2011年02月10日

配布資料として印刷する際のスライドを大きく印刷したい

通常PowerPointで作成した資料を、配布資料として印刷する際、仮に2枚/ページとして印刷する際に、少しでもスライドを大きくしたいと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

ただ通常は、ページ設定などで余白などが調整できるものではないため限界がありますが、以下のような方法で多少でもサイズを調整して大きめに調整して印刷することが可能です。

<Power Point2007の例>
1)まずスライドを読み込んだら、
Officeボタン>印刷>印刷プレビュー とプレビュー画面を表示します
2)"印刷プレビュー"タブの"印刷"のところにある"オプション"をクリック
3)"用紙に合わせて拡大/縮小"をクリックして選択しておきます
4)一旦印刷プレビュー画面を閉じます
5)続いて、"表示"タブ>"プレゼンテーションの表示">"配布資料マスタ" と
クリックして開きます
6)"配布資料マスタ"タブの"1ページあたりのスライド数"をクリックし、2枚に設定
7)続いて、"ページ設定"をクリックして、"スライドのサイズ指定"のところで、
"画面に合わせる(16:10)"あるいは、"A4"などに設定
*用紙サイズを調整することで若干サイズが変わりますのでこちらは、随時確認の上
調整してみてください
8)OKで閉じ、"スライドマスタ表示を閉じる"をクリックして元に戻ります

普通に配布資料として印刷するよりは、本当に若干ですが大きめに印刷することが可能になります。
これ以外だと、以下の参照させていただいたもうひとつのHPにもあるように、プリンターの割付印刷などの機能が利用できれば多少大きめに印刷することも可能かもしれません。


<参照>
パワーポイントの配布資料を大きく印刷する方法/なんでも保管庫
配布資料として印刷するとき、余白を小さくしてスライドを大きくすることはできる?
posted by クリック at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PowerPoint | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック