2008年09月13日

2007OfficeスィートとOffice2003の共存

2007Officeスィートが登場してもうしばらくたちますが、大幅に変わったそのインターフェースや、旧バージョンとの互換性を勘案して、2007と2003のように異なったバージョンを複数導入されていらっしゃる方もおいでのようです。

さてこうして複数導入した場合、どういった制限が発生するのか? ちょっとまとめてみました。

いろいろ制限はあるようですが、今回気になったのがオブジェクトの挿入時。複数バージョンが導入されている環境では、オブジェクト挿入した場合、最新バージョンが起動するようです。"2007 Office スイートおよび 2007 Office プログラムを、他のバージョンの Office を実行しているコンピュータで使用する方法"のところの"他のプログラムの Office OLE オブジェクト"で説明されていますが、"複数のバージョンの Office を実行しているコンピュータで別のプログラムに Office オブジェクトを挿入する場合、プログラムの最新のバージョンが使用されます。たとえば、Microsoft Excel ワークシート オブジェクトを Word 文書に挿入すると、最新のバージョンの Word および Excel が使用されます" とのことで、従ってこれ自体は仕様ということになります。

最もこうした併用については、"マイクロソフトでは併用を推奨していません" と謳っているように、マイクロソフトでは併用することを前提としてはおりませんので、どうしても併用する場合には、そうした制限があるということをしっかり知った上で利用していく必要があります。


<参照>
Office2007 と Office2003 の共存について

2007 Office スイートおよび 2007 Office プログラムを、他のバージョンの Office を実行しているコンピュータで使用する方法

「Office 2007」をご利用の方へ/東京経済大学情報システム課のHPより

複数のバージョンの Office を Office 2003 と併用することに関する情報/Office2003とそれ以前のバージョンの共有の例


<こんな事例もあるようです>
複数のバージョンの Office がインストールされた環境から Office SharePoint Server 2007 もしくは Windows SharePoint Services 3.0 で Office に関わる操作を行うと Internet Explorer が強制終了する

posted by クリック at 12:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック