2008年02月03日

Excelを起動時、SKU011.CABが見つからないというエラーがでて起動できない

参考にさせていただいた、以下のブログにもありますが、ファイル名にはいくつかあるようです。filename.CABのケースもあれば、今回のようにSKU011.cabやSKU033.cabの場合も。

SKU011/SKU033(パソコンとアプリケーションの備忘録)

こうしたファイルが見つからないといったエラーの場合には通常、インストールの際に利用するOfficeのCDを入れてあげれば大丈夫なケースが多いのですが、実際には同名のファイルがあるにもかかわらず認識されずにこうしたエラーが出てくるケースも多いようです。
ただし、一度Office自体を削除して再インストールすれば直るというケースもあれば、それでもうまくいかないケースもあるようです。いろいろ試す必要はありそうです。

マイクロソフトでも以下のような事例をサポートで紹介していました。こちらあたりも参考になると思います。

1)Office ダウンロード Web サイトまたは Microsoft ダウンロード センターから Office 2003 プログラムを更新するときに "インストール エラー : ファイルが見つかりません" または "Error 0x51F" というエラー メッセージが表示される
2)Microsoft Office 2003 プログラムを初めて起動するときにエラー メッセージ "インストール エラー: ファイルが見つかりません" が表示される
3)インストール後のローカル インストール ソースの変更



posted by クリック at 22:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック