2007年12月02日

Internet Explorer を起動するとログインの画面がでてくる

一つの事例としてですが、ちょくちょく聞きますので、念のためブログにアップしておくことにしました。
Coregaのブロードバンドルーター(CG-BAR MX2など)利用の際、PC/ルーター間は問題なく通信ができていても、ルーターから外への通信がうまくできなくなった場合に、IEを起動すると、ルーターの管理画面へのログインダイアログが表示されることがあるようです。

これまで自分で経験した事例では、PPPoE形式(Bフレッツなど)の回線をご利用で外部回線との接続が何かの理由により切断され、その後うまく接続できていない場合などにそうなるケースがあるようですので、そうした場合には一度ルーターの再起動をお試しください。

またルーターの管理画面にログインして、管理画面上からルーターの現在の設定はいじらずに、そのまま再度"設定"をクリックして、その後再起動をかけることでも改善されるようです。ただしこの限りでもないみたいなので、何かわかればまたこの場でご紹介させていただきます。

<ルーターの管理画面への入り方> * Coregaの例です
ユーザー名:root パスワード:なし(空白のまま) で OKをクリック

<ルーターの設定・再起動>
1)管理画面に入ったら、WAN側設定へ
2)PPPoEの場合、アカウントの設定に該当の設定項目があるはずですが、例えばセッション-1の設定をクリック
3)設定内容が表示されても特に何もいじらずに、下部の"設定"をクリック
4)再起動を求められるので、ここで再起動をかけます

<参考>
Coregaのマニュアル(BAR MX2)
posted by クリック at 17:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック