2017年07月14日

Outlook2016 のアカウント設定画面が一新しました

よりわかりやすい画面にということなんでしょう。本日もC2R版のOffice 2016の更新がかかっていますが、はっきりしたことはわかりませんが、この新しい画面は、その前のバージョンVer.1706(ビルド8229.2073)よりもさらに前からのようです。

アカウントの追加をすると現在は以下のような画面になります。

20170714-1-1.jpg 20170714-1-2.jpg
20170714-1-3.jpg 20170714-1-4.jpg

以下は、参考までに、So-netの例ですが、以前は以下のような感じでした。

Outlook 2016 のメール設定確認方法/So-net

改めて比べてみるとだいぶ変わった感じがありますね。

アカウント設定って、そうしょっちゅう行うものじゃないから、変わってみるとあれ?となってしまいます...

ちなみに、こうした UI の変更があったりすると、プロバイダーなどで、メール設定を画面入りで説明しているページを作成されているところなんかは、すべて Outlook2016 については作り直しになるので大変でしょうね。



<参照>

Office 2016新機能
Office 365 の新機能
Outlook 2010 または 2013 で Office 365 のメールを設定する


Microsoft Public Affiliate Program (JP)



posted by クリック at 11:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Microsoft Outlook | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月13日

Mac版 Office Insider Fast 更新情報

おそらく一部の不具合の修正だと思われますが、本日以下の更新プログラムが配信されております。

20170713−1.png


・OneNote Update 15.37(17071200)
・Word Update 15.37(17071200)


7月6日、7日付で、Update があって、それぞれ、Ver.15.37(17070700) になって、その後の今回の Update だと思っていましたが、確認したところ、すでに Excel 2016、Outlook 2016、PowerPoint 2016 については、すでに、Ver.15.37(17071200) に更新済みでした。

なお、今回も update の画面内のリンク先には特別新しい情報はありませんでした。
ただしOutlook for Mac Insights において、今回の更新についての情報が出ておりましたので、詳細は下記の参照先リンクをご覧ください。

なお、Outlook については、最近追加された、あとで送信する機能や、フィードバックについて、以下の英語版のMSコミュニティの中でビデオで紹介されておりました。

Outlook for Mac Insider features

こちらもご参考になってみてください。


<参照>

What's new in Office 365
What's new for Office Insiders
Insider Fast release notes: 15.37 (170712)/Outlook for Mac Insights
Outlook for Mac Insider features


posted by クリック at 11:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

Office for Mac 2011 の更新プログラム

本日は、Windows Updateの日であると同時に、Office Udateの日でもあります。

それぞれのセキュリティ更新プログラムが配信されているわけですが、Windows 版の Office 製品においては、通常、Office 2013/2016 の多くの場合、C2R(Click To Run)形式で提供されているので、自動で随時 Update がかかるため、MSI形式で配布されていた Office 2007 や Office 2010 の 古いバージョンなどをご利用の方や、ボリュームライセンス版をご利用の方など Update 対象の方が限られてしまいます。

一方では、Mac版の Office 更新プログラムもこのタイミングで配信されるわけですが、今回、Office for mac 2011 向けにセキュリティ更新プログラムが配信されておりました。

今回提供されたのは、

20170712-1.png

Office 2011 Ver.14.7.6

というセキュリティ更新プログラムになります。

ちなみに、うちの場合には、Office 2016 for Mac については、Office Insider Fast版で運用しているためリリースが先行していて、またUpdateのタイミングも異なるわけですが、

Office 2016 for Mac の更新履歴
Office 2016 for Mac のリリース ノート

にあるように、通常バージョンの場合には、やはり 7/11付で更新プログラム Ver.15.36.0 (ビルド 17070200) が提供されています。


<参照>

14.7.6 Office for Mac 2011 のセキュリティ更新プログラムの説明: 2017 年 7 月 11日
セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報: 2017 年 7 月 11日
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Office 2016 for Mac のリリース ノート



posted by クリック at 12:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

High Sierra に Upgrade すると、Mac版のOneNoteが正常に動作しない

先日の、Worldwide Developers Conference (WWDC) 2017 で発表された Mac向けの新しいOS High Sierra

20170711-1-1.jpg 20170711-1-2.jpg

WWDC 2017 の直後にも一度以下のように取り上げさせていただきました。

macOS 10.13 High Sierra と Office 製品の互換性

さてこの High Sierra ですが、各メディアでも多数紹介されていますが、つい先日 6/30 から、Public Beta 版の提供も開始されました。本番に向けて着々と進んでいるようです。

さて、以前にも取り上げましたが、基本的には、Office 2016 for Mac は、Ver.15.35 以降がサポート対象になるようですが、不具合も確認されているようです。

20170711-2.jpg

今回ご紹介するのは、OneNote 2016 for Mac での不具合で、すでに Microsoft 側でも把握しており現在対応中のようです。

Web上ではクラッシュするということで紹介されていますが、それ以外にも、Wordや、Excelなどであれば、ヘルプから更新の確認をすると、Microsoft AutoUpdate が起動して Update ができるのですが、OneNote については、この Update ができないなど他にも問題はあるようです。

当然ながらまだ Public Beta版なので、様々なトラブルは前提の上で試されている方も多いかと思いますが、このトラブルについては、修正プログラムが提供されるまで、当面の回避策として、"視差効果を減らす" を有効にして対処する必要があるようです。


<参照>

macOS 10.13 High Sierra と Office 製品の互換性
Apple Beta Software Program
次期macOS「High Sierra」、パブリックベータ版の提供スタート/マイナビニュース
ノートブック、セクション、またはページを切り替えると、macOS 10.13 の OneNote がクラッシュする
Microsoft Office support for macOS 10.13 High Sierra
Office の問題に関する修正プログラムと解決策

posted by クリック at 08:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

7月6日・7日付で、先日の Microsoft AutoUpdate に続いて、更新プログラムが配信されました。
今回配信されているプログラムは、以下の通りです。

20170707-10-1.png


・Outlook Update 15.37.0(17070700)
・PowerPoint Update 15.37.0(17070700)
・Excel Update 15.37.0(17070700)
・OneNote Update 15.37.0(17070700)
・Word Update 15.37.0(17070700)


例によって、Outlook に関する更新情報はありますが、その他のアプリに関しては特に情報はありません。また、US版のMSコミュニティでは、7月3日に配信されたVersion: 15.36 (170702)、Insider Slow 版の情報がやっと公開されたような程度ですが、参考までにリンクを貼っておきますので、以下の参照先をご参照ください。

ただし、早くも、MSコミュニティでは、Ver.15.37 の Outlook に関してクラッシュするといった情報が早くも上がっているようです。
この辺りは、以下の進捗を参考にしてみてください。今後何か動きがあるかと思います。

Mac Outlook Insider Fast build 15.37 crashes on launch
Latest fast ring update for O365 Killed all my Office Apps: "cannot be opened because of a problem."

こちらについては、また情報が入りましたら、ご紹介させていただきます。


【更新情報】

Upしたばかりですが、確認したところ、現在配信されているバージョンだと、Outlook 2016 も問題ないようです。
MSコミュニティの書き込みでは、Ver.15.37(17070600)でFixされているということですが、今回、Outlook 2016 の Update を見ると、Outlook Update 15.37.0(17070700) ということで、さらなるバージョンアップがされているようです。
更新後、起動してみましたが、特に問題なく動作することを確認いたしました。



<参照>

What's new in Office 365
What's new for Office Insiders
Insider Fast release notes: 15.37 (170704)/Outlook for Mac Insights
Announcing July Insider Slow update for Office for Mac (Version 15.36)
Mac Outlook Insider Fast build 15.37 crashes on launch
Latest fast ring update for O365 Killed all my Office Apps: "cannot be opened because of a problem."
15.37 Insider update has broken all of my office suite

posted by クリック at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする