2018年10月05日

Mac 版 Office Insider Fast 更新情報

タイミングなのかな? 今朝朝イチで確認した時には来てなかったんですが、つい先ほど確認したところ、次の更新プログラムの提供が開始されておりました。

10月3日(日本時間10月4日)付ということにはなりますが、実際には本日配信されているもので、以下の通りです。

20181005-20-1.png
・Outlook Update 16.19.0(18100303)
・OneNote Update 16.19.0(18100303)
・PowerPoint Update 16.19.0(18100303)
・Excel Update 16.19.0(18100303)
・Word Update 16.19.0(18100303)

当然ながらリリースノートなどには何も情報は公開されておりません。

ちょっと気になるのは、Version: 16.18 (180926) に追加された "秘密度" の設定がどうなったか?

前回の Update の段階ではまだ利用できなかったようですが、TechCommunity のブログでは順次となっておりましたので、いつ頃から日本語版でも利用できるようになるのか、インストール後に再度確認してみたいと思っています。



Microsoft Store (マイクロソフトストア)

posted by クリック at 12:40| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OS10.10やOS10.11 にOffice 2016 for Mac をインストールする Part 2

前回、"OS10.10やOS10.11 にOffice 2016 for Mac をインストールする" というタイトルでご紹介しましたその後の続報です。

その後、Micorosoft International Team の方とも直接メールでもやりとりしておりまして、日本語版の Office 365 Solo を利用しているユーザーで、OS10.10 や OS10.11 を利用している方が、Office 2016 for Mac をダウンロードしたくても、インストール画面には、US版のように OS10.10またはOS10.11 ユーザー向けのダウンロードボタンがなく、簡単にはダウンロード&インストールができないという状況について、画像なども送ってフィードバックさせていただいておりました。

つい一昨日の話で、担当部署をあたりますという返事が来てましたが、本日確認したところ、ついにダウンロードリンクが日本語版にもできました。

20181005-1-1.jpg 20181005-1-2.jpg 20181005-1-3.jpg

現在は、Microsoft アカウントのサービスとサブスクリプションのところから、"インストールする"  をクリックすると "Office 365 Solo のダウンロードとインストール" というダイアログが表示されますが、そこには、以前ご紹介した US版のように、"バージョン 10.10 または 10.11 向けの Office をダウンロードする" というリンクが設けられました。

こちらをクリックすると、以下のように Version:16.16.18091001 64-bit のインストーラーのイメージファイルがダウンロードされます。

20181005-2-1.jpg

これでやっと、OS10.10(Yosemite) や OS10.11(ElCapitan) の方も、新規のインストール、あるいは再インストールなどが容易にできるようになりましたので、一安心です。

これまで OS が古くてインストール出来なかったという方は、再度 Micorosoft アカウントのサービスとサブスクリプションのページに移動してぜひご確認ください。

また先日も "Office 365 Solo 5台まで同時使用可能に!" で取り上げていますが、Office 365 Solo は、10月2日よりインストールできる台数無制限に、同時に利用できる台数が5台に変わりました。

OS10.10 や OS10.11 といった 古いMac をお持ちでも、従来までなら2台までと台数的な縛りもあってインストール出来なかった.... という方も是非ご利用になってみてください。


【サブスクリプション版の場合の注意】

ただし一つ注意点です。

Office 365 Solo などのサブスクリプション製品は、常に新しい Office が提供され、常に最新の環境で利用可能な製品になっています。


上記のシステム要件の中の、"Office 365 サブスクリプションのプラン" の中の、"家庭向け Office 365 プラン" のところに具体的な仕様が記載されていますが、Office 365 の対応 OS は、あくまでも、"macOS: Office for Mac は、macOS の 2 つの最新バージョンでサポートされます。macOS の新バージョンがリリースされた場合、Office for Mac のオペレーティング システム要件は、その時点での最新の 2 つのバージョン (macOS の新バージョンと 1 つ前のバージョン) になります" ということになります。

20181005-3-1.jpg

先日、OS10.14(Mojave) がリリースされて、その関係で現在の対応 OS は、OS10.13(High Sierra) と OS10.14(Mojave) となります。
Office 365 Solo として、まだ Office 2016 for Mac を提供しているうちは、OS10.10 や OS10.11 でも導入は可能ですが、提供が終了してしまうと、ダウンロードはできなくなりますのでご注意ください。

その場合には、macOS 自体の Update。Mac自体が古くて、OSを、OS10.13 以降に Upgrade できない場合など、Mac 自体を買い替えないといけないことにもなりますので、ご注意ください。
  • MacBook(Late 2009以降)
  • MacBook Pro(Mid 2010以降)
  • MacBook Air(Late 2010以降)
  • Mac mini(Mid 2010以降)
  • iMac(Late 2009以降)
  • Mac Pro(Mid 2010以降)
現在、Office 365 の対応OSとして、最低限 OS10.13(High Sierra) が必要になりますが、 AppleのWebサイトのHighSierra の技術仕様によれば、上記が High Sierra を導入可能なハードウェア仕様のようです。


<参照>



Microsoft Store (マイクロソフトストア)


posted by クリック at 11:47| 東京 ☁| Comment(0) | MAC版Office | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする