2007年05月04日

GIMPのあれこれ

以前にも紹介したフリーで利用できるGIMPというソフト。

GIMPのメインツールバー機能豊富だし非常に便利なのですが、まだまだわからないこともいっぱい。

GIMPのバージョンが2.0になってから、メインのツールの下にオプションメニューが表示できるようになりました。もちろんこの表示方法がいいのであれば、そのまま利用すればいいのですが、やはりオプションウィンドウはいくつも表示させて利用するケースもあったりします。メインツールの下ではなく、分離して使ったはいいものの、この分離してしまったツールがどうやって元に戻せばいいのか? が今回のテーマ。

オプションウィンドウを表示させたところ実はわかれば簡単な操作ですが、なかなかそんなところまで解説しているサイトがなかったりしましたので、試行錯誤。わかってしまえばさほどのことでもなく、要はドラッグするだけでしたが、ドラッグする場所が問題でした。
オプションウィンドウを元に戻す
1)画像にもありますが、オプションダイアログのダイアログ名が表示されているところにマウスをポイントすると、指のマークが表示されます

2)メインメニューの下に、オプションダイアログを収容する場所を予め用意しておいて、そこの左上隅あるいはメインメニューとの区切りラインのところにマウスでドラッグ&ドロップします
オプションウィンドウを元に戻す Part2
*きちんとした場所にドラッグすると、メインメニューの下の区切り線のところの色が反転します。色が変わらない場合には、組み込むこともできません

 
 

posted by クリック at 22:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グラフィックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

GIMPとSodipodi、そしてInkscape

以前にも紹介したGIMP。フリーでありながら大変高機能で重宝なグラフィックスソフトですが、今回は、Sodipodiというやはりフリーでありながらドロー系のデータを扱えるソフトをご紹介。実はインストールの際に、エラーが何度か出てうまくいかなかったので、次回以降自分でやるときにスムーズに行くようにというための覚え書きでもあります。
GIMPのツールバー
1)インストール
さて、GIMPでも、sodipodiにしても、これらのソフトをインストールする前に、"GTK+ 2 for Windows" のインストールが必要になります。いわゆるランタイムライブラリーで、これらのソフトを動かすのに必要なデータ集みたいなもの。ですから、GIMPのときにも一緒にダウンロードしてインストールしないとGIMPは起動できません。

さてまず最初に出たエラー。この"GTK+ 2 for Windows"をインストール中に"zlib-1.dll "のリネームができなかったとのメッセージ。手動でリネームするようにとのこと。
とりあえず作業を続けて、GIMP、Sodipodiとインストールのみ先にしてみた。GIMPのインストールの際にも同様のエラーがでたものの、作業はそのまま続行。

この段階ではファイルのリネームも行っていませんでした。
Sodipodiのツールバー
2)起動
そして、まずGIMPから起動。とりあえずGIMPは問題な起動。なぁ〜んだ、別に問題ないジャンって思って、次にSodipodiを起動したら、怒られた... "zlib-1.dll"が見つからないと。やはりエラーはきちんと対処しないと先に進めないものだとあきらめて、ライブラリからファイルを探す作業へ

3)zlib-1.dllを探してリネーム
このファイル、どこにあるかといえば、Cドライブ>Program Files>Common file>GTK>2.0>binフォルダの中にある、"zlib1.dll"がリネームする前のものだと判明。このデータをコピーして、まずは、Sodipodiのフォルダへ。そして"zlib-1.dll"とリネーム。

4)次なる課題 "libgmodule-2.0-0.dll"のエラー
さてこれでSodipodiも起動するのか?と思いしや、実際に起動してみると今度は"プロシージャエントリーポイントg_module_open_utf8がlibgmodule-2.0-0.dllから見つかりません"とのエラー。一応念のためSodipodiフォルダ内の該当ファイルはリネームしておいて、このファイルの大元である、Cドライブ>Program Files>Common files>GTK>2.0>binフォルダ内にある、"libgmodule-2.0-0.dll"をコピーして、Sodipodiフォルダ内へ貼り付け。

ということで晴れて、GIMPとSodipodi両方が起動できるようになりました。Sodipodiの扱えるデータは、SVGデータのみ。もっと他のドロー系のデータを扱うのであれば、同じフリーのものでもInkscapeの方がいいのかもしれません。こっちだとSVG形式のみならず、PNG形式へのエクスポートや、EPS形式への出力にも対応しています。ただし、EPS形式のインポートは現状無理なところもあって、ちょっと残念なところもありますが...。
Inkscape起動画面
関心のある形は以下のサイトを参考にダウンロードしてご利用になってみてください。

<各ソフトダウンロード先>
GIMP
 *GTKもこちらから忘れずにダウンロードしておいてください
Sodipodi
Inkscape

<各ソフトの紹介記事>
GIMP
Sodipodi
Inkscape

この他にもいろいろ検索すると使い方を説明したページがわんさかと引っかかってきますので参考にするといいですね。また最近はGimpについては、解説本も種類が増えつつありますので、大きな書店に行くとおいてあるケースもあります。

posted by クリック at 15:32| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | グラフィックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

GIMP for Windows

GIMPと言うソフト、ご存じの方も多いと思います。ペイント系のフリーのグラフィックスソフトの中では高性能な、そして市販されているソフトに負けず劣らぬ機能を持つグラフィックスソフトです。
起動画面
私の場合は、Windows版がではじめた頃から利用していましたが、その当時からすると、比べものにならないぐらい安定して使えるように改良されてきています。特に私が現在利用しているVer2.2.10以降は...(現在の最新バージョンは、Ver2.2.11)
起動後の画面
もともとはUnix(Linuxなど)ベースのOS用のグラフィックスソフトでしたけど、Windows版に移植され、Mac OS X(OS10)にも移植されており、広範囲なプラットフォームで動作可能なソフトの一つです。GIFの特許の問題も期限切れになってクリアになり、GIF形式の保存も問題なくできるようになりました。

GIMPを紹介しているサイトも、そして書店などでもGIMPというタイトルの付いた本も最近ではかなり増えています。ちょっとしたWeb用のデータはすべてGIMPで十分まかないきれますから、重宝しています。

実は、こうしたペイント系のグラフィックスソフトは結構昔からフリーのものもあったのですが、最近というか数年ぐらい前から、Sodipodiとか、Inkscapeなどドロー系のデータを扱えるフリーの高性能なソフトも登場し始めています。Gimpとちがって、またまだ日本語の取扱という点で問題もあるみたいですが、今後の成り行きが気になるソフトの一つですよね。
GIMPのWebサイト
それにしても、フリーでこれだけのものができるんだから、便利な環境になったもんです...。

GIMP
http://www.gimp.org/

参考になるページ
http://homepage2.nifty.com/gimpman/
posted by クリック at 13:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | グラフィックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする