2007年12月12日

クイックアクセスツールバーのカスタマイズ

Word2007の例Office2007になってから、WordやExcelでは、従来のツールバーとことなり、リボンが表示されるようになったことはすでにご承知のことと思います。

さらに、リボンの上(デフォルトでは)にある、"クイックアクセスツールバー" が加わったのもご承知の通りで、このクイックアクセスツールバーに必要な項目を登録することで、文字通りすばやくその機能にアクセスできるようになります。
カスタマイズのメニュー画面(Excel2007の例)
このクイックアクセスツールバー、ここに表示される項目をすべて非表示にしてしまっても、右クリックから、カスタマイズを呼び出して表示項目の設定を変更したりすることも可能です。通常は、"上書き保存"、"元に戻す"、"やり直し"の3項目が表示されています。

カスタマイズの画面(Excel2007のオプションダイアログ)通常デフォルト(既定値)の設定が変わってしまった場合でも、このクイックアクセスツールバー上で右クリックして、"クイックアクセスツールバーのカスタマイズ"をクリックして開いて、"リセット" をクリックすると元に戻すことも可能ですし、またすべて非表示になった場合には、"クイックアクセスツールバーのカスタマイズ"をクリックして、必要な項目をクリックしてチェックを入れたり、または "その他のコマンド" をクリックすることで、カスタマイズのダイアログが表示されることが可能です。

2007 に Microsoft Office プログラムの クイック アクセス ツールバー のために、ツールバーのファイルの場所

クイック アクセス ツールバーをカスタマイズする

通常はカスタマイズされた場合、クイックアクセスツールバーは、

WindowsXPの場合
Cドライブ>Documents&Settings>(ユーザー名)>Local Settings>Application ata>Microsoft>Office
WindowsVistaの場合
Cドライブ>ユーザー>(ユーザー名)>AppData>Local>Microsoft>Office
クイックアクセスツールバーの設定情報(.qatファイル)が保存されている場所
といった場所に、"Excel.qat" とか "Word.qat" などといったファイル名で保存されています。カスタマイズしたこの情報をリネームすることで、クイックアクセスツールバーはリセットされるようです。
Excelなどこのクイックアクセスツールバーファイルの破損によりうまく起動できなくなることもあるようで、この場合にはこのファイルなどのリネームが必要になります。

Excel 2007 の起動に関する問題のトラブルシューティング方法


posted by クリック at 19:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック