2018年06月26日

Microsoft Office 2019 for Mac の利用環境

Office 2019 については何度かにわたってご紹介しましたが、今回は、先日公開された "Office 2019 Preview for Mac" に基づいて、"Office 2019 for Mac" について取り上げてみたいと思います。

20180626-1-1.jpg 20180626-1-2.jpg

Windows版の、Office 2019 Commercial Preview に登録された方には、6/13(日本時間)付でメールでも案内が来ているかと思います。日本時間で 6月13日 からダウンロードが可能になりました。

20180626-1-3.jpg

さて今回は、この "Microsoft Office 2019 for Mac" の利用環境について確認してみました。現在公開されているのが、"Office 2019 for Mac Commercial Preview" という法人向けに提供されているプレビュー版のため、こちらで公開されている情報をもとにご紹介します。

20180626-1-4.jpg 20180626-1-5.jpg

今回ご紹介にあたっては、主に "Office 2019 Commercial Preview Documentation (Mac)"(6/12公開分)などを元にご紹介させていただきます。

なお当然ですが、画像でもご覧いただけますが、"Created Date"(公開日)、"Content Modified Date"(修正日)とあるように、この情報は随時更新がかかっております。ですので、この記事を作成する時点でのものになります。詳細は随時機会があればご紹介しますが、ご利用いただける環境にある方は直接、ダウンロードしてご確認ください。


-- 対象OS:

Office 2019 がリリースされた時点で提供されている2つの最新バージョンが対象OSになります。
現在で言えば、
  • OS 10.12.6 (Sierra)
  • OS 10.13.5 (High Sierra)

までということになります。Office 2019 が公開された段階で変わるので、あくまでも現段階ではということになります。
当然ですが、現在提供されている Office 2019 for Mac Preview については、上記の OS のみがサポート対象 OS になります。


-- 提供されるプログラム:

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、そして OneDriveと、Preview版のドキュメントにはあります。ただしこれはあくまでも法人向けということになります。一般向けには. 従来通り、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteということになるかと思います。


-- 64ビット版のみ:

Office 2019 については、すべて 64ビット版になります。Windows版では、32ビット版64ビット版が提供されていますが、Mac版は、Appleも、64ビット版への移行を強く推し進めていることもあり、64ビット版しか提供されません。

* ちなみに、Office 2016 for Mac には、32/64ビット版がありました。

以前にも、現在の High Sierra が、32ビット版のアプリケーションが動く最後のOSになるといったことが "WWDC2017" で発表されました。また 2018年1月以降は、Mac App Store に申請されるすべてのアプリが、64ビットをサポートしないといけないようになっています。さらに最近は、High Sierra 上で、32ビットアプリケーションを実行しようとすると警告の画面がでたりするようになりました。



-- 必要なドライブの空き容量:

最低限必要なディスクの空き容量 → 10Gb


-- アドインなどについて:

基本的に、Office 2016 のものとは互換性はありますが、Office 2019 上で正しく動作するかどうかは、随時確認する必要があるようです。


-- サポート期間:

メインストリームサポートとして、提供開始から5年間、サポートされます。


当初、"Overview of Office 2019 Preview for Mac" というドキュメントだけだったものが、その後、6/26付で、"Known issues with Office 2019 Preview for Mac" といった既知の問題に関する情報も加わり、Mac 版の Office 2019 も着々と準備が進んでいるようです。

情報は常に更新されていくかと思いますので、また機会があれば取り上げてみたいと思います。



<参照>





Microsoft Store (マイクロソフトストア)



posted by クリック at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。