の上、自己責任の下お試しください。

ついでに参考までに、上記サイトを見てたら、Office2007のサービスパック1をインストールするときにエラーが発生することがあるとのことで、サポート情報が公開されていましたので、以下にリンクを貼らせていただきます。

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 をインストールするときにエラー メッセージが表示される

<関連情報>
2007 Microsoft Office スイート サポート ページ

posted by クリック at 10:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

文字入力をすると自動的に確定されてしまう

Word2002+MS-IME2002Standard といった環境でご利用の場合で、"選手とページ罫線と網掛けの設定"のコマンドボタンがツールバーなどに追加されるとおきる現象のようです。
Word2002の例
線種とページ罫線と網掛けの設定ボタン表示で文字が自動確定

回避策としては、コマンドボタンをツールバーに追加して利用するのではなく、あくまでもメニューバーの罫線メニューからたどって利用していく以外にはないようです。

他にもWord2003のケースで以下のような例もあるようです。
レイアウト枠に設定されたテキストボックスに文字入力を行うと、自動確定される

古い話ですが、Windows98+Word97でも似たような現象があるようですが、こちらは、Service Release2をインストールすることで改善するようです。

未確定文字が自動的に確定されてしまう

posted by クリック at 09:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

オートシェイプの画像の透過性が印刷で反映されない

オートシェイプで作成した画像を組み合わせて、透過性を設定した場合、Office自体の仕様により印刷する際に反映されないことがあります。

[OFF2003] テクスチャの透過性オートシェイプを印刷すると透過しない
Word2002での例ですが、同様の現象を確認
上記サイトでは、Word2003のテクスチャーを例に説明されていますが、Word2002でもまたテクスチャーに限らずグラデーションでも同様の現象が確認されました。上記サイトの説明にもあるように、Officeの共通コンポーネント(MSO.dll)の動作仕様に依存して発生するもののようです。

代替手段としては、作成したオートシェイプをグループ化した上でコピーし、編集>形式を選択して貼り付け として、画像データとして透過した状態のものを貼り付けていただくぐらいのようです。

また透過したオブジェクトの印刷結果が一定でないケースもあるようです。

[OFFXP] 透過性が設定されたオブジェクトの印刷結果が異なる

[WD2003] 透過性を指定したテクスチャ オートシェイプの印刷に時間がかかる

オートシェイプに透過性を設定した際の印刷にまつわるトラブル結構多いみたいですね。
 

posted by クリック at 15:03| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

古バージョンで作成したファイルが開けない(Word2003の場合)

Word2003を利用している方が、他の方からデータをもらったケース。そのもらったデータが仮にWord2002以前のもので作成された場合、開けないケースが出てくるようです。

一般的には下位製品に対する互換性はあると思いがちですが、バージョンの違いによる仕様の変更ということにより発生するようです。これは、"Word 2003 は Word 2002 以前のバージョンと比べ、ファイル破損などにより開くと問題が発生する可能性のあるファイルを未然に確認する機能が強化されました"というWord2003の仕様変更に伴うもの。

以前のバージョンの Word で開けるファイルが開けない

上記のマイクロソフトのサイトによると、Word2000で作成されたデータを、Word2002で開いた場合にも、開けないケースがあるようですが、Word2002の場合にも、エラーメッセージを表示するようです。

Word 2002 文書の破損の問題をトラブルシューティングする方法
使用することができなくなった破損ファイルを修復する方法

基本的にはデータの破損によるもののようで、破損状況によっては、ダブルクリックでは開けなくても、一端Word2003を起動して ファイル>開いて修復 とすることで修復可能なレベルのファイルであれば開くことも可能なようです。

 
posted by クリック at 11:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

"スパイク"という機能(Word2000/2002/2003/2007共通)

何やら耳慣れない、"スパイク"という機能。Word2002のヘルプによれば、"離れた場所にある複数の項目を削除し、各項目をスパイクの内容に追加し、これらの項目を新しい場所や文書にまとめて挿入"する時に利用するための機能とのこと。
Ctrl+F3をする前
要するに離れた場所を選択して一気に切り取って、貼り付けたりする時に利用される機能のようです。切り取りではなく、コピーとして利用する場合には、Officeクリップボードを利用することになるので、あくまでも"切り取り"(つまり他の場所に移動する)の際に利用される機能。
Ctrl+F3をした後。スパイクという項目が加わっています
<利用方法>
1)必要な項目を選択して、Ctrlキー + F3 にてスパイクに登録します
2)次に挿入したい場所にカーソルを移動し、
a)すべて挿入する場合: Ctrl + Shift + F3 にて挿入。スパイクに登録されたものがすべて挿入されます。一時的に登録された内容はクリアになります。
b)何度も同じフレーズを利用したい場合: 挿入>定型句 と開いて、登録名ボックスのところで、"スパイク"を選択し、"挿入"ボタン をクリックして挿入します。この場合には定型句に登録されたスパイクが削除されない限り、何度でも挿入が可能になります。

*Ctrl+F3にて、スパイクに登録していない状況では、当然、定型句ダイアログを開いても"スパイク"という項目はありません。スパイクに登録されると、定型句ダイアログの登録名に"スパイク"という項目が加わります。

<Word2007の場合について>
Word2007からは、従来のような"定型句"という機能がありません。Ctrl+F3にてスパイクに取り込まれる機能は同様に利用できますが、Word2003までの時のように連続して挿入するようなことはできないようです。

スパイクを使って、文書中の文字列や図を移動する


posted by クリック at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

ルビ(ふりがな)を縦に振る(Word2002の例)

フリガナを振った一例Wordを利用してフリガナを振る。この操作自体は、特に難しいものでもないので皆さんもご存知だと思います。該当個所をドラッグして選択した上で、書式>拡張書式>ルビ とクリックしてダイアログを開いて、フォントサイズなどを設定するだけ。
フィールドコードを表示した例
この"ルビ"。Word上では、実はフィールドコードという機能を利用して表示されるようになっています。ですから、ルビを振ったあとに、ALTキーを押しながら、F9を押すと、ルビの部分はフィールドコードが表示されます。

さてこのルビ。通常の機能では、縦書きなら右側に、横書きなら上に振られるという標準の設定しかできません。でもちょっと特殊な形でルビが振れないか? そんなことを可能にしてくれるのが、このフィールドコードでもあります。

色々ありますが今回ここで紹介するのが、横書き文章の文字の右側に縦書きでフリガナを振ろうという例。通常の方法で振った例と、縦書きにした例の2通りがあります。
フィールドコードを表示した例を比較するとわかると思いますが、最初の"jc2"(横書きの場合)を、"jc5"(縦書きの場合)にすることで変更が可能なことがおわかりいただけると思います。

では、実際にこのフィールドコードについてみていきましょう。

{EQ ¥* jc5 ¥* "Font: MS明朝" ¥* hs14 ¥o¥ar(¥s¥up 13(やまだ).山田)}

となっています。
ルビのダイアログ
"jc"の所が文字の位置揃えを設定する部分で、0-5までの数値をあたえます。ルビのダイアログで言う部分の"1"の部分。仮に6以降の設定をしても、ルビの文字位置はすべて"左揃え"になってしまうようです。
これに加えて"\o"の後の"ar"。これは、文字位置の修正オプションで、"ad"(均等割付)、"ar"(右揃え)、"al"(左揃え)があります。
ちなみに、"jc"のところに"6"以降の値を設定、"¥o¥ad"としても、すべて左揃えになってしまうようです。つまり"jc"の所が、"6"以降だと、修正オプションに何を設定しても無視されてしまうということになります。

他にも、"¥up"は、フリガナを文字の上に振る指定をするところで、下に振る場合には、ここの値を "¥do" とします。



<参考>
ワードの理解シリーズ{フィールドについて}



posted by クリック at 08:35| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

既定のフォルダの設定をリセットしたい

既定のフォルダの画面Wordを利用時に、画像ファイルを挿入する際のフォルダを特定の場所に指定したり、ドキュメントの保存先を特定の場所に設定を変更したりする場合、ツール>オプションと開いて、"既定のフォルダ"タブ を開くことで場所を変更できます。
Word2007の場合には、Officeボタン>Wordのオプション>詳細設定 と開いて、"全般"という項目のところに、"ファイルの場所"がありますので、こちらを開きます。
レジストリエディタでの編集画面
さて問題は、この一度設定を変更した場合、どうやって元に戻したらいいのか? 実はこの設定。一度変更すると自動的にレジストリに書き込まれてしまい、Wordの画面からは設定を変更するようなことができないようになっています。


<Word2003の例>
HKEY_CURRENT_USER > Software > Microsoft > Office > 11.0 > Word > Option 

と開いて、PICTURE-PATHのキーを削除すれば、クリップアートの設定が解除され、Optionキー自体を削除すれば、Optionダイアログでの設定がすべて初期化されます。
* 上記の"11.0"の部分については、Word2002の場合:10.0/Word2007の場合:12.0 のように変わります。

【 参照 】
Wordのテクニック
posted by クリック at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

Word2007のテンプレートファイル(Normal.dotm)を操作する

Word2003までと同様、標準のテンプレートファイルがおかしくなってしまって、Wordを起動するたびに、書式などが設定されていたり、画像などが入った状態で起動してきてしまうような場合、標準のテンプレートファイルの再構築をすることになりますが、Wordのバージョンによって、そのデータが保存されている場所が異なっていたり、またWord2007からはファイル名すら異なっているために、場所がなかなか見つからなかったり...
っということで、自分のためにももう一度Wordの標準テンプレートファイルの場所を確認することにしました。


Word2000-2003
ファイル名:Normal.dot
場所:(WindowsXPの場合)
C:\Documents and Settings\(ユーザー)\Application Data\Microsoft\Templates

Word2007
ファイル名:Normal.dotm
C:\ユーザー\(ユーザー)\AppData\Roaming\Microsoft\Templates

ただし、途中の、"Application Data"や"AppData"フォルダは隠しふぃあるになっていますので、すべてのファイルを表示する設定に変更していただかないと表示されません。

<フォルダオプションの変更>
WindowsXPの場合:
1)マイドキュメントなどのフォルダを開く
2)ツール>フォルダオプション>表示タブ と開く
3)"詳細設定"のところの、"ファイルとフォルダの表示"のところを、"すべてのファイルとフォルダを表示する" をクリックして、OKで閉じます

WindowsVistaの場合:
1)ドキュメントなどのフォルダを開く
2)メニューがない場合には、Altキー を押すとメニューが表示されますので、メニューより、ツール>フォルダオプション>表示タブ と開く
3)"詳細設定"のところの、"ファイルとフォルダの表示"のところを、"すべてのファイルとフォルダを表示する" をクリックして、OKで閉じます

通常、Normal.dotなり、Normal.dotmといった、標準のテンプレートファイルの名前を変更してしまうと、Wordが起動時、新規にテンプレートファイルを自動生成するので、リネームしても、削除しても問題ないはずですが、念のためリネームにて対応する方が無難ですし、手っ取り早い修復方法になります。
ただし、おかしな箇所がわかっていて、直接こうしたテンプレートファイルを呼び出して、修正したい場合には以下の手順になります。

<Word2003までの場合>
1)Ctrlキーを押しながら、Wordのショートカットアイコンをクリックして、セーフモードで起動
2)ファイル>開く にて、先ほども紹介したNoromal.dotファイルを指定して開きます
3)必要な修正をして、ファイル>上書き保存 にて保存

<Word2007の場合>
1)Wordを起動して、Officeボタン>開く とクリック
2)"ファイルを開く" ダイアログの左にある"Templates"というフォルダをクリック
3)"Normal.dotm"を選択して開き、必要な修正を加え、Officeボタン>上書き保存 にて保存します

標準テンプレート (Normal.dotm) を変更する

Windows Vistaの場合、フォルダを開いてもメニューがないのが当たり前と思ってましたが、まさかAltを押すとでてくるとは... 新たな発見でした。

posted by クリック at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

ステータスバーの表示項目(Word2007)

Word2002の画面
Word2003までは、通常起動しても特に表示項目など細かい設定ができなかったステータスバーの部分。
これがWord2007になってから、ユーザーごとに必要な情報の表示/非表示を切り替えられるように設定が変わっています。
Word2007の画面
ステータスバー上で右クリックすると、"ステータスバーのユーザー設定"メニューが表示され、必要な項目にチェックを入れれば、ステータスバー上に補助情報として表示されるようになります。
 
 


posted by クリック at 10:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

Word2007でのセッションの区切りの入れ方

Word2003までと、仕様が変わって、これまであったはずの機能が意外に見つけにくかったりします。今回ご紹介するセッションの区切りについても同様。
改ページ
Word2003までであれば、挿入>改ページ とクリックすることで、単なる改ページなのか?セッションの区切りを入れるのか?を選択できましたが、Word2007からはちょこっとことなります。通常Word2007を起動した画面には、挿入タブのところに、"ページ区切り"がありますが、これは単なる改ページ。CTRL+ENTERでやっていた物と同じ物ですから、これでページを変更しても、ページ毎のレイアウトの変更や、ヘッダーフッターの設定がセッションの区切りの挿入出来ません。またこの操作でいれた場合には当然セッションの区切りを挿入したものでもないため、ヘッダー・フッターを設定し、ヘッダー又はフッターの編集に切り替えても、"前と同じヘッダー/フッター" のところは設定をはずせません。

Word2007の場合には、ページレイアウトタブを開いて、"区切り"のところからセッションの区切りを挿入することになります。
セッション区切りを挿入した後に、ヘッダーまたはフッターを挿入。さらにヘッダーの編集などを開いていただくとデザインタブのところで、"前と同じヘッダー/フッター"と言うところがありますから、こちらをクリックしてヘッダーの編集をクリックしたところ解除してあげます。
行番号の追加機能こうすることでこれまで通り、ページ毎にヘッダーやフッターをを設定できるようになります。

気がついた毎に取り上げていますが、まだまだありそうですね。こういう従来までと違うとこ...。

ところで、行番号をつけるなんて機能も追加されていたんですね。これは気がつかなかった。
 


posted by クリック at 11:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

クリップアートを検索すると"DGLXASSET"が表示される

Wordをご利用で、オンラインクリップアートを検索した際に、"DGLXASSET
"とアイコンが表示されるだけで、うまく検索されないことがあるようです。通常マイクロソフトのサポート情報に寄れば、Internet Explorerの一時ファイルの削除で解消されるとありますが、それでもうまくいかないケースも多々見られるようです。

クリップアートを検索すると "DGLXASSET" と表示される場合の対処方法

キャッシュの削除で変わらないような場合には、アプリケーションの自動修復もそうですが、ファイアーウォールなどによってWordからネットへの接続が出来ないケースにもこうした現象になるようですので、セキュリティソフト(ファイアーウォール)の設定をご確認になるか、一度無効にした状態で利用可能かどうかご確認いただくのも一案のようです。
 
posted by クリック at 14:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

Word2007での結語の自動入力の停止

Word2002の画面"拝啓"と入力すると、"敬具"と表示されるあいさつ文の結語の自動入力。Word2003までであれば、通常 ツール>オートコレクトのオプション>入力オートフォーマット と開いて、"頭語に対応する結語を挿入する"のところと、"あいさつ文を入力したらウィザードを起動する"の2つのチェックをはずせば、"拝啓"と入力しても"敬具"とは出てこないように設定できておりました。
Word2007の画面
*"あいさつ文を入力したらウィザードを起動する"のチェックもはずさないと、結語は自動入力されてしまいます。

さて、Word2007での場合、OfficeボタンよりWordのオプションダイアログを表示、"文章校正"を開き、さらに"オートコレクトのオプション">"入力オートフォーマット">"入力中に自動で行う処理" のとこWord2007のリボン(挿入タブ)ろで、"頭語に対応する結語を挿入する"の項目しかなく、このチェックをはずしても結語が自動入力されてしまいます。"あいさつ文を入力したらウィザードを起動する"といった項目がありません。おそらくこれは、Word2007の場合最初から"挿入"をクリックすると"挨拶文"というツールが直ぐに利用できるように組み込まれているからなんでしょう。

一応この部分にチェックがはいっていても、また入っていなくても、"拝啓"と入力し、"敬具"が出た段階(カーソルは、拝啓と敬具の間の行のところで点滅)で、BackSpaceキーを一度押せば、結語である"敬具"は削除されるようです。
なお、"記"に対して、"以上"という結語を表示させるための設定については別途チェック項目がありますので、こちらはExcelのバージョンを問わずきちんと機能するようです。

posted by クリック at 08:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

既定のフォルダの変更(Word2007編)

Office2007になってから何かと使い勝手が変わって見つけにくくなった従来あったはずの設定。仕様も変わったりしてますから、あったものがなかったWord2003までのものりすることもありますが、今回取り上げる既定のフォルダの場所の設定画面も結構見つけにくいところに移動しているようですので、今回参考までに取り上げることにしました。

Word2003までであれば、ツール>オプション とクリックして、オプションダイアログを表示。"既定のフォルダ"タブをひらくと、現在の設定が表示されます。同様のことをWord2007で行う場合には、以下のような手順になります。
Word2007のWordのオプションダイアログ設定画面がこれです
1)Officeボタン>Wordのオプション>詳細設定 と開きます
2)"全般"という項目を開き、"ファイルの場所"というボタンをクリック

以上の順で同様のダイアログを表示できるようになります。
posted by クリック at 17:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

クリップアートが検索されない

時々聞きますが、Wordを利用していて、いざクリップアートを検索してみたものの、何も検索されなかったり、エラーになったりした場合の対処法。自分では経験はありませんが、こうした話しよく耳にしますし、また結構そうした相談を受けたりすることもありますので、一通りの対処法についてとりあげることにしました。

1)Office クリップアートの Web コレクションに関するトラブルシューティング

2)オンラインクリップを検索しても何も検索されない場合のトラブルシューティング

1)のところに一通りの対処法などがあります。またIEのキャッシュのクリアで解決できることや、セキュリティソフトによってアクセスに制限がかかっていることも多々あるようです。またOfficeのバージョンによるものもあるようで、この場合には、とりあえずできうるアップデータを一通り当ててみることも必要かもしれません。

Windows XP 上でクリップ アートの検索が行えない

もちろんインターネット回線が問題なく利用できるってことは前提条件ですので、ブラウザを起動してみて、ホームページも見られないということであれば、まずはそちらからご確認いただく必要があります。



 
posted by クリック at 10:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

Wordで、ウムラウトを簡単に入力する

ドイツ語のウムラウトなどちょっと特殊な文字を入力するにあたって、いくつかの方法があります。すでに出尽くした話題かな?とも思いましたけど、とりあえずその方法について...

1)キーボードレイアウトを追加して、ドイツ語キーボードにした上で入力する
2)挿入>記号と特殊文字 と開いて、該当の文字を探して挿入する
3)Wordの場合に、ctrl + ":" などをあわせて利用することで入力する
Word2007の画面
とりあえず今回は、3)の方法を解説。

今回はとりあえずウムラウトの例です。

1)Ctrlキーを押しながら、":"を押します
2)ステータスバーに "Ctrl + :"と表示されます。この間に"a" と入力
3)そうするとウムラウトがついた A が入力可能になります

このほかにもいくつかの組み合わせがありますので、詳細は以下の"参照"のところをご参考ください。

ただし、Excelで例えば、"ctrl + : " とやると日付が入力されてしまいますのでご注意ください。今回の例は、あくまでもWordの場合です。

<参照>
特殊文字を挿入する方法

posted by クリック at 13:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

ステータスバーに、行数の表示がない

Word2002のステータスバーステータスバー部分を拡大したところ
Word2003までは、画面下部に表示されていたステータスバーを見れば、現在のカーソルが何ページの何行目にあるかなどの情報が表示されていました。
ステータスバーについては、表示/非表示の切り替えは可能であっても、ステータスバーに表示する情報の詳細については特にユーザー側で設定して変更が可能なものではなかったのが、Word2003までの仕様。
Word2007の画面Word2007のステータスバーの設定
この部分の仕様がやはり、Word2007から多少変わってきています。Word2007を起動してみるとお分かりいただけると思いますが、これまで同様にステータスバーはありますが、ここで表示できるような項目が選択できるように変わりました。
ステータスバー上で右クリックすると、"ステータスバーのユーザー設定"というダイアログがでてきますので、必要な項目にチェックをいれたり、また不要な項目のチェックをはずすことで表示/非表示の設定を切り替えることが可能です。

posted by クリック at 16:24| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

袋とじ印刷をするとオブジェクトが重なってしまう(Word2007)

Microsoft XPS Document Writerで出力した例テキストのみでは正常に表示されるWord2007を利用して、袋とじ印刷の設定をした場合、テキストデータのみの場合には特に問題はありませんが、そこに図形や画像などのオブジェクトが挿入されたデータの場合、一部こうしたオブ描画キャンバスなしだと、このように画像配置がおかしくなりますジェクトが1ページに重なって印刷されてしまうことがあります。これはWord2007の標準形式であるDOCX形式で保存された場合に起こるもの。

これ自体は、どうもこれまでもご紹介している描画オブジェクト枠との関連で、Word2007からの仕様のようです。図形や画像などといった描画キャンバスを設置し配置今度はきちんとレイアウトされますオブジェクトを扱う場合に、描画キャンバス内に作成しレイアウトする分には問題ありませんが、描画キャンバスを挿入せず直接こうしたオブジェクトを挿入した際にはレイアウトがおかしくなってしまうようです。ただし、これがわかりずらいのは、画面上や印刷プレビューでは全く問題なく表示されるのに、実際に印刷してみたり、Microsoft XPS Document WriterでXPS Documentとして出力して初めて確認できるところです。

対処法としては、
1)図形や画像などのオブジェクトは、挿入時に必ず描画キャンバスを作成、その中に配置する
2)Word97-2003形式で保存する

トラックバック先では写真などの画像データとオートシェイプで作成した図形のグループ化について紹介していますが、今回のWord2007は、Word2003まで以上に描画キャンバスへの依存度が大きくなっていますので、旧来のやり方にこだわらずに描画キャンバスを上手に利用することを模索していくことも必要なのかもしれません。

 

posted by クリック at 14:59| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

0に斜め線の入った文字

Windowsではあまりなじみがないのですが、"0"(ゼロ)と"O"(大文字のオー)を区別するために、よく0に斜め線の入ったフォントが使われることがあります。

標準では導入されていないフォントですから、Windowsではいくら変換を押しても表示できません。ではどうしてもこのフォントを使いたいときにはどうするのか?

1)フリーのフォントをダウンロードしてくる
・マイクロソフトからダウンロードする。
Consolas Font Pack for Microsoft Visual Studio 2005
*ただしこれを導入するとVisualStudio2005をご利用の場合、このソフトの編集用フォントが変わってしまいますので、ご注意ください。

・OSAKAフォントを利用する
MACユーザーの方にはなじみがありますが、Windowsユーザー向けにOSAKAフォントもあるようです。これを利用することでも表示できるようになります
Macの見やすいOsakaフォントをWinで使おうプロジェクト
他にもFixed98や、Ticagoといったフリーで配布されているフォントでも可能なようです。

2)Wordで利用する場合
Wordのみですが、フィールドコードを利用することによって可能になります。
・挿入>フィールドコード と開いて、EQフィールド(数式)を選択。
・オプションに、"¥o"を選択して、一旦OKと閉じます。
・Alt+F9でフィールドコードを表示の状態にして、{ EQ ¥o(0,/) } となるように入力。
・")"の後ろの半角スペースは削除して、Alt+F9で再びフィールドコードを非表示に戻します。

<参照>
/(斜め線)付きの0を挿入する

posted by クリック at 21:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

ワードアートに色がつかない

Wordアートに色がつかないWordアートを利用して文字を作成したのに、色が付かない? って言うご経験されたことありませんか?

これ自体はかなり前からあった現象で、Word2007になっても相変わらずです。これを改善する方法ですが、Windowsのユーザー補助の機能として、ハコントロールパネル(Windows2000の例)イコントラストが有効になっていると起きる現象ですので、こちらの機能を無効にしてあげると改善されます。

1)Windows2000やWindowsXPでは、コントロールパネルを開いて、"ユーザー補助のオプション"を開きます。
2)画面タブを開いて、"ハイコントラストを使う"の所のチェックが入ってユーザー補助のオプションいたらこちらをはずします。

以下のサイトには、WindowsVistaの場合の設定方法もありますので、Wordアートに色が付かないでお困りの方は参考にしてください。

Word 2007、Word 2003、Word 2002、または Word 2000 でワードアートに色が付かない場合の対処方法
 
 

posted by クリック at 11:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月28日

Wordのツールバー上をポイントした時のボタン名が表示されない

普段あまり気にせず利用していたものが、ふと気がつくと出ていたものが出なくなって気になったってことありますね。今回はこの設定について。
Wordの画面
Wordを起動して、各ツールバーの上にマウスをポイントした際に表示されるボタン名。このボタン名の表示あるいは非表示の設定について。慣れてくれば気にならないんでしょうけど、人によってはボタン名の表示を頼りにする方もいらっしゃるようなので、表示されなくなったのであれば、以下のような設定を確認してみてください。

1)ツール>ユーザー設定>オプションタブ とひらく

2)"その他"にある"ツールバーにボタン名を表示する" のところにチェックが入っていなければチェックを入れなおして、OKで閉じます
ユーザー設定ダイアログ
またボタン名の表示が不要であれば、この逆でチェックをはずしてご利用ください。

posted by クリック at 10:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月14日

Word2007の不思議シリーズ 〜箇条書き

別にシリーズにするつもりもないのですが、Word2007になってから、従来とだいぶ使い勝手が違うので、こんなタイトルにしてみました。

さて普段は各方面から、おせっかいな機能との指摘の多いオートコレクト。段落番号や箇条書きの設定の部分ですが、段落番号はともかく、箇条書きについては適用されるタイミングが、Word2003までとちょっと違うようです。

オートコレクトのオプションの機能の設定・解除については、Officeボタンをクリックして、"Wordのオプション"を開きます。
"文章校正"をクリックし"オートコレクトのオプション"を開きます。
"入力のオートフォーマット"を開いて、"入力中に自動で書式設定する項目"のところの、"箇条書き(行頭文字)"と"箇条書き(段落番号)"のチェックをはずすことで、適用/非適用の設定ができます。

さて問題はこの次。"段落番号"については、Word2003までと操作方法が変わらないのですが、"箇条書き"については微妙に適用されるタイミングが異なるようです。

<Word2003での例>
箇条書き記号を入れて、続けて文章を入力。入力された文字を確定後、エンターを押した段階で箇条書きが自動的に適用されます。

<Word2007での例>
Word2003のように、箇条書き記号を入れても、箇条書きの書式は自動設定されず。
箇条書き記号入力後、すぐに文字を入力せず、この前にスペースを入れると自動的に箇条書きが設定されます。

<参照>
"おせっかい機能"を無効にする


posted by クリック at 09:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

"スキャナまたはカメラから" がない

Word2003まで、挿入>図 とたどっていくと、"スキャナまたはカメラから"というメニューがあって、そこをクリックするとTwainなどのプログラムを読み込んでスキャナから画像を直接取り込むことができました。
Word2003の画面
この一見、"便利そうだった機能"ですが、Word2007からはなくなってしまいました。私自身もあまりその画面を利用することもなく、GIMPなどのグラフィックスソフトでScanして取り込んだ上で、さらに画像に手を加えてからWordに取り込んだりしてますし、また取り込んだ画像データをデータとして別途保存しておくことが多いため、ほとんど使った記憶もないので、"便利そうだった機能"と書いたわけですが、改めてなくなってみると、この機能もなくなったのか? とちょっと寂しい気もします。

文書に画像を追加するための [スキャナまたはカメラから] オプションについて
 

posted by クリック at 14:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

Wordに挿入した写真とオートシェイプがグループ化できない

Word2003まではうっとうしくて仕方なかった描画キャンバス。ついつい邪魔なので、ツール>オプション>全般タブとひらいて、描画キャンバスを使用しないという設定にしてご利用になっている方も多いのかも? 私もその一人。

Word2002の画面。ここではグループ化が可能さてそれがどうもWord2007からは、不便だからはずすではなくて、使ってなれないといけないのかな?ってな状況に変わりつつあるようです。Word2003までであれば、オブジェクトの選択などを利用して複数オブジェクトを選択の上グループ化というのが可能でした。これWord2007の画面。描画キャンバスがないとグループ化ができないが、やはりWord2007になってからは描画キャンバス以外のところでは、種類の異なったオブジェクト同士でのグループ化ができなくなりました。
もちろん描画キャンバスを作成、その中にオートシェイプで作成した図形と画像を挿入する分にはグループ化は可能です。

ということでとりあえず回避策としては、描画キャンバスを作成した上で、その中で作業していくことで、グループ化は可能になります。

* 描画キャンバスは、Wordの左上のOfficeボタンをクリックして、出てきた画面のWordのオプションをクリックします。(あるいはメニューバー上で右クリックして、クイックアクセスツールバーのカスタマイズをクリックします)
描画キャンバス内なら問題なくグループ化が可能
Wordオプションダイアログの"詳細設定"をクリック、"編集オプション"のところの"オートシェイプの挿入時、自動的に新しい描画キャンバスを作成する"にチェックを入れてあげることで、オートシェイプ作成時に描画キャンバスが表示されるようになります。

* この後いくつか確認の取れていることもあり、それについてはコメントとして追記していますので、そちらもご参考ください。


posted by クリック at 16:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

2007 Microsoft Office suites の互換性

すでにいろいろなところでとりあげられるようになった2007 Microsoft Office suitesと以前のOffice製品との互換性。例えばWord2000/2002/2003とWord2007の互換性ですが、この互換性を維持するために配布されている"互換機能パック"というのをインストールすることで、Word2007で作成されたデータも読み込めるようになります。

ただしここで注意が必要。この互換性パックのシステム要件。OSで言えば、Windows2000SP4、Windows2003Server、WindowsXPSP1以上の環境が必要ですし、Officeプログラムで言えば、たとえばWord2000/2002であればSP3があたっている必要がある。Word2003の場合であればSP1以降ということになっています。またビューワーも2003以降のものでないとこの互換機能パックも利用できないということになります。ですから、ある程度古いバージョン(OSやOffice製品)を利用している人に対してはやはり、保存の際にWord97-2003形式で保存する必要が出てくるようです。

Word/Excel/PowerPoint 2007 ファイル形式用 Microsoft Office 互換機能パック

参考までに、一太郎2007での互換性ですが、Word2003までは多少の制限はあるものの開けますが、やはりWord2007のファイルは開けないようです。

Word 2007で作った文書を一太郎で開きたい
Microsoft Word→一太郎の互換性


ところで、直接役に立つ情報でもないかもしれないかもしれませんがちょっと面白いサイトを発見。どういうものかというと、Word2007の標準形式で作成されたデータ(docx形式)の拡張子をZIPに変更することでdocx形式で保存されたWordデータの階層構造を確認できるというもの。Wordのデータで試しましたが、結構な階層構造になってました。こちらについてはちょっと面白そうなので、時間のある時にでもいろいろいじってみることにします...

Office 2007 の衝撃
Microsoft Office Open XML

posted by クリック at 10:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

Word2007で作成した直線にスタイルを設定する

以前にも紹介しましたが、Word2007の場合、従来どおり図形ツールの直線を選択して直線を描いても、直線コネクタとして認識される仕様に変直線ツールを利用してみるスタイルが選択できませんわってしまったため、直線自体を二重線などに変更するスタイルの設定ができません。これについては、以前にも紹介したとおり。Word以外のExcelではきちんと直線として認識され、スタイルの変更なども可能なのですが、Wordのみこうなってしまうようです。
フリーフォームで試してみるフリーフォームであればきちんと表示されますさてそこで今回は、ではどうやってWord2003までと同様に、直線を描いても、スタイルが選択できるようになるのか? について検証。検証というほどのものでもありませんが、改めて図形ツールを使ってみました。

Word2007の仕様上、直線ツールではできないため、変わるツールはないか?という点に。どうやらフリーフォームを利用して直線を引いていくことになるようです。こうして描かれた直線の場合には、スタイルも従来どおり設定できるようになります。Shiftキーを押しながらドラッグしていただければきれいに直線が描けます。
 
 

posted by クリック at 22:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月09日

郵便番号変換エンジンの初期化に失敗

オートコレクトのオプション画面今回、たまたまWordを起動した際にこうしたエラーメッセージが出てきましたが、Wordに限ったことではなく、Officeアプリケーションを起動した際に、"郵便番号変換エンジンの初期化に失敗しました"というエラーが表示されることがあるようです。

<要因>
Officeの郵便番号辞書をセットアップしていないにもかかわらず、Officeのアドインである、"地図と天気予報スマートタグ"をダウンロードしてセットアップした場合に表示されます。

<解決法>
Office郵便番号辞書を追加でダウンロード・インストールすることで解消されます。Microsoftのスマートタグのダウンロードのページにもこのあたりはきちんと記載があるようです。

地図と天気予報 サンプル スマート タグ

*ちなみに、Wordの画面より、追加のスマートタグのダウンロードのページには、
ツール>オートコレクトのオプション>スマートタグタブ と開いて、
"その他のスマートタグ"をクリックするとマイクロソフトのスマートタグのページに移動できます。


<参照>
Office アプリケーション起動時に "郵便番号変換エンジンの初期化に失敗しました" エラーが表示される

posted by クリック at 09:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

挿入されたグラフなどが編集できない(Word2003)

Word2003で文書を作成。その際にMicrosoftGraphなどのOLE機能を利用してグラフを作成・挿入し、その後編集をしようとすると、"アクセス権がありません"といったエラーが表示されることがあります。

この現象、Norton AntiVirusのOfficeプラグインの制御に関する部分が要因で起きる現象のようです。こうしたエラーが表示され、かつNorton AntiVirusご利用であれば一度Nortonの設定を確認してみましょう。

Norton AntiVirusのメイン画面を立ち上げて、オプションメニューにはいり、リストの中から、"Officeプラグインを有効にする"のチェックをはずすことで回避できるようです。

ここにチェックが入っている状態で、こうしたOLEオブジェクトを編集しようとすると、Word2003に限らず、Excel2003、PowerPoint2003、Publisher2003、Access2003 のアプリで表示されるコメントは違いますが、エラーが表示されるようになるようです。

<参照>
挿入されたグラフや数式 あるいは OLE オブジェクト等を再編集することができない
posted by クリック at 18:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

原稿用紙の設定では拡張書式が利用できない(Word2007)

原稿用紙の設定ダイアログWord2007で便利になったものの一つに原稿用紙の設定があります。以前はウィザードを起動して原稿用紙の設定をつくっていましたが、Word2007からはボタン操作一つであっという間に白紙の用紙が原原稿用紙が作成された稿用紙の仕様に。
これは非常に便利な部分、でも不便になった部分も...

原稿用紙画面の作成については、Word2007のリボン上の"ページレ文章を入力してみたイアウト"タブから、"原稿用紙設定"をクリック、マス目の有無、行数・文字数、用紙サイズ、印刷の向きを決めてOKを押せば、ハイ出来上がりという具合。
従来(Word2003)までのように新規作成からテンプレートを呼び原稿用紙の設定のされていないものから、コピーすると問題なく設定はできる出して、原稿用紙ウィザードを起動してなんていう手間が一気になくなったのは非常に扱いやすくなったところでもあります。Word2007では新規作成からテンプレートを探しても原稿用紙ウィザードはなくなっています。

Word2002で作成した文書で試してみる1しかしここで問題も。現在確認している限り、この原稿用紙設定の画面になってしまうと、様式に合うようにきっちり書式が決まってしまうようで、フォントサイズの変更や、拡張書式という機能などが利用できなくなってしまいます。フォントサイズが変更されると文字間や行間にも影響してくるし、拡張書式の一部の機能はやはり行間に影響がでてくるものもあるので、わからないでもないのですが、そこまで制約を受けると使いやすいのか、使いづらいのか微妙なところです。
Word2002で作成した文書で試してみる2
Word2003までのバージョンで、原稿用紙を作成。これをWord2007で開いた場合、互換モードで起動しますが、この場合にはこうした制約を一切受けず、設定の変更が可能です。ただしWord2007で原稿用紙を作成、これをWord97-2003形式で保存(互換モード)した場合にはやはり制約を受けて、設定はできません。
posted by クリック at 11:20| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

WordのWebオプションについて

WordでWebページの作成Wordで作成したデータをWebページとして保存するようなときに、保存のダイアログのところのツールをクリックすると、"Webオプション"という項目があります。

Webオプションさてこの"Webオプション"ってどんな設定をするためのものなのか? 簡単に言えばブラウザによって対応している機能(画像の表示やスタイルシートの記述方法など)が異なるため、指定のブラウザのバージョンに合った記述方法にするためのもの。ちょっと具体的にWord2002のケースで見ていく事にします。

IE4を選択した場合WebオプションのところでIE6用にした場合と、IE4用にした場合では、オプションのところで、チェックが入る項目に多少違いがあるのがわかるはずです。
また利用する機能により違うので、IE4では簡単なものだとその違IE6を選択した場合
いがはっきりしませんが、IE3として保存したもののソースをメモ帳などで開いて見ると、記述されているタグの内容が違うことがよくわかります。

IE6を選択した場合のソース要するにブラウザのバージョンによって対応しているHTMLやスタイルシートの記述方法などが異なるため、Webページを作る側が、どの程度のブラウザを念頭において作成しているか? ということで、Webブラウザのバージョンをある程度はっきりさせ、きちんと表示させるためのオIE3を選択した場合のソースプション。これが、Webオプションということになるわけです。

IE3とかIE4を念頭において何ていうケースは普通ではほとんど必要はないと思いますが、Word2007でもここの設定はWord2002の場合と変わりない様です。

参考までにMAC版のWordの場合は以下のリンクを参考にしてみてください。

Word2001(MAC)の場合

Word v.X(MAC)の場合





posted by クリック at 19:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

グリッド線の詳細設定ダイアログ(Word2007)

これまでだと図形描画ツールバーを表示させて、図形の調整から、グリッドをクリックすると表示されていたグリッド線の設定。
オブジェクトの挿入画面
これまでもいくつか見てきたように、Word2007から大幅にインターフェースが変わっているせいか、このダイアログを表示する方法が今ひとつこれまでと慣れ親しんだ方法となっているためわかりづらいようです。
オブジェクトを挿入した画面
行グリッドの表示・非表示
これについては、リボンの表示タブを開くと、"表示/非表示"のところに"グリッド"という項目があるのでこちらにチェックを入れれば、行グリッド(印刷レイアウト表示モード時に表示される横線)は表示されるようになります。
表示されるダイアログは同じもの
図形描画に便利な文字グリッドの表示と詳細設定
こちらについては、リボンの挿入タブを開いて、いずれかの☐や○などのオブジェクトを選択するか、新しい描画キャンパスを選択すると、リボンのところが、"描画ツール"の"書式"設定に変わりますので、こちらの"配置"のところから、"配置"のドロップダウンリストボックスを選択すると、"グリッドの設定"というメニューが表示されますので、そちらより同様のダイアログを表示させることが可能になります。
posted by クリック at 15:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

メイリオフォントを利用すると行間が広がる

以前にも紹介しましたが、Windows Vistaより採用されたメイリオフォント。
メイリオフォントで入力した例
Word2007に限ったことではなく、このメイリオフォントを利用して、Wordやワードパッドなどのアプリケーションで文字を入力した場合、MS明朝やMSゴシックなどの通常フォントに比べて行間が広がってしまいます。
ワードパッドなど行間の調整ができないアプリケーションの場合には手直しできませんが、Wordなど行間の調整ができるアプリケーションの場合には行間を調整の上、修復してご利用いただけることとなります。
Word2007で調整した例
<行間の修正方法>

1)該当部分をドラッグするなどで選択
2)リボンの"ホーム"のところから、"段落"のところのオプションボタンを押して段落ダイアログを出して、"インデントと行間隔"タブを開きます
3)"行間"を"倍数"に、"間隔"を"0.87"に変更
4)"1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる"のチェックをはずす
きちんと調整されて
マイクロソフトのHPでは、この後"標準の文字数を使う"設定まで行っていますが、今回確認する限り、1)〜4)までの操作で行間の設定は調整できるようです。

--- 参照ページ ---

メイリオ フォントを使用した場合に行間が大きく空いてしまう


posted by クリック at 18:51| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

Word2007における直線ツール

Office2007に変わっていろいろ違いがありますが、その違いによってちょっと考え方を変えないといけないような部分も出てきているようです。多分いろいろあるんでしょうけど、その一つが、図形描画ツールの直線ツール。
Word2002の画面1
Word2003までであれば、もちろん直線ツールですから、直線を引いたり点線を引いたりしていろいろ利用されていらっしゃった方も多いはず。今回バージョンアップした、Word2007でも、もちろん書式設定の画面より実線/点線を選択すれば、点線への変更は可Word2002でもそれぞれを選択すると表示が異なる能ですし、また太さも変更はできるものの、二重線などへのスタイルの変更ができなくなっています。従来直線ツールはあくまでも直線ツールで、直線コネクタとは異なった位置づけにあったのですが、どうやらWord2007から直線ツールで作成される直線も直線コネクタという位置づけに変わってしまったようWord2007で開いたところで、直線(コネクタ)で作成した直線を右クリックすると、"直線コネクタ"という表記になっていることがわかります。つまり単純な直線ツールというツールがなくなってしまったというわけです。

ただし一方で、Word2003までで作成したデータをWord2007で開いWord2007で開き、右クリックしたところ1てみると、直線ツールで作成された直線は、あくまでも直線ツールでの直線という位置づけで、右クリックしても表示されるメニューが異なります。ちなみにWord2002で、直線コネクタで直線を作成してみたところ、やはりWord2007でも直線コネクタとして認識されるようです。
それぞれの直線を選択したときに表示される両端のマークが微妙Word2007で開き、右クリックしたところ2に異なるわけですね。

*ちなみに、Word2003までは直線コネクタを作成する場合には、図形描画枠を表示させないとグレーに反転して利用できません。

とりあえずWord2007では、単純な直線ツールというのが現在のところないようです。ただしExcel2007では特に問題なく直線ツールは直線ツールとして機能するようで、今後どうなるのか? とりあえず現状ではどうしようもなさそうです。


ラベル:Word2007 Office2007
posted by クリック at 16:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

2007 Office Systemで採用されているリボン

今回Windows Vistaとともに一新されたOffice。シリーズの名称として、"2007 Office System"とされていて、各パッケージのことを、スイートと呼ぶようです。このスイートには、Microsoft Office Ultimate2007、Microsoft Office Professional2007、Microsoft Ofice Standard2007、Microsoft Office Personal2007の4つのシリーズパッケージで構成されています。それぞれのパッケージ内容の違いについては以下のサイトを参照してみてください。

スイート製品別比較表

さて今回は一新されたインターフェースについて、Wordを例にとWord2007の画面1ってみてみることにしました。以前に、ツールメニューにあった、オプションやユーザー設定のダイアログの出し方については紹介しましたが、そこでもチラッと書いたように、これまでと一新されてわからないとこだらけのOffice2007。いゃ、2007 Office System。その一番目新しい機能が"リボン"という機能。

リボンを活用する

これは従来メニューバーをクリックしてプルダウンで表示されてドラッグするとサブツールバーがいたものが、リボンと呼ばれてるツールバーのエリアをクリックすることでそれに関連した機能が簡単に選択できるようになったといわれるもの。タブごとにツールが用意されていて、タブの切替で機能を呼び出せるようになっています。
ダイアログボックスボタン
この辺のインターフェースはExcelなども同様。ただし当然のことながら、アプリによって表示される内容も異なるので、次回はExcelのリボンについて見ていくことにします。チラッと見た限り、関数の呼び出し方がだいぶ変わっているみたいですね。


posted by クリック at 10:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする