2006年12月04日

ワークシートの保護

Excelで、ワークシートを作成。せっかく入力した計算式だから、誤って削除しないように、ワークシートに保護をかける... とまぁこのあたりは皆さんもよくやることではないでしょうか?
請求書のサンプル画面
通常ワークシートに保護をかける場合、計算式以外の部分で、後から項目やら金額やら入力する部分については、予めセルの書式設定を開いて、保護のタブのところの"ロック"のチェックをはずします。じゃないと、保護をかけた後全く入力できなくなってしまいますからね。
保護しないセルのロックをはずす
さてそこで一つ問題。いろいろワークシートをいじっているうちにどこに保護をかけたか、つまりロックをはずしたセルがどこかわからなくなってしまうってことありませんか? このセルはロックをかけているのかいないのか? いちいちセルの書式設定開いて確認するのも結構面倒。そんな時TABキーを利用すると、一目瞭然です。たとえばA1などをアクティブな状態にして、TABキーを押してみてください。するとどうでしょう?ちゃんとロックのかかっていないセルに飛んでいくじゃないですか?矢印キーなどでは、横に移動するだけですけど、TABキーなら入力可能なセルに簡単に移動してくれるわけですね。
ラベル:EXCEL 保護
posted by クリック at 12:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック