2023年08月09日

Microsoft 365 Personal と1か月間の無料お試し期間

Microsoft 365 Personal という一般ユーザー向けのサブスクリプション製品には、1か月間の無料お試し期間が含まれていることをご存知の方も多いはず。

Amazon や 家電量販店などで ダウンロード版や、POSAカード版などを購入(サブスクリプション契約)されている場合には、当然こうしたお試し期間はありませんが、Microsoft Store からダウンロード販売などで購入したものについては、Windows でご利用になる場合でも、また Mac でご利用になる場合であっても、当然ながら1か月間の無料お試し期間がついてきます。


【無料お試し期間があるのは、Microsoft Store のみではない】

お馴染みの "無料お試し期間"。Microsoft Store でサブスクリプションの契約をして購入したものについては当然ながら1か月の無料お試し期間がついてくることはご存知の方も多いかと思います。

20230808-2-1.jpg 20230808-2-2.jpg 20230808-2-3.jpg

もちろん当然ながら、この無料お試し期間というのは新規のユーザーが対象になるので、右の画像にもありますが再購入では利用できません。また無料のお試し期間があるのは、Microsoft 365 Personal のみになります。同じサブスクリプション製品ではあっても、Microsoft 365 Family にはございません。

-- App Store で購入した場合にもお試し期間はあります:

ところでこの無料お試し期間、海外での事情はわかりませんが、少なくとも日本では mac ユーザーが App Store を経由してダウンロード購入(サブスクリプション契約)した場合にも、1か月間のお試し期間があります。

20230908-3-1.png 20230808-3-2.png 20230808-3-3.png

Mac で、App Store アプリを起動して、"Microsoft 365" と入力すると、上記のような画面になります。うちの場合には当然ながら現在利用中なので、「購入済み」とはなっていますが、未導入の場合には、「入手」と表示されているかと思います。

さて2枚目の画像にもありますが、「Word、Excel、PowerPoint、Outlook には、正規の Microsoft サブスクリプションが必要です。Microsoft 365 の1か月間の無料試用版が各 Microsoft 365 のアプリ内購入に含まれています。」とあるように、App Store 経由で購入する場合にも、無料の試用期間がついてきます。

このブログでも以前に以下にあるように、App Store 経由での購入から、ライセンスの管理まで取り上げたことがありますので、詳細は以下の記事をご参照ください。



20230808-4-1.jpg 20230808-4-2.jpg 20230808-4-3.jpg

とインストールして利用するに至るまでの間に、何度も "初月無料" とか、"無料の月を開始する"、"今から1か月は無料です" といった文言が随所に出てくるので、 mac 版でも無料のお試し期間があることはご理解いただけると思います。


【ライセンスの管理方法については注意】

さてこうして導入した、Microsoft 365 のサブスクリプションですが、Windows 版とは異なり、Mac 版をご利用の場合には、ライセンスの管理方法には注意が必要です。

Windows 版の場合、Microsoft Store で購入しようと、Amazon や 大手家電量販店などの正規販売店で購入しようと、そのライセンスの管理は全て初回に紐付けされた Microsoft アカウントで行うことになります。

サブスクリプションの停止(自動更新のオフ)についても、Microsoft アカウントのサービスとサブスクリプションの画面にサインインして行います。

これに対して、App Store から購入した製品の場合、「Mac 版 Microsoft 365 Personal を導入する Part 2 〜 ライセンスの管理と更新」でもご紹介していますが、ライセンスの管理(サブスクリプションの契約の管理)は、すべて App Store (Apple のアプリストア)で行います。

初回導入時に、Microsoft アカウントとの紐付けは当然 App Store で購入したものをインストールして利用する際に行われますが、ライセンスの管理(自動更新の有効・無効)はあくまでも、App Store のサブスクリプションの管理画面から行う必要があります。

また App Store 経由で購入したものについては、基本的には自動更新が有効になっています。「Mac 版 Microsoft 365 Personal を導入する Part 2 〜 ライセンスの管理と更新」のなかでも「サブスクリプションの確認」のところで、

20230808-4-4.jpg

と説明があるように、サブスクリプション期間終了 24時間前 には更新されてしまいます。"無料期間終了後" ではないのでご注意ください。
すなわち、1か月間の無料のお試し期間が過ぎれば自動的に課金されることになります。この点については、後で知らなかったではすみませんので、くれぐれもご注意ください。


【返品・返金について】

こちらも、どちらで購入したか?にもよることになるので、Microsoft Store で購入したものは、Microsoft Store へ、App Store(Apple アプリストア)で購入したものは、App Store にお問い合わせいただくことになります。App Store で購入したものを Microsoft に問い合わせても何もできません。

Amazon などで購入したものについては、Webを見る限りでは「この商品は返品を承っておりません」ともありますので、返品の受付はしていないようです。詳細は購入された店舗などにご確認ください。

Microsoft Storeへの問い合わせ:

App Store で購入した場合:


<参照>




心に訴えるプレゼンを行う  --Microsoft 365


デル株式会社

Windows から、Mac まで中古パソコンがお得な価格で....
パソコン工房のデジタルドラゴン中古パソコン・中古スマホ
posted by クリック at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック