2018年12月27日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

クリスマスが終わって、年末に一直線。Office Insider チームは、クリスマスも休みなく更新プログラムを配信しております。お疲れ様です。

さて今回、12月25日(日本時間 12月26日)付で配信されているプログラムは以下の通りです。

20181227-5.png
・Outlook Update 16.21.0(18122506)
・OneNote Update 16.21.0(18122506)
・Excel Update 16.21.0(18122506)
・Word Update 16.21.0(18122506)
・PowerPoint Update 16.21.0(18122506)

Insider Fast のリリースノートで確認する限りでは、特に今回の更新に関する情報はまだ提供されておりませんでした。
随時確認して、ご紹介するべきものがある場合には、随時ご紹介させていただきます。

ぼちぼち今年最後の更新プログラムかな?と思いつつ確認しているわけですが、今年もあと数日になりました。

今年は、Office 2019 のリリースという大きなイベントがありましたが、Office 2019。統合パッケージとしての、コンシューマー向けの発売はまだなんですね...

Office 365 としては、Mac版もWindows版もすでに バージョン的にはOffice 2019 相当になっていますので、Windows向けプレインストール版のOffice Premiumシリーズや、Office 365 Solo、Office 365 ProPlus といった統合パッケージをご利用の方や、法人向けのライセンスパッケージとしては、すでに Office 2019 相当になっていますが、一般向けに、統合パッケージ版として、また単体製品としては、いまだに Office 2016 シリーズしか販売されておりません。

来年2019年のいつ頃から販売になるのか?気になるところです。

この年末年始も、更新プログラムがあれば、引き続き随時ご紹介させていただきます。



Microsoft Store (マイクロソフトストア)
posted by クリック at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

印刷の向きのところが黒くなっている

Word(Office 365)で、12月に配信された更新プログラムが当たって、Ver.1811(11029.20108) にて発生している不具合です。
クイック実行版(C2R版)、ストアアプリ版の両方で同様の症状になっています。

設定とかで改善するようなものでもないため、開発チームにはフィードバックしておりますので、修正プログラムの提供待ちということになるかと思います。


【検証】

試しに、ロールバックして、確認してみました。

ちなみに、12月の更新プログラムがインストールされたものでは、以下のようになっています。

20181227-1-1.jpg 20181227-1-2.jpg

上記の画像は、C2R版ですが、ストアアプリ版のものでも同様でした。


-- ロールバックする:

以前にも何度かこのブログでもご紹介していますが、ロールバック(バージョンダウン)して、11月の更新プログラムの段階まで戻ってみました。

手順としては、以下のブログでご紹介しているとおりです。


コマンドプロンプトにて、11月27日に配信された Ver.1811 (11029.20079) まで戻ってみました。

20181227-2-1.jpg 20181227-2-2.jpg

一つ前では一緒でした。

11月13日配信の、Ver.1810(11001.20108) とさらに一つ前に戻してみました。

20181227-3-1.jpg 20181227-3-2.jpg

ということで、11月13日配信の Ver.1810(11001.20108) まで戻せば上記の様にきちんと表示されることを確認しました。

11月27日配信 Ver.1811 (11029.20079) 以降で発生する問題のようですが、リリースノートを確認すると、修正内容的にはセキュリティの修正が多く含まれることから、あまりロールバックするのはよろしくないようです。

印刷の向きが縦か?横か?の選択の部分だけですので、黒くなっていても、クリックすればプレビューにはちゃんと表示されるので、ちょっと不便かもしれませんが、修正プログラムが提供されるまではお待ちいただくことをお勧めいたします。


【2018/12/27更新】

"2018 年の毎月のチャネル リリースのリリース ノート" のところで確認していただければ具体的な更新内容が確認いただけますが、具体的にご紹介させていただきます。

12月11日配信 Ver.1811(11029.20108):

・Excel:CVE-2018-8598: Microsoft Excel の情報漏えいの脆弱性対策 など複数
・Outlook:CVE-2018-8587: Microsoft Outlook のリモート コード実行の脆弱性対策
・PowerPoint:CVE-2018-8628: Microsoft PowerPoint のリモート コード実行の脆弱性対策

12月に配信されている更新プログラムには、複数の脆弱性対策が含まれておりますので、ロールバックはお勧めできません。

ということで、あくまでも今回ご紹介した不具合については、修正されるまでお待ちいただくのがよろしいかと思います。


【2019/3/15更新】

すっかり忘れてましたが、本件についてのその後の結果をご報告いたします。

2018/12/12 に Ver.1811(ビルド11029.20108) になって気が付いたこの問題でしたが、
その後、

・2019/1/6 Ver.1812(11126.20188)
・2019/1/9 Ver.1812(11126.20196)
・2019/1/15 Ver.1812(11126.20266)
・2019/2/1 Ver.1901(11231.20130)

とこの間、通常版なのに、頻繁に更新プログラムが配信されておりましたが改善がありませんでした。

2019/2/13 Ver.1901(11231.20174)

の2月の通常のUpdateにて改善しました。

フィードバックした後、1月の初めには、一度今後のUpdateで改善される予定との返事をいただいていたのですが、やっぱり優先順位の問題なのか?いつまで待っても、更新されず、時間がかかったようですが、2/13に配信されている Ver.1901(11231.20174) 以降では通常の表示に戻ってますので、ロールバックなどして、さらに更新しないようにしてご利用になっている方は、最新バージョンまで Update してみてください。


<参照>




デル株式会社



posted by クリック at 02:45| 東京 ☁| Comment(0) | Word | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする