2019年08月15日

Flash Player を使ったサイトが開けない

2020年末のFlash Player も終焉がきまり、Microsoft Edge や Google Chrome など、基本的には、Flash をブロックするようにWebサイトを閲覧するためのブラウザ側でもその設定が浸透してきています。

20190806-1-1.jpg

そんな中、WebサイトはまだまだFlashを使用しているサイトはあります。金融機関などでもあったりするので、どうしても開けないと先に進めない...何ていうこともあるようなので、現時点でそうしたFlashを利用したサイトを開いた場合にどうなるのか?

そして開くようにするにはどうしたらいいのか? 改めて確認してみました。


【Flash を使用しているサイトを開くと...】

ブラウザによってまちまちです。またさらに、同じブラウザでもバージョンによってまちまちのようです。

-- Windows 編:

・Microsoft Edge (44.18362.267.0)

"選択してAdobe Flash を有効にします" と表示されるので、該当部分をクリックするか?アドレスバーのFlashのマークをクリックします。"Adobe Flash コンテンツがブロックされました" と表示されるので、"一度のみ許可" をクリックします。

20190806-1-2.jpg

・Internet Explorer11(11.239.18362.0)

Flash Playerのアドインが有効であれば問題なく再生できます。特にブロックされません。
ただしブロックされて表示できないようであれば、ツール>セーフティ と開いて、"ActiveXフィルター" がオフになっているか?確認してみてください。チェックマークがついていたらクリックしてオフにします。

・Firefox Quantum(68.0.1)

”Adobe Flush を実行します" とだけ表示されますので、アドレスバーの "使用するプラグインを管理します" のところをクリックすると ”許可する” と表示されるので、こちらをクリックして許可してあげます。

20190806-1-3.jpg

・New Microsoft Edge(Ver.77.0.235.5)

New Microsoft Edge を開くと、Flash Player は、2020年にサポートが終了する... そんなバーが表示されるみたいです。

20190806-1-4.jpg 20190806-1-5.jpg

さてそれはさておき、Flash サイトに接続すると、"クリックすると Adobe Flash Player が有効になります" とあるので、クリックするか?、あるいは、アドレスバーの "セキュリティで保護されていない" などあるところをクリックしたりすると設定変更が可能です。

20190806-2-1.jpg 20190806-2-2.jpg 20190806-2-3.jpg

・Google Chrome(76.0.3809.100)

最後にGoogle Chrome の場合です。こちらもバージョンによって多少異なるようです。画面右上の赤いバツのところをクリックし、"管理" をクリックすると、設定が切り替わるようです。

20190806-2-4.jpg 20190806-2-5.jpg 20190806-2-6.jpg


ということで、今更ながらですが、Flash の機能の有効・無効について確認してみました。



<参照>




デル株式会社

posted by クリック at 20:20| 東京 ☀| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

Windows 版 Office Insider Update 情報

本日は、Windows Update の日。ということで、Windows 向けに、さらには Office 向けに Update が提供されています。

皆様はすでに更新済みでしょうか?

さて Windows の更新はともかくとして、Office Insider の方も、本日、久しぶりに、Office Insider:Insider Fast、そして 月次更新(対象指定):Insider Slow ともに更新がありました。

ここでは、Office Insider の更新についてご紹介いたします。


【更新後の状況】

まずは、本日の一通りUpdate 後の Office 製品のバージョンについて確認しておきます。

-- 通常版:

・Office 2013 Ver.15.0.5163.1000
・Office 2016 Ver.1907(11901.20218)
・Office 2019 Ver.1907(11901.20218) VL版 Ver.1808(10349.20017)
・Office 365  Ver.1907(11901.20218) Store Ver.1907(11901.20218)

--Office Insider版:

・Office Insider(Insider Fast)Ver.1909(12008.20000)
・Monthly Channel(Targeted)Insider Slow Ver.1908(11929.20114)


--更新情報--



【Office Insider版について】

Office Insider 版についていえば、Insider Fast については、まめに更新が入っていましたが、Insider Slow、すなわち Monthly Channel(Targeted)/月次更新(対象指定) は、ここ最近は、C2R版と同じような進み具合でしたが、今回大幅に更新が進みました。

・Office Insider:
特に情報なし

・月次更新(対象指定):
コメントの機能の更新、アイコンの検索機能の追加、Access/Visio/Publisherのニューアイコン、Outlookでのダークモードなど


--更新情報--



なお、Office 365(ProPlus) の場合、その導入方法によりバージョンがさらに変わってきます。詳細は、"Update history for Office 365 ProPlus (listed by date)" をご参照ください。

また日本語の同サイトもありますが、更新がちょっと遅いため、最新情報はUSサイトを参考にされたほうがよろしいかと思います。


<参照>




Microsoft Store (マイクロソフトストア)


Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 12:55| 東京 🌁| Comment(0) | MicrosoftOffice共通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

配信のタイミングか?昨晩、8/7付の Excel の更新プログラムが来てたかと思ったら、本日も Excel のみ更新プログラムが配信されてきました。本日の分はちょうど配信がスタートしたばかりのようです。

本日配信されているプログラムは以下の通りです。

20190813-1.png

・Excel Update 16.29.0(19081200)

前回の分も含めて、まだ特に情報は上がっていないようです。

ところで、Insider Slow の方については、8月6日(日本時間 8月7日)付の更新について情報が更新されております。
現在の Insider Slow の最新バージョンは、 Ver.16.28 (190804) となります。


新しいプライバシーコントロールの件や、うちの Insider Fast でもまだ利用できない Sketch の機能が Insider Slow にも搭載されたことが紹介されております。


Sketch については、うちの環境では、Windows でも、Mac でも、Insider Fast でも、さらには、Insider Slow でも利用できないので詳細はわかりません。上記サイトをご参照ください。


【追加情報】

今日はどういうわけか?バラバラに配信されてきます。
と言うことで、今チェックしたところ、PowerPoint の更新プログラムが配信されてきました。

20190813-2.png
バージョン的には、本日届いていた Excel と一緒で、Ver.16.29.0(19081200) です。

ところで、現在 リリースノートに出ている Ver.16.28 (ビルド 190725) と 16.28 (190722) のところで紹介されている "新しいプライバシーコントロール" の件ですが、実は、Infider Fast 版のこのプライバシーコントロールの詳細を見ると、一部のものが日本語訳されておりませんでした。

Insider Fast 以外のバージョンは確認ができないのでなんとも言えませんが、Insider Fast 版については、すでにだいぶ前に Office International Team にフィードバックして現在対応待ちになっていますので、お気づきになった方は、しばらくお待ちくだだい。

20190813-3-1.png 2019081303-2.png 20190813-3-3.png

現在確認すると、Word と OneNote ついては相変わらず上記の様に英語表示のままですが、本日更新されている Excel や PowerPoint については日本語表示が可能になったようです。

この辺りは随時更新されていくものと思われますので今しばらくお待ちください。


【2019/08/15更新】

今回の Update 小出しで一つずつ落ちてくるようで...
昨日は検出されなかった、Word の更新プログラムが配信されてきました。

20190813-3-4.png
一応これで、Excel、PowerPoint、Word と配信されてきたので、後は Outllook と OneNote がいつくるのか??
とりあえず本日は無さそうです。

今回の Update にて、Word のプライバシー設定の画面はきちんと日本語表示になりました。





Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 11:08| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

New Microsoft Edge で、IE mode を利用する

Chromiumベースの 新しいブラウザ "New Microsoft Edge" 。"Edgium” と呼ばれたりもしてますがまだ正式な名称ではないようです。

現行の Windows 10 向けの EdgeHTML/Chakra版「Microsoft Edge」の後継という位置づけで開発が進んでいる New Microsoft Edge ですが、そんな New Microsoft Edge に、IE mode が提供されています。

今回はこの "IE mode" について確認してみました。


検証環境:

Windows 10 Ver.1903 (ビルド18362.267)
New Microsoft Edge Ver.77.0.235.5


【IEモードの有効・無効】

この "IE mode" ですが、デフォルトでは有効になっていません。

1) まずは、New Microsoft Edge を起動し、アドレスバーに、"edge://flags" と入力して、エンターを押します

20190811-5-1-1.jpg 20190811-5-1-2.jpg

2) "Experiments" という画面が表示されたら、"Search flags" のところに、"IE Integration" と入力すると、検索結果が表示されます

20190811-5-1-3.jpg

3) 続いて、”Enable IE Integration” のところの、"Default" をクリックして、"IE mode" をクリックします

20190811-5-1-4.jpg 20190811-5-1-5.jpg

4) 最後に "Restart" をクリックして、New Microsoft Edge を再起動して完了です


* "Experiments" というページは、単純に直訳すれば "実験" ということになります。文字通りまだ実験的に提供されている機能なのでこの機能を有効にすることで、ブラウザのデータが失われたりプライバシーやセキュリティが損なわれたりすることもありますよ?というメッセージが上部に警告として表示されています。現時点では、あくまでもそうしたことを理解した上でお試しください。

IEモードは現状、Internet ExplorerがインストールされているPC上でしか利用できない機能になっています。なので、Mac版の New Microsoft Edge では利用できません。


【設定をしたがIEで開くが出てこない!】

設定が終わったのでいざ IE mode の確認に... ということで喜び勇んで New Microsoft Edge を起動。

20190811-5-2-1.jpg

実は、設定は上記の設定で完了なわけですが、ご覧の通りどうも現在のDEV版ではさらに設定が必要なようでした。
通常はこの設定が完了後、設定>その他のツール と辿っていただくと、本来であれば "このページを Internet Explorer で表示する" が出てくるはずが、現行バージョンでは出てきません。

調べてみたら、Techcommunity のところで同様の質問が上がっていました。


ではその設定です。

-- 設定手順:

1) New Microsoft Edge のショートカットアイコンを右クリックして、プロパティを開きます

20190811-5-2-2.jpg

2) リンク先のアドレスの入っているところの最後に、半角のスペースを入れたうえで "--ie-mode-test" を追加します。これで完了。あとは "OK" で閉じてください。OKで閉じると、管理者権限が必要ですよ?と出てくるようであれば、"続行" を押してください

20190811-5-2-3.jpg 20190811-5-2-4.jpg

3) そしてさっそく New Microsoft Edge を起動します。"サポートされていないコマンドラインフラグ..." といったメッセージは表示されるようですが、どうせまだ "Experiments" (実験) の機能なのでここはスルーしてください。すると、"open sites in Internet Explorer mode" が表示されたかと思います

20190811-5-2-5.jpg

どうもバージョンアップ以降こうなっているようですね。


【実際にIEが起動している】

実際に Microsoft のサイトを New Microsoft Edge の IE mode で開いたところ。左上のアドレスバーのところには、IEの水色のアイコンが表示されます。

20190811-5-3-1.jpg 20190811-5-3-2.jpg

IE mode で開いて、タスクマネージャーを見てみるとわかりますが、プロセスの中に、Internet Explorer が起動していることがわかります。IE mode とはいえ、モードというより、IE 自身が Edge の中で起動している... そんな感じなんですね。

Google Chrome だと、拡張機能に、"IE Tab" というものがありますが、こうしたものとはちょっと違うようです。



昨日、IE はもう使わない方がいいとも書きましたが、まだ時々推奨ブラウザがIEなところもあったりするので、もうしばらくは "IE mode" って必要なんでしょうかね?

20190811-5-3-3.jpg

試しに、IE mode で、Facebook にアクセスしてみると... やはりブラウザをアップデートしてと出てきますね。当然ですが、ちゃんとIEとして認識されているってことですね。


<参照>




G-Tune


HP Directplus -HP公式オンラインストア-

posted by クリック at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | Microsoft Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

Internet Explorer 11 で、Webサイトを開くと警告が表示されるようになった

Facebook や Twitter など一部のページを "Internet Explorer11" で開くと以下のような警告のメッセージが表示されます。

20190811-1-1.jpg 20190811-1-2.jpg

リンクをクリックしてみると、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edge といった最新のブラウザを使用するようにというページに移動します。ちなにみ、Twitterでも似たようなもので、Internet Explorer11 でアクセスすると、画面下部にメッセージが表示されました。

20190811-2-1.jpg

昨今Web界隈は、2014年10月28日、”W3C” (World Wide Web Consortium/ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)により、今後のWeb技術の標準規格を、"HTML5" と発表されてからはどんどんこれが浸透しつつあります。

** ”W3C” は World Wide Web 上で使用される各種技術の標準化を推進する為に設立された標準化団体()です。

Internet Explorer11 が、HTML5に全く対応していないというわけでもないのですが、最新の技術を利用したWebページなどでは表示できなくなったりもします。

Windows 10 の登場で、標準ブラウザを Microsoft Edge とし、Internet Explorer については開発を中止。Microsoft 側でも、Internet Explorer の使用中止を呼びかけてはいてもなかなかそのシェアたるもの落ちてはこないようです。


【HTML5Testスコア】

各ブラウザがどれだけ対応しているものなのか? HTML5 のWeb技術に、ブラウザがどれだけ対応しているのか?が確認できるのが、"HTML5test" というサイト。

ご利用の環境でここにアクセスするとスコアが表示されます。

例えば、Windows10 Ver.1903 で、Firefox Ver.68.01 にてアクセスした結果は以下の通り。

20190811-3-1.jpg

まずまずのハイスコアです。他のブラウザでも確認してみました。

20190811-3-2.jpg 20190811-3-2.jpg 20190811-3-3.jpg

左から、Microsoft Edge、Google Chrome、そして Internet Explorer11 の例です。単純に数値化されたものを比較しても Internet Explorer11 が いかに数値が低いのかが一目瞭然ですね。


【回避策】

さてそんな流れなので、今後も、最初にご紹介した Facebook や Twitter のように警告を表示するようなページや、今まで利用できていたページが突然 Internet Explorer11 では表示できなくなってしまうということが起きるかもしれません。

今回たまたま Surface2(Windows RT8.1) の Internet Explorer11 で、Facebook を見ようとしたらこんな警告が出てたので気がついたわけですが、今後どう対応したらいいのか?

すでに開発がストップしている "IE11は使用せず他のブラウザを使用する"... やはりそれしかないんでしょうね。

Windows RTの方の場合には、Windows RT向けにはほかのブラウザが使用できませんので残念ながら難しいですが、
Windows 7 以降であれば、

・Google Chrome
・Firefox
・Opera
・Microsoft Edge(Windows 10の場合)

といったブラウザが利用できます。
また現在まだBeta版すらでていないので、動作に多少心配なところもありますが、新しい Microsoft Edge でも利用できます。

20190811-3-4.jpg

上記をご覧いただくとお分かりのように、New Microsoft Edge については、新しいだけにあってかなりいいスコアを出しているようです。
New Microsoft Edge は、現在提供されているものは、日本語表示にも対応しました。

ということで、まだ Beta版 ですら提供されていないとはいえ、"New Microsoft Edge" というのも、一つの選択肢としていいかもしれませんね。


【追加情報】

時々、YouTubeの動画再生が Internet Explorer 11 だと固まったりしてうまくいかないという相談もあるので追加情報です。

具体的にどの部分が... ということではありませんが、以下のサイトにもあるように、YouTube では、Internet Explorer のサポートを終了しました。


推奨環境としては、
となるようです。ですので、YouTube をご利用になる場合には、やはり Internet Explorer 以外のブラウザをご利用いただいたほうがよろしいかと思います。

来年早々には、Windows 7 もサポートが終了しますが、そうなるとこうした動きは、さらに拍車がかかるような気もしますね。


<参照>



HP Directplus オンラインストア


デル株式会社
posted by クリック at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | Internet Explorer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする