2008年12月07日

Webツールバー/Excel2007

Excel2003までは表示させることができた"Webツールバー"ですが、Excel2007からはそれ自体が利用できなくなっています。
Excel2002の例。Webツールバー
以下のサイトにもありますが、従来のバージョンのWebツールバーにあった、"アドレス"ボックスは、"場所"ボックスという名称に変わり、ドキュメントのプロパティを表示することで表示できるような仕様に変わりました。
Excel2007:Excelのオプションのユーザー設定画面
ただし、Webツールバーにあった全部のコマンドが利用できないわけではなく、"戻る"や"進む"ボタンは、クイックアクセス ツールバーに追加することは可能になっています。

Excel2007:ユーザー設定ツールバーが取り込まれたところまたExcel2002や2003もご利用であれば、Excel2002や2003でデータを作成する際、ユーザー設定のツールバーを作成。一旦このツールバーを添付した形でデータを保存。Excel2007で、このデータを開くと、アドインのところに"ユーザー設定のツールバー"という項目が追加されます。すべてのコマンドが利用できるわけではないので、ユーザー設定のツールバーに項目を追加しても、Excel2007で開いた際になくなってしまうものもありますが、戻るや進む、アドレスボックスは、問題なく取り込まれていたようです。
詳細は、ここでも取り上げていますが、以下の"旧Officeを活用する"のところを参考にしてみてください。

Excel2007のツールバーを使いやすくする/パソコンのつぼ

こうして追加されたカスタムツールバーはその後そのデータを閉じて新規にExcelを通常どおり立ち上げても有効です。

<参照>
Web ツールバーについて

posted by クリック at 17:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック