2017年11月10日

メジャーアップデートで変わる Mac版 Office 2016

Word、Exce、PowerPoint、そして Outlookと、Mac版の Office 2016 のメジャーアップデート( Ver.15.** --> Ver.16.** )で追加される機能について何度かに分けて取り上げさせていただきました。

今回ご紹介したこのアップデートは、現在、Office Insider(Insider Fast)向けに提供されているものですので、月次更新チャンネル(Monthly Channel)でご利用の方が利用できるようになるのはもう少し先になります。

Word 2016 for Mac Ver.16.6(17100100)の新しくなった機能
Excel 2016 for Mac Ver.16.6(17100100) の新しくなった機能
PowerPoint 2016 for Mac Ver.16.6(17100100) の新しくなった機能
Outlook 2016 for Mac Ver.16.6(17100100)の新しくなった機能

* OneNoteについては、バージョンはあがりますが、新機能などの追加はないようです。

パソコンのツボ別館でも、それらの各記事へのリンクという形で "まとめ記事" をご紹介いたしました。

メジャーアップデートで変わっていく Office 2016 for Mac

Windows版ではすでに、Office 2016 になってからは、サブスクライバー向けの新機能が追加されて、サブスクライバーと、非サブスクライバーとの機能の差が顕著に表れだしていますが、これが、同様に Mac版 でも始まっているといった感じです。

Mac版の Office と言えば従来からユーザーの多くは、

・Microsoft Office Home & Business 2016 for Mac
・Microsoft Office Home & Student 2016 for Mac
・Microsoft Office Academic 2016 for Mac


といった永年ライセンス版の製品(買い切り版とも言います)をご利用の方も多いかと思いますが、現在はこれに加えて毎月あるいは毎年更新して利用するサブスクリプション版として、

・Microsoft Office 365 Solo

があります。

その製品の仕様の違いは以下の通りです。

20171109-1.jpg

機能はそのままに、Mac 用にデザインされたOffice 2016 for Mac

この最も大きな違いの一つが、新機能が追加される、さらには、常に新しいバージョンが利用できるか否か?という点にあります。

今回のメジャーアップデート。サブスクライバー向け追加される新機能が増えだしてきていますので、永年ライセンス版をご利用の方は、"Excelに 〜の機能が追加されたよ?" と言われても、"あれ? うちの Excel にはない..." といったことが、今後どんどん出てくることになるわけですね。

すでに来年には、Office 2019 のリリースされることが発表されました。

The next perpetual release of Office

まだその後の発表がありませんので、詳細は明らかではありませんが、おそらく引き続き同じように、買い切り版も発売されるのでしょうけど、Windows ユーザー同様、Mac ユーザーも、今後の製品選びについては、こうした機能の違いもふまえて、買い切り版なのか? Office 365 Soloなどのサブスクリプション版を選択するのか? 検討する必要がありそうです。


<参照>

Office 365 と Office 2016 の違い
Office 2016 for Mac の新機能と改善点を見る
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Office に新機能が追加されるサブスクライバーって何?
Office 365 の新機能
Office Insider で利用できる新機能


Microsoft Public Affiliate Program (JP)



posted by クリック at 01:13| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

ファイルの関連付けを元に戻したい

こういった場合、いろいろなケースがあります。
以前にも、

ZIPファイルの関連づけをIEに変えてしまった
〜.exe ファイルの関連づけがおかしくなって、プログラムが起動できない

といった事例をご紹介いたしました。

今回はまた別の事例です。
〜.TMPという拡張子のファイルを、Adobe Readerに紐づけてしまった例です。

〜.TMP ファイルがどんなものか?よくわからずに、ダブルクリックして開こうとしたら、どのプログラムで開くか?といった画面がでてくる... よくあることですね。

20171106-1.jpg

この画面が出たら、思いとどまって、もう一度しっかり考えていただければいいんですが、こういう時って、慌ててしまって、"閉じる" ボタンもないから、思わず "OK" をクリックしてしまう.... 
* 本来なら、この段階で何もないところでクリックすれば、画面は消えて、回避できます。

結果、〜.TMPという拡張子のついたファイルが、すべてこのケースだと、Adobe Acrobat Reader DC に関連づいてしまい、当然開けるものではないのでエラーになってしまう... 
〜.TMPに限らず、〜.DAT とか、パソコンの中にはどのアプリとも紐づいていないような拡張子のデータっていっぱいあります。

以前紹介した例だと、コマンドプロンプトを利用して修正するとか、レジストリを直接修正するとか...次に待っているのは、初心者にとっては、さらに難関な対処法になるわけです。

でも、"レジストリ" って聞いて、"それはちょっと...." っていう方も多いのではないでしょうか?

今回のように、Adobe Acrobat Reader DC のような、Windowsの標準の機能と違うような、あとから導入したプログラムと紐づいてしまったような場合には、実はもっと簡単に修正できる方法があります。

結果から先にご紹介すると、今回の例で言えば、

一度、Adobe Acrobat Reader DC を削除して、入れなおす...

これだけです。

一度 Acrobat Reader を削除すれば、当然、プログラムがなくなるわけですから、関連付けは一度解除されます。そして、TMPファイルは不明なアプリで開く設定に戻って、白いアイコンに戻ります。

そしてもう一度新規に Adobe Reader を入れなおします。

TMPファイルは当然ながら、Acrobat Readerとは関係のないファイルなので関連づいたりすることはありませんので、TMPファイルの属性は不明なアプリで開く設定のままで、仮にまたダブルクリックしても、当初のようなアプリの選択画面がでてくるようになります。

よくよく考えれば当然のことなんですが、意外と難しく考えすぎちゃうと、見落としがちですよね。

でもまぁ、何でもダブルクリックすればいいってもんではないわけですから、とりあえずダブルクリックすれば開けるんじゃないか?って思うのは危険ですので、くれぐれもご注意ください。

posted by クリック at 15:59| 東京 ☀| Comment(0) | Windows全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

Outlook 2016 for Mac Ver.16.6(17100100)の新しくなった機能

メジャーアップデートで変わった "Outlook 2016 for Mac"。

現時点ではまだ、Insider Fast(Office Insider)向けに提供されているだけですが、Ver.16.6 で追加された機能についてご紹介いたします。

Insider Fast 向けには、その後も、Updateが続いており、11/1にリリースされた、Ver.16.7.0(17102900)が最新バージョンになります。

後から追加・修正されたものについては、バージョンごとにまとめてみました。



1) 新機能および改善された機能:

-- Ver.16.6 (171001)
・作成時の絵文字のサポート: 編集>絵文字と記号 より絵文字が追加可能になりました

20171105-2.jpg

-- Ver.16.7 (171008)
・強調表示のフラグ付きメール

・Googleアカウント:Google カレンダーの予定を、Outlook.com、Office 365、Exchange の各予定表に移動またはコピーが可能になりました

-- Ver.16.7(171017)
・メールでのテキストのサイズ変更: フォントの基本設定にあるスライダー コントロールを使用し、メールのサイドバー、メッセージ リスト、および閲覧ウィンドウに含まれるテキストのサイズを拡大または縮小可能になりました

・予定表での VoiceOver のサポートの改善: 予定表のグリッド内の曜日の間を移動して特定の曜日を操作することで、それらの曜日に設定されたイベント間を移動します。サイドバーのミニカレンダー コントロールを操作することで、グリッド内の特定の週または曜日を選択します

-- Ver.16.7 (171029)
・OneNoteとの統合:"OneNoteに送る"ボタンが追加。OutlookからOneNoteにデータを送ることが可能になりました
20171106-3.jpg


2) 修正:

-- Ver.16.6 (171001)
・スマートフォルダーがない場合、"予定表" ビューのサイド バーにスマートフォルダーが表示されなくなりました
・表示メニューに、"メッセージのプレビュー" が追加されました

-- Ver.16.7(171008)
・作成時にメールとイベントのウィンドウ タイトルにアカウント名が追加され、差出人アカウントを特定しやすくなりました。

・キャンセルされた会議または過去の会議を削除する時、開催者への通知を求めるメッセージを表示しなくなりました。

・アラームウィンドウのボタンがキーボード タブの順序となり、Space キーと組み合わせて押すこともできます

・オフラインで作業する場合またはネットワークに接続していない場合、Google アカウントへの接続を試行しなくなりました

・オフラインでの作業時に、Outlook は Office 365 アカウントおよび Exchange アカウントの連絡先の写真をダウンロードしなく

・Command+Returnのショートカットによって、メールを送信する場合、VoiceOver によってメールを送信したことが通知されるようになりました

・メッセージ ヘッダーにある [このスレッド内のすべてのメッセージを表示] ボタンを押すと、VoiceOver のフォーカスがスレッド インデックスに置かれるようになりました

・連絡先の検索 (アドレス帳) ウィンドウの検索結果の個数が適切に表示るようになりました

・"会議" メニューに、"会議室の検索" を追加

・"会議室の検索" の際に、スペースキーで利用可能な会議室を選択できるようになりました

・メールビュー以外のビューのサイドバーにあるフォルダのコンテキストメニューが表示されるようになりました


-- Ver.16.7(171017)
・オンライン会議の詳細情報をイベントに追加する際、"Skype の Web アプリをお試しください" のリンクが含まれるようになりました

・オンラインアーカイブフォルダーに置かれた暗号化されたメールが適切に表示されるようになった

・返信および転送で使用される既定のフォントの色の変更が可能になりました

・"会議" メニューに、スケジュール アシスタント ウィンドウを切り替えるための、スケジュール用のメニュー項目が追加されました

-- Ver.16.7(171020)
・欠落した埋め込み画像が含まれているメールへの返信または転送時に発生していたクラッシュへの対応

・新しいメールの作成やイベントの作成ウィンドウを開いた際、メールまたはイベントの本文ではなく [宛先] にフォーカスが置かれるようになりました

・Google アカウントにおいて、メール一覧で、メールに添付ファイルが含まれる場合、添付ファイルのアイコンが正しく表示されません

・Google アカウントの利用において、一連のイベントに含まれるアラームを消去すると、アラームが消去されたままになります


3) 既知の問題:

・一部のユーザーで、起動時に Office 365 のサインイン、あるいはキーチェンアクセスの画面が表示されることがあります
→ -- Ver.16.7(171008)にて修正済み

・署名の画像が送信済みのメールに正しく表示されません
→ 回避策:Wordで署名を作成し、コピー&ペーストして作成する
→ -- Ver.16.7(171017)にて修正済み

・メール送信時に、Outlookがクラッシュすることがあります。
→ -- Ver.16.7(171017)にて修正済み

メジャーアップデート以降修正がどんどん入っていますので、既知の問題もだんだんと修正されつつあるようです。情報も随時更新されていますので、詳細は、"Outlook 2016 for Mac – Release notes for Insider Fast builds" をご参考ください。


<参照>

Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook 2016 for Mac - Release notes for Insider Fast builds
Outlook 2016 for Mac - Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook 2016 for Mac のヘルプ
Outlook for Mac Insights
Insider Fast: Outlook for Mac now supports sending items to OneNote!


posted by クリック at 23:41| 東京 ☁| Comment(0) | Microsoft Outlook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

Mac版 Office Insider Fast 更新情報

このところまたかなりの頻度で更新プログラムの配信が始まってますね。
今回の更新で、Ver.16.7.0 から Ver.16.8.0 に Update しています。


【更新プログラムについて】

今回追加された更新プログラムは以下の通りです。

20171105-1.png


・Outlook Update Ver.16.8.0(17110100)
・PowerPoint Update Ver.16.8.0(17110100)
・Excel Update Ver.16.8.0(17110100)
・OneNote Update Ver.16.8.0(17110100)
・Word Update Ver.16.8.0(17110100)



【更新内容について】

引き続き、これまでの不具合の修正が中心のようです。Outlookについては、リリースノートによれば、追加更新された機能として、前バージョンで追加された、"OneNoteの統合" について、Repeat として紹介されておりました。

日本語のリリース情報は、なかなか更新されていませんが、英語版のリリース情報には掲載されているようです。また、11月の更新ということで、英語版の MS Community では、Mac版の Office に追加された機能が整理されていましたので、参考になるかと思います。

Office for Mac Fast Insiders, new ways to collaborate and stay productive!

-- Outlook:
Ver.16.7 (171029)で追加された、"OneNote の統合" について繰り返し紹介されています。おそらく内容的には前回と一緒のようなので、何かしら改善された部分はあるかもしれません。ただし特に大きな違いはないようです。詳細は、以下のTech Community のブログにも紹介されております。

Insider Fast: Outlook for Mac now supports sending items to OneNote!

* なおこの機能は、Office 365 サブスクライバー向けの機能になります

メジャーアップデートも含めて、ここ最近個別に更新内容を確認してみていて気がつきましたが、OneNote って、新たな機能も追加されていないし、特別修正プログラムも追加されたといった情報もないのですが、バージョンだけは、どんどん進んでいますね。 細かな修正のみにとどまっているのかもしれませんが...


【追加情報】
"Outlook for Mac Insights" によれば、Outlook for Mac 向けの情報が、従来のリリースノートに加え、TechCommunityのブログにも掲載されるようになったようです。

Outlook Blog/TechCommunity

Office Blogs とも違うまた新たなサイトということになりますが、Mac版の Outlook については、こちらも参考になりそうですね。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Insider Fast: Outlook for Mac now supports sending items to OneNote!
Office for Mac Fast Insiders, new ways to collaborate and stay productive!


Microsoft Public Affiliate Program (JP)



posted by クリック at 12:57| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

カスペルスキーインターネットセキュリティが原因で、Google Chromeの画面が文字化けする

Google Chromeを起動すると本来表示されるデフォルトの画面が以下の通りです。

20171104-0.jpg

これが、Webページの部分が、文字化けしてしまいます。

どんな感じで文字化けするかは、今回参照させていただいた Google Chromeのヘルプフォーラム に、実際の画像が Up されておりましたので、そちらをご覧ください。

今回たまたまこの症状に遭遇。全く同じ感じで文字化けしてました。いいチャンスでしたので、ちょっといろいろ検証してみました。


【症状】

確認してみたことは以下の通りです。今回は、OSが Windows 7 だったため、Internet Explorer、Firefox、Google Chrome といったブラウザでしか確認できませんでした。

1) Google Chromeの場合:
・起動時に表示されるデフォルトのトップページが文字化けする
・Googleのアドレスを手入力し、Googleのトップページに移動しても文字化けする
・さらに検索バーから、Googleのエンジンを使用して検索した場合、検索結果のページも文字化けしてしまう
・Yahooや他のサイトに移行したりすれば問題なく利用ができる

2) Firefoxの場合:
・GoogleのWebサイトについては文字化けをする
・他のページは問題ない

3) Internet Explorer の場合:
・Google も含め文字化けはせず正常に表示される

といった感じでした。


【要因】

さて、今回たまたま Google Chromeのヘルプフォーラムを参照させていただいて、カスペルスキーの挙動を確認してみました。

-- 発生するバージョン

カスペルスキーインターネットセキュリティ 2015(Ver.15.**)

* カスペルスキーの場合、バージョンによって画面がちょっと違います。2015の場合には、以下のような感じの画面になっていますので、参考にしてみてください。

20171104-1.jpg


【回避法】

ご契約があるのであれば、つい先日、最新バージョンである "2018" がダウンロードできるようになっていますので、一旦削除ツールなどを利用してアンインストール。

そして、改めて、最新バージョンを入れなおしてみてください。

今回もそうでしたが、最新バージョンに入れなおしたところ、この症状は改善いたしました。

* 実際には、削除ツールで削除した段階で、症状が改善したことを確認。その後、最新バージョンをインストールしても問題が発生しないことを確認したという状況です。

基本的には定義ファイルの更新ができていれば、ウィルス対策の部分という意味では保護されるので問題はないかと思いますが、毎年秋口に発表される新しい製品には、これまでの製品の不具合を修正したりするだけではなく、新たな機能などが追加された形になっていることが多いかと思います。

ご契約があって、新しいバージョンが利用できるのであれば、随時更新していった方が、より最新の機能を備えた活用方法ができます。

もちろん利用環境によっては、すぐには導入できないケースもあるかもしれませんが、基本的にはなるべく新しいものをご利用になってみてください。

通常の更新では、定義ファイルや、一部の不具合の修正を目的とした更新データがインストールされるだけで、今回のように、カスペルスキーインターネットセキュリティ2015が、2018にバージョンアップするといったものではありませんのでご注意ください。


<参照>

chromeホーム画面の文字化け/Google Chrome ヘルプ フォーラム
サービス: カスペルスキー製品を完全にアンインストールする削除ツール


posted by クリック at 20:02| 東京 ☀| Comment(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする