2020年05月14日

Office 製品の更新チャンネルの名称が変わります

Office 製品の名称が Microsoft 365 に変わったのはつい先日のこと。
一部の製品を覗いて、"Office" という名称から、"Microsoft" という名称にブランドが統一されました。

さてそうした名称変更に伴って、製品の更新チャンネルの呼称も変更されることになりました。対象は、法人ユーザー向けの製品で、一般コンシューマー向けのものの場合、基本的には月次チャンネルしかありません。

では、現在のチャンネル構成はどうなっているのか?から改めて確認してみます。
名称は以下の通りです。

-- 法人向け Office 365 ProPlus --> Microsoft 365 Apps for enterprise

・月次チャンネル/Monthly Channel
・半期チャンネル/Semi-Annual Channel
・半期チャンネル(対象指定)/Semi-Annual Channel(Targeted)


-- コンシューマー向け Office 365 Solo --> Microsoft 365 Personal

・月次チャンネル/Monthly Channel


-- Office Insider

・Office Insider/Insider Fast Ring
・月次チャンネル(対象指定):Monthly Channel(Targeted)/Insider Slow Ring

というのが現在の状況です。


【新たに "月次エンタープライズチャネル" などが登場】

20200514-2-1.jpg


詳細は上記のブログをご参照いただければお分かりいただけると思いますが、Microsoft 365 Apps(旧称:Office 365 ProPlus)をご利用いただくにあたって、エンタープライズユーザーに向けて新たな更新チャンネルとして、月次エンタープライズチャンネルが設けられたようです。

そして法人向けの更新チャンネルが以下の様に変わります。

・ベータチャンネル/Beta Channel
現在のチャネル (プレビュー版)/Current Channel(Preview)
現在のチャネル/Current Channel
月次エンタープライズチャネル/Monthly Enterprise Channel
半期のエンタープライズチャネル (プレビュー版)/Semi-Annual Enterprise Channel(Preview)
半期のエンタープライズチャネル/Semi-Annual Enterprise Channel


【デフォルトの設定は "Current Channel" になる】

現在のチャンネルがどうなるのか?整理してみました。

20200514-2-2.jpg

新たに加わったものが、"月次エンタープライズチャンネル"(Montly Enterprise Channel)になりますが、それ以外は名称変更ということになります。

またブログによれば今後の新しいテナントのデフォルトのチャンネルは、"Current Channel" となるようです。


<参照>




デル株式会社


デル株式会社
posted by クリック at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Windows 10 Ver.1809 のサポート期限

Windows 10 Ver.1809 のサポート期限が延長されております。

20200514-1-1.jpg

上記のように、4/15日付のブログでも紹介されておりますが、

当初 2020年5月12日 → 延長後 2020年11月10日

へと延長になっております。


【対象製品】

Windows 10 Home、Pro、Pro Education、Pro for Workstations

延長されることにより、6月以降、11月まで、引き続き月次でセキュリティ更新プログラムの提供が行われます。


【アップグレードについて】

当然ながら、すでに Ver.1909 は提供済みです。何らかの事情があって、まだアップグレードされていない方はともかく、なるべく早めに最新バージョンへ更新することをお勧めいたします。



<参照>




マウスコンピューターのオススメ・テレワークに最適なパソコン特集

posted by クリック at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | Windows10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

Surface Book 3 そして、Surface Go 2 が新たに登場!

日本でも予約がスタートした Surface シリーズの新たなラインアップ。Surface Book 3 Suraface Go 2 がついに姿を見せました。

5月7日より予約受付がスタートしていた両製品の日本での発売日が決定いたしました。

Surface Go 2 2020年5月12日
Surface Book 3 2020年6月5日

より発売がスタートいたします。Surface Go 2 については、昨日から販売が開始されています。

この発表に伴い、各製品の構成および価格が公開されました。
また新たに Surface のアクセサリとして、Surface Earbuds も登場!

Surface のラインアップはまたさらに充実していきます。

・Surface Book 3

・Surface Go 2

・Surface Earbuds


Surface Go においては、以下の事例にもあるように愛知県教育委員会での採用が決まるなど、学校教育現場での利用も加速しています。


Microsoft Teams を活用したオンライン授業の広がりなど、今後さらにこうしたモバイルデバイスの利用拡大が様々な分野で広がることが期待されています。


<参照>


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:17| 東京 ☁| Comment(0) | Surface | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

4月に配信された更新プログラムの影響で、VBAが機能しなくなりファイルが破損する

4月に提供された Office 向け更新プログラムの影響で、VBA が組み込まれた Excel を始め、Word、PowerPoint といったプログラムでファイルが破損するというトラブルが発生しております。

現在もまだ一部では修正プログラムの提供が行われていないものもあるため、トラブルは継続中です。

こうした不具合が確認された場合、一つの回避策として、暫定的に更新プログラムを削除する、あるいはOfficeのバージョンをロールバック(バージョンダウン)するといった形で対処されていた方も多かったと思いますが、やっとこの修正プログラムの提供がスタートしたようです。

現時点までの対応状況を整理してみました。

Excel2016/2019/365(C2R版):

月次チャンネル 
5月4日配信 Ver.2004(12730.20250)
半期チャンネル 
5月4日配信 Ver.1908(11929.20752)/Ver.1902(11328.20572)


Office2010/2013/Office2016(MSI版):



なお 2020/05/12 時点で、Office 2013(C2R版)向けの更新プログラムの提供はまだのようです。また、Office 2019 のボリュームライセンス版向けの更新プログラムの提供もまだのようです。

MSI版の場合、Windows Update で自動配信されませんので、上記のリンクより直接ご利用の環境に合わせて、32ビット版、あるいは64ビット版の更新プログラムをダウンロードして適用してください。

20200512-2-1.jpg 20200512-2-2.jpg
20200512-2-3.jpg 20200512-2-4.jpg 

更新プログラムの提供状況などについても、"2020 年 4 月の更新適用後、日本語を含む外部参照を行う VBA が読み込まれない問題" の中で情報が更新されております。

詳細をご確認いただく場合には、"2020 年 4 月の更新適用後、日本語を含む外部参照を行う VBA が読み込まれない問題" をご参照ください。


なおこのトラブルが要因で、ファイルが上書きされて削除されてしまったVBAなどについては、残念ながら更新プログラムを適用しても復元ができません。バックアップデータなどからデータを再利用するしか方法がないようです。


【2020/05/19更新】

中々更新ができませんでしたが、Office 2013 のクイック実行版向けに、5/14付で、更新プログラム提供が開始されております。


上記のブログの中で進捗状況がアナウンスされておりますが、"Office 2013 クイック実行向け、Office 2019 ボリューム ライセンス向け、Office 365 半期チャネル (対象指定) 向けに修正を公開" とあります。

Office 2013 の更新プログラム適用後は、Ver.15.0.5241.1000 となります。



<参照>




デル株式会社
posted by クリック at 16:24| 東京 ☁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日は、Mac 版/Windows 版 共に更新が来ていますが、まずは Mac 版 Office Insider Fast の更新情報から。

Mac 版 Office Insider Fast Ring 向けに、本日以下の更新プログラムが到着しております。本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20200512-1-1.png
・Microsoft Excel 16.38.20051100
・Microsoft OneNote 16.38.20051100
・Microsoft Outlook 16.38.20051100
・Microsoft PowerPoint 16.38.20051100
・Microsoft Word 16.38.20051100

本日の更新についての情報は、現時点では特に内容です。現在公開されている情報は、US時間5月6日付でリリースされた Ver.16.38 (20050602) となっておりますが、Outlook の新しいアドインについて紹介されております。


機密ラベルのアドインが追加されているようですが、注意にもありますが、Office 365 サブスクライバー向けの機能であり、さらには法人向けの機能になります。

ちなみに今回配信されている Windows 版 Office Insider および Monthely Channel(Targeted) については、

・Office Insider Ver.2006(12905.20000)
・Monthly Channel(Targeted) Ver.2004(12730.20270)

のように更新されております。




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


posted by クリック at 14:18| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする