2016年06月21日

Microsoftアカウントの変更と注意点

Microsoftが発行する、Hotmail.comやOutlook.comのメールアドレスをご利用の場合には、そうそう変更する必要もないと思いますが、メールアドレスをそんなにたくさん持ちたくないなどの諸事情もあって、プロバイダーなどの発行するメールアドレスで、Microsoftアカウントを取得されているケースも多々見受けられます。

もちろんそれも問題ないのですが、そんな時に注意しないといけないのが、プロバイダーの変更です。

プロバイダーが変わって登録したメールアドレスが変わってしまう...変わる前にきちんと手続きをしていれば問題ないのですが、その手続きを怠るととんでもないことになります。

ということで、今回は、Microsoft アカウントの変更とその注意点について取り上げてみました。


【変更の際には必ずセキュリティコードが必要になる】

Microsoftアカウントで登録している個人情報へのアクセスの際、連絡先として登録されているメールアドレスや電話番号にセキュリティコードを送ってもらい、本人確認を行った上でアクセスできる仕組みになっています。

つまりそうしたことを考えずにプロバイダーを変更し、Microsoftアカウントで使用していたメールアドレス(仮にプロバイダーの発行したメールアドレスだった場合)が使用できなくなってからだと、連絡先として登録されているのが、そのメールアドレスだけで、電話番号の登録などもない場合には、自分でアカウントを変更することが大変困難になります。 何事も事前準備が大事ってことですね。



【Microsoftアカウントで使用しているメールアドレスの変更手順】

では、まず事前にきちんとした手順で変更する場合の流れをご紹介します。セキュリティコードが受け取れさえすれば手順は簡単です。


1) 現在のMicrosoftアカウントにサインインします。
今回はMSNのトップページからOneDriveにサインインしてみました。

20160617-1-3.jpg 20160617-1-2.jpg


2) サインインしたら、右上の自身のアカウントのアイコンをクリックして、"アカウントの表示" をクリックします。"あなたの情報"のところから、"サインイン用のメール アドレスまたは電話番号を管理" ページに移動します。

201606217-2-7.jpg 20160617-2-2.jpg


3) 本人確認のためのセキュリティコードを入手します
連絡先のメールアドレスや、連絡先に登録されている電話番号に連絡して、セキュリティコードを受け取る必要があります。

20160617-2-3.jpg 20160617-2-4.jpg


4) 入手したセキュリティコードを入力して、"送信" をクリックします

20160617-2-5.jpg


5) "セキュリティコードの待機状態を停止しますか?" という画面は、今回は必要ないので、"必要ありません" をクリックして進みます

20160617-2-6.jpg


6) "Microsoftにサインインする方法の管理" の画面になったら、"アカウントエイリアス" のところで "メールの追加" をクリックします

20160617-3-1.jpg


7) "エイリアスの追加" 画面になります。この際、新規に取得されているプロバイダーなどが発行するメールアドレスを指定する場合には、"既に取得済みのメールアドレスを〜" の方を選択して、新しいメールアドレスを入力します。

20160617-3-2.jpg

新規にOutlook.comのアカウントを作成する場合には、上の "新しいメールアドレスを作成して〜" のところに、お好みのアカウント名を指定します。最後に、"エイリアスの追加" をクリックし、問題なければ追加されますが、新規に指定したアドレスが利用できない場合には再度指定しなおしてください。


8) アカウントが追加されると、"プライマリエイリアス" として使用しているアカウントの下に追加したものが表示されます。この脇にある、"プライマリにする" をクリックするとプライマリエイリアスが変更されます。

20160617-3-3.jpg

9) プライマリエイリアスが変更されたら、仮にプロバイダーの変更などで使用できなくなってしまったアカウントエイリアスは、削除しましょう。


【アカウントの新規取得に際し注意したいこと】

1) "既に取得済みのメールアドレスを〜" の方を選択しても、すでに取得済みの、Hotmail.com や Outlook.com などのメールアドレスを、エイリアスとして追加することはできません。ここで指定できるのは、Hotmai.comやOutlook.jpなどのMicrosoftの発行するメールアドレスではなく、それ以外のものになります。あくまでも Outlook.com のアカウントは新規に取得する場合のみに限られます。

2) 新規に取得する際に利用可能なドメインは、表示されたものしか選択できません。現在は、Outlook.jp/Outlook.com のみになっているようです。(2016/6/17現在)



【セキュリティコードが受け取れなくなってしまったら】

さて、問題は、うっかりこうした手続きを忘れてセキュリティコードが受け取れなくなってしまったために、変更ができなくなってしまうケースです。
そうなるとまずは、以前にもご紹介しましたが、

専用フォームによりMicrosoftアカウントに関するサポートを受ける

上記のあるように専用フォームにアクセスして個別に対応をしてもらう必要が出てきます。
こうなるとフォームを利用してやりとりして、本人確認ができてからでないと自身では変更できなくなりますので、当然ながらかなり面倒になります。

こうならないためにも、アカウントのメールアドレス変更の際には事前に準備しておく必要があることを忘れないようにご注意ください。



【2016/06/21 追加】

セキュリティ情報は、メールアドレス以外にも電話番号なども登録しておくことが可能です。今回のようにメールアドレスが使えなくなってしまった場合でも、他に登録があれば、セキュリティコードは受け取れるので、事前に、別のメールアドレスや電話番号なども登録しておくというのも一つの方法ですね。

セキュリティ情報とセキュリティ コード


【パスワードについて】

こうして追加したエイリアスですが、手続きを進めていくとお気づきかもしれませんが、新規に追加したエイリアスに対して、パスワードを設定するところがありません。
つまり、パスワードは変更されません
プライマリエリアスを変更して古いアカウントを削除したとしても、それだけでは、パスワード自体は古いアカウントのアドレスの時のままの状態です。

プライマリエイリアスを変更したら、パスワードも変更する必要がある場合には、別途パスワードの変更手続きも行う必要がありますので、忘れることないようご注意ください。

エイリアスを使ってアカウントにメール アドレスを追加する
パスワードを変更するにはどうすればよいですか



<参照>

Microsoft アカウントのメール アドレスを変更する
Microsoft アカウント : アカウント名の変更および本人確認メール再送の手順
エイリアスを使ってアカウントにメール アドレスを追加する
Microsoft アカウント よくある質問
パスワードを変更するにはどうすればよいですか



デル株式会社

法人様向け製品限定クーポン



posted by クリック at 19:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック