2018年09月02日

Word や Excel などのアイコンが白いアイコンになってしまった

アイコンが白くなってしまうケースは、様々なケースが考えられます。

たとえば、

1) プログラムの関連付けで不具合が発生しているケース
  対処法:ファイルの関連付けの再構築
2) アイコンキャッシュが破損して白くなっているケース
  対処法:セーフモードで起動するなどによりアイコンキャッシュの再構築

こうしたケースでは、従来からよくあるもので、Office製品に限ったことではありません。

さて今回のケースは、Office 製品に限ったことになりますが、時々こうしてアイコンが白くなってしまって、プログラムが起動できなくなるというケースを見かけます。

今回はそうした場合の対処法です。

・デスクトップにあった、Word や Excel などのアイコンがいつのまにか?白くなってしまった
・ドキュメントフォルダ内の、Word や Excel などのデータも白くなってしまった
そして、
・プログラムを起動しようとしても起動ができない

そうした場合、Office の修復が必要になります。この修復。C2R版と、ストアアプリ版とではさらに異なります。

-- C2R版:

(Windows10の場合)
スタート>設定>アプリ>アプリと機能 と開いて、Office製品を選択して、"変更" をクリックします
(Windows7などの場合)
スタート>コントロールパネル>プログラムのアンインストール と開いて、Office製品を選択して、"変更" をクリックします

20180901-1.png

状況にもよると思いますが最近の多いケースだと、クイック修復では改善せず、オンライン修復が必要になるケースが多いようです。ただし完全に削除して再インストールせざるを得ないというケースはあまりないようです。


-- ストアアプリ版:

以前取り上げた "ストアアプリ版の Office 2016 を修復する Part 1" の中でも紹介していますが、
スタート>設定>アプリ>アプリと機能 と開いて、Office製品を選択し、"詳細オプション" から行います

ストアアプリ版の場合、更新がうまくできずにおかしくなることもありますが、その場合には、"ストアアプリ版の Office 2016 を修復する Part 2" でもご紹介しているような更新プログラムの適用を行います。

20180731-3-1.jpg


<参照>



posted by クリック at 14:39| 東京 ☁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。