2007年08月30日

Word2007でのセッションの区切りの入れ方

Word2003までと、仕様が変わって、これまであったはずの機能が意外に見つけにくかったりします。今回ご紹介するセッションの区切りについても同様。
改ページ
Word2003までであれば、挿入>改ページ とクリックすることで、単なる改ページなのか?セッションの区切りを入れるのか?を選択できましたが、Word2007からはちょこっとことなります。通常Word2007を起動した画面には、挿入タブのところに、"ページ区切り"がありますが、これは単なる改ページ。CTRL+ENTERでやっていた物と同じ物ですから、これでページを変更しても、ページ毎のレイアウトの変更や、ヘッダーフッターの設定がセッションの区切りの挿入出来ません。またこの操作でいれた場合には当然セッションの区切りを挿入したものでもないため、ヘッダー・フッターを設定し、ヘッダー又はフッターの編集に切り替えても、"前と同じヘッダー/フッター" のところは設定をはずせません。

Word2007の場合には、ページレイアウトタブを開いて、"区切り"のところからセッションの区切りを挿入することになります。
セッション区切りを挿入した後に、ヘッダーまたはフッターを挿入。さらにヘッダーの編集などを開いていただくとデザインタブのところで、"前と同じヘッダー/フッター"と言うところがありますから、こちらをクリックしてヘッダーの編集をクリックしたところ解除してあげます。
行番号の追加機能こうすることでこれまで通り、ページ毎にヘッダーやフッターをを設定できるようになります。

気がついた毎に取り上げていますが、まだまだありそうですね。こういう従来までと違うとこ...。

ところで、行番号をつけるなんて機能も追加されていたんですね。これは気がつかなかった。
 


posted by クリック at 11:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック