2008年03月06日

Internet Explorer または Outlook Express を起動するとタイプ2エラーで起動できない(OS9.2.2)

クラシック環境で、Internet Explorer(IE)あるいは Outlook Express(OE)をご利用の場合、ある時から突然 タイプ2エラーが発生して、アプリケーションが起動できなくなったような場合、IEの初期設定ファイル(Internet Preferences)を再構築することで改善されます。

MACのクラシック環境の場合、こうした初期設定ファイルの再構築はトラブル回復への定番ってことになりますが、IEやOEの場合にも同様なようです。
ただし、この初期設定ファイルを削除することで、インターネットコントロールパネルに表示される設定も削除されるため、必要に応じてきちんとメモしておく必要があります。

[ENT2001] Entourage、Internet Explorer、または Outlook Express を起動すると、タイプ 2 エラーが発生する

各種設定ファイルのありか(MacIE Tips)


  • インターネットコントロールパネルについて

  • Mac OS 8.5:「インターネット」コントロールパネルと“Internet Config”アプリケーション



  • <自分のためのメモ>
    ・起動時に、OS選択画面を出すには、Optionキーを押しながら電源を投入する(...つい忘れてしまうので...)
    ・MAC用のIEの配布は現在なし。ただし、OEについてはまだ配布中。
    Outlook Express 5.0.6 for Mac (OS 8.1〜9.x 用)

    posted by クリック at 14:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:


    この記事へのトラックバック