2017年12月25日

プログラムをダウロードしようとしたら "WindowsによってPCが保護されました" と表示される

以下の画面は、一例ですが、Windows10を利用して Epson の Webページから、Webプリワールドのプログラムをダウンロードしようとした際に表示されたものです。

20171225-1.png

Webサイト上から何か?ダウンロードしようとすると、こうして、Windows のスマートスクリーン(Smart Screen)によって、ブロックされることがあります。
こうした画面がぱっと出たりすると、慌てたりしちゃいますよね? でも、ブロックされるからと言って必ずしも悪いものと限ったわけではありません。

ダウンロードしようとしているサイトに問題はなく、プログラム自体にも問題ないことがわかっているような場合には、以下の手順でダウンロードを実行できるようにします。

1) "詳細情報" をクリックします

20171225-1-1.jpg

2) アプリ名や発行元などが表示されますが、問題なければ、"実行" がこれでクリックできるようになります

20171225-2.png

** Windows8.1 においても同様です。


本来、この "Windows Defender SmartScreen は、フィッシング Web サイトまたはマルウェアを含む Web サイトとして既に報告されているサイトに従業員がアクセスしようとした場合や、悪意のある可能性があるファイルを従業員がダウンロードしようとした場合に、従業員を保護するために役立つ機能" ですとあるように、有害なサイトから不正なプログラムをダウンロードしたりして誤って実行しないために有効なツールです。

ですから通常は有効にしておいて、必要に応じて、上記のように実行するかたちでご利用いただくおくことをお勧めいたします。

今回の Epson のケースは、ほんの一例です。参照先の Epson の Webページ にもありますが、こうして一時的にブロックされることがあることは、メーカー側も把握されているようです。
もっともこうしてブロックされるものは、今回ご紹介した例に限ったことではありません。他のプログラムであっても当然ありうることです。

こうした画面が表示された場合には、アクセスしているサイトに本当に問題ないのか?など、もう一度確認してください。

クリスマスに、年末、そして年始。この時期は、こうした不正なプログラムやマルウェアも暗躍する時期でもあります。くれぐれもご注意ください。

そして、良い年の瀬を!


<参照>

「WindowsによってPCが保護されました」と表示される/Epson Webプリサポートセンター
Windows 10: OS レベルで悪意のあるサイト、アプリをブロック ? SmartScreen フィルター/日本のセキュリティチーム
Windows Defender SmartScreen

posted by クリック at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | Windows全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

数式エディタの脆弱性を狙った攻撃にご注意ください

2017年11月15日に公表されて、その後、11月末には、Windows Updateで配信されている更新プログラムにて、修正がされておりますが、Microsoft の Office に搭載されているコンポーネントの一つでもある、数式エディタの脆弱性を狙った攻撃が、集中しているようです。

セキュリティソフトの一つでもあるESETのレポートによれば、この脆弱性を悪用した攻撃の90%以上が日本に集中しているとのことです。

ちなみに、すでにサポート期限切れの、Office 2007 向けにもこの更新プログラムは提供されています。

また、Windows Live Movie Maker を改ざんした偽プログラムを利用した個人情報を搾取しようとしているプログラムも急増しているようです。

20171222-10.jpg

Windows Live 製品のダウンロードにはご注意を

以前にも上記のように、パソコンのツボ別館 にて取り上げさせていただきましたが、依然と続いているようです。


みなさま、くれぐれもご注意ください。



<参照>

Office数式エディタの脆弱性を突く攻撃が日本に集中、偽「Windows Movie Maker」の検出も世界で増加/INTERNET Watch
Office数式エディタのRCE脆弱性を悪用したマルウェアが登場、IPAが注意喚起/INTERNET Watch
2017年11月 マルウェアレポート/キャノンITソリューションズ
Microsoft Office 数式エディタにスタックベースのバッファオーバーフローの脆弱性
Microsoft Office の脆弱性(CVE-2017-11882)について/IPA
セキュリティ TechCenter
2017 年 11 月のセキュリティ更新プログラム (月例)/日本のセキュリティチーム
先週のサイバー事件簿 - mac OS High SierraとMS Officeの脆弱性に注目/ニコニコニュース

posted by クリック at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

Outlook 2016 for Mac の Insider Fast版に、表挿入機能が追加!

先日の "Mac 版 Office Insider Fast 更新情報" の中で、Version 16.9 (171212)において、Outlook 2016 for Mac に、表挿入機能がついたことに触れましたが、今回はこの機能について、改めて取り上げてみました。

20171220-1.png 20171220-2.png

【表の挿入】

Windows版の Outlook2016 にはすでにある機能ですが、今回 Mac 版の Outlook2016 でも、同じように表の挿入機能が Outlook のメッセージ文面で利用できるようになりました。

1) 現在可能なこと

・HTML形式の文面作成画面において、表挿入が可能になった
・基本的なレイアウト(表内の文字位置調整など)や、行列の追加機能が利用できる
・表のスタイルの設定が可能

2) できないこと

・表内での計算

Wordの表の機能であれば、計算式から、表内のデータの計算ができるようになっていますが、そこまではできないようです。

表を挿入し、表の上で、controlキーを押しながらクリックすると、

20171220-3.png

といったメニューが表示され、表のプロパティでは、以下のようなダイアログが表示されます。

20171220-4.png

この辺りは、Wordと一緒ですね。

また作表すると表示されるツールバーには、テーブルデザインとレイアウトタブが表示されます。

20171220-5.png 20171220-6.png

Word2016 for Mac の表挿入時のツールバーと比べれば、同じとはいかず、やはり多少異なるようです。

20171220-7.png

Windows版の、Outlook 2016 には、表内の計算ができるようになっています。この辺りも Mac 版ではまだ搭載されておりません。

20171220-8.png

参考までに、上記が、Windows版の Outlook 2016 の場合のものです。


【更新状況】

今回この機能が追加された Version 16.9 (171212) という製品は、Office Insider Fastユーザー向けのバージョンなので、通常版に反映されるのはもうちょっと先になります。

現在の Office 2016 for Mac の更新状況は以下の通りです。


Insider Fast:Ver.16.9(17121907)
Insider Slow:Ver.16.8(17112902)
通常版:Ver.15.41(17120500)



<参照>

Insider Fast: Outlook for Mac now supports creating tables!
Outlook 2016 for Mac - Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Office 2016 for Mac の更新履歴


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)



posted by クリック at 12:33| 東京 ☁| Comment(0) | Microsoft Outlook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

早いですね。年末を控えてというわけではないと思いますが、更新ラッシュです。不具合の修正が頻繁にかかっているようです。

12月19日(日本時間 12月20日)付で配信されているプログラムは以下の通りです。

20171221-1.png


・Outlook Update 16.9.0(17121907)
・OneNote Update 16.9.0(17121907)
・Excel Update 16.9.0(17121907)
・Word Update 16.9.0(17121907)


リリースノートでは、12月18日付の前回の更新 Version: 16.9 (Build 171217) についての、修正内容、既知の問題がやっと紹介されている程度でした。

ただし1回遅れぐらいのタイミングで、Update はされているようなので、詳細は随時、リリースノートをご参照ください。

ちょうど、前々回の更新で追加された機能の紹介をしようと整理している最中の更新でしたが、ここにきて、これまで以上に急ピッチで不具合の修正が行われているようです。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 10:29| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

年末になって、不具合の修正とは言え、アップデートの頻度が多いですね。
12月17日(日本時間 12月18日)付にて、以下の更新プログラムが提供されております。

20171219-1.png


・PowerPoint Update 16.9.0(17121700)
・Outlook Update 16.9.0(17121700)
・Excel Update 16.9.0(17121700)
・OneNote Update 16.9.0(17121700)
・Word Update 16.9.0(17121700)


今回の Update に関しては、現在のところ特にリリースノートでは取り上げられておりませんでした。

ところで、前回、12月13日にリリースされた Version: 16.9 (171212) の Update の中で、Outlook 2016 において、Tableの機能が追加されたことが以下のブログでも紹介されております。

20171219-2.jpg

Insider Fast: Outlook for Mac now supports creating tables!

12月11日に配信されている Ver.16.9 (171210) より利用可能になっているようです。

そのほかについては、既知の問題への対応が中心になっていますが、詳細はリリースノートをご参照ください。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 17:57| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする