2017年06月18日

Word 2016 for Mac に搭載されたリサーチャー

Mac版 Office Insider Fast Ver.15.36.0(170508) 以降 なので、前々回の更新からということになりますが、Word 2016 for Mac に新たに、"リサーチツール" (英語版では、"Researcher" )というツールが搭載されました。

まずはご覧ください。以下のようなツールです。”参照設定” タブを開くとあります。英語版では、"Researcher" と言うようですが、日本語版では "リサーチツール" という名称のようです。

20170618−1.png 20170618−2.png

さてどんな使い方をするのか? 詳細な使用方法は、"Word 内で論文のためのリサーチを簡単に実行する" のところをご覧いただくとして、簡単に言うと、Resercherで検索したデータの引用が簡単にできるよ?と言うことのようです。

検索するだけであれば、既存のスマート検索でも一緒ですが、右の作業エリアに表示・検索されたキーワードをドラッグだけして文面に手軽に引用文として挿入できるよ?と言う機能です。

20170618−3.png

スマート検索だと、検索結果をクリックすると、別途ブラウザが立ち上がってきて。。。となるので、その辺りの動きがちょっと異なるようです。また引用として挿入されているので、引用文献の編集をクリックして文献情報などを追加編集できるようになっています。

20170618−4.png

最近は更新後、ヘルプ>最新情報 としても、最新情報が表示されないので、こうして後で提供される情報で確認するのがせいぜいなので、内容はともかくとして、"最新情報" ぐらいは表示できるようにしてもらいたいですね。

<参照>

Insiders FAST: Researcher for Word for Mac is here!
Word 内で論文のためのリサーチを簡単に実行する
Research and add content with citations to your document

posted by クリック at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450980753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック