2007年10月12日

Word2007のテンプレートファイル(Normal.dotm)を操作する

Word2003までと同様、標準のテンプレートファイルがおかしくなってしまって、Wordを起動するたびに、書式などが設定されていたり、画像などが入った状態で起動してきてしまうような場合、標準のテンプレートファイルの再構築をすることになりますが、Wordのバージョンによって、そのデータが保存されている場所が異なっていたり、またWord2007からはファイル名すら異なっているために、場所がなかなか見つからなかったり...
っということで、自分のためにももう一度Wordの標準テンプレートファイルの場所を確認することにしました。


Word2000-2003
ファイル名:Normal.dot
場所:(WindowsXPの場合)
C:\Documents and Settings\(ユーザー)\Application Data\Microsoft\Templates

Word2007
ファイル名:Normal.dotm
C:\ユーザー\(ユーザー)\AppData\Roaming\Microsoft\Templates

ただし、途中の、"Application Data"や"AppData"フォルダは隠しふぃあるになっていますので、すべてのファイルを表示する設定に変更していただかないと表示されません。

<フォルダオプションの変更>
WindowsXPの場合:
1)マイドキュメントなどのフォルダを開く
2)ツール>フォルダオプション>表示タブ と開く
3)"詳細設定"のところの、"ファイルとフォルダの表示"のところを、"すべてのファイルとフォルダを表示する" をクリックして、OKで閉じます

WindowsVistaの場合:
1)ドキュメントなどのフォルダを開く
2)メニューがない場合には、Altキー を押すとメニューが表示されますので、メニューより、ツール>フォルダオプション>表示タブ と開く
3)"詳細設定"のところの、"ファイルとフォルダの表示"のところを、"すべてのファイルとフォルダを表示する" をクリックして、OKで閉じます

通常、Normal.dotなり、Normal.dotmといった、標準のテンプレートファイルの名前を変更してしまうと、Wordが起動時、新規にテンプレートファイルを自動生成するので、リネームしても、削除しても問題ないはずですが、念のためリネームにて対応する方が無難ですし、手っ取り早い修復方法になります。
ただし、おかしな箇所がわかっていて、直接こうしたテンプレートファイルを呼び出して、修正したい場合には以下の手順になります。

<Word2003までの場合>
1)Ctrlキーを押しながら、Wordのショートカットアイコンをクリックして、セーフモードで起動
2)ファイル>開く にて、先ほども紹介したNoromal.dotファイルを指定して開きます
3)必要な修正をして、ファイル>上書き保存 にて保存

<Word2007の場合>
1)Wordを起動して、Officeボタン>開く とクリック
2)"ファイルを開く" ダイアログの左にある"Templates"というフォルダをクリック
3)"Normal.dotm"を選択して開き、必要な修正を加え、Officeボタン>上書き保存 にて保存します

標準テンプレート (Normal.dotm) を変更する

Windows Vistaの場合、フォルダを開いてもメニューがないのが当たり前と思ってましたが、まさかAltを押すとでてくるとは... 新たな発見でした。

posted by クリック at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック