2020年02月14日

Microsoft AutoUpdate が開かない

Office Insider Fast Ring だけの症状だったのかは不明ですが、2月11日付で配信されていた更新プログラム(Ver.16.35.20020910)の適用直後から、Word や、Excel、 PowerPoint などといったアプリを起動して、更新プログラムのチェックを行おうとすると、以下の様なエラーが出て、更新プログラムの確認・インストールができない状況でした。

20200214-1-3.png
メッセージに従い、Microsoft AutoUpdate を再インストールしてみてから、再度アプリからこれを呼び出そうとすると、同様のエラーで、アップデートができませんでした。
ただし、以下のところから、Microsoft AutoUpdate のプログラムをダウンロードして再度インストール。インストール直後は、正常に更新のチェックができるといった状況でした。


USサイトでも、日本語サイトでもいいのですが、USサイトでは、すでに、Ver.4.20 の最新バージョンがダウンロード可能です。日本語サイトだとまだこの情報は更新されていないため、Ver.4.19 となる様です。

こちらをダウンロードして、そのままインストールし完了すると、Microsoft AutoUpdate が起動し、更新のチェックが始まります。
つまりこれさえ起動できれば、更新もきちんと確認ができる状況でした。

20200214-2-1.png
と言うことで、どうも Microsoft AutoUpdate 自体の問題ではない様でした。すでに Microsoft AutoUpdate をインストールしなおしてしまったので、その前の段階、つまり今回のエラーが表示された直後に、Microsoft AutoUpdate を直接起動した場合に、起動出来ていたか?どうかまでは確認しなかったのがちょっと悔やまれるところです。


【アプリの更新とMicrosoftAutoUpdateの起動】

さて前回の更新以降、ヘルプ>更新プログラムのチェック としてもエラーになって、更新ができない場合には、一応以下の手順で確認してみてください。再インストールまでする必要もないかも知れません。

1) Microsoft AutoUpdate を直接起動する

20200214-1-5.jpg

ライブラリ>Application Support>Microsoft>MAU2.0 と開くとアプリがありますので、こちらから直接開きます。
ただし注意したいのは、私も色々勘違いして探すのに手間取りましたが、このライブラリフォルダは、ログインユーザー名の配下にあるライブラリフォルダではなく、Macintosh HD配下にあるライブラリフォルダになりますので、ご注意ください。

2) Microsoft AutoUpdate を再インストールする

冒頭でご紹介した様な手順で直接ダウンロードしてインストールします。インストール直後、Microsoft AutoUpdate が起動して来ますので、そのまま更新をチェックします。

そして今回の更新が完了した後からは、またこれまで通り、ヘルプ>更新プログラムのチェック にて正常に Microsoft AutoUpdate も起動する様になりました。

ですのでまずは、一度 Office のアプリの更新が必要な様ですので、Update がエラーになる場合には、上記の方法でご確認ください。


【2020/02/15 更新】

今回の Microsoft AutoUpdate のトラブルは、海外でも同様に発生していたようです。


現在は解消しております。

またUSサイトの中でもちょっと出てましたが、ターミナルを利用した利用方法については、機会があれば別途ご紹介したいと思います。


posted by クリック at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Office Insider Fast Ring ユーザー向けに次の更新プログラムの配信がスタートしております。

本日提供がスタートしたプログラムは以下の通りです。

20200214-1-1.png 20200214-1-2.png
・Microsoft OneNote 16.35.20021300
・Microsoft Outlook 16.35.20021300
・Microsoft Excel 16.35.20021300
・Microsoft PowerPoint 16.35.20021300
・Microsoft Word 16.35.20021300

今回の更新内容に関する情報は現在とのころ公開されておりませんでした。

さて前回の Update 以降、更新がエラーになって利用できない.... そんな方いらっしゃいませんか? Fast Ring だけで発生していたのかはよくわかりません。

実はうちでもそうでしたが、前回の更新以降、Word や Excel、 PowerPoint といったアプリを起動して、ヘルプから、更新のチェックをかけると以下の様にエラーになる症状が続いておりました。

20200214-1-3.png
メッセージに従って、Microsoft AutoUpdate を再度ダウンロードしてインストールしなおしても、例えば上記の様に PowerPoint を起動して、ヘルプ>更新プログラムのチェック としてもエラーになって、更新プログラムが利用できない状態でした。

今回の更新以降は正常に動作する様になりましたが、もしこうして、Microsoft AutoUpdate が起動できない様であれば、

Finder メニューから、移動>コンピューター>Macintosh HD>ライブラリ>Application Support>Microsoft>MAU2.0

と開くと、Microsoft AutoUpdate のプログラムがありますので、こちらを直接起動して更新を確認してみてください。

20200214-1-5.jpg

ちなみに、ライブラリは、ログインユーザーの中にもありますが、このライブラリは、Macintosh HDの直下のライブラリフォルダになります。
ログインユーザーの配下にあるライブラリには、Application Support>Microsoft とたどっても、MAU2.0フォルダはありません。

またそれでもうまく更新ができない場合には別途ご紹介する方法で、更新をお試しください。

* 今回の Update の画像にもありますが、Mac向け Microsoft Edge の Canary 版は、エラーになって更新ができない様です。

20200214-1-4.png





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 13:12| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

Office 製品の更新状況 Mac版 編

Windows 版編に続いて、Mac 版編についても整理してみました。Mac 版については、普段、Office Insider 向けの製品の更新情報はお届けしておりますが、Insider 向けではない、通常版の更新情報は取り上げていないので久しぶりかもしれませんね。

20200212-2-1.jpg 20200212-2-2.jpg

通常版、Office Insider版製品 を含めて現時点での更新状況を整理してみました。

Office 365/2019
・通常版: Ver.16.34(20020900)

Office 2016
・通常版: Ver.16.16.19(20021000)

Microsoft AutoUpdate Ver.4.20


Office Insider
・Fast Ring:Ver.16.35(20020910)
・Slow Ring:Ver.16.34(200203)

* Office Insider 向け製品については、Fast Ring は現在自分のPCで確認できていますが、Slow Ring については、Webサイトに公開されている情報になるため実際にはもうちょっとバージョンは進んでいるものと思われます。

-- Fast Ring について:

ちょうど先日、Fast Ring が Ver.16.35(20020910) に更新されてから、Microsoft AutoUpdate が起動してこないというトラブルが発生しています。Office 製品側の問題なのか、Microsoft AutoUpdateの問題なのか? さらに現状うちだけで発生しているものなのか?  フィードバックしておりますが、この辺りは不明です。

再インストールするようにというメッセージが表示され、再インストールすると一時的に起動できるものの、プログラム自体、一度終了してしまうと、Office の更新が起動できないという状況になっています。

こちらについては、今後状況が改善されましたらまた取り上げてみたいと思います。


<参照>




デアゴスティーニ

posted by クリック at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

【解決】KB4534310 の影響で、Windows 7で壁紙の設定がおかしくなる Part 3

1月14日にサポートが終了した Windows 7 ですが、最後に配信された更新プログラムの影響で、壁紙が黒くなるトラブルが発生しておりました。


そして、Part 2 の時にも、進捗をご紹介しましたが、この修正プログラムの配信が本日の Windows Update にて始まっております。Microsoft Update カタログから直接入手することも可能です。

20200212-10-1.jpg 20200212-10-2.jpg

KB4539602 という更新プログラムで、ESU の契約者のみではなく、サポートが終了したコンシューマー向けの Windows 7 にも提供されております。

ということで、今月も、サポートが終了したとはいえコンシューマー向け Windows 7 にも更新プログラムが配信されておりますので、Update をお忘れなく。


【更新】

実際に、Windows 7 の PC にて確認。"KB4539601" (Windows 7向けマンスリー品質ロールアップのプレビュー)という更新プログラムが検出されておりました。

20200212-10-3.jpg 20200212-10-4.jpg 20200212-10-5.jpg

こちらのプログラムに、今回の修正が含まれているようです。


<参照>




デル株式会社
posted by クリック at 13:35| 東京 ☀| Comment(0) | Windows7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【解決】Internet Explorer の脆弱性とその対策 Part 2

先月発見された Internet Explorer の脆弱性ですが、本日の Windows Update にて更新プログラムの提供がスタートしております。


Internet Explorer 11 にて発生していた脆弱性で、Windows 7 から Windows 10 に至るまでの多くのプラットフォーム向けの製品に関連してきます。 
* Windows Server製品は除く

なお、当初この不具合の暫定的な対処法として、コマンドにより、Jscript.dll へのアクセス権の変更をする方法が案内されており、上記サイトでもご紹介していますが、今回提供されている更新プログラムの適用にあたっては、再度このアクセス権限を元に戻す必要がありますので、くれぐれもご注意ください。


【更新】

Windows 7 (ESUの契約のないもの) にて確認してみました。
Windows Update では、今回の修正プログラムは落ちてこないようです。

20200212-11-1.jpg 20200212-11-2.jpg


上記サイトにアクセスして、"Microsoft Update Catalog" のところをクリックしてアップデートカタログから取り込めばインストールが可能です。

-- インストール手順:

1) Microsoft Update Catalog のリンクをクリックすると、そのまま該当のプログラムが表示されます

20200212-11-3.jpg

2) KB4537820 の中から、ご利用の環境に合わせて選択し ”次へ” をクリックし、次の画面では、"ダウンロード" をクリックします

20200212-11-4.jpg

3) 参照をクリックしてダウンロード先を指定しプログラムを保存したのち、ダブルクリックして実行します

20200212-11-5.jpg


<参照>




デル株式会社


デル株式会社
posted by クリック at 13:18| 東京 ☀| Comment(0) | Internet Explorer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする