2008年10月20日

リサーチサービス

読み方のわからない漢字を入力するにはどうしたらいいのか? IMEパッドを利用すると、画数や部首、手書き入力などを選択して漢字を探し出すことができます。

では、誰か他の方の作成した文書やWeb上のある文字が読めないようなケースでは。当然入力するわけじゃないのでIMEパッドという発想にはならないのでしょうけど、そうした場合に利用して便利な方法についてご紹介いたします。

1)MS-IMEの再変換による方法。ブラウザ上であれば該当の漢字をコピーして、メモ帳などに貼り付け、ドラッグしたら、"変換"キーを押します。Wordなどのアプリケーション上では、ドラッグして、"再変換"キーを押します。

2)Word/Excelのリサーチ機能を利用する方法。Word2003/Excel2003以降には、"リサーチ"なんて機能がついています。こんなもんあったんだぁと今更感心しちゃいました。ドラッグして、Altキーを押しながらクリックしてもリサーチが機能します。

Word2003の画面Word2007の画面

この辞書追加することも可能です。詳細は以下の参考にあるリンクをご覧ください。

このリサーチは、単に読み方を探す手段としてだけではなく、機械翻訳などにも活用できます。上手に利用したいものです。




<参考>
読み方の分からない漢字を入力する(1)/PC online
Word2003なら辞書が引ける、書類の達人になれる/マイクロソフト
リサーチサービス
リサーチのオプションへのアクセス方法
リサーチサイトを追加する/マイクロソフト



posted by クリック at 10:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック