2014年03月02日

アプリ版IEのInprivateモード用のアイコンを作成する

以前、デスクトップのIEのショートカットのリンク先の設定を変更し、起動オプションを追加することで、アドオンなしで起動するためのショートカットアイコンにしたり、Inprivateブラウズ用のアイコンにしたりできることを取り上げました。
今回はストアアプリ版のIE。スタート画面にストアアプリ版のIEをInprivateブラウズで開くためのアイコンを作ろうというお話しです。

では具体的に見てみましょう。

1) スタート画面のIE11を起動します

20140227-10.jpg

2) 画面上部にマウスポインタを移動して、右クリックして、「・・・」 をクリックして、"新しいInPrivateタブ" をクリックし、InPrivateブラウズにて開きます

20140227-11.jpg20140227-12.jpg

3) 一旦InPrivateブラウズで表示された画面上をクリックすると、画面下部に、ピン留めボタンが表示されますので、クリックして、"スタート画面にピン留めする" をクリックします

20140227-13.jpg20140227-14.jpg

4) アイコンの名前を入力し、"スタート画面にピン留めする" クリックします

20140227-15.jpg

今回は、Inprivateという名前のままで作成しましたが、こんな感じでスタート画面にInprivateブラウズモードのストアアプリ版IEのアイコンができました。

20140227-16.jpg

余談ですが、デスクトップ版のIEとストアアプリ版のIE。どちらも同じIEではあるんですが、若干その挙動に違いもあります。以下のような比較を取り上げた記事もあるようなので、興味のある方は参考になってみてください。

ストアアプリのIEなんて存在しない/PC Watch


<参照>
なぜ?Windows 8.1のInternet Explorer 11は「2つ」ある!/富士通
Windowsストアアプリとデスクトップ版のInternet Explorerの違い/ソニー
Windows 8のIEを使いこなせ!UIの切り替えがコツだ!/ITpro

posted by クリック at 14:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Internet Explorer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする