2019年02月06日

PowerPoint、Skype に追加されたライブキャプション機能とは?

先日、PowerPoint の、Insider Fast Ring において、1/11に配信されている Ver.1901(build11231.20066) にて、"ライブキャプション機能" が追加されたことに触れました。また、昨日のMac版 Office Insider Fast の更新情報でも、Ver.16.23.0(19020305) から、PowerPoint に、"ライブキャプション機能" が搭載されるようになったことにも触れました。


Skype ではすでに搭載済みのこの機能ですが、PowerPoint での搭載は、Office Insider 向けに提供が開始され今後順次 月次チャンネルなどにも展開されていくもののようです。

今回、この "ライブキャプション機能" について、何回かにわたってご紹介させていただきます。


【ライブキャプション機能とは?】

まず今回は、"ライブキャプション機能" ってどんな機能なのか? から。

US時間 2018年12月3日 に Microsoft のブログの中で、PowerPoint と Skype において "ライブキャプション機能" が追加されることが発表されました。

20190205-3-1.jpg


Skype の通話内容や、PowerPoint によるプレゼンテーションの内容が字幕として画面に表示されるというこの機能。字幕が表示されることで発表者の内容をより的確に把握するのにも役立つので、注目されている機能でもあります。

さらには、これに Microsoft Translator を組み合わせて、字幕が翻訳されるとなると、言葉の壁をも超えて、相手に、より話の内容を的確に伝える上では、非常に期待されている機能なのかもしれません。

Skype ではすでに搭載済み、また Windows 版 Office Insider (Fast Ring) および Mac 版 Office Insider Fast  では、すでに提供が開始されました。

ブログによれば、今後、無料でご利用可能なPowerPoint Online にも搭載される予定のようです。

なお本機能は、Office 365サブスクライバー向けの機能のため、Office 2019 統合パッケージの永続版(買い切り版)や PowerPoint 2019 といった単体製品ではご利用いただけませんので、ご注意ください。


<参照>




デル株式会社

posted by クリック at 11:02| 東京 ☁| Comment(0) | PowerPoint | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

Mac 版 Office insider Fast 更新情報

前回、1月30日(日本時間1月31日)付で配信されていた Ver.16.23.0(19013001) については、一旦取り下げられましたが、2月3日(日本時間2月4日)付で、改めて更新プログラムが提供開始されました。

今回配信されているのは、以下の通りです。

20190205-1.png
・PowerPoint Update 16.23.0(19020305)
・OneNote Update 16.23.0(19020305)
・Excel Update 16.23.0(19020305)
・Outlook Update 16.23.0(19020305)
・Word Update 16.23.0(19020305)

少しだけバージョンアップして新たに提供が開始された形になります。今回は今の所順調にインストールが進んでいるようです。

Outlook、Excel については、すでにリリースノートでも情報が公開されておりますが、かなり多岐にわたって既知の問題の修正が入ったようです。

OUtlook:
・Dark Modeで、勤務時間・勤務時間外でのコントラストが調整されました
・オンプレミスユーザーに対してSkype for Business の会議ボタンがなくなった など

Excel:
・”ページ設定” ダイアログで小さな余白を設定すると、ページヘッダーが削除されたように見えていたものを修正
・チャートによっては、系列名が誤った言語で表示されていた不具合の修正 など

また、本日は、Windows 版 Office Insider Fast にも更新プログラムが配信されております。
Mac版だけではなく、Windows 版の方についてもご利用の方は確認してみてください。


【更新】

インストールが完了して、PowerPoint for Mac を確認してみたところ、以前に Windows 版 Insider Fast の方で提供が開始された PowerPoint におけるライブキャプションの機能が、今回のバージョンから、Mac 版 にも搭載されたようです。

20190205-2.png



Microsoft Store (マイクロソフトストア)

posted by クリック at 12:05| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

Office 365 Solo と Windows 8.1

Office 365 Solo などのサブスクリプションは、すでに、Office 2019 相当のバージョンになってきています。

"Office のシステム要件" によれば、Office 365 のサブスクリプションの動作仕様では、対応OSは、"Windows: Windows 10、Windows 8.1、Windows 7 Service Pack 1、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows Server 2008 R2" となっています。

20190203-0-1.jpg 20190203-0-2.jpg 20190203-0-3.jpg 

これに対して、Office 2019 の動作仕様では、対応OSは、"Windows: Windows 10、Windows Server 2019" となっています。

でも、あれ?おかしいんじゃない?と不思議に感じたのは私だけではないと思います。

Windows 7 や Windows 8.1 だと、Office 2019 はサポート範囲外。おそらく、インストールしようとしても、インストールの段階でOSのチェックなどではじかれてしまうのではないかと思います。でも、Office 365 Solo であればインストールができる.... となると、Windows 7 や Windows 8.1 に Office 365 Solo をインストールしたらどんなバージョンになるのか? Office 2016 相当のものがインストールされるのか?

Mac版の場合には最新のものから数えて3つまでがサポートされるとありますので、OS10.12 (Sierra)以降になります。そしてバージョンは、Office 2019 相当のものになっています。なので、OS10.11 までの人が Office 365 をインストールしようとしてもOSのバージョンではじかれてインストールできません。

しかし、一応以前にもブログで取り上げましたが、現在のところ、OS10.10/10.11 ユーザー向けには Office 2016 もダウンロードが可能になっています。

さてでは、Windows 8.1などで Office 365 Solo をインストールしたらどうなるのか? 
さっそく試してみました。


【Office 365 Solo をインストールする】

Microsoft アカウントの、サービストサブスクリプションのページにアクセスしてインストールを実行します。

20190203-1-1.jpg 20190203-1-2.jpg

インストールの画面は、Windows 10 等と一緒で、特別 OS によってダウンロードされるものが異なるといったような感じでもありませんでした。

そして、インストールが完了し、Word を起動してみました。

20190203-1-3.jpg

ご覧いただくとお分かりいただけるように、Windows 8.1 にインストールされた、Office 365 のバージョンは、

Ver.1901(ビルド11231.20130)と、先日Update された最新バージョンになっていました。

Office 2019 、Office 365 の更新履歴を確認すると、

Office 2019: 1月8日配信 Ver.1808 (ビルド10340.20017)
Office 365: 1月31日配信 Ver.1901(ビルド11231.20130)/月次チャンネル

となっています。

製品が異なるので、バージョン情報を直接比較したところで参考になるものではありませんが、Windows 10 で使用する、Office 365 Solo も、Windows 8.1 で使用する Office 365 Solo もバージョンとしては一緒のようでした。

先日ついに一般向けに販売がスタートした Office 2019 の統合パッケージ版 や Word 2019、Excel 2019、PowerPoint 2019 などだと、OSのチェックの時点ではじかれてしまうのかもしれませんので、あくまでも Office 2019 は、Windows 8.1 では、ご利用いただけないんでしょうね...


【2019/2/05 更新情報】

昨年やはりブログの中で、Office と Window 製品の サービスとサポート について、ブログの中でも触れられておりました。

その中で、Office 365 ProPlus については、Windows 8.1 のサポート終了日でもある 2023年1月までサポートされるとあります。



<参照>


posted by クリック at 14:46| 東京 ☀| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

Office 365 ユーザーのための ポータルプログラム/ポータルサイト

Windows 10 には、"My Office" という Office 365 を利用するためのツールがあらかじめインストールされていたりします。

20190201-1-1.jpg 20190201-1-2.jpg 20190201-1-3.jpg

このツール自体は、Microsoft Store よりいつでもダウンロードしてインストールしなおすことも可能なので、うちの Windows 10 には入っていない.... という場合には、Microsoft Store を起動して検索してみてください。ただし、現在はまだ "My Office" のみです。

さて、昨年の12月初めに、現在、Windows 10 にて利用されているこの "My Office" というツールがリニューアルするということが、ブログ上で発表されました。

そして、Windows Insider 向けには、"My Office" に代わる "Office" というツールがインストールされております。それ以外ユーザーでも夏までに順次更新されていくようです。


【My Officeツールとは?】

My Office というツールは、Office 365 サブスクリプションを利用するうえでの拠点ともいえるアプリになります。

20190201-1-2.jpg

Microsoft Storeの同アプリの説明のところでは、

"My Office は、1 つの場所からすべての Office 365 サブスクリプションにアクセスでき、すべての特典を利用できるアプリケーションです。Word、PowerPoint、Excel などのお好みのアプリケーションをインストールして使ってみましょう。OneDrive やモバイルなどのサブスクリプションのすべての特典を 1 か所で使用でき、最近使ったドキュメントを表示して編集できます。またヒント、トレーニング、サポートを検索して、効率よく作業できます"

と説明されています。

Office 365 サブスクリプションユーザーが Office 製品を利用するためのポータルアプリとも言えます。

これが、今度、"Office" というアプリに生まれ変わるわけですね。

20190201-2-1.jpg 20190201-2-2.jpg

これが上記の画像にあるような "Office" です。左は、個人用のMicrosoftアカウントでサインインしている例。そして、右が法人向け Office 365 アカウントでサインインしている例です。

上段部にアプリを起動するためのアイコンがあって、そこからすぐに各アプリを起動できるようになっています。そして下段には、最近使用したファイルなどが表示されるようになっています。


【Web版 Office 365 ポータルサイト】

Windows 10 をご利用のユーザーの方は、こうしたアプリが利用できるわけですが、Windows 7 や Windows 8.1 、さらには Mac をご利用の方の場合、こうしたアプリは利用できません。

そうしたユーザーの皆さん向けには、Web版の Office ユーザー向けのポータルサイトがあります。


20190201-3-1.jpg 20190201-3-2.jpg 20190201-3-3.jpg

上記のリンクをクリックしてアクセス、このトップページから、Microsoftアカウントでサインインすれば、中央の画像にあるような個人向けの Office のポータルサイトに。また法人向けのアカウントでサインインすれば、法人向けの Office のポータルサイトにアクセスできるようになります。

20190201-4-1.jpg 20190201-4-2.jpg

またこの画面の左上にはアプリランチャーのボタンが用意されており、こちらから各プログラムを呼び出すことも可能です。

今回の、Officeアプリは、まさにこのデスクトップ版ともいえるものです。

当然法人向けのOffice 365 のポータルサイトに似たつくりになっていますが、当然ながら個人ユーザーと対象としたものと、法人向けのものでは、機能・内容ともに異なります。


【Office 365のサブスクリプションの契約がない方でも便利】

Web版のポータルサイトは、本来はOffice 365 サブスクリプションユーザーのためのものだと思いますが、Office 365 サブスクリプションユーザー以外の Microsoftアカウント をご利用のユーザーでも利用は可能です。

20190201-5-1.jpg 20190201-5-2.jpg

Office 製品が紐づいていない Microsoftアカウント にてサインインした場合、Office Online を利用するためのポータルサイトにもなります。WordやExcelなどのアイコンをクリックすると、Word Online、Excel Online などが起動してきます。


注意)ポータルサイトには、"Officeのインストール" や ”Office 365 を購入” といったボタンが用意されていて、リンクも貼られています。

20190201-5-3.jpg 20190201-5-4.jpg 20190201-5-5.jpg

こちらをクリックすると、インストールするにあたってプレミアムサービスへのサインインを求められたり、購入画面に移動したりします。
一回クリックしてもすぐに "購入"とはなりませんが、Office Online のみ利用するだけで、購入する予定のない方はくれぐれもクリックなどしないようにご注意ください。決して、デスクトップ版の Office 製品が無料で利用できるという意味ではありません。


【My OfficeあるいはOfficeアプリのメリット】

ブログでは以下のようなメリットがあると紹介されています。

1)素早くアプリの切り替えができる

2) 素早く仕事に戻れる

3) 検索の機能を利用して必要なデータを見つけることができる(App版)

4)カスタマイズが可能(App版)

仮に、Office 365 のサブスクリプションを持っていなくても、Microsoftアカウントのみで利用する場合にも、Office Online の利用可能なアプリをすぐに呼び出せるのは便利です。

Office Online の場合、Microsoft Edge や、Firefox、Google Chrome では、拡張機能を利用することで気軽にサインインして利用できるようになっていますが、そうしたものが利用できないケースなどの場合にも、今回ご紹介したOffice のポータルサイトをお気に入りやブックマークに登録しておくと便利かもしれませんね。


<参照>




Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
posted by クリック at 11:16| 東京 ☀| Comment(0) | その他Office製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

US時間だとまだ1月30日なので、1月最後というわけではありませんが、おそらく1月最後の更新プログラムです。

本日配信がスタートしているものは以下の通りです。

20190131-1.png

・PowerPoint Update 16.23.0(19013001)
・OneNote Update 16.23.0(19013001)
・Excel Update 16.23.0(19013001)
・Outlook Update 16.23.0(19013001)
・Word Update 16.23.0(19013001)

恐らく配信がスタートしたばかりのようなので、今回の更新に関する情報は、現時点ではございませんでした。
リリースノートを見ると、日本語サイトでは、1/23配信分の  Ver.16.22 (190123) について、Outlook と Excel で情報が更新されております。
またUSサイトでは、前回の1/28配信分の Ver.16.22 (190127) について、Outlook のみ更新されております。

いずれの情報も確認する限りでは、既知の問題の修正が中心です。

ところで本日は、Windows版 の Office Insider にも更新が来ておりました。こちらは、本日の更新で、Ver.1902(11326.20000) となっています。Windows版の Office Insider の方では、気がついたところでは、PowerPoint に搭載された、ライブキャプションの機能のところのグループ名に "(&)" とついていたのは取れてスッキリしたようですね。

Windows 版の Office Insider についても、紹介したいこともいっぱいあるので、おいおいご紹介させていただきます。

本日は、MSで開催された、Office 365 カスタマーサービス MeetUp に参加。面白そうな情報も仕入れてきたので、こちらについても、ブログの中で紹介させていただきます。


【2019/02/01更新】

今回Mac版のOffice Insider で提供されていた ver.16.23.0(19013001) ですが、上記の画像にあるように昨晩確認したときには検出されておりましたが、更新に異常に時間がかかっていたのでいつもと違ってちょっと変だな?と思っていましたが、案の定エラーになっていたりしておりました。

その時は、一旦中止して本日再度 Update をかけてみたところ、どうも一旦取り下げられた?ようで、検出されなくなってしまったようです。
ということで、現在は、以前にもご案内した 1/28に配信された、Ver.16.22.0(19012701) が最新の状態のようです。




Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 22:45| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする