2018年04月19日

Microsoft Edge が起動しない

つい先日も取り上げましたが、ここにきて、またさらに多くなっているようです。国内だけではなく、海外のMS Communityにおいても同様の投稿が増えています。


Windows Update をしたら、Micorosoft Edge が起動しなくなる.... つい先日も、




として取り上げさせていただきました。


Rapport は、Trusteer とも言いますので、Rapport という名前とは限りません。


この IBM が提供している Rapport/Trusteer というソフトは、金融機関などが導入を推奨しているソフトの一つです。多くの場合、インターネットバンキングなどで利用している金融機関を介して無料で導入されているケースがほとんどではないか?と思います。


20180417-1-1.jpg 20180417-1-2.jpg


上記は、三菱UFJ銀行の例です。最近は金融機関のホームページでも、動作環境など確認するようにしっかり記載される例がちらほら出てきましたが、この辺りは金融機関にもよりますので一概には言えません。



【なぜ? Update後に Microsoft Edge が起動できなくなるのか?】


Windows Update をすることで、これまでの、Windows のバージョンが上がると同時に、Windows 10 の標準ブラウザでもある、Microsoft Edge のバージョンも新しいものになります。


Windows 10 のバージョンと、Microsoft Edge のバージョンは以下のようになっています。


 Windows 10  Microsoft Edge
 Version 1607 (OS build 14393)
 Anniversary Update
 Ver.14
 Version 1703 (OS build 15063)
 Creators Update
 Ver.15
 Version 1709 (OS build 16299)
 Fall Creators Update
 Ver.16


Rapport/Trusteer を提供している IBM でも随時対応しており現在も対応中。対応ブラウザは更新されているようですが、あいにく、それが追いつかず Windows 10 がアップデートして、Ver.1709 になると、Microsoft Edge が、Ver.16 になり、動作しなくなってしまうという症状になります。



【対処法】

IBMのホームページでも説明がありますが、動作保証対象外のブラウザになるため、このソフトが入っている以上は、現時点では、Microsoft Edge をご利用いただくことはできません

なので、
1) Rapport/Trusteer を削除する
2) 対応するまでの間、Microsoft Edge を使用しないで、Internet Explorer などの他のブラウザを利用する

といったことぐらいしか対処法がありません。

最初にこの問題を取り上げた際には、まだ、Microsoft Edge Ver.14 までしか対応していなかったため、Ver.15 にバージョンアップすると起動できなくなるというケースでのご紹介でした。
現在はひとつ進んで、Ver.15 まではOKなのですが、Ver.16 になると利用できなくなります。

今回、Rapport/Trusteer が要因で起動できないケースが、国内外を問わずまた多くなり始めているので、再度取り上げさせていただきましたが、もちろん、これらのソフトが導入されていなくても、起動できないケースも多々あるかと思います。

そのような場合には、以下でご紹介させていただいた "Microsoft Edge の起動に失敗した場合の復旧方法 /Microsoft コミュニティ" の記事などもご参照ください。

















続きを読む
posted by クリック at 10:35| 東京 🌁| Comment(0) | Microsoft Edge | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする