2019年04月01日

Mac版 Office で、Microsoft アカウントのサインイン・サインアウトの切り替えをする

これまでであれば、Microsoftアカウントを切り替えたりする必要もさほどなかったんですが、Office 365 が普及するにつれ、その機能についても、一般コンシューマー向けの Office で提供される機能と、法人向けに提供される機能が出てくるようになり、時と場合によっては、サインインしているアカウントの切り替えが必要になることが出てきました。

【Windows版 Office の場合】

20190326-2-1-1.jpg 20190326-2-1-2.jpg 20190326-2-1-3.jpg

Windows 向けのOffice 製品の場合、ファイル>アカウント と開くと、現在サインインしているアカウントや、インストールの際に利用した管理アカウントなどが確認できるようになっていますし、また起動したプログラムの画面の右上にも、現在サインインしているとアカウント名が表示されますので、そうしたところからアカウントの切り替えが容易にできるようになっています。


【Mac版 Office の場合】

20190326-3-1.jpg 20190326-3-2.png

さて一方で、Mac版 の Office 製品はどうか?というと、アプリ起動時に表示される "ギャラリー" の画面のところには、現在サインインしているアカウントが表示されますので、そちらから、サインインやサインアウトができますが、起動してしまうと、Windows 版の Office のように、いろんなところに現在サインインしているアカウント情報が表示されているわけではなく容易には切り替えられません。

20190326-3-3.jpg 20190326-3-4.jpg

一応、メニューバーの、アプリ名のところ、画像だと "Word" のところをクリックすると、"サインアウト" がありますので、サインアウトはできますが、サインインができるか?となると、一度サインアウトしてしまうと、そこからはサインインはできません。


【アカウントの切り替えは、ギャラリーから】

では具体的に、Mac版 Office の場合、アカウントの切り替えはどのように行うのか?
Mac版の Office の場合、現時点では基本的には、ギャラリーを起動して行う必要があります。

20190326-3-1.jpg

起動時には、上記のように "ギャラリー" が表示されますのでこちらから行います。
ではアプリ起動後はどこから、呼び出したらいいのか?

20190326-4-1.jpg  

クイック起動ツールバーにある "ホーム" ボタン(家のマークのアイコン)をクリックすると、"ギャラリー" が表示されます。

20190326-4-2.jpg

あとはギャラリーの左上のところから、アカウント名をクリックすれば、サインイン・サインアウトが可能です。

仮にサインアウトした状態だと、上記の画像のように、"サインイン" と表示されていますので、そちらをクリックするとMicrosoft アカウントのサインインの画面が出てきます。

こちらから、ご利用になるアカウント名でサインインしなおせば OK です。

20190326-4-3.png
ということで、今回は、Mac版 Office をご利用になる際の、Microsoftアカウントのサインイン・サインアウトについてご紹介いたしました。

Mac版の Office も、法人向けのアカウントでサインインしている場合と、個人向けのアカウントでサインインしている場合では、利用できる機能に違いがあります。

アカウントの切り替えが必要な場合には参考にしてみてください。



Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

posted by クリック at 07:34| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。