2009年07月30日

添付ファイルが、閲覧レイアウトモード(全画面閲覧)で開いてしまう【WD2003/2007】

電子メールにWordの添付ファイルがついてきたような場合で、この添付ファイルを開いたとき、"閲覧レイアウトモード"で開いてしまい、普段利用しているような画面とは異なった感じで表示されることがあります。

これは、Word2003以降採用されているもので、添付ファイルを直接開こうとした場合には、通常既定値では、"閲覧レイアウトモード"で表示されます。Word2002までであれば、こうした画面表示モードがないので通常通り表示されますので、あくまでもWord2003から。またWord2007では、"全画面閲覧"という形で表示されます。

こうした表示方法をやめたい場合には以下の方法あるいは設定が必要になります。

1)一旦添付ファイルをマイドキュメントなどのローカルフォルダに保存した上で開く
2)Wordの設定を変更する


<Wordの設定変更について>

Word2003の場合
1)ツール>オプション>全般タブ と開き
2)全般オプションの"閲覧レイアウトで起動する"のチェックをはずす

Word2007の場合
1)Officeボタン>Wordのオプション と開き
2)"基本設定"の"Wordの使用に関する基本オプション"にある、
"電子メールの添付ファイルを全画面閲覧表示で開く"のチェックをはずす
*ただし、Outlook2007で受信したWordの添付ファイルを開こうとするとこの表示モードが採用されるようですが、Windowsメールの場合には"全画面閲覧"表示にはならないようです。

<参 照>
Wordの閲覧レイアウト・モードでの自動起動を禁止する
一目でわかる、Word 閲覧レイアウト表示
トラブルシューティング : 閲覧レイアウト モード
posted by クリック at 10:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック