2010年11月17日

Office2010ベータ版の使用期限が終了

Office2010ベータ版の使用期限が、2010/10/31で終了しました。以下のMSのOffice2010のFAQにもあるように、10/31以降は起動できません。実際に、ベータ版を起動すると、プロダクトキーが有効でないというダイアログが表示され、このダイアログを閉じると終了してしまい全く利用ができません。

Word2010ベータ版を起動したところエラーダイアログ

引き続きOffice2010をご利用の場合には、Microsoft Storeからダウンロード販売のOfficeを購入するか? パソコンショップや家電量販店などでパッケージとして販売されているOfficeを購入する必要があります。
一時的な措置とすれば、評価版をダウンロードしてインストールすることで、60日は利用可能になりますが、あくまでも評価版。今後も使い続けるのであれば、この機に製品版をご利用いただくことをお奨めいたします。またSkyDriveにデータをUPして、WebAppの機能を利用して開いてちょこっと手直しする程度であれば可能ですが、やはりこれも一時措置にすぎないでしょうね...


Microsoft Store
Office 2010 評価版ほかダウンロード提供中


さて実際にベータ版を削除して、製品版をインストールしようとする際、肝心の削除がうまくできないというお話しも多々あります。
そんな場合の対処法ですが、以前では、"Windows Installer Cleanup ユーティリティ" と言ったものを利用された方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、このユーティリティ現在はMSのサイトからは削除されています。で、それに変わって提供されているのがFix itによる解決法。詳細は<参照>のところで紹介している、"コントロールパネルからアンインストールできない場合、Office 2003、Office 2007またはOffice2010 スイートをアンインストールする方法" を参照ください。


<参照>
一定の時間が経過すると、Office 2010 ベータ版は使用期限が切れますか/Microsoft Office 2010 ベータ版
コントロールパネルからアンインストールできない場合、Office 2003、Office 2007またはOffice2010 スイートをアンインストールする方法
[プログラムの追加と削除] 機能 (Windows Vista の場合は [プログラムと機能]) を使用して既存の 2007 Microsoft Office システムをアンインストールできない場合にアンインストールする方法
posted by クリック at 13:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック