2017年12月16日

"お使いのWindows用ドライバは〜の、期限が切れました" と表示される 〜再掲載

年末のせいということでもないでしょうけど、ここ最近、こちらのブログで過去に取り上げた 「お使いのWindows用ドライバは〜の、期限が切れました" と表示される」という記事へアクセスされる方が多かったので気になっていたのですが、色々調べてみると、ここ最近、また "お使いのWindows用ドライバは〜の、期限が切れました" の画面が出てくるケースが増えているようです。

"お使いのWindows用ドライバは〜の、期限が切れました" と表示される

上記のサイトでも紹介していますし、また今回表示されているケースを数件確認していますが、対処法としては、以前にご紹介させていただいたものといっしょで、基本的に、これが表示されたからといって、マルウェアなどにに感染しているということではありませんでした。

キャッシュ(一時ファイル)を悪用しているだけです。以前にご紹介したサイトでも紹介していますが、

1) タスクマネージャーを起動して、一旦、Internet Explorerなどのインターネットの画面を終了させる
2) ブラウザの一時ファイル(キャッシュ)を削除する

といった操作をお試しになってみてください。

一応これで表示されなくなりますが、こうしたものもどんどん変わっていきますので、単にキャッシュの削除だけで問題ないとも言い切れません。くれぐれも念のためセキュリティソフトなどでスキャンも行っておくこともお勧めいたします。

さて、Microsoft Edge の場合、以前にも取り上げましたが、Fall Creators Update があたっていれば、設定のリセットがかけられるようになっています。リセットによって閲覧データなども削除が可能です。

Microsoft Edge にようやくリセットの機能が付きました

特に、Microsoft Edgeの場合には、閲覧履歴をきちんと削除しておかないと、一度終了しても、再度起動してみると、前回読み込んだデータを再度表示させてしまうことがあるため、せっかくタスクマネージャーで終了しても再度同じ画面が出てくるといったことになりかねませんのでご注意ください。

こうした画面、インターネットでホームページを見ていたら突然でてくる...そんなケースが多いようです。表示された場合にはくれぐれも慌てないで処理してみてください。


【2017/12/16 更新】

この類多いですね。以下のようなポップアップが出るケースには、プログラムが既にインストールされていますので、削除する必要があります。

20171216-1.jpg 20171216-2.jpg

上記の左のものが、Driver Update。そして、右のものが、MySystem Mechanicというものでした。


<参照>

"お使いのWindows用ドライバは〜の、期限が切れました" と表示される
Microsoft Edge にようやくリセットの機能が付きました

posted by クリック at 07:37| 東京 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。