2016年06月24日

Microsoft GigJam を使ってみた 〜 GigJamの導入

"Microsoft GigJam" ってご存知でしょうか?

何か?あまり聞きなれない名前ですが、Microsoft が提供する新しい共同作業支援ツールとでもいったらいいのでしょうか?

今回は、この新しいツールについてご紹介させていただきます。


【GigJamとは?】

まだ始まったばかりのツールなので、英語のサイトしかありませんが、まずはそのトップページをご覧になってみてください。

20160624-1-1.jpg
Microsoft GigJam(公式サイト)


"Watch video" をご覧いただけると動画(英語)でのその解説がご覧いただけます。

簡単に言ってしまえば、あの人とはこのドキュメントのこの部分だけ共有したいけど他の部分は関係ないから見せたくない、またこの人にはここだけ共有したいといった場合に、ドキュメントの一部のみを選択して共有することを可能にするツールです。



【GigJamの使用可能なデバイス】

現在、WindowsやMacなどのPC向けのものと、iPhone、iPadといったモバイル端末向けのものが用意されています。Andriod端末、Windows10 Mobile端末向けにはありません。

動作環境(OS)
Windows版: Windows 8以降
Mac版: OS10.9以降
iOS版: iOS9.3以降

がリリースされております。Uservoice にて確認すると、Windows10 Mobile向けというよりは、他のプラットフォーム向けのものについては現在準備中のようです。

App for Windows 10 Mobile/What do you want to see in GigJam?



【GigJamの歩み】

当初は、昨年開催された "World Partner Conference 2015" において、"Project GigJam" として発表されたものです。

[速報]米マイクロソフトが「Project GigJam」発表。指先や音声でアプリケーションのマッシュアップを作り、人やデバイスで共有する/Publickey

GigJamのブログにもありますが、その後、2016年5月12日には、招待制のプレビュー版として提供が開始され、さらに、この6月7日に招待なしでだれでも利用可能なプレビュー版として登場しました。



【そのインストールまで】

実際の操作は次回に回すとして、今回はそのインストールまでの過程を追ってみました。

1) まずは、公式サイトにアクセスしますし、右上の "Download" をクリックします

20160624-1-1.jpg


2) 現在、Windows、Mac、iOS に対応していますが、今回は、Windows版になるので、Windowsのところにある "Download" をクリックし、画面下部に表示された、"実行" をクリックしてインストールを開始します

20160624-1-2.jpg 20160624-1-3.jpg


3) "GigJam Preview Setup" のダイアログが表示されますので、"Next" をクリックして進みます

20160624-1-4.jpg


4) インストール先の確認ダイアログが表示されますが、通常はこのまま "Next" で進み、さらに、プログラムのメニューに追加するための名称を指定する画面が表示されますが、ここも "Next" で進みます。

20160624-1-5.jpg 20160624-1-6.jpg

5) 次にデスクトップにショートカットアイコンを作成するかどうかの画面になりますが、ここも "Next" で進みます。そして、すべての準備が整って、"Install" をクリックします

20160624-1-7.jpg 20160624-1-8.jpg


6) インストールが開始され、すぐに終了。"Finish" をクリックすれば完了し、"GigJam Preview" が起動します。デスクトップにもアイコンが加わっております

20160624-1-9.jpg 20160624-1-10.jpg
20160624-2-1.jpg



【GigJamを起動する】

インストールが完了すると、最後の画面のところで、"Run GigJam Preview" にチェックが入っていますので自動的に起動しだしますが、一旦終了して開きなおしても当然ながら同様です。


1) まず起動すると、Microsoftアカウントか、Google+ のアカウントのどちらを利用するか求められます。今回はMicrosoftアカウントを選択してみます

20160624-2-2.jpg


2) 続いて、Microsoftアカウントでも、一般個人向けのものなのか? 職場または学校向けのアカウントなのか?の選択になります。 こちらも用途に応じてサインインします

20160624-2-3.jpg 20160624-2-4.jpg


3) サインインが完了すると、"Welcome to GigJam" の画面が表示され機能説明が始まります

20160624-2-5.jpg


4) これが終わって表示された以下の画面がGigJamの起動画面になります。左上のハンバーガーメニューをクリックすると、ログアウトのボタンなどが表示されます

20160624-2-6.jpg 20160624-2-7.jpg




まだまだPreview版で既知の問題なども多数確認されていますが、こうしたものは順次改善されていくものと思われます。

実際にどんな使い方をするのか?など、次の機会にご紹介させていただきます。


<参照>

Microsoft GigJam(公式サイト)
GigJam Blog
GigJam Forum/TechNet
GigJam Preview is now available for everyone
マイクロソフト、「Project GigJam」を発表--あらゆる端末での共同作業を支援/CNET Japan
MS、コラボレーションアプリ「GigJam」のプレビュー版を一般提供/CNET Japan


posted by クリック at 12:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他Office製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック