2011年08月17日

互換性のないショートカット

すでにInternet Explorer9(以下、IE9と略)も自動配信が始まって、気が付いてみればいつの間にか?IE9になっていたという方もいらしゃるはず。

使い勝手や、お気に入りの場所が今までと違うとか、いろいろと使い勝手の違いに戸惑われている方も多いかもしれませんが、IE9で作成されたショートカットとIE8までで作成されたショートカットに違いがあったというのに気が付かれただろうか?

IE9: 〜.website

IE8: 〜.url

IE8までの、ブラウザで作成されたものは、通常、"インターネットショートカット" と呼ばれ、画面上には表示されないが、〜.url という拡張子を持つデータになる。

これに対してIE9以降に作成されたものは、"ウェブサイト" と呼ばれ "〜.website" という拡張子のあるデータになる。

内容的には、それぞれをメモ帳などで開いてみるとわかるが、"〜.website" の方が、"〜.url" 寄りもちょこっと情報量が多い程度の違い。

でも注意したいのは、"〜.website" は、IE9でのみ(あるいはそれ以降?)でしか利用できないということ。逆に、"〜.url" というデータは、IE9でもIE8でも利用できる。

なら拡張子を変更すればいいだけの話...なのですが、これがそう簡単にはいきません。というのは、このインターネットショートカットや、ウェブサイトショートカットのアイコンには、それぞれ先ほどから取り上げているような拡張子があるものの、画面上には表示されません。

ならどうすれば確認できるか?コマンドプロンプトを利用すると、それぞれがどういった拡張子が割り振られているか、確認が可能です。そして、この拡張子を変更するのも、コマンドプロンプトを利用しないといけません。

互換性ということで考えると、今後こうしたショートカットを作成する場合には、予め "〜.url" という拡張子を持ったインターネットショートカットを作成するようにしておくといいわけです。

そこで今回紹介するサイト。従来の "〜.url" という形でショートカットを作成する方法です。難しいわけじゃなく、今まではアドレスバーにあるアイコンをデスクトップなどに単純にドラッグして作成していたものを、今度からは、Shiftキーを押しながらドラッグするだけのことです。

一旦IE9にUpdateして、何らかの事情があって、IE8などに戻されているような場合、ドラッグ&ドロップなどで作成したURLへのショートカットが開けないなんてこともありますので、ご注意ください。

<参照>

IE9で従来と同じインターネット・ショートカットを作成する
posted by クリック at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Internet Explorer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック