2017年10月17日

カスペルスキーを更新したら、Firefoxで Google が表示されない

以前にも取り上げたことがありますが、先日カスペルスキーの最新バージョンがでましたので、入れなおされている方もいるかもしれないと思いまして、再度取り上げてみました。

Firefoxを起動して、トップ画面はでるものの、検索枠に文字を入力して検索しようとすると、"安全な接続ではありません" となってページが表示されません。

20171016-1.jpg

Googleのトップページも同様に表示されません。
MicrosoftYahooなど、"https://〜" で始まるセキュアなサイトへの接続がエラーになって接続できなくなってしまいます。

ただし、Internet Explorerや、Microsoft Edgeでは問題なくきちんと表示される... あくまでも、Firefox での症状ということになります。

前回ご紹介した時と同様に、"証明書マネージャー" を起動して、インポートする必要があるわけですが、Firefox もその間バージョンが進んで、現在配信されている Ver.56.0 では、以前とはちょっと画面も違うようなので再度ご紹介させていただきます。


【証明書マネージャーを呼び出す】

1) 右上の、ハンバーガーメニューから、"オプション" をクリックして開きます

20171016-2-1.jpg

2) 左ペインのメニューから、"プライバシーとセキュリティ" をクリックし

3) 右ペインの項目から、"セキュリティ" のところにある "証明書" のところにある、"証明書の表示" をクリックすると、"証明書マネージャー" が起動します

20171016-2-2.jpg 20171016-2-3.jpg


【証明書のインポート】

1) "証明書マネージャー" 下部にある "インポート" をクリックします

20171016-2-4.jpg

2) "認証局証明書を含むファイルを選択してください" という画面がでたら、以下に移動してファイルをクリックします

20171016-2-5.jpg

インポートするところは、

C:¥ProgramData¥Kaspersky Lab¥AVP17.0.0¥Data¥Cert

で、ここにある

(fake)Kaspersky Anti-Virus Personal Root Certificate

というファイルを指定します

3) "証明書のインポート" の画面が出たら、"この認証局によるウェブサイトの識別を信頼する" にチェックを入れて、"OK" をクリックして閉じます

20171016-2-6.jpg

4) あとは、OK でいったん閉じたうえで、Firefox を再起動します


** なお、インポート先になる、"ProgramData" フォルダは通常は隠しファイルになっているため表示されませんので、途中、エクスプローラーを開いて、表示タブを開き、"隠しファイル" にチェックを入れてオンにしておいてください。

作業後は、誤って大事なファイルを削除しないように再度、隠しファイルは通常非表示にしておいた方がよろしいかと思いますので、再度チェックを外してオフにしておきましょう。

20171016-3.jpg

再起動後に再度、Googleなどアクセスできなかったサイトに接続してきちんと表示されることをご確認ください。バージョンが違えば、多少画面は変わってもやることは一緒。ちょっと面倒ですが、Firefox の場合にはこの設定が必要です。


<参照>

Firefoxで、"安全な接続ではありません" と表示される

posted by クリック at 13:48| 東京 🌁| Comment(1) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
証明書を追加する事のリスクを述べてないです。
その他の回避策との対案が欲しいです。
検索上位なだけに、残念。。。
Posted by 調査中 at 2018年01月31日 02:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。