2017年04月06日

”先進認証を使用していないアプリからのアクセスを制御する” の設定が逆になる

設定が全く逆になるという報告が上がっていますので、緊急性もあるためご紹介させていただきます。

本件ですが、Microsoftコミュニティでも紹介されていますが、具体的には、

「2017 年 4 月 6 日現在、SharePoint 管理センター (および OneDrive 管理センター) の [デバイス アクセス] ページにおいて、[先進認証を使用していないアプリからのアクセスを制御する] 設定の [許可] と [ブロック] の表示が逆になっているという事象が報告されております」

また

「OneDrive 管理センターの [デバイス アクセス] ページにおいては、[先進認証を使用していないアプリからのアクセスを許可する] にチェックを入れると、先進認証を使用していないアプリからのアクセスをブロックする動作となります」

(「“先進認証を使用していないアプリからのアクセスを制御する” 設定において設定値と動作が逆となる」より引用)

という事が確認されているようです。


現在マイクロソフトでも修正の為、調査中のようですので、何かしら進捗があったら、こちらでもご紹介させていただきますが、以下のサイトでも引き続きその進捗が報告されるようなので、以下のサイトも併せてご確認ください。



<参照>

“先進認証を使用していないアプリからのアクセスを制御する” 設定において設定値と動作が逆となる

posted by クリック at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他Office製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック