2017年10月18日

ウィルスバスターがインストールされている環境で、Fall Creators Update をインストールするとPCが起動できなくなる

本日配信が開始された、Fall Creators Update ですが、一部の環境で、不具合も出ているようです。ご注意ください。

現在、ウィルスバスターをご利用の方が Update すると、PCが起動できなくなる症状が発生しているようです。

20171018-1.jpg

トレンドマイクロのHPによれば、"ブルースクリーン(BSoD)が発生する事象を確認しております" とのことです。

現在も対応中のようですが、Updateして起動できなくなった場合には、一度トレンドマイクロのサポートにもご確認になってみてください。

NTTフレッツセキュリティも内容的には、ウィルスバスターと同じになるので、おそらく同様の症状になるかと思います。


【2017/10/21更新】

トレンドマイクロ、NTTともに現在は修正モジュールなどが提供されています。
トレンドマイクロについては、修正モジュールで改善しない場合には、最新版をダウンロードしてインストールするように案内がでていますが、NTTのセキュリティ対策ツールにおいては、Update後の環境ではまだ新規にインストールできるものが用意できていないようです。

情報は随時更新されておりますので、詳細は、各社のHPをご参照ください。


【2017/10/19 20時更新】

情報は随時更新されているようですが、トレンドマイクロのホームページ上で、ウィルスバスタークラウド向けの修正プログラムの配布が開始されたようです。

詳細は、
ウイルスバスター クラウドの Windows 10 Fall Creators Update (RS3) の対応状況について
をご参照ください。

なお、法人向けの製品などについての、Windows 10 への対応予定なども公開されたようです。

Windows 10 Update 対応予定/トレンドマイクロ


【2017/10/19更新】

フレッツセキュリティについても同様ですので、やはりNTTでは、フレッツセキュリティツールをインストールしないように呼び掛けているようです。

20171018-2.jpg

Windows 10 環境における「セキュリティ対策ツール」( Windows 版 ) のインストール不具合に関するお知らせ



<参照>

ウイルスバスター クラウドの Windows 10 Fall Creators Update (RS3) の対応状況について
Windows 10 環境における「セキュリティ対策ツール」( Windows 版 ) のインストール不具合に関するお知らせ
トレンドマイクロ社のウイルス対策ソフト製品を利用している環境に、Windows 10 Fall Creators Update をインストールすると、ブルースクリーンエラー (BSOD) が発生することがあります 【Ver1709】 重要スレッド
posted by クリック at 21:26| 東京 ☁| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Office の更新プログラム

Windows Update のメジャーアップデートが、年2回に変わったのはつい半年前。その時に、Office 365 についても、Windows 10に合わせて更新されることがうたわれておりました。

そして、今回、Fall Creators Update が配信。

では、Officeのメジャーアップデートは? というところになりますが、Office については、先日来年には、Office 2019 出ることが発表されてすっかり忘れがちですが、Windows 同様に、通常の Update よりは、ちょっと大きな Update が年2回あります。

Mac版は、先日もご紹介しましたが、すでに Insider 向けに、メジャーアップデート(Ver.16.**)が提供されておりました。

20171017-7.jpg

Winodws版については、"Office 365 client update channel releases" によれば、Monthly Channelにて、10月16日(米国時間)配信された、Ver.1709(ビルド8528.2139)が、今回のメジャーアップデートになるようです。

20171017-7-1.jpg

確かに、10月10日(米国時間)に配信された Version 1708 (ビルド 8431.2107) からは、バージョン自体が一つ上がっていますね。

まだ "Office 365 client update channel releases" などの英語サイトにちょこっとしか情報が上がっていませんが、ほどなく更新されることでしょう。

さて、Office については、今後あと1回ぐらいは?もしかしてメジャーアップデートがあるかもしれませんが、次期 Office 2019 に向けて着々と進行しているようです。

Office 2019 についてのニュースもこれから多くなるかもしれませんが、これはこれでまた楽しみですね。

ちなみに、Office 365 や Office Premium をご利用の場合、来年 Office 2019 が登場すれば、Office 2019 がご利用いただけますが、Surface Laptop についている Office Home and Business 2016 や、Office Personal 2016、Office Home and Business 2016など、あるいは PowerPoint 2016 などの単体製品といった買い切り版をご利用の場合には、Office 2019 がでたとしても、アップデートはできませんので、改めて購入しなおす必要があります。



【追加情報】

ところで、以前、Excelや、PowerPointなどで、テキストボックス内のフォントの書式設定を変更しようとしてフォントダイアログを表示した際に、日本語用のフォントが表示されないという不具合が続いていましたが、こちらの不具合は、今回の Update で改善しているようです。

20171017-8.jpg


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
Office 365 client update channel releases
Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース
Office 365 ProPlus 更新プログラムの管理に関する今後の変更の概要
Office 365 ProPlus updates
Office 365 ProPlus に関する更新
更新プログラム チャネル リリースのバージョン番号とビルド番号



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 11:35| 東京 🌁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Fall Creators Update 配信が迫る!

米国時間10月17日10時、提供が開始される Fall Creators Update。日本時間だと 10月18日午前2時。あと2時間後に迫りました。

これに合わせて、Microsoftのブログも更新され、その入手方法などが公開されました。

20171017-5.JPG

Updateの入手方法は2つ。

1) Windows Updateから、更新を確認し更新する
2) Windows 10 のダウンロードサイトから直接ダウンロードして更新する

Windows Update の場合には、Creators Update 同様、一斉にすぐにすべての人に配信されるわけではないので手動で更新を確認しても、なかなか検出されないかもしれませんが、急がなくてもいい方は、Updateで配信されるまで待ってみてもいいかもしれませんね。

どうしてもすぐに使ってみたい。。。そんな方は、手動で Update をかけて出てこなければ、直接ダウンロードサイトからダウンロードしてみて下さい。

ところで、ご存知のように Windows の大型の更新が、年2回になっていますが、もともと。Officeの更新とWindowsの更新時期をあわせようということでもあったわけですから、あまり報道もされていませんが、Office のメジャーアップデートもあります。

Officeの場合には、先日すでに来年に予定されている Office 2019 についてアナウンスもありましたが、それまでの間、当然ながら Office 2016 も Updateがあります。

こちらは、Windows の更新と違って、配信が開始されれば、一斉に Update されます。
こちらもお忘れなく!


【2017/10/18更新】

一夜明けて、改めて Windows Update から Upate を行ってみました。今回はすぐに Fall Creators Update がやってきました。

20171017-6.png

自動であってもほどなく Update が始まったりするのかもしれませんね。



<参照>

How to get the Windows 10 Fall Creators Update
The next perpetual release of Office


posted by クリック at 00:06| 東京 ☁| Comment(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

カスペルスキーを更新したら、Firefoxで Google が表示されない

以前にも取り上げたことがありますが、先日カスペルスキーの最新バージョンがでましたので、入れなおされている方もいるかもしれないと思いまして、再度取り上げてみました。

Firefoxを起動して、トップ画面はでるものの、検索枠に文字を入力して検索しようとすると、"安全な接続ではありません" となってページが表示されません。

20171016-1.jpg

Googleのトップページも同様に表示されません。
MicrosoftYahooなど、"https://〜" で始まるセキュアなサイトへの接続がエラーになって接続できなくなってしまいます。

ただし、Internet Explorerや、Microsoft Edgeでは問題なくきちんと表示される... あくまでも、Firefox での症状ということになります。

前回ご紹介した時と同様に、"証明書マネージャー" を起動して、インポートする必要があるわけですが、Firefox もその間バージョンが進んで、現在配信されている Ver.56.0 では、以前とはちょっと画面も違うようなので再度ご紹介させていただきます。


【証明書マネージャーを呼び出す】

1) 右上の、ハンバーガーメニューから、"オプション" をクリックして開きます

20171016-2-1.jpg

2) 左ペインのメニューから、"プライバシーとセキュリティ" をクリックし

3) 右ペインの項目から、"セキュリティ" のところにある "証明書" のところにある、"証明書の表示" をクリックすると、"証明書マネージャー" が起動します

20171016-2-2.jpg 20171016-2-3.jpg


【証明書のインポート】

1) "証明書マネージャー" 下部にある "インポート" をクリックします

20171016-2-4.jpg

2) "認証局証明書を含むファイルを選択してください" という画面がでたら、以下に移動してファイルをクリックします

20171016-2-5.jpg

インポートするところは、

C:¥ProgramData¥Kaspersky Lab¥AVP17.0.0¥Data¥Cert

で、ここにある

(fake)Kaspersky Anti-Virus Personal Root Certificate

というファイルを指定します

3) "証明書のインポート" の画面が出たら、"この認証局によるウェブサイトの識別を信頼する" にチェックを入れて、"OK" をクリックして閉じます

20171016-2-6.jpg

4) あとは、OK でいったん閉じたうえで、Firefox を再起動します


** なお、インポート先になる、"ProgramData" フォルダは通常は隠しファイルになっているため表示されませんので、途中、エクスプローラーを開いて、表示タブを開き、"隠しファイル" にチェックを入れてオンにしておいてください。

作業後は、誤って大事なファイルを削除しないように再度、隠しファイルは通常非表示にしておいた方がよろしいかと思いますので、再度チェックを外してオフにしておきましょう。

20171016-3.jpg

再起動後に再度、Googleなどアクセスできなかったサイトに接続してきちんと表示されることをご確認ください。バージョンが違えば、多少画面は変わってもやることは一緒。ちょっと面倒ですが、Firefox の場合にはこの設定が必要です。


<参照>

Firefoxで、"安全な接続ではありません" と表示される

posted by クリック at 13:48| 東京 🌁| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

"警告! お使いのコンピュータが危険にさらされる可能性があります" というポップアップがたびたび表示される

このパターン以前にも何度か取り上げています。以前は、"Event Monitor" というものでした。

20171014-1.jpg

Event Monitor というポップアップが表示される Part 2

内容は一緒。でも今回は、"SysMon"(システムモニター)というものでした。
タスクマネージャーで確認したところ、sm.exe が。名前は違えど、EventMonitorとまったく一緒のパターンですね....


さて対処法です。


-- まずは邪魔な画面を止めましょう!

1) まずポップアップが面が表示されたら、タスクバーを右クリックして、"タスクマネージャー"、あるいは "タスクマネージャーの起動" をクリックして、"タスクマネージャー" を起動させます。

2) タスクマネージャーを起動したら、"sm.exe" あるいは "sysmon.exe" を探して右クリックして、"タスクの終了" をクリックして終了させます。


これで邪魔な画面は消えます。


-- 続いて金輪際 起動しないように設定

次に起動しないように、プログラムなどの削除に移ります。

1) まずは、コンピューターの管理>タスクスケジューラー>タスクスケジューラライブラリと開いて、"RunAtStartup" を見つけます。
今回見つけたのはたまたまこういった名前だっただけかもしれません。まぁ、何か?怪しそうな名前ではありますね。

*タスクを選択して、下部に表示された "操作" をクリックするとプログラムの居場所がわかります。プログラム名が、"sm.exe" だったり、"SysMon.exe" だったりしたら犯人が確定ですね。

2) 今回は確認したところ、

Cドライブ>ユーザー>AppData>Roaming>SysMon

にプログラムがいることを確認。
場所がわかれば、フォルダを開いて、"SysMon"フォルダごと削除してしまいます。

以前、Event Monitor の時には、"Autoruns for Windows" を利用しましたが、SysMon.exeも、Autorunsで撃退できると思います。

Autoruns for Windows は以下のところからダウンロードが可能です。Zipファイルで提供されているので、右クリックして展開して、解凍してご利用ください。

Autoruns for Windows


【Autoruns for Windowsの使い方】

簡単な使い方のみご紹介します。

1) まずは、Autoruns for Windows にアクセスして、"Autoruns と Autorunsc のダウンロード" をクリックします。

2) "Autorun.zipを開く" という画面が出てきます。"ファイルを保存する" が選択されている状態で "OK" をクリックすると、保存場所を聞いてきますので、デスクトップなど、とりあえず一旦、わかりやすい場所に保存します。

20171014-2-1.jpg 

3) 保存された "Autorun.zip" をダブルクリックして開きます。エクスプローラーが起動してきますので、"展開"クリック、展開先は特にそのまま、さらに、"展開" をクリックします

20171014-2-2.jpg 20171014-2-3.jpg

4) これでデスクトップに、"Autoruns" というフォルダが作成されその中に、プログラムが表示されます。この中の、"Autoruns"というプログラムをダブルクリックして起動します。

20171014-2-4.jpg

** フォルダ内に、
 Autoruns/Autoruns64 というGUI版のAutoruns と
 autorunsc/autorunsc64 というコマンド版のautorunsc があります。
 わかりやすいということで "Autoruns" をご利用いただければ、いいと思います。


<参照>

Event Monitor というポップアップが表示される Part 2
Autoruns for Windows


posted by クリック at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする