2015年06月16日

WebページをPDFに保存する

そうそう必要性があるとも思えませんが、こんな機能があるよ?ということでご紹介します。

インターネットのホームページをPDFデータとして保存したい...当然ですが、AdobeAcrobatやら、フリーウェア、シェアウェアなどの有償のPDFに書き出すソフトなどではできるでしょう。
Internet Explorer など通常はこうしたソフトを導入して、印刷する際にPDFに書き出すか、アドインなどの機能を使うといったことが必要になってきます。

でも実は、Google Chrome には、標準でPDFに書き出す機能がついています。

1) 右上の、Google Chromeの設定 から、 "印刷" をクリックします
20150616-1.jpg

2) "印刷" の画面がでたら、"送信先" のところの "変更" をクリックします
20150616-2.jpg

3) "送信先の選択" の画面が表示されたら、"ローカルの送信先" のところにある "PDFに保存" をクリックします
20150616-3.jpg

特別PDFに書き出しをするようなソフトを導入しているわけではありませんから、通常のプリンターの設定画面を開いても、"PDFに保存" という機能はありません。IEや、FireFox、Operaといったものでも、こうした機能はありません。だから気が付きにくいのかもしれませんね。

もっともあまりWebサイトをPDFとして保存するというケースは多くないせいか、ご存じない方も多いのでしょうね。ですので、今回は参考までに、ご紹介させていただきました。

posted by クリック at 08:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック