2017年07月01日

"Snip" というキャプチャーツール Part1

先日、"Dictate" というツールについてご紹介しました。Microsoft Garage Project から登場した Word、PowerPoint、Outlook のアドインとして利用できる音声入力ツールでした。

"Dictate" を利用した音声入力 Part1
"Dictate" を利用した音声入力 Part2


その時にも、この Microsoft Garage Project では、これ以外にも面白いツールがいろいろありますよ?とご紹介したわけですが、今回は、"Snip" というツールを取り上げてみました。

"Snip" と聞いて、何かに似ているな?とピンときた方もいらっしゃるかもしれませんね。Windowsには、Windows Vista 以降、Snipping Tool というキャプチャーソフトが付属しています。ご利用になったことのあるかとも多いかと思います。

20170630-1-1.jpg
20170630-1-2.jpg 20170630-1-3.jpg

Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

上記にもありますが、画面の一部の範囲を指定してキャプチャーしたり、画面全体をキャプチャーしたりするツールです。書き込んだり、電子メールに添付したりといった機能も搭載されています。

今回の、"Snip" というツールはこれにさらにいくつかの機能を追加したものになります。

まずは具体的にどんなものができるのか? まずは以下のサイトをご覧ください。

20170630-0.jpg

ポイントは、


Step 1: 切り取って
Step 2: 注釈をつけて
Step 3: 共有する


そんな具体的な例が紹介されています。

Snip, a Microsoft Garage project

Windows 標準搭載に Snipping Tool のように単に画像として保存できるだけではなく、動画(MP4)として書き出しができるのが特徴ですね。

では具体的にどのように導入し利用するのか? 


次回は、その導入から利用についてご紹介します。


<参照>

The Microsoft Garage
Snip
Snip, a Microsoft Garage project
Snipping Tool を使ってスクリーン ショットをキャプチャする

posted by クリック at 07:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Windows全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

日本時間6月28日に配信されております。今回のものは以下の通りです。

20170629-1.png

・PowerPoint Update 15.37.0(17062700)
・Outlook Update 15.37.0(17062700)
・Excel Update 15.37.0(17062700)
・OneNote Update 15.37.0(17062700)
・Word Update 15.37.0(17062700)

すっかり、Insider Fast ユーザー向けには情報がないのが定番になってしまいましたが、Outlook for Mac Insightsでは、Outlook については、今回も情報が提供されております。

また各アプリを起動して、新着情報をクリックしても、全く応答がない(正常に動作しない)ところは、これまでと変わらないようです。

リリースされたばかりと言うこともあって、どの部分が更新されているのか?といった情報がないため手探り状態ではありますが、今後、また何か情報があればこちらのブログでもご紹介させていただきます。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Insider Fast release notes: 15.37 (170627)/Outlook for Mac Insights



posted by クリック at 12:46| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

Office の更新プログラムとロールバック

現在、Windows Update 同様に、Office 製品についても、
毎月第一水曜日非セキュリティ更新プログラム
毎月第二水瓶日:セキュリティの更新プログラム
が配信されています。

さて Windows Update でも、更新が要因で様々なトラブルに見舞われることもありますが、Office Update でも同様に、更新したことが要因のトラブルも発生します。

随時回避策などが提示されたりするケースもありますが、対応に時間がかかるとか、当面対策がないような場合には、場合によって旧バージョンへのロールバックが求められることもあります。

例えば、6月の更新プログラムの中から "Outlook" に関してだけ取り上げたとしても以下のように、複数の既知の問題があります。

20170623-4.jpg 20170623-2.jpg

2017 年 6 月セキュリティ更新プログラムの Outlook の既知の問題

回避策が提示されているものもありますし、確認中のものもあります。

また、以前にもご紹介しましたが、"クイック実行形式の Access 2016 上で住所入力支援機能が動作しない/Office Support Team Blog JAPAN" にあるAccessの例のようにロールバックして、回避せざるを得ないケースもでてきます。


今回は、こうしたロールバックについてご紹介します。


【ロールバックする】

1) コマンドプロンプトを管理者として実行し起動します。そして、

20170627-1.jpg 20170627-2.jpg

cd %programfiles%\Common Files\Microsoft Shared\ClickToRun

上記の部分をコピーして貼り付けて、ClickToRun のところまで移動します。


2) 次に問題の発生しない以前のバージョンに移動します。

20170627-3.jpg

officec2rclient.exe /update user updatetoversion=[バージョンを入力]

* 上記の画像では、一例として、16.0.7668.2074 としていますが、この部分は適宜変更してください。

3) 更新が完了するまで待って、更新完了後には、Wordなどを起動し、
ファイル>アカウント と開いて、Officeのバージョンを確認します。また、更新オプションのところは、一時的に、"更新を無効" としておきます。無効にしておかないと再度自動で更新がかかってしまいますのでご注意ください。

さてバージョンですが、現時点(2017/6/27)の段階では以下の通りになっています。

Current Ver.1705 Build 8201.2102: 16.0.8201.2102
FistRelease for Deferred Ver.1705 Build 8201.2102: 16.0.8201.2102
Deferred Ver.1701 Build 7766.2092: 16.0.7766.2092
Deferred Ver.1609 Build 7369.2139: 16.0.7369.2139

今回ご紹介している Access の例で言えば、16.0.7766.2060以降(2017/2)に発生するということで、それ以前のバージョンである2017/1末に配信されている、Ver.1612(Build 7668.2074)16.0.7668.2074 を指定しています。

ただし実際のところ、Access の件については、このバージョンでも改善されず、Ver.1611(Build 7571.2075)16.0.7571.2075 まで戻してやっと改善したという報告も上がっています。


更新の履歴などは、

更新プログラム チャネル リリースのバージョン番号とビルド番号
Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース

で確認ができますので、こちらで各バージョンなどを確認してみてください。

この手法はC2R形式で実行されているOffice製品を新規にインストールした場合でも同様で、新規にインストールしたものを以前のバージョンにロールバックしたい場合にもこの方法を利用します


<参照>

Officeの更新プログラムに関する重要な変更についてのお知らせ/Office Blogs
Office の問題に関する修正プログラムと解決策
最近の Outlook for Windows の問題に関する修正プログラムと解決策
2017 年 6 月セキュリティ更新プログラムの Outlook の既知の問題
更新プログラム チャネル リリースのバージョン番号とビルド番号
Office 365 クライアント更新プログラムのチャネル リリース
以前のバージョンの Office 2013 または Office 2016 クイック実行に戻す方法
クイック実行の概要
クイック実行 (Click to Run, C2R)/Office Blogs



posted by クリック at 19:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

Outlook2007 で iCloud との接続がうまくいかない

6月に配信されているセキュリティ更新プログラムの既知の問題のようです。
現在、Microsoft側でも対応中とのことですので、解決までしばらく時間がかかりそうです。
iCloud との接続については、Outlook2007のみに発生している問題で、同サイトでは、"問題 6" のところで紹介されています。

20170623-1.png

この他にも、

1) Outlook2007/2010:【暫定的な回避策あり】

メールに添付されたファイル、連絡先あるいはリッチテキスト形式のタスクを開こうとするt、"このオブジェクトは Outlook で作成されましたが、このプログラムがお使いのコンピューターにインストールされていないか、応答していません。このオブジェクトを編集するには、Outlook をインストールするか、Outlook でダイアログ ボックスが開いていないことを確認します" というエラーが表示されます。

"このアイテムには、安全でない可能性のある添付ファイルが含まれています。アイテムを閉じた後、添付ファイルは表示されなくなります" と表示されることもあるようです。


2) Outlook2007/2010/2013/2016:【暫定的な回避策あり】

連続するピリオド (...) または感嘆符 (!) を含む添付ファイルを開こうとすると、ファイルがブロックされ、[添付ファイルを開いています] の警告が表示されます。


3) Outlook2013/2016:【暫定的な回避策あり】

レベル 1 の添付ファイルの表示を Outlook に許可するように ShowLevel1Attach を設定している場合、次のエラーが表示されます。“このファイルには、ポリシー設定が原因で無効になっているオブジェクトがあります。”


4) Outlook2007/2010/2013/2016:【調査中】

Outlook 用に作成したユーザー設定フォームの使用時、VBScriptが実行できないなどのエラーが表示されます


5) Windows 7、Windows 8、Windows 10 のすべてのバージョンの Outlook:【調査中】

検索時に、"エラーが発生したため、検索を完了できませんでした" となってしまう


6) Outlook2007:【調査中】

iCloud との同期がうまくできず、正しく読み込めません


暫定的なものですが、一応、回避策が提示されいてるものもあれば、現在調査中のものもあります。
根本的には、今後のUpdateをお待ちいただく必要があるようです。


【追加情報】

パソコンのツボ別館で取り上げさせてもらいましたが、今回のようなUpdateに伴うトラブルについては、以下の、"Office の問題に関する修正プログラムと解決策" のところでも確認ができます。

20170623-3.jpg

Update と既知の問題、そして回避策/パソコンのツボ別館

ぜひこちらもご参照ください。



<参照>

Outlook2007:iCloudと同期されなくなった/MSコミュニティ
2017 年 6 月セキュリティ更新プログラムの Outlook の既知の問題

posted by クリック at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft Outlook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"Dictate" を利用した音声入力 Part2

前回は "Dictate" の概要にとどまりましたので、今回は実際の導入から利用方法まで見ていきます。


【Dictateのインストール】

** 利用環境: Windows 10 Pro/Office 2016/Microsoft Edge


1) まずは、Dictateのホームページにアクセスします
Dictate

2) "Download for Office 32-bit" をクリックしてダウンロードをスタート。64ビット版をご利用の場合には、その下にある、"For Office 64-bit click here" のところをクリックします

20170621-1-1.jpg 20170621-1-1-1.jpg


3) ダウンロードが開始されたら、画面下部の "実行" をクリックします

20170621-1-2.jpg


4) インストーラーが起動し、インストールが開始されます。画面に従って利用規約などに同意し、インストールを完了します

20170621-1-3.jpg 20170621-1-4.jpg
20170621-1-5.jpg 20170621-1-6.jpg


【Wordで確認してみる】

このツールは、WordPowerPointOutlookでの利用が可能になっていますが、今回は Word2016 で確認してみました。


1) Word を起動すると、起動時にスプラッシュ画面の時にも、WordDictateのアドオンを読み込んでいるといったメッセージが一瞬表示されてましたが、起動すると新たに、"Dictation" というタブが追加されています

20170621-2-1.jpg
20170621-2-1-1.jpg

2) ではさっそく、まずは日本語で試してみます。"Language Options" のところを、From Japanese To Japanese に設定し、左端のマイクのボタン(Start)をクリックしてマイクに向かってしゃべりだします

20170621-2-2.jpg


3) 入力が始まると、マイクのところは、"Stop" に変わります。そして音声入力している内容がその右側の枠に表示された後、文面に挿入されます

20170621-2-2-2.jpg


4) Toのところを他の言語に変えて試してみました。英語は微妙で、韓国語や、中国語、フランス語あたりは...どこまで正しいのか?わかりませんが、翻訳はされているんだと思われます

20170621-2-3-1.jpg 20170621-2-3-2.jpg


"Dictate" のサイトによると、"Features" として、今後、20か国語の言語に対応させることや、リアルタイム翻訳も、60言語まで対応させることなどが紹介されています。
またまだまだコマンドが少ないのですが、この辺りも今後追加されていくようです。

ちなみに、Outlookのメッセージ作成画面、PowerPointの画面だと以下のような感じで、"Dictation"のタブが追加されています。

20170621-3-1.jpg 20170621-3-2.jpg


【アンインストールについて】

今回導入されたアドインは、不要になった場合プログラムのアンインストールより削除が可能です。

20170621-4-1.jpg

またアドインとして導入されているので、ファイル>オプションとして、Wordのオプション画面を出して、左ペインの "アドイン" をクリックし、右ペインに "Microsoft Officeのアドインの表示と管理を行います" の画面が表示されたら、管理のところが、"COMアドイン" となっていることを確認して、"設定" をクリックすると、"COMアドイン" の画面が表示されますので、こちらから、有効・無効を切り替えることも可能です。

20170621-4-2.jpg


<参照>

"Dictate" を利用した音声入力 Part1
The Garage
Dictate

posted by クリック at 10:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Officeツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする