2015年11月17日

Internet Explorerののサポートポリシー変更が近づく!

何度かこちらのブログでも取り上げていますが、タイトルにあるように、"Internet Explorerののサポートポリシー変更" の期日が迫っています。

大切なことなので、再度取り上げさせていただきました。

20151117-1.jpg

今回のInternet Explorer(以下、IEと略)のサポートポリシーの変更にともない、現在サポートが継続している各オペレーティングシステム(OS)でサポートされるIEの最新バージョンだけが技術サポート、セキュリティアップデートの対象となります。

"Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ" にもありますが、

WindowsVistaSP2 ---> IE9
Windows7SP1 ---> IE11
Windows8.1update ---> IE11

ということになります。(その他のOSについては、MicroosftのHPをご確認ください)


なぜ? サポートポリシーが変更になるのか?
またなぜ最新のIEを使用しないといけないのか?
そして、
そのためにはまずは何をしたらいいのか?

詳細は、Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ をご参照ください。

PCが不調になってリカバリなどされると、IEも当初最初に搭載されていた初期の状態に戻ってしまいます。リカバリ直後などは、Windows Updateもたくさんあって大変だとは思いますが、IEについては、最新バージョンまでしっかりUpdateしておきたいものですね。

またWindows8をご利用の方におきましては、こちらも同様に以前にも取り上げましたがサポート終了は、2016年1月になります。

Windows8.1への移行期間は、2016年1月12日まで

リフレッシュなどで、Windows8の状態に戻っている場合には、早めにWindows 8.1 にUpgradeしてください。


<参照>
Internet Explorer サポートポリシー変更の重要なお知らせ
Internet Exploreのサポートポリシーの変更
Internet Explorer のサポートポリシーが変わります
サポート終了に関する、よくあるご質問と回答
Windows 製品のサポート ライフサイクル について
Windows8.1への移行期間は、2016年1月12日まで

posted by クリック at 14:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Internet Explorer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック