2018年07月20日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

今日は、週末だから?ではないでしょうけど、これからご紹介する、Mac 版 Office Insider Fast 向けの更新以外にも、Office 系の更新プログラムが配信ちょろちょろあるようです。

あわせてご紹介させていただきます。

まずは、タイトルにもあります Mac 版 Office Insider Fast の更新情報です。7月18日(日本時間7月19日)付で配信されているプログラムは以下の通りです。

20180720-1.png
・Outlook Update 16.16.0(18071803)
・OneNote Update 16.16.0(18071803)
・Excel Update 16.16.0(18071803)
・Word Update 16.16.0(18071803)
・PowerPoint Update 16.16.0(18071803)

Outlook においては、更新内容が提供されておりましたが、既知の問題の修正のみになります。

・メール:コンテキストメニューがメッセージリストのヘッダーに表示されない など

Excel においては、一つ前の、7/16 にリリースされた Version:  16.16 (Build 180713) における修正について取り上げられておりました。基本的には既知の問題の修正になります。ただしちょっと気になったのは、

一時ファイルが自動回復フォルダーから削除されないことがありました

という部分ですが、自動回復フォルダに残ってしまう場合がある不具合が確認されていたようです。前回のUpdateで改善されているようですね。

PowerPoint では、更に前の、7/6 にリリースされた Version:  16.16 (Build 180702) について... 実はこのあたりの部分、Insider に限らずPDF絡みの不具合が出ているようで、Insider 版は、このバージョンで改善しております。ということで、ちょっと古い情報ですが、修正された部分について、ご紹介しておきます。

プレゼンテーションを PDF で保存すると、コンテンツが高精細で表示されない問題の修正

その他のものについては、もっと古い情報しかないので、取り上げませんが、気になる方は、下記のリンクから直接アクセスしてご確認ください。


【Windows版の更新状況】

冒頭にも書きましたが、今回はちょうど同じようなタイミングで、Office 2019 Commercial Preview と Windows版 Office 2016 Insider Fast にも更新プログラムが配信されていましたので、簡単にご紹介いたします。

-- Windows版 Office 2019 Commerical Preview:

今回久々の更新で、 Ver.1807(10325.20064) に Update されました。

-- Windows版 Office 2016 Office Insider(旧:Office Insider Fast Ring):

こちらは今回の更新で、 Ver.1808(10711.20012) に Update されました。


ちょうど今回は、Windows 版 の Update もタイミングよく配信されていましたの、合わせてご紹介させていただきました。

ところで、現在 Office 製品は、POSAやダウンロード版として販売されている製品やプレインストール版として販売されている製品、またインストール方法についても、マイアカウントからダウンロードするものや、Microsoft Store からダウンロードするものなど複雑な状態です。実はここにきて、こうした複雑化した状況を整理しようというちょっと気になる動きもあるようです。

具体的には、もう少し情報を整理した上で、こちらでもご紹介させていただきますが、今後、Office 製品の在り方は、Windows版、Mac版 を問わず大きく変わりそうな感じもありますので、皆様も、各メディアなどから発信される情報にもご注意ください。



Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 13:16| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月17日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

次の更新プログラムの配信が開始されております。

7月13日(日本時間7月14日)付で配信されているプログラムは以下の通りです。

20180717-1.png

・Outlook Update 16.16.0(18071300)
・OneNote Update 16.16.0(18071300)
・PowerPoint Update 16.16.0(18071300)
・Excel Update 16.16.0(18071300)
・Word Update 16.16.0(18071300)

7月16日付で、Outlook についてはリリース情報が公開されておりました。
簡単に現時点で公開されている情報をご紹介すると以下の通りです。

-- 修正箇所:
アカウント:既定のアカウントを変更すると、既定の予定表と連絡先のフォルダが変更されるようになりました。

-- 更新された機能:
環境設定:セキュリティとプライバシーの基本設定で、Office インテリジェントサービスに関する情報が表示されるようになりました。

-- 既知の問題:
メール:メッセージリストの並び替えボタンがありません。





Microsoft Store (マイクロソフトストア)



posted by クリック at 14:31| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

7月10日および12日付で次の更新プログラムが配信されておりました。おそらく、7月10日に一回あって、その後さらに7月12日付で Outlook があったという感じなんでしょうね。

ちょっとバタバタしていて、確認してなかったのですが、改めてご案内いたします。

今回配信されているものは以下の通りです。

20180714-1.png
・Outlook Update 16.16.0(18071205)
・OneNote Update 16.16.0(18071006)
・Excel Update 16.16.0(18071006)
・Word Update 16.16.0(18071006)
・PowerPoint Update 16.16.0(18071006)

今回の Update の更新内容に関する情報は御座いません。現在リリースノートにて公開されているのは、7月9日(日本時間7月10日)付で配信されている、Version: 16.16 (180709) について、Outlookのリリースノートにありますが、これが最新です。

更新内容について、今後お知らせできる物があれば、随時ご紹介させていただきます。


【追加情報】

ちょうど今Twitterで確認したら、Insider Teamから、Windows版の Office Insider 向けにも更新が配信されているとの情報が入りました。Windwos版をご利用の方もご確認になってみてください。



posted by クリック at 07:33| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Office Insider の Tweet でも時々、更新プログラムの配信が始まりましたよ?という Tweet があるのですが、Office Insider Team は、Twitter でも情報を発信していますので、是非フォローしてみてください。

さて今回、7月9日(日本時間 7月10日)付で配信されているものは以下の通りです。

20180710-5.png
・PowerPoint Update 16.16.0(18070902)
・OneNote Update 16.16.0(18070902)
・Outlook Update 16.16.0(18070902)
・Word Update 16.16.0(18070902)
・Excel Update 16.16.0(18070902)

今回の update に関して Tweet があったのは、Windows 版の Version 1808 - Build 16.0.10707.20000 でしたが、一応こちらもチェックしましたが、タイミングの問題なのか?今のところ Update は検出されませんでした。でも、もう間も無く来るってことなでしょうね。@OfficeInsider で探すとご覧になれます。

20180710-6.jpg

Windows 版の Insider Fast で、まただいぶ修正が入るようで、"Plenty of fixes in this round" とあるので、こちらも気になるところですね。

さて今回の Mac 版の更新内容ですが、やはり特に情報らいしいものは、今の所出ておりませんでした。細かい不具合の修正が中心なんだろうな?と思われますが、気になる修正内容などがあれば、随時別途ご紹介させていただきます。





Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 13:57| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

7月5日(日本時間 7月6日)付で、次の更新プログラムが配信されております。
今回配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20180707-1.png

・PowerPoint Update 16.16.0(18070500)
・OneNote Update 16.16.0(18070500)
・Outlook Update 16.16.0(18070500)
・Word Update 16.16.0(18070500)
・Excel Update 16.16.0(18070500)

リリースノートなどでは情報は提供ありません。
Outlook については、7/2に配信された Version: 16.16 (180702) の更新内容が公開されていますが、新機能の追加はなく、既知の問題の修正が中心です。
早いもので、次の Mojave OS only (MacOS 10.14 Beta) 上での利用時の不具合についても紹介される様になりました。ぼちぼち Mac OS も次のバージョンへの対応情報などがで始めるんでしょうか?
今後はこうした部分についても、注目していきたいと思います。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 07:24| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

PowerPoint を開くと、自動保存されたファイルも一緒に開いていしまう

PowerPoint 2016 for Mac の例でご紹介しますが、時々こうした相談を見かけますので、取り上げてみました。

"自動保存" は、通常、Office アプリで何かを作業中にクラッシュしたりした際、再起動した折に開かれる未保存の作業中のファイルになります。通常、"自動保存” の機能は既定では有効になっています。

PowerPoint であれば、PowerPoint を起動して、メニューバーにある、PowerPointをクリックして、環境設定を開くと、"保存" がありますので、こちらを開くと以下の様なダイアログが表示されます。

20180705-0.jpg

さてそんな自動保存されたファイルですが、きちんと保存して終了しても、次回起動時に起動してくるというケースがあります。
今回ご紹介するのは、そうしたケースの対処法です。

PowerPoint を例にご紹介しますが、基本的には、Wordでも、Excelでも同様です。


【自動保存ファイルの保存場所】

当然ながら、Mac版と Windows版ではことなります。
Mac版の場合以下の場所に保存されます。

20180705-1.jpg
--- PowerPoint の例


Word:
ライブラリ/Containers
com.microsoft.Word/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

Excel:
ライブラリ/Containers
com.microsoft.Excel/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

PowerPoint:
ライブラリ/Containers
com.microsoft.Powerpoint/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

通常上記のフォルダに残っているデータを削除すれば、次回以降表示されなくなるはずです。
新規にアプリを起動した際に、自動保存されたデータが表示される様な場合には、ぜひ確認してみてください。




<参照>




Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

更新頻度がまた多くなっていますが、次の更新プログラムの配信が開始されています。
今回配信されているものは以下の通りです。

20180703-1.png
・OneNote Update 16.16.0(18070200)
・Outlook Update 16.16.0(18070200)
・Excel Update 16.16.0(18070200)
・Word Update 16.16.0(18070200)
・PowerPoint Update 16.16.0(18070200)

当然ながら今配信が開始されたばかりなので、現時点では更新内容に関する情報は何もあがっていません。

現時点でリリースノートにて公開されている情報は、

・Outlook Version: 16.16 (180627)  6/28/2018 リリース
・Excel Version:  16.16 (Build 180626) 6/27/2018 リリース
・PowerPoint Version:  16.15 (Build 180612)  6/13/2018 リリース
・Word Version:  16.15 (Build 180612)  6/13/2018 リリース
・OneNote Version: 16.07 (171031) 11/1/2017 リリース 

となっています。

ちなみに、本日は、Windows 版 の Office Insicer (旧 Insider Fast) にも更新プログラムが配信されておりました。こちらの方は、 Ver.1807(10325.20017) となったようです。



posted by クリック at 18:43| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

6月29日(日本時間6月30日)付で、OneNote の更新プログラムが配信されていたようです。
遅ればせながらご案内いたします。

今回配信されていたのは以下の通りです。

20180701-1.png

・OneNote Update 16.16.0(18062902)

前回が、6/27付で OneNote Update 16.16.0(18062707) が配信されたばかりでしたが、何か?さらに緊急に修正が入ったんでしょうね。

前回の Update を含め、特に現時点では情報はあがっておりませんでした。アプリいずれかの一つでもバージョンが上がると、他のアプリもバージョンが上がるようで、Update 後確認したところ、WordやPowerPoint などについても、Ver.16.16.0(18062902) となっておりました。

リリースノートなどが更新され、注意すべき更新内容などがあった折には改めてご紹介させていただきます。





posted by クリック at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

またガンガン更新プログラムが配信されております。

関係無い話ですが、どうも東京(関東地方)は、例年にもまして早く梅雨明けしたらしいです。。。
最速の梅雨明け。夏突入です。

それはさておき、今回 6月27日(日本時間 6月28日)付で配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20180629-1.png

・OneNote Update 16.16.0(18062707)
・Outlook Update 16.16.0(18062707)
・Excel Update 16.16.0(18062707)
・Word Update 16.16.0(18062707)
・PowerPoint Update 16.16.0(18062707)

更新の期間が短いので、主に既知の問題の修正が中心かと思われますが、Insider Fast は更新のペースが早いので、リリースノートの方に反映されるのもだいぶ経ってからなので、現在のところ特に情報としては上がっておりませんでした。

一部リリース日とバージョンが微妙に異なりますが、Excel について、6月27日(日本時間 6月28日)に配信されている Ver.16.16(180626) において、印刷時あるいはPDFへの書き出しの際にフリーズする不具合の修正などいくつかの修正が入っているようです。詳細は、Excelのリリースノートをご参照ください。


<参照>



posted by クリック at 12:03| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

今使っている Office は、32ビット版? それとも 64ビット版?

最近やっとうちの Mac も High Sierra にして、さらにそれを機に、検証用で入れていた Office for mac 2011 を削除して、完全に Office 2016 for Mac 一本にいたしました。

本当のところは、Office 2019 を入れてみたいところではありますが、同じ Mac に入れるわけにもいかずとりあえず当面は、Office 2016 ってことになりますが、さてこうして、High Sierra を使いだすとネットを見ていても、High Sierra 関連の情報が気になるわけです。

MSコミュニティにも出てましたが、さっそく気になったのが、High Sierra 上で、Office 2011 を起動しようとすると、

"お使いのMac用に最適化されていません"

と表示されること。

20180628-2-1.jpg


上記のように、Appleのサポートページにも説明は出ていたので事情はのみこめたのですが、はて?うちの Office 2016 は、32ビット版? それとも 64ビット版? どっちなのか?

Mac 版 Office Insider Fast の更新情報でも、こういう更新プログラムがありますよ?という Microsoft AutoUpdate のキャプチャー画像を Up してますが、それを見ても、32ビット版なのか? 64ビット版なのか?記載はありません。

20180627-1.png

Office 365 Solo のマイアカウントページに行っても、さらには Office 365 ENT の管理者ページに移動しても、インストールのボタンはあっても、32ビット版なのか? 64ビット版なのか?という記載は見当たりませんでした。


【64ビット版の提供は、2016年8月から】

そもそも、Office 2016 for Mac の、64ビット版が提供されだしたのは、2016年8月になるので、その前までは、32ビット版だったってことになります。

また "Office 2016 for Mac 64-bit upgrade" の中でもありますが、32ビット版自体はまだ提供されています。アドインの問題など互換性の問題のためにダウンロードできるようにはなっているようです。

ただしMac版においては、基本的には製品の管理画面からダウンロードされるものは、64ビット版のみのようです。
これは、Appleが、64ビット版へのシフトを強く推しているということもあるんでしょうね。

逆に、昨年サポートは終了してしまいましたが、Office for Mac 2011 については、32ビット版のみしか提供されていません。
なので、High Sierra 上で、Office 2011 を起動したりすると、"お使いのMac用に最適化されていません" なんてメッセージが出たりするんですね。


【32ビット版か?64ビット版か?を確認する】

Windows 版の Office 製品については、ファイル>アカウントと開くとある バージョン情報をクリックすると、以下のように、一目瞭然。"Microsoft Word 2016 MSO(16.0.10228.20080)32ビット" なんてはっきりと表示されています。

20180628-2-2.jpg

これに対して、Mac版の場合、例えば、"Wordについて" を開いても特に記載はありません。

20180628-3-1.jpg

ではどこから確認するか? Mac版の場合には以下のような手順で、確認することができます。

1) まずは、例えば Word などのアプリを起動しておきます

2) Finder にもどって、Command + Shift + U を押して "ユーティリティ" を開くか? 移動>アプリケーション>ユーティリティ として開いて、"アクティビティモニタ" を開きます

20180628-3-2.jpg

3) 種類という項目のところに、アプリケーションのビット数が表示されます。種類が表示されてない場合には、上部の項目名のところで、control キーを押しながらクリックすると、表示項目を選択できますので、"種類" にチェックを入れて表示してみてください

20180628-3-3.jpg 20180628-3-4.jpg

というように、ちょっと手間はかかりますが、一応ちゃんと、64ビット版で動いているということが確認できます。



<参照>



posted by クリック at 12:22| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

6月26日(日本時間 6月27日)付になるので、先ほど配信が開始されたばかりのようですが、更新プログラムが到着しております。

今回配信されているのは、以下のプログラムになります。

20180627-1.png

・Outlook Update 16.16.0(18062507)
・Excel Update 16.16.0(18062507)
・Word Update 16.16.0(18062507)
・PowerPoint Update 16.16.0(18062507)

つい先程配信が開始されたばかりなので当然かもしれませんが、更新内容に関する情報は、現時点では特に公開されておりません。

今回の更新内容に関しては、内容にもよりますが、情報が入りましたら随時ご紹介させていただきます。


【2018/06/28 更新】

昨日の  Update の際には来なかった OneNote の更新プログラムが本日到着。これで今回一通り Update がされた事になりますね。

・OneNOte Update 16.16.0(18062507)

20180628-1.png
日時的には時差を入れても、これだけズレるのはなんともいえませんが、まぁ、Update が配信されるタイミングなんでしょうね。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog


posted by クリック at 10:38| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

Microsoft Office 2019 for Mac の利用環境

Office 2019 については何度かにわたってご紹介しましたが、今回は、先日公開された "Office 2019 Preview for Mac" に基づいて、"Office 2019 for Mac" について取り上げてみたいと思います。

20180626-1-1.jpg 20180626-1-2.jpg

Windows版の、Office 2019 Commercial Preview に登録された方には、6/13(日本時間)付でメールでも案内が来ているかと思います。日本時間で 6月13日 からダウンロードが可能になりました。

20180626-1-3.jpg

さて今回は、この "Microsoft Office 2019 for Mac" の利用環境について確認してみました。現在公開されているのが、"Office 2019 for Mac Commercial Preview" という法人向けに提供されているプレビュー版のため、こちらで公開されている情報をもとにご紹介します。

20180626-1-4.jpg 20180626-1-5.jpg

今回ご紹介にあたっては、主に "Office 2019 Commercial Preview Documentation (Mac)"(6/12公開分)などを元にご紹介させていただきます。

なお当然ですが、画像でもご覧いただけますが、"Created Date"(公開日)、"Content Modified Date"(修正日)とあるように、この情報は随時更新がかかっております。ですので、この記事を作成する時点でのものになります。詳細は随時機会があればご紹介しますが、ご利用いただける環境にある方は直接、ダウンロードしてご確認ください。


-- 対象OS:

Office 2019 がリリースされた時点で提供されている2つの最新バージョンが対象OSになります。
現在で言えば、
  • OS 10.12.6 (Sierra)
  • OS 10.13.5 (High Sierra)

までということになります。Office 2019 が公開された段階で変わるので、あくまでも現段階ではということになります。
当然ですが、現在提供されている Office 2019 for Mac Preview については、上記の OS のみがサポート対象 OS になります。


-- 提供されるプログラム:

Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote、そして OneDriveと、Preview版のドキュメントにはあります。ただしこれはあくまでも法人向けということになります。一般向けには. 従来通り、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNoteということになるかと思います。


-- 64ビット版のみ:

Office 2019 については、すべて 64ビット版になります。Windows版では、32ビット版64ビット版が提供されていますが、Mac版は、Appleも、64ビット版への移行を強く推し進めていることもあり、64ビット版しか提供されません。

* ちなみに、Office 2016 for Mac には、32/64ビット版がありました。

以前にも、現在の High Sierra が、32ビット版のアプリケーションが動く最後のOSになるといったことが "WWDC2017" で発表されました。また 2018年1月以降は、Mac App Store に申請されるすべてのアプリが、64ビットをサポートしないといけないようになっています。さらに最近は、High Sierra 上で、32ビットアプリケーションを実行しようとすると警告の画面がでたりするようになりました。



-- 必要なドライブの空き容量:

最低限必要なディスクの空き容量 → 10Gb


-- アドインなどについて:

基本的に、Office 2016 のものとは互換性はありますが、Office 2019 上で正しく動作するかどうかは、随時確認する必要があるようです。


-- サポート期間:

メインストリームサポートとして、提供開始から5年間、サポートされます。


当初、"Overview of Office 2019 Preview for Mac" というドキュメントだけだったものが、その後、6/26付で、"Known issues with Office 2019 Preview for Mac" といった既知の問題に関する情報も加わり、Mac 版の Office 2019 も着々と準備が進んでいるようです。

情報は常に更新されていくかと思いますので、また機会があれば取り上げてみたいと思います。



<参照>





Microsoft Store (マイクロソフトストア)



posted by クリック at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

更新が来るときは、バンバンきますね。多くの場合には機能の追加というよりも、前回までの更新の既知の問題の修正が中心だと思いますが、6月20日(日本時間 6月21日)付にて、次の更新プログラムが配信されております。

今回配信されているものは、以下の通りです。

20180622-1.png

・Excel Update 16.15.0(18062001)
・Word Update 16.15.0(18062001)
・OneNote Update 16.15.0(18062001)
・Outlook Update 16.15.0(18062001)
・PowerPoint Update 16.15.0(18062001)

今回の Update に関する情報ですが、リリースノートによると、Outlook については、既知の問題の修正がいくつか入っているようです。Word、Excel、PowerPoint に関しては、6月13日に配信された前々回の更新プログラムの情報がアップされておりましたが、いずれも既知の問題の修正に伴う更新で、新機能の追加などはないようです。



posted by クリック at 13:06| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Windows 版の Office で Update がないな?と思うと、その合間のタイミングで、Mac 版の更新プログラムが提供される。何とも、絶え間無く続くこの繰り返しが、重なったら大変なことになるだろうな?と思いつつ、今回、6月18日(日本時間 6月19 日)に配信された更新プログラムのご案内です。

今回提供されたプログラムは以下の通りです。

20180620-1.png

・Outlook Update 16.15.0(18061802)
・Excel Update 16.15.0(18061802)
・OneNote Update 16.15.0(18061802)
・Word Update 16.15.0(18061802)
・PowerPoint Update 16.15.0(18061802)

リリースノートには、今回の更新についての情報はまだ上がっておりませんでした。
更新頻度が多いと、なかなか最新の更新に対する情報って、反映されませんね。

ところで、先日、Windows 向けの Office 2019 Commercial Preview についてご紹介しております。さてそんな中、先日から、Mac 向け Office 2019 (Office 2019 for Mac) の Commercial Preview 版の提供が開始されております。パソコンのツボ別館の方では、何回かに渡って取り上げた Office 2019 に関する記事へのリンクをとりまとめてみました。

Mac版も、Windows版も 登録手順は一緒ですので、どなたでもご利用可能というものではありませんが、Office 2019 Commercial Preview に関する記事についても是非ご参照ください。





posted by クリック at 13:08| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

OS10.13(High Sierra) と Office 2011 Part 2

さて前回は、OS10.13(High Sierra) に Upgrade したら、"最適化されていません" といったメッセージが表示されることについてご紹介しました。

20180615-0-1.png

今回は実際に "完全アンインストール" の手順についてご紹介いたします。


【Office 2011 のアンインストールの前に】

さて削除方法ですが、"Office for Mac 2011 をアンインストールする方法" の中で、"Office for Mac 2011 からは、以前のバージョンの Office for Mac にあった [Remove Office] ツールが無くなったため、アンインストールする場合は手動で削除する必要があります" とはありますが、その後、サポートページからのリンクにもあるように、完全削除するためのツールも、その後提供されているようです。

削除方法については、

1) 手動で削除する:
Office 2011 のフォルダごとゴミ箱に捨てれば終わり...というのは一般的な方法ですが、これだと関連の初期設定ファイルが残ってたりするので、完全に削除するには、更にライブラリから、com.microsoft ファイルを削除するということになります。ただしこの場合、私のケースもそうですが、Office 2016 がインストールされている場合には、com.microsoft.autoupdate2.plist ファイルについては削除していけないなど注意すべき点が多々ありますのでご注意ください。

こちらの方法については、


にございますので、詳細は、上記サイトを参照してください。ただし、


の中の、"Office for Mac 2011 を手動で削除する" のところで紹介されていますが、"手順2" の注意事項の中で、"コンピューターに Office 2016 for Mac がインストールされている場合は、com.microsoft.autoupdate2.plist ファイルを削除しないでください" とあるようにご利用環境によっては削除していけないものもあるので注意してください。


2) GitHub にて公開されている削除ツールを利用する:
Microsoft のサポートページでも紹介されていますが、GitHub にて公開されている Remove 2011 というツールと、dockutil というツールを利用して削除します。

ということで手動で削除するとなるといろいろ大変なところもあるので、今回は、こちらの削除ツールを使用した削除方法を試してみたのでご紹介させていただきます。


【削除ツールを利用したアンインストール】

さて、手動で完全に削除するとなるとかなり面倒なことはお分かりいただけると思います。そうした状況を踏まえての "削除ツール" の利用ということになるわけです。 

1) まずは、以下のリンクからGitHubにアクセスして、ツールをダウンロードします。アクセスしたら、"Clone or download" をクリックして、さらに、"Download ZIP" をクリックし、一旦わかりやすい場所に保存します


20180615-6-1.png 20180615-6-2.png 20180615-6-3.jpg

2) ダウンロードフォルダに、"Remove2011-master" というファイル(ZIPファイル)が保存されているはずなので、ダブルクリックして開きます。展開されたフォルダには、"dock.dll"、"README.md"、そして "Remove2011" が確認できるはずです

20180615-7-1.png 20180615-7-2.png

-- Remove 2011 の実行

1) 続いて、"Remove2011" のツールをControlキーを押しながらクリックして、開くをクリックし、実行します。もし "開発元が未確認のため..." というメッセージが出て実行できない場合には、システム環境設定>セキュリティとプライバシー のところを開いて、"Remove2011は〜" と表示されているとことの、"このまま開く" をクリックします

20180615-8-1.png 20180615-8-2.png


2) 再度、"開いてもよろしいですか?" という画面がでますので、"開く" をクリックします

20180615-8-3.jpg  20180615-8-4.jpg

3) "Remove 2011" が実行され、ターミナルが起動します。まず最初に、この削除ツールを実行していいのか確認してきますので、"y" を押して、Returnで、進みます

2018-615-8-5.jpg

4) 続いて、Outlook で使用していたデータを保持するかどうか?聞いてきますので、必要に応じて "y" か "n" を入力し、再度 Return します

2018-615-8-6.jpg

5) さらに、アクティベーションのライセンス情報を保持しておくか? どうか聞いてきますので、必要に応じて "y" か "n" を入力し、再度 Return します

2018-615-8-7.jpg

6) 最後に管理者(現在のPCの管理者)のパスワードを聞いてきますので、パスワードを入力し、Returnします

2018-615-8-8.jpg

7) 削除がスタートします。"... completed." と最後に表示されたら完了になりますので、次のツールの実行に移ります

2018-615-8-9.jpg


-- dockutil ツールを実行する

さて続いて "dockutil" ツールになります。

1) まずこちらのツールをControlキーを押しながらクリックして、開くをクリックし、実行します。"開いてもよろしいですか?" と聞いてきますので、"開く" をクリックします

2) 再びターミナルが起動、こちらはあっという間に作業が完了。やはり、"...completed" と出れば完了です。”[プロセスが完了しました]” と日本語でも表示されていました

2018-615-9-1.jpg

これでアプリケーションの削除が完了しましたが、Dockなどに Office 2011 のアイコンなどが残っている場合には手動で削除してください。

そして削除が完了したら、Mac を再起動しておきましょう。


<参照>




Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 06:39| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

OS10.13(High Sierra) と Office 2011 Part 1

OS10.12(Sierra) までであれば、Office for mac 2011(以下、Office 2011と略) もまともに動いていたのに、OS10.13(High Sierra) に Upgrade してから起動時に、"最適化されていません" とメッセージがでたりする。

20180615-0-1.png

また新しく、OS10.13Office 2011 をインストールしようとしてもインストールできないなど古いものにはトラブルがいろいろ起こりうるものです。

うちもこれまで、Office 2011 がはいっていたため、OS10.13(High Sierra) に Upgrade せず、OS10.12(Sierra) のままで、検証を兼ねて Office 2011Office 2016 を入れて利用していましたが、さすがに、昨年2017年10月10日サポートも終した Office 2011 なので、削除を前提に、OSを、これまでの Sierra から High Sierra に Upgrade しました。


【 "最適化されていません" とメッセージが表示される】

無事、High Sierra に Upgrade が完了した環境で、Office 2011 を起動してみるとどうなるのか?

まずは気になったので、この検証から。Excel 2011Word 2011 を起動してみましたが、冒頭でご紹介した画像のように、起動時に、"最適化されていません" といったダイアログが表示されるようになりました。

20180615-5-0-1.jpg

とりあえずダイアログボックスを閉じれば利用はできるのですが、やはりいつどこでトラブルになるかわからない状態での利用には不安がありますよね?

20180615-5-2.jpg 20180615-5-3.jpg

Office 2011 の再インストール手順を確認しようと、"Office 2011 for Mac を再インストールする前に完全にアンインストールして、問題のトラブルシューティングを行う" のサイトを覗いても、ご覧のように、もうとっくに過ぎてはいますが、"Office for Mac 2011 のサポートは、2017 年 10 月 10 日に終了します" というリンクがばっちり貼ってあり、クリックするとサポートが終了しているということについての紹介のページ "Support is ending for Office for Mac 2011" のサイトに移動します。

ということで、古いもの早く削除した方がいいよ?ということですので、引き続き Part 2 では、Office 2011 の削除についてご紹介します。


<参照>




posted by クリック at 11:10| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

6月12日(日本時間 6月13日)付けで、一部のプログラムについて、次の更新プログラムが配信されております。

今回配信されているのは、以下の通りです。

20180615-1.png

・OneNote Update 16.15.0(18061201)
・Word Update 16.15.0(18061201)

機能の更新というよりも、キチの問題の修正がだと思われますが、特に Word や OneNote については、リリースノートなども情報が更新されることがほとんどないため、詳細は不明です。

但し今回 Update で配信されているプログラムにはないんですが、リリースノートには、Excel 2016 の更新情報(6月13日配信の、今回のバージョンと同じもの)が上がっていました。問題の修正ではありますが、日本語IMEとの関連の問題もありましたので、簡単にご紹介致します。

Excel Ver.16.15.0(18061100) の修正点

・いくつかの不具合の修正
・日本語のIMEを使用していると、セルにデータを入力していると、オートコンプリートが機能しなかった不具合の修正
・クイックアクセスツールバーに不適切なアイコンが表示されていたものの修正
・起動時に、完全な診断データを送信するかどうか?聞いて来て、このダイアログを閉じた場合、ワークシートが表示されない不具合の修正


また、リリースノートを確認すると、Outlook について、前回の更新プログラムの内容が紹介されておりました。

Outlook Ver.16.15.0(18061100) の修正点

・修正点:
予定表について、イベントおよびカードで誤ったタイムゾーンが表示される問題が修正されています

・機能の追加:
右クリックのコンテキスト メニューから O365 グループ メンバーを管理する機能が追加されました。これによって、グループ ノードを右クリックして "メンバーの表示" を選択することが可能になります


その他については、何か?ご紹介する機会があれば、随身ご紹介させて頂きます。


<参照>





posted by クリック at 10:45| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

久々の、Microsoft AutoUpdate の更新と、Insider Fast 向けの更新とダブルで来ております。
6月10日(日本時間 6月11日)付けで、Microsoft AutoUpdate の更新プログラムが、そして、6月11日(日本時間 6月12日)付けで、Insider Fast 向けの更新プログラムが配信されております。

配信されているものは以下の通りです。

20180612-1.png 20180612-3.png

・Microsoft AutoUpdate 4.0.0(18061000)
・Outlook Update 16.15.0(18061100)
・Excel Update 16.15.0(18061100)
・OneNote Update 16.15.0(18061100)
・Word Update 16.15.0(18061100)
・PowerPoint Update 16.15.0(18061100)

Microsoft AutoUpdate については、Update 後、画面がちょっと変わりました。Insider Program への参加を呼びかける意味もあるのか?
Insider Program の説明がだいぶ以前よりは細かく出てます。

20180612-2.png

リリースノートなどでの今回の  Update に関する更新情報については、特に何も発信されておりませんでした。
もちろんブログやWebページ上の情報は随時更新されますので、あくまでも現時点で情報が上がっていないだけですので、何か更新情報が配信されましたら随時ご紹介させていただきます。

さてこうして Update している Mac 版の Office 365(2016) ですが、参考までに現時点での更新状況は以下の通りです。

通常版:16.13.1 (18052304) 5月24日(日本時間 5月25日)配信  
Insider Slow:16.14.0(18060200)  6月4日(日本時間 6月5日)配信
Insider Fast:16.15.0(18061100) 6月11日(日本時間 6月12日)配信
Microsoft AutoUpdate:4.0.0(180611000) 6月11日(日本時間 6月12日)配信

AutoUpdate の更新情報を見ると、5月15日(日本時間 5月16日)付けで配信されているとありますが、この更新プログラムをダウンロードしてみたところ、ビルド番号が、18051301 と今回のものよりも前のものでした。


<参照>




Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 11:45| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょっと立て続けに更新プログラムが配信されています。
もっとも、何らかの要因で、更新プログラムが検知されるタイミングがちょっとずれたりすると、今回のように立て続けに Update が配信されるってことにもなってしまうのかもしれませんが....

今回、6月5日(日本時間6月6日)付で配信されているものは以下の通りです。

20180607-5.png

・PowerPoint Update 16.15.0(18060505)
・Excel Update  16.15.0(18060505)
・OneNote Update  16.15.0(18060505)
・Word Update  16.15.0(18060505)

おそらく内容的には、既知の問題の修正がメインだと思われますが、詳細は明日以降何かしら、リリースノートなどが更新されたらご紹介させていただきます。現在のところ、情報は上がってませんでした。

ところで、先日、Windows版での Office 2019 のインストール方法について、こちらのブログでもご紹介させていただきました。どなたでも利用が可能なものではありませんが、Mac版の Office 2019 はどうなるのか? と思って Web サイトを見ていたら以下のような記述がありました。

20180607-6.jpg


注: コマーシャル分野のお客様は次の数か月で Mac コマーシャル プレビュー プログラムに参加することになります。Word、Excel、PowerPoint、Outlook、および OneNote がすべて使用可能で mac 上の Office 2019具体的には Mac の OneNote についての質問がある場合に、 Microsoft Office web サイトについてのよく寄せられる質問に関する Office 2019 で OneNote




posted by クリック at 13:19| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨日色々やっている最中に Update 確認したときには出てこなかったんですが、今になって Update をかけたら 6月2日(日本時間6月3日)付けで配信されていた更新プログラムが検出されました。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20180606-1.png
・Outlook Update 16.15.0(18060201)
・Excel Update  16.15.0(18060201)
・OneNote Update  16.15.0(18060201)
・Word Update 16.15.0(18060201)
・PowerPoint Update  16.15.0(18060201)

となっております。

リリースノートを確認すると、Outlook については、すでに今回の更新内容について更新されておりました。

新機能の追加はありませんが、アクセシビリティの機能改善、アドインの読み込みに関する修正、さらにはメールの添付ファイルを読み込むときにクラッシュしていた部分の修正などが入っているようです。

情報は随時更新されると思われますので、詳細は、以下で参照させていただきましたリリースノートなどのページに直接アクセスして、ご確認ください。

posted by クリック at 10:13| 東京 ☁| Comment(2) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょっと間が空いたかな? 5月28日(日本時間 5月29日)付で、Mac 版 Office Insider Fast 向けに更新プログラムが到着しております。 
昨日午前中に確認したときにはまだ来てなかったんですが、おそらくタイミングの問題なんでしょうね?

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20180530-1.png
・Outlook Update 16.15.0(18052802)
・Excel Update 16.15.0(18052802)
・OneNote Update 16.15.0(18052802)
・Word Update 16.15.0(18052802)
・PowerPoint Update 16.15.0(18052802)

Ver. 16.14 から、Ver.16.15 に一つ上がっています。

先日、Office Insider の Twitter に質問したところ、Insider のリリースノートが更新されるのが、金曜日とのことでしたので、現時点では今回の更新内容に関する情報はないんだろうな?と思いつつ確認してみましたが、Excel に関しては、情報が更新されておりました。
基本的には、これまでに確認できている不具合の修正が中心です。

他のものについても、基本的には既知の問題の修正が中心だと思われますが、現在発生している何かしらのトラブルとの関連があるような場合には改めて取り上げさせていただきます。

ちなみに今回、同時に、Windows 版の Office Insider (旧:Insider Fast) 向けにも更新プログラムが配信されておりました。
こちらは、Ver.1806(10222.20010) に更新されております。


<参照>



posted by クリック at 13:01| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月26日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Office Insider Fast ring 向けの次の更新プログラムの配信が開始されています。
5月24日(日本時間5月25日)付で配信されたプログラムは以下の通りです。

20180526-1.png

・Outlook Update 16.14.0(18052403)
・Excel Update 16.14.0(18052403)
・OneNote Update 16.14.0(18052403)
・Word Updae 16.14.0(18052403)
・PowerPoint Update 16.14.0(18052403)

先日、更新プログラムの配信に合わせてリリースノートもきちんと更新してほしいと、Office Insider Team に Tweet したら、毎週金曜日に更新しているよ?と。Mac版も更新しているから.... とは回答をいただいたものの、実際には、英語版の Web サイトでも、一部の製品しか更新されていませんでした。
今回の情報については、Excel のみ情報が更新されていましたが、残念ながら他の製品については、ございませんでした。Excel に関しても、既知の問題の修正とある程度で、それ以上の情報はないようです。

Outlook については、前回の Update の更新についての情報が出ております。既知の問題の修正や機能の更新など、新機能はありませんがいくつかのものが更新されているようです。日本語ページにはまだ反映されておりませんが、US版のページは更新されているので、お急ぎの方は、そちらをご参照ください。


posted by クリック at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Insider 版って、土日関係なく配信されるんですね。改めてびっくりですが、今回 5月20日(日本時間 5月21日)付で、次の更新プログラムの配信がスタートしております。
今回配信されているプログラムは以下の通りです。


20180521-1.png


・Outlook Update 16.14.0(18052003)
・PowerPoint Update 16.14.0(18052003)
・Excel Update 16.14.0(18052003)
・OneNote Update 16.14.0(18052003)
・Word Update 16.14.0(18052003)


Insider Fast 向けのリリースノートでも情報の提供はありませんでした。
更新が配信されるペースはかなりの頻度なのですが、細かな修正が中心なんでしょうけど、情報が何も発信されていないため、残念ながらどの部分に修正がかかっているのかがはっきりしません。
Tweetでもなんでもあればまたご紹介させていただきますが、取り急ぎ次の更新プログラムが配信されているというお知らせのみとなります。





Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 13:58| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

Mac 版の Office Insider Slow にもアイコン挿入機能が追加!


Windows版ではもうかなり前から利用が可能になっていたアイコン挿入の機能。

Mac版の Office でも Insider Fast 版 では、2018年4月9日(日本時間4月10日)にリリースされた Ver.16.13(180409) から利用できていましたが、この度、Insider Slow版 でも利用できるようになりました。

今回のアイコン挿入機能は、2018年5月7日(日本時間5月8日)付で配信された Insider Slow 版 Ver.16.13(18050501)より利用可能になったものです。



【アイコンの挿入】

Windows版ともちょっと違う感じです。Windows版の場合、以下のような感じで、挿入>アイコン とクリックすると、"アイコンの挿入" ダイアログが表示されます。

20180518-5-1.jpg

これに対して、Mac版の場合には、

20180518-6-1.jpg 20180518-6-2.jpg

20180518-6-3.jpg

といった感じで、挿入>アイコン とクリックすると、画面右側の作業ウィンドウにアイコンが表示されます。
挿入されたアイコンには、色だけではなくスタイルなども設定ができますので。より表現力豊かなデザインが可能になります。

20180518-7.jpg

英語版ではありますが、TechCommunity の、Office International Team のブログでは、以下のような紹介動画もあったりするようです。

Office for MAC 2016 - May 2018 Release details/TechCommunity

また以前、Windows版で導入された際には、以下のような動画も用意し紹介されておりました。



【Windows版との違い】

アイコンの挿入機能が追加されたということで、同時に SVG形式の画像の編集もサポートされることになります。


SVGグラフィクスがサポートされることから、オリジナルのSVGグラフィックスも挿入できるようになります。

ただしWindows版の場合、挿入された SVG グラフィックスの図を変換し、Microsoft Office 描画オブジェクトに変換することで、グループ化を解除、さらにいろいろなアレンジが可能ですが、Mac版の場合にはそこまではまだできないようです。

20180518-8-1.jpg 20180518-8-2.jpg

20180518-8-3.jpg

ここまでの機能が必要か?どうかは別として、とりあえずは、Mac版にはなかった、アイコン挿入の機能が増えたことは非常に歓迎される Update の一つです。


【Mac版 Office 2016 の更新状況】

ちなみに、現在のMac版OfficeのUpdate状況は以下の通りです。

Office 365 サブスクライバー向: Ver.16.13(18051301)
Office Insider Slow 版:Ver.16.13(18050501)
Office Insider Fast 版:Ver.16.14(18051605)

となっております。


【2018/05/23更新】

Office International Team のブログにもありますが、今回の Update では、Windows版のExcel2016 で導入されていたピボットテーブルに対するタイムラインフィルターも加わっています。Mac 版の Excel2016 でもまた利用できる機能が増えたってことですね。

詳細は、以下のブログを参照してください。

Office for MAC 2016 - May 2018 Release details/TechCommunity



<参照>




posted by クリック at 08:01| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月18日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Mac版の Word などで、Windows版と同じようにアイコンの挿入機能がついたことを知って、ブログで取り上げないとな?と思っていた矢先。その間も、Insider 向けの更新プルグラムはバンバン配信されて、先に、先にと進んでいきます。

さて、次の更新プログラムの配信が開始されましたのでお知らせです。今回配信されているものは、以下の通りです。

20180518-1.png

・Outlook Update 16.14.0(18051605)
・Excel Update 16.14.0(18051605)
・OneNote Update 16.14.0(18051605)
・Word Update 16.14.0(18051605)
・PowerPoint Update 16.14.0(18051605)

更新が早いので、すっかり Insider Fast 向けのリリースノートは、よくて1回遅れ。OneNote などについては、残念ながら昨年の11月以降何も情報が発信されていません。

OneNote については、TechCommunity の Education Blog の方で取り上げられることがありますが、今回の Update ではありませんが、Word と、OneNote において、Windows版と同様に、Microsoft Learning Tools が利用できるようになったことが取り上げられておりました。


こちらについては、また別の機会にご紹介させていただきます。


<参照>




posted by クリック at 11:22| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

5月13日(日本時間 5月14日)付で、次の更新プログラムの配信が開始されています。

今回配信されているのは、以下の通りです。

20180515-10.png

・Outlook Update 16.14.0(18051300)
・Excel Update 16.14.0(18051300)
・OneNote Update 16.14.0(18051300)
・Word Update 16.14.0(18051300)
・PowerPoint Update 16.14.0(18051300)

特に今回の Update についての情報はまだ公開されていないようですが、何か?情報が公開された折には、ご紹介させていただきます。

posted by クリック at 16:53| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょうど、シアトルでは、"Microsoft Build 2018" (5/7-9) が開催されていて、シアトル方面は賑やかなんですが、この間も、Office Insider  向 の Update はバンバン配信されています。

さて、5月7日(日本時間5月8日)付で配信されているプログラムは以下の通りです。

20180507-5.png
・Outlook Update 16.14.0(18050700)
・PowerPoint Update 16.14.0(18050700)
・Excel Update 16.14.0(18050700)
・OneNote Update 16.14.0(18050700)
・Word Update 16.14.0(18050700)

確認する限りでは、現在のところ更新に関する情報はございません。Buildという開発者向けのイベントの真っ最中でもありますので、ちょっと時間がかかるかもしれませんね。今回の Update について、目新しい情報があれば改めてご紹介させていただきます。

Insider のリリースノートを見ると、5/2に配信されている Version: 16.14 (180502) の更新内容については、Outlook Team と Excel Team から発信されていますが、それ以外にはありませんでした。

また、同日付で、Insider Slow ユーザー向けにもプログラムが配信されているようです。Insider Slow でご利用の方も、是非一度 Update を確認してみてください。


ちなみにこちらのバージョンは、 Version: 16.13(180505) となるようです。


<参照>




posted by クリック at 17:42| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月03日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

昨日ご案内した時には、PowerPoint のみで、今回他のものがくると思いしや。。。。

以下の通り、すべてのプログラムに更新プログラムが到着しております。
5月2日(日本時間5月3日)付で配信されているのは以下の通りです。

20180503-1.png

・Outlook Update 16.14.0(18050200)
・Excel Update 16.14.0(18050200)
・OneNote Update 16.14.0(18050200)
・Word Update 16.14.0(18050200)
・PowerPoint Update 16.14.0(18050200)


これまでと同様、この頻度で Update が続くと、Insider Fast のリリースノートも、更新できていませんので、更新内容については、現在のところブログなどで何も触れられておりませんので、内容については、何か?注目すべきものがあるような場合には、改めてご紹介させていただきます。

遅れ遅れではありますが、一応リリースノートにも情報が反映されるようですので、必要に応じて、適宜確認してみてください。


【追加情報】

なお、Windows版のOffice Insider(旧:Insider Fast)向けにも更新プログラムが来ております。この更新により、Ver.1805(9327.2006) となります。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog


posted by クリック at 10:14| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

巷では、Windows 10 April 2018 Update なんですが、Office Insider 向けの Office の更新プログラムも配信されております。
Windows向けには、4月28日付で、Ver.1805(9325.2001) が提供されておりましたが、Mac 向けには今回、4月30日付(日本時間5月1日)に、PowerPoint についてのみ、以下の更新プログラムの提供がございました。

今回配信されているのは、PowerPoint のみですが、

20180502-1.png

PowerPoint Update 16.14.0(18043002)

となっています。何度か?更新をチェックしてみましたが、今回はこのPowerPoint以外はありませんでした。もしかしたら今日明日中にでもまた更新が検出されるのかもしれません。

なお現時点で更新内容に関する情報は、リリースノートやBlogなどでも確認できませんでした。
何か公開されたおりには、再度こちらでも取り上げさせていただきます。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog



posted by クリック at 11:37| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

先日に続き、更新プログラムの配信が開始されています。

今回 4/24(4/25)付で配信されているプログラムは、以下の通りです。

20180426-1.png


・Outlook Update 16.13.0(18042404)
・Excel Update 16.13.0(18042404)
・OneNote Update 16.13.0(18042404)
・Word Update 16.13.0(18042404)
・PowerPoint Update 16.13.0(18042404)

前回の配信による不具合の修正が中心かと思います。前回の Update に関する情報が一部あがってますが、それに対する修正かどうかまでは今回の情報があがっていないため確認ができていません。

前回の Update 16.13.0(18042202) の更新情報で一部あがっていたものの中で、既知の問題として、確認されていたもので以下のようなものがありました。


--- Update 16.13.0(18042202) の既知の問題:

【Outlook】

・メールの編集画面で、画像、グラフ、SmartArt などのサイズ変更ができない

* 今回の Update 後に確認する限りでは、この不具合は改善されているようです。




<参照>




posted by クリック at 14:08| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ここのところ頻繁に来ていたので、ちょっと間が開いた感がありますが、次の更新プログラムの配信が始まっております。
4/22(日本時間 4/23) となっていますが、検出されたのは本日でした。昨日までは、Update は検出されておりませんでした。

今回配信されているものは以下の通りです。

20180425-1.png

・Outlook Update 16.13.0(18042202)
・Excel Update 16.13.0(18042202)
・OneNote Update 16.13.0(18042202)
・Word Update 16.13.0(18042202)
・PowerPoint Update 16.13.0(18042202)

現在のところ、Insider Fast 向けのリリースノートには何も情報は上がっていません。

先日も取り上げましたが、Windows版では、OneNote については、OneNote 2016 から、OneNote for Windows 10 にシフトしていくなど、その対応が Mac 版ではどうなるのか?など気になるところも多々あります。

ところで、Windows 版については、具体的に機能の更新内容を中心に取り上げているので、あまり個別に Windows 版の Update 情報は取り上げてませんが、Windows版の Office Insider(旧:Insider Fast) ユーザー向けにも、更新プログラムが到着しているようです。

Windows 版 で、Office Insider をご利用の方は、更新してみてください。

今回取り上げました、Mac 版 の更新情報などで何か新しい機能などが確認された折には、別途ご紹介させていただきます。


<参照>




続きを読む
posted by クリック at 10:47| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

前回までが結構期間が短かったので、久々の感じもありますが、次の更新プログラムが到着しております。

今回配信されているのは以下の通りです。

20180418-1.png

・Outlook Update 16.13.0(18041602)
・Excel Update 16.13.0(18041602)
・OneNote Update 16.13.0(18041602)
・Word Update 16.13.0(18041602)
・PowerPoint Update 16.13.0(18041602)

Outlook 及び Excel については、US版のWebサイトには今回の更新に関する情報も出ていますが、新しい機能の追加というよりも、既存の不具合の修正が中心です。

Excel において、ヘルプメニューに、新機能の紹介の項目が加わっているという記述が、3/27(日本時間3/28)配信の、"Version:  16.13 (Build 180327)" から新機能として加わっていることがあげられておりますが、前回のバージョンまででは、この項目は確認できておりませんでした。

さて、今回の新機能のところにも同様の記述はあるのですが、今回の Update で加わるのかは、現在 Update 中のため、確認後、改めてご紹介させていただきます。




<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog


Microsoft Public Affiliate Program (JP)




続きを読む
posted by クリック at 10:27| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

前回は、前々回の既知の問題の修正ということで、早かったんですが、次の更新プログラムが配信されています。

今回配信されたものは以下の通りです。

20180413-1.png


・Outlook Update 16.13.0(18041108)
・PowerPoint Update 16.13.0(18041108)
・Excel Update 16.13.0(18041108)
・OneNote Update 16.13.0(18041108)
・Word Update 16.13.0(18041108)


特に、今回、前回の分も含めてリリースノートでは紹介されている情報はございませんでした。

随時内容については、更新されていくと思いますので、ご紹介できるようなものがあれば、改めて随時ご紹介させていただきます。

既知の問題の修復が中心だとは思いますが、更新のインストールについてはお忘れなく。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog


Microsoft Store (マイクロソフトストア)



posted by クリック at 12:22| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ちょうど4月5日(日本時間 4月6日)に Update 16.13.0(18040408) の配信が始まったことをご紹介しましたが、実は、このリリース。PowerPointでは、Delキーが使えず、オブジェクトの削除や入力した文字の削除が利用できなかったり、また矢印キーが機能しなかったりしていました。Excel でも同様に、図形などのオブジェクトの削除が出来ないという既知の問題が確認されていました。

今回、その修正版として、さらに更新プログラムが提供されております。

今回配信されているプログラムは以下の通りです。

20180410-10.png


・Outlook Update 16.13.0(18040900)
・Excel Update 16.13.0(18040900)
・OneNote Update 16.13.0(18040900)
・Word Update 16.13.0(18040900)
・PowerPoint Update 16.13.0(18040900)


内容的には、前回の Updae に伴い判明した既知の問題のうち、早急に対処が必要なもののみ先行して修正されたという感じようです。

もちろん私が確認しているもの意外にも多々あるのかもしれませんが、Insider Fastのリリースノートではまだ情報が更新されておりませんので、どの部分の不具合が解消されているかの詳細については、不明です。

それから、念のためお知らせしておくと、前回の Update で、不具合を確認しから、同様に PowerPoint 2011 そして、Excel 2011 でも動作を確認してましたが、Excel 2011 において、いつぐらいからなのか?詳細がわかりませんが、DELキーによる図形オブジェクトが削除できないという不具合を確認しています。写真などであれば問題ないのですが、円や矩形などの図形オブジェクトの場合、DELキーに限らず、Optionでも、Control でも、キーを押すと、テキストの編集モードになってしまい、オブジェクトが削除できません。

ただし Office 2011 については、昨年サポートも終了した製品なので、この不具合が修正されるのか?がわかりませんが、一応フィードバックということで報告はしてありますので、今後何かあればこちらについても、ブログにて報告させていただきます。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

いよいよ4月。4月も張り切って更新していきましょう!

さて4月5日付で配信されている更新プログラムは以下の通りです。

20180407-1.png


・Outlook Update 16.13.0(18040408)
・Excel Update 16.13.0(18040408)
・OneNote Update 16.13.0(18040408)
・Word Update 16.13.0(18040408)
・PowerPoint Update 16.13.0(18040408)


Outlook については、不具合の修正以外にも機能の更新があったようです。またPowerPointについては今回の更新に伴う既知の問題が確認されているようです。
詳細は、Insider Fast のリリースノート(英語版)をご参照ください。

Excel 及び Word については、一つ前の更新についての情報が更新されております。合わせてご確認ください。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 07:43| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Windows 版 Insider Fast にも、更新プログラムが配信されておりましたが、Mac版にも4月1日(日本時間 4月2日)付で、以下の通り Office Insider (Insider Fast) 向けに以下の更新プログラムが配信されています。

今回配信されたプログラムは、以下の通りです。

20180403-1.png


・Outlook Update 16.13.0(18040102)
・Excel Update 16.13.0(18040102)
・OneNote Update 16.13.0(18040102)
・Word Update 16.13.0(18040102)
・PowerPoint Update 16.13.0(18040102)


今回の Update について、Insider Fast 向けの情報は特にございませんでした。
ちなみに、Windows版の Office Insider(Insider Fast) も、本日更新されましたが、こちらもウェブサイトには情報は反映されていないようですが、これまでの、Ver.1804 から Ver.1805 に更新されております。

Windows版 Office Insider Ver.1805(ビルド9227.2013)

となっています。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog


posted by クリック at 16:27| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

3月の最後、 Update プログラムが配信されております。
また珍しく、Windows版の Office Insider Fast 向けにも次の更新プログラムが配信されているようです。

さてこちらでのご紹介は、あくまでもMac 版。

ということで、本日付けで配信があったものは以下の通りです。

20180330-1.png


・Excel Update 16.13.0(18032900)
・OneNote Update 16.13.0(18032900)
・Word Update 16.13.0(18032900)
・PowerPoint Update 16.13.0(18032900)


タイミング的にはついさっき配信が始まったばかりなんでしょうね。情報としては、特に上がっておりませんでした。
ちなみに、Windows版については、本日の Update で、Ver.1804(ビルド9226.2021) に更新されています。

Mac 版 と Windows 版 が、同時に来たのって珍しいかもしれません。

さて、最新情報は上がっていませんでしたが、Excel 2016 for Mac (Insider Fast) のリリースノートを確認したところ、前回 3月27日に配信された Update、 Version: 16.13 (Build 180327) において追加された機能について、情報が更新されておりました。
ヘルプから、新しく追加された機能が確認できるようになったようです。
まぁ内容的には当然なことなので、やっと?という感も否めないのですが.....

また既知の問題が紹介されておりますが、こちらは別途、確認の上、対処法なども含めて、ご紹介させていただきます。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月28日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

3月27日(日本時間3月28日)付けで次の更新プログラムの配信が始まりました。

今回更新されるのは以下の通りです。

20180328-1.png


・OneNote Update Ver.16.13.0(18032700)
・Excel Update Ver.16.13.0(18032700)
・Word Update Ver.16.13.0(18032700)


これまでの、Ver.16.12 から一つ上がって、今回から Ver.16.13 になっています。

今回の Update に、製品として、Outlook は含まれてはいないのですが、Outlook については、更新内容の情報がアップされております。Outlook Team の皆さんは、マメですね。さすがです。ブログでも、じゃんじゃん情報を発信してくれるので非常に助かります。

Outlook 2016 for Mac – Release notes for Insider Fast builds

内容的には、既知の問題への修正です。US のサイトでのみ UP されているようです。
検索をする際に、以前のように、Returnキーを押さなくても、検索が可能になった、アプリのハングアップの修正などが情報として上がっています。

どうも最近は、Update の中に、含まれていなくても、Update されていることが多く、それも、また単に該当製品以外について バージョンNo. が変わっていくだけということではなく、内容も更新されているようなので、Update した場合には、表示されていなくても、他の製品も確認していく必要があるようです。

ただし、既知の問題の修正だったりすると、ブログなどでも公開されなかったりするので、なかなか気がつくのが難しいですね。なのでそれ以外の情報は、Up されていないようでも、随時以下のサイトなどを参照して、一通り確認する必要がありそうです。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

  
posted by クリック at 11:05| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月22日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ここのところかなりの頻度で、Insider Fast 版には更新プログラムが配信されています。
おそらくその中心は不具合の修正と思われますが、今回は、以下のプログラムが配信されておりました。

20180322-1.png


・OneNote Update 16.12.0(18032004)
・Word Update 16.12.0(18032004)


前回、Outlook の更新プログラムがないのにバージョンがアップして、さらに署名の機能が更新されていることがブログでも取り上げられていたので、注意したいと思いますが、今回のこの Update に関する情報はございませんでした。


【更新】

今回の Update 後に改めて確認してみましたところ、更新プログラムとして、表示されていなくても、Office 製品全体のバージョンとして、バージョン番号は上がっていくようで、今回 Update された、WordやOneNote以外のアプリでも確認したところ、バージョンが 16.12(180320) に上がっておりました。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 10:22| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

3月18日付(日本時間3月19日)に次の更新プログラムが配信されておりました。配信日時と、実際に Update が落ちてくるタイミングはずれることがあるので、昨日確認した時には、何も落ちてこなかったので、うちの場合は今日でした。

さて今回配信されているのは、

20180321-1.png


・Excel Update 16.12.0(18031801)
・OneNote Update 16.12.0(18031801)
・Word Update 16.12.0(18031801)
・PowerPoint Update 16.12.0(18031801)


の各プログラムになります。

Insider Fast のリリースノートでは、遅ればせながら、前回の Update について一部情報が Up されておりますが、今回の更新プログラムについては、特に取り上げられておりませんでした。

ただし、今回 Update には表示されていませんでしたが、Outlook については、以下のような更新情報が Up されておりました。マメに、TechCommunity のブログでも情報を発信してくれるので非常に助かりますね。

Outlook 2016 for Mac – Release notes for Insider Fast builds
Outlook for Mac adds improved signature editor in Insider Fast

署名作成の機能が更新されているようですね。あとでまたじっくり確認したいと思います。


【更新情報】

20180321-2.png

更新プログラムの中には特に含まれておりませんでしたが、Outook のバージョン情報を確認したところ、Outlook も最新バージョンに更新されておりました。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 11:03| 東京 ☔| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

ここにきて更新ラッシュが続いています。つい先日も、Mac版の Office Insider Fast 版の更新情報をお届けしましたが、本日、Office Insider Team のTweet で、Mac版の Word に LinkedIn のレジュメ作成機能について呟いていたので、確認したところ、3月14日付(日本時間3月15日)に、さらに更新プログラムが配信されておりました。

今回配信されたのは以下の通りです。

20180317-1.png


・OneNote Update 16.12.0(18031404)
・Excel Update 16.12.0(18031404)
・Word Update 16.12.0(18031404)


リリースノートには特に情報は上がっておりませんでしたが、Twitterにて Office Insider Team から情報が発信されておりましたが、以下にもあるように、Word2016 for Mac において、LinkedIn Resume Assistant が追加されているようです。

20180317-2.jpg

USのMSコミュニティには、動画での解説も含め、記事が上がっていましたので詳細は、以下のリンクをご参照ください。

Insiders: Resume Assistant now available to Insiders in Mac Word



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog


posted by クリック at 07:36| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

3月13日(日本時間 3月14日)付で、次の更新プログラムの配信が開始されました。

今回配信されているのは、

20180315-1.png


・Outlook Update 16.12.0(18031206)
・Excel Update 16.12.0(18031206)
・OneNote Update 16.12.0(18031206)
・Word Update 16.12.0(18031206)
・PowerPoint Update 16.12.0(18031206)


更新内容については、既知の問題の修正が中心ですが、日本語のリリースノートには、特にないとはありましたが、確認して見ると、US のサイトにおいては情報があり、それによれば、Outlook においては、リマインダーの機能に一部更新がかかっています。

なおそれ以外については、特にリリースノートでは、触れられておりませんので、TechCommunityなどのブログを通じて何かしら情報が発信されていましたら随時ご紹介させていただきます。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 11:25| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

本日の夕方、MicrosoftのシアトルにあるRedmondの本社(Campus)で開催されていた 2018 Global MVP Summit というイベントに参加していて、ちょうど戻ってきて、Macを立ち上げたら、タイミングよく? 本日付で更新プログラムが配信されておりました。

今回配信されているのは、

20180309−1.png


・Outlook Update 16.12.0(18030800)
・PowerPoint Update 16.12.0(18030800)
・Excel Update 16.12.0(18030800)
・OneNote Update 16.12.0(18030800)
・Word Update 16.12.0(18030800)


となっています。米国時間で、3月8日ということなので、日本時間で3月9日ということになります。

Outlook では一部情報が出ていますが、それ以外は特に、Web上では公開されている情報はありませんでした。
またExcelの更新情報を見ると、3/5に、Version 16.12 (Build 180305) が提供されていたようでしたが、Version 16.12 (Build 180305) においても、不具合の修復が中心だったようです。
ただし、一部既知の問題も事前に確認されているものもいくつかありますので、詳細は、Insider Fast のリリースノートをご参照ください。

Excel については、日付方式について修正が入っていますが、こちらについては別の機会にご紹介させていただいます。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 23:36| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

更新のタイミングが、多少製品ごとにバラけ出していますが、今回は、Word 2016 のみ更新プログラムが配信されております。

今回配信されたものは以下の通りです。

20180227-1.png

・Word Update 16.12.0(18022600)

これまでの、16.11 から 16.12 に一つバージョンが上がっています。

Webサイト上には、今のところ、特に更新内容に関する情報 は、Up されておりません。タイミング的には、ちょうど今のタイミングで配信されたようなので当然かもしれませんが。

今後他の更新とともに、更新内容に関する情報が入りましたら、随時後悔させていただきます。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Office Insider Fast の更新。また順調に更新プログラムが配信されるようになりました。2月21日(日本時間2月22日)付で配信されたばかりですが、2月23日(日本時間2月24日)付に次の更新プログラムが配信されております。

今回配信されたプログラムは以下の通りです。

20180226−1.png


・Outlook Update 16.11.0(1802230)
・PowerPoint Update 16.11.0(1802230)
・OneNote Update 16.11.0(1802230)
・Word Update 16.11.0(1802230)


2月21日の時には、Excel と OneNote のみでしたが、前回更新された OneNote Ver.16.11.1(180222103) も含め、多少バージョンアップしています。

更新が頻繁になると、更新内容についての情報が出て来ないので、新しい情報はないものの、前回の Outlook の Update などで一部更新情報がブログなどにアップされておりましたので、ご紹介いたします。

・Outlook 2016 for Mac Ver.16.11.0(180222103): *ちなみに前回の更新プログラムには含まれてませんでした
Outlook 2016 for Mac – Insider ファースト ビルドのリリース ノート によると、
"新しい予定表イベント カード: イベント上でクリックするかスペース キーを押すだけで、詳細を表示したり、承認または辞退、返信の編集、オンライン会議への参加などのクイック操作" が可能になったとのことです。

詳細は、TechCommunity の Outlook Blog をご参照ください。

New calendar event card in Outlook for Mac, now in Insider Fast

・Excel 2016 for Mac Ver.16.11.0(180222103): 
Excel 2016 for Mac – Insider ファースト ビルドのリリース ノート

新機能の追加はなく、既知の不具合の修正が中心だったようです。また一部のグラフオプションが利用できなくなるなどの既知の問題も確認されているようです。

・PowerPoint2016 for Mac Ver.16.11.0(180222103): *ちなみに前回の更新プログラムには含まれてませんでした
PowerPoint 2016 for Mac – Insider ファースト ビルドのリリース ノート

20180226-2.jpg

"画像の変更" のメニューが復活したことや、”PowerPoint for Mac で、PowerPoint for Windows に組み込まれているフォントを正しく表示” が可能になったなど機能が更新されています。
Excel の表をコピーして貼り付ける時に発生していた不具合はまだ引き続き対応中のようです。また、"カスタム フォントやサード パーティ製のフォントで、レンダリングの問題" が確認されています。

Outlook と PowerPoint については、前回の更新にはありませんでしたが、リリースノート上には更新情報がありました。
今回の Update で、バージョンはさらに進んでいますので、前回の更新内容は反映されているものと思われます。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

2月21日(日本時間2月22日)付で更新プログラムの提供が開始されておりました。Office Insider Team のTweetでは、わかっていたのですが、昨日は結局落ちて来ず。

本日確認したところやっとダウンロードされました。今回の配信は、Excel と OneNote のみのようです。
今回配信されたものは以下の通りです。

20180223-20.png


・Excel Update Ver.16.11.0(180222103)
・OneNote Update Ver.16.11.0(180222103)


一応、Excel のリリースノートには情報は上がってましたが、不具合の修正のみのようです。ただし既知の問題も提示されておりますので、気になる方は Insidrer Fast リリースノートを参照してみてください。



<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 15:59| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

2月14日(日本時間2月15日)付にて、次の更新プログラムが配信されておりました。
今回配信されているものは以下の通りです。

20180216-1.png


・PowerPoint Update 16.11.0(18021400)
・Excel Update 16.11.0(18021400)
・OneNote Update 16.11.0(18021400)
・Word Update 16.11.0(18021400)


Excel については、リリース情報にも出ておりますが、基本的には既存の問題の修正が中心のようでした。

・セルやセル内の文字などに色をつけようとするとクラッシュする
・ハイパーリンクをクリックしても接続されない時がある
など

その他のアプリについては、特に情報としては交換されておりませんでした。

何かまた新たな情報が公開されたような場合には、ご紹介させていただきます。




<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

Insider Fast 本来の姿なのか? 2月6日(日本時間 2月7日)付で、次の更新が配信されております。

今回配信されたプログラムは以下の通りです。

20180209-2.png

・Outlook Update 16.11.0(18020603)
・Excel Update 16.11.0(18020603)
・OneNoe Update 16.11.0(18020603)
・Word Update 16.11.0(18020603)

"Release notes for Insider Fast builds" には特に情報は上がっておりませんでした。
何か?今回の Update に関して情報が入りましたら、こちらで追加情報としてご紹介させていただきます。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 13:28| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

2月5日付(日本時間 2月6日)で、以下の新しい更新プログラムが配信されております。
今回配信されたものは以下の通りです。

20180207-1.png

・Outlook Update 16.11.0(18020500)
・PowerPoint Update 16.11.0(18020500)
・OneNote Update 16.11.0(18020500)
・Word Update 16.11.0(18020500)

今回も? リリースノートには、情報は反映されておりませんでした。一応、更新履歴には、以下のように情報が反映されておりますが、その内容については、特に触れているものではありませんでした。

Update history for Office Insider for Mac

改善された点、既知の問題など情報が入りましたら、ご紹介させていただきます。


<参照>

What's new in Office 365
Office 365 の新機能
What's new for Office Insiders
Office Insider で利用できる新機能
Release notes for Insider Fast builds of Office 2016 for Mac
Office 2016 for Mac の Insider ファースト ビルドのリリース ノート
Outlook for Mac Insights
Office Insider/Microsoft Community(US版)
Outlook Blog/Tech Community
Check for Office for Mac updates automatically
更新プログラムを自動的にチェックする
Office 2016 for Mac の更新履歴
Update history for Office 2016 for Mac
TechCommunity Blog

posted by クリック at 11:01| 東京 ☀| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

朗報! Mac 版 Excel 2016 で、和暦表示が可能になりました

いゃぁ〜 長かった。昨年の夏、Mac版の Office Team と Tweet Meet という公開オンラインイベントに参加した際に、Excel 担当者に、和暦表示ができないことを何度も フィードバック していることを言いつつも、今後どのぐらいで、これが改善されるのか? を確認したところ、まだ問題があるからちょっと待てくれとだけ言われて、明確には回答がなく、その後も改善しておりませんでした、Mac版 Excel 2016 の和暦表示問題。

いつのバージョンからなんでしょうか? あるいは、まだ、Office Insider 版のみなのか? この辺りは確認できていませんが、今回の更新プログラムインストール後、たまには、このバグも確認しておかないと?ということで、Excel 2016 for Mac を起動して確認したところ、和暦表示が普通にできるようになりました。

20180202-2.png

以前は、セルの書式設定で、表示形式を和暦にしても、全て西暦でしか表示できませんでした。和暦で入れても、自動的に西暦になってしまっていたんですね。

・平成30年2月2日
・H30.2.2

といったような、和暦の要素を含んだ表示方法ができませんでした。

もちろん、Excel 2011(Office for Mac 2011) では、何も問題なく表示できていたものでしたが、これが表示できなかったため、MSコミュニティなどを覗くと、マクロを利用して和暦表示しているのが、通例となっており、その後、Libre Office を利用して和暦表示したものを、Excel 2016 で開いて確認。
正常に和暦で表示された状態で、表示形式を確認したら、ロケールの設定を $-30000 に設定してあげれば、和暦が表示できるといったことを見つけたかたがいらっしゃって、こうした形で、和暦表示せざるを得なかった状態が続いておりました。

Office for Mac 2016 のExcelにて、和暦表示ができない/MSコミュニティ
Excel和暦表示を表示したい/Appleサポートコミュニティ

20180202-3.png

さて、今回久々に確認して見たところ、上記のように、Insider Fast 版では、従来通り、正常に和暦表示が可能になりました。
特に、こちらについては、地域的な不具合でもあるせいか?いつのバージョンで改善されたといった情報が発信されていませんでしたので、気がつくのが遅くなりましたが、まずは普通に表示できるようになった... ってことで、一安心です。

できて当然のことなんでしょうけど、来年にはまた和暦が変わるし、どうなるか?と思っていましたが、改善されて良かったですね。

通常版で改善されているかどうかが確認できないので、今回ご紹介しているのは、Office Insider Fast 版での情報になりますが、仮に、通常版がまだ改善されていなくても、少なくとも、Office Insider Fast 版では改善されたということは、多少時間はかかっても今後のバージョンアップで改善されるものと思われます。


posted by クリック at 08:59| 東京 🌁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする