2017年02月08日

中国など日本以外のBingサイトに接続され、違う言語の検索結果が表示されてしまう

以前実際にあって、気になってましたので検証してみました。

今回のようなトラブル。すべが今回のものと一緒とは限らないと思いますが、似たようなトラブルが、Microsoftコミュニティなどでもときどき見かけてはいました。しかし具体的に目の前のPCがそうしたトラブルになるという、いい機会でもあったため、いろいろ確認させていただき、その後自分のPCでも検証してみました。


【確認】

インターネットには普通につながるし、Microsoftアカウントにも普通に問題なくサインインできる。

20170201-1-1.jpg

ご覧いただくとおわかりのように普通に MSN に接続され、Microsoftアカウントにサインインできています。

20170201-1-2.jpg 20170201-1-3.jpg

にもかかわらず、MSNのトップページにある、Bingの検索の窓枠から検索すると違う言語の検索結果が表示されてしまう。

そんなことがありました。

どうしてそういうことになるのか? ご覧いただくとわかるように MSN のサイトは、ちゃんと日本のMSNに接続されていますし日本語入力も有効です。

今回は、一部設定を変更して、台湾からのアクセスに見せかけて検証してみました。


【検証】

Bing の検索画面から設定変更が可能か?

20170201-2-1.jpg 20170201-2-2.jpg

Bingの検索結果の画面から、設定>国/地域 と移動してみると、現在 "台湾" になっていることがおわかりいただけると思います。( * 検証のためわざとそう設定しています

この画面で地域を "日本" に変更してみます。設定を変更して、Bingのトップページに戻ったところで、いったんInternet Explorerを再起動してみます。

20170201-2-3.jpg 20170201-2-4.jpg

再度検索してみると、きちんと日本語で検索されました。
ということで、Bingの検索画面から国を変更することで正常な検索結果に戻りました。

*後ほど触れますが、実際に確認させていただいたPCでは、ここの設定の変更がどうやってもできませんでした。。。

20170201-2-5.jpg 20170201-2-6.jpg

ただしPC自体を再起動して再度、Internet Explorerを起動してみると... MSN の広告がいきなり中国語。Bing検索は日本語できちんと検索できるようになりましたが、広告が中国語のものとちょっとおかしな状態でした。Bing検索の設定画面はきちんと日本に設定されていました。

ではなぜこんなことが起きるのか? ここでいろいろ確認する中で、以前にもご紹介したサインインしている Microsoftアカウントのアクティビティログを確認してみました。


【再確認】

1) MSNのサイトにアクセスし、Microsoftアカウントでサインインします。その後、表示されたアカウントのアイコンの上でクリックするとし、"アカウントを表示" をクリックします。"Microsoftアカウントホーム" に直接アクセスしていただいてもよろしいかと思います

20170201-3-1.jpg


2) Microsoft アウントホームに接続されますので、"セキュリティ" のところをクリックし、"アクティビティの確認" をクリックします

20170201-3-2.jpg


3) 再度パスワードの入力や、セキュリティコードが要求された場合にはそれに従って、進めていただくと、"いつどこでアカウントを使ったかご確認ください" と言う画面が表示されます

4) ご覧いただくとおわかりいただけると思いますが、今回は検証のため設定を変更して行っているのでいいのですが、"台湾" からログインしていることになっています

20170201-3-3.jpg


つまり以前知り合いのPCで確認した時にも "中国" になっていましたが、何らかの理由で、日本以外のから接続されていることになっているために、日本語の検索結果が表示されないと言うことになっていたようです。

Microsoftアカウントだけであれば、それ以外のサービスには問題ないかもしれませんが、場合によっては、国内からのアクセスのみに制限されているサービス(GyaoやHuluなどの動画配信サービスなど)にも接続できなくなるので、注意する必要があります。

以前の時には、モバイルーターでサインインしておりましたが、実際にリアルタイムで、Microsoftアカウントのアクティビティログで確認しても、現在使用しているPCでサインインしており、不正にアクセスしているわけではなく、以前のアクセスと同じ端末で、ほぼ同じようなIPでアクセスしているにもかかわらず、なぜか? サインインしているIPアドレスが "中国" と認識されていました。
その際、実際に現在アクセスしているIPアドレスをWhois情報などで確認しても、当然ながらきちんと日本のプロバイダーのものであることも確認。このあたりなぜ誤認されるのかはよくわかりませんが、とにかく正しくIPが認識されていないと言うのが要因と言うことが判明しました。

その時は、結果的にはモバイルルーターを再起動し、ルーターがつかんでいた Global IPアドレスが変わったことで正常に "日本" に戻り、何も設定変更しなくても、きちんと日本語のBingサイトが表示されるようになりました。

知り合いのPCのケースでは、Bing の設定画面から "国/地域" の設定を変更しようとしても変更ができず、日本だけではなく、USなどに変更しても Bingのトップ画面(中国)に飛ばされてしまうというちょっとおかしな症状でした。もちろんキャッシュの削除や、IEのリセットなども試してみたものの症状は改善されませんでした。

PCを完全シャットダウンし再起動してもダメで、結果的にはルーターがつかんでいるIPが誤認されると、PC側からの設定(Bingサイトでの国情報の設定)では変更することもできないのかもしれません。(あるいは一時的にうまく動作していなかっただけかもしれませんが。。。)


といったところで、検証に使用したPCも、設定を元に戻して、きちんと日本からアクセスされている状況に復元。

20170201-4-1.jpg 20170201-4-2.jpg


当然、問題なく検索も可能なわけですが、MSN につないだら日本語以外の言語の広告が表示されたり、検索結果で、中国語のBingサイトに飛ばされたりする場合には、Microsoftアカウントのアクティビティを確認してみる必要もあるようです。

時間を空けてしばらくしてからアクセスしてみたら元に戻っていた。。。と言う話も時々聞きますが、時間がたったところで、正しく認識されるようになったと言うことかもしれません。

通常は、ルーターなど再起動すれば改善されるケースも多々あると思いますので、まずはこうした症状になった場合には、ルーターなどの再起動からお試しになってみてください。


<参照>

たまには、アクティビティログを確認してみましょう!


posted by クリック at 08:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック