2008年07月24日

"データ範囲の形式および数式を拡張する"オプション

Excelのオプション設定のところに、"データ範囲の形式および数式を拡張する" というオプションがあります。オプション画面を開いて見ると、通常既定では、有効、つまりチェックボックスにチェックが入っています。果たしてどんな機能をするオプションなのか?
Excel2003のオプション画面
たとえば、同じ計算式をオートフィルなどでコピーした場合など、同じ方式で数値を入力して計算するような表の場合、一番下の行には該当部分に値を入力するだけで、計算式はオートフィルをしなくても自動的にコピーされます。
ただし、3行以上ないと機能はしないようです。逆に、勝手に計算されたり書式が設定されたりしては困る場合には、このチェックボックスははずしておく必要があります。

Excelのヘルプなどでは、"リストの書式および数式の自動適用機能をオンまたはオフにする "というタイトルなどで、この機能について紹介されています。

リストの書式および数式の自動適用機能をオンまたはオフにする

この点を理解して利用していれば全く問題ありませんが、関係ないのに勝手に計算されてしまうな?というような場合には、一度この設定を見直してみるといいかもしれませんね。

<参照>
Excel2007 Excelのオプション−詳細設定−データ範囲の形式および数式を拡張する



posted by クリック at 17:51| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Excel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック