2020年03月09日

Microsoft Edge Legacy(旧 Microsoft Edge) でできなかった "選択した部分のみの印刷" ができるようになります

今は、Microsoft Edge Legacy なんて名前になりましたが、この Microsoft Edge にできなかったことが、さて新しくなる Microsoft Edge で可能になるのか? 確認してみました。

Windows 7 で、Internet Explorer をご利用の方が、2020年1月14日にサポートが終了して、Windows 10 に移行したものの、Microsoft Edge を開いても、Internet Explorer にあったはずの機能がない... 

早くから Windows 10 で、Microsoft Edge をご利用の方はすでにご存じでしょうから、そんな場合には、

設定[...]>その他のツール> "Internet Explorer で開く" 

とすれば、文字通り、Internet Explorer なわけですから、選択した部分のみそのまま印刷できるよ? とはご存じだったと思いますが、どこか不便でしたよね....


1) 選択範囲のみの印刷:

Internet Explorer では、普通にできていた、選択した部分のみ印刷するという機能。Microsoft Edge Legacy では、できません。
さて、新しく Microsoft Edge を襲名した Microsoft Edge ではどうなのか?

当然ですが、選択した範囲のみの印刷は可能になりました。

20200309-1-1-1.jpg 20200309-1-2-1.jpg

あらかじめドラッグして必要な部分を選択してから、[...]>印刷 とクリックし、"その他の設定" をクリックすると、"オプション" のところに項目が表示されます。

20200309-1-4.jpg

但し上記の画像にもあるように、事前にドラッグして選択していない状態では、ここには項目自体が表示されないようなのでご注意ください。


2) お気に入りのすべて削除:

これも利用者は限られていると思いますが、右クリックして個別に削除することはできても、これまではすべて削除することができませんでした。なので数がたくさんある場合には、お気に入りを整理するにあたって、削除するのも一苦労でした。

20200309-1-3-1.jpg

新しい Microsoft Edge では、"お気に入りの管理" からであれば、一気に複数のものを選択して削除が可能になっています。

まだまだあるのかな? 今後も、気になったものがあれば随時確認してご紹介させていただきます。



デル株式会社
posted by クリック at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | Microsoft Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。