2006年07月30日

"10000"と入力したものが、確定すると"10"になる

Excel入力画面1アクティブセルに"10000"と入力したものが、確定するためにエンターを押したり、あるいは他のセルをクリックしたりすると、確かに"10000"と入力したはずなのに、画面には"10"と表示されてしまう。

Excel入力画面2こんな経験ありませんか? ちょっと前はよく聞いたトラブルの一つです。これは、"小数点位置を固定する"が有効になっていた場合に起こります。

<対処法>
オプションダイアログ1)ツール>オプション とクリックして、オプションのダイアログボックスを表示
2)編集タブ を開いて、設定のところにある"小数点位置を固定する"のチェックをはずしてあげます。
3)あとはOKで閉じれば終了。

いかがですか? 今度は、"10000"と入力してエンターを押しても、"10"になってたりしませんよね。

この小数点位置の固定が有効になっている場合には、画面右下のステータスバーのところに"固定"と表示されていますので、こちらでの表示の有無でも確認はできると思います。

この機能、大量の小数点付き数字を効率よく入力するための一手段としては有効なようですが、普通に使う分にはあまり必要のない機能ですね。

<小数点位置の活用事例>

http://arena.nikkeibp.co.jp/tec/excel/20040304/107498/

http://www.tcs-net.co.jp/kowaza/excel/12.html


posted by クリック at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック