2020年05月11日

詐欺サイトや詐欺広告の被害にあわないために... Part 1
〜Technical Support Scam とは?

"Technical Support Scam" という言葉をご存知ですか? Wikipedia で調べてみると、US版では結構な分量で説明がでていますが、日本語版では、全くなし。まぁあまりこうした言い方では日本では一般的ではないってことなのかもしれないですね。一括りに "ネット詐欺" などと言われているのかもしれません。

でもおそらく一度はそうした画面に遭遇された方は多いかと思います。このブログでも何度も取り上げさせていただきました。

20200509-1-1.jpg 20200509-1-2.jpg


上記サイトでも紹介していますが、ユーザーの危機感を煽って、すぐに電話してください...なんて表示されるやつですね。時に警告音が鳴り続けたり、女性の音声でアナウンスが鳴り響いたりします。

一昔前であれば、アングラなサイトや、ちょっとエッチな大人向けのサイトなどを見ていたりすると表示されていたことが多かったものの、昨今では普通の何でもないサイトや、大手の有名なサイトであっても突然こう言ったサイトに転送されてしまうケースが多々あります。


【フィッシングと同様に注意が必要】

フィッシングメール詐欺などのように、メールできたものからリンクをたどって誘導されるものの場合には、メールを開かなければそれ以上のことにもならないわけですが、今回ご紹介しているようなテクニカルサポート詐欺は、インターネットでWeb閲覧していたりすると、突然やってきたりします。

注意をしていても、誰でも遭遇する可能性はあるわけです。普段であれば年末年始やら大型連休、夏休みなど自宅でPCを触る人が増えそうなシーズンに暗躍しているわけですが、ちょうど3月ぐらいから蔓延しているコロナウィルスの影響で、世界中で在宅ワーク、オンラインレッスンなどを余儀なくされている方が増えて、この時期非常に増えつつあります。

-- 遭遇したら...:

1) 音は消しましょう

まずは慌てずに、警告音などが鳴るような場合には、音量を絞りましょう

2) 画面を閉じる

こうした画面になると、どこをクリックしてもブラウザを閉じることができませんので、Ctrl+Shift+ESC とキーを押して、タスクマネージャーを起動し、Internet Explorer やら、Microsoft Edge、Google Chrome などのブラウザを終了させましょう

3) 閲覧履歴を削除するなどブラウザをリセットしましょう

ホームページを閲覧するソフト(ブラウザ)は、多くの場合、トラブルなどで強制終了させられると、次回起動する際に前回の表示を復元しようとする機能があったりします。こうしたサイトはこれを逆手にとって、せっかく一旦ブラウザを閉じても、再度開くと、また同じ画面が出てくることがあります。
なので、ブラウザを終了した後は、一旦ブラウザのリセットをかけて、閲覧履歴なども削除することをお勧めいたします。


多くの場合、電話番号が出ていても、電話をしなければ、相手にはこちらの情報は伝わりません。

こんな時期だからこそ、増えているこうしたサイト。くれぐれもこうしたサイトが表示された場合には、慌てずに対処してください。

次回は実際にこうしたサイトや詐欺広告に引っかかってしまった例を含めてご紹介いたします。


<参照>




デル株式会社
posted by クリック at 20:59| 東京 ☔| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

Twitter でも、Internet Explorer は推奨ブラウザから外れた

以前にも、YouTube で、サポート対象としていたブラウザから、Internet Explorer が外れたことをご紹介しました。また Twitter でも外れることは以前にもご紹介しました。


Twitterにおいてもその期日は明示されておりませんでしたが、こうした動きは着実に進んでおり、Twitter を Internet Explorer で表示した場合、従来のバージョンの Twitter.com のため、2020年6月からはブラウザを切り替えるようにとメッセージが出るようになりました。

Internet Explorer で、Twitter にアクセスすると...

20200510-1-1.jpg 20200510-1-2.jpg 20200510-1-3.jpg

と画面下部にサポート対象のブラウザの確認を促すメッセージが表示されるようになりました。画面下部のリンクをクリックするとサポート対象となるブラウザを紹介したヘルプページにつながります。

これによれば、

・Firefox
・Edge
・Safari
・Google Chrome

がサポート対象となります。

振り返ってみると、2018年4月29日のブログ "Twitter では、IE11はサポート対象外" の中でも紹介していたので、2年の猶予をもって完全終了... に至る形になります。


【Internet Explorer は後方互換のために搭載されている】

Windows 10 が登場したころより言われていたことですが、Windows 10 において、Internet Explorer は、あくまでも後方互換、つまり Internet Explorer でないと利用できないサイトのために搭載されておりました。

20200510-1-4.jpg

当初より、Windows 10 においては、"ライフサイクルに関する FAQ - Internet Explorer および Edge" でも紹介されているように、Microsoft Edge が標準ブラウザという立ち位置になっています。

そして、その Microsoft Edge も、かつての Microsoft Edge は、”Microsoft Edge Legacy” と名前も変わって引退し、新たに開発コード ANAHEIM として進んでいた Chromium プロジェクトベースの New Microsoft Edge が、新たな "Microsoft Edge" となっています。

日本の場合、この配信時期が確定申告の時期と重なったため、自動配信されずに現時点まで来ています。確定申告も、コロナウィルスの影響でさらに期間が延びていることから、新しい Microsoft Edge の自動配信は現時点でも行われておりません。


ただし新しい Microsoft Edge はすでにリリースされております。macOS、Windows 7、Windows 8.1、そして Windows 10 で、さらには iOS や Android といった Mobileデバイスにて利用が可能になっています。


【まだまだあるInternet Explorer が必要なケース】

今回の様に Twitter が外れ、YouTube が外れと、Internet Explorer がサポート対象から外れていく一方で、まだまだ Internet Explorer でないといけないWebサイトもあります。
逆にこうしたサイトはどんどん減っているとはいえ、以下の様な、政府系のサイトでもまだあったりするんですね。

20200510-2-1.jpg 

FAQ で、そのパソコン環境についてのところを見ると....

20200510-2-2.jpg 20200510-2-3.jpg

OS は、Windows 8.1/10 ブラウザは、Internet Explorer 11 とあって、その他のブラウザについては検討中とあります。4月末時点では、実際まだその他のブラウザでは利用できないようでした。

まだまだこうしたサイトはあるでしょうし、社内でクローズドな環境で利用されているものについてはもっとあるかもしれません。

最初にも書きましたが、あくまでも後方互換として搭載されているので、そうした限られたサイトのためだけに残っているというのが現状です。すでに、Internet Explorerの開発はストップしています。

使い慣れた Internet Explorer がいいという方もまだたくさんいらっしゃるようですが、ぼちぼち本格的に Microsoft Edge に乗り換えてみてはいかがでしょうか??


<参照>





マウスコンピューターMousePro
posted by クリック at 11:59| 東京 ☁| Comment(0) | Internet Explorer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

サポート終了間近 Office 2016 for mac と Office 2010

Windows 版の Office 2010 については、このブログでも時々取り上げておりましたが、今年サポートが終了する Office 製品は当然それだけではありません。

Mac 版の Office 製品は、Windows 版の、Office 2010 などのように、メインストリーム 5年、延長ストリーム 5年 というようなサポート期間とは異なります。Mac 版の Office の場合には、メインストリームの 5年 のみがサポート期間になります。

ということで改めて確認してみると、今年サポート終了を迎える Office 製品には、以下の2製品があります。

サポート終了日:2020年10月13日

・Office 2010 
・Office 2016 for Mac

両製品とも、同じ期日になります。もう半年を切りました。

もう Office 2016 が?と思われるかもしれませんが、Windows 版の場合には、2025年10月14日 までありますが、Mac 版は異なりますのでくれぐれもご注意ください。

それ以外にも、2020年にサポート終了を迎える製品は多数あります。"2020 年にサポートが終了する製品" といったサイトなどもご確認ください。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 12:53| 東京 ☀| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信がスタートしております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20200507-1-1.png 20200507-1-2.png
・Microsoft Excel 16.38.2005050
・Microsoft OneNote 16.38.2005050
・Microsoft Outlook 16.38.2005050
・Microsoft PowerPoint 16.38.2005050
・Microsoft Word 16.38.2005050

現時点で今回の更新に関する内容について、情報は公開されておりませんので、今後機会があれば改めてご紹介させていただきます。

ところで、検証環境がないので、Office Insider Slow Ring については、あまり取り上げることがないのですが、今回は、Slow Ring についてご紹介いたします。

Windows 版では、
Insider Fast Ring:Office Insider 
Insider Slow Ring:Monthly Channel(Targeted)

というように区分けされている Office Insider ですが、Mac 版では、
Insider Fast
Insider Slow

とその呼び方も、そのままです。

20200507-2-1.jpg 20200507-2-2.jpg

また、Windows 版では、Insider への参加は、一般ユーザー向けの場合には、アカウントのところから設定していきますが、Mac版では、Microsoft AutoUpdate の環境設定より行います。

さて毎回お知らせしている、Fast Ring 同様、Slow Ring も、通常版よりは先行して更新が行われております。


リリースノートによれば、現在の最新版の情報は以下の通りになっています。

US時間 5月4日 配信 Ver.16.37 (Build 20050303)

Excelを始め、いくつか新機能が追加されたことが紹介されておりますが、ちょうど今回紹介sれているのは、だいぶ前に、Insider Fast の更新情報でもお届けした、以下のような機能が、Insider Slow にも搭載されるようになったようです。

20200507-2-3.jpg


Insider Slow に搭載されたとなると、通常版に搭載されるのも間近ってことですね....
Insider Slow も着々と変わりつつあります。今後もこうした情報を時にはお届けさせていただく予定です。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日は、Windows 版にも、Office Insider、Monthly Channel(Targeted)、さらには Monthly Channel と更新プログラムが到着しておりましたが、Mac 版の Office Insider にも更新が到着しておりました。

本日配信がスタートしたプログラムは、以下の通りです。

20200505-5.png
・Microsoft Excel 16.38.20050400
・Microsoft OneNote 16.38.20050400
・Microsoft Outlook 16.38.20050400
・Microsoft PowerPoint 16.38.20050400
・Microsoft Word 16.38.20050400

現時点では、今回更新された内容に関して公開されている情報は特にございませんでした。
更新内容については、また機会を見てご紹介させていただきます。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 16:58| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする