2011年08月09日

Javaランタイムをインストールするようにとメッセージが出る【OS10.7】

久々にMACの話題。

先日発売された、Mac OS X 10.7 Lion。

こちらのOSでは、事前に初期設定ではJava Runtime Environmentがインストールされていないため、Adobe製品を起動すると、ランタイムが必要だというメッセージが出ることがあるようです。
もちろんメッセージも出ることなく、プログラムが起動できないこともあるし、アプリケーションがフリーズしたり強制終了したりするケースもあるようです。
Adobe製品を起動してみて、フリーズしたり、起動しなかったりした場合、一度Java Runtimeが導入されているかどうか?確認して見るといいかもしれません。

参照させていただいたAdobeのページによると、"多くの Adobe アプリケーションには、Oracle Java Runtime Environment(JRE)に依存する機能が存在します。Mac OS X 10.7 では、Java はプリインストールされず、ユーザーがオプションで選択する必要があります"(Adobe社のページより引用) とのことです。

参照させて頂いたAdobeのサイトに日本語版、英語版のインストールについて触れてますが、英語版の方が過程がわかりやすいかもしれません。

アプリケーション>ユーティリティ>Java Preferences と開いてみたとき、もしいんすとーるされていない場合には、"To open "Java Preferences", you need a Java Runtime. Would you like to install one now?" という英文のメッセージが表示されます。

参考までに、OS X 10.7 Lion になってからわかっている問題点。結構いろいろあったりもしますね...

<参照>
Java ランタイムをインストールする方法(Mac OS X 10.7 Lion)
Mac OS X 10.7 Lion で確認されている問題
<英語版>
Install the Java runtime (JRE) | Mac OS 10.7 Lion
posted by クリック at 18:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック